9861

GPIF動き強める 新たな運用機関発表の余波は【日本証券新聞 2月10日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月10日

・「2月優待」注目度増す カスミ、実質利回り7%台
・筍狩りに行こう カカクコム 復活を目指す
・北米で稼ぐ企業に再脚光 米雇用統計の大幅改善で見直す
・東洋建が高値更新 建設の決算発表、10日に集中

続きを読む>>

明日の材料 サカタのタネ、ダイセキ環境ソリューション、ファステップス、ディップ、シンワアートオークションなど

個別

■ダイセキ(9793):第3四半期決算、期末配当予想を11円→13円へ引き上げ
■吉野家ホールディングス(9861):第3四半期決算を発表、前年同期比4.0%増収、304.8%営業増益
■ミニストップ(9946):第3四半期決算を発表、前年同期比11.2%増収、37.3%営業減益

続きを読む>>

明日の材料 シンクレイヤ、トライステージ、ソーバル、アスクル、ハローズ、パレモなど

個別

■東京急行電鉄(9005):電力小売事業へ参入
■アインファーマシーズ(9627):メディオ薬局を子会社化
■吉野家ホールディングス(9861):Texchem社と合弁会社

続きを読む>>

明日の材料 インターライフホールディングス、エービーシー・マート、薬王堂、創通、小野薬品工業など

個別

■ファミリーマート(8028):第2四半期決算を発表、前年同期比5.3%増収、15.8%営業減益
■アルプス物流(9055):第2四半期業績予想を上方修正
■吉野家ホールディングス(9861):第2四半期決算を発表、前年同期比2.5%増収、153.2%営業増益

続きを読む>>

竹中三佳の株Catch one’s eye Part.59 吉呑み

竹中三佳の株Catch one's eye 連載

竹中三佳さん

皆さんは「吉呑み(よしのみ)」をご存じでしょうか。牛丼の吉野家(9861)が始めた「ちょい飲み」できるお店、それが「吉呑み」です。都心部を中心に展開していると聞き興味津々のところへ「先日行って来た」というお酒好きの女友達。早速話を聞きました。

続きを読む>>

日経平均続騰 昨年12月末高値1万6291円抜く【日本証券新聞 9月22日】

日本証券新聞

日本証券新聞 9月22日

・IPO初値 AMBITION 61%高で好発進
・IHI 中長期成長力を評価
・日本電産 海外事業拡大で最高益
・日野自動車 いすゞ 先高期待が高まる

続きを読む>>

明日の材料 土屋ホールディングス、一休、くらコーポレーション、バッファロー、サイバーエージェントなど

個別

■丹青社(9743):第2四半期及び通期業績予想を上方修正
■ニトリホールディングス(9843):中国に初出展、ブランド名は「NITORI」
■吉野家ホールディングス(9861):マレーシアで合弁会社を設立

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) イチケン、システム・テクノロジー・アイ、パル、パス、JSRなど

個別

■ホシザキ電機(6465) 5,300円〔+100円、+1.92%〕
 場中に上方修正を発表
■日立ハイテクノロジーズ(8036) 2,789円〔+271円、+10.76%〕
 第1四半期決算を発表。野村証券では目標株価を引き上げ
■吉野家ホールディングス(9861) 1,428円〔-83円、-5.49%〕
 自己株式の処分を通じで約17,384百万円を調達

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均は15,500円台を回復。水素関連の材料が出た日本精線がストップ高買い気配

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,530.29円の72.42円高、TOPIXは1,286.74の5.39ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,048、値下がり銘柄数は571。出来高は10億4,462万株、売買代金は7,994億円。

続きを読む>>

明日の材料 システム・テクノロジー・アイ、オプト、バリューコマース、カゴメ、片倉工業など

個別

■吉野家ホールディングス(9861)
 公募による自己株式の処分、株式売出し、自己株式の消却。中小企業庁による立入検査
■家族亭(9931)
 第1四半期決算を発表、前年同期比5.6%増収、111.4%営業増益
■アークス(9948)
 通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

取材の現場から 「肉関税」引き下げの裏事情 

取材の現場から 連載

日本ハム(2282) 週足

TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)交渉は、夏の大筋合意には至らない見通しが強まった。ただ、日本政府は、重要5品目は「聖域」だとして関税撤廃の例外にする方針だったが、牛肉と豚肉に関しては関税を見直す方向で議論が進んでいる。むしろ、肉の関税をどう下げるかが議論の焦点となっている。

続きを読む>>

明日の材料 カネコ種苗、コシダカホールディングス、ブロッコリー、ジェイアイエヌ、MonotaROなど

個別

■毎日コムネット(8908)
 新規事業として自然エネルギーによる発電事業を開始
■吉野家ホールディングス(9861)
 第1四半期決算を発表、前年同期比4.2%増収、営業利益は885百万円
■ファーストリテイリング(9983)
 第3四半期決算を発表、前年同期比22.8%増収、9.9%営業増益

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 前田建設工業、コア、電通、ツガミ、オーエスジー、ローツェなど

個別

■カプコン(9697) 1,725円〔-14円、-0.81%〕
 SMBC日興証券が投資判断を「2」に引き下げ
■エヌエスディ(9759) 1,261円〔+71円、+5.97%〕
 12時30分に上方修正を発表
■吉野家ホールディングス(9861) 1,355円〔+64円、+4.96%〕
 今期は0.9%増収、51.4%営業増益を計画

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は全面安、日経平均は15,000円台割れ。米国株安や日銀金融政策決定会合を警戒。ノンバンクや情報通信、不動産、証券などが安い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,808.85円の254.92円安、TOPIXは1,196.84の19.05ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は216、値下がり銘柄数は1,513。出来高は17億7,871万株、売買代金は1兆6,658億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ソフトフロント、ペッパーフードサービス、データホライゾン、参天製薬など

個別

■ジーンズメイト(7448) 227円〔+17円、+8.10%〕
 今期改善見通しの決算発表が好感
■日本ビルファンド投資法人(8951) 573,000円〔+16,000円、+2.87%〕
 GPIFがREITへも投資との報道で
■吉野家ホールディングス(9861) 1,332円〔+34円、+2.62%〕
 上方修正が好感

続きを読む>>

明日の材料 東日本ハウス、パソナグループ、イオン九州、ジェイアイエヌ、あさひなど

個別

■十六銀行(8356)
株主優待制度を拡充
■吉野家ホールディングス(9861)
通期業績予想を上方修正
■アオキスーパー(9977)
平成26年2月期決算を発表、中間配当として記念配当2.5円を加え12.5円を予定

続きを読む>>

取材の現場から 首座の現場から 消費税引き上げ対応“知恵比べ” 増税対応に4手法

取材の現場から 連載

日清食品(2897) 週足

4月1日の消費税の引き上げに向けて、各企業とも対応に追われている。今回は8%と10%への2段階引き上げなので、来年10月の引き上げも見越したシステム改編を行っている。システム関係では、NTTデータ(9613)もあるが、中小企業向けには大塚商会(4768)のような会社が会計や受発注伝票のシステム改編需要を享受しているようだ。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ダイセキ環境ソリューション、インタートレード、ブロードメディア、久光製薬など

個別

■マツダ(7261) 559円〔+29円、+5.47%〕
 SMBC日興証券が投資判断を「1」へ引き上げ
■インテリックス(8940) 1,234円〔+76円、+6.56%〕
 上方修正、増配を発表
■ファーストリテイリング(9983) 41,050円〔+1,250円、+3.14%〕
 第1四半期決算を発表

続きを読む>>

明日の材料 ダイセキ環境ソリューション、オプト、ローソン、インタートレード、久光製薬など

個別

■ピーシーデポコーポレーション(7618)
 公募増資等で約2,097百万円を調達
■吉野家ホールディングス(9861)
 第3四半期決算を発表、前年同期比 5.7%増収、70.8%営業減益
■ファーストリテイリング(9983)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 22.3%増収、13.1%営業増益

続きを読む>>

明日の材料 九電工、ハニーズ、サンセイランディック、朝日ネット、キヤノン電子など

個別

■パルコ(8251)
 第3四半期決算を発表、前年同期比 0.1%増収、18.5%営業増益
■大和証券グループ本社(8601)
 ヘルスケア施設特化型投資法人となる「日本ヘルスケア投資法人」を設立
■ニチイ学館(9792)
 11月の介護サービス利用状況を公表

続きを読む>>

攻めの戦略打ち出す「回転ずし」「牛丼チェーン」 新メニューや新業態に注力

セクター 個別

くらコーポレーション(2695) 週足

回転ずしや牛丼店など値ごろ感を売り物にしてきた外食チェーンが岐路に立たされている。円安による輸入食材の原料高で利益率が悪化している上、来年4月からの消費税の増税による影響も懸念されている。

続きを読む>>

話題銘柄をテクニカルで斬る 吉野家(9861)、セブン&アイ(3382)

テクニカル 個別

吉野家HD(9861) 週足

「株価は実体景気に半年から1年先行する」来年の増税で個人消費はどうなるか。個人消費の指標として、店頭販売が都市部中心に好調なセブンイレブンの親会社セブン&アイ・ホールディングス(3382)、安い旨い速い牛丼の代名詞、吉野家ホールディングス(9861)を考える。株価データは過去1年の週足ローソク足。分析ツールは13週、26週の株価移動平均線と出来高を使用する。

続きを読む>>

中小型の上方修正銘柄が人気 メディアGL、第一建設工業など 【NSJ日本証券新聞 10月22日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 10月22日

・銘柄一本勝負 田淵電機 パワコン事業は好調を持続中
・「3月期」がなくなる!? 決算期変更相次ぐ予感
・年末株価着地点は 超強気・野村vsその他大勢
・IPOエネリスは依然、人気沸騰中 国策のど真ん中に乗る

続きを読む>>

明日の材料 ヤマト、ディップ、ブロッコリー、東洋炭素、東京都民銀行、ファーストリテイリングなど

個別

■ラクオリア創薬(4579)
 アシッドポンプ拮抗薬の米国における特許査定
■タカタ(7312)
 自動車用シートベルトに関する反トラスト法違反に関して、罰金7,130万ドルで司法省合意
■セルシード(7776)
 角膜再生シートに関する米国特許
■日神不動産(8881)
 1対2の株式分割を発表
■吉野家ホールディングス(9861)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 6.9%増収、52.1%営業減益

続きを読む>>

活発化する農業ビジネスへの参入 安全性と食材の安定確保目指す

セクター 個別

日本トリム(6788) 週足

食に関連するビジネスを手掛けている企業にとっては、顧客に提供する食材を自ら生産することによって、安全性を含めて安心感を与えることになる上、生産地の雇用促進で地域経済に貢献するメリットがある。野菜工場など最先端の栽培体制を確立すれば、異常気象で収穫量が不安定な状況でも、安定した食材確保が可能になることから、農業ビジネスに参入する企業は個別に注目できそうだ。

続きを読む>>

明日の材料 パソナ、テラ、ジェイアイエヌ、プレサンス、ティー・ワイ・オー、ユニオンツールなど

個別

■日本航空電子工業(6807)
 過大請求により防衛省の指名停止9カ月
■三井住友FG(8316)
 第2四半期経常利益予想を5,300→8,000億円へ、純利益予想を2,900→4,800百万円へ増額修正
■ストライダーズ(9816)
 陽光都市開発と資本業務提携
■吉野家ホールディングス(9861)
 第2四半期及び通期業績予想の下方修正を発表

続きを読む>>

優待権利は取ったけど…  思わぬ逆日歩、大赤字

個別

吉野家(9861) 日足6カ月

安易な優待取りは高くつく!? 8月末割当の権利を落としたのは28日だったが、株主優待“タダ取り”を狙って、吉野家(9861)などを買った向きは、大きくアテが外れたようだ。

続きを読む>>

京セラに続け!焦点は「100株単位」 株式分割ラッシュ(9月末140社超) 【NSJ日本証券新聞 8月30日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 8月30日

・ブラインドインタビュー 東証新指数、期待と不安 「ROE」重視は時代遅れ?
・優待権利は取ったけど… 思わぬ逆日歩、大赤字
・ZOOM UP シノケンG “普通のサラリーマン”の資産形成を支援

続きを読む>>

実質利回り2ケタも 8月末優待再チェック

個別 概況

エコス(7520 週足

株主優待が単なるオマケ扱いされていたのは、はるか昔の話。近年は、優待廃止を発表した途端に急落し、結局、後に優待復活することになった東証1部企業が現れるほど。優待で暮らす、元将棋棋士の桐谷広人氏などは、マネー誌で引っ張りだこの人気ぶりだ。

続きを読む>>

20日以降設定相次ぐ日本株投信 買いの主役は外国人からシフト 【NSJ日本証券新聞 8月15日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 8月15日

・新高値銘柄に先導役期待 タクマ、新電元、稲畑産業
・8月末優待再チェック 実質利回り2ケタも
・米金利高・ドル高に限界か 前のめり的な債券売り誘う米指標登場まで

続きを読む>>

「土用の丑の日」(22日)が接近 養殖関連でヨンキュウ、牛丼やコンビニ大手も販売強化

セクター 個別

ヨンキュウ(9955) 週足

7月22日の「土用の丑の日」を間近に控え、ウナギの需要が最盛期を迎える。
この数年、稚魚であるシラスウナギの不漁が続いていることで、価格は高騰を続けているが、夏バテ防止から、この時期のウナギは珍重されるだけに、ウナギを販売する量販店や外食チェーン、ウナギの養殖を手掛ける企業など関連銘柄はシーズンストックとして注目できそうだ。

続きを読む>>

明日の材料 大和ハウス、伊藤園、ローソン、ジェイアイエヌ、3Dマトリックス、吉野家など

個別

■共立印刷(7838)
 公募増資等で約17.2億円を調達

■ノダ(7879)
 第2四半期売上高予想を26,000→27,020百万円へ、営業利益予想を1,050→1,350百万円へ増額修正

■三光合成(7888)
 平成25年5月期決算を発表、今26年5月期は2.6%増収、7.2%営業増益を計画

続きを読む>>

高額品に動くファストフード各社 原材料高などコスト増対策へ

セクター 個別

吉野家(9861) 週足

ファストフードチェーン大手が相次ぎ高額商品を投入し話題となっている。
これまでは長期にわたる景気低迷から、値下げ競争の動きとなっていたが、円安基調から輸入食材が高騰する中で、各社とも利益率の向上が大命題となっていた。

続きを読む>>

指数採用で読むサントリーBF “穏健スタート”その先は 【NSJ日本証券新聞 7月4日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 7月4日

・楽天 証券界に一石投じる 三菱UFJのアナリストに絶縁状
・日経平均「新予想」ラッシュ 超強気派は後退気味に…
・山の必需品「靴」に注目 意外と息長い富士山関連

続きを読む>>

デフレ脱却に逆行? 牛丼大手チェーンの値下げ

セクター 個別

政府のデフレ脱却に向けた政策や原料高、円安などの影響で製品価格が相次いで値上げとなる中で、牛丼大手がこれに逆行する形で値下げに踏み切ってきた。この動きがほかの外食チェーンにどう波及するか注目されるところだ。

続きを読む>>

明日の材料 マルハニチロ、コメ兵、三井造船、サマンサタバサ、ワットマンなど

個別

■F&Aアクア(8008)
 平成25年2月期決算を発表、今26年2月期は3.7%増収、10.7%営業増益を計画

■アデランス(8170)
 平成25年2月期決算を発表、今26年2月期は26.2%増収、15.2%営業増益を計画

■丸三証券(8613)
 平成25年3月期の決算速報値を公表、営業利益は前期の△772百万円に対して2,944百万円

続きを読む>>

ライツイシュー新時代! 日本初「コミットメント型」第1号はIRジャパン 【NSJ日本証券新聞 4月16日】

日本証券新聞

・銘柄一本勝負 横河電機 前期業績アク抜け、今期を読む
・デフレ脱却に逆行? 牛丼大手チェーンの値下げ
・マニュライフ・インベストメンツ・ジャパン カナダ株セミナー

続きを読む>>

明日の材料 ラクーン、ウエルシア、コスモス薬品、TSIホールディングス、吉野家など

個別

■キャンドゥ(2698)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 2.9%減収、37.2%営業減益

■ラクーン(3031)
 1対300の株式分割、1単元を100株に設定。未定としていた期末配当を1,200円に

■東邦ホールディングス(8129)
 スペシャリティ医薬品における流通課題を総合的に解決することを目的とする新会社を設立

続きを読む>>

NTTファミリーに思惑人気 「データ」「ドコモ」「都市開発」は売買単位未変更【NSJ日本証券新聞 3月22日付け】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 3月22日付け

・見どころチェック!「中期経営計画」経営トップの姿勢を反映
・JPXに目標株価の怪 頭抱える?アナリスト
・大学受験資格に「TOEFL」!? 安倍政権の教育再生で浮上
・IPO社長会見 アサンテ

続きを読む>>

一段高の決定材料「自社株買い」 ヤフー、リョーサン、ユニチャーム 【NSJ日本証券新聞(1月31日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月31日付け

・一段高の決定材料「自社株買い」 ヤフー、リョーサン、ユニチャーム
・「歴史に学ぶ」比較すべきは99年、03年、05年

続きを読む>>

明日の材料 ブロッコー、ジェイアイエヌ、ビックカメラ、吉野家、ファーストリテイリングなど

個別

■ジェイアイエヌ(3046):第1四半期決算、第2四半期・通期業績予想の増額、増配、単元株式数(1単元1,000→100株)の変更を発表
■ファーストリテ(9983):第1四半期決算を発表。前年同期比 16.7%増収、16.9%営業増益
■久光製薬(4530):第3四半期決算を発表。前年同期比 3.5%増収、0.3%営業減益

続きを読む>>

外食の海外展開が加速 吉野家、ゼンショーが先行

セクター 個別

ゼンショーHD(7550) 日足

日本の外食チェーンの海外進出が活発化している。牛丼大手などは北米で既に定着しているが、今後、潜在的な出店余力が高いのはアジアを中心とする新興国で、中国に加えて周辺国での動きも目立ってきている。

続きを読む>>

NSJ日本証券新聞 12月14日付け

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月14日付け

  ・どう読む「新政権の経済政策」 真贋見極める3視点「TPP」「日中」「エネルギー」 ・新興相場 上昇機運 JQ平均も年末相場で高値更新の可能性十分 ・大証株「急騰劇」の背景 証券株主の扱いも焦点に ・風力発…

続きを読む>>

再び低価格化の動き 岐路に立つ「ファストフード業態」 吉野家、ゼンショー、松屋フーズ、マクドナルドなど

セクター 個別

ゼンショーHD(7550) 日足

牛丼チェーン各社を中心に外食チェーン各社が再び低価格競争の動きを強めつつある。低価格競争を避けるべく、他業態を強化する動きもあり、集客増を図りながら利益率を維持すべく、外食業界は再び岐路に立たされている。 価格競争では出…

続きを読む>>

NSJ日本証券新聞 11月28日付け

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 11月28日付け

・「第2のウィル」500株単位銘柄から 買単位変更いよいよ佳境へ ・新規上場紹介 コロプラ ピュアなスマホゲーム関連のデビュー第1号 ・目指すは0.777倍 NN倍率フィーバーへ!? ・ITホールディングスに新材料 スマ…

続きを読む>>