8917

明日の材料 日本基礎技術、ケア21、アスカネット、WDBホールディングス、伊藤園など

個別

■カナモト(9678)
 第1四半期決算を発表、前年同期比9.6%増収、11.6%営業増益
■シーイーシー(9692)
 データセンターサービス事業の一部譲渡、約1,800百万円の特別損失
■ジェコス(9991)
 期末配当予想を7円→10円へ引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 ベルグアース、太洋基礎工業、フルスピード、日本ハム、アマナ、ウェルネットなど

個別

■ファースト住建(8917):平成26年10月期決算を発表、今27年10月期は4.2%増収、3.4%営業増益を計画
■東京ドーム(9681):第3四半期決算を発表、前年同期比2.0%減収、10.6%営業減益
■船井総研ホールディングス(9757):100万株の自己株式を消却

続きを読む>>

明日の材料 積水ハウス、モロゾフ、ワッツ、コーセーアールイー、ユークスなど

個別

■ナ・デックス(7435)
 第1四半期決算を発表、前年同期比35.2%増収、74.3%営業増益
■ファースト住建(8917)
 第3四半期決算を発表、前年同期比15.9%減収、28.9%営業減益
■東京ドーム(9681)
 第2四半期及び通期利益予想を上方修正

続きを読む>>

明日の材料 大東建託、クルーズ、ACKグループ、伊藤園、コロプラなど

個別

ファースト住建(8917)
 第2四半期決算を発表、前年同期比11.3%減収、17.4%営業減益
■東日本旅客鉄道(9020)
 4月30日発表の自己株式の取得、取得終了
■コネクシオ(9422)
 全国のファミリーマート店舗に新しいPOSAカードの什器を導入

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は今年初の5連騰。三井不動産が増資発表で安いが、再開発増加期待で建設株が高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,670.95円の34.43円高、TOPIXは1,198.17の3.06ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は993、値下がり銘柄数は661。出来高は19億8,317万株、売買代金は1兆7,898億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は小幅もみ合い。200日線が意識。不動産株が安い反面、建設株が上昇

個別

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,643.07円の6.55円高、TOPIXは1,197.37の2.26ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,024、値下がり銘柄数は608。出来高は9億8,052万株、売買代金は8,464億円。

続きを読む>>

明日の材料 クレアホールディングス、きんでん、極楽湯、クスリのアオキ、サニックスなど

個別

■内田洋行(8057)
 第3四半期決算、通期業績予想を上方修正
■三井不動産(8801)
 公募増資等で約3,245億円を調達
■アインファーマシーズ(9627)
 平成26年4月期決算を発表、今27年4月期は11.6%増収、1.5%営業増益を計画
■ヤマダ電機(9831)
 1,000億円の転換社債、500億円を上限に自社株買い(ToSTNeT-3)

続きを読む>>

「調整係数」解除銘柄に照準 買いインパクトで選別

個別 概況

ファースト住(8917) 日足

東証は7日引け後、TOPIXの浮動株比率(FFW)と調整係数の見直しに関する発表を行った。浮動株比率修正は7-9月期決算企業が対象。また、年に1度の調整係数見直しは今回、86銘柄が適用解除となる大規模なものとなった。よりインパクトを与えたのは調整係数の方か。

続きを読む>>

追加緩和期待の後退で矛先 バイオ関連&直近IPOが浮上【日本証券新聞 4月10日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月10日

・過去20年間で9回記録 大逆転の4-6月高値は?!
・新たな評価軸に急浮上 「ガバナンス」改善への道
・「調整係数」解除銘柄に照準 買いインパクトで選別
・アルバイトT、急伸 好決算&自社株買を好感 同業のディップもツレ高

続きを読む>>

明日の材料 三井松島産業、クックパッド、日本ハム、テックファーム、ザッパラスなど

個別

■島津製作所(7701)
 固定資産の譲渡に伴い当期純利益予想を40→76億円へ修正
■石山GatewayHoldings(7708)
 株主優待制度を導入
■丹青社(9743)
 通期利益予想を上方修正、期末配当予想を8円→10円に引き上げ
■オートバックスセブン(9832)
 2月度の既存店売上高は前年同月比 17.7%増、全店は19.2%増

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 北の達人コーポレーション、システム ディ、キャリアリンク、ファースト住建、中国電力など

個別

■T&Dホールディングス(8795) 1,323円〔-18円、-1.34%〕
 ドイツ証券が投資判断を「Hold」に引き下げ
■KDDI(9433) 6,300円〔0円、0.00%〕
 バークレイズが11日付けで目標株価を7,200円に引き上げ
■エイチ・アイ・エス(9603) 5,430円〔+250円、+4.83%〕
 ゴールドマン・サックスでは目標株価を6,900円に減額も、「買い」継続

続きを読む>>

明日の材料 太洋基礎工業、クルーズ、ディップ、アスクル、北の達人コーポレーション、稲葉製作所など

個別

■インヴァスト証券(8709)
 サイバーエージェントFXの「くりっく 365」事業を承継、20万株の自社株買い
■ファースト住建(8917)
 平成25年10月期決算を発表、今26年10月期は0.7%増収、6.7%営業減益を計画
■北沢産業(9930)
 単元株式数を500株→100株へ変更

続きを読む>>

選別基準は外国人持株比率 コア30銘柄には新高値続々 【NSJ日本証券新聞 11月19日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 11月19日

・銘柄一本勝負 ピジョン 中国「一人っ子政策」転換でメリット
・ドワンゴ 続投 売買代金トップに躍進
・アーバネット仕込み場 投資用マンション好調
・フジシール 業績上ブレ有望

続きを読む>>

明日の材料 東日本ハウス、ABCマート、稲葉製作所、キヤノン、ファーストリテイリングなど

個別

■スリープログループ(2375)
 第3四半期決算、通期業績予想の下方修正を発表
■ベストブライダル(2418)
 転換社債型新株予約権付社債を発行、額面総額50億円
■ナトコ(4627)
 通期売上高予想を14,500→15,300百万円へ、営業利益予想を1,220→2,050百万円へ増額修正
■東栄住宅(8875)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 9.9%増収、19.5%営業増益

続きを読む>>

明日の材料 伊藤園、カワチ薬品、スズデン、セルシードなど

個別

■イーブック(3658)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 38.4%増収、17.9%営業増益

■スズデン(7480)
 5月度の個別売上高は前年同月比 6.1%減

■セルシード(7776)
 癌組織モデル作製用癌細胞シートに関する日本特許が成立見込み

続きを読む>>

明日の材料 東建コーポレーション、アウトソーシング、JIN、アドヴァンなど

個別

■東建コーポ(1766):第3四半期決算を発表、前年同期比 8.9%増収、128.7%営業増益
■前田建設(1824):2015年度までの中期経営計画を公表
■アウトソーシング(2427):3月12日をもって東証1部銘柄に指定されることになったと発表
■ABCマート(2670):2月の既存店売上高は1.0%減、全店は2.8%増

続きを読む>>