9433

個別銘柄動向(午後) 大本組、カルビー、アゼアス、ステラケミファ、イハラケミカル工業など

個別

■菱洋エレクトロ(8068) 1,407円〔+91円、+6.91%〕
 平成27年1月期決算を発表
■日本証券金融(8511) 742円〔+51円、+7.38%〕
 レノなどの取得が伝わる
■KDDI(9433) 7,980円〔+119円、+1.51%〕
 みずほ証券では「買い」継続
■GMOインターネット(9449) 1,389円〔+69円、+5.23%〕
 バークレイズが目標株価を引き上げ

続きを読む>>

竹中三佳の株Catch one’s eye Part.79 キュレーションサービス

竹中三佳の株Catch one's eye

竹中三佳さん

最近、何を調べるにもスマートフォン(スマホ)を利用するようになり、手軽で便利になった半面、ネックとなるのが膨大な情報量。例えば「ネイルを春仕様に変えたい」と「ネイル 春」と検索すると269万件もの情報がヒットします。

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は冴えないスタート、円高にやや振れている点が重しに

概況

ナスダック 月足

9時12分時点の日経平均は18,581.05円の22.43円安、TOPIXは1,509.29の1.01ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが940万株、買いは1,490万株。

続きを読む>>

竹中三佳の株Catch one’s eye Part.77 ソーシャルギフト

竹中三佳の株Catch one's eye

竹中三佳さん

今年はバレンタインデーが土曜日だったこともあり、お世話になった方々にソーシャルギフトを贈りました。ソーシャルギフトとはLINEなどのSNSやメールを利用してお店の商品やサービスを贈り、相手は受け取り画面にアクセスし、実店舗で画面を見せたり、配送先の住所を入力したりすることで商品を受け取ることができるサービス。相手の住所を知らなくても気軽に贈れるので、最近ちょっとしたお礼などに利用しています。

続きを読む>>

明日の材料 住石ホールディングス、日特建設、アイティメディア、江崎グリコ、アドウェイズ、宝ホールディングス、まんだらけ、ケー・エフ・シーなど

個別

■KDDI(9433):第3四半期決算、1対3の株式分割
■ゼンリン(9474):第3四半期決算、株主優待制度を導入
■東京電力(9501):第3四半期決算を発表、前年同期比2.8%増収、29.3%営業増益
■電源開発(9513):第3四半期決算、通期業績予想を上方修正
■スペース(9622):通期業績予想を上方修正、期末配当予想を20円→26円へ引き上げ

続きを読む>>

時価総額ライバル物語 ソフトバンク3位奪回

個別 概況

ソフトバンク(9984) 週足

決算発表シーズン入りで選別重視機運が高まるなか、時価総額“ライバル対決“にも関心が向けられている。最近、話題を呼んだ例としては、19日に西武HD(9024)が東急(9005)を抜いて時価総額私鉄トップに立ったこと(21日には1兆円にも到達)と、20日にNTTドコモ(9437)が約1年半ぶりに、ソフトバンク(9984)の時価総額を上回ったことだった。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ユアテック、ノバレーゼ、コロプラ、中越パルプ、工業、三菱ガス化学など

個別

■タカラレーベン(8897) 554円〔+29円、+5.52%〕
 第3四半期決算を発表
■トランコム(9058) 4,880円〔+225円、+4.83%〕
 第3四半期決算を発表、野村証券では「Buy」継続
■KDDI(9433) 8,305円〔+80円、+0.97%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が目標株価を引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 日本ハム、米久、ジェイアイエヌ、プロスペクト、トライアイズなど

個別

■良品計画(7453) 13,510円〔-1,250円、-8.47%〕
 第3四半期決算から急落
■エコス(7520) 1,000円〔+72円、+7.76%〕
 5割の営業増益報道
■イチネンホールディングス(9619) 1,073円〔+30円、+2.88%〕
 岩井コスモ証券が目標株価を引き上げ

続きを読む>>

概況/寄り付き 海外株安も、東京市場は下げ渋りの動き。医薬品、食品、情報通信、自動車などが反発

概況

日経平均 週足

9時14分時点の日経平均は16,890.10円の6.91円高、TOPIXは1,362.53の1.39ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,250万株、買いは1,070万株。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) SmartEbook.com、エムスリーキャリア、エスアールジータカミヤ、CRI・ミドルウェアなど

個別

■KDDI(9433) 7,521円〔-83円、-1.09%〕
 バークレイズが投資判断を引き下げ
■ピー・シー・エー(9629) 1,608円〔+227円、+16.44%〕
 東証1部へ指定
■コナミ(9766) 2,224円〔-19円、-0.85%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を引き下げ

続きを読む>>

概況/寄り付き 週明けの東京市場は続伸スタート。原油安から、空運と海運が続伸

概況

日経平均 週足

9時8分時点の日経平均は17,493.06円の33.21円高、TOPIXは1,416.16の5.82ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが610万株、買いは860万株。

続きを読む>>

中間期の最高益更新銘柄に注目 円安、設投関連など選別買い対象に

個別 概況

ジャムコ(7408) 日足

9月中間決算の発表もほぼ終わり、全体では6%前後の営業増益を達成したもよう。好決算銘柄を洗い直す作業が活発化しそうだ。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は上昇一服。不動産やその他金融、海運などが値下がり

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は16,801.09円の61.38円安、TOPIXは1,363.66の4.99ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが2,120万株、買いは3,710万株。

続きを読む>>

明日の材料 ミライト・ホールディングス、飛島建設、積水ハウス、アサヒグループホールディングス、ネットイヤーグループなど

個別

■東京電力(9501):第2四半期決算を発表、前年同期比3.7%増収、69.4%営業増益
■電源開発(9513):第2四半期決算を発表、前年同期比0.5%増収、1.1%営業増益
■日本空港ビルデング(9706):第2四半期及び通期業績予想を上方修正
■ニチイ学館(9792):第2四半期利益予想を上方修正

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は反落、昨日の大幅高の反動や円高もマイナス要因。石油関連や紙パルプ、機械などが安い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,001.97円の109.26円安、TOPIXは1,218.23の6.11ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は499、値下がり銘柄数は1,208。出来高は10億3,516万株、売買代金は8,914億円。

続きを読む>>

取材の現場から ビッグローブは業界再編の核に

取材の現場から 連載

フリービット(3843) 週足

投資ファンドの日本産業パートナーズ(JIP)が、およそ600億円を投じて買収したインターネット・ポータルサイトのビッグローブは、その後、どういう状況なのだろう。

続きを読む>>

概況/寄り付き NYダウが大幅反落で、東証は全面安。主力株が安。ファーストリテは決算好感

概況

日経平均 週足

9時15分時点の日経平均は15,260.49円の218.44円安、TOPIXは1,238.03の22.75ポイント安。値上がり銘柄数は65、値下がり銘柄数は1,725。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが770万株、買いは630万株。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 大成建設、清水建設、総医研ホールディングス、アスカネット、マツモトキヨシなど

個別

■テクノホライゾン・ホールディ(6629) 253円〔-19円、-6.99%〕
 信用規制が重しに
■イオン(8267) 1,085円〔-14円、-1.27%〕
 大和証券が投資判断を「3」に引き下げ
■KDDI(9433) 6,477円〔+45円、+0.70%〕
 年初来高値を更新

続きを読む>>

概況/寄り付き 3連休を控え動き難く、東京市場は方向感に乏しい。その他金融や建設、保険などは値下がり

概況

日経平均 週足

9時11分時点の日経平均は15,921.581円の12.38円高、TOPIXは1,312.01の0.77ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,080万株、買いは1,290万株。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は4日続伸、ドル円は一時107円台乗せ。ゲーム関連が高く、大手行も堅調

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,909.20円の120.42円高、TOPIXは1,311.24の4.45ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は817、値下がり銘柄数は840。出来高は21億3,187万株、売買代金は2兆904億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は反発スタート。日経平均の入れ替えなしで楽天とヤマハ発動機は値下がり

概況

日経平均 週足

9時6分時点の日経平均は15,721.36円の52.68円高、TOPIXは1,298.46の5.25ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが740万株、買いは930万株。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は352円高、先週末の米国株反発で全面高。ミクシィの大幅上方修正でコロプラなども人気

個別

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,130.52円の352.15円高、TOPIXは1,252.51の24.25ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,654、値下がり銘柄数は138。出来高は18億7,491万株、売買代金は1兆8,608億円。

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均は329円高、米国株の反発からほぼ全面高。保険、不動産、その他金融などが高い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,107.45円の329.08円高、TOPIXは1,250.15の21.89ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,635、値下がり銘柄数は149。出来高は9億4,682万株、売買代金は9,403億円。

続きを読む>>

明日の材料 UBIC、テラ、一休、コロプラ、VOYAGE GROUP、M&Aキャピタルなど

個別

■スカパーJSATホールディングス(9412)
 第1四半期決算を発表、前年同期比2.9%増収、34.6%営業増益
■KDDI(9433)
 第1四半期決算を発表、前年同期比1.8%増収、9.0%営業増益
■エイチ・アイ・エス(9603)
 転換社債型新株予約権付社債200億円を発行

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ジャパンフーズ、篠崎屋、信越化学工業、中外製薬など

個別

■ホクシン(7897) 160円〔+14円、+9.59%〕
 14時に第1四半期決算を発表
■日立キャピタル(8586) 2,770円〔+134円、+5.08%〕
 場中に第1四半期決算を発表
■KDDI(9433) 6,019円〔-31円、-0.51%〕
 モルガン・スタンレーMUFGが投資判断を引き下げ

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は様子見で揉み合い。通信やノンバンクが安い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,344.75円の1.47円高、TOPIXは1,273.54の0.27ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は839、値下がり銘柄数は798。出来高は9億3,405万株、 売買代金は7,013億円。

続きを読む>>

明日の材料 UBIC、安川情報システム、ルネサンス、日本アジアグループなど

個別

■小松ウオール工業(7949)
 第1四半期決算を発表、前年同期比4.9%増収、11.2%営業減益
■カンダホールディングス(9059)
 株主優待制度を拡充
■KDDI(9433)
 住友商事(8053)とミャンマーでの通信事業を行うためシンガポールに合弁会社

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は買い優勢のスタート。ドル円は101円90銭台

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は14,829.42円の197.04円高、TOPIXは1,215.01の13.60ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,160万株、買いは1,480万株と4日蓮像の買い越し。

続きを読む>>

「期日」視野に需給選別 東急の買い残3分の1に、三菱商は信用倍率急降下

セクター 個別

1801

28日から受渡ベースの実質6月相場入り。日経平均が高値形成した昨年末から6カ月の信用期日(6月末)が意識されてくるところだが、東証が27日に発表した前週の2市場買い残は1,301億円強の大幅減となった。

続きを読む>>

竹中三佳の株Catch one’s eye Part.42 カケホーダイ&パケあえる

竹中三佳の株Catch one's eye 連載

竹中三佳さん

NTTドコモ(9437)が15日、6月1日より開始する新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」の予約受付を開始しました。
国内の音声通話を定額にする「カケホーダイ」とデータのパケット通信量を家族で分け合える「パケあえる」を導入した話題の料金プラン。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は小幅反落も、TOPIXは小幅ながら続伸。不動産やノンバンクが続伸。経営統合報道でKADOKAWA、ドワンゴが大幅高

概況

TOPIX 日足

大引けの日経平均は14,405.76円の19.68円安、TOPIXは1,183.15の4.80ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,024、値下がり銘柄数は644。出来高は19億2,641万株、売買代金は1兆7,097億円。

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均はマイナスも、TOPIXは持ち直し。不動産や証券、ノンバンクは続伸

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,375.72円の49.72円安、TOPIXは1,178.59の0.24ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は925、値下がり銘柄数は711。出来高は9億2,602万株、売買代金は7,751億円。

続きを読む>>

明日の材料 高砂熱学工業、キリンホールディングス、カワチ薬品、きちり、日本調剤、ビリングシステムなど

概況

■KDDI(9433)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は6.1%増収、10.1%営業増益を計画
■東京電力(9501)
 平成26年3月期決算を発表
■電源開発(9513)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は6.7%増収、16.6%営業増益を計画
■ベネッセホールディングス(9783)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は4.2%増収、0.5%営業増益を計画

続きを読む>>

新たな評価軸に急浮上 「ガバナンス」改善への道 社外取締役、女性役員…

セクター 個別

エステー(4951) 週足

銘柄選別の切り口として、「コーポレートガバナンス」に対する市場筋の関心が、これまでになく高まっている。金融庁は2月26日、企業価値向上に向けて機関投資家に受託者責任を問う“日本版スチュワードシップコード”を決定。今国会では、社外取締役を事実上、義務化する会社法改正案が成立する見通し。また自民党政務調査会は5月にも、コーポレートガバナンスコードを取りまとめる予定とされる。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均が488円安と、東証は全面安。安全通貨の円買いも重しに。値がさ株が安く、円高で自動車も下落

概況

日経平均 日足

大引けの日経平均は14,327.66円の488.32円安、TOPIXは1,164.70の38.76ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は33、値下がり銘柄数は1,749。出来高は32億2,565万株、売買代金は3兆2,403億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は全面安。ウクライナ情勢が懸念され、円高も重しに。値がさ株が安く、電力ガス、保険、機械などが値下がり率上位

概況

日経平均 日足

ロシアと欧米の対立を危惧し、昨日のNYダウは231ドル安の16,108ドルと売られ、リスク回避による円買いで円相場も101円台となっているため、本日の東京株式市場は全面安となっています。

続きを読む>>

明日の材料 日本海洋掘削、エス・エム・エス、ゲンキー、ミライアル、サイバネットシステムなど

個別

■バンダイナムコホールディングス(7832)
 期末配当予想を12円→23円へ修正
■イオン(8267)
 1月度の連結営業収益は5,651億円、前期比113.3%
■KDDI(9433)
 子会社ジュピターテレコムと孫会社ジャパンケーブルネットが合併契約
■インプレスホールディングス(9479)
 通期業績予想を下方修正、期末配当予想を0.40~1.00円→0.50円へ修正

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は全面高で、日経平均は15,000円台を回復。情報通信が高い

概況

日経平均 15分足

大引けの日経平均は15,051.60円の213.92円高、TOPIXは1,233.66の14.59ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,441、値下がり銘柄数は250。出来高は20億4,166万株、売買代金は1兆9,845億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ベストブライダル、JIN、環境管理センター、MORESCOなど

個別

■イオン北海道(7512) 692円〔+5円、+0.73%〕
 上方修正、自己株式の消却を発表
■KDDI(9433) 5,692円〔-66円、-1.15%〕
 大和証券が目標株価を7,140円→6,250円へ減額
■バイテック(9957) 781円〔-7円、-0.89%〕
 中国大手と太陽電池生産との報道も買いは続かず

続きを読む>>

「デジアナ変換」が来年3月で終了 地デジ対応テレビへの最後の駆け込み需要に

セクター 個別

パナソニック(6752) 週足

旧来型のアナログテレビで、地上デジタル放送(地デジ)を視聴できる「デジアナ変換」が2015年3月で終了となる。これに伴い地デジ対応テレビへの最後の駆け込み需要が期待されている。

続きを読む>>

概況/前引け 東証は買い優勢。ただ、再び102円台割れで上げ幅縮小。銀行や鉄鋼、通信、ゲーム関連が高い

概況

日経平均 15分足

前引けの日経平均は14,526.04円の132.93円高、TOPIXは1,200.25の8.20ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は923、値下がり銘柄数は707。出来高は10億377万株、売買代金は8,380億円。

続きを読む>>

動きだすNTT「セット割引」の解禁 ドコモの販売代理店に追い風

セクター 個別

ジェイコム(2462) 週足

総務省がNTT(9432)グループに対して携帯電話と固定通信サービスの「セット割引」を解禁することを検討することが伝えられた。

続きを読む>>

明日の材料 日本M&Aセンター、NECフィールディング、生化学工業、オリエンタルランド、サイバーエージェントなど

個別

■昭和飛行機工業(7404)
 三井造船(7004)が1株1,650円でTOB
■東京エレクトロン(8035)
 第3四半期決算、太陽光パネル製造装置事業からの撤退を発表
■KDDI(9433)
 第3四半期決算、期末配当予想を60円→70円へ引き上げ

続きを読む>>

日本にもいた“配当貴族” 「長期連続増配」銘柄に注目 

セクター 個別

パーク24(4666) 週足

P&Gには及ばずとも… パーク24、みらかHDなど にわかに不透明感の高まってきた最近の内外市場。リスク回避ムードが生じると関心が向かうのが「配当利回り」で、特に減配リスクの乏しい収益安定銘柄が逃避資金の受け皿に…

続きを読む>>

概況/大引け 東証は小康状態、FOMC前で上値は抑制。クレディスイスは通信を格下げ、ソフトバンクとKDDIが下落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,980円16銭の25円57銭安、TOPIXは1,224.31の4.92ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は651、値下がり銘柄数は956。出来高は27億3,200万株、売買代金は2兆6,790億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向 アトムリビンテック、さくらインターネット、SDSバイオテック、IOデータなど

個別

■太陽誘電(6976) 1,342円〔-32円、-2.33%〕
 クレディ・スイスが投資判断を「UNDERPERFORM」に引き下げ
■トランコム(9058) 3,630円〔+240円、+7.08%〕
 第3四半期決算を発表。野村証券では「Buy」継続
■KDDI(9433) 5,875円〔-90円、-1.51%〕
 クレディ・スイスが投資判断を「NEUTRAL」に引き下げ

続きを読む>>

概況/大引け オプションSQを控え、値がさ株中心に広範囲に下落。一方、ソニーが逆行高で、再生医療関連の渋谷工業や3Dプリンター関連なども値上がり

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,880円33銭の241円12銭安、TOPIXは1,296.75の9.48ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は595、値下がり銘柄数は1,025。出来高は30億2,058万株、売買代金は2兆5,447億円。

続きを読む>>

概況/前引け 米国株の下落で東証続落。藤倉ゴムは反落も、古河電池がストップ高

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,827円80銭の81円08銭安、TOPIXは1,284.06の8.09ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は486、値下がり銘柄数は1,147。出来高は15億214万株、売買代金は1兆1,401億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 大林組、ミクシィ、サンエー、ツムラ、古河電池など

個別

■リコー(7752) 1,089円〔-16円、-1.45%〕
 大和証券が投資判断を「2」→「3」に引き上げ
■日本バルカー工業(7995) 290円〔+5円、+1.75%〕
 他社製品より耐久性が3倍高いシール材を開発したとの報道
■KDDI(9433) 6,420円〔+140円、+2.23%〕
 野村証券が目標株価を引き上げ

続きを読む>>

根強い人気の「ガラケー」 メーカー各社が新端末投入、コンテンツ関連も再注目

セクター 個別

京セラ(6971) 週足

スマートフォン(スマホ)がこの数年で急速に普及する中で従来型の携帯端末、いわゆるガラケーが依然存在感を示している。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 北の達人コーポレーション、システム ディ、キャリアリンク、ファースト住建、中国電力など

個別

■T&Dホールディングス(8795) 1,323円〔-18円、-1.34%〕
 ドイツ証券が投資判断を「Hold」に引き下げ
■KDDI(9433) 6,300円〔0円、0.00%〕
 バークレイズが11日付けで目標株価を7,200円に引き上げ
■エイチ・アイ・エス(9603) 5,430円〔+250円、+4.83%〕
 ゴールドマン・サックスでは目標株価を6,900円に減額も、「買い」継続

続きを読む>>

SIMフリーでビジネスチャンス 仮想移動体通信事業者に注目

セクター 個別

日本通信(9424) 週足

米アップル社が22日から自社の日本のオンラインストアでSIMフリーの「iPhone 5s」と「iPhone 5c」の販売を開始した。

続きを読む>>

概況/大引 NYダウは続落も、円安進展で東京市場は買い優勢。ただ、不動産は冴えず

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,365円60銭の289円52銭高、TOPIXは1,246.31の12.88ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,198、値下がり銘柄数は419。出来高は25億2,099万株、 売買代金は2兆3,466億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 極洋、メッセージ、日本商業開発、ゼリア新薬工業、日本精工など

個別

■ミネベア(6479) 706円〔+34円、+5.06%〕
 バークレイズが投資判断を「オーバーウエイト」へ引き上げ
■三菱地所(8802) 2,828円〔-24円、-0.84%〕
 JPモルガンが投資判断を引き下げ
■KDDI(9433) 6,400円〔+350円、+5.79%〕
 公的年金の運用見直しに関する提言を受けて

続きを読む>>

概況/寄付き 米国株高に連れ高、東証も広範囲に値上がり。ただ、後発品の半値政策で関連銘柄が安い

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが990万株、買いは1640万株でした。
9時16分時点の日経平均は14,722円80銭の155円64銭高、TOPIXは1,211.55の7.36ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,147、値下がり銘柄数は379。

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場も小幅安スタート。鹿島や大林組は下方修正で安い。一方、不動産は堅調

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが890万株、買いは920万株でした。
9時16分時点の日経平均は14,550円68銭の38円00銭安、TOPIXは1,206.06ポイントの0.65ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は767、値下がり銘柄数は720。

続きを読む>>

概況/大引け 円安進行から、東京市場は全面高。倉庫やノンバンク、不動産などリフレ関連が高い

日本証券新聞

TOPIX 15分高 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,588円68銭の318円84銭高、TOPIXは1,205.41の19.76ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,477、値下がり銘柄数は210。出来高は25億7,521万株、売買代金は2兆1,049億円。

続きを読む>>

優待新設ラッシュの背景を探る 安定株主づくりの特効薬 【NSJ日本証券新聞 11月1日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 11月1日

・ブラインドインタビュー 日銀会合に隠れた注目点 ETF買入達成率95%に
・ハビックス 真空地帯駆け上る
・自動車内装品、決算好調 国内販売減も海外で稼ぐ

続きを読む>>

携帯大手各社のコンテンツ拡大戦略 サービス業との連携活発化

セクター 個別

ぴあ(4337) 週足

携帯電話大手各社が、さまざまなサービス業との連携を活発化している。

米・アップル社のiPhoneを大手3社が一斉に取り扱うなど、端末で独自性を打ち出せない状況となる中では、通信品質の向上とコンテンツの充実が顧客獲得を目指す上で大きな武器になる。

続きを読む>>

決算本格化で狙える銘柄 31日約350社発表でピーク 【NSJ日本証券新聞 10月30日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 10月30日

・商業印刷 消費増税で再評価 DMS、共立印刷など
・KDDI 初の株主優待制度導入が話題
・ソニー再編推奨?レポート 「30%プレミアム」も
・エムスリー急伸で戻り高値 「MR君」積み増しで増額期待
・フジクラ 好決算、自社株買いで急騰 エレクトロニクスの収益改善効果大

続きを読む>>

明日の材料 エムスリー、塩野義製薬、日立金属、神鋼環境ソリューション、KDDIなど

個別

■スタンレー電気(6923)
 第2四半期決算、通期業績予想の上方修正を発表
■三井造船(7003)
 第2四半期利益予想を上方修正
■IHI(7013)
 第2四半期利益予想の上方修正を発表
■モスフードサービス(8153)
 第2四半期業績予想の上方修正を発表
■アコム(8572)
 第2四半期業績予想の上方修正を発表
■グランディハウス(8999)
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正を発表

続きを読む>>

国内携帯3社の「iPhone」販売余波 通信品質向上で基地局整備関連

セクター 個別

9月10日に開催された米アップル社の新端末発表会で、かねてうわさされていたNTTドコモ(9437)からの「iPhone」発売が正式に発表された。KDDI(9433)やソフトバンク(9984)を含む携帯キャリア3社が同一端末を取り扱うことで今後は、端末の性能よりも、通信品質に関心が集まることになる。今後、携帯キャリア各社が品質向上に動けば、基地局整備に関連する企業群が恩恵を享受することになりそうだ。

続きを読む>>

概況/寄り付き FOMCで量的緩和の維持継続となったことを好感し、広範囲に値上がり。建設も格下げされた大成建設を除き概ね反発

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,520万株、買いは1,660万株でした。
9時16分時点の日経平均は14,625円59銭の120円23銭高、TOPIXは1,202.30の9.23ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,261、値下がり銘柄数は310。

続きを読む>>

概況/寄り付き 連休明けの東京市場は、FOMCを控え、揉み合いスタート。鉄建や東洋建設、ニチユ三菱フォークリフトなど土木関連は高い

概況

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,360万株、買いは2,010万株でした。
9時15分時点の日経平均は14,414円12銭の9円45銭高、TOPIXは1,186.42の1.14ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,068、値下がり銘柄数は500。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) クックパッド、コメ兵、、ロングライフ、楽天、任天堂など

個別

■任天堂(7974) 10,800円〔-1,050円、-8.86%〕
 日経平均に新規採用がなかったことで売り優勢
■住友商事(8053) 1,304円〔+4円、+0.31%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を「Neutral」に引き下げ
■シノケングループ(8909) 2,135円〔+160円、+8.10%〕
 上方修正を発表
■GMOインターネット(9449) 1,205円〔+37円、+3.17%〕
 野村証券では「.tokyo」ドメインのレジストリとして注目

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 伊藤園、オートウェーブ、APカンパニー、ピジョン、KDDIなど

個別

■関西電力(9503) 1,206円〔+80円、+7.10%〕
 大飯原発内の断層が活断層ではないとの見解で一致と伝わる
■シーイーシー(9692) 597円〔+22円、+3.83%〕
 2-7月期の営業利益が上振れとの報道
■ミスミグループ本社(9962) 2,580円〔+145円、+5.95%〕
 野村証券が投資判断を「Buy」に引き上げ

続きを読む>>

概況/寄付き 円安好感から全面高のスタート。活断層ではないとの見解から関西電力が高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

9時15分時点の日経平均は13,803円85銭の230円93銭高、TOPIXは1,138.03の20.25ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,568、値下がり銘柄数は88。

続きを読む>>

概況/前引け 今週も米国情勢に右往左往しそうと、東証は揉み合い。旧大証単独上場銘柄の値下がりが目立つ

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は13,647円64銭の12円91銭安、TOPIXは1,141.02の0.61ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は768、値下がり銘柄数は787。出来高は8億8,893万株、売買代金は6,745億円。

続きを読む>>

発表迫る「次期iPhone」 アップル関連を再チェック

セクター 個別

ソフトバンク(9984) 日足

米アップルが米国時間の9月10日に「次期iPhone」の発表イベントを開催することを米メディアのAllThingDが報じた。アップル側からの公式発表はされていないが、現行端末の「iPhone5」は昨年9月12日に発表した経緯から、今年の新端末の発表も報道通りの時期となる可能性は高く、関連銘柄が再び注目されることになりそうだ。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 日本M&Aセンター、ニチレイ、ドリコム、ソルクシーズ、三菱製鋼など

個別

■ドリコム(3793) 119,300円〔-20,700円、-14.79%〕
 第1四半期決算、下方修正を発表
イメージ情報開発(3803) 140,000円〔+30,000円、+27.27%〕
 第1四半期決算、1対200の株式分割及び1単元を100株に
■ソルクシーズ(4284) 403円〔+28円、+7.47%〕
 上方修正を発表

続きを読む>>

明日の材料 GCAサヴィアン、ワッツ、電通、OLC、エクセディ、KDDI、ソフトバンクなど

個別

■富士フイルム(4901):第1四半期決算を発表、前年同期比 9.7%増収、19.9%営業増益
■三井造船(7003):第1四半期決算、第2四半期及び通期業績予想の上方修正を発表
■ショーワ(7274):第1四半期決算を発表、前年同期比 8.6%増収、29.4%営業増益
■ロイヤルホールディングス(8179):第2四半期売上高予想を57,000→57,400百万円へ、営業利益予想を900→1,180百万円へ増額修正

続きを読む>>

概況/寄付き 円高を警戒し、続落スタート。トヨタやソフトバンクが下落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

9時16分時点のTOPIXは1,140.92の26.14ポイント安、日経平均は13,860円の269円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は131、値上がり銘柄数は1,555。

続きを読む>>

時価総額順位  ソフトバンクは昨年末12位→3位 内需健闘、中国関連不振

個別 概況

ソフトバンク(9984) 週足

17日時点で時価総額3位に浮上して話題を呼んだソフトバンク(9984)は、18日も一時410円高(6.6%高)まで買われるなど上げ足を速め、4位・JTとの差をさらに広げた。時価総額で、なお3倍い大差のある、首位のトヨタ自動車はともかくとして、2位・三菱UFJまでなら、あと2割強に迫っている。

続きを読む>>

概況/寄り付き バーナンキFRB議長の発言からNYダウが206ドル安で、東証も下落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

昨日のNYダウは206ドル安の15,112ドルと下落しました。バーナンキFRB議長はFOMC後の会見で、「経済データが予測と概ね一致すれば、年内に資産購入ペースを緩めるのが適切だと委員会は見込んでいる」、「2014年上期にかけて慎重にステップを踏みながら購入ペースの減速を続け、年半ば頃に購入を終了する」と出口戦略について踏み込んで語りました。

続きを読む>>

「4月高値組」の日柄調整進展 個別検証、反騰候補を探る 【NSJ日本証券新聞 6月13日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 6月13日

・社長会見 ペプチドリーム好人気
・大御所クオンツご託宣 物色傾向「05年型」に
・6月権利付き高配当利回り スペース、CAC、フューチャーアーキなどに照準

続きを読む>>

携帯大手3社の夏モデル出そろう 各社ともさらなる高機能化に特徴

セクター 個別

NTTドコモ(9437) 月足

KDDI(9433)が5月20日に2013年夏モデルとなるスマートフォン(スマホ)4機種を発表したことで、NTTドコモ(9437)とソフトバンク(9984)を含む携帯大手3社の今年夏モデルが出そろった。各社ともさらなる端末の高性能化を図っており、端末や部品メーカーを含めて、あらためて注目されそうだ。

続きを読む>>

株価大台替えで一段高目指す 7年ぶり5,000円ソフトバンクに続け 【NSJ日本証券新聞 5月9日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 5月9日

・マザーズ指数 約6年ぶり1,000ポイント回復 値幅取りは「ソーシャルゲーム」「バイオ」「直近IPO」
・バイオもいいけど、薬品も‥ 材料ラッシュの季節到来
・証券界注目の朝活「Morning Pitch」リブセンス・村上社長と同年代が主催

続きを読む>>

個別銘柄動向 電算システム、enish、トレンドマイクロ、東邦チタニウムなど

個別

■トレンドマイクロ(4704) 2,817円〔+87円、+3.19%〕
 第1四半期の業績予想を上方修正

■富士フイルムホールディングス(4901) 2,129円〔+131円、+6.56%〕
 決算発表。野村証券、UBS証券では「Neutral」

■東邦チタニウム(5727) 779円〔-57円、-6.82%〕
 決算発表、今期は赤字見通し

続きを読む>>

明日の材料 トクヤマ、トレンドマイクロ、ワコム、村田製作所、FPGなど

個別

■トレンドマイクロ(4704)
 第1四半期売上高予想を247→257億円へ、営業利益予想を56→72億円へ増額修正

■大平洋金属(5541)
 通期売上高予想を56,799→58,488百万円へ、営業利益予想を930→2,168百万円へ増額修正

■ワコム(6727)
 平成25年3月期決算、1対400の株式分割、1単元を100株にすると発表

■FPG(7148)
 第2四半期決算、1対3の株式分割を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向 ウエストHD、ファンコミュニケーションズ、トヨタ、良品計画など

個別

■良品計画(7453) 9,060円〔+400円、+4.62%〕
 大和証券が目標株価を9,500円へ引き上げ

■テイツー(7610) 7,000円〔+1,000円、+16.67%〕
 平成25年2月期決算を発表

■スター精密(7718) 963円〔-19円、-1.93%〕
 立花証券では「やや強気」

続きを読む>>

個別銘柄動向 カワチ薬品、ポイント、リゾートトラスト、平和堂など

個別

■しまむら(8227) 10,890円〔+280円、+2.64%〕
 平成25年2月期決算を発表

■平和堂(8276) 1,370円〔+38円、+2.85%〕
 平成25年2月期決算を発表

■ゼビオ(8281) 2,015円〔+76円、+3.92%〕
 JPモルガン証券が投資判断を「Overweight」へ引き上げ

続きを読む>>

株式分割ラッシュ「傾向と対策」3月末割当は68銘柄【NSJ日本証券新聞(3月13日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 3月13日付け

・3月第2週IPO銘柄の投資戦略 マザーズ案件に好発進期待
・シェールで見直す巴工業 大和リストの一角に
・景況感好転で「高級ホテル」が回復 観光シーズン迎え狙い目
・新規上場紹介 タマホーム 低価格注文住宅メーカー
・カジノ合法化へ動きだす 今国会の法案提出が濃厚に

続きを読む>>

5年ぶり「萌え相場」降臨 海外向け配信会社DAISUKIが拠点【NSJ日本証券新聞(3月1日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 3月1日付け

・みずほ「中期計画」は買えるか アナリスト5社評価で点検
・通じるか?監理銘柄投資法 アナリストは「買い推奨」
・新規上場紹介 ウォーターダイレクト 富士山麓の天然水を世界に宅配

続きを読む>>

取材の現場から 電波オークション導入見送り 自民党のソフトバンクたたきが始まった?

個別 取材の現場から 連載

ソフトバンク(9984) 週足

総務省が「電波オークション」の導入見送りを決めた。政権交代に伴う政策転換だが、「これで、自民党政権のソフトバンク(9984)たたきが始まった」との声も上がっている。
 携帯電話会社への電波帯の割り当ては、総務省が審議会の意見を通じて、どの事業者にどの周波数を与えるか決めてきた。が、世界各国では、国の審査ではなくオークションで周波数を割り当てるのが大勢となってきている。オークションにすることで、政府の恣意(しい)を排除した透明性のある割り当てができる上、落札額が国庫に入る。国民共有の財産(電波)を国民のために活用するという観点からも、オークション方式が妥当だとも言われていた。

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは912.30ポイントの1.48ポイント安、日経平均は10,784円の39円安。ファナックが続落。ソニーも小反落。KDDIは決算と株式分割を好感。ホシザキ電機は野村証券が目標株価を引き上げ。日本カーバイド工業は時々の鐘の音(般若の会)のホームページが更新で値上がり。

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

昨日のNYダウは14ドル安の13,881ドルでした。12月の耐久財受注が予想を上回ったものの、12月の中古住宅販売仮契約が予想に反し減少したことで、住宅建設株が下落しました。今朝の東京株式市場も続落となっていて、ファナックが続落となり、昨日はシティグループ証券の格上げで買われたソニーも小反落となっています。

続きを読む>>

明日の材料 エスクリ、船井電機、ネットプライス、IOデータ、KDDI、EPSなど

個別

■アクトコール(6064):チューリッヒ保険と「家財総合保険付き緊急かけつけサービス」を共同開発、販売を開始
■船井電機(6839):第3四半期決算を発表。営業利益は前年同期の2,929百万円に対して△1,850百万円
■IOデータ(6916):第2四半期業績予想の増額、80名程度の希望退職者の募集を発表

続きを読む>>

設備投資・研究開発減税発表へ 23日「税制改正大網」が新たな手掛かり 【NSJ日本証券新聞(1月18日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月18日付け

・設備投資・研究開発減税発表へ 23日「税制改正大網」が新たな手掛かり
・ブラインド・インタビュー ネット証券の売買急拡大
・欧州筋ご用達指数に”異変” FTSE基準変更で動く銘柄は?

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは891.12ポイントの2.61ポイント高、日経平均は10,699円の11円高。過熱感を警戒し、全体は揉み合いだが、オリコやアイフルが続伸し、全国保証も高い。

概況

日経平均 日足 MA(25-75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが910万株、買いは2,040万株でした。
9時15分時点のTOPIXは891.12ポイントの2.61ポイント高、日経平均は10,699円の11円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,203、値下がり銘柄数は352。

続きを読む>>

鉄道系ICカード乗車券が完全互換へ JR各社やソニーの「FeliCa」に恩恵 ドコモなど通信大手にも波及

セクター 個別

JR東日本(9020) 日足

JR東日本(9020)のSuicaを筆頭に、全国で発行されている10種類の鉄道系のICカード乗車券が、来年3月23日から相互に利用できるようになる。 これまでは、JR各社間や同一地域の私鉄との相互利用に限定されていたが、…

続きを読む>>

NSJ日本証券新聞 12月06日付け

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月06日付け

  ・「師走高習性」銘柄にロックオン ・外堀着々と埋める光通信 携帯販売業界再編の主役に? ・猫もしゃくしもJALからANAへ ・バターの品不足が深刻化 関心集める代替製品 ・ブックビル大作戦 地盤ネット「積極…

続きを読む>>