テクニカル

千利休のローソク足分析 日経平均 二段下げの展開に注意

テクニカル 概況

日経平均

日経平均株価は2013年12月高値(1万6,320円)を更新した直後に反転調整となり、目先的には75日移動平均線をサポートに早期に25日移動平均線上に回復できるかが焦点だ。

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 KYB(7242)、三井化学(4183)、日本信号(6741)

テクニカル 個別

三井化学(4183) 月足

基準線と抵抗帯(雲)を再び上回る局面に突入した。07年以降の振れ幅は大きいものの、09年3月安値110円から11年2月高値745円までの上昇幅635円を最大値幅としたもみ合いのパターンといえる。

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 日本冶金工業、ソフトバンク、SBIホールディングス

テクニカル 個別

ソフトバンク(9984) 週足

一目均衡表の抵抗帯(雲)をサポートに三角もちあいを形成中と予想される。信用買い残が依然として高水準にあるため、急速に上値追いに進展していく環境ではない。しかしながら、再び基準線や転換線を上回り、13年9月高値400円を起点とした右下がりの上値抵抗線までは上昇が期待できる局面であろう。

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 日経平均 短期的上値メドは1万6,765円

テクニカル 概況

日経平均

日経平均株価は昨年来高値を更新。当面は売買代金の増加とともに1万7,000円台に向けて騰勢を強めていけるかが焦点となる。短期的な上値の目安は、7月高値から8月安値までの下げ幅の倍返し1万6,765円どころが予想される。

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 日本金銭機械、アキレス、日新電機

テクニカル 個別

アキレス(5142) 月足

転換線の下げが上値を抑える要因になり得るものの、10月には転換線の下落も止まる。

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 日経平均 9月中旬からの動きに注目

テクニカル 概況

日経平均

日経平均株価は25日線(1万5,409円、9月5日現在)の上昇の鈍さが上値を抑える要因になっている。一方、RSI(9日)は54.7%と50%水準以上を維持。

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 三井金属、日本精線、日本無線

テクニカル 個別

日本精線(5659) 月足

抵抗帯(雲)を上回る日柄が経過し、足元は転換線をサポートに3カ月連続で陽線を形成した。11年2月高値333円が視野に入っており、9月相場の動向に注目したい。11年2月高値を上回れば、長期底固めが完了し400円台は必至だろう。

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 日経平均 年内1万7,155円への上値余地

テクニカル 概況

日経平均株価は8月8日安値1万4,753円を起点に2段目の上昇局面に移行した可能性がある。目先的には転換線の上昇に沿って、上げ基調が続く展開が予想される。

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 アンリツ、イトーキ、山一電機

テクニカル 個別

山一電機(6941) 週足

13年5月高値1,611円から二段下げの調整波動も、抵抗帯(雲)上限付近に差し掛かりいったんは下げ止まる公算が大きい。08年10月安値172円を起点とした上昇波動は、調整らしい調整もなく続いたが、その上昇幅の半値押しを達成した水準でもある。

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 日経平均 三角もちあいから11月以降に上放れへ

テクニカル 概況

日経平均(クリックで拡大)

日経平均株価は早期に1万5,206円を超えることができるかが焦点だ。7月31日高値1万5,759円は12月3日高値(1万5,794円)とほぼ同値水準まで上昇したことで、足元の調整は不思議ではない。

続きを読む>>