8848

決算発表シーズン本格化で注目 復活の象徴「久々の最高益」銘柄【日本証券新聞 1月23日】

日本証券新聞

日本証券新聞 1月23日

・日銀の真意巡って右往左往 SMBC日興は内部対立!?
・特別インタビュー レオス・キャピタルワークス 藤野英人CIO
・レオパレス21 6年ぶり800円台乗せ 相続税対策など材料
・BEENOSに見直しの目 ネット通販購入サポートが外国人に好評

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ヤマダ・エスバイエルホーム、コスモス薬品、ネオス、リソー教育、東洋ゴム工業など

個別

■インターアクション(7725) 509円〔+80円、+18.65%〕
 決算、自社株買い
■コメリ(8218) 2,328円〔-90円、-3.72%〕
 みずほ証券が投資判断を引き下げ
■レオパレス21(8848) 760円〔+27円、+3.68%〕
 みずほ証券が目標株価を引き上げ

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は小じっかり。クリスマス休暇の影響で引き続き薄商いも、新興市場が物色

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,818.96円の10.21円高、TOPIXは1,427.50の6.24ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,422、値下がり銘柄数は362。出来高は16億2,069万株、売買代金は1兆3,676億円。

続きを読む>>

ROE引き上げ圧力高まる ターゲットになる銘柄は【日本証券新聞 10月28日】

日本証券新聞

日本証券新聞 10月28日

・全国保証 実質最高値 増額発表受け、朝方急伸
・筍狩りに行こう ジャステック 11月決算で一括30円配
・外国人新規買い候補 新しい「優良銘柄」とは
・ソフトバンク、見直しの視点 アリババの戻り率9割に

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ヤマト、ITホールディングス、第一稀元素化学工業、スクロールなど

個別

■日本通信(9424) 512円〔+80円、+18.52%〕
 月10G、2,980円のデータSIM
■カナモト(9678) 3,950円〔+200円、+5.33%〕
 期末配当予想を引き上げ
■応用地質(9755) 1,809円〔+209円、+13.06%〕
 東海東京調査センターでは「1」継続

続きを読む>>

大量保有報告書で読む機関投資家動向 ブラックロック 新規取得ラッシュ続く【日本証券新聞 8月25日】

日本証券新聞

日本証券新聞 8月25日

・10連騰ならず 人気はゲーム株に
・テクノスジャパン 代表取締役会長 城谷直彦氏
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.55 「JAL SKY NEXT」
・港湾関連 法改正で復活期待 設備大型化や料金引き下げで活路

続きを読む>>

概況/前引け 円安加速から、東京市場は上げ幅を拡大。これまで圏外にあった証券やノンバンク、不動産の上がりが目立つ

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,575.82円の121.37円高、TOPIXは1,289.10の9.46ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,111、値下がり銘柄数は544。出来高は11億2,638万株、売買代金は9,262億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) DAC、ディスコ、キトー、レオパレス21、アイスタイルなど

個別

■イトーヨーギョー(5287) 1,385円〔-115円、-7.67%〕
 信用規制から大幅続落
■高砂熱学工業(1969) 1,294円〔+124円、+10.60%〕
 モルガン・スタンレーMUFGが投資判断を「Overweight」へ引き上げ
■日本電産(6594) 6,663円〔-43円、-0.64%〕
 第1四半期決算、上方修正を発表。大和証券では目標株価を8,000円に

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は引き続き、決算発表を控え小動き。不動産やその他金融、保険などが値下がり

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は15,341.56円の13.00円高、TOPIXは1,272.56の0.17ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが940万株、買いは650万株と再び売り越し。

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均はプラス圏に浮上。不動産株の値上がりが目立つ

概況

日経平均 週足

前引けの日経平均は15,409.60円の48.44円高、TOPIXは1,271.39の2.35ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は677、値下がり銘柄数は955。出来高は12億295万株、売買代金は9,999億円。

続きを読む>>

介護ロボット関連に新顔登場 菊池製作所に続きソルクシーズが有力銘柄に【日本証券新聞 5月30日】

日本証券新聞

日本証券新聞 5月30日

・富士ソフト 在宅介護の見守りロボット補助金支給対象に
・29日は東急、味の素、日本紙… 相次ぐ高値の”次”を読む
・6、7月は”公募増資の季節” 第2、第3の三井不も
・野村、米ツイッター格上げ Dガレージなど関連株に見直し機運

続きを読む>>

トップインタビュー レオパレス21 代表取締役社長 深山英世氏 賃貸事業の入居率高水準

インタビュー 個別

深山英世氏

単身者向けアパートを建築する建築請負事業、建築後のアパートを運営する賃貸事業の2つをコア事業とする不動産会社。管理するアパートは約55万戸に達する。リーマンショック後は賃貸事業を主軸としたビジネスモデルへの転換を図ったことで収益は急回復を見せ、新たな成長ステージ入りが鮮明になっている。代表取締役社長の深山英世氏に今後の戦略を聞いた。

続きを読む>>

トップインタビュー レオパレス21 代表取締役社長 深山英世氏 賃貸事業の入居率高水準【日本証券新聞 3月18日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月17日

・期末接近 三愛石油 再び高値 持ち株の含み益に関心
・秒読みに入る?!「アリババ上場」 ”本命復活”ソフトバンク
・モルフォ 目先高値払う
・レポート相次ぐGPIF 上限迫るも足元は「買い」

続きを読む>>

日銀会合の次は「法人税減税」 恩恵銘柄に2つの基準 【NSJ日本証券新聞 2月19日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月19日

・3月IPOの承認続々 「ブックビルディング参加」妙味大きい3銘柄
・過去の成績「3勝1敗」成果に期待!野村キャラバン
・日銀発表で後場急騰 資金供給評価、売り方の買い戻し誘う
・レオパレス 新成長局面へ 第3四半期決算は計画超過
・ライドオン 高齢者向け配食に参戦 拠点拡大で主力「銀のさら」にも伸長期待

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は450円高、日銀金融政策決定会合を材料視。銀行やノンバック、不動産が高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,843.24円の450.13円高、TOPIXは1,224.00の31.95ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,592、値下がり銘柄数は144。出来高は29億2,482万株、 売買代金は2兆4,364億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東証は買い優勢。ただ、再び102円台割れで上げ幅縮小。銀行や鉄鋼、通信、ゲーム関連が高い

概況

日経平均 15分足

前引けの日経平均は14,526.04円の132.93円高、TOPIXは1,200.25の8.20ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は923、値下がり銘柄数は707。出来高は10億377万株、売買代金は8,380億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) アマナホールディングス、環境管理センター、浅香工業、オウチーノなど

個別

■AOKIホールディングス(8214) 1,479円〔-99円、-6.27%〕
 自己株式の処分で需給悪化懸念
■レオパレス21(8848) 533円〔+16円、+3.09%〕
 シティグループが新規「買い」
■陽光都市開発(8946) 174円〔-9円、-4.92%〕
 減収減益となる平成25年12月期決算を発表

続きを読む>>

概況/寄り付き 東証は買い優勢のスタート。102円台の円安などが好感。輸出関連や銀行など広範囲に値上がり

概況

日経平均 15分足

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが870万株、買いは1,520万株でした。
9時15分時点の日経平均は14,582.98円の189.87円高、TOPIXは1,204.83の12.78ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,212、値下がり銘柄数は405。

続きを読む>>

JPX日経400 銘柄入れ替えに関心 GPIF買い対象として脚光

個別 概況

名村造船所(7014) 週足

昨年15兆円を超える大量買い越しに動いた外国人の姿勢がトーンダウンする中、今年の相場で「買い手」として期待されるのが個人投資家と公的年金。そして、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の新たなベンチマーク(運用指標)採用が確実視されているのが「JPX日経インデックス400」だ。先行き同指数採用銘柄への買い流入が期待されてくるわけだが、その際、意外な“盲点”として注意が必要となるのは、8月末に定期入れ替えが予定されていることだ。

続きを読む>>

NISA元年 日経平均2万円への扉 大納会112円高の9連騰 【NSJ日本証券新聞 1月1日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月1日

・新春トップインタビュー 日本証券業協会会長 稲野和利氏に聞く
・新春スタートダッシュはエンジニアリング株
・話題の新指数、いよいよ登場 日本株ROE工場の切り札に
・2014年タイムテーブルの注目テーマ NISA・新指数で市場活性化、マイナンバー対応など特需連発
・真価問われる「午年相場」 「尻下がり」返上なるか

続きを読む>>

概況/大引け 昨日のNYダウの伸び悩みで、東証は反落。鉄鋼株や海運、証券、ノンバンクが冴えない

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,515円24銭の103円89銭安、TOPIXは1,253.02の6.59ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は670、値下がり銘柄数は976。出来高は24億8,596万株、売買代金は2兆2,788億円。

続きを読む>>

概況/寄付き NYダウの伸び悩みや円高に振れていることもあり、東京市場は反落。自動車や鉄鋼、証券、情報通信などが安い

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,380万株、買いは1,510万株でした。
9時15分時点の日経平均は15,489円76銭の129円37銭安、TOPIXは1,251.86の7.75ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は400、値下がり銘柄数は1,118。

続きを読む>>

明日の材料 新日本科学、ウライ、UMNファーマ、クレスコ、ウチヤマホールディングス、セガサミー、日立など

個別

■日本ケミコン(6997)
 公募増資等により約76億円を調達
■シノケングループ(8909)
 株主優待制度の導入を発表、保有株式数・期間に応じてクオカードを贈呈
■コムテック(9657)
 7万株、49百万円を上限に自社株買い
■LINE、登録ユーザー数が3億人を突破

続きを読む>>

自社株買い“積極派”企業に照準 「ROE新指数」も刺激要因に 【NSJ日本証券新聞 11月13日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 11月13日

・第一興商 エルダー市場向けが拡大中 5月高値射程圏
・アナリストには休みなし IIに「清き一票を!」
・ミマキエンジ 業績復活鮮明 「ファストファッション」向けも拡大中
・ジェネリック関連全面高 使用促進で政策支援も

続きを読む>>

ZOOM UP シノケンG “普通のサラリーマン”の資産形成を支援

個別

シノケンG(8909) 週足

顧客は自己資金および金融機関から借り入れた資金で、シノケンから土地と建物を購入→賃料収入で借入金を返済→借入金完済で「少ない自己資金で土地が自分のものになる(建物は減価償却によりローン完済時点でほぼ無価値に)」–という仕組みが好評。購入者の4割が、紹介もしくはリピーターということからも好評ぶりがうかがわれる。

続きを読む>>

ACCESS、タカラバイオなど1部昇格に照準か 「10年ルール」にらむ東証マザーズ銘柄 【NSJ日本証券新聞 8月26日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 8月26日

・ブラインドインタビュー TPP、消費税、社会保障改革… 外資開放は諸刃の剣?
・3Dプリンター関連 買い直す 政府が開発・販売を後押し
・竹中三佳の「株Catch one’s eye」 Part.13 ユニクロと東レ

続きを読む>>

「日経平均入れ替え」候補は… 予想レポート、早くも出揃う 任天堂VS日本取引所

個別 概況

三菱製紙(3864) 週足

9月に予定される、日経平均定期入れ替えで、主要な証券4社による予想レポートが出そろった。例年より約1カ月前倒しされた格好。1日付本紙1面で紹介した、日本経済新聞リリース(大証主市場銘柄に対する日経平均採用基準の緩和)を受けたものだ。

続きを読む>>

「時価総額1,000億円クラブ」候補 沸き立つバイオベンチャー相場 【NSJ日本証券新聞 5月1日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 5月1日

・トップインタビュー ブレインパッド 「ビッグデータ」分析の先行者利益享受へ
・昔懐かし「トリプルメリット」 為替離れの一段高を示唆!?
・景況感好転でゴルフ人口回復 株高効果も追い風に

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」 黒田流に世界の資金が殺到 長期的に1万8,300円台を目指す

タカさんの「オレに任せろ!」 連載

大京(8840) 週足

4月第2週は世界の余剰資金が怒とうのように流れ込むすさまじい動きになりました。不動産、金融への集中物色に続き、重電、重機へと飛び火して、ついに、1万3,500円台へと日経平均を押し上げてしまいました。

続きを読む>>