9678

概況/大引け 東京市場は反落、雇用統計による米株安が嫌気。不動産株や医薬品株が軟調

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は18,790.55円の180.45円安、TOPIXは1,531.76の9.08ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は652、値下がり銘柄数は1,075。出来高は17億9,771万株、売買代金は2兆1,949億円。

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は軟調なスタート。雇用統計から利上げが警戒され米国株が下落、連れ安

概況

9時10分時点の日経平均は18,786.43円の184.57円安、TOPIXは1,527.01の13.83ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,040万株、買いは1,540万株。

続きを読む>>

明日の材料 日本基礎技術、ケア21、アスカネット、WDBホールディングス、伊藤園など

個別

■カナモト(9678)
 第1四半期決算を発表、前年同期比9.6%増収、11.6%営業増益
■シーイーシー(9692)
 データセンターサービス事業の一部譲渡、約1,800百万円の特別損失
■ジェコス(9991)
 期末配当予想を7円→10円へ引き上げ

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 年末相場、中堅材料株に活路

個別 概況

積水ハウス(1928) 週足

原油安で大きく揺れた世界の株式市場も、FOMC(米連邦公開市場委員会)声明での緩和継続で早期利上げ懸念が後退、委縮した資金が解き放たれたことで米国株は猛烈に買い戻された。19日の日経平均も1万7,500円台を回復するなど、相場修復が急ピッチに進展してきた。

続きを読む>>

日本アクア(1429) 機関投資家が“株の争奪戦”

平野憲一の相場表街道/裏街道 連載

平野 憲一氏

またも買い場が来たとみる。11月14日に1株を5株にする株式分割を発表し、時価4,000円前後の株価は来年の大発会から800円前後でスタートする。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は4日ぶりに反発。米小売売上高が予想を上回り米国株上昇、円安も好感。ただ、上値も重い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,371.58円の114.18円高、TOPIXは1,399.65の2.61ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は786、値下がり銘柄数は934。出来高は31億644万株、売買代金は3兆6,314億円。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は3日続落。米株安や円高が響き、昨日、日銀によるETF買いが見送られたことも失望

概況

日経平均は 週足

大引けの日経平均は17,257.40円の155.18円安、TOPIXは1,397.04の9.79ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は564、値下がり銘柄数は1,183。出来高は22億9,316万株、売買代金は2兆5,128億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) テンプホールディングス、デリカフーズ、SUMCO、オリエンタルランドなど

個別

■シーシーエス(6669) 1,743円〔+300円、+20.79%〕
 第1四半期決算を発表
■トミタ電機(6898) 319円〔+69円、+27.60%〕
 第3四半期決算を発表
■カナモト(9678) 3,480円〔-350円、-9.14%〕
 今期小幅増収益見通しが嫌気される展開

続きを読む>>

2014年の勝ち組&負け組銘柄は 評価の分岐は「海外比率」と「ROE」【日本証券新聞 12月10日】

日本証券新聞

日本証券新聞 12月10日

・JPX日経400 来年6兆円流入も 銘柄入れ替え視野に
・”IPOラッシュ”直前 軽量案件多く堅調予想 2部案件にも目配せ
・平野憲一の相場表街道/裏街道 カナモト 来年も出世株になる背景が
・上組 押し目買い候補 ”港湾”再開発で存在感増す

続きを読む>>

選挙戦本番へ!! どう読む、自民党「重点政策2014」【日本証券新聞 12月1日】

日本証券新聞

日本証券新聞 12月1日

・リニア関連が人気づく コンベヤ急騰 熊谷組など建設株も上伸
・OPEC 減産見送り! 原油安メリット株上昇 ANA活況、化学高い
・日銀ETF”新ルール” 「とにかく下げたら買い」
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.68 犬の「マナーウェア」

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ヤマト、ITホールディングス、第一稀元素化学工業、スクロールなど

個別

■日本通信(9424) 512円〔+80円、+18.52%〕
 月10G、2,980円のデータSIM
■カナモト(9678) 3,950円〔+200円、+5.33%〕
 期末配当予想を引き上げ
■応用地質(9755) 1,809円〔+209円、+13.06%〕
 東海東京調査センターでは「1」継続

続きを読む>>

明日の材料 国際石油開発帝石、高砂熱学工業、アイティメディア、安川情報システムなど

個別

■ウェブクルー(8767):新しい収納サービス「MONOLESS(モノレス)」リニューアル
■陽光都市開発(8946):通期業績予想を上方修正
■カナモト(9678):期末配当予想を15円→20円へ修正

続きを読む>>

ハロウィーン効果”仕込みの秋”迫る 26日権利落ち後に波乱も【日本証券新聞 9月25日】

日本証券新聞

日本証券新聞 9月25日

・LINE IPO遠のく 年内上場は事実上、消滅へ
・「建設」逆行高の評価交錯 みずほ・日興、違いはどこに?
・”優先株消却企業”の注目度増す 増配、上ブレ期待など多彩
・スターバックス 米社TOBで完全子会社化

続きを読む>>

概況/寄り付き 米株高、円安から、東京市場も続伸スタート。ゲーム関連が買われ、銀行や機械も堅調

個別

日経平均 週足

9時8分時点の日経平均は16,177.10円の109.53円高、TOPIXは1,322.79の4.88ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,400万株、買いは2,430万株。

続きを読む>>

明日の材料 アマナ、クスリのアオキ、コロプラ、ガンホー・オンライン・エンターテイメントなど

個別

■京三製作所(6742):第2四半期及び通期利益予想を下方修正
■カナモト(9678):新長期ビジョン及び中期経営計画の策定
■ミロク情報サービス(9928):M&Aの手法を用いた事業承継、事業再生等を支援することを目的に子会社を設立

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ベリサーブ、ラック、日亜鋼業、沖電気工業など

個別

■光彩工芸(7878) 295円〔+68円、+29.96%〕
 計画を上振れる第2四半期決算を発表
■三菱UFJリース(8593) 566円〔+1円、+0.18%〕
 みずほ証券が新規「買い」
■カナモト(9678) 4,200円〔+20円、+0.48%〕
 岩井コスモ証券が投資判断を引き上げ

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は3日ぶりに反発。ただ、上値も限定的。GDPの下方修正で景気対策期待から建設株が高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,705.11円の36.43円高、TOPIXは1,298.64の5.43ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,272、値下がり銘柄数は455。出来高は17億7,744万株、売買代金は1兆5,240億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 日本駐車場開発、ケア21、テックファーム、ラウンドワンなど

個別

■ホーチキ(6745) 856円〔+14円、+1.66%〕
 東海東京調査センターがレーティング「1」継続
■カナモト(9678) 4,270円〔-465円、-9.82%〕
 第3四半期決算を発表、大幅増益も材料出尽くし
■ソフトバンク(9984) 7,632円〔+164円、+2.20%〕
 アリババの仮条件が下支えに

続きを読む>>

明日の材料 クックパッド、ケア21、伊藤園、ゼリア、ジェイアイエヌ、AGSなど

個別

■シーイーシー(9692)
 第2四半期決算、通期利益予想を上方修正
■丹青社(9743)
 第2四半期決算を発表、前年同期比10.4%増収、88.1%営業増益
■オートバックスセブン(9832)
 8月度の既存店売上高は前年同月比6.5%減、全店ベースは5.2%減

続きを読む>>

建設関連株に人気波及も 建機、仮設資材レンタル株も要注目

概況

西尾レント(9699) 日足

震災や防災などを含む「国土強靭(きょうじん)化」の推進や東京五輪をにらんだリニア中央新幹線、品川再開発、さらには新幹線網など交通手段の整備促進期待などから、大手ゼネコン株が連日のように高値更新に進んでいるほか、道路株も含めた建設関連株全般も人気高揚が続いている。

続きを読む>>

第5回 アルインコ(5933) 出世株の素地十分

平野憲一の相場表街道/裏街道 連載

平野 憲一氏

本稿第3回の夢真HDの材料として建設現場の人手不足を紹介した。過日、業績の伸びとともに安定的な右肩上がりの株価推移を見せている建機レンタル最大手のカナモト(9678)を取材した際、建設機械も不足気味であることを知った。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は上昇、円安を好感。低位の電機株や建設株、紙パルプなど広範囲に値上がり

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,371.59円の87.17円高、TOPIXは1,274.56の4.70ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,085、値下がり銘柄数は551。出来高は10億9,094万株、売買代金は8,025億円。

続きを読む>>

総会注目点「最終チェック」 集中日の株価上昇確率は75%【日本証券新聞 6月25日】

日本証券新聞

日本証券新聞 6月25日

・好転鮮明!!鉄鋼株 「コスト」「需要」「ウォン高」
・相性良好な「規制改革」と「新興市場」の関係
・宿泊施設関連に注目 日本ビューホテル上場へ
・CYBERDYNE 頑強 野村は1万5000円目標

続きを読む>>

解体工事関連が繁忙! 国立競技場の入札不調で関心

セクター 個別

オカダアイヨン(6294) 日足

5月末で使用を終えた国立競技場(東京都新宿区)。58年の歴史にピリオドを打つ記念イベントの開催が話題になった。2020年の東京オリンピックのメーン会場として使用される新国立競技場は来年10月に着工、19年3月に完成予定だ。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 山王、コロプラ、ジャストプランニング、カルナバイオサイエンスなど

個別

■サンリオ(8136) 2,985円〔-12円、-0.40%〕
 岩井コスモ証券が目標株価を引き上げ
■電源開発(9513) 3,115円〔+85円、+2.81%〕
 シティグループが投資判断を「買い」に引き上げ
■カナモト(9678) 3,765円〔-60円、-1.57%〕
 岩井コスモ証券が新規「B+」

続きを読む>>

明日の材料 クックパッド、いちごグループホールディングス、伊藤園、ゲオホールディングス、ブロッコリーなど

個別

■イマジカ・ロボットホールディングス(6879)
 子会社が英ITVの映像コンテンツ放送権・VOD配信権を包括的に取得
■TASAKI(7968)
 第2四半期及び通期業績予想を上方修正
■オートバックスセブン(9832)
 5月度の国内全店売上高は前年比8.4%減、既存店は9.9%減

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は6連騰でストップも、TOPIXは7連騰、マザーズ指数は9連騰

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,632.38円の49.34円安、TOPIXは1,201.41の0.73ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は815、値下がり銘柄数は834。出来高は27億7,775万株、売買代金は2兆3,747億円。

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均はマイナス圏に、連騰や週末等を警戒。ノンバンクや非鉄、海運が安い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,601.52円の80.20円安、TOPIXは1,198.78の1.90ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は786、値下がり銘柄数は843。出来高は9億6,654万株、売買代金は8,573億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) サンワカンパニー、ソルクシーズ、アキュセラ・インク、リプロセルなど

個別

■オンキヨー(6628) 141円〔+16円、+12.80%〕
 欧米でのハイレゾ配信報道
■ファルテック(7215) 4,170円〔+330円、+8.59%〕
 1対3の株式分割、株主優待制度の導入
■カナモト(9678) 3,815円〔-20円、-0.52%〕
 上方修正を発表。UBSでは目標株価引き上げ

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は小じっかりのスタート。ソフトバンクが高く、カナモトは上方修正を好感

概況

日経平均 週足

9時8分時点の日経平均は14,738.87円の57.15円高、TOPIXは1,205.12の4.44ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが950万株、買いは1,200万株と3日連続の買い越し。

続きを読む>>

明日の材料 国際石油開発帝石、くらコーポレーション、イートアンド、アルファグループ、フィスコなど

個別

■菱洋エレクトロ(8068)
 第1四半期決算を発表、前年同期比35.4%増収、4.7%営業増益
■SBIホールディングス(8473)
 子会社提案テーマが「「平成25年度イノベーション実用化ベンチャー支援事業」に採択
■カナモト(9678)
 第2四半期及び通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は反発スタート。昨日売られた不動産や保険もシッカリ

概況

日経平均 週足

昨日は反落していた不動産株や保険株も反発。インドで販売好調と伝えられたホンダ(7267)や、株式分割でNISAによる買付け期待の日本電産(6594)、公共投資関連の人気が波及した太平洋セメント(5233)などが上昇。

続きを読む>>

概況/大引け 週明けの東京市場は反落、配当課税強化報道や中国の輸出減少、10-12月期GDPの下方修正も重し。建設株はシッカリ

概況

日経平均 日足

大引けの日経平均は15,120.14円の153.93円安、TOPIXは1,227.61の9.36ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は550、値下がり銘柄数は1,089。出来高は18億7,737万株、売買代金は1兆7,523億円。

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均は5ぶりに反落。中国の輸出悪化とGDPの下方修正が重しに。値上がりは建設の1業種のみ

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,121.33円の152.47円安、TOPIXは1,226.38の10.59ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は524、値下がり銘柄数は1,109。出来高9億5,803万株、売買代金は8,541億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 東洋建設、UBIC、クックパッド、テックファーム、コロプラ、メドレックスなど

個別

■HOYA(7741) 3,107円〔+26円、+0.84%〕
 大和証券が投資判断を「2」へ引き上げ
■前田工繊(7821) 1,577円〔+61円、+4.02%〕
 丸三証券では「買い」継続
■カナモト(9678) 3,250円〔+215円、+7.08%〕
 第1四半期決算を発表
■丹青社(9743) 487円〔+8円、+1.67%〕
 通期利益予想の増額、増配を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 鹿島建設、ミクシィ、サイバーコム、カイオム・バイオサイエンスなど

個別

■クボテック(7709) 251円〔-11円、-4.20%〕
 赤字予想への下方修正が嫌気
■大研医器(7775) 1,791円〔+37円、+2.11%〕
 世界初の体温調節装置システム「クーデックアイクール」 製造販売承認取得
■カナモト(9678) 2,946円〔+59円、+2.04%〕
 UBSが目標株価を3,600円に引き上げ

続きを読む>>

概況/大引け 昨日は450円高も、本日の東京市場は反落。不動産や証券、ノンバンクが下落

概況

日経平均 15分足

大引けの日経平均は14,766.53円の76.71円安、TOPIXは1,218.52の5.48ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は529、値下がり銘柄数は1,141。出来高は22億7,740万株、売買代金は1兆8,994億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ディー・エヌ・エー、積水化学、三浦工業、イリソ電子工業、オンワードなど

個別

■オンワードホールディングス(8016) 791円〔-17円、-2.10%〕
 ゴールドマン・サックスが投資判断を「中立」に引き下げ
■カナモト(9678) 2,561円〔+68円、+2.73%〕
 平成25年10月期決算を発表
■ヤマダ電機(9831) 365円〔+10円、+2.82%〕
 グループによる不動産ネットワーク「ヤマダ・エステートパートナーズ」事業を開始

続きを読む>>

明日の材料 テンポスバスターズ、ユーグレナ、モバイルクリエイト、マクロミル、ライドオン・エクスプレスなど

個別

■アジア航測(9233)
 西日本旅客鉄道と業務提携
■カナモト(9678)
 平成25年10月期決算を発表、今26年10月期は6.0%増収、10.0%営業増益を計画
■ヤマダ電機(9831)
 グループによる不動産ネットワーク「ヤマダ・エステートパートナーズ」事業を開始

続きを読む>>

明日の材料 メディネット、シダー、パレモ、エア・ウォーター、日立造船、日野自動車など

個別

■平和不動産(8803)
 通期業績予想を上方修正
■インテリックス(8940)
 パナホームリフォームと業務提携
■アインファーマシーズ(9627)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 10.6%増収、19.1%営業増益
■カナモト(9678)
 通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

高ROE銘柄見直しのタイミング 「東証・日経指数」発表が接近 【NSJ日本証券新聞 10月4日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 10月4日

・ブラインドインタビュー 前週の日銀ETF回に波紋 “0.2%ルール”移行!?
・DMP値動き軽快 モルファからの資金移動説も
・消費税引き上げ スーパー・コンビニ間で業界再編も? PB商品の拡充がカギ
・カカクコム 押し目買いチャンス到来 「食べログ」利用者の大幅減も“季節要因”

続きを読む>>

明日の材料 システナ、NECフィールディング、エムアップ、日本オラクル、セガサミー、中国電力など

個別

■浜松ホトニクス(6965)
 創立60周年の記念配当4円を実施、期末配当予想を23円→27円へ修正
■ジーンズメイト(7448)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 9.8%減収、営業利益は△248百万円
■カナモト(9678)
 公募増資等で約80億円を調達
■西尾レントオール(9699)
 業績上方修正、期末配当予想の増額(20円→30円)を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) クックパッド、コメ兵、、ロングライフ、楽天、任天堂など

個別

■任天堂(7974) 10,800円〔-1,050円、-8.86%〕
 日経平均に新規採用がなかったことで売り優勢
■住友商事(8053) 1,304円〔+4円、+0.31%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を「Neutral」に引き下げ
■シノケングループ(8909) 2,135円〔+160円、+8.10%〕
 上方修正を発表
■GMOインターネット(9449) 1,205円〔+37円、+3.17%〕
 野村証券では「.tokyo」ドメインのレジストリとして注目

続きを読む>>

明日の材料 GNIグループ、クックパッド、日本駐車場開発、SUMCO、3Dマトリックスなど

個別

■GNIグループ(2160)
 カナダ、インドで特許取得
■クックパッド、(2193)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 39.5%増収、49.6%営業増益。コーチ・ユナイテッドを子会社化
■日本駐車場開発(2353)
 平成25年7月期決算を発表、今26年7月期は11.6%増収、18.7%営業増益を計画
■ケア21(2373)
 第3四半期決算を発表、前年同期比 20.5%増収、252.0%営業増益

続きを読む>>

株式分割候補を探せ! 来春NISA導入が切り口

個別 概況

オークファン(3674) 日足

最近、株式分割を発表する企業が相次いでいる。17日に1対5分割を発表したオークファン(3674・東マ)がストップ高。1対200(実質1対2)分割発表のITbook(3742・東マ)も大幅高と、株価への感応度の高さも目立つ。特に、オークファンの場合、17日終値が1万3,710円で、100株単位のため、これまで最低単位の投資にも100万円を優に超える資金を必要とした。9月末に株式分割の権利を落とせば、一般個人投資家にもぐっと買いやすくなることがポイントだ。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) マクドナルド、Jグループ、ブロンコビリー、コロプラなど

個別

■エイチ・アイ・エス(9603) 4,160円〔+625円、+17.68%〕
 UBS証券では決算を受けて「Buy」の投資判断を継続

■カナモト(9678) 2,244円〔+259円、+13.05%〕
 第2四半期決算を発表、UBS証券では「Buy」継続

■丹青社(9743) 427円〔+36円、+9.21%〕
 第1四半期決算を発表

続きを読む>>

明日の材料 ベルグアース、東建コーポレーション、ディー・エヌ・エー、ブロンコビリーなど

個別

■ディー・エヌ・エー(2432)
 520万株、100億円を上限に自己株式の取得を発表

■伊藤園(2593)
 5月の月次売上高は7.2%増、リーフ事業は3.9%増、ドリンク事業は7.8%増

■ジェイグループ(3063)
 1対200の株式分割、単元株制度(1単元100株)を採用、公募増資等で約6.3億円を調達

続きを読む>>

大証1部に買いインパクト 日本取引所リリースでも関心 【NSJ日本証券新聞 6月4日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 6月4日

・銘柄一本勝負 大陽日酸 信用取り組みが起爆剤
・リプロセル 前評判上場
・ウエディング関連 受注件数増加 6月中旬に「婚姻件数(概数値)」発表
・期待高まるアップルの新製品 関連メーカーを再度点検

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ユナイテッド、ケンコーコム、トリケミカル、ダイサン、GMOインターネットなど

個別

■ケンコーコム(3325) 301,500円〔+50,300円、+20.02%〕
 ネット販売について市販薬の99%超解禁との報道

■あさひ(3333) 1,615円〔-33円、-2.00%〕
 5月度の既存店売上高は96.2%、全店は110.8%

■電通(4324) 3,160円〔+35円、+1.12%〕
 SMBC日興証券が投資判断を「2」に引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 日本駐車場開発、モバイルクリエイト、マクロミル、ACCESSなど

個別

■モバイルクリエイト(3669)
 沖縄本島IC乗車券システムの開発業者に選定

■マクロミル(3730)
 1対2の株式分割を発表

■メドレックス(4586)
 第2四半期売上高予想を128→53百万円へ、営業利益予想を△287→△257百万円へ修正

続きを読む>>

個別銘柄動向 シンワアートオークション、丸善CHI、久光製薬、古河電工など

個別

■丸善CHI(3159) 273円〔+27円、+10.98%〕
丸善、ジュンク堂で利用可能な商品券を贈呈する株主優待制度を導入

■ITホールディングス(3626) 1,346円〔+23円、+1.74%〕
大和証券では「1」継続

■アクロディア(3823) ストップ高買い気配
赤字幅縮小となる上方修正を発表

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は配当落ち分約89円を埋め、堅調。日銀資産買入基金の増額期待からREITや不動産関連が高い。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

アベノミクスの第1の矢が「大胆な金融緩和」、第2の矢が「機動的な財政政策」、第3の矢は「民間投資を喚起する成長戦略」なので、研究開発投資関連の島津製作所(7701)も買われ、一時ストップ高となりました。

続きを読む>>

個別銘柄動向 一建設、テクノスジャパン、JCU、ニッパツ、J・TECなど

概況

■一建設(3268) 4,745円〔+700円、+17.31%〕
 今期二桁増収増益見通し

■テクノスジャパン(3666) 3,085円〔+152円、+5.18%〕
 記念配当から期末配当予想を75円→100円へ

■医学生物学研究所(4557) 659円〔+0円、+0.00%〕
 JSR(4185)との資本・業務提携

続きを読む>>

個別銘柄動向 メッセージ、ケンコーコム、オカダアイヨン、東京急行電鉄など

個別

■東日本旅客鉄道(9020) 7,740円〔+370円、+5.02%〕
 モルガンスタンレーMUFGが投資判断を引き上げ

■西日本旅客鉄道(9021) 4,475円〔+85円、+1.94%〕
 モルガンスタンレーMUFGが投資判断を引き下げ

■カナモト(9678) 1,793円〔+300円、+20.09%〕
 第1四半期決算を好感

■王将フードサービス(9936) 2,839円〔-53円、-1.83%〕
 2月の既存店売上高は95.0%

続きを読む>>

明日の材料 クックパッド、マクドナルド、SUMCO、デジタルアーツ、NTN、オリコなど

個別

■クックパッド(2193):第3四半期決算を発表、前年同期比 27.0%増収、37.9%営業増益
■デジタルアーツ(2326):3月15日をもって東証1部銘柄に指定
■FUJIKOH(2405):白井事業所のバイマスガス化発電施設が、再生可能エネルギー発電設備として認定
■メディアクリエイト(2451):通期業績予想の下方修正を発表、営業利益は21百万円→△24百万円
■マクドナルド(2702):2月の全店売上高は10.4%減、既存店は12.1%減
■キャリアリンク(3070):通期業績予想の上方修正を発表、営業利益は711→969百万円

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは816.85ポイントの9.01ポイント高、日経平均は9,923円の94円高。安倍自民党総裁が昨日、内閣発足後ただちに2%の物価上昇率目標を日銀と共有する政策協定の検討指示し、補正予算も大規模になると表明。積極財政論者の麻生元首相が副総理兼財務相の観測報道もあり、国土強靱化関連高い。

概況

日経平均 15分足(5日間) MA(25)、MA(75)

大引けのTOPIXは816.85ポイントの9.01ポイント高、日経平均は9,923円の94円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,037、値下がり銘柄数は520。出来高は34億3,035万株、売買代金は1兆7,423億円…

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは817.42ポイントの9.58ポイント高、日経平均は9,937円の108円高。バランスシート不況に理解を示す麻生元首相が副総理兼財務相に起用方針。補正予算の大型化期待でライト工業や横河ブリッジなどが高い。東電以外の電力株は下落。

概況

日経平均 15分足(5日間) MA(25)、MA(75)

前引けのTOPIXは817.42ポイントの9.58ポイント高、日経平均は9,937円の108円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,173、値下がり銘柄数は391。出来高は19億283万株、売買代金は8,963億円。 安…

続きを読む>>