9757

明日の材料 ベルグアース、太洋基礎工業、フルスピード、日本ハム、アマナ、ウェルネットなど

個別

■ファースト住建(8917):平成26年10月期決算を発表、今27年10月期は4.2%増収、3.4%営業増益を計画
■東京ドーム(9681):第3四半期決算を発表、前年同期比2.0%減収、10.6%営業減益
■船井総研ホールディングス(9757):100万株の自己株式を消却

続きを読む>>

明日の材料 日本工営、ジェイエイシーリクルートメント、CSSホールディングス、神戸物産など

個別

■東邦ホールディングス(8129):投資有価証券売却益6,206百万円
■大和証券グループ本社(8601):ミカサ・アセット・マネジメントへ資本参加
■船井総研ホールディングス(9757):期末配当予想を16円→17円へ修正

続きを読む>>

取材の現場から 「車体課税」見直しは厳しいか 下請けで進む海外シフト

取材の現場から 連載

NRI(4307) 週足

乗用車の8月の国内生産台数が明らかになった。前年同月比7.4%減で、2カ月連続のマイナス。本欄で前回伝えた通り、自動車の受注台数は今年1月をピークに下落。

続きを読む>>

明日の材料 高砂熱学工業、キリンホールディングス、カワチ薬品、きちり、日本調剤、ビリングシステムなど

概況

■KDDI(9433)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は6.1%増収、10.1%営業増益を計画
■東京電力(9501)
 平成26年3月期決算を発表
■電源開発(9513)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は6.7%増収、16.6%営業増益を計画
■ベネッセホールディングス(9783)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は4.2%増収、0.5%営業増益を計画

続きを読む>>

来期以降の成長戦略が視野に 発表相次ぐ「中期経営計画」 【NSJ日本証券新聞 2月18日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月18日

・銘柄一本勝負 JUKI 3期ぶり復配へ ソニーとの合弁は3月スタート
・あすか製薬 急伸 高血圧治療薬の後発薬承認
・誰が売ったの「その他法人」 任天堂自社株買い余波
・「残存者利益」享受する建設関連 高橋ウォール、チヨダウーテ

続きを読む>>

明日の材料 日本M&Aセンター、NECフィールディング、生化学工業、オリエンタルランド、サイバーエージェントなど

個別

■昭和飛行機工業(7404)
 三井造船(7004)が1株1,650円でTOB
■東京エレクトロン(8035)
 第3四半期決算、太陽光パネル製造装置事業からの撤退を発表
■KDDI(9433)
 第3四半期決算、期末配当予想を60円→70円へ引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 ネクスト、UBIC、グリー、電通、リブセンス、日立メディコ、高知銀行など

個別

■イー・ガーディアン(6050)
 40,000株(80百万円)を上限に自社株買い
■AOKIホールディングス(8214)
 1対2の株式分割
■セイノーホールディングス(9076)
 第2四半期決算、通期業績予想を上方修正
■日鐵住金物産(9810)
 第2四半期決算、通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

「収益据え置き/配当増額」銘柄はこれだ 保守的姿勢の“本音”を探る 【NSJ日本証券新聞 11月11日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 11月11日

・ブラインドインタビュー 農業改革で「コメ先物」に関心 制度設計のミスマッチ解消急務
・MSCI事前予想ピタリ でも、相場の反応は…
・サンセイランディック 相続税対策で注目
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part22 夢の国でクリスマス

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 日揮、ネクト、バリューコマース、東洋炭素、ネツレン、クボタなど

個別

■ダイキン工業(6367) 4,640円〔+185円、+4.15%〕
 UBS証券が投資判断を「Buy」に引き上げ、目標株価は6,000円
■日本シイエムケイ(6958) 309円〔-21円、-6.36%〕
 第1四半期決算を発表
■タカタ(7312) 2,401円〔+115円、+5.03%〕
 大和証券が投資判断を「3」→「2」に引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 一休、リプロセル、日本冶金工業、ダイベア、小糸製作所、エイベックスなど

個別

■一休(2450)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 16.8%増収、31.5%営業増益
■コーエーテクモホールディングス(3635)
 第1四半期決算、第2四半期業績予想の増額を発表
■ガンホー・オンライン(3765)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 945.5%増収、営業利益は44.3倍

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) FUJIKOH、ツルハホールディングス、日本化薬、共栄タンカーなど

個別

■日本ピラー工業(6490) 626円〔-1円、-0.16%〕
 SMBC日興証券が目標株価を780円→730円へ引き下げ、投資判断は「B」

■共同印刷(7914) 296円〔+33円、+12.55%〕
 いちよし経済研究所では高機能フィルムに注目

■共栄タンカー(9130) 232円〔+20円、+9.43%〕
 バルチック海運指数の上昇が材料視、海運株が軒並み高

続きを読む>>

明日の材料 JACリクルートメント、ポールHD、リソー教育、船井総合研究所など

個別

■リソー教育(4714)
 中間配当予想を180円→200円へ引き上げると発表

■アピックヤマダ(6300)
 タイの工場売却から4,100万THB(約135百万円)の特別利益

■NKFホールディングス(6494)
 子会社日本ファーネスが日揮よりマレーシア向けインシネレータ(廃ガス焼却炉)2基を含む大型案件を受注

続きを読む>>

6月権利付き高配当利回り スペース、CAC、フューチャーアーキなどに照準

個別

6月期末をにらみ、高配当利回り銘柄に関心が向くころだ。6月期決算企業では、株主優待(年間5,000で円の買い物優待券贈呈)込み利回りが5%を超える藤久(9966)が高値圏で頑強推移となるなど、まだまだ局地的ながら各種権利取りを意識した動きも散見される。

続きを読む>>