8604

信用需給の好転鮮明に 上値圧迫感は後退【日本証券新聞 2月26日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月26日

・OLC大幅高 株式分割ラッシュ
・マネックス証券 「プロトレーダー座談会」
・来期の大幅増益予想銘柄に照準 商社、海運株など割安株続出
・東証 4月めどにインフラ市場開設

続きを読む>>

証券株「復活への道」 みずほ、GSが判断引き上げ【日本証券新聞 2月25日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月25日

・NASDAQ98%戻し 出でよ”日本のアップル”
・3月IPO 07年以来の高水準 ハウスドゥ 古田敦也氏が大株主
・富士フイルム 3カ月ぶり高値更新 株主還元策を再評価
・平野憲一の相場表街道/裏街道 オリジン電気 労働力不足を補う

続きを読む>>

「JPX日経400」入れ替え最新予想 東電 採用へ赤丸急上昇中【日本証券新聞 2月23日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月23日

・アサツーDK 大幅増配が話題 13年前の「500円配」は…
・野村HD 10連騰 日経平均は3日続伸
・アルプス 高値もみ放れる 来期の収益拡大読む
・IPO初値 ホクリヨウ 穏健発進

続きを読む>>

明日の材料 中部飼料、新日本科学、共同ピーアール、アダストリアホールディングス、日清食品ホールディングスなど

個別

■野村ホールディングス(8604):アセット・マネジメント部門3社の組織再編
■日本航空(9201):「2012~2016年度 JALグループ中期経営計画ローリングプラン 2015」を策定
■日本空港ビルデング(9706):合計300億円の転換社債を発行

続きを読む>>

明日の材料 南海辰村建設、パナホーム、関電工、ヤマト、MonotaRO、東京建物不動産販売など

個別

■東京ドーム(9681):通期業績予想を上方修正
■SCSK(9719):第3四半期決算を発表、前年同期比4.2%増収、14.8%営業増益
■ミスミグループ本社(9962):第3四半期決算を発表、前年同期比19.2%増収、27.1%営業増益

続きを読む>>

取材の現場から 相続税増税の副産物 「遺言信託」ビジネスに群がる信託銀行

取材の現場から 連載

みずほ(8411) 週足

1月から相続税が増税。国は、団塊世代が持つ遺産で歳入不足を賄おうとしているのだろう。野村資本研究所の調査によれば、2030年までに相続資産額は少なくとも1,000兆円はあるという。これを狙って信託銀行は、「暦年贈与信託」など相続税節税サービスに力を入れている。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は大幅続伸、全面高。ECBによる緩和期待や円安、上海株の反発も好感。自動車株や鉄鋼株が高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,366.30円の352.01円高、TOPIXは1,397.63の25.22ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,657、値下がり銘柄数は158。出来高は21億3,483万株、売買代金は2兆1,600億円。

続きを読む>>

決算発表 来週から本格化 30日がピーク

概況

東京製鉄(5423) 日足

2015年3月期の第3四半期(4-12月)決算発表が来週から本格的にスタートする。本紙(11/15付)では東証上場銘柄の発表予定を4、5面に掲載した。ピークは1月30日(金)で400社以上が発表。約3割の企業が1月中に発表する。

続きを読む>>

2015年相場 燃料電池車に夢乗せる 個人投資家300人アンケート

個別

世界初のFCV トヨタ「ミライ」

015年相場がスタートする。外部環境では為替、原油など海外マーケットに注意を払いつつ、需給面では外国人、国内年金資金など機関投資家が主導する展開が継続するとみられる。そうした中、個人投資家は株式相場についてどう考え、どう動こうとしているのか。

続きを読む>>

概況/寄り付き 日経平均は反落スタート。石油関連や鉄鋼、海運などが安い

概況

日経平均 週足

9時12分時点の日経平均は17,807.47円の46.76円安、TOPIXは1,423.33の2.69ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが400万株、買いは650万株。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場はほぼ全面安。中国とギリシャ不安に加え、118円台の円高から日経平均は一時504円安

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,412.58円の400.80円安、TOPIXは1,406.83の29.26ポイント安。東証1部の値下がり銘柄数は285、値下がり銘柄数は1,473。出来高は25億4,380万株、売買代金は2兆8,514億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 欧米株安から東京市場はマイナススタート。鉱業、証券、ガラス土石、機械などが下落率上位

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は17,840.26円の95.38円安、TOPIXは1,438.61の8.97ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが940万株、買いは930万株。

続きを読む>>

売り方苦境!!1月22日以来の評価損率【日本証券新聞 12月4日】

日本証券新聞

日本証券新聞 12月4日

・日経平均、1万8000円に接近 米景気回復は勢い増す
・日銀ETF 新たな動き 欧州中銀に追随説も
・IPOこぼれ話 東京ボード工業は穴株候補
・証券株 軒並み高 大和Gは11月高値更新

続きを読む>>

証券株、出遅れ返上の機迫る 「貯蓄から投資へ」も後押し【日本証券新聞 11月20日】

日本証券新聞

日本証券新聞 11月20日

・日立 7年ぶり900円台乗せ ”日本株買い”で上値期待
・関心高まる「物価連動債」 関連ファンドの資産急増
・サノヤスついに15連騰 「優待」材料、要チェック
・櫻井英明のそこが聞きたい 翻訳センター 東郁男代表取締役社長

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は反落。7-9月期GDPが予想を下振れ、沖縄知事選も警戒。不動産や建設が安い

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は17,327.10円の163.73円安、TOPIXは1,390.06の10.35ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが600万株、買いは1,090万株。

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 金融緩和で証券株が人気 リクルートHDが複数支持

個別 概況

リクルート(6098) 日足

10月31日の日銀追加緩和から1週間。為替の急激な円安進行とも併せて、株式市場も急騰に次ぐ急騰で日経平均は9月高値を一気に抜き去り、1万7,000円台と約7年ぶりの高値圏に飛び出してきた。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は反発、ただ16,900円水準では揉み合い。シチズンや太平電業は上方修正を好感

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は16,907.28円の126.75円高、TOPIXは1,365.15の5.04ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は798、値下がり銘柄数は860。出来高は10億1,011万株、売買代金は9,795億円。

続きを読む>>

「株主優待」新設ラッシュの背景は NISA意識、1部指定も視野に【日本証券新聞 11月10日】

日本証券新聞

日本証券新聞 11月10日

・「MSCI」悲喜こもごも ゲーム4社明暗は想定通り
・戸上電機 大幅高 「次世代配電網構築」追い風
・シノケンG 反発 上値を試す展開
・IPO初値 エラン 70%高発進

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均が755円高と今年最大の上げ幅。日銀の追加緩和が驚かれ急伸、出来高は40億株超え。JPX日経400連動ETFも買い入れ対象としたことで採用銘柄が高い

概況

大引けの日経平均は16,413.76円の755.56円高、TOPIXは1,333.64の54.74ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,694、値下がり銘柄数は120。出来高は40億1,278万株、売買代金は4兆1,982億円。

続きを読む>>

大量保有報告書で読む機関投資家動向 GPIF運用受託機関の取得も続々【日本証券新聞 10月31日】

日本証券新聞

日本証券新聞 10月31日

・決算発表、31日にピーク
・IPO初値 アルファポリス 公募比1.9倍高発進
・「出口」に向かうFRB 米金融政策変更で買われる株は
・保有株式価値に着目 ソフトバンクだけじゃない!

続きを読む>>

焦点は11月17日GDP 延期論渦巻く「消費税再増税」【日本証券新聞 10月30日】

日本証券新聞

日本証券新聞 10月30日

・MSCI、7日早朝発表 採用も除外もゲーム関連
・小糸製作所 急伸 5割増益、通期増額で人気化
・構造計画 再騰の機が熟す ロボット介護機器の材料
・FCV販売に向け、水素基地の整備加速へ

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場はほぼ全面高、NYダウの17,000ドル回復や鉱工業生産の上振れを好感。証券株や鉄鋼株が高い

個別

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,553.91円の224.00円高、TOPIXは1,270.64の18.64ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,546、値下がり銘柄数は225。出来高は21億8,717万株、売買代金は2兆1,006億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は広範囲に値上がり、米株高に加え、鉱工業生産も予想を上振れ。証券や鉄鋼、非鉄などが高い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,541.20円の211.29円高、TOPIXは1,268.99の16.99ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,488、値下がり銘柄数は237。出来高は10億6,881万株、売買代金は9,851億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 欧米株高を好感、東京市場は反発スタート。野村HD、ウエストHDは自社株買いが好感

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は15,408.72円の78.81円高、TOPIXは1,260.75の8.75ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,500万株、買いは1,990万株。

続きを読む>>

明日の材料 ウエストホールディングス、ミクシィ、アイティメディア、システナ、カワチ薬品、東映アニメーションなど

個別

■野村ホールディングス(8604):第2四半期決算、4,000万株の自社株買い
■阪急リート(8977):1対5に投資口を分割
■大阪ガス(9532):第2四半期決算を発表、前年同期比4.1%増収、20.2%営業増益
シャルレ(9885):第2四半期及び通期利益予想を上方修正

続きを読む>>

決算発表 来週から本格化 31日がピーク

個別 概況

2015年3月期の第2四半期(4-9月)の決算発表が来週24日から本格的にスタートする。
発表のピークは400社以上が発表する10月31日(金)。11月7日(金)に第2のピークとなるが、電機、自動車をはじめ各業界の主力企業の発表は30日、31日にある程度集中している。株価への影響度を含めてこのあたりがヤマ場になる。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は反発も、上値も重い。重要イベントを前に手控えムード。メガバンクが小安い一方、建設は高い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は16,299.94円の70.08円高、TOPIXは1,337.05の5.10ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,003、値下がり銘柄数は640。出来高は9億5,643万株、売買代金は8,563億円。

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 中小型の個別材料株にシフト 出遅れ金融株もマーク

個別 概況

野村HD(8604) 週足

「9月第1週はイベント満載で様子見」――との見方でスタートしたものの、予想外に好調な米国経済指標を背景に早期利上げ観測が再浮上、為替がドル高・円安に大きくフレたことと、注目の「内閣改造」も政策期待を盛り上げ、3日の日経平均は7月末の戻り高値を更新した。ただ、その後は再び上値の重い展開となっている。

続きを読む>>

指数入替予想相次ぐ 旭硝子「10銭刻み」離脱か【日本証券新聞 9月8日】

日本証券新聞

日本証券新聞 9月8日

・塩崎厚労相に「期待と誤解」
・ジャムコ 後場急伸で高値更新 米ボーイング「777X」向け独占受注
・日本フェンオール 上値追い軽快 川内原発にも採用
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.57 世界コンテンツ戦略

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は揉み合いスタート。自動車株が小動きで、JVCケンウッドは反落

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は15,607.95円の5.30円安、TOPIXは1,292.08の0.77ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが560万株、買いは770万株。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は9連騰、円安進行が支援材料に。証券やノンバンク、不動産が高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,586.20円の131.75円高、TOPIXは1,291.19の11.55ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,311、値下がり銘柄数は372。出来高は20億9,495万株、売買代金は1兆7,851億円。

続きを読む>>

概況/前引け 円安加速から、東京市場は上げ幅を拡大。これまで圏外にあった証券やノンバンク、不動産の上がりが目立つ

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,575.82円の121.37円高、TOPIXは1,289.10の9.46ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,111、値下がり銘柄数は544。出来高は11億2,638万株、売買代金は9,262億円。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は8連騰も、上値は重い。円安が売りを抑制したが、主力株は小動き

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,454.45円の4.66円高、TOPIXは1,279.64の0.65ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は770、値下がり銘柄数は861。出来高は18億3,270万株、売買代金は1兆5,636億円。

続きを読む>>

明日の材料 中電工、クックパッド、システナ、宝ホールディングス、MonotaRO、アイスタイルなど

個別

■大阪ガス(9532)
 第1四半期決算を発表、前年同期比6.6%増収、40.1%営業増益
■イチネンホールディングス(9619)
 第1四半期決算を発表、前年同期比12.5%増収、2.7%営業減益
■ミスミグループ本社(9962)
 第1四半期決算を発表、前年同期比19.5%増収、26.3%営業増益

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は2日続落、NYダウの最高値更新も、円高が重しに。品川再開発計画で低位建設株が人気

個別

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,370.26円の9.04円安、TOPIXは1,273.38の0.21ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は772、値下がり銘柄数は903。出来高は22億8,565万株、売買代金は1兆7,410億円。

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 ベネッセホールディングス、野村ホールディングス、アイフル

テクニカル 個別

短期的には値動きの荒い展開が予想されるが、中長期的にはもみ合い継続の強気パターンの中にあるとみられる。遅行線は既に抵抗帯(雲)を上回っており、遅行線と雲上限が重なる4,075円付近を大方維持することができれば、年後半に向けて基準線をサポートに下値を切り上げる展開は続くだろう。

続きを読む>>

概況/前引け 米国の一服で、東証は動きが乏しく揉み合い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,394.37円の0.79円安、TOPIXは1,276.51の2.83ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は963、値下がり銘柄数は653。出来高は9億9,959万株、売買代金は8,730億円。

続きを読む>>

概況/大引け NYダウの最高値接近で、東証も広範囲に上昇。LINE関連が急上昇

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,395.16円の98.34円高、TOPIXは1,273.68の8.22ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,108、値下がり銘柄数は548。出来高は20億9,293万株、売買代金は1兆7,419億円。

続きを読む>>

年後半も1部指定ラッシュへ ”恒例”みずほ予想レポートが話題【日本証券新聞 7月15日】

日本証券新聞

日本証券新聞 7月15日

・日経平均急反発 5日続落の、その後は?
・筍狩りに行こう 日本水産 水産物市況にもリフレの波
・シンワアート 5割増収、8割経常増益(今期予想)
・半導体・液晶関連の小型株 好決算相次ぐ

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場はほぼ全面安で、4日続落。米国市場の反発も、機械受注が大幅悪化が嫌気

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,216.47円の86.18円安、TOPIXは1,259.25の11.57ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は260、値下がり銘柄数は1,465。出来高は19億7,386万株、売買代金は1兆6,706億円。

続きを読む>>

22日から「銭単位」株価登場 対象は80銘柄(7月7日現在) 世界の潮流には逆行?!

概況

例えば、101円で買って102円で売るような短期売買は「1カイ2ヤリ」と呼ばれるが、7月22日からは、「0・1カイ0・2ヤリ」の時代が来る…。

続きを読む>>

概況/前引け 欧米株に連れ安も、東京市場は下げ幅縮小。証券や海運、鉄鋼、ノンバンクなどが安い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,276.25円の38.16円安、TOPIXは1,270.36の5.34ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は356、値下がり銘柄数は1,320。出来高は11億1,400万株、売買代金は8,319億円。

続きを読む>>

概況/大引け 欧米株安と円高が重し、後場にかけて一時プラス浮上も、結局2日続落。ソフトバンクや野村HDが安い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,314.41円の65.03円安、TOPIXは1,275.70の4.17ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は787、値下がり銘柄数は894。出来高は23億679万株、売買代金は1兆8,565億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場はもみ合い。三井不動産の資金調達から他の不動産株も安い、再開発恩恵で建設株は上昇

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は14,627.71円の8.81円安、TOPIXは1,196.74の1.63ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,280万株、買いは1,350万株。

続きを読む>>

“最出遅れ”証券株、復活高 相場の潮流変化を象徴【日本証券新聞 5月28日】

日本証券新聞

日本証券新聞 5月28日

・西武HDのレポート解禁 主幹事みずほ「買い推奨」
・バイオ関連 見直し機運 新成長戦略などカタリスト豊富
・アマダ 調整一巡で再騰へ 底流には需給思惑も
・セイコーエプソン 上値期待 高値奪回でなお評価不足

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は堅調推移。ノンバンクや銀行、証券などが高い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,729.33円の126.81円高、TOPIXは1,203.49の8.80ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,043、値下がり銘柄数は578。出来高は10億2,585万株、売買代金は8,259億円。

続きを読む>>

高値期日の暗雲、いち早く抜けるのは…

個別 概況

東レ(3402) 日足

日経平均は再び4月末水準(1万4,301円)に抵触し、戦後初の「年初から5カ月連続安」さえ懸念される状況。彼我の水準差にもかかわらず、日々の米国株や為替動向に振り回される最近の東京市場は、さながら水鳥の羽音におびえるかの様相だが、その背景に挙げられるのは需給不安か。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 日本水産、国際石油開発帝石、フィスコ、フジクラ、アマダなど

個別

 第3四半期決算、通期業績予想を上方修正
■萩原工業(7856) 1,436円〔+86円、+6.37%〕
 5月21日をもって東証1部銘柄に指定
■エフ・ジェー・ネクスト(8935) 463円〔+10円、+2.21%〕
 60万株、3億円を上限に自社株買い

続きを読む>>

概況/寄り付き NYダウの連日の最高値更新で、東証は全面高。円安も寄与。不動産、証券、ノンバンク、自動車などが高い

概況

日経平均 週足

9時7分時点の日経平均は14,419.46円の269.94円高、TOPIXは1,178.23の20.32ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,050万株、買いは1,990万株。

続きを読む>>

ロボット関連人気復活! CYBERDYNE 商い集めて急騰【日本証券新聞 5月2日】

日本証券新聞

日本証券新聞 5月2日

・フェンオール 評価余地が拡大 1Q好調で見直す
・薄商いVS好決算 証券株 怒りの反騰劇 最弱セクターから脱却?
・REITの環境好転進む 自社株買い12月解禁へ
・会社側強気目標は健在だが… 日本調剤の”恒例ジンクス”不発

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 日本M&Aセンター、きちり、アークランドサービス、スタートトゥデイなど

概況

■CYBERDYNE(7779) 7,050円〔+680円、+10.68%〕
 野村証券が新規「Buy」、9,200円目標に設定
■野村ホールディングス(8604) 626円〔+38円、+6.46%〕
 平成26年3月期決算、1億株(700億円)を上限に自社株買い
■長大(9624) ストップ高買い気配
 第2四半期決算、通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

明日の材料 高砂熱学工業、キリンホールディングス、カワチ薬品、きちり、日本調剤、ビリングシステムなど

概況

■KDDI(9433)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は6.1%増収、10.1%営業増益を計画
■東京電力(9501)
 平成26年3月期決算を発表
■電源開発(9513)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は6.7%増収、16.6%営業増益を計画
■ベネッセホールディングス(9783)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は4.2%増収、0.5%営業増益を計画

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は小幅反発スタート。決算から安川電機が安い

概況

日経平均 週足

9時8分時点の日経平均は14,594.53円の82.15円高、TOPIXは1,176.56の5.08ポイント。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は、売りが980万株、買いは1,190万株。

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」 トンネル工事銘柄が活躍へ 輸出系の一服場面も要注目

タカさんの「オレに任せろ!」 連載

日経平均 日足

3月の3連休後から日経平均は、主力系がけん引役となって本格的に戻り、1万5,000円台回復を見通していたように一貫推奨の日立を中心にソニーなどの電機、自動車、金融株、不動産株などといったグループが5連騰、6連騰を見せて相場を押し上げてついに1万5,000円に乗せました。

続きを読む>>

概況/前引け 昨日の日経平均は450円高も、本日は反落。ソフトバンクが安く、野村HDや三井住友FGも軟調。自動車部品関連の値下がりも目立つ

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,742.36円の100.88円安、TOPIXは1,217.28の6.72ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は540、値下がり銘柄数は1,084。出来高は11億6,563万株、売買代金は9,606億円。

続きを読む>>

概況/前引け 朝方は日経平均は236円高も、その後は伸び悩み。好決算のパナソニックが大幅高の一方、ソフトバンク、シャープがマイナス圏に

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,061円20銭の52円73銭高、TOPIXは1,151.69の12.42ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,206、値下がり銘柄数は468。出来高は19億1,313万株、売買代金は1兆5,739億円。

続きを読む>>

明日の材料 日本M&Aセンター、NECフィールディング、生化学工業、オリエンタルランド、サイバーエージェントなど

個別

■昭和飛行機工業(7404)
 三井造船(7004)が1株1,650円でTOB
■東京エレクトロン(8035)
 第3四半期決算、太陽光パネル製造装置事業からの撤退を発表
■KDDI(9433)
 第3四半期決算、期末配当予想を60円→70円へ引き上げ

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」 2月高値に向けて反騰へ 低位大型、内需系がけん引役に

タカさんの「オレに任せろ!」 連載

昨年末に予想したように、日経平均は新年入りと同時に調整場面に入っています。輸出系が売られて低位大型系、内需系に矛先が向かうと申し上げた通り、年末に一貫推奨を続けた古河電工(5801)、川重(7012)、東芝(6502)などとともに日立、重工、板硝子、NECなどが強い動きを示していました。内需系も大手スーパーが買われたほか、大手ゼネコンの活躍が目立っていました。

続きを読む>>

“野生の目覚め”銀行株に出番到来 みずほFG高値が号砲に 【NSJ日本証券新聞 1月10日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月10日

・電子材料セクター 半導体ウエハー関連、電池材料関連に注目
・ソニー 逆行高で売買代金首位に 攻めの経営を再評価
・戦後8割高の真価発揮は? 上昇“特異日”1.14
・再生医療分野に新技術 「iPS関連」に味の素が名乗り 渋谷工は連日の大幅高

続きを読む>>

NISA元年 日経平均2万円への扉 大納会112円高の9連騰 【NSJ日本証券新聞 1月1日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月1日

・新春トップインタビュー 日本証券業協会会長 稲野和利氏に聞く
・新春スタートダッシュはエンジニアリング株
・話題の新指数、いよいよ登場 日本株ROE工場の切り札に
・2014年タイムテーブルの注目テーマ NISA・新指数で市場活性化、マイナンバー対応など特需連発
・真価問われる「午年相場」 「尻下がり」返上なるか

続きを読む>>

概況/寄り付き 中国の不買運動が警戒され、自動車は揉み合い。建設や証券も一服

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

9時15分時点の日経平均は16,199円21銭の24円77銭高、TOPIXは1,282.50の3.16ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,257、値下がり銘柄数は337。

続きを読む>>

概況/大引け 政策期待やNISA、円安が支援材料となり日経平均は7日続伸。証券株が高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は16,174円44銭の164円45銭高、TOPIXは1,279.34の21.16ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,620、値下がり銘柄数は120。出来高は26億5,712万株、売買代金は2兆1,833億円。

続きを読む>>

話題銘柄をテクニカルで斬る 経済はデフレ脱却、株式は需給の劇的好転で、大商い大幅高となろうか?

テクニカル 個別

日本証券金融(8511) 週足

NISA(少額投資非課税制度)口座の解禁が秒読み段階だ。早いところでは、12月21日から受渡日が2014年1月6日以降になる投信の買い付け注文を受け付けているが、大方の金融機関は12月26日約定分から一般口座ではなく、NISA口座を指定した国内株式や投信、ETF(上場投信)などの注文の受け付けを始めている。NISA口座開設キャンペーンで、口座開設者に現金をプレゼントしたり、投信の購入時手数料をゼロにしたりなど集客を進め、報道によれば口座開設数は400万を超えたようだ。

続きを読む>>

概況/寄り付き 安倍政権の政策遂行能力が評価され、ほぼ全面高。日経平均は16,100円台

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

沖縄県の仲井真知事が、米軍普天間飛行場の移設先となる辺野古周辺の埋め立て申請を承認する方向と報じられ、安倍政権の政策遂行能力が評価され、ほぼ全面高。証券や紙パルプ、自動車、建設、金属、倉庫、サービス、ノンバンクなど幅広く値上がりし、値下がりは鉱業とゴムの2業種にとどまっています。

続きを読む>>

日経平均、一時6年ぶり1万6,000円台 来年相場先取り“掉尾の一振” 【NSJ日本証券新聞 12月25日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月25日

・銘柄一本勝負 ナブテスコ 新成長ステージを模索 M&A戦略に軸足移す
・メディアドゥ S高 電子書籍関連の本命
・本年IPOフィナーレ飾る ヒューマン・メタボ 公募比 2.2倍高発進
・消費増税・東京五輪対策関連 防犯カメラの需要拡大

続きを読む>>

概況/前引け 米国株高を受けて広範囲に反発。ただ、FOMCを控えて薄商い

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,295円60銭の142円69銭高、TOPIXは1,231.52の8.57ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,214、値下がり銘柄数は389。出来高は9億4,986万株、売買代金は8,346億円。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は揉み合い。エイチームが2日連続ストップ高で、グリーなど他のゲーム関連も人気。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,611円31銭の38円90銭安、TOPIXは1,256.33の1.01ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は734、値下がり銘柄数は865。出来高は21億4,229万株、売買代金は1兆9,513億円。

続きを読む>>

概況/寄付き NYダウの上昇や103円台の円安が好感、東京市場は全面高スタート

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが980万株、買いは1,120万株でした。
9時15分時点の日経平均は15,576円84銭の276円98銭高、TOPIXは1,253.68の17.85ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,547、値下がり銘柄数は110。

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は揉み合いスタート。海運や不動産、ゴム、水産・農林が比較的シッカリ

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが950万株、買いは1,200万株でした。
9時15分時点の日経平均は15,423円68銭の15円74銭高、TOPIXは1,245.10の4.11ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,024、値下がり銘柄数は474。

続きを読む>>

概況/前引け 昨日の欧米株安や円安一服で、ほぼ全面安。金融株や保険、紙パ、証券などが安い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,426円70銭の322円96銭安、TOPIXは1,244.22の18.32ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は240、値下がり銘柄数は1,432。出来高は13億5,163万株、売買代金は1兆2,249億円。

続きを読む>>

時流に乗る上放れ3銘柄 相場つき新鮮 【NSJ日本証券新聞 12月4日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月4日

・「ポスト楽天」候補 近年上場のIT関連などに潜む
・7度目の挑戦実るか NYダウ、週間8連投中
・三菱UFJ急動意 背景に株主還元期待
・IPOライドオン・エクスプレス 公募比55%高発進

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」 位大型系が次のけん引役に 米国株を追い高値更新へ

タカさんの「オレに任せろ!」 概況 連載

日経平均 日足6カ月

日経平均は1万5,000円を割れることなく再騰を始めました。円安が101円台まで進んだ上に、ヘッジファンドの決算が通過し、その上、5月高値期日が終了したことで、需給関係が一気に好転したことが要因です。

続きを読む>>

概況/大引け 後場に入り失速、日経平均は一時マイナス圏。シャープや日立が高い反面、ソニーやファナックは小幅安

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,381円72銭の16円12銭高、TOPIXは1,248.57の2.26ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は580、値下がり銘柄数は1,021。出来高は30億3,889万株、売買代金は2兆9,022億円。

続きを読む>>

概況/前引け NYダウが16,000ドル台乗せ、円安から、東証も値上がり。ソフトバンクは米サードポイントの取得、シャープはIGZO増産

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,543円23銭の188円63銭高、TOPIXは1,255.72の9.41ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は913、値下がり銘柄数は672。出来高は15億7,460万株、売買代金は1兆4,290億円。

続きを読む>>

概況/前引け 100円台半ばまで戻した円安が好感され、東京市場は上昇。広範囲に値上がりし、保険や情報通信、機械、証券などが高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,322円46銭の246円38銭高、TOPIXは1,243.87の10.44ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,030、値下がり銘柄数は573。出来高は13億5,272万株、売買代金は1兆1,956億円。

続きを読む>>

概況/寄付き 先週の大幅高で、週明けの東京市場は一服。ノンバンクが高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが720万株、買いは1,230万株でした。
9時15分時点の日経平均は15,154円20銭の11円72銭安、TOPIXは1,241.64ポイントの2.60ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は962、値下がり銘柄数は591。

続きを読む>>

日経平均1万5,000円奪回 5/22以来 【NSJ日本証券新聞 11月18日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 11月18日

・話題 海外機関投資家 買い出動か
・東証1部売買代金2.8兆円に急増 5月高値に挑戦する動き
・野村HD 大活況
・過去11年間の実績が証明 ファーストリテに年末高習性

続きを読む>>

取材の現場から 財務省が埋蔵金を民間企業に融資? 動き出す外貨準備高120兆円

取材の現場から 連載

財務省は今国会に「特別会計改革関連法案」を提出。特別会計のリストラだが、その中で外国為替資金特別会計(外為特会)関連の法改正も行う。外為特会の資金、つまり外貨準備高は約1兆2,000万ドルに及ぶ。この資金の貸し付けは銀行にしか認められていないが、改正により証券会社にも貸付が可能になる。

続きを読む>>

概況/寄付き 米雇用統計が好感されNYダウが反発、週明けの東京市場も全面高のスタート

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが800万株、買いは780万株でした。
9時15分時点の日経平均は14,270円22銭の183円42銭高、TOPIXは1,189.02の12.60ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,379、値下がり銘柄数は262。

続きを読む>>

「収益据え置き/配当増額」銘柄はこれだ 保守的姿勢の“本音”を探る 【NSJ日本証券新聞 11月11日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 11月11日

・ブラインドインタビュー 農業改革で「コメ先物」に関心 制度設計のミスマッチ解消急務
・MSCI事前予想ピタリ でも、相場の反応は…
・サンセイランディック 相続税対策で注目
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part22 夢の国でクリスマス

続きを読む>>

建設株旋風、市場を席巻 「五輪期待」「増額ラッシュ」「技術力見直し」…【NSJ日本証券新聞 10月31日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 10月31日

・決算で浮上 年前半に付けた高値奪回候補
・野村HD 好決算で商い急増
・“太っ腹”だね、一休さん 株式無償譲渡の損得計算
・ゲーム関連は選別で対処 独自データ活用組 コロプラ、enish

続きを読む>>

概況/寄り付き NYダウの最高値更新で、東証はほぼ全面高スタート。日本農薬は野村証券の格上げを好感

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,500万株、買いは2,250万株でした。
9時15分時点の日経平均は14,466円72銭の140円74銭高、TOPIXは1,203.83の10.33ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,268、値下がり銘柄数は322。

続きを読む>>

明日の材料 日本道路、ガンホー・オンライン、リプロセル、アドバンテスト、ファナック、東京エレクトロン、JR東など

個別

■アイスタイル(3660)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 12.4%減収、72.7%営業減益
■日立(6501)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 2.6%増収、6.0%営業増益
■MCJ(6670)
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正、期末配当予想を4.01円→5.09円へ増額
■ショーワ(7274)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 14.2%増収、47.1%営業増益
■JR西日本(9021)
 第2四半期決算を発表、4,521,600株の自己株式を消却

続きを読む>>

概況/大引け 前場は堅調だったが、後場から急落。円高や上海株安などが重しに。日本電産は決算が評価

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,426円05銭の287円20銭安、TOPIXは1,195.98の18.46ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は233、値下がり銘柄数は1,452。出来高は27億2,733万株、売買代金は2兆2,048億円。

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」 米・債務問題を織り込み反発へ 企業業績見通し1万5,000円再挑戦

タカさんの「オレに任せろ!」 概況 連載

日経平均 日足6ヶ月

米国の債務上限引き上げ問題が予想以上にこじれ、これが日経平均の上値追いムードに冷水を浴びせ、まさかの1万4,000円割れまでたたかれました。

続きを読む>>

概況/前引け 米連邦債務上限のデッドラインの接近を警戒し、買いが入れにくく、東証は幅広い銘柄が冴えない

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は13,874円02銭の150円29銭安、TOPIXは1,149.96の13.86ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は264、値下がり銘柄数は1,405。出来高は11億8,248万株、売買代金は8,612億円。

続きを読む>>

取材の現場から 「女性の活躍促進・企業活性化推進営業大作戦」 事業所内保育施設ビジネスに商機

セクター 取材の現場から 連載

JPホールディングス(2749) 週足

安倍首相は、女性の役員や管理職への登用を企業に提唱している。これに合わせて野村証券(野村HD・8604)が「ノムラ女子力30」なる指数を提唱。経済産業省と東証(日本取引所グループ・8697)も「なでしこ銘柄」という女性が活躍する企業をピックアップした。だが、女性を登用するだけで業績が伸びるわけはなく、「女性銘柄」には懐疑的な意見も強い。

続きを読む>>

概況/寄り付き 米国政府機関の閉鎖リスクで、週明けの東証は全面安。円高も重し

概況

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,290万株、買いは1,450万株でした。
9時15分時点の日経平均は14,487円13銭の272円94銭安、TOPIXは1,195.98の21.54ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は139、値下がり銘柄数は1,519。

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」 主力系の上昇で1万5,000円回復へ ゼネコンも再び物色の可能性大

タカさんの「オレに任せろ!」 概況 連載

日経平均 日足

予想通り大きく戻してきました。米国の連銀が現在の緩和策を維持することを決めた、シリアへの攻撃がなくなったことで安心感が広がり、様子見を決め込んでいたファンドなどが一斉に買い姿勢を高めて、日経平均は7月高値1万4,900円台に大きく接近しました。先月末まで決算期末の売りが続いていましたが、17日でほぼその関連の売りがなくなり、そのタイミングから急上昇し始めたことになります。

続きを読む>>

概況/寄り付き 米国株が続落で、東証も冴えないスタート。安藤ハザマや五洋建設は高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,280万株、買いは1,130万株でした。
9時15分時点の日経平均は14,726円33銭の16円09銭安、TOPIXは1,215.03の3.95ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は593、値下がり銘柄数は978。

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」 調整場面は短期で終える公算大 輸出、金融系を引き続き注目

タカさんの「オレに任せろ!」 連載

日経平均 日足6カ月

9月第2週は週明けに東京オリンピックの開催が56年ぶりに決まったことでゼネコン主体の「東京音頭」でにぎわったのですが、それも瞬間湯沸かし器で、1日限りで終わりました。その後、ドル円相場の100円突破で自動車などが買われ、日経平均は1万4,500円台を抜けました。しかし、依然から指摘するように、それを超えますと大量のヤレヤレ売りが残っていることもあって、再び調整場面に入っています。

続きを読む>>

概況/大引け 欧米諸国が数日内にシリアに空爆する可能性と報じられ、米株安、原油高、ドル安円高で、東証も全面安。自動車の下げ目立つ

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は13,338円46銭の203円91銭安、TOPIXは1,114.03の19.99ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は137、値下がり銘柄数は1,565。出来高は19億7,950万株、売買代金は1兆6,454億円。

続きを読む>>

概況/大引け 閣僚の法人減税に関する発言から再度売られ、日経平均は14,000円台割れ。グリーは減益決算も大幅高

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,151.82の19.52ポイント安、日経平均は13,752.94円の297.22円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は235、値下がり銘柄数は1,446。出来高は20億4,214万株、売買代金は1兆6,886億円。

続きを読む>>

概況/前引け エジプトの非常事態令や、麻生財務相が「今の段階で法人税を引き下げることに効果は少ない」と発言し、菅官房長官も「総理が法人税減税の検討を指示した事実はない」と述べたことも警戒

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,156.29の15.05ポイント安、日経平均は13,821.10円の229.06円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は290、値下がり銘柄数は1,335。出来高は11億1,396万株、売買代金は8,328億円。

続きを読む>>

概況/大引け 円相場が1ドル=98円40銭程度まで戻ったことで、日経平均も14,000円台回復。弱含んでいた場面でも証券株は堅調

個別

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,171.34の14.19ポイント高、日経平均は14,050.16円の183.16円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,363、値下がり銘柄数は296。出来高は22億2,673万株、売買代金は1兆8,793億円。

続きを読む>>

概況/前引け 14,000円付近での上値の重さから、日経平均は押し戻される。アイフルは減益決算、JINは年初来安値更新

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,159.67の2.52ポイント高、日経平均は13,860.81円の6.19円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は863、値下がり銘柄数は708。出来高は10億5,816万株、売買代金は8,348億円。

続きを読む>>

概況/大引け 7月の景気ウォッチャー調査は4ヵ月連続で低下。日経平均の下げ幅拡大で、円高も加速

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,139.59の15.67ポイント安、日経平均は13,605.56円の219.38円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は300、値下がり銘柄数は1,341。出来高は23億3,338万株、売買代金は2兆1,481億円。

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」 米国高を追う展開に向かう 金融、電機、特区関連狙いを

タカさんの「オレに任せろ!」 連載

日経平均 週足

月末までキッチリと調整売り圧力で、日経平均は必要以上に売られたのですが、予想通り、月が変わって急反発を見せました。7月19日に1万4,900円台に乗せた後、急速な下げを見せたのですが、これは円相場の上昇、3月期決算企業による第1四半期発表の先発組に対する期待外れなどを理由にしたものでした。

続きを読む>>

概況/大引け 円高進行から東証は全面安、日経平均は再び14,000円台割れ

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,128.45の38.61ポイント安、日経平均は13,661.13円の468.85円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は57、値下がり銘柄数は1,676。出来高は25億6,546万株、売買代金は2兆1,924億円。

続きを読む>>

明日の材料 ナカノフドー建設、オプト、MonotaRO、応用技術、岡部、スタンレー電気、リコーなど

個別

■アルゴグラフィックス(7595)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 1.0%減収、27.6%営業増益
■ノーリツ鋼機(7744)
 貸倒引当金繰入額 283百万円
■リコー(7752)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 13.6%増収、33.5%営業増益

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」 1万4,500円台の壁厚いが突破へ 突っ込み場面を待ち主力の押し狙いを

タカさんの「オレに任せろ!」 連載

日経平均 日足

日経平均は1万4,500円の壁が立ちはだかって前に進めない状況が続きました。1万2,800円からは、すいすい連騰を重ねて半値戻しも簡単にクリアしたのですが、1万4,500円以上へは、なかなか進めないと予想していましたが、7月第2週の相場は、まさに、その通りの展開になりました。やはり、1日の出来高50億株ゾーンに入る1万4,500円以上は、30億株未満の出来高ではエネルギー不足が否めず、突入しては跳ね返される状況になっています。第2週では2回ほど経験しましたが、下げ幅が小さいために、なかなか上を取れていません。

続きを読む>>

決算発表接近で狙う3銘柄 戻り一服で個別選別機運 【NSJ日本証券新聞 7月12日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 7月12日

・ブラインドインタビュー 猛暑関連相場の着目点 3年前の再現なるか?
・「7月上旬高値ジンクス」ETF分配金取りの行方
・IPO社長会見 夢展望 将来的にネット界のH&M、ZARAを目指す

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 帝人、ワークマン、三菱商事、パルコ、東京電力など

個別

■ワークマン(7564) 3,570円〔+170円、+5.00%〕
 6月度の既存店売上高は106.9%、全店は109.2%

■三光合成(7888) 396円〔+16円、+4.21%〕
 上方修正を発表

■象印マホービン(7965) 341円〔+11円、+3.33%〕
 第2四半期決算、通期利益予想を増額修正

続きを読む>>

概況/大引け 中国人民銀行が金融市場の安定を維持するという声明を出したが、信用収縮と融資の伸び悩み警戒で上海株続落。新興市場ではバイオ関連の下げがきつい

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,069.28の9.38ポイント安、日経平均は12,834.01円の135.33円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は247、値下がり銘柄数は1,394。出来高は24億8,707万株、売買代金は1兆9,141億円。

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」 日本の緩和策買いで回復本格化 主力系中心に一斉高の可能性大

タカさんの「オレに任せろ!」 個別 連載

日立(6501) 週足

日経平均は1万2,415円で底入れした後、17日から戻り歩調に入りました。しかし、恐怖の下げが連日続いたこともあって、なかなか「戻す可能性が高い」と声を大にしても、戻れば売り、買いは様子見ばかりで、この週の出来高は3月末以来の低い水準で推移しました。それでも13日の高値を抜いて戻り相場に向かう動きを見せてくれました。

続きを読む>>

概況/寄り付き 揉み合い、トヨタや野村ホールディングスか買われているものの、指数寄与度の高いファーストリテイリングは値下がり

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

9時16分時点のTOPIXは1,092.32ポイントの7.60ポイント高、日経平均は13,106円の73円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,214、値下がり銘柄数は314。昨日は全体相場が値上がりする中で、マイナスとなっていた不動産株が今朝は反発しています。

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 輸出関連の突っ込み狙う ファナック、東急不が2票

個別

ファナック(6954) 週足

14日のメジャーSQ(特別清算指数)算出日を目前にした13日の日経平均株価は再び波乱に見舞われ、前週7日に付けた1万2,548円を割り込む場面もあった。為替の円高加速が嫌気された格好だ。こうした相場急落時を幾度となく経験したベテラン証券マンの銘柄観を参考にしたい。

続きを読む>>

概況/寄り付き 米国株小反落で、東証も足踏み。ドクターシーラボは下方修正で下落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の東京株式市場も反落の始まりで、昨日ドイツ証券の格上げにより買われた野村ホールディングスも今朝は揉み合いで、廃炉工程表での国の関与に期待して買われた東京電力(9501)も反落しています。

続きを読む>>

概況/前引け 米国雇用統計は「ほどよい強さ」で米国市場は株高・債券安・ドル高

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,096.86ポイントの39.91ポイント高、日経平均は13,265.22円の387.669円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,643、値下がり銘柄数は57。出来高は16億5,797万株、売買代金は1兆2,726億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 東建コーポレーション、ディー・エヌ・エー、IIJ、ダイフクなど

個別

■ポールHD(3657) 2,171円〔+283円、+14.99%〕
 第1四半期決算を発表

■IIJ(3774) 3,605円〔+335円、+10.24%〕
 東海東京調査センターでは目標株価を4,200円に引き上げ

■テイクアンドギヴ・ニーズ(4331) 20,170円〔+3,470円、+20.78%〕
 岡三証券が目標株価を29,000円へ引き上げ

続きを読む>>

概況/大引け 日銀による長期金利上昇抑制策に期待して、不動産株や金融株が高い。円高に歯止めでトヨタなども上昇

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,125.47ポイントの28.52ポイント高、日経平均は13,533.76円の271.94円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,194、値下がり銘柄数は451。出来高は51億2,473万株、売買代金は3兆5,613億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 米ミシガン大学消費者信頼感指数が6年ぶりの高水準で米国株高を好感し、東証も広範囲に値上がり

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

週明けの東京株式市場も幅広い銘柄が買われています。相場上昇を受けて、野村ホールディングス(8604)が買われ、ドル高円安メリットへの期待でトヨタやマツダなどの自動車株も高く、安倍政権の成長戦略で農業関連の日本農薬も続伸しています。

続きを読む>>

概況/前引け 本日は成長戦略第2弾の発表があり、リースや農業関連が高い。REITが反発し、不動産や土地持ち企業も値上がり

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

量的緩和策の縮小を警戒、木曜日のNYダウは42ドル安の15,233ドルと値下がりし、本日の日経平均も一時134円安の14,902円まで値下がりしました。ただ、本日は安倍総裁が成長戦略の第2弾を発表することから、相場の値下がりも抑制され、日経平均は下げ幅を縮めました。

続きを読む>>

高市場感応度「金融株」買い加速 大和証4ケタ、オリコS高‥【NSJ日本証券新聞 5月14日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 5月14日

・銘柄一本勝負 オーデリック LEDで驚異的業績
・重電3社の株価に“異変”負け組・東芝、OBが喝!?
・ブライダル関連の注目度増す 「アベノミクス効果」織り込みはこれから

続きを読む>>

概況/前引け ドイツとNYダウが連日の最高値更新で、リスクオンから東証も値上がりし、野村HDやアイフルが高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,198.33ポイントの3.99ポイント高、日経平均は14,381.99円の96.30円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は923、値下がり銘柄数は642。出来高は19億8,892万株、売買代金は1兆6,104億円。

続きを読む>>

概況/前引け 不動産株が堅調。富士山が世界遺産登録の見通しで富士急行が高い。新興市場はバイオ関連の人気継続。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,159.80ポイントの5.33ポイント安、日経平均は13,829.26円の31.60円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は756。値下がり銘柄数は812。出来高は17億6,731万株、売買代金は1兆3,345億円。

続きを読む>>

「時価総額1,000億円クラブ」候補 沸き立つバイオベンチャー相場 【NSJ日本証券新聞 5月1日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 5月1日

・トップインタビュー ブレインパッド 「ビッグデータ」分析の先行者利益享受へ
・昔懐かし「トリプルメリット」 為替離れの一段高を示唆!?
・景況感好転でゴルフ人口回復 株高効果も追い風に

続きを読む>>

概況/大引け マツダはアナリスト予想を下回り下落。日本車輌は今期見通しを好感しストップ高。新興市場ではバイオ関連人気

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,165.13ポイントの3.94ポイント高、日経平均は13,860.86円の23.27円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は983、値下がり銘柄数は611。出来高は34億474万株、売買代金は2兆8,362億円。

続きを読む>>

明日の材料 日本海洋掘削、キリンHD、大日本塗料、TDK、ホンダなど

個別

■石油資源開発(1662)
 通期売上高予想を228,749→231,086百万円へ、営業利益予想を11,925→13,906百万円へ増額修正

■ケアサービス(2425)
 1対200株の株式分割、1単元を100株に設定

■キリンHD(2503)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 4.7%増収、4.6%営業減益

■アールテック・ウエノ(4573)
 重症ドライアイに対する遺伝子組換え人血清アルブミン点眼液の新薬臨床試験開始(IND)申請承認

続きを読む>>

概況/前引け 金がひとまず下げ止まり、NYダウの反発を受けて、東証も反発

概況

金先物相場の反発は、国際通貨基金(IMF)が世界の2013年成長見通しを下方修正したことや、NY連銀のダドリー総裁が米国の3月雇用統計を受け緩和策を維持すべきと発言したことも下支え要因と意識されました。

続きを読む>>

概況/前引け REITや銀行株が反発。中国の消費者物価の減速で米国で鉄鋼株が買われ、東証でも新日鉄住金が高い。

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

昨日は売られたREITや不動産株や銀行株に買いが入り、反発しました。

続きを読む>>

個別銘柄動向 新日本科学、コスモ石油、ミクロン精密、シスウェーブなど

個別

■新日本科学(2395) 1,618円〔+300円、+22.76%〕
 日本網膜研究所へ3億円出資

■DCMホールディングス(3050) 821円〔+31円、+3.92%〕
 平成25年2月期決算を発表

■エストラスト(3280) 3,270円〔-335円、-9.29%〕
 平成25年2月期決算を発表

続きを読む>>

概況/寄り付き 大手不動産株は反落だが、日本エスリードや日神不動産は続伸。オークマはクレディスイスが中立に格上げ。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

東京株式市場は主力株は上値が抑制されつつも、野村ホールディングスや三菱重工、シャープなどが堅調となっています。

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」 大胆緩和で輸出、金融系が主役へ 重電、重機、自動車、金融で勝負を

タカさんの「オレに任せろ!」 個別 連載

千代田化工建設(6366) 週足

先週の相場は週初めの急落、そして、週末の暴騰という天国と地獄を経験する大波乱の展開でした。しかし、終わり良ければすべて良し、で、日経平均が一時、1万3,000円に乗せたことは歓迎すべき結果です。

続きを読む>>

概況/大引け 日銀金融政策決定会合を受けて、日経平均は500円近く上昇。円安は2円近く進む。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

日銀のREITの買入れ増加が好感され、REITが軒並み高となり、三井不動産(8801)や住友不動産(8830)などの不動産株も高く、強力な金融緩和の推進で恩恵を受けるという期待からアイフル(8515)がストップ高となりました。

続きを読む>>

概況/寄り付き キプロス大統領とEUが支援策の大枠で合意したと報じられ、不安心理の後退で東証は幅広く反発。野村ホールディングスやアイフルやオリコなどの値上がりが目立つ。

概況

日経平均 日足 MA(25/75)

今朝、キプロス大統領とEUが支援策の大枠で合意したと報じられました。キプロス支援策は「グッドバンク」と「バッドバンク」の創設や、国内2位の銀行を閉鎖することなどが盛り込まれています。

続きを読む>>

個別銘柄動向 鈴縫工業、アドウェイズ、オンワード、シスウェーブなど

概況

■鈴縫工業(1846) 163円〔+16円、+10.88%〕
 上方修正、増配を発表

■日本ハム(2282) 1,530円〔-15円、-0.97%〕
 UBS証券では目標株価を1,700円に引き上げ

■アドウェイズ(2489) 120,400円〔-6,600円、-5.20%〕
 前期1,080円の配当に対して今期は無配予想に

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」 3月中旬まで調整の可能性あり 1万500円辺りまでが下げメドか

タカさんの「オレに任せろ!」 連載

日経平均 月足

先週に指摘しましたように、2010年高値更新を実現して日経平均は当面の目標を達成しました。次の目標は08年のリーマン・ショックの年の高値1万4601円になるのですが、この山を登るには少し時間がかかりそうです。

続きを読む>>

シャープ、マツダに続く踏み上げ発展銘柄 【NSJ日本証券新聞(2月08日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月08日付け

・シャープ、マツダに続く踏み上げ発展銘柄
・ブラインド・インタビュー ”円高是正”の意外な副作用

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」  2010年高値を目指す展開に 物色意欲強く調整あっても浅い

タカさんの「オレに任せろ!」 連載

国際帝石(1605) 日足6カ月

日経平均が1万1000円の壁を突破して新局面を迎えました。1月の相場を振り返れば1万900円と1万500円前後までの間でもみ合う格好となったのですが、これは円安、金融緩和策を好感する一気の上げに対する警戒感が大きな背景でした。

続きを読む>>

続々控える指数イベント 日本取引所 採用期日は 【NSJ日本証券新聞(2月01日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月1日付け

・続々控える指数イベント 日本取引所 採用期日は
・ブラインド・インタビュー ”アベノミクス”の処方箋?
・鉄道の大規模改修で関心 関連建設会社に受注増期待

続きを読む>>

与党税制改正大綱で景気刺激、関連株チェック 設備投資関連で東ガス、JXHD、教育・スポーツではベネッセ、コナミなど

セクター 個別

コナミ(9766) 日足

昨年12月末にスタートした安倍新政権にとって本格的な国会論戦のデビューとなる通常国会が28日召集された。審議の中心は2012年度の補正予算案と13年度の本予算案だが、日銀総裁人事など含め、「アベノミクス」は期待先行型でここまで来ただけに、法案の行方には多くの関心が集まっている。

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」  鉄鋼、化学の昨年高値未達狙いを 1万1000円は市況系、金融系で実現へ

セクター タカさんの「オレに任せろ!」 連載

日鉄住金(5401) 日足

先週は円安修正からいったん、日経平均株価は調整安に転じるとみて利益確定をお勧めしました。実際1万500円割れまで売られたのですが、中国経済の回復、北朝鮮の米国への挑発発言で一転、円相場は再び90円台に乗せ、日経平均も急伸して高値圏まで戻しました。

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」  輸出系はここからいったん利益確定 1万1,000円突破は金融系の出直りで

タカさんの「オレに任せろ!」 個別 連載

オリックス(8591) 日足 MA(25/75)

3連休後の相場は一気に調整し、1万500円を割る場面まで売られました。先駆系の金融、不動産、輸出系はその前から鈍い動きになり、この下げで目先底入れしたとみられます。その間に買われていた医薬品、損保などの出遅れ内需系も売ら…

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」  好決算狙いに物色方向 CTC(4739)が4,000円台回復へ

タカさんの「オレに任せろ!」 個別 連載

CTC(4739) 日足2年 MA(25-75)

日経平均は4日の大爆発の後、1万400円を割り込む場面もありましたが、先駆した金融、輸出系に代わり、出遅れ組と内需系などの物色が強まって、すかさず上値を追い、一時は1万800円台まで買われました。

続きを読む>>

追い風強まる「株持ち企業」本命なら豊田織機、T&D、大穴は岩塚製菓 【NSJ日本証券新聞(1月11日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月11日付け

・追い風強まる「株持ち企業」本命なら豊田織機、T&D、大穴は岩塚製菓
・「橋下バブル」から「安倍バブル」へ 学習塾のほか、スポーツクラブ、保育関連も

続きを読む>>

取材の現場から 経済学者 高橋洋一氏の影響力 銀行が泣き、証券が笑う政策か

取材の現場から 連載

野村HD(8604) 日足

「安倍ノミクス」が始動する。この政策は賛否両論だが、国会では圧倒的多数が賛成だ。維新の会もみんなの党も同様のリフレ政策を支持しているからだ。それもそのはずで、この政策を推進してきたキーマンは、元財務官僚で経済学者の高橋洋一氏。バーナンキFRB(連邦準備制度理事会)議長の〝弟子〟としても知られている人物。

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」  押しを待って果敢に攻めよ 物色方向は当面変わらず

タカさんの「オレに任せろ!」 連載

野村HD(8604) 月足7年

新年明けましておめでとうございます。巳年の相場が始まりました。昨年に今年相場は2005年以来の上げ相場になる、と申し上げておりましたが、それを暗示するように発会は大幅な上げからスタートしました。しかし、昨年11月半ばから上げ放しですので、発会の動きがそのまま続くとは思えません。いったん、調整に入るとみるのが自然な解釈になるでしょう。

続きを読む>>

「自動車」「金融」が物色人気の両輪 2013年幕開けは日経平均一時339円高 【NSJ日本証券新聞(1月07日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月07日付け

・「自動車」「金融」が物色人気の両輪 2013年幕開けは日経平均一時339円高
・株式市場の「華」IPO 2013年展望
・投資カレンダー

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは888.51ポイントの28.71ポイント高、日経平均は10,688円の292円高。米国で「財政の崖」からの転落が土壇場で回避されたことと、12月FOMC議事録で資産買入れに対する懸念が複数の委員から出ていたことが判明し、米金利上昇からドル買い円安に拍車。東証は全面高で、アイフルやオリコが急騰。

概況

TOPIX 15分足 MA(25-75)

米国で「財政の崖」からの転落が土壇場で回避されたことや、昨年12月11日~12日に開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)の議事録が公表され、「複数の委員は資産購入策を2013年末までに停止するかペースを減速することが適切になる可能性があるとした」という議論が交わされていたため、米国金利上昇によりドル買いに拍車が掛かり、本日は1ドル=87円83銭まで円安が進みました。

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは884.79ポイントの24.99ポイント高、日経平均は10,686円の291円高。米財政の崖の回避を好感。ドル買い円安も後押しし、値上がり銘柄数は1,609、値下がり銘柄数は50と全面高。

概況

TOPIX 15分足 MA(25、75)

米国で「財政の崖」が回避されたこを好感し、1月2日のNYダウは308ドル高の13,412ドルと上昇しましたが、昨日1月3日は21ドル安の13,391ドルと小幅安となりました。
 昨年12月11日~12日に開催されたFOMC議事録が公表され、毎月850億ドルの債券購入の縮小なり停止が恐らく適切になるだろうという意見が複数でたことが判明したため、売られました。

続きを読む>>

話題銘柄をテクニカルで斬る 野村HD(8604)  巳年相場の「尖兵」は503円へ

テクニカル 個別

野村HD(8604) 週足

野村HDの週足は、2011年11月の安値223円で底入れ、12年3月に417円の高値まで反発。これは11年2月高値557円から223円までの下げ幅の半値戻し水準390円を超えたオーバーシュートで反落。その後、12年6月に…

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは858.86ポイントの11.15ポイント高、日経平均は10,370円の140円高。安倍新政権への期待で日経平均は今年の高値更新。株高の資産効果への期待で百貨店が高い。中国の11月の工業利益が前年同月比22.8%増でファナックは上場来高値。

概況

TOPIX 15分足 MA(25)、MA(75)

前引けのTOPIXは858.86ポイントの11.15ポイント高、日経平均は10,370円の140円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,157、値下がり銘柄数は402。出来高は19億7,952万株、売買代金は8,464億…

続きを読む>>

NSJ日本証券新聞 12月27日付け

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月27日付け

・パワービルダー再編の背景と行方 ・IPO 2012年総括 エイチームの好ダッシュ際立つ ・野村vs大和、高値で並ぶ 激しさ増すライバル対決 ・2大都市圏以外のテーマパークも回復 円安で外国人環境客増に期待 ・シカゴコー…

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは842.21ポイントの4.20ポイント高、日経平均は10,122円の42円高。パワービルダー6社が経営統合を発表し高い。海運市況の下げ渋り期待と円安メリットで海運株も買われた。

概況

日経平均 15分足 MA(25)、MA(75)

前引けのTOPIXは842.21ポイントの4.20ポイント高、日経平均は10,122円の42円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は960、値下がり銘柄数は563。出来高は13億8,479万株、売買代金は6,002億円。 本…

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」  1万円台維持で大納会を迎えるか 来年は1万4,000円台を目指す展開に

タカさんの「オレに任せろ!」 概況 連載

日経平均 週足(3年) MA(25)、MA(75)

日経平均は12月19日に一斉高で、1万円どころか1万175円まで一気に急伸しました。まさに、花火大会の最後の華々しさを飾るようなドドーンと大きな音を響かしたような上げでした。これで11月中旬から上げ続けた相場は円安進行、…

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは843.54ポイントの5.53ポイント高、日経平均は10,130円の50円高。パワービルダー6社が経営統合計画を発表し揃って買い気配。野村HDやオリコは堅調。

概況

日経平均 日足 MA(25)、MA(75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが360万株、買いは430万株でした。 9時16分時点のTOPIXは843.54ポイントの5.53ポイント高、日経平均は10,130円の50円高。東証1部市場の値上がり銘柄数…

続きを読む>>

NSJ日本証券新聞 12月26日付け

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月26日付け

  ・100円台銘柄躍動で注目 「ワンハンドレッドクラブ ちばぎんアセット」 ・ノロに続きインフルも流行期入り UMNファーマが新展開 ・野村、シティ、その次は… 上方修正続く相場見通し ・大手商社巻き返しへ …

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは838.01ポイントの5.29ポイント高、日経平均は10,080円の140円高。安倍自民党総裁は日銀が来年1月に2%のインフレ目標を設定しない場合、日銀法改正に踏み切る考えを表明。リフレ策に期待して不動産株や含み資産株も高い。

概況

日経平均 15分足 MA(25)、MA(75)

大引けのTOPIXは838.01ポイントの5.29ポイント高、日経平均は10,080円の140円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,001、値下がり銘柄数は577。出来高は22億3,494万株、売買代金は1兆1,532…

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは839.79ポイントの7.07ポイント高、日経平均は10,066円の126円高。安倍自民党総裁が日銀が物価目標設定しなければ日銀法改正に踏み切る考えで円安になり、不動産株や金融株が高い。

概況

日経平均 15分足 MA(25)、MA(75)

前引けのTOPIXは839.79ポイントの7.07ポイント高、日経平均は10,066円の126円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,148、値下がり銘柄数は386。出来高は12億3,186万株、売買代金は5,977億円…

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは843.03ポイントの10.31ポイント高、日経平均は10,078円の138円高。日本銀行が来年1月の金融政策決定会合で、インフレ目標を引き上げない場合、日銀法改正を検討するとの自民党の安倍晋三総裁の発言で円安となり、東証は反発。

概況

日経平均 日足 MA(25)、MA(75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,350万株、買いは1,350万株でした。 9時15分時点のTOPIXは843.03ポイントの10.31ポイント高、日経平均は10,078円の138円高。東証1部市場の値…

続きを読む>>

NSJ日本証券新聞 12月25日付け

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月25日付け

  ・業績別指数トップ争い熾烈 26年ぶり証券か、27年ぶり不動産か ・外食・中食向けカット野菜で高シェア デリカフーズ ・IPO社長会見 全国保証 ・ひと足早く「株価デフレ脱却」の声 ・北浜流一郎 人気株発掘…

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは849.807ポイントの11.19ポイント高、日経平均は10,173円の134円高。日銀の物価目標導入見通しで金融株や不動産株が高い。米国株の反発や円安も好感。東海カーボンは大和証券の3→1で高い。

概況

日経平均 日足 MA(75)、MA(25)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,050万株、買いは1,650万株でした。 9時15分時点のTOPIXは849.807ポイントの11.19ポイント高、日経平均は10,173円の134円高。東証1部市場の…

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは839.34ポイントの22.49ポイント高、日経平均は10,160円の237円高。米国で財政の崖回避に向けて高額所得者への減税打ち切りで大統領と共和党が互いに譲歩。日本の補正予算10兆円観測と日銀への物価目標圧力で建設、金融以外にも鉄鋼や造船などの大型株も物色。

概況

TOPIX 15分足(5日間) MA(25)、MA(75)

大引けのTOPIXは839.34ポイントの22.49ポイント高、日経平均は10,160円の237円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,419。値下がり銘柄数は211。出来高は40億3,441万株、売買代金で2兆888億…

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは829.16ポイントの12.31ポイント高、日経平均は10,059円の136円高。財政の崖協議でオバマ大統領が一定の譲歩を見せ、NYダウ続伸。日本でも10兆円規模の補正予算への期待もあり、日経平均は4月4日以来約8ヵ月振りの1万円回復。

概況

TOPIX 日足 MA(25)、MA(75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,810万株、買いは1,730万株と10営業日振りに売り越しとなりました。 9時15分時点のTOPIXは829.16ポイントの12.31ポイント高、日経平均は10,059…

続きを読む>>

NSJ日本証券新聞 12月19日付け

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月19日付け

・新政権関連 金融株一斉浮上へ 三菱UFJ、野村HDともに400円台復帰 ・IPOラッシュ 3日間で7社上場 注目度No1 ユーグレナ登場(20日) ・REIT分割に関係者注目 人気不発の背景は… ・火力発電の海外受注活…

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」  自民勝利で1万円抜けへ 来年は1万4000円突破が実現へ

タカさんの「オレに任せろ!」 概況 連載

日経平均 日足1年 MA(25)、MA(75)

衆議院選挙が終了しました。この原稿は、選挙前に書いており、自民党がどういう形で勝利したのか分かりませんが、とにかく、自民党政権が確立できたことを前提に今後の相場予想を考えてみました。 新政権は金融緩和策の前進と国内景気の…

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは799.21ポイントの7.92ポイント高、日経平均は9,742円の161円高。FOMCでは失業率6.5%に低下するまで異例な低金利継続と発表したが、失業率見通しは2015年が6.0~6.6%なので、従来の「少なくとも2015年半ばまで維持する」と同じと受け止められ、ドル安にはならず。日銀に対する緩和圧力で円安が加速し、電機株や海運株などが高い

概況

日経平均 15分足(5日間) MA(25)、MA(75)

大引けのTOPIXは799.21ポイントの7.92ポイント高、日経平均は9,742円の161円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は973、値下がり銘柄数は558。出来高は27億6,981万株、売買代金は1兆4,895億円。…

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは800.62ポイントの9.33ポイント高、日経平均は9,733円の152円高。米FOMCで失業率6.5%以下まで低金利政策継続と表明。米国債は材料出尽くしから上昇し、ドル買い円安。1ドル=83円38銭近辺の円安で東証では電機株が上昇。

概況

日経平均 15分足(5日間) MA(25)、MA(75)

前引けのTOPIXは800.62ポイントの9.33ポイント高、日経平均は9,733円の152円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,188、値下がり銘柄数は343。出来高は13億9,684万株、売買代金は7,161億円。…

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは790.26ポイントの4.19ポイント高、日経平均は9,570円の44円高。北朝鮮のミサイル発射の悪影響は乏しい。日銀の追加緩和期待で不動産株が堅調。シャープは11月にNTTドコモから発売したスマートフォンの国内販売シェアが、発売後2週間でスマホの全機種中トップになったことが注目された。

概況

日経平均 15分足(5日間) MA(25)、MA(75)

前引けのTOPIXは790.26ポイントの4.19ポイント高、日経平均は9,570円の44円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は879、値下がり銘柄数は569。出来高は9億7,798万株、売買代金は5,159億円。 北朝鮮…

続きを読む>>