8960

決算発表ピークは来週末30日 増額修正期待株を先取る【日本証券新聞 1月22日】

日本証券新聞

日本証券新聞 1月22日

・日本電産 逆行高強烈 22日の決算注目
・デリバティブ大膨張で歪み生じる 信用乗数にも危険な兆候
・コナミ 相場反転期待 ゲームの開発力を買う
・フューチャーVC 注目度高まる 地方ベンチャー・中小企業成長支援

続きを読む>>

大量保有報告書で読む機関投資家動向 ブラックロック「怒涛の買い」続く【日本証券新聞 1月8日】

日本証券新聞

日本証券新聞 1月8日

・夕凪、JACK、葉山各氏 本紙連載陣座談会 相続税増税で動く株は!?
・原油安メリット拡大 素材、輸送関連に収益改善期待
・タナベ経営 注目度増す 事業承継問題が追い風
・東京製鉄 新展開入り目前 20日に3Q決算発表

続きを読む>>

6年半ぶり高値水準 住友鉱に3つの好材料 【日本証券新聞 11月27日】

日本証券新聞

日本証券新聞 11月27日

・鉄鋼株、円安効果見直す ウォン高で価格競争力向上
・IPO初値 日本PCサービス 公募比67%高発進
・GDP<1部時価総額 05-07年以来
・川崎汽船、高値更新

続きを読む>>

話題 REIT指数 1年4カ月ぶり高値圏 市況回復、長期金利低下で存在感増す

REIT 概況

東証に上場されているJ-REIT(不動産投資信託)の指数が前週後半以降、軽快な上げ足を見せている。今週に入っては一時、1,642ポイント台にまで躍進、2013年4月8日(終値1,669ポイント)以来となる、1年4カ月ぶりの高値圏に飛び出してきた。

続きを読む>>

大量保有報告書で読む機関投資家動向 ブラックロック 引き続き日本代表株に触手【日本証券新聞 7月24日】

日本証券新聞

日本証券新聞 7月24日

・決算発表に向けた”新視点” 「サプライズ効果」で銘柄選別
・「自動運転」普及に現実味 取り組み姿勢は各社まちまち
・IPO初値 日本ビューホテル 公開価格比2.3%安
・インテリックス 地方での展開進める リノベーション市場は拡大

続きを読む>>

知らないと怖い不動産市場の裏 天候だけでなくサマーラリーも始まったか? -低金利映し高値抜けしたREIT市場-

REIT 概況

ユナイテッドU(8960) 日足

アメリカの長期金利の低下とともに、日本の金利も低下傾向にあり、J-REIT指数は5月の中旬以降、これまでのボックス圏を抜けて年初来高値を付けている。日本国債は昨年4月に付けた0.320%に迫る勢いだ。さらに、今後、6月以降は夏のボーナス資金も入ってくるため、ある程度安定的に推移していきそうだ。

続きを読む>>

大量保有報告書から ブラックロック 「日本代表株」を次々買い付け【日本証券新聞 5月29日】

日本証券新聞

日本証券新聞 5月29日

・FDKがストップ高 超薄型リチウム電池の量産で現実評価へ
・ファイナンス明暗 三井不急落・ヤマダ電急伸 「株主への配慮」も焦点に
・「期日」視野に需給選別 東急の買い残3分の1に 三菱商は信用倍率急降下
・味の素 新展開入り目前 新甘味料「アドバンテーム」欧米で承認

続きを読む>>

NSJ-REIT ファンド紹介 ユナイテッド・アーバン投資法人(8960) 保守的な財務戦略で安定成長を目指す

REIT 個別

ユナイテッドU(8960) 週足

オフィスビル、商業施設を中心にホテル、住居など幅広く投資する総合型REIT。メーンスポンサーは丸紅(8002)。投資地域は全国の主要都市及びそれぞれの周辺部。J-REIT業界で最大級の資産規模を誇る。2013年7月現在の運用不動産は取得価格ベースで4712億円。用途分散状況は、オフィスが41.6%、商業施設が35.3%、ホテルが12.6%、住居が8.2%などとなっている。

続きを読む>>

公募・売り出し戦略 その5 募集重複時の優先順位は? 「貸借銘柄」であることが第一

JACK流「勝利の方程式」

日本ビルF(8951) 週足

今回は最近の公募ラッシュという背景から、募集時期が重複した場合の銘柄の優先順位についての、私なりの考え方を記載したいと思います。

続きを読む>>

NSJ-REIT ファンド紹介 ユナイテッド・アーバン投資法人(8960) 総合型REIT 運用不動産は4,767億円 

REIT 個別

ユナイテッド・アーバン(8960) 週足

オフィス、商業施設を中心にホテル、住居など幅広く投資する総合型REIT。メーンスポンサーは丸紅(8002)。2013年7月現在の運用不動産は取得価格ベースで4,767億円。用途分散状況は、オフィスが41.6%、商業施設が35.3%、ホテルが12.6%、住居が8.2%など。

続きを読む>>

公募・売り出し戦略 その2 下落リスク回避に「2つの方法」受け渡しまでの約1週間近く

JACK流「勝利の方程式」 連載

ユナイテッドU(8960) 日足3カ月

今回は、公募で獲得した後、制度の関係上、受け渡し(株を売却できる日)までに1週間近くかかりますので、それまでの間に、せっかく手数料無料でディスカウントして獲得した銘柄が、著しく下落してしまった場合のリスクの回避について掲載したいと思います。

続きを読む>>

個別銘柄動向 ワッツ、バンドー化学、三菱自動車、Uアローズ、ファーストリテなど0

個別

■ユナイテッド・アーバン投資法人(8960) 111,600円〔-1,200円、-1.06%〕
 クレディ・スイスが投資判断を引き下げ

■日本航空(9201) 4,000円〔+185円、+4.85%〕
 第3四半期決算、上方修正を発表。UBS証券では「Buy」を継続

続きを読む>>