8515

千利休のローソク足分析 アイフル、日本ピストン、ホンダ

テクニカル 個別

日本ピストン(6461) 週足

週足の一目均衡表では依然として抵抗帯(雲)下で弱気の局面にあるが、安値を切り上げる可能性があり注目したい。2014年11月高値528円を上回れば、それが確認でき13年5月高値を起点とした右下がりの上値抵抗線まで勢い付く可能性がある。

続きを読む>>

日銀+公的年金+かんぽ生命 「信託銀行」主導で買われる株は【日本証券新聞 2月17日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月17日

・「自動運転」関連が人気 JVCケンウッド、3年ぶり高値
・筍狩りに行こう 木村化工機 各部門とも受注が急回復
・総合商社株 出遅れ修正高に期待
・ムゲンエステート 新展開入り 首都圏の中古不動産再販事業好調

続きを読む>>

明日の材料 飛島建設、日本工営、ネクスト、UTホールディングス、比較.com、すかいらーくなど

個別

■ラオックス(8202):平成26年12月期決算を発表、今27年12月期は39.5%増収、162.1%営業増益を計画
■KADOKAWA・DWANGO(9468):第1四半期決算、新たな株主優待制度を導入
■セコム(9735):第3四半期決算、株主優待制度を導入

続きを読む>>

明日の材料 飛島建設、長谷工コーポレーション、鉄建建設、積水ハウス、UBICなど

個別

■アイフル(8515):第2四半期決算を発表、前年同期比7.9%減収、52.0%営業減益
■西武ホールディングス(9024):第2四半期決算を発表、前年同期比3.1%増収、6.8%営業増益
■学研ホールディングス(9470):平成26年9月期決算を発表、今27年9月期は3.2%増収、435.5%営業増益

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 金融緩和で証券株が人気 リクルートHDが複数支持

個別 概況

リクルート(6098) 日足

10月31日の日銀追加緩和から1週間。為替の急激な円安進行とも併せて、株式市場も急騰に次ぐ急騰で日経平均は9月高値を一気に抜き去り、1万7,000円台と約7年ぶりの高値圏に飛び出してきた。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は反発、ただ16,900円水準では揉み合い。シチズンや太平電業は上方修正を好感

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は16,907.28円の126.75円高、TOPIXは1,365.15の5.04ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は798、値下がり銘柄数は860。出来高は10億1,011万株、売買代金は9,795億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は反発スタート、欧米株高、円安を好感。米国株高を受けて、東証は反発。トヨタやソニーが高く、不動産も堅調

概況

日経平均 週足

9時11分時点の日経平均は16,888.21円の95.73円高、TOPIXは1,364.18の7.83ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,620万株、買いは3,600万株。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は上昇一服。不動産やその他金融、海運などが値下がり

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は16,801.09円の61.38円安、TOPIXは1,363.66の4.99ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが2,120万株、買いは3,710万株。

続きを読む>>

明日の材料 ミライト・ホールディングス、飛島建設、積水ハウス、アサヒグループホールディングス、ネットイヤーグループなど

個別

■東京電力(9501):第2四半期決算を発表、前年同期比3.7%増収、69.4%営業増益
■電源開発(9513):第2四半期決算を発表、前年同期比0.5%増収、1.1%営業増益
■日本空港ビルデング(9706):第2四半期及び通期業績予想を上方修正
■ニチイ学館(9792):第2四半期利益予想を上方修正

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均が755円高と今年最大の上げ幅。日銀の追加緩和が驚かれ急伸、出来高は40億株超え。JPX日経400連動ETFも買い入れ対象としたことで採用銘柄が高い

概況

大引けの日経平均は16,413.76円の755.56円高、TOPIXは1,333.64の54.74ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,694、値下がり銘柄数は120。出来高は40億1,278万株、売買代金は4兆1,982億円。

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 建設・ロボット関連株が根強い人気

個別 概況

日経平均は22日の戻り高値(1万5,628円)を境に調整色を濃くしている。好調な米国景気、利上げ接近などを反映したドル高・円安効果も一巡、再び円高傾向に舞い戻っているほか、ウクライナ状勢の緊迫化など地政学的リスクの再浮上も買い見送り要因となっている。

続きを読む>>

概況/寄り付き 日経平均は反発スタート。104円台乗せの円安が支援に

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は15,581.39円の42.20円高、TOPIXは1,290.14の4.07ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが1,030万株、買いは960万株。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) NIPPO、ガンホー・オンライン・エンターテイメント、ダイセル、ソフトバンク・テクノロジーなど

個別

■HOYA(7741) 3,394円〔+51円、+1.51%〕
 ゴールドマン・サックスが投資判断を引き上げ
■ファミリーマート(8028) 4,540円〔-30円、-0.66%〕
 JPモルガンが投資判断を引き下げ
■アイフル(8515) 464円〔+37円、+8.67%〕
 JPモルガン・アセットの取得が話題に

続きを読む>>

概況/前引け 円安加速から、東京市場は上げ幅を拡大。これまで圏外にあった証券やノンバンク、不動産の上がりが目立つ

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,575.82円の121.37円高、TOPIXは1,289.10の9.46ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,111、値下がり銘柄数は544。出来高は11億2,638万株、売買代金は9,262億円。

続きを読む>>

概況/大引け 欧米株高で、日経平均は4日続伸。ただ、25日線で上値抑制。建設株が人気

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,314.57円の100.94円高、TOPIXは1,270.50の8.37ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,246、値下がり銘柄数は444。出来高は18億3,783万株、売買代金は1兆5,702億円。

続きを読む>>

概況/前引け 欧米株高で、東京市場も堅調。ただ、25日線が上値抑制

概況

日経平均 週足

前引けの日経平均は15,304.64円の90.99円高、TOPIXは1,268.25の6.12ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,164、値下がり銘柄数は490。出来高は9億6,519万株、売買代金は7,722億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 高橋カーテンウォール工業、新日本科学、比較.com、関東電化工業など

概況

■アイフル(8515) 464円〔-66円、-12.45%〕
 第1四半期は二桁の減益、野村証券では目標株価を引き下げ
■マネックスグループ(8698) 315円〔+11円、+3.62%〕
 ドイツ証券が投資判断を引き上げ
■学研ホールディングス(9470) 271円〔-7円、-2.52%〕
 通期業績予想の下方修正を発表

続きを読む>>

明日の材料 高橋カーテンウォール工業、UTホールディングス、フルスピード、サニーサイドアップなど

概況

■リブセンス(6054)
 第2四半期決算、通期業績予想を下方修正
■アイフル(8515)
 第1四半期決算を発表、前年同期比9.0%減収、35.6%営業減益
■学研ホールディングス(9470)
 第3四半期決算、通期業績予想を下方修正

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 ベネッセホールディングス、野村ホールディングス、アイフル

テクニカル 個別

短期的には値動きの荒い展開が予想されるが、中長期的にはもみ合い継続の強気パターンの中にあるとみられる。遅行線は既に抵抗帯(雲)を上回っており、遅行線と雲上限が重なる4,075円付近を大方維持することができれば、年後半に向けて基準線をサポートに下値を切り上げる展開は続くだろう。

続きを読む>>

概況/前引け 米国の一服で、東証は動きが乏しく揉み合い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,394.37円の0.79円安、TOPIXは1,276.51の2.83ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は963、値下がり銘柄数は653。出来高は9億9,959万株、売買代金は8,730億円。

続きを読む>>

概況/大引け NYダウの最高値接近で、東証も広範囲に上昇。LINE関連が急上昇

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,395.16円の98.34円高、TOPIXは1,273.68の8.22ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,108、値下がり銘柄数は548。出来高は20億9,293万株、売買代金は1兆7,419億円。

続きを読む>>

年後半も1部指定ラッシュへ ”恒例”みずほ予想レポートが話題【日本証券新聞 7月15日】

日本証券新聞

日本証券新聞 7月15日

・日経平均急反発 5日続落の、その後は?
・筍狩りに行こう 日本水産 水産物市況にもリフレの波
・シンワアート 5割増収、8割経常増益(今期予想)
・半導体・液晶関連の小型株 好決算相次ぐ

続きを読む>>

概況/前引け 欧米株が安く、東京市場も続落。ただ、下値抵抗も

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,176.27円の40.20円安、TOPIXは1,254.08の5.17ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は399、値下がり銘柄数は1,258。出来高は11億6,077万株、売買代金は9,939億円。

続きを読む>>

概況/前引け 欧米株安や円高警戒で、東京市場は下落。ただ、朝方の安値からは下げ幅縮小

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,308.46円の70.98円安、TOPIXは1,274.26の5.61ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は682、値下がり銘柄数は967。出来高は11億2,969万株、売買代金は9,043億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 欧米市場の下落から、東京市場も軟調なスタート

概況

日経平均 週足

9時7分時点の日経平均は15,287.16円の92.28円安、TOPIXは1,271.31の8.56ポイント安。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが630万株、買いは650万株。

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均はマイナス圏へ、米国の雇用統計や連休を控え様子見ムード

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,360.74円の9.23円安、TOPIXは1,278.37の2.41ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は654、値下がり銘柄数は994。出来高は10億1,233万株、売買代金は8,668億円。

続きを読む>>

概況/前引け NYダウの最高値更新は好感されたが、日経平均は小幅高にとどまる。建設や不動産は小安く、ノンバンクが再び物色

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,404.60円の78.40円高、TOPIXは1,282.76の6.68ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,163、値下がり銘柄数は477。出来高は12億3,483万株、売買代金は9,925億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場はもみ合いスタート。日銀短観は予想を下回ったが、あまり悪影響を受けず

概況

日経平均 週足

9時7分時点の日経平均は15,154.44円の7.66円安、TOPIXは1,263.60の1.04ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが460万株、買いは670万株と3日連続の買い越し。

続きを読む>>

いま「福岡」がアツい!! 関連株に人気化続々【日本証券新聞 7月1日】

日本証券新聞

日本証券新聞 7月1日

・TOPIX浮動株比率7日に見直し発表 ポジティブ筆頭は藤田観光
・筍狩りに行こう 東洋紡 海外展開加速で成長指向強める
・話題 「SIMロック解除」関連 値上がり上位を独占
・ライドオン 先高期待 戦略的販促で収益改善

続きを読む>>

概況/前引け 円高警戒から、東証はマイナス圏に。MVNO関連、ノンバンクが物色

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,070.08円の24.92円92円安、TOPIXは1,252.39の0.76ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,115、値下がり銘柄数は529。出来高は9億5,359万株、売買代金は7,995億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ドーン、カルナバイオサイエンス、アールテック・ウエノ、デジタルガレージなど

個別

■アイフル(8515) 643円〔+53円、+8.98%〕
 貸金業法の改正案が伝わり関連株が高い
■日立物流(9086) 1,566円〔-89円、-5.38%〕
 SMBC日興証券が投資判断を「2」に引き下げ
■ニトリホールディングス(9843) 5,530円〔+240円、+4.54%〕
 第1四半期決算を発表

続きを読む>>

大量保有報告書で読む機関投資家動向 JPモルガンなど地銀株に触手【日本証券新聞 6月27日】

日本証券新聞

日本証券新聞 6月27日

・「ROEの呪い」って何? 平均回帰を打ち破れ
・「燃料電池車」関連が活況 ”水素ステーション”の建設加速に期待
・建設株に中長期的構造変化 もう3倍?まだ3分の1? 
・ダイヤモンドD S高 今期増益転換を好感

続きを読む>>

概況/大引け 東証は小幅高でのもみ合い。過熱警戒や月末接近、円高で動きにくい。トヨタの燃料電池車市販で水素関連が軒並み急騰

個別

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,308.49円の41.88円高、TOPIXは1,263.43の2.60ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は863、値下がり銘柄数は746。出来高は19億8,153万株、売買代金は1兆7,340億円。

続きを読む>>

概況/前引け 過熱感や円高への警戒で、東証は小幅高にとどまる。ただ、水素関連など物色意欲は旺盛

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均15,314.74円の48.13円高、TOPIXは1.264.97の4.14ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,000、値下がり銘柄数は646。出来高は9億8.493万株、売買代金は8,497億円。

続きを読む>>

明日の材料 東福製粉、フルスピード、神戸物産、丸善CHIホールディングス、ICDAホールディングスなど

個別

■MICS化学(7899)
 平成26年4月期決算を発表、今27年4月期は5.5%増収、118.7%営業増益を計画
■日本テレホン(9425)
 平成26年4月期決算を発表、今27年4月期は10.7%増収、27.1%営業増益を計画
■大日本コンサルタント(9797)
 通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

概況/寄り付き イラク情勢悪化で原油高と米国株安。東京市場も続落。不動産や自動車、機械などが安い

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は14,852.62円の120.91円安、TOPIXは1,229.33の8.42ポイント安。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが710万株、買いは700万株。

続きを読む>>

存在感高まる「JPX日経400」 採用候補にも関心

個別 概況

アイフル(8515) 日足

今年から算出が始まった株価指数「JPX日経インデックス400(以下、JPX日経400)」。この採用銘柄の入れ替えが8月に予定され、候補銘柄を探る動きが出ている。

続きを読む>>

概況/前引け 欧米株安から、東証も調整。不動産や医薬品が安い一方、証券や銀行には押し目買い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,952.77円の116.71円安、TOPIXは1,235.37の3.70ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は580、値下がり銘柄数は1,065。出来高は10億8,989万株、売買代金は9,238億円。

続きを読む>>

概況/大引け 米国株反落で東証も一服気味も、TOPIXは10連騰。LINE関連が軒並み高で、ミクシィは反落

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,067.96円の33.71円高、TOPIXは1,233.95の5.36ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は974、値下がり銘柄数は656。出来高は20億9,860万株、売買代金は1兆9,365億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) アズジェント、ダイサン、ヤフー、古河電気工業、フォトクリエイトなど

個別

■フォトクリエイト(6075) 1,524円〔+152円、+11.08%〕
 ラボネットワークと業務提携
■ファミリーマート(8028) 4,445円〔+15円、+0.34%〕
 東海東京調査センターが新規「1」
■ウェブクルー(8767) 667円〔+6円、+0.91%〕
 新収納サービス「MONOLESS」の提供を開始

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は4月4日以来の15,000円台、NYダウの最高値更新やGPIFの株式比率引き上げ期待。証券や銀行が高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,034.25円の98.33円、TOPIXは1,228.59の8.12ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,035、値下がり銘柄数は617。出来高は22億2,657万株、売買代金は2兆30億円。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は大引けにかけて失速。200日移動平均線が上値抵抗に。値上げ効果に期待し、紙パが高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,636.52円の34.00円高、TOPIXは1,195.11の0.42ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は796、値下がり銘柄数は845。出来高は19億7,450万株、売買代金は1兆7,027億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は堅調推移。ノンバンクや銀行、証券などが高い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,729.33円の126.81円高、TOPIXは1,203.49の8.80ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,043、値下がり銘柄数は578。出来高は10億2,585万株、売買代金は8,259億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 米国株が小幅高で、東証も小じっかり。不動産株が高い。ソニーは反落

概況

日経平均 週足

9時7分時点の日経平均は14,425.82円の88.03円高、TOPIXは1,178.22の8.88ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが2,410万株、買いは1,700万株と2日連続の売り越し。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) メッセージ、ブロッコリー、フジオフードシステム、そーせいグループ、ヤフーなど

個別

■CYBERDYNE(7779) 5,960円〔+620円、+11.61%〕
 1対5の株式分割を発表
■アイフル(8515) 403円〔+24円、+6.33%〕
 貸金業の規制緩和に向け自民党が議論開始と伝わる
■インプレスホールディングス(9479) 118円〔+4円、+3.51%〕
 女性向け交流サイトを開始するとの報道

続きを読む>>

明日の材料 国際石油開発帝石、GCAサビアン、新日本科学、エー・ピーカンパニー、KLab、ネクソンなど

概況

■西武ホールディングス(9024)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は3.1%増収、3.6%営業増益を計画
■NTT(9432)
 平成26年3月期決算、4,400万株を上限に自社株買い
■ケーユーホールディングス(9856)
 平成26年3月期決算、株主優待制度の導入、1対2の株式分割

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 大東建託、UBIC、クスリのアオキ、トクヤマ、JSRなど

個別

■エンプラス(6961) 5,970円〔+660円、+12.43%〕
 14時に決算及び200万株の自己株式消却を発表
■東映(9605) 568円〔+17円、+3.09%〕
 250万株、15億円を上限に自社株買い
■SCSK(9719) 2,704円〔+119円、+4.60%〕
 今期二桁の営業増益となる決算を発表

続きを読む>>

FTSE採用などイベント続々 西武HD 意外な健闘の背景【日本証券新聞 4月25日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月25日

・IPO社長会見 サーベラスとは信頼関係 西武HD 後藤高志社長語る
・大量保有報告書から 複数の機関投資家から選ばれし銘柄
・日本郵政 株式上場に向け本格始動
・相場も「黄金週間」!? 連休前後は需給好転か

続きを読む>>

概況/前引け 欧米株の値上がりを好感も、日経平均は14,500円水準では上値抑制

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,470.54円の81.77円高、TOPIXは1,168.24の5.74ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,184、値下がり銘柄数は434。出来高は8億6,834万株、売買代金は7,186億円。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は引けにかけてマイナス圏に。上海株や香港株が売られ、決算本格化も手控え要因。証券や鉄鋼、海運、銀行、ノンバンクなどが安い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,388.77円の123.61円安、TOPIXは1,162.50の8.90ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は286、値下がり銘柄数は1,397。出来高は16億5,249万株、売買代金は1兆4,420億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は決算本格化を前に様子見ムード。ノンバンクは反落、主力系は小動き

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,556.52円の44.14円高、TOPIXは1,173.54の2.14ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は793、値下がり銘柄数は808。出来高は7億6,162万株、売買代金は6,366億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は小幅反発スタート。決算から安川電機が安い

概況

日経平均 週足

9時8分時点の日経平均は14,594.53円の82.15円高、TOPIXは1,176.56の5.08ポイント。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は、売りが980万株、買いは1,190万株。

続きを読む>>

会社側予想の”クセ”に着目 「一貫保守派」と「永遠の楽観主義」【日本証券新聞 4月22日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月22日

・時をかける「消費税」 巡り巡って香港危機も!?
・ノンバンク株が軒並み急騰 貸金規制の緩和報道が刺激
・筍狩りに行こう リオン 「増額」で足元好調を確認
・BS11 新展開入り迫る 広告収入が好調

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は薄商いもしっかり。規制緩和報道で、ノンバンクが軒並み高

概況

日経平均 週足

前引けの日経平均は14,607.98円の91.71円高、TOPIXは1,178.17の4.80ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,032、値下がり銘柄数は583。出来高は9億1,143万株、売買代金は6,243億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) アドウェイズ、DCMホールディングス、東京製鐵、日本鋳造など

個別

■ジャパンディスプレイ(6740) 814円〔+5円、+0.62%〕
 ゴールドマン・サックスが新規「買い」に設定
■アイフル(8515) 365円〔+54円、+17.36%〕
 金利規制緩和報道からノンバンクが軒並み急騰
■小僧寿し(9973) 196円〔+5円、+2.62%〕
 英MAI TRADING、SUSHI LICIOUSの子会社化へ基本合意

続きを読む>>

概況/前引け HSBC中国製造業PMIの低下で、日経平均の下げ幅拡大。ドル円も102円台割れ

概況

日経平均 15分足

前引けの日経平均は14,518.14円の248.39円安、TOPIXは1,200.45の18.07ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は254、値下がり銘柄数は1,429。出来高は12億9,738万株、売買代金は9,972億円。

続きを読む>>

明日の材料 鉄建建設、ミクシィ、アウトソーシング、サンワカンパニー、アズジェント、インフォコムなど

概況

■スリー・ディー・マトリックス(7777)
 自己組織化ペプチド技術について、膵臓再生への適用に関する特許が米国で成立
■アシックス(7936)
 2019年満期ユーロ円建取得条項付転換社債型新株予約権付社債300億円を発行
■ワイヤレスゲート(9419)
 平成25年12月期決算を発表、今26年12月期は20.6%増収、14.6%営業増益を計画

続きを読む>>

JPX日経400 銘柄入れ替えに関心 GPIF買い対象として脚光

個別 概況

名村造船所(7014) 週足

昨年15兆円を超える大量買い越しに動いた外国人の姿勢がトーンダウンする中、今年の相場で「買い手」として期待されるのが個人投資家と公的年金。そして、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の新たなベンチマーク(運用指標)採用が確実視されているのが「JPX日経インデックス400」だ。先行き同指数採用銘柄への買い流入が期待されてくるわけだが、その際、意外な“盲点”として注意が必要となるのは、8月末に定期入れ替えが予定されていることだ。

続きを読む>>

概況/大引け 週間で1,000円超の値上がりの反動から、本日は利食い売りで揉み合い。ただ、ゲーム関連やノンバンクが上昇

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,164円30銭の1円62銭安、TOPIXは1,241.67の2.63ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は809、値下がり銘柄数は789。出来高は28億4,051万株、売買代金は2兆4,854億円。

続きを読む>>

概況/前引け 利食い売りをこなしながら堅調。ノンバンク、証券、保険、銀行、タイヤなどが高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,229円83銭の63円91銭高、TOPIXは1,246.45ポイントの7.41ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,007、値下がり銘柄数は572。出来高は15億7,031万株、売買代金は1兆3,031億円。

続きを読む>>

概況/寄付き 先週の大幅高で、週明けの東京市場は一服。ノンバンクが高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが720万株、買いは1,230万株でした。
9時15分時点の日経平均は15,154円20銭の11円72銭安、TOPIXは1,241.64ポイントの2.60ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は962、値下がり銘柄数は591。

続きを読む>>

明日の材料 ネクスト、UBIC、グリー、電通、リブセンス、日立メディコ、高知銀行など

個別

■イー・ガーディアン(6050)
 40,000株(80百万円)を上限に自社株買い
■AOKIホールディングス(8214)
 1対2の株式分割
■セイノーホールディングス(9076)
 第2四半期決算、通期業績予想を上方修正
■日鐵住金物産(9810)
 第2四半期決算、通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

概況/前引け 円安を背景に上げ幅を拡大。全面高で倉庫・運輸、その他金融、保険、不動産などが高い

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,510円56銭の240円72銭高、TOPIXは1,201.01の15.36ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,395、値下がり銘柄数は247。出来高は12億9,866万株、売買代金は9,996億円。

続きを読む>>

概況/大引け NYダウの最高値を受け、自動車が高い。ただ、上値の重さも。ガンホーオンラインは7-9月期決算からストップ安

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,502円35銭の176円37銭高、TOPIXは1,204.50の11.00ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,067、値下がり銘柄数は598。出来高は34億8,076万株、売買代金は2兆7,213億円。

続きを読む>>

概況/大引け 先週末の米国株高に連れ高したが、薄商い。日銀の追加緩和への期待で不動産株は堅調

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,693円57銭の132円03銭高、TOPIXは1,212.36の6.84ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,296、値下がり銘柄数は322。出来高は17億5,093万株、売買代金は1兆4,557億円。

続きを読む>>

RADIEX 25日開幕が株価刺激 低位株百花繚乱 【NSJ日本証券新聞 9月25日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 9月25日

・銘柄一本勝負 東京都民銀行 東京都唯一の第一地銀
・25日からノーベル相場前哨戦?
・わらべや日洋 新展開入り セブン宅配強化で恩恵
・エムアップ S高 「ゆるキャラ」参入で成長加速

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は一時314円高。消費者金融や半導体関連が高い。一方、建設株は値下がり

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,505円36銭の193円69銭高、TOPIXは1,193.07の11.43ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,083、値下がり銘柄数は557。出来高は30億8,950万株、 売買代金は2兆626億円。

続きを読む>>

概況/前引け シリアに対する早期の軍事攻撃がないことや、8月のユーロ圏PMIの上方修正で円安となり、東証は全面高

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は13,917円64銭の344円72銭高、TOPIXは1,145.11の27.33ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,562、値下がり銘柄数は133。出来高は13億1,935万株、売買代金は1兆42億円。

続きを読む>>

概況/大引け シリア懸念がやや緩和。消費者金融の融資残高8年ぶりプラス報道でアイフルなど大幅高。不動産や建設株も高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は13,572円92銭の184円06銭高、TOPIXは1,117.78の11.73ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,169、値下がり銘柄数は467。出来高は18億5,326万株、売買代金は1兆4,598億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ルーデン、電通、アルバック、アイフル、日本コンセプトなど

個別

■オイシックス(3182) 3,485円〔+55円、+1.60%〕
 第1四半期決算、ディーンアンドデルーカジャパンとの業務・資本提携
■関東電化工業(4047) 236円〔-21円、-8.17%〕
 通期業績予想の下方修正を発表
■マブチモーター(6592) 5,240円〔+140円、+2.75%〕
 第2四半期決算を発表、野村証券では目標株価を引き上げ
■郵船ロジスティクス(9370) 948円〔+21円、+2.27%〕
 みずほ証券が「買い」、1,500円目標

続きを読む>>

概況/前引け 14,000円付近での上値の重さから、日経平均は押し戻される。アイフルは減益決算、JINは年初来安値更新

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,159.67の2.52ポイント高、日経平均は13,860.81円の6.19円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は863、値下がり銘柄数は708。出来高は10億5,816万株、売買代金は8,348億円。

続きを読む>>

明日の材料 ユナイテッド、オイシックス、フィスコ、電通、デジタルガレージ、アイフル、学研ホールディングスなど

個別

■ユーグレナ(2931):第3四半期決算を発表、売上高は1,396百万円、営業利益は74百万円
■ペプチドリーム(4587):平成25年6月期決算を発表、今26年6月期は104.3%増収、347.1%営業増益を計画
■サイボウズ(4776):第2四半期決算を発表、売上高は2,555百万円、営業利益は558百万円
■PLANT(7646):東証1部指定承認、記念配当3円を実施

続きを読む>>

概況/大引け 上方修正が少ないことや米雇用統計からドル安円高になったことで、東証は下落

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,184.74の11.43ポイント安、日経平均は14,258.04円の208.12円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は611、値下がり銘柄数は1,037。出来高は19億9,669万株、売買代金は1兆6,431億円。

続きを読む>>

概況/前引け 通期の上方修正が少ないことや米雇用統計で円高となり、週明けの東証は下落。保険会社が安い

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,186.45の9.72ポイント安、日経平均は14,325.68円の140.48円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は544、値下がり銘柄数は1,088。出来高は11億2,939億円、売買代金は8,945億円。

続きを読む>>

概況/前引け NYダウの最高値更新や円安を好感。緩和策継続によるリスク許容度の改善期待で不動産関連が高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,178.17の14.78ポイント高、日経平均は14,203円の197円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,265、値下がり銘柄数は377。出来高は14億409万株、売買代金は1兆1,320億円。

続きを読む>>

概況/大引け 米休場、雇用統計を前に小動き。参院選後のリフレ政策期待からノンバンク、土地持ち企業が物色

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,170.71の3.10ポイント安、日経平均は14,018.93円の36.63円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は729、値下がり銘柄数は843。出来高は24億47万株、売買代金は1兆9,264億円。

続きを読む>>

概況/前引け 上海総合指数が本日も下落し、東証もマイナス圏に。リスクマネーの収縮警戒感から、ケネディクスやアイフルが安い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,069.33ポイントの9.33ポイント安、日経平均は12,857.66円の111.68円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は277、値下がり銘柄数は1,321。出来高は12億235万株、売買代金は9,354億円。

続きを読む>>

概況/大引け 日銀による長期金利上昇抑制策に期待して、不動産株や金融株が高い。円高に歯止めでトヨタなども上昇

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,125.47ポイントの28.52ポイント高、日経平均は13,533.76円の271.94円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,194、値下がり銘柄数は451。出来高は51億2,473万株、売買代金は3兆5,613億円。

続きを読む>>

明日の材料 カイオム、比較.com、アールテック・ウエノ、マキタ、タカラトミーなど

個別

■新日本科学(2395)
 平成25年3月期決算を発表、カイオム・バイオサイエンスとの業務提携

■グリー(3632)
 第3四半期決算、通期業績予想の下方修正を発表

■ジーンテクノサイエンス(4582)
 扶桑薬品とバイオ医薬品高産生細胞株の樹立を目的とした共同研究契約締結

続きを読む>>

概況/大引け G7財務相・中銀総裁会議で円安について強い不満が出なかったことで一時102円台に円安進行。自動車株以外にも貸出増加期待で銀行も高い

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

トヨタなどの自動車株以外にも円安による企業業績の改善で設備投資意欲が回復し、貸出も増えるという期待で三菱UFJフィナンシャルグループ(8306)や三井住友フィナンシャルグループなどの銀行株も買われました。

続きを読む>>

概況/大引け 相場過熱感への警戒や円高が足かせ。金融関連や不動産、倉庫も値下がり、カジノ関連が物色

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

日経平均は朝方13,983円(前日比57円高)と14,000円に接近しましたが、相場過熱感が警戒されていることや、円相場が一時1ドル=98円26銭まで円高に向かったことも足かせとなりました。

続きを読む>>

概況/大引け 米中古住宅販売の低下や中国PMIの低下でドル安円高となり、主力株は一服。不動産も安いが、建設株が買われた

概況

日経平均 日足

円相場が1ドル=98円60銭と、100円突破目前の水準から遠ざかったことで、自動車株は小幅安となり、指数のもたつきを受けて不動産株も売られましたが、その分、個人投資家が前面に出て、アイフルやSBIホールディングスなどがストップ高となり、沖電気や大手ゼネコンなどの低位株が活躍しました。

続きを読む>>

概況/前引け 米3月中古住宅販売戸数が予想以下で円高に。スクウェアエニックスはエフィッシモキャピタルマネージメントが大株主登場

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

米国の3月の中古住宅販売戸数は前月比0.6%減の年率492万戸となり、市場予想の501万戸を下回ったため、ドルが売られ、1ドル=98円90銭近辺と、100円突破を目前に遠のいたことや、日本企業の決算発表の本格化を控え、相場全体は小幅安での揉み合いとなりました。

続きを読む>>

概況/前引け G20声明で円安加速を好感。安倍政権の成長戦略で医療関連も高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

先週のG20財務相・中銀総裁会議の声名では日本の政策措置について「デフレを止め、内需を支えることを意図した」と明記され、円安誘導策という批判にならなかったことが安心され、円安が進みました。本日の円相場は一時99円88銭まで円安が進み、東京株式市場は全面高となりました。先週のG20財務相・中銀総裁会議の声名では日本の政策措置について「デフレを止め、内需を支えることを意図した」と明記され、円安誘導策という批判にならなかったことが安心され、円安が進みました。本日の円相場は一時99円88銭まで円安が進み、東京株式市場は全面高となりました。

続きを読む>>

明日の材料 四電工、いちごGHD、東京製鐵、ラウンドワン、新光電気工業など

個別

■トーエネック(1946)
 通期売上高予想を172,000→176,140百万円へ、営業利益予想を2,600→3,660百万円へ増額修正

■いちごGHD(2337)
 平成25年2月期決算を発表。1対200の株式分割、1単元を100株に

■メディアファイブ(3824)
 1対200の株式分割、1単元を100株に

■ジェイテクト(6473)
 通期売上高予想を10,500→10,650億円へ、営業利益予想を270→285億円へ増額修正

続きを読む>>

概況/大引け 前日のNYダウと金下落で日経平均も朝方13,004円(前日比271円安)まで下落したが、ケネディクスやノンバンクに押し目買いで持ち直す

概況

これまで日銀は前引けのTOPIXが1%以上下落した場合、資産買入基金でETF(上場投資信託)の買いを入れてきましたが、昨日は前引けのTOPIXは0.9%の下落率だったのに、昨日は216億円のEFTを買っていたので、行動に変化が出たという見方から、本日も日銀が買っているのはないかと期待されました。

続きを読む>>

概況/大引け REITは半分ほどが値下がりし、不動産株も押し戻されたが、アベノミクスの第2、第3の矢に期待して国土強靱化関連やTPP関連、新興市場では再生医療関連などが物色

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

日銀の次元の異なる金融緩和期待で高騰してきた不動産株やノンバンクが売られた代わりに、アベノミクスの第2の矢となる「機動的な財政政策」の出動に期待して、東亜道路(1882)や日本橋梁、PS三菱などの国土強靱化関連が買われました。

続きを読む>>

個別銘柄動向 新日本科学、コスモ石油、ミクロン精密、シスウェーブなど

個別

■新日本科学(2395) 1,618円〔+300円、+22.76%〕
 日本網膜研究所へ3億円出資

■DCMホールディングス(3050) 821円〔+31円、+3.92%〕
 平成25年2月期決算を発表

■エストラスト(3280) 3,270円〔-335円、-9.29%〕
 平成25年2月期決算を発表

続きを読む>>

概況/寄り付き REITや不動産関連が続落。かわりに日本橋梁や東亜建設、PS三菱などの国土強靱化関連が買われる。

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

今朝の東京株式市場はREITや不動産株が続落となり、昨日は買われていた三菱重工や川崎重工も騰勢一服となっています。

続きを読む>>

概況/前引け 日銀の次元の異なる金融緩和を評価し、銀行、不動産、REITが大幅高で日経平均は4年8ヵ月振りの13,000円台回復。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

本日の東京株式市場は質量ともに次元の異なる金融緩和策に追い立てられるように大幅続伸となり、日経平均は2008年8月29日以来、4年8ヵ月振りの13,000円回復となりました。銀行株や不動産株やREITが大幅高となりました。

続きを読む>>

概況/大引け 日銀金融政策決定会合を受けて、日経平均は500円近く上昇。円安は2円近く進む。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

日銀のREITの買入れ増加が好感され、REITが軒並み高となり、三井不動産(8801)や住友不動産(8830)などの不動産株も高く、強力な金融緩和の推進で恩恵を受けるという期待からアイフル(8515)がストップ高となりました。

続きを読む>>

アベノミクスは内需主導 2012年度相場を振り返る

概況

日経平均 月足10年

2012年度の商いも終了。日経平均は、甘利明経済再生相の掲げた「1万3,000円」までは、まだ少し距離があるにしても、3月末としては2年連続高で、2008年3月末(1万2,525円)に、ほぼ匹敵する5年ぶりの高水準で着地。

続きを読む>>

なぜか話題の「兄弟」企業 宗政氏や孫氏など別会社で存在感 【NSJ日本証券新聞 3月29日付け】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 3月29日付け

・ブラインドインタビュー 東西で商品取引所が再出発 海外市場との連携模索?
・IPO社長会見 タマホーム 1兆円企業を目指す
・「いい会社の理念経営塾」金子和斗志社長が貫く「理念経営」の源流
・地下での携帯基地局整備進む 通信設備関連に注目

続きを読む>>

概況/大引け EUによるキプロスの支援は第2位の銀行閉鎖と大口預金者への負担を求めることで合意。ユーロ離脱リスクの後退で東証も反発。ノンバンクが高い。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

欧州不安の後退で東京株式市場は反発し、リスクオンの姿勢や金融緩和の恩恵を受けるという期待から、オリコやアイフルなどのノンバンクが買われました。

続きを読む>>

概況/大引け キプロスがロシアから支援の観測で不安感後退。金融円滑化法が3月末に期限切れ、ノンバンクの利用高まる見方からアイフルやオリコが高い。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

キプロスに対する支援への期待で、他の南欧諸国に危機が拡散することも防げそうという見方から、東京株式市場は幅広い業種や銘柄が値上がりしました。

続きを読む>>

明日の材料 アサヒ、NTTDIM、OKI、太陽誘電、ベルパーク、タカラトミーなど

個別

■村田製作所(6981):東光(6801)との提携強化、東京電波(6900)との株式交換契約を発表
■シマノ(7309):平成24年12月期決算を発表、今25年12月期は前期比 3.7%増収、5.0%営業増益を計画
■マックハウス(7603):期末配当予想を10円→30円に増額
■タカラトミー(7867):第3四半期決算を発表、前年同期比 4.1%減収、51.7%営業減益

続きを読む>>

概況/前引け 前引けのTOPIXは909.42ポイントの10.73ポイント高、日経平均は10,973円の136円高。信用取引の規制緩和でアイフルが活況。オリンパスはGS証券が格上げ。iPhone5の販売計画以下でアップル関連は安い。

概況

日経平均 15分足 MA(25-75)

 前引けのTOPIXは909.42ポイントの10.73ポイント高、日経平均は10,973円の136円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,216、値下がり銘柄数は342。出来高は19億5,929万株、売買代金は1兆359億円。

続きを読む>>

追い風強まる「株持ち企業」本命なら豊田織機、T&D、大穴は岩塚製菓 【NSJ日本証券新聞(1月11日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月11日付け

・追い風強まる「株持ち企業」本命なら豊田織機、T&D、大穴は岩塚製菓
・「橋下バブル」から「安倍バブル」へ 学習塾のほか、スポーツクラブ、保育関連も

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは888.51ポイントの28.71ポイント高、日経平均は10,688円の292円高。米国で「財政の崖」からの転落が土壇場で回避されたことと、12月FOMC議事録で資産買入れに対する懸念が複数の委員から出ていたことが判明し、米金利上昇からドル買い円安に拍車。東証は全面高で、アイフルやオリコが急騰。

概況

TOPIX 15分足 MA(25-75)

米国で「財政の崖」からの転落が土壇場で回避されたことや、昨年12月11日~12日に開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)の議事録が公表され、「複数の委員は資産購入策を2013年末までに停止するかペースを減速することが適切になる可能性があるとした」という議論が交わされていたため、米国金利上昇によりドル買いに拍車が掛かり、本日は1ドル=87円83銭まで円安が進みました。

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは884.08ポイントの24.28ポイント高、日経平均は10,666円の270円高。米国の財政の崖の回避や、FOMC議事録で出口戦略が意識されドル買い円安。1ドル=87円60銭台の円安も好感。日経平均は東日本大震災の発生前の水準に回復。

概況

TOPIX 15分足 MA(25-75)

米国で減税の失効と歳出削減が重なる「財政の崖」が回避されたため、ドル買い円安が進み、本日は1ドル=87円60銭台で取引されていることも好感され、日経平均は東日本大震災の発生前の水準を約1年10ヵ月振りに回復しました。

続きを読む>>

概況/TOPIX 854.83ポイントの7.12ポイント高、日経平均は10,318円の88円高。パワービルダーは一建設を除いて反落。ノンバンクは続伸。

概況

TOPIX 日足 MA(25)、MA(75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが538万株、買いは1,070万株でした。 9時16分時点のTOPIXは854.83ポイントの7.12ポイント高、日経平均は10,318円の88円高。東証1部市場の値上がり銘…

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは838.01ポイントの5.29ポイント高、日経平均は10,080円の140円高。安倍自民党総裁は日銀が来年1月に2%のインフレ目標を設定しない場合、日銀法改正に踏み切る考えを表明。リフレ策に期待して不動産株や含み資産株も高い。

概況

日経平均 15分足 MA(25)、MA(75)

大引けのTOPIXは838.01ポイントの5.29ポイント高、日経平均は10,080円の140円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,001、値下がり銘柄数は577。出来高は22億3,494万株、売買代金は1兆1,532…

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは839.79ポイントの7.07ポイント高、日経平均は10,066円の126円高。安倍自民党総裁が日銀が物価目標設定しなければ日銀法改正に踏み切る考えで円安になり、不動産株や金融株が高い。

概況

日経平均 15分足 MA(25)、MA(75)

前引けのTOPIXは839.79ポイントの7.07ポイント高、日経平均は10,066円の126円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,148、値下がり銘柄数は386。出来高は12億3,186万株、売買代金は5,977億円…

続きを読む>>

4月当時と比べ「何が高く、何が安い」のか ランキング検証

セクター 概況

カメイ(8037) 日足

「TOB」「不動産」などが上昇キーワード 下落キーワードは「輸出」「鉄鋼」… 日経平均が4月3日以来(終値ベース)の1万円大台を回復した。心理的な節目の1つとはいえ、日経平均1万円は投資家心理を刺激することは間違いない。…

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは849.807ポイントの11.19ポイント高、日経平均は10,173円の134円高。日銀の物価目標導入見通しで金融株や不動産株が高い。米国株の反発や円安も好感。東海カーボンは大和証券の3→1で高い。

概況

日経平均 日足 MA(75)、MA(25)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,050万株、買いは1,650万株でした。 9時15分時点のTOPIXは849.807ポイントの11.19ポイント高、日経平均は10,173円の134円高。東証1部市場の…

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは791.29ポイントの5.22ポイント高、日経平均は9,581円の56円高。12月のドイツ景況感指数がプラス6.9と11月のマイナス15.7から回復し、ユーロ高円安となり、東証では大型電機株が値上がり。13日~14日のEU首脳会議では銀行監督一元化への話し合いも進むことにも期待。日本の金融緩和期待で不動産株も堅調。

概況

日経平均 15分足(5日間) MA(25)、MA(75)

大引けのTOPIXは791.29ポイントの5.22ポイント高、日経平均は9,581円の56円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は911、値下がり銘柄数は593。出来高は19億3,972万株、売買代金は1兆627億円。 欧州…

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは779.50ポイントの3.07ポイント高、日経平均は9,388円の22円高。ウォールストリートジャーナル紙にトーンダウンした安倍自民党総裁のインタビュー記事が掲載され、円相場も22日夕方の1ドル=82円84銭→本日82円22銭となり、日経平均も伸び悩む。

概況

日経平均 15分足 MA(25)、MA(75)

大引けのTOPIXは779.50ポイントの3.07ポイント高、日経平均は9,388円の22円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は987、値下がり銘柄数は564。出来高は21億5,279万株、売買代金は1兆3,080億円。 …

続きを読む>>