テクニカル

千利休のローソク足分析 日経平均 メーンシナリオは一段高

テクニカル 概況

日経平均

日経平均株価は1万7,500円を上限にもみ合い基調が続いている。25日線とのかい離率は11月27日の時点で4.4%まで縮小しており、同線の上昇を待つかたちで一段高のシナリオがメーンシナリオだ。

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 グリー、りそなホールディングス、高島屋

テクニカル 個別

グリー(3632) 週足

一目均衡表では転換線を上回る下値固めは終了。短期的には遅行スパンが当時の株価に上値を抑えられる可能性が高いことや、基準線なども強い抵抗となり得る。当面のポイントは10月高値(897円)を上回り、短期二番底を形成できるかだ。

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 日経平均 大納会、大発会に2万円乗せ達成シナリオも

テクニカル 概況

日経平均 月足

日経平均株価の25日移動平均線との乖離(かいり)率は、2013年6月にかけて急落する直前高値の水準(10.0%)まで上昇した。数値上の過熱感は否めないところだが、25日移動平均線の上昇がようやく株価のスピードについてくるため、さほど過敏になる必要もない。

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 サニックス、日本カーボン、鬼怒川ゴム工業

テクニカル 個別

日本カーボン(5302) 週足

8月安値852円を起点とした反発局面で形成した長い連続陽線は、抵抗帯(雲)上限を頭に反転調整局面入りとなった。下落基調の転換線なども節目として意識された格好だ。

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 日経平均 200日移動平均線からの乖離率で過熱感無し

テクニカル 概況

日経平均 日足

日経平均株価と25日移動平均線の乖離(かいり)率は一時8.9%(11月5日)まで広がり、昨年6月にかけて急落する直前5月高値の水準まで上昇した。

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 パナソニック、フォスター電機、NIPPO

テクニカル 個別

フォスター電機(6794) 月足

1月高値1,408円を起点とした三角もちあいは、足元は抵抗帯(雲)上限を意識しながら最終局面に。信用買い残の整理も進捗(しんちょく)し、買い方の戻り売りも通常の出来高でこなせるレベルだ。上値抵抗線をブレークするケースは、12年11月安値376円を起点とした上昇波動は二段目の上昇局面に移行することになる。

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 日経平均 25日線と200日線間での下値固めが焦点

テクニカル 概況

日経平均

日経平均株価は25日移動平均線(以下、25日線)が視野に入ってきた。下落基調で推移する25日線を上回り、7月31日高値(1万5,759円)まで上値を伸ばせるかが注目される。

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 タダノ、サイゼリヤ、タツタ電線

テクニカル 個別

タダノ(6395) 月足

上昇続く12カ月移動平均線をサポートに反発が予想される。2007年7月高値2,020円をクリアしており、12カ月移動平均線までの調整はアヤ戻しととらえたい。

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 日経平均 下落基調は1カ月程度継続か

テクニカル 概況

日経平均 週足

日経平均株価は中長期のトレンドをみる200日移動平均線(1万5,107円、10月17日現在)をあっさりと下回った。8月8日安値付近から目先的にはリバウンドは予想されるが、下落に転じた200日移動平均線が上値の抵抗となりやすい。

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 不動テトラ、日特建設、日本ヒューム

テクニカル 個別

日特建設(1929) 月足

直近は12カ月線をサポートに下値を切り上げる展開が続いている。11年3月高値243円を上回り、一段と上値余地が広がった局面だ。信用売り残は再び増加基調、買い残も一定水準まで整理が進んでいる。

続きを読む>>

3 / 2712345...1020...最後 »