9946

明日の材料 サカタのタネ、ダイセキ環境ソリューション、ファステップス、ディップ、シンワアートオークションなど

個別

■ダイセキ(9793):第3四半期決算、期末配当予想を11円→13円へ引き上げ
■吉野家ホールディングス(9861):第3四半期決算を発表、前年同期比4.0%増収、304.8%営業増益
■ミニストップ(9946):第3四半期決算を発表、前年同期比11.2%増収、37.3%営業減益

続きを読む>>

明日の材料 カネコ種苗、ダイセキ環境ソリューション、タビオ、ジェイアイエヌ、ケネディクスなど

個別

■朝日放送(9405):10月10日をもって東証1部銘柄に指定
■ミニストップ(9946):第2四半期決算を発表、前年同期比11.2%増収、35.2%営業減益
■アルテック(9972):第3四半期決算を発表、前年同期比4.3%減収、542.0%営業増益

続きを読む>>

小売りなど決算発表本格化

個別

8月に四半期・期末を迎える企業の決算発表が本格化する。
表は、9月22日から10月3日の間に8月本決算、2月期の第2四半期(3-8月)決算を発表する主な企業。

続きを読む>>

竹中三佳の株Catch one’s eye Part.53 フローズン決戦

竹中三佳の株Catch one's eye 連載

竹中三佳さん

ぐんぐんと上がる気温にぐったりとゆだる今日このごろ。猛暑と同じくらい「あつい」のがコンビニのフローズン商戦ではないでしょうか。
ミニストップ(9946)は、1995年の販売以来人気を博し今や夏の代名詞ともいえる「かき氷デザート『ハロハロ』」から今夏限定フレーバー「パチパチ・メロンクリームソーダ」。

続きを読む>>

「JPX日経400」入替の注目点 サプライズ度で銘柄選別【日本証券新聞 8月11日】

日本証券新聞

日本証券新聞 8月11日

・オバマショック! 日経平均1万5000円割れ 一時478円安
・格安スマホ関連に名乗り PCデポ 3月高値更新
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.53 フローズン決戦
・”福井銘柄”が強調 福井コンピュータは新高値

続きを読む>>

明日の材料 ダイセキ環境ソリューション、明治ホールディングス、イオン九州、ABCマートなど

個別

■幸楽苑(7554)
 6月度の直営全店売上高は前年比106.4%、既存店は105.2%
■イオンモール(8905)
 第1四半期決算を発表、前年同期比14.6%増収、9.0%営業減益
■ミニストップ(9946)
 第1四半期決算を発表、前年同期比10.6%増収、営業利益は△232百万円

続きを読む>>

明日の材料 フジオフードシステム、テリロジー、ナノキャリア、ラクオリア創薬など

個別

■象印マホービン(7965)
 第2四半期及び通期業績予想を上方修正
■アークランドサカモト(9842)
 第1四半期決算を発表、前年同期比8.9%増収、25.4%営業増益
■ミニストップ(9946)
 持分法適用関連会社の株式売却、カザフスタン事業から撤退

続きを読む>>

明日の材料 テラ、アルバイトタイムス、ツヴァイ、ビックカメラ、、レイ、武田薬品工業など

概況

■イオンモール(8905)
 平成26年2月期決算を発表、今27年2月期は17.6%増収、8.9%営業増益を計画
■商船三井(9104)
 転換社債を発行、合計5億米ドル
■ミニストップ(9946)
 平成26年2月期決算を発表、今27年2月期は10.4%増収、12.1%営業増益を計画

続きを読む>>

日本にもいた“配当貴族” 「長期連続増配」銘柄に注目 

セクター 個別

パーク24(4666) 週足

P&Gには及ばずとも… パーク24、みらかHDなど にわかに不透明感の高まってきた最近の内外市場。リスク回避ムードが生じると関心が向かうのが「配当利回り」で、特に減配リスクの乏しい収益安定銘柄が逃避資金の受け皿に…

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 三井化学、トーセ、サイバーエージェント、住友ゴム工業、安川電機など

個別

■住友ゴム工業(5110) 1,531円〔+34円、+2.27%〕
 ゴールドマン・サックスが投資判断を引き上げ
■スーパーツール(5990) 525円〔+12円、+2.34%〕
 太陽光発電事業を開始すると発表
■日本電産リード(6833) 1,401円〔-28円、-1.96%〕
 いちよし経済研究所ではレーティングを「A」→「B」に引き下げ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) コメ兵、コムチュア、アンジェスMG、クリーク・アンド・リバー社など

個別

■ニッピ(7932) 982円〔+150円、+18.03%〕
 iPS細胞の新しい培養法を開発、研究に参加との報道
■イオンモール(8905) 2,917円〔-18円、-0.61%〕
 第3四半期決算を発表、SMBC日興証券では目標株価を引き上げ
■ミニストップ(9946) 1,617円〔-43円、-2.59%〕
 第3四半期決算、通期利益予想を減額修正

続きを読む>>

明日の材料 マクドナルドホールディングス、わらべや日洋、創通、エフテック、ハイデイ日高など

個別

■ダイエー(8263)
 第3四半期決算、通期利益予想を下方修正
■イオンモール(8905)
 第3四半期決算を発表、前年同期比 11.0%増収、9.0%営業増益
■ミニストップ(9946)
 第3四半期決算、通期利益予想を下方修正

続きを読む>>

明日の材料 タケエイ、アスクル、ジャパンマテリアル、J・TEC、グラファイトデザインなど

個別

■ビリングシステム(3623)
 スマホ決算ソリューション「ZNAP」でダイヤモンドダイニング(3073)と業務提携
■電通(4324)
 ロシア「トラフィック社」を100%買収予定
■ミニストップ(9946)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 12.4%増収、18.4%営業減益
■ファーストリテイリング(9983)
 国内ユニクロ事業の9月既存店は104.4%

続きを読む>>

明日の材料 新日本科学、Jフロント、創通、シスウェーブ、HKSなど

個別

■高島屋(8233)
 平成25年2月期決算を発表、今26年2月期は3.1%増収、9.9%営業増益を計画

■イオンモール(8905)
 平成25年2月期決算を発表、今26年2月期は7.0%増収、2.7%営業増益を計画

■ミニストップ(9946)
 平成25年2月期決算を発表、今26年2月期は13.6%増収、20.3%営業増益を計画

続きを読む>>

日米大手 野村 GS「5兆円」で一致 外国人買い本番はこれから 【NSJ日本証券新聞(1月10日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月10日付け

・日米大手 野村 GS「5兆円」で一致 外国人買い本番はこれから
・本誌連載陣による新春座談会

続きを読む>>

明日の材料 良品計画、サイゼリヤ、7&I、東宝不動産、長野計器など

個別

■良品計画(7453):第3四半期決算を発表。前年同期比 6.0%増収、24.7%営業増益
■長野計器(7715):米ゼネラルモーターズ、上海汽車工業(集団)総公司と圧力センサの供給契約
■スギHD(7649):第3四半期決算を発表。前年同期比 5.4%増収、3.1%営業増益

続きを読む>>