9435

概況/大引け 東京市場は反落、昨日の120円台に対して118円台となった円高を嫌気。不動産やノンバンク、証券、建設などの内需系はシッカリ

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,913.36円の66.36円安、TOPIXは1,449.38の0.01ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は812、値下がり銘柄数は911。出来高は25億6,223万株、売買代金は2兆6,868億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 比較.com、すかいらーく、帝国繊維、リミックスポイント、マブチモーターなど

個別

■三井造船(7003) 197円〔-3円、-1.50%〕
 大和証券が投資判断を引き下げ
■梅の花(7604) 2,649円〔+151円、+6.04%〕
 H2Oリテイリングが子会社化へ検討開始
■光通信(9435) 7,180円〔+150円、+2.13%〕
 利益見通しの引き下げも、自社株買いを発表
■エヌエスディ(9759) 1,781円〔+25円、+1.42%〕
 140万株、20億円を上限に自社株買い

続きを読む>>

取材の現場から 隠れた農協関連株だったが… オプトロム3月末に臨時株主総会

取材の現場から 連載

先週の佐賀県知事選で、自民推薦候補が落選した。安倍政権が規制改革の柱に据える農協改革に、農協自身がNOを突きつけたのだ。農協の影響力は衰えたと言われるが、まだまだ侮れないことを見せつけた形となった。

続きを読む>>

通貨大波乱の余波を追う 相次ぐ海外リスク「今度はスイス」【日本証券新聞 1月19日】

日本証券新聞

日本証券新聞 1月19日

・「原油ダブル・ブルETN」に目先人気 底入れ読む動き活発
・日豪EPA発効 メリット株を探せ! 牛肉、ワインなど輸入拡大へ 
・日経平均、一時516円安 引けにかけ下げ渋る
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.72 セブンカフェドーナツ

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場はほぼ全面高、原油と欧米株の反発を好感。ただ、不動産と証券、ノンバンクは足踏み

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,167.10円の281.77円高、TOPIXは1,377.67の17.87ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,445、値下がり銘柄数は296。出来高は24億7,174万株、売買代金は2兆2,004億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 鹿島建設、わらべや日洋、ガンホー・オンライン・エンターテイメント、ダイキン工業など

個別

■リベレステ(8887) 701円〔+24円、+3.55%〕
 第2四半期業績予想を上方修正
■光通信(9435) 6,540円〔-330円、-4.80%〕
 野村証券が目標株価を引き下げ
■アークス(9948) 2,322円〔-132円、-5.38%〕
 第3四半期決算を発表

続きを読む>>

U-NEXT(9418) 12月16日、マザーズに新規上場。映像配信事業、格安スマホサービスなど

IPO 会社紹介 個別

USEN(4842・JQ)グループのリストラに伴い、個人向けサービス部門(有料画像配信サービス、光回線販売代理事業)が分離独立した格好。独立後は赤字続きだったが、「U-NEXT」ブランドで展開する映像配信事業でのストック型収益逓増モデルの構築、フレッツ光一次販売代理業務などの手数料体系見直しにより収益構造が改善し、2013年12月期に黒字転換を果たした。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 長谷工コーポレーション、サッポロホールディングス、エバラ食品工業、富士製薬工業など

個別

■As-meエステール(7872) 738円〔+23円、+3.22%〕
 東証1部指定
■ネポン(7985) 250円〔+46円、+22.55%〕
 タイに現地法人を設立
■内田洋行(8057) 378円〔+30円、+8.62%〕
 第1四半期決算を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ショーボンドホールディングス、松井建設、日揮、太平電業など

個別

■百十四銀行(8386) 376円〔+26円、+7.43%〕
 自社株買いを発表
■中部電力(9502) 1,407円〔-3円、-0.21%〕
 野村証券が投資判断を「Reduce」へ引き下げ
■北陸電力(9505) 1,542円〔+12円、+0.78%〕
 JPモルガンが投資判断を引き下げ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) アクシーズ、テックファーム、KLab、東燃ゼネラル石油など

個別

■シード(7743) 1,248円〔-42円、-3.26%〕
 コンタクトレンズ分野で東レと業務協力
■三菱商事(8058) 2,171円〔+20円、+0.93%〕
 立花証券では「強気」継続
■光通信(9435) 6,730円〔0円、0.00%〕
 27.5万株、15億円を上限に自社株買い

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 大末建設、ハイパー、SUMCO、ホギメディカル、東和薬品など

個別

■クレディセゾン(8253) 1,998円〔+73円、+3.79%〕
 野村証券が投資判断を引き上げ
■セイノーホールディングス(9076) 976円〔-77円、-7.31%〕
 第1四半期決算を発表
■光通信(9435) 6,730円〔-310円、-4.40%〕
 第2四半期の営業利益予想を減額

続きを読む>>

ROEは「変化率」が決め手 中期目標公表銘柄を探る【日本証券新聞 6月5日】

日本証券新聞

日本証券新聞 6月5日

・人気化相次ぐ「親子逆転」 次は宝HDかDAC?
・「Windows Server 2003」サポート終了 「XP相場」再来の兆し
・LINE関連が一斉高 ネオスなどS高続出
・新日鉄住金 300円回復 鉄鋼上昇率トップ

続きを読む>>

ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(7169) 6月16日、JASDAQに新規上場。「電話完結」型の保険代理店

IPO 会社紹介 個別

保険代理店事業と保険募集人派遣事業を手掛ける。前者事業では3月末現在で29社の保険会社と代理店契約を締結し、加えて、そこで蓄積したノウハウを基に後者の派遣事業を展開。大手金融機関や地方銀行、信用金庫、カード信販会社など38社に、専門知識を身につけた従業員を派遣している。売上高(前3月期)に占める2事業の割合はおおよそ6対4。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は大引けにかけて失速。200日移動平均線が上値抵抗に。値上げ効果に期待し、紙パが高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,636.52円の34.00円高、TOPIXは1,195.11の0.42ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は796、値下がり銘柄数は845。出来高は19億7,450万株、売買代金は1兆7,027億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は堅調推移。ノンバンクや銀行、証券などが高い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,729.33円の126.81円高、TOPIXは1,203.49の8.80ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,043、値下がり銘柄数は578。出来高は10億2,585万株、売買代金は8,259億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ホクト、アイロムホールディングス、ジョイフル本田、タダノ、フジテックなど

個別

■しまむら(8227) 10,310円〔+380円、+3.83%〕
 中国での積極出店報道
■日本通信(9424) 490円〔+6円、+1.24%〕
 本日付で東証が信用規制を解除
■光通信(9435) 8,020円〔-220円、-2.67%〕
 12時に平成26年3月期決算を発表

続きを読む>>

概況/大引け 米国株反落で、東京市場も連れ安。ノンバンクや証券が売られ、ソニーは赤字継続で下落

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,298.21円の107.55円安、TOPIXは1,178.29の4.86ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は585、値下がり銘柄数は1,102。出来高は20億4,265万株、売買代金は1兆8,169億円。

続きを読む>>

概況/前引け NYダウの反落から、東証も下落。ノンバンクや証券、保険、自動車などが安い

概況

日経平均 週足

前引けの日経平均は14,279.69円の126.07円安、TOPIXは1,173.20の9.95ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は423、値下がり銘柄数は1,240。出来高は10億37万株、売買代金は8,820億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き NYダウの下落で、東京市場も連れ安し、全面安。証券やノンバンク、保険、精密などが安い

概況

日経平均 日足

9時9分時点の日経平均は14,235.72円の170.04円安、TOPIXは1,168.51の14.64ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,480万株、買いは1,200万株。

続きを読む>>

明日の材料 日本ハム、アイロムホールディングス、オールアバウト、トリドール、石原産業など

個別

■スリー・ディー・マトリックス(7777)
 ETPLと超短鎖自己組織化ペプチド技術に関するライセンス契約
■タカラレーベン(8897)
 平成26年3月期決算、500万株の自社株買い、オアシスを子会社化
■イヌイ倉庫(9308)
 平成26年3月期決算、乾汽船(9113)と合併契約締結

続きを読む>>

MSCI入れ替え 5月15日早朝発表へ SMBC日興予想が話題

セクター 個別

JDI(6740) 日足

米系を中心に外国人の多くがグローバル投資のベンチマーク(運用指標)とするメジャー指数がMSCI。5、11月に銘柄入れ替えが行われるが(2、8月にも補助的な入れ替え実施)。今年5月の場合は、日本時間で再来週の5月15日早朝銘柄発表、30日大引けで実施のスケジュールとなる。

続きを読む>>

上放れの”条件”とは 建設株 需給好転が号砲のサイン【日本証券新聞 4月28日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月28日

・「嵐の前の静けさ」か? 12年ぶりNYダウ”変わらず”
・ネット界とリサイクル界の雄が提携 ブックオフがS高と人気化
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.38 トムヤムクンヌードル
・しまむら 3連騰 4月度の売上好調で再評価

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) DNAチップ研究所、エムスリー、エービーシー・マート、ブックオフコーポレーションなど

個別

■日立キャピタル(8586) 2,529円〔+42円、+1.69%〕
 野村証券が投資判断を「Buy」に引き上げ
■カブドットコム証券(8703) 480円〔+37円、+8.35%〕
 平成26年3月期決算、200万株の自社株買いを発表
■光通信(9435) 8,380円〔+190円、+2.32%〕
 SMBC日興証券が新規「1」

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 住友電設、ABCマート、ディー・ディー・エス、ニフティ、トヨタなど

個別

■光通信(9435) 8,240円〔+140円、+1.73%〕
 大和証券ではレーティング「2」継続
■関西電力(9503) 908円〔-33円、-3.51%〕
 SMBC日興証券が投資判断を「2」に引き下げ
■ダイセキ(9793) 1,681円〔+40円、+2.44%〕
 平成26年2月期決算を発表

続きを読む>>

特報 光通信の京王ズTOB 買付単価555円は高水準

特報 連載

京王ズは、主力事業が携帯電話のショップ経営。キャリアと直取引ができる一次代理店ではなく、一次代理店から製品を仕入れてエンドユーザーに販売する、いわゆる二次代理店である。東北6件に51カ所のショップを展開しており、このうち35店舗がソフトバンクのショップで、その上位代理店が光通信。

続きを読む>>

明日の材料 ユアテック、トライステージ、夢真ホールディングス、ツクイ、伊藤園など

個別

■イズミ(8273)
平成26年2月期決算を発表、今27年2月期は4.2%増収、6.9%営業増益を計画
■オートバックスセブン(9832)
3月度の全店売上高は前年同月比26.8%増、既存店は24.9%増
■富士エレクトロニクス(9883)
平成26年2月期決算を発表、今27年2月期は7.6%増収、123.9%営業増益を計画

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 東和薬品、リソー教育、酒井重工業、セガサミーなど

個別

■ヤマハ発動機(7272) 1,419円〔+85円、+6.37%〕
 場中に平成25年12月期決算を発表
■西日本旅客鉄道(9021) 4,194円〔+42円、+1.01%〕
 野村証券が投資判断を「Neutral」に引き下げ
■光通信(9435) 8,330円〔-150円、-1.77%〕
 12時に第3四半期決算、通期業績予想の上方修正を発表

続きを読む>>

明日の材料 ネクスト、帝人、メディアドゥ、栄研化学、デジタルガレージなど

個別

■メルコホールディングス(6676)
 第3四半期決算、通期利益予想を上方修正
■全国保証(7164)
 1対2の株式分割を発表
■岩井コスモ証券(8707)
 第3四半期の速報値を発表、純利益は前年同期の約9.3倍となる5,606百万円

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) キッコーマン、ニッパツ、レオン自動機、不二越、日本シイエムケイなど

個別

■スズキ(7269) 2,924円〔+14円、+0.48%〕
 ゴールドマン・サックスが投資判断を「買い」→「中立」に引き下げ
■光通信(9435) 8,660円〔-260円、-2.91%〕
 大和証券ではモデルポートフォリオに
■協和コンサルタンツ(9647) 204円〔-21円、-9.33%〕
 平成25年11月期決算を発表、今期は二桁の減益を計画

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 大豊建設、エイチーム、ヤフー、CKD、オンキヨーなど

個別

■光通信(9435) 8,020円〔+90円、+1.13%〕
 大和証券が新規「2」
■丹青社(9743) 695円〔+59円、+9.28%〕
 上方修正、増配を発表
■オートバックスセブン(9832) 1,603円〔+69円、+4.50%〕
 11月度の全店売上高は前年比9.0%増、既存店は7.2%増と久々の前年超え

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) アイレップ、明治ホールディングス、神島化学工業、日立金属、ダイヘンなど

個別

■NTT都市開発(8933) 1,129円〔-39円、-3.34%〕
 バークレイズが投資判断を引き下げ
■スカイマーク(9204) 358円〔+19円、+5.60%〕
 モルガン・スタンレーMUFGが投資判断を「Overweight」に引き上げ
■光通信(9435) 8,090円〔+280円、+3.59%〕
 自己株式の取得、消却を発表

続きを読む>>

明日の材料 大気社、健康コーポレーション、ガンホー・オンライン、ハイデイ日高、光通信など

個別

■山口フィナンシャルグループ(8418)
 3億ドルの転換社債を発行、900万株(100億円)を上限に自社株買い
■スカパーJSATホールディングス(9412)
 ToSTNeT-3にて3,000万株(16,140百万円)を上限に自社株買い
■サガミチェーン(9900)
 味の民芸フードサービスの株式を取得

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ピーエスシー、アイカ工業、ニコン、ミズノ、インヴァスト証券など

個別

■富士通ゼネラル(6755) 1,185円〔-2円、-0.17%〕
 シティグループがターゲットプライスを1,400円→1,490円に引き上げ、「買い」継続
■サンリオ(8136) 4,630円〔-170円、-3.54%〕
 セガサミーなどの株式売出しが重しに
■いであ(9768) 962円〔+141円、+17.17%〕
 本日、上方修正、増配を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ネクソン、ラクオリア創薬、日本製鋼所、日本トムソン、電気興業など

個別

■アルパイン(6816) 1,329円〔+63円、+4.98%〕
 野村証券が目標株価を1,500円に引き上げ
■ヘリオステクノ(6927) 358円〔+80円、+28.78%〕
 上方修正、増配を発表
■クレディセゾン(8253) 2,637円〔+120円、+4.77%〕
 利益面で計画を上回る第2四半期決算を発表
■Jトラスト(8508) ストップ安売り気配
 第2四半期業績予想を下方修正

続きを読む>>

取材の現場から ビッグローブ売却で動き出す業界再編

セクター 個別

フリービット(3843) 週足

NEC(6701)が、傘下のISP(インターネット・サービス・プロバイダー)大手のビッグローブ(未上場)を売却するという。
「2年ほど前からNECは売却相手を探しており、『トッパ!』などISP事業に力を入れ始めた光通信(9435)への売却も模索していた。一方でNEC内には、黒字のビッグローブを手放すことへの反発もあった。結局、金融機関に押されて、キャッシュを得ることを優先することになったようだ」(NEC関係者)

続きを読む>>

明日の材料 シンワアートオークション、カワチ薬品、オービック、ファンケル、メルコ、ジーンズメイトなど

個別

■三井金属鉱業(5706)
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正を発表
■KOA(6999)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 14.3%増収、120.7%営業増益
■ケーズホールディングス(8282)
 第2四半期業績予想の下方修正、150万株の自社株買いを発表
■日神不動産(8881)
 業績上方修正、期末配当予想をの増額(5円→6円)を発表
■アシックス商事(9814)
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正を発表

続きを読む>>

概況/大引け 先週末の米国株高に連れ高したが、薄商い。日銀の追加緩和への期待で不動産株は堅調

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,693円57銭の132円03銭高、TOPIXは1,212.36の6.84ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,296、値下がり銘柄数は322。出来高は17億5,093万株、売買代金は1兆4,557億円。

続きを読む>>

概況/前引け 米国株の上昇を受け、東証も値上がりしているが薄商い。ソフトバンクが高く、光通信はUBSの新規「Buy」を好感

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,677円20銭の115円66銭高、TOPIXは1,210.34の4.82ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,127、値下がり銘柄数は466。出来高は9億4,426万株、売買代金は7,175億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) テラ、ユーグレナ、オークファン、東京製鐵、かわでんなど

概況

■ワコム(6727) 845円〔-96円、-10.20%〕
 野村証券が目標株価を減額
■日本電産コパル電子(6883) 591円〔+32円、+5.72%〕
 上方修正が引き続き好感、連日の年初来高値更新
■古河電池(6937) 583円〔+60円、+11.47%〕
 上方修正から東証1部値上がり率2位
■光通信(9435) 7,190円〔+440円、+6.52%〕
 UBS証券が投資判断を新規「Buy」

続きを読む>>

概況/寄り付き 日経平均は反発スタート、ドル円も98円台乗せ。ソフトバンクが高く、光通信や日本M&Aセンター等が年初来高値を更新

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,020万株、買いは1,200万株でした。

9時15分時点の日経平均は14,702円57銭の141円03銭高、TOPIXは1,214.89の9.37ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,352、値下がり銘柄数は229。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 日本海洋掘削、亀田製菓、グリー、リアルコム、光通信など

個別

■オルトプラス(3672) 4,550円〔+170円、+3.88%〕
 韓国イメージン社と資本・業務提携
■ゼリア新薬工業(4559) 1,791円〔+74円、+4.31%〕
 丸山ワクチンのアジア展開との報道
■愛知製鋼(5482) 492円〔-24円、-4.65%〕
 クレディ・スイスが投資判断を「NEUTRAL」へ引き下げ
■ダイフク(6383) 1,012円〔+30円、+3.05%〕
 同業の米Wynright社を買収

続きを読む>>

概況/寄付き 米国株の下落で東証も連れ安。亀田製菓は野村証券が新規「Buy」

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

9時15分時点のTOPIXは1,139.81の12.01ポイント安、日経平均は13,609円の143円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は246、値下がり銘柄数は1,292。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 帝人、ワークマン、三菱商事、パルコ、東京電力など

個別

■ワークマン(7564) 3,570円〔+170円、+5.00%〕
 6月度の既存店売上高は106.9%、全店は109.2%

■三光合成(7888) 396円〔+16円、+4.21%〕
 上方修正を発表

■象印マホービン(7965) 341円〔+11円、+3.33%〕
 第2四半期決算、通期利益予想を増額修正

続きを読む>>

明日の材料 カワチ薬品、ポイント、コスモ・バイオ、テルモ、光通信、ジャステックなど

個別

■クリムゾン(2776)
 固定資産の売却益17百万円

■キユーピー(2809)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 4.5%増収、1.3%営業減益

■レデイ薬局(3027)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 5.6%増収、48.5%営業増益

続きを読む>>

明日の材料 アンジェスMG、ジーンズメイト、マネーパートナーズなど

個別

■アンジェスMG(4563)
 1対2の株式分割を発表

■ジーンズメイト(7448)
 5月度の全店売上高は87.2%、既存店は90.0%

■マネーパートナーズ(8732)
 5月28日をもって東証1部銘柄に指定されることになったと発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 日本ERI、日本商業開発、ザインエレクトロニクスなど

個別

■ザインエレクトロニクス(6769) 647円〔+49円、+8.19%〕
 CalDriCon技術をメガチップス(6875)にライセンス

■ジオマテック(6907) 1,082円〔+150円、+16.09%〕
 決算、自己株式の取得を発表

■ニコン(7731) 2,824円〔+29円、+1.04%〕
 岩井コスモ証券が投資判断を「A」に引き上げ

続きを読む>>

「増額」&「減額」で株価好反応銘柄は 四半期決算発表いよいよ本格化 【NSJ日本証券新聞(1月23日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月23日付け

・「増額」&「減額」で株価好反応銘柄は 四半期決算発表いよいよ本格化
・マザーズ指数 500ポイント回復 外国人7週連続買い越し

続きを読む>>

個別銘柄動向 KG情報、ゲンダイAG、Uアローズなど

個別

■KG情報(2408) 470円〔-44円、-8.56%〕
平成24年12月期決算を発表。今期二桁減益見通しが嫌気
■ゲンダイエージェンシー(2411) 109,100円〔+6,500円、+6.34%〕
第3四半期決算、自己株式の消却を発表

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは897.30ポイントの8.28ポイント高、日経平均は10,780円の127円高。シャープは10~12月期が営業黒字転換と報じられ高い。武田とアステラスはノロウイルス感染症などを防ぐワクチンの実用化を目指すと報じられ高い。

概況

TOPIX 15分足 MA(25-75)

安倍首相が日銀の役割について「実体経済にも責任を持ってほしい。雇用を最大化することも頭に入れてもらいたい」と述べたことや、物価上昇率の2%の目標の達成時期は明記しなくても、「長期はあり得ない。長期というのは目標でも何でもない」と圧力を掛けていることから、円相場は朝方は一時は1ドル=89円34銭まで円安が進みました。
その後は利食い売りも出て、1ドル=88円90銭近辺に戻っていますが、金融緩和効果に期待して相場は続伸しています。

続きを読む>>

外堀着々と埋める光通信 携帯販売業界再編の主役に?

セクター 個別

光通信(9435) 日足

ベルパーク、エスケーアイなど買い増し 4日付大量保有報告書で光通信(9435)が、ソフトバンク携帯専売大手のベルパーク(9441・JQ)を追加取得して保有比率を19・46%に高めたことが判明した。議決権ベースの保有率は2…

続きを読む>>

感応度抜群!「自社株買い」 3年連続実施企業から候補を探る 東亜合成、ヒロセ電機に期待

概況

ヒロセ電機 日足

自社株買いを発表した銘柄への株価感応度の高さが目立っている。11月29日引け後発表の日東精工(5957)とオービック(4684)が、30日にそろって値上がり率上位へと名を連ねた。29日の相場でも、テクマトリックス(376…

続きを読む>>