9831

概況/寄付き 東京市場は軟調なスタート。雇用統計から利上げが警戒され米国株が下落、連れ安

概況

9時10分時点の日経平均は18,786.43円の184.57円安、TOPIXは1,527.01の13.83ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,040万株、買いは1,540万株。

続きを読む>>

TOPIXはまだ「7年ぶり高値」 今世紀最高値「日経平均」優位続く【日本証券新聞 2月27日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月27日

・風当たり強まる!? 「社外取締役ゼロ」企業
・「3月までに2万円」 好需給支えに急反発
・投資の意味からマーケットの見方まで「今、投資戦略を考える」
・日精工 連日の最高値 来期の収益拡大買う

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反発、国家公務員の年金運用で国内株式比率を引き上げると

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は18,785.79円の200.59円高、TOPIXは1,521.68の14.06ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,286、値下がり銘柄数は435。出来高は23億9,190万株、売買代金は2兆5,089億円。

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は小幅高スタート、原油価格の反発で鉱業株が高い

個別

日経平均 週足

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが810万株、買いは890万株。9時12分時点の日経平均は18,629.88円の44.68円高、TOPIXは1,509.33の1.71ポイント高。

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 日特建設、ヤマダ電機、JVCケンウッド

テクニカル 個別

ヤマダ電機(9831)週足

もみ合い相場も終盤局面を迎えた。14年11月高値588円を起点とした調整局面は基準線をサポートに横ばいが続いたが、下方のマドを完全に埋めきらない強さが今後の上値余地を示唆している。足元の基準線の上昇をきっかけに上放れのタイミングは近いとみられる。

続きを読む>>

日経平均1万8500円タッチ ここから買える「出遅れ大型3銘柄」【日本証券新聞 2月24日】

概況

日本証券新聞 2月24日

・「155ドルのカベ」突破 四半世紀来の基調転換も
・筍狩りに行こう 山九 創業100周年迫る
・日立 出遅れ払い修復高へ 来期も増益シナリオは不変
・IPO初値 シリコンスタジオ 2倍高発進

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 主力株、材料株など各社各様

個別 概況

マツダ(7261) 週足

日経平均は19日、リーマン・ショック前の2007年高値をあっさりと抜き去り、次の上値目標として、2000年4月の2万833円が意識されてくる段階に入った。むろん、市場の一部には上昇スピードの早さを警戒する向きもあるが、相場つきの強さがあらためて指摘されている。

続きを読む>>

「JPX日経400」入れ替え最新予想 東電 採用へ赤丸急上昇中【日本証券新聞 2月23日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月23日

・アサツーDK 大幅増配が話題 13年前の「500円配」は…
・野村HD 10連騰 日経平均は3日続伸
・アルプス 高値もみ放れる 来期の収益拡大読む
・IPO初値 ホクリヨウ 穏健発進

続きを読む>>

アクティビスト復活鮮明 金満大型株に改革圧力

概況

日本ペHD(4612) 週足

内外でアクティビスト(モノ言う株主)の活動が活発化している。
日本においては、旧村上ファンドの流れをくむエフィッシモキャピタルマネージメントがTOB(株式公開買い付け)を発表したセゾン情報システムズ(9640・JQ)が前週、2営業日で46%の棒上げを記録した。

続きを読む>>

“予告付き”1部昇格候補はこれ! 準備段階の開示も増加中【日本証券新聞 2月18日】

概況

日本証券新聞 2月18日

・ヤマハ発、高値抜けの背景 東エレク退場→日本株高も
・IPO主幹事すそ野広がる 準大手・中堅証券再興
・カヤック 上値追い軽快 株主向け施策も準備中
・平野憲一の相場表街道/裏街道 ライト工業

続きを読む>>

明日の材料 国際石油開発帝石、日本海洋掘削、大本組、高橋カーテンウォール工業、ディー・エヌ・エーなど

概況

■東京放送ホールディングス(9401):第3四半期決算を発表、前年同期比1.3%減収、4.7%営業減益
■日本テレビホールディングス(9404):第3四半期決算を発表、前年同期比3.7%増収、6.6%営業増益
■テレビ東京ホールディングス(9413):第3四半期決算を発表、前年同期比7.0%増収、1.0%営業減益
■ヤマダ電機(9831):第3四半期決算を発表、前年同期比8.1%減収、29.1%営業増益

続きを読む>>

概況/寄付き 日経平均は反落、米国株の続落を受け広範囲に下落。スカイマークは民事再生手続き開始で売り気配

概況

日経平均 週足

9時8分時点の日経平均は17,691.01円の104.72円安、TOPIXは1,421.08の8.84ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが2,020万株、買いは1,230万株。

続きを読む>>

ROE向上への特効薬 「リキャップCB」実施候補は【日本証券新聞 1月29日】

日本証券新聞

日本証券新聞 1月29日

・菊池製作所 急動意 マッスルスーツ量産ライン稼働
・日経平均は続伸 新高値、201銘柄
・2015年バイオ株展望 キーワードは「現実の利益」「グローバル力」
・カシオ 高値抜け目前 業績上ブレ、増配を期待

続きを読む>>

明日の材料 極洋、大気社、オプト、アマナ、カゴメ、コーエーテクモホールディングス、キッセイ薬品工業など

個別

■キヤノン(7751):第3四半期決算を発表、前年同期比1.1%減収、8.7%営業増益
■リコー(7752):第2四半期決算を発表、前年同期比3.2%増収、7.6%営業増益
■タカラレーベン(8897):第2四半期決算、通期業績予想を上方修正
■ヤマダ電機(9831):通期業績予想を下方修

続きを読む>>

材料株の新エンジン「水素」 チノー、エルナーがストップ高【日本証券新聞 7月8日】

日本証券新聞

日本証券新聞 7月8日

・JASDAQ平均1月高値更新 個人の投資意欲健在 
・筍狩りに行こう JSP 20年のボックス相場に終止符
・リクルート上場接近 関連株の人気復活
・ヤマダ電機 需給面に「2つの追い風」 自社株買い進捗状況開示

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は今年初の5連騰。三井不動産が増資発表で安いが、再開発増加期待で建設株が高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,670.95円の34.43円高、TOPIXは1,198.17の3.06ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は993、値下がり銘柄数は661。出来高は19億8,317万株、売買代金は1兆7,898億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 大成建設、鹿島建設、メディア工房、日本化薬、ワコムなど

個別

■三井不動産(8801) 3,136円〔-204円、-6.11%〕
 約3,245億円の資金調達が重しに
■アインファーマシーズ(9627) 4,455円〔-485円、-9.82%〕
 平成26年4月期決算を発表
■ヤマダ電機(9831) 397円〔+22円、+5.87%〕
 資金調達と自社株買い

続きを読む>>

明日の材料 クレアホールディングス、きんでん、極楽湯、クスリのアオキ、サニックスなど

個別

■内田洋行(8057)
 第3四半期決算、通期業績予想を上方修正
■三井不動産(8801)
 公募増資等で約3,245億円を調達
■アインファーマシーズ(9627)
 平成26年4月期決算を発表、今27年4月期は11.6%増収、1.5%営業増益を計画
■ヤマダ電機(9831)
 1,000億円の転換社債、500億円を上限に自社株買い(ToSTNeT-3)

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ホクト、アイロムホールディングス、ジョイフル本田、タダノ、フジテックなど

個別

■しまむら(8227) 10,310円〔+380円、+3.83%〕
 中国での積極出店報道
■日本通信(9424) 490円〔+6円、+1.24%〕
 本日付で東証が信用規制を解除
■光通信(9435) 8,020円〔-220円、-2.67%〕
 12時に平成26年3月期決算を発表

続きを読む>>

明日の材料 UBIC、システナ、宝ホールディングス、日本マクドナルドホールディングス、ユーグレナ、グリーなど

個別

■日本通信(9424)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は33.5%増収、70.0%営業増益を計画
■セコム(9735)
 平成26年3月期決算を発表、中間配当制度を導入
■オートバックスセブン(9832)
 平成26年3月期決算、300万株を上限に自社株買い、自己株式の消却

続きを読む>>

損益に影響を与える変化 価格・営業・管理の3点に着目

個別 概況

ノエビア(4928) 週足

「価格設定」「営業戦略」「経営管理」などの方針変更は、ちょっとしたことでも損益に影響を与えやすい。中長期投資家を中心に、そうしたちょっとした“変化”をとらえ、方針変更がプラスに働いている(もしくは、働きそうな)銘柄に投資する動きが出てきている。

続きを読む>>

”駅前世界遺産” 富岡製糸場 片倉工業にご祝儀買い、高崎銘柄にも波及効果?

セクター 個別

片倉(3001) 日足

ユネスコの諮問機関が「富岡製糸場と絹産業遺産群」の文化遺産登録を勧告したことが明らかに。6月の世界遺産委員会で正式決定となる見通し。

続きを読む>>

明日の材料 日本海洋掘削、タケエイ、パレモ、ガンホー・オンライン・エンターテイメントなど

個別

■京セラ(6971)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は9.2%増収、12.0%営業増益を計画
■トレイダーズホールディングス(8704)
 関連会社がスリランカ発電事業者とバイオマス発電共同事業で基本合意書締結
■ヤマダ電機(9831)
 通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

概況/大引け ドレッシング買いで、大引けにかけて上げ幅拡大。保険や非鉄、ノンバンク、不動産、海運などが値上がり率上位

個別

日経平均 日足

大引けの日経平均は14,827.83円の131.80円高、TOPIXは1,202.89の16.37ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,317、値下がり銘柄数は374。出来高は20億9,324万株、売買代金は2兆566億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) セブン&アイ、ベリサーブ、メディア工房、、日本オラクル、メッツ、SMCなど

個別

■トヨタ自動車(7203) 5,716円〔+95円、+1.69%〕
 6,000万株の自社株買いを発表
■タムロン(7740) 2,387円〔+60円、+2.58%〕
 バークレイズが新規「オーバーウエイト」
■ゼビオ(8281) 1,763円〔-121円、-6.42%〕
 JPモルガンが投資判断を「Neutral」に引き下げ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ビューティガレージ、テックファーム、オルトプラス、ブイキューブ、サニックスなど

個別

■エスケーエレクトロニクス(6677) 773円〔+35円、+4.74%〕
 14万株、1億円を上限に自社株買い
■ブイ・テクノロジー(7717) 306,000円〔+19,000円、+6.62%〕
 みずほ証券が目標株価を引き上げ
■ヤマダ電機(9831) 333円〔+7円、+2.15%〕
 JPモルガンが投資判断を「Neutral」に引き上げ

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は反発スタート。昨日売られた不動産や保険もシッカリ

概況

日経平均 週足

昨日は反落していた不動産株や保険株も反発。インドで販売好調と伝えられたホンダ(7267)や、株式分割でNISAによる買付け期待の日本電産(6594)、公共投資関連の人気が波及した太平洋セメント(5233)などが上昇。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 新日本科学、飯田グループ、三井化学、ラクオリア創薬、ヒューリックリートなど

個別

■インプレスホールディングス(9479) 151円〔+23円、+17.97%〕
 減収減益の第3四半期決算も、通期利益計画を既に上回る着地に
■ファーストエスコ(9514) ストップ高買い気配
 第2四半期決算、通期業績予想の増額を発表
■ヤマダ電機(9831) 363円〔+18円、+5.22%〕
 第3四半期決算を発表、SMBC日興証券では「1」継続

続きを読む>>

明日の材料 日本海洋掘削、メディネット、ダイワボウホールディングス、オークファン、三井化学、ソニーなど

個別

■ニコン(7731)
 第3四半期決算を発表、前年同期比 4.0%減収、0.2%営業増益
■NTT(9432)
 第3四半期決算、3,800万株の自社株買い
■ファーストエスコ(9514)
 第2四半期決算、通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

概況/大引け 東証は小康状態、FOMC前で上値は抑制。クレディスイスは通信を格下げ、ソフトバンクとKDDIが下落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,980円16銭の25円57銭安、TOPIXは1,224.31の4.92ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は651、値下がり銘柄数は956。出来高は27億3,200万株、売買代金は2兆6,790億円。

続きを読む>>

「売り残」が切り口に 不二越、ANAなど注目

個別 概況

不二越(6474) 週足

年初から不安定な相場展開が続く中、信用残の動向が関心を集めつつある。
たとえば、先の大幅下方修正ショックを受けた任天堂(7974)の値動き。発表直後の20日寄り後、-2,710円まで売られながら、結局、終値では-900円にとどまり、その後も戻りを試す展開となっているが、意外な抵抗力を発揮した背景に、「売り方の買い戻し」の動きも指摘されている。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) コカ・コーライースト、東急不動産ホールディングス、ホットリンク、ドワンゴなど

個別

■パナソニック(6752) 1,291円〔-25円、-1.90%〕
 シティグループが投資判断を「3」に引き下げ
■宇徳(9358) 411円〔+14円、+3.53%〕
 NSJ日本証券新聞では「不動産含み益プラスαの魅力」と
■ヤマダ電機(9831) 367円〔-15円、-3.93%〕
 JPモルガンが投資判断を「Underweight」に引き下げ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) JIN、ホギメディカル、新日鉄住金、つがみ、JVCケンウッドなど

個別

■タムロン(7740) 2,938円〔+152円、+5.46%〕
 JPモルガンが目標株価を3,500円に引き上げ
■インテリックス(8940) 1,287円〔+97円、+8.15%〕
 立花証券では「強気」判断
■JBCCホールディングス(9889) 813円〔+9円、+1.12%〕
 販売管理システム「SMART Fast」を、中国から開始

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) インタースペース、ハニーズ、グリムス、メイコー、象印マホービンなど

個別

■ヤオコー(8279) 4,075円〔+85円、+2.13%〕
 大和証券が目標株価を4,500円→4,800円へ引き上げ
■京浜急行電鉄(9006) 838円〔+16円、+1.95%〕
 JR東日本の品川車両基地再開発構想の具体化で、保有資産が注目
■日本通信(9424) 10,400円〔+1,500円、+16.85%〕
 信用規制が解除

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ディー・エヌ・エー、積水化学、三浦工業、イリソ電子工業、オンワードなど

個別

■オンワードホールディングス(8016) 791円〔-17円、-2.10%〕
 ゴールドマン・サックスが投資判断を「中立」に引き下げ
■カナモト(9678) 2,561円〔+68円、+2.73%〕
 平成25年10月期決算を発表
■ヤマダ電機(9831) 365円〔+10円、+2.82%〕
 グループによる不動産ネットワーク「ヤマダ・エステートパートナーズ」事業を開始

続きを読む>>

明日の材料 テンポスバスターズ、ユーグレナ、モバイルクリエイト、マクロミル、ライドオン・エクスプレスなど

個別

■アジア航測(9233)
 西日本旅客鉄道と業務提携
■カナモト(9678)
 平成25年10月期決算を発表、今26年10月期は6.0%増収、10.0%営業増益を計画
■ヤマダ電機(9831)
 グループによる不動産ネットワーク「ヤマダ・エステートパートナーズ」事業を開始

続きを読む>>

明日の材料 国際石油開発帝石、オルトプラス、宮地エンジニアリング、楽天、ブリヂストン、VTホールディングス、ニチイ学館等

個別

■イントランス(3237)
 第2四半期決算、1対200の株式分割、単元株制度を採用(1単元100株)
■加藤製作所(6390)
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正、中間・期末配当予想をそれぞれ4.0円→4.5円へ引き上げ
■ケーユーホールディングス(9856)
 第2四半期決算、東証1部指定承認
■鴻池運輸(9025)
 第2四半期決算、期末配当予想を7.5円→15円へ修正

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) オールアバウト、コネクトホールディングス、ガンホー、ユーシンなど

個別

■クリエイト・レストランツ(3387) 2,809円〔+145円、+5.44%〕
 東証1部への市場変更、記念配当を公表
■ヤマダ電機(9831) 268円〔+6円、+2.29%〕
 下方修正、自社株買いを発表
■江守商事(9963) 1,532円〔+119円、+8.42%〕
 第2四半期業績予想の上方修正を発表、東証1部値上がり率3位
■ソフトバンク(9984) 7,390円〔+150円、+2.07%〕
 スーパーセルの買収を発表したほか、米ブライトスターの買収報道

続きを読む>>

概況/寄り付き NYダウは下落したが、東証は小幅続伸。ソフトバンクは4日続伸

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,790万株、買いは1,780万株でした。

9時16分時点の日経平均は14,474円12銭の32円58銭高、TOPIXは1,199.27の1.80ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は667、値下がり銘柄数は809。

続きを読む>>

明日の材料 大東建託、ファンコミュニケーションズ、ドトール・日レス、ハウスコム、クリエイト・レストランツなど

個別

■ウエルシアホールディングス(3141)
 平成25年8月期決算を発表、今26年8月期は9.6%増収、14.2%営業増益を計画
■コロプラ(3668)
 スマホアプリが累計5,000万ダウンロードを突破、黒猫のウィズは900万ダウンロード
■リゾートトラスト(4681)
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正を発表
■ハーモニック・ドライブ・システムズ(6324)
 第2四半期の受注高は前年同期比 126.6%、売上高は110.3%
■ヤマダ電機(9831)
 第2四半期及び通期業績予想の下方修正、自社株買いを発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) オンリー、クラスターテクノロジー、技研製作所、NSユナイテッド海運など

概況

■DOWAホールディングス(5714) 936円〔-65円、-6.49%〕
 業績修正を発表、クレディ・スイスではネガティブ評価
■リバーエレテック(6666) 1,042円〔+150円、+16.82%〕
 本日より信用取引規制が解除
■ガリバーインターナショナル(7599) 586円〔-41円、-6.54%〕
 第2四半期決算を発表
■ヤマダ電機(9831) 266円〔+1円、+0.38%〕
 みずほ証券が投資判断を「中立」に引き下げ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ヤマダ・エスバイエルホーム、クックパッド、グリー、ジャパンマテリアルなど

個別

■ユナイテッドアローズ(7606) 4,190円〔+90円、+2.20%〕
 9月度の全社売上高は111.3%
■J・TEC(7774) 589,000円〔+78,000円、+15.26%〕
 経済産業省の公募事業に採択、委託契約を締結したと発表
■ヤマダ電機(9831) 273円〔-10円、-3.53%〕
 クレディ・スイスが投資判断を「NEUTRAL」に引き下げ

続きを読む>>

概況/寄り付き 米国株の反落から東証も冴えないスタート。ソフトバンクが小反落し、不動産も弱含み

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,430万株、買いは1,320万株でした。

9時15分時点の日経平均は14,128円22銭の42円27銭安、TOPIXは1,175.18ポイントの0.22ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は781、値下がり銘柄数は727。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ソフトウェア・サービス、アドバンスト・メディア、小林製薬、ジオスターなど

個別

■IRジャパン(6051) 10,200円〔+1,020円、+11.11%〕
 昼休み中に1対5の株式分割を発表
■セガサミーホールディングス(6460) 2,851円〔+136円、+5.01%〕
 インデックスからデジタルゲーム事業等を譲受け。ゴールドマン・サックスでは「中立」継続
■ファナック(6954) 17,040円〔+160円、+0.95%〕
 クレディ・スイスでは「OUTPERFORM」、2万円目標を継続
■ニトリホールディングス(9843) 9,260円〔+200円、+2.21%〕
 みずほ証券が17日付けで新規「買い」、12,000円目標

続きを読む>>

概況/前引け 2020年五輪はマドリード優位の観測報道で、建設や不動産を始めとして広範囲に下落

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は13,906円13銭の158円69銭安、TOPIXは1,147.34の10.50ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は297、値下がり銘柄数は1,326。出来高は11億6,643万株、売買代金は8,727億円。

続きを読む>>

住宅メーカーに駆け込み需要期待 消費増税決定で拍車も

セクター 個別

コスモスイニシア(8844) 週足

マンションや一戸建てを含めて住宅販売の好調が続いている。
アベノミクス効果による景況感の回復に加えて、来年4月からの消費増税を意識した駆け込み需要も喚起されている。消費増税に関しては、9月にも延期か正式実施かの判断が下される見通し。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) カルビー、フライトシステムコンサルティング、トレンドマイクロ、横浜ゴム、ツガミなど

個別

■エイティング(3785) 1,110円〔-30円、-2.63%〕
 第3四半期決算、通期利益予想を増額、記念配当実施を公表
■三井化学(4183) 273円〔+19円、+7.48%〕
 SMBC日興証券が投資判断を「1」に引き上げ
■東洋ゴム工業(5105) 578円〔-9円、-1.53%〕
 11時に第2四半期決算、通期上方修正を発表

続きを読む>>

明日の材料 ディー・エヌ・エー、三菱マテリアル、ディスコ、ローム、ニコン、マネースクウェアなど

個別

■東亜建設工業(1885):第1四半期決算、自己株式の取得を発表
■ドワンゴ(3715):第3四半期決算を発表、前年同期比 1.3%減収、155.7%営業増益
■トレンドマイクロ(4704):第2四半期決算を発表、前年同期比 15.6%増収、31.1%営業増益
■オリンパス(7733):第1四半期決算を発表、前年同期比 16.0%減収、285.6%営業増益

続きを読む>>

概況/大引け 円高進行から東証は全面安、日経平均は再び14,000円台割れ

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,128.45の38.61ポイント安、日経平均は13,661.13円の468.85円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は57、値下がり銘柄数は1,676。出来高は25億6,546万株、売買代金は2兆1,924億円。

続きを読む>>

概況/寄付き NYダウの過去最高値更新を好感、続伸スタート。シャープはLIXILやマキタに出資要請検討で高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

9時16分時点のTOPIXは1,231.21の9.20ポイント高、日経平均は14,937円の128円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,072、値上がり銘柄数は463。

続きを読む>>

概況/前引け 小幅高でのもみ合い。ソフトバンクが燃料電池進出計画、KLabは博報堂と資本業務提携

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,216.86の3.62ポイント高、日経平均は14,694.53円の79.49円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は899、値下がり銘柄数は685。出来高は14億7,102万株、売買代金は1兆1,812億円。

続きを読む>>

明日の材料 日本海洋掘削、ガンホー・オンライン、インフォコム、IOデータ、スカイマークなど

個別

■日清オイリオグループ(2602)
 平成25年3月期決算を発表、平成26年3月期は9.7%増収、58.5%営業増益を計画

■ガンホー・オンライン(3765)
 第1四半期営業利益は前年同期の75.1倍、1対10の株式分割も発表

■オウケイウェイヴ(3808)
 米Davia社からデジタルグリーティングカード事業を買収

続きを読む>>

個別銘柄動向 日本道路、きちり、スタートトゥデイ、東ソー、生化学工業など

個別

■東ソー(4042) 282円〔+21円、+8.05%〕
 13時に上方修正を発表したことが好感

■生化学工業(4548) 1,244円〔+90円、+7.80%〕
 腰椎椎間板ヘルニア治療剤SI-6603の米国における第Ⅲ相臨床試験開始

■東宝(9602) 2,290円〔-11円、-0.48%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を「Neutral」へ引き下げ

続きを読む>>

概況/前引け 米3月中古住宅販売戸数が予想以下で円高に。スクウェアエニックスはエフィッシモキャピタルマネージメントが大株主登場

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

米国の3月の中古住宅販売戸数は前月比0.6%減の年率492万戸となり、市場予想の501万戸を下回ったため、ドルが売られ、1ドル=98円90銭近辺と、100円突破を目前に遠のいたことや、日本企業の決算発表の本格化を控え、相場全体は小幅安での揉み合いとなりました。

続きを読む>>

明日の材料 きちり、医学生物学研究所、IHI、ライトオン、ヤマダ電機など

個別

■アスコット(3264)
 メガソーラー開発のコンサルティング事業参入を発表

■BBタワー(3776)
 通期売上高予想を22,000→22,900百万円へ、営業利益予想を550→860百万円へ増額修正

■塩野義(4507)
 通期営業利益予想を560→588億円へ増額修正

続きを読む>>

個別銘柄動向 タマホーム、パレモ、トレンドマイクロ、シャープ、ダイエー、日本精機など

個別

■タマホーム(1419)
 初値は公開価格980円の1.73倍となる1,700円

■JPホールディングス(2749) 1,882円〔+136円、+7.79%〕
 復興需要への期待か

■ハニーズ(2792) 1,205円〔+73円、+6.45%〕
 第3四半期決算を発表

■キッコーマン(2801) 1,618円〔+17円、+1.06%〕
 JPモルガン証券では目標株価を2,000円に引き上げ

続きを読む>>

概況/寄り付き 配当落ち分90円程度を埋めて、揉み合い。赤字転落のスクウェアエニックスが安い。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

スクウェアエニックス(9684)は北米市場での大型ゲームソフト販売が不振のため、2013年3月期が最終赤字130億円(前期は黒字60億円)になる見通しと発表し、売られています。

続きを読む>>

4月から「木材利用ポイント事業」開始 住宅・建材メーカーに注目 住友林業、エスバイエル、永大産業など

セクター 個別

住友林業(1911) 日足

林野庁が4月1日から、「木材利用ポイント事業」を開始させる。国産木材の需要喚起と住宅市場の活性化を狙ったもので、木造住宅や木質建材などを手掛ける企業にあらためて注目したい。

続きを読む>>

概況/大引け 安倍首相がTPP交渉参加を表明すると報じられ中堅以下の海運株は軒並みストップ高。ソニーは大和証券の格上げで賑わう。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

安倍首相が本日、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への参加を表明すると報じられたことで、東京株式市場は貿易量が増えれば海上荷動きが活発化するという期待で、海運株が買われました。川崎汽船や日本郵船などの大手海運株が値上がりし、第一中央汽船(9132)や共栄タンカー、NSユナイテッド海運、乾汽船、明治海運と大手以下の海運会社が軒並みストップ高となりました。

続きを読む>>

個別銘柄動向 日本海洋掘削、ドワンゴ、一休、ナノキャリア、タカタ、岡三証券グループなど

概況

■日本海洋掘削(1606) 3,225円〔+261円、+8.81%〕  上方修正を発表 ■JACリクルートメント(2124) 1,677円〔+179円、+11.95%〕  平成24年12月期決算を発表、今25年12月期も…

続きを読む>>

明日の材料 海洋掘削、DeNA、昭和シェル、富士通、ソニー、スズキなど

個別

■海洋掘削(1606):第3四半期決算、通期業績予想の上方修正を発表
■サニーサイド(2180):第2四半期決算を発表、前年同期比 53.8%増収、152.5%営業増益
■DeNA(2432):第3四半期決算、通期業績予想、期末配当予想(50円)を発表

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは800.08ポイントの0.87ポイント高、日経平均は9,734円の8円安。米国で財政の崖の回避のための交渉が平行線で米国株下落し、東証も様子見。ヤマダ電機はベスト電器と連携で高い。DeNAが小幅安。GS証券の格下げに対して、三菱UFJは格上げ。

概況

日経平均 日足

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,280万株、買いは1,750万株でした。 9時15分時点のTOPIXは800.08ポイントの0.87ポイント高、日経平均は9,734円の8円安。東証1部市場の値上がり銘…

続きを読む>>