8316

銀行株「復活の背景」 長期金利上昇で利ザヤ拡大へ【日本証券新聞 2月16日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月16日

・ラオックス 大商いに急騰 春節休暇に期待感
・ビーロット 新たな切り口 高級カプセルH、外国人に人気
・月末MSCIリバランス 微風なれど追い風要因に
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.76 ウルトラマンスタンプラリー

続きを読む>>

取材の現場から 相続税増税の副産物 「遺言信託」ビジネスに群がる信託銀行

取材の現場から 連載

みずほ(8411) 週足

1月から相続税が増税。国は、団塊世代が持つ遺産で歳入不足を賄おうとしているのだろう。野村資本研究所の調査によれば、2030年までに相続資産額は少なくとも1,000兆円はあるという。これを狙って信託銀行は、「暦年贈与信託」など相続税節税サービスに力を入れている。

続きを読む>>

明日の材料 北弘電社、九電工、エムスリー、カワチ薬品、ハローズ、パレモなど

個別

■エフ・ジェー・ネクスト(8935):GMOクリック・インベストメントを子会社化
■内外トランスライン(9384):通期業績予想を上方修正
■中国電力(9504):通期利益予想を上方修正

続きを読む>>

決算発表 来週から本格化 30日がピーク

概況

東京製鉄(5423) 日足

2015年3月期の第3四半期(4-12月)決算発表が来週から本格的にスタートする。本紙(11/15付)では東証上場銘柄の発表予定を4、5面に掲載した。ピークは1月30日(金)で400社以上が発表。約3割の企業が1月中に発表する。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は5営業日ぶりに反発も、TOPIXは5日続落。自律反発狙いの買いも、戻りは鈍い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は16,885.33円の2.14円高、TOPIXは1,359.80の1.34ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は690、値下がり銘柄数は1,003。出来高は22億953万株、売買代金は2兆1,434億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は全面安スタート、NYダウの331ドル安を嫌気。鉱業やノンバンク、卸売、ガラス土石などが安い

概況

日経平均 週足

9時12分時点の日経平均は17,047.21円の361.50円安、TOPIXは1,373.89の27.20ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが880万株、買いは550万株。

続きを読む>>

概況/寄り付き 日経平均は3営業日続落、昨年末の米国株安を警戒。石油関連や金融株が安い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,408.71円の42.06円安、TOPIXは1,401.09の6.42ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は931、値下がり銘柄数は807。出来高は20億4,896万株、売買代金は1兆9,064億円。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は6営業日ぶりに反落。海外勢のクリスマス休暇から手控えムード。電力や非鉄、鉄鋼、証券などが安い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,808.75円の45.48円安、TOPIXは1,421.26の4.76ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は512、値下がり銘柄数は1,214。出来高は16億303万株、売買代金は1兆3,842億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 日経平均は反落スタート。石油関連や鉄鋼、海運などが安い

概況

日経平均 週足

9時12分時点の日経平均は17,807.47円の46.76円安、TOPIXは1,423.33の2.69ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが400万株、買いは650万株。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は全面高スタート。FOMCを好感した米株高、円安が支援。電力ガスや輸送用機器、ゴム、海運、銀行などが高い

概況

日経平均 週足

9時12分時点の日経平均は17,194.16円の374.43円高、TOPIXは1,386.19の34.18ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,830万株、買いは1,190万株。

続きを読む>>

今こそ「メガバンク」 アナリスト評価うなぎ上りの背景は【日本証券新聞 12月18日】

日本証券新聞

日本証券新聞 12月18日

・IPO初値 フルッタフルッタ 51%高発進
・衆院選前に語られていた”もう一つのストーリー”
・相場修復有望銘柄を探る 好業績・好需給・下落率で選別
・PCデポ 収益構造変化に注目 物販からサービスにシフト

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は反落、過熱警戒や週末要因。水素関連が物色

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は17,330.39円の62.40円安、TOPIXは1,388.96の0.55ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は806、値下がり銘柄数は863。出来高は15億9,066万株、売買代金は1兆8,489億円。

続きを読む>>

明日の材料 飛島建設、長谷工コーポレーション、鉄建建設、積水ハウス、UBICなど

個別

■アイフル(8515):第2四半期決算を発表、前年同期比7.9%減収、52.0%営業減益
■西武ホールディングス(9024):第2四半期決算を発表、前年同期比3.1%増収、6.8%営業増益
■学研ホールディングス(9470):平成26年9月期決算を発表、今27年9月期は3.2%増収、435.5%営業増益

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は反発、ただ16,900円水準では揉み合い。シチズンや太平電業は上方修正を好感

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は16,907.28円の126.75円高、TOPIXは1,365.15の5.04ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は798、値下がり銘柄数は860。出来高は10億1,011万株、売買代金は9,795億円。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均が755円高と今年最大の上げ幅。日銀の追加緩和が驚かれ急伸、出来高は40億株超え。JPX日経400連動ETFも買い入れ対象としたことで採用銘柄が高い

概況

大引けの日経平均は16,413.76円の755.56円高、TOPIXは1,333.64の54.74ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,694、値下がり銘柄数は120。出来高は40億1,278万株、売買代金は4兆1,982億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場はほぼ全面高、米国株高とGPIFの資産構成変更が支援。精密機器、陸運、サービスが高い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,921.26円の263.06円高、TOPIXは1,298.30の19.40ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,483、値下がり銘柄数は265。出来高は11億4,736万株、売買代金は1兆1,792億円。

続きを読む>>

明日の材料 南海辰村建設、フュートレック、ダイヤモンドダイニング、コーエーテクモホールディングスなど

個別

■住友商事(8053):通期利益予想を下方修正、期末配当予想を未定に
■三井住友フィナンシャルグループ(8316):第2四半期業績目標を引き上げ
■シノケングループ(8909):通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は小幅反落スタート。ソフトバンクが安く、富士重工やマツダも小幅安

概況

日経平均 週足

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,000万株、買いは1,280万株。9時9分時点の日経平均は16,261.34円の59.83円安、TOPIXは1,333.94の2.03ポイント高。 

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は4日続伸、ドル円は一時107円台乗せ。ゲーム関連が高く、大手行も堅調

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,909.20円の120.42円高、TOPIXは1,311.24の4.45ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は817、値下がり銘柄数は840。出来高は21億3,187万株、売買代金は2兆904億円。

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 中小型の個別材料株にシフト 出遅れ金融株もマーク

個別 概況

野村HD(8604) 週足

「9月第1週はイベント満載で様子見」――との見方でスタートしたものの、予想外に好調な米国経済指標を背景に早期利上げ観測が再浮上、為替がドル高・円安に大きくフレたことと、注目の「内閣改造」も政策期待を盛り上げ、3日の日経平均は7月末の戻り高値を更新した。ただ、その後は再び上値の重い展開となっている。

続きを読む>>

銀行株浮上「3つの要因」 円安、GPIF、増配【日本証券新聞 9月5日】

日本証券新聞

日本証券新聞 9月5日

・好材料満載なオムロン 1月高値奪回で上値視界広がる
・櫻井英明のそこが聞きたい 京写 児嶋一登代表取締役社長
・メドピアがストップ高 東海東京調査センターがカバレッジ開始
・大幸薬品「デング熱」参戦で急伸 グンゼも年初来高値

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は小幅続落、ウクラナイ情勢による欧米市場の下落が重しに。ただ、2部指数は連騰で、JASDAQとマザーズ指数もプラスに

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,424.59円の35.27円安、TOPIXは1,277.97の2.77ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は694、値下がり銘柄数は949。出来高は20億5,937万株、売買代金は1兆8,052億円。

続きを読む>>

概況/前引け 円安進行から東証は値上がり。ただ、上げ幅は限定的で、決算を受けて個別物色中心

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,701.23円の55.00円高、TOPIXは1,296.42の4.18ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は786、値下がり銘柄数は841。出来高は11億6,034万株、売買代金は1兆205億円。

続きを読む>>

明日の材料 UBIC、テラ、一休、コロプラ、VOYAGE GROUP、M&Aキャピタルなど

個別

■スカパーJSATホールディングス(9412)
 第1四半期決算を発表、前年同期比2.9%増収、34.6%営業増益
■KDDI(9433)
 第1四半期決算を発表、前年同期比1.8%増収、9.0%営業増益
■エイチ・アイ・エス(9603)
 転換社債型新株予約権付社債200億円を発行

続きを読む>>

概況/大引け ウクライナや中東の情勢悪化で米国株売られ、東証もほぼ全面安。3連休で買いも入りにくい

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,215.71円の154.55円安、TOPIXは1,263.29の10.09ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は289、値下がり銘柄数は1,427。出来高は18億4,378万株、売買代金は1兆5,943億円。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は2日続落、NYダウの最高値更新も、円高が重しに。品川再開発計画で低位建設株が人気

個別

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,370.26円の9.04円安、TOPIXは1,273.38の0.21ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は772、値下がり銘柄数は903。出来高は22億8,565万株、売買代金は1兆7,410億円。

続きを読む>>

「航空機リース」の市場拡大 新興国、LCCの台頭などで需要急増

セクター 個別

住友商事(8053) 日足

航空機リース市場の拡大が注目されている。
新興国の経済成長やLCC(格安航空会社)の台頭に伴い、航空機需要は拡大の一途。その中で、税負担の軽い航空機リースのニーズも拡大する見込みだ。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場はほぼ全面安で、4日続落。米国市場の反発も、機械受注が大幅悪化が嫌気

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,216.47円の86.18円安、TOPIXは1,259.25の11.57ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は260、値下がり銘柄数は1,465。出来高は19億7,386万株、売買代金は1兆6,706億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は冴えない。機械受注が前月比19.5%減となり、貸出減少懸念で銀行株が安い

個別

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,265.76円の36.89円安、TOPIXは1,264.45の6.37ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は553、値下がり銘柄数は1,080。出来高は10億80万株、売買代金は8,002億円。

続きを読む>>

概況/大引け 朝方の下落に対して持ち直しの動きも、東証1部の値下がり銘柄数は1,300超え。証券株や鉄鋼、海運、銀行などが軟調

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,302.65円の11.76円安、TOPIXは1,270.82の4.88ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は372、値下がり銘柄数は1,333。出来高は20億4,446万株、売買代金は1兆6,675億円。

続きを読む>>

概況/前引け 欧米株安や円高警戒で、東京市場は下落。ただ、朝方の安値からは下げ幅縮小

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,308.46円の70.98円安、TOPIXは1,274.26の5.61ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は682、値下がり銘柄数は967。出来高は11億2,969万株、売買代金は9,043億円。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は小幅安でのもみ合い。材料難から様子見姿勢が強く、主力株は見送り、材料株物色に

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,379.44円の57.69円安、TOPIXは1,279.87の5.37ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は624、値下がり銘柄数は1,025。出来高は16億8,193万株、売買代金は1兆4,137億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は上値重い。週末や今晩の米国市場休場で手仕舞い売りも。主力株は小動き

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,440.60円の92.31円高、TOPIXは1,285.07の6.48ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,094、値下がり銘柄数は531。出来高は10億2,070万株、売買代金は8,376億円。

続きを読む>>

概況/大引け コア銘柄中心に買われ、東証はほぼ全面高。ノンバンクは麻生発言で反落

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,326.20円の164.10円高、TOPIXは1,276.08の13.52ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,295、値下がり銘柄数は409。出来高は23億9,455万株、売買代金は2兆1,031億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) パレモ、参天製薬、ラクオリア創薬、日本オラクルなど

個別

■長野日本無線(6878) 343円〔+80円、+30.42%〕
 買いの勢い衰えず、6月に入り3倍に
■三井住友FG(8316) 4,246円〔-57円、-1.32%〕
 東海東京調査センターがレーティングを「2」に引き下げ
■タキヒヨー(9982) 424円〔+1円、+0.24%〕
 第1四半期決算を発表

続きを読む>>

概況/寄り付き 週末のポジション調整も意識され、東証は小幅安スタート

概況

日経平均 日足

9時11分時点の日経平均は15,339.18円の21.98円安、TOPIXは1,268.72の0.32ポイント安。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが510万株、買いは760万株、3日連続の買い越し。

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均は上げ幅拡大。新興市場が一服となり、コア銘柄が物色

概況

日経平均 週足

前引けの日経平均は15,360.23円の244.43円高、TOPIXは1,268.21の19.06ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,300、値下がり銘柄数は361。出来高は14億5,834万株、売買代金は1兆2,389億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は小幅高スタート。不動産や海運は値下がり

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は15,015.68円の20.88円高、TOPIXは1,231.51の2.78ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが680万株、買いは560万株と3日ぶりの売り越し。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は続伸スタート。LINE関連は一服

概況

日経平均 週足

9時8分時点の日経平均は15,121.89円の53.93円高、TOPIXは1,237.20の3.52ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,320万株、買いは1,580万株と7日連続の買い越し。

続きを読む>>

概況/前引け 東証も一服だが、日経平均は15,000円で下値抵抗。LINE関連が高く、不動産や工作機械は下落

個別

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,028.88円の5.37円安、TOPIXは1,229.17の0.58ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は716、値下がり銘柄数は904。出来高は10億7,389万株、売買代金は9,078億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 清水建設、極楽湯、太陽商会、クスリのアオキなど

個別

■内田洋行(8057) 306円〔+7円、+2.34%〕
 第3四半期決算、通期業績予想を上方修正
■サンリオ(8136) 2,769円〔-7円、-0.25%〕
 野村証券が投資判断を「Neutral」に引き下げ
■ミスミグループ本社(9962) 2,609円〔+59円、+2.31%〕
 4月の売上高は前年比112.5%

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は堅調推移。ノンバンクや銀行、証券などが高い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,729.33円の126.81円高、TOPIXは1,203.49の8.80ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,043、値下がり銘柄数は578。出来高は10億2,585万株、売買代金は8,259億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ホクト、アイロムホールディングス、ジョイフル本田、タダノ、フジテックなど

個別

■しまむら(8227) 10,310円〔+380円、+3.83%〕
 中国での積極出店報道
■日本通信(9424) 490円〔+6円、+1.24%〕
 本日付で東証が信用規制を解除
■光通信(9435) 8,020円〔-220円、-2.67%〕
 12時に平成26年3月期決算を発表

続きを読む>>

2005年の経緯」踏まえれば… 現局面の物色候補、大和証が選定

個別 概況

いすゞ(7202) 週足

海外情勢にらみで、相変わらず方向性のはっきりしない東京市場。決算発表も15日で、ほぼ一巡となる中、今後の物色対象をどの辺に絞り込むべきなのか。大和証券は14日付で「増益率低下時の物色動向」と題するストラテジーレポートを発行している。

続きを読む>>

概況/大引け 米国株反落で、東京市場も連れ安。ノンバンクや証券が売られ、ソニーは赤字継続で下落

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,298.21円の107.55円安、TOPIXは1,178.29の4.86ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は585、値下がり銘柄数は1,102。出来高は20億4,265万株、売買代金は1兆8,169億円。

続きを読む>>

概況/前引け NYダウの反落から、東証も下落。ノンバンクや証券、保険、自動車などが安い

概況

日経平均 週足

前引けの日経平均は14,279.69円の126.07円安、TOPIXは1,173.20の9.95ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は423、値下がり銘柄数は1,240。出来高は10億37万株、売買代金は8,820億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き NYダウの下落で、東京市場も連れ安し、全面安。証券やノンバンク、保険、精密などが安い

概況

日経平均 日足

9時9分時点の日経平均は14,235.72円の170.04円安、TOPIXは1,168.51の14.64ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,480万株、買いは1,200万株。

続きを読む>>

明日の材料 長谷工、鉄建建設、ミクシィ、UBIC、比較.com、翻訳センターなど

概況

■エフ・ジェー・ネクスト(8935)
 60万株、3億円を上限に自社株買い
■ニチイ学館(9792)
 平成26年3月期決算、ジェイエスエスと資本業務提携
■グルメ杵屋(9850)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は2.0%増収、85.6%営業増益を計画

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均はマイナスも、TOPIXは持ち直し。不動産や証券、ノンバンクは続伸

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,375.72円の49.72円安、TOPIXは1,178.59の0.24ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は925、値下がり銘柄数は711。出来高は9億2,602万株、売買代金は7,751億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き NYダウの連日の最高値更新で、東証は全面高。円安も寄与。不動産、証券、ノンバンク、自動車などが高い

概況

日経平均 週足

9時7分時点の日経平均は14,419.46円の269.94円高、TOPIXは1,178.23の20.32ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,050万株、買いは1,990万株。

続きを読む>>

概況/大引け 円安や麻生財務相の発言から小じっかりも、海外市場の連休を控え極端な薄商い

概況

日経平均 日足

大引けの日経平均は14,516.27円の98.74円高、TOPIXは1,173.37の6.78ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,150、値下がり銘柄数は486。出来高は12億3,540万株、売買代金は1兆1,502億円。

続きを読む>>

新規設定相次ぐ キーワードはROE「投資信託」【日本証券新聞 4月18日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月18日

・追加緩和占う25日発表 「東大指数」より「東京CPI」
・証券業界地図に変化 銀証連携で「日興」も台頭 
・ヒトコム 巻き返しへ 「家電」だけじゃない! 国策・観光事業も拡大中
・THK 出直り態勢 好調機械セクターの視点

続きを読む>>

概況/寄り付き 日銀短観が予想を下回り、小幅安。紙パルプや石油、電力ガス、陸運などが下落

概況

日経平均 週足

9時7分時点の日経平均は14,793.14円の34.69円安、TOPIXは1,202.82の0.07ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが2,290万株、買いは3,650万株。

続きを読む>>

リバウンド候補16銘柄 外国人売り銘柄に逆襲高の芽 4月の季節習性も背景【日本証券新聞 4月1日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月1日

・”見えない高値”が増加中 4月境に新高値ラッシュへ?
・筍狩りに行こう 福島工業 「流通激変」の波で恩恵
・朝日インテック 出直り相場本格化へ 2月高値奪回も
・ITHDの存在感増す SE不足で強み発揮も

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」 主力系の復活で1万5,000円へ

タカさんの「オレに任せろ!」 連載

日立(6501) 週足

配当落ちの27日は、米国株安、円高という悪条件化で誰もが配当落ちの埋めはあるまい、と考えていました。実際に200円安を経験したのですが、見た目ほどには弱くない動きが示されました。25日の寄り付き値を下回らず、20日の安値も切ることがなかったのです。それがまさかの後場の急反騰となって1日で落ち分を埋めてかつ、14日以降、続いていた1万4,600円のカベを突破して引けたのでした。

続きを読む>>

概況/前引け 朝方の102円安からは持ち直す。空運や証券、小売りが値上がり。イー・アクセス絡みでソフトバンク、ヤフーが安い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,626.29円の3.40円高、TOPIXは1,177.53の0.63ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,076、値下がり銘柄数は599。出来高は9億5,415万株、売買代金は8.802億円。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反発、全面高。期末配当取りの動きや新年度入りによる資金流入期待。ソフトバンクやトヨタ、ファナック、JT、花王など各業界のトップ銘柄が高い

概況

日経平均 日足

大引けの日経平均は14,475.30円の251.07円高、TOPIXは1,163.04の17.07ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,476、値下がり銘柄数は293。出来高は29億1,579万株、売買代金は2兆6,814億円。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は一時プラス圏も、大引けにかけては再びマイナス圏に。売買代金は低調で、日経平均は15,000円台をキープできず

概況

日経平均 15分足

大引けの日経平均は14,970.97円の80.63円安、TOPIXは1,225.35の8.31ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は358、値下がり銘柄数は1,319。出来高は19億2,102万株、売買代金は1兆7,869億円。

続きを読む>>

概況/前引け 昨日の日経平均は450円高も、本日は反落。ソフトバンクが安く、野村HDや三井住友FGも軟調。自動車部品関連の値下がりも目立つ

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,742.36円の100.88円安、TOPIXは1,217.28の6.72ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は540、値下がり銘柄数は1,084。出来高は11億6,563万株、売買代金は9,606億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は反落スタート。昨日の450円高は買われ過ぎという見方。証券やノンバンク、不動産、銀行などの反落が大きい

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,420万株、買いは2,030万株でした。
9時15分時点の日経平均は14,731.47円の111.77円安、TOPIXは1,217.29の6.71ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は431、値下がり銘柄数は1,140。

続きを読む>>

取材の現場から 内閣府が上場企業の女性管理職比率を公表

取材の現場から 連載

セブン銀行(8410) 週足

今、インターネットのニュース検索で、「女性」「幹部」と入力すると、オウム裁判の記事が結構ヒットする。そういえばオウム真理教は、女性幹部が存在感を示していた。そして安倍政権も今、女性活用を主要政策として掲げている。

続きを読む>>

概況/寄り付き 米国株の反発から、東京市場も堅調なスタート。日本M&Aセンターは好決算、NECはグループ再編、コニカミノルタは自社株買いで高い

個別

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,990万株、買いは2,150万株でした。
9時16分時点の日経平均は15,101円52銭の94円46銭高、TOPIXは1,232.98の8.89ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,365、値下がり銘柄数は294。

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均は511円安。新興国不安で米国株が下落し、円高に。不動産、保険、ノンバンク、証券などが安い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,872円38銭の511円53銭安、TOPIXは1,218.03の38.15ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は40、値下がり銘柄数は1,729。出来高は14億9,886万株、売買代金は1兆4,574億円。

続きを読む>>

明日の材料 パナホーム、大和ハウスリー、コロプラ、ヤフー、日立金属、コマツなど

個別

■任天堂(7974)
 第3四半期決算、1,000万株の自社株買いを発表
■東京ドーム(9681)
 通期業績予想を上方修正
■ミスミグループ本社(9962)
 第3四半期決算、通期業績予想を上方修正、増配を発表

続きを読む>>

概況/寄り付き 円安、米株反発から、東京市場はほぼ全面高。自動車株や電機、商社、非鉄も

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,810万株、買いは1,830万株でした。
9時15分時点の日経平均は15,236円95銭の256円79銭高、TOPIXは1,245.76の21.45ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,714、値下がり銘柄数は40。

続きを読む>>

日経平均採用・利回りランキング NISA資金の受け皿?! 

個別 概況

りそなHD(8308) 週足

「配当利回り」への市場の注目度が急速に高まっている。多くの企業が決算期末を迎えるのは3月末。例年、今ごろの時期から2月にかけて高利回り銘柄にはアウトパフォーム傾向が指摘されるが、今年の場合は特に、新たにスタートしたNISA(少額投資非課税制度)口座での買い付け対象となることが大きな注目点と言えよう。

続きを読む>>

再生・省エネルギー関連が急浮上 エナリスの売買代金1,647億円超 【NSJ日本証券新聞 1月17日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月17日

・歌会始 来年は「本」丸善CHIなど好人気
・ユニカフェ 驚異の11連騰「コーヒー」環境は良好
・ファンコミュ 急伸 月次好調、株式分割期待も

続きを読む>>

概況/大引け NYダウの大幅安やドル売り円高が警戒され、東証は全面安。指数寄与度の高い銘柄だけでなく、各業界トップの主力株の値下がりも目立つ

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,422円40銭の489円66銭安、TOPIXは1,269.08の29.40ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は194、値下がり銘柄数は1,537。出来高は30億1,763万株、売買代金は2兆8,619億円。

続きを読む>>

“野生の目覚め”銀行株に出番到来 みずほFG高値が号砲に 【NSJ日本証券新聞 1月10日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月10日

・電子材料セクター 半導体ウエハー関連、電池材料関連に注目
・ソニー 逆行高で売買代金首位に 攻めの経営を再評価
・戦後8割高の真価発揮は? 上昇“特異日”1.14
・再生医療分野に新技術 「iPS関連」に味の素が名乗り 渋谷工は連日の大幅高

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は一時2007年12月以来、6年ぶりの16,000円台乗せ。ただ、大引けに掛けて失速

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,889円33銭の18円91銭高、TOPIXは1,257.55の4.09ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は367、値下がり銘柄数は1,275。出来高は25億9,057万株、売買代金は2兆3,188億円。

続きを読む>>

銀行株、季節外れのレポートラッシュ 水面下で生じる“地殻変動”示唆 【NSJ日本証券新聞 12月12日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月12日

・NISAをにらむ 株式分割期待2銘柄
・来年1月14日から「株価の刻み幅」縮小 7月から“銭単位”も出現
・IPO エンカレッジ、オウチーノともに2倍高スタート
・M&A関連 仕込み場到来 社長高齢化で事業継承待ったなし

続きを読む>>

9月末外国人持ち株比率動向 三井住友トラスト48.2%で一躍銀行トップ

概況

三井住友トラスト(8309) 週足

先の決算発表後に各社の発行したIR資料などを見ると、いろいろと興味深い傾向も見えてくる。その1つが9月末時点での外国人持ち株比率だろう。例えば、米国ヘッジファンドのサード・ポイント名義が浮上したソニー(6758)の場合、3月末の32.6%から9月末40.6%に急上昇。ほかに、メガバンク3社中、唯一、5月高値を更新した三井住友FG(8316)も41.8%から47.7%に大幅アップしていた。

続きを読む>>

概況/前引け NYダウの続落や、米雇用統計の発表前に動きにくい展開。ヤマトHDなど物流会社が安い

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,365円90銭の42円04銭安、TOPIXは1,239.94の1.05ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は763、値下がり銘柄数は799。出来高は10億8.034万株、売買代金は9,861億円。

続きを読む>>

概況/前引け 103円台の円安が好感され、東京市場は上昇。ただ、週末に雇用統計を控え、主力株は控え目

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,737円47銭の82円40銭高、TOPIXは1,264.22の5.28ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は957、値下がり銘柄数は640。出来高は13億9,480万株、売買代金は1兆1,533億円。

続きを読む>>

概況/寄付き NYダウ伸び悩みで、東証は反落スタート。昨日買われたノンバンクも値下がり

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが970万株、買いは1,440万株でした。
9時15分時点の日経平均は15,098円62銭の65円68銭安、TOPIXは1,237.51の4.16ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は603、値下がり銘柄数は887。

続きを読む>>

高値相次ぐ金融株、次の候補は… 三井住友FG人気が象徴 【NSJ日本証券新聞 11月15日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 11月15日

・IPO再開控え、関連株総点検 ネクト、夢の街、ソルクシーズなど浮上
・今年の感じ「倍」で決まり? ついでに株価も倍増狙い
・セイノーHD急騰 通期の大幅上方修正を好感
・リプロセル底堅さ増す 積極プロモーションと新製品で下期巻き返しへ

続きを読む>>

概況/前引け イエレン次期FRB議長の証言原稿が金融緩和継続姿勢で、東証は買い優勢。土木株が高く、自動車株は揉み合い

概況

日経平均 日足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,771円48銭の204円32銭高、TOPIXは1,213.27の9.08ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,211、値下がり銘柄数は409。出来高は12億8,339万株、売買代金は9,742億円。

続きを読む>>

概況/大引け イエレン次期FRB議長の公聴会前で動きにくく、小幅安で揉み合い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,567円16銭の21円52銭安、TOPIXは1,204.19の1.22ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は685、値下がり銘柄数は931。出来高は26億7,749万株、売買代金は2兆10億円。

続きを読む>>

概況/前引け NYダウの反落や明日のイエレン次期FRB議長の指名承認公聴会を前に、動きにくい模様。銀行株やノンバンクは値上がりしているが、海運株や建設株は下落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,575円00銭の13円68銭安、TOPIXは1,206.10の0.69ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は813、値下がり銘柄数は764。出来高は14億6,707万株、売買代金は1兆543億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 鹿島、オイシックス、リアルコム、日信電子サービス、パイオニアなど

概況

■前田工繊(7821) 1,151円〔+49円、+4.45%〕
 岩井コスモ証券が投資判断を「A」に引き上げ
■ニチハ(7943) 1,488円〔+112円、+8.14%〕
 第2四半期決算、上方修正、増配。UBSでは目標株価を引き上げ
■セイコーホールディングス(8050) 516円〔+57円、+12.42%〕
 第2四半期決算、通期利益予想を上方修正
■三井住友FG(8316) 4,935円〔+70円、+1.44%〕
 第2四半期決算、通期利益予想を引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 前田建設工業、ユーグレナ、オイシックス、ロート製薬、リゾートトラスト、OKIなど

個別

■アドヴァン(7463)
 84,400株(1億円)を上限に自己株式を取得
■タカラトミー(7867)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 3.5%減収、140.2%営業増益
■セイコーホールディングス(8050)
 第2四半期決算、通期利益予想を上方修正
■三井住友フィナンシャルグループ(8316)
 第2四半期決算、期末配当予想を55円→65円へ修正

続きを読む>>

概況/大引け 円安進行から、東京市場は全面高。倉庫やノンバンク、不動産などリフレ関連が高い

日本証券新聞

TOPIX 15分高 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,588円68銭の318円84銭高、TOPIXは1,205.41の19.76ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,477、値下がり銘柄数は210。出来高は25億7,521万株、売買代金は2兆1,049億円。

続きを読む>>

概況/前引け 円安を背景に上げ幅を拡大。全面高で倉庫・運輸、その他金融、保険、不動産などが高い

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,510円56銭の240円72銭高、TOPIXは1,201.01の15.36ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,395、値下がり銘柄数は247。出来高は12億9,866万株、売買代金は9,996億円。

続きを読む>>

“雌伏”銀行株に出番到来の機 決算、期日、貸出残、足利銀IPO… 【NSJ日本証券新聞 11月7日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 11月7日

・カルスポリン 中国産「汚染鶏」問題で脚光 カルピス 米工場が来年4月稼働
・ドン・キホーテ 切り返し弾む 通期据え置きで上ブレ期待も
・オリンパスは復活したが… 右も左も不祥事ラッシュ
・寿スピリッツ 高値更新 レジャー回復で恩恵 外国人は「日本菓子」好き!

続きを読む>>

概況/大引け 後場に入り下げ幅を拡大し、東証は全面安。LINEの上場観測から関連株が物色

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,088円19銭の398円22銭安、TOPIXは1,178.28の25.07ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は186、値下がり銘柄数は1,501。出来高は24億1,139万株、売買代金は2兆833億円。

続きを読む>>

概況/大引け 前場は堅調だったが、後場から急落。円高や上海株安などが重しに。日本電産は決算が評価

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,426円05銭の287円20銭安、TOPIXは1,195.98の18.46ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は233、値下がり銘柄数は1,452。出来高は27億2,733万株、売買代金は2兆2,048億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) JIN、Nフィールド、ユニオンツール、日本航空電子工業など

個別

■東芝(6502) 416円〔-12円、-2.80%〕
 ニュージェンの買収報道
■三井住友FG(8316) 4,615円〔-55円、-1.18%〕
 第2四半期業績予想の上方修正を発表
■ストライダーズ(9816) 29円〔+3円、+11.54%〕
 陽光都市開発との資本業務提携を発表

続きを読む>>

概況/寄り付き NY市場の3日ぶり反発も、東京市場は揉み合い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,650万株、買いは1,970万株でした。

9時15分時点の日経平均は14,028円20銭の3円89銭高、TOPIXは1,162.39ポイントの1.43ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は643、値下がり銘柄数は909。

続きを読む>>

明日の材料 パソナ、テラ、ジェイアイエヌ、プレサンス、ティー・ワイ・オー、ユニオンツールなど

個別

■日本航空電子工業(6807)
 過大請求により防衛省の指名停止9カ月
■三井住友FG(8316)
 第2四半期経常利益予想を5,300→8,000億円へ、純利益予想を2,900→4,800百万円へ増額修正
■ストライダーズ(9816)
 陽光都市開発と資本業務提携
■吉野家ホールディングス(9861)
 第2四半期及び通期業績予想の下方修正を発表

続きを読む>>

銀行株への評価急上昇中 五輪関連の“隠れた本命” 【NSJ日本証券新聞 9月12日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 9月12日

・どうなる東京メトロのIPO 国、メトロは準備OKだが…
・NYダウ3銘柄入れ替え 「暴落説」は杞憂か…
・「上場ホテル御三家」に続け! 隠れ「ホテル関連」をチェック
・8月の世界株式パフォーマンス 日本株は累計3位キープ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) サントリー食品、沢井製薬、デイ・シイ、ドン・キホーテ、ヤマハなど

個別

■パスポート(7577) 321円〔+0円、+0.00%〕
 第2四半期業績予想を下方修正
■大日本スクリーン製造(7735) 507円〔+14円、+2.84%〕
 岡三証券が投資判断を「強気」に引き上げ
■三菱UFJ(8306) 637円〔+14円、+2.25%〕
 クレディ・スイスが新規「OUTPERFORM」
■三井住友(8316) 4,765円〔+90円、+1.93%〕
 クレディ・スイスが新規「OUTPERFORM」

続きを読む>>

概況/大引け 中国の7月PMIが予想を上回り、日本株の上げ幅も拡大、日経平均は14,000円台を回復。自動車や銀行株が高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,163.39ポイントの31.69ポイント高、日経平均は14,005.77円の337.45円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,389、値下がり銘柄数は291。出来高は26億952万株、売買代金は2兆2,106億円。

続きを読む>>

明日の材料 一休、リプロセル、日本冶金工業、ダイベア、小糸製作所、エイベックスなど

個別

■一休(2450)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 16.8%増収、31.5%営業増益
■コーエーテクモホールディングス(3635)
 第1四半期決算、第2四半期業績予想の増額を発表
■ガンホー・オンライン(3765)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 945.5%増収、営業利益は44.3倍

続きを読む>>

「アジア取引所上場」が新手掛かり ソフトバンク アリババ上場で含み益1兆円増? 【NSJ日本証券新聞 7月30日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 7月30日

・銘柄一本勝負 クリ・レスHD ファイナンス明けを追う M&A効果と市場昇格
・楽天 三木谷オーナー 一部保有株売却終了
・決算発表+上方修正銘柄に矛先 日立国際、メガチップスなど

続きを読む>>

概況/大引け 円高進行から東証は全面安、日経平均は再び14,000円台割れ

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,128.45の38.61ポイント安、日経平均は13,661.13円の468.85円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は57、値下がり銘柄数は1,676。出来高は25億6,546万株、売買代金は2兆1,924億円。

続きを読む>>

概況/前引け 円高警戒や僚機構との対決を不安視する見方も。日経平均は300円を超える下落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,136.65の30.41ポイント安、日経平均は13,810.04円の319.94円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は75、値下がり銘柄数は1,649。出来高は13億4,830万株、売買代金は1兆1,162億円。

続きを読む>>

概況/寄付き 円高、決算発表の反応に対する警戒感で広範囲に下落。ヤフーはサプライズがないという見方で軟調

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

9時16分時点のTOPIXは1,180.27の22.05ポイント安、日経平均は14,283円の279円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は135、値上がり銘柄数は1,510。

続きを読む>>

時価総額順位  ソフトバンクは昨年末12位→3位 内需健闘、中国関連不振

個別 概況

ソフトバンク(9984) 週足

17日時点で時価総額3位に浮上して話題を呼んだソフトバンク(9984)は、18日も一時410円高(6.6%高)まで買われるなど上げ足を速め、4位・JTとの差をさらに広げた。時価総額で、なお3倍い大差のある、首位のトヨタ自動車はともかくとして、2位・三菱UFJまでなら、あと2割強に迫っている。

続きを読む>>

概況/大引け 理財商品償還の危機発生への警戒感が緩和、東証は反発。路線価発表で土地持ち企業が高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,150.70の16.86ポイント高、日経平均は13,852.50円の175.18円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,360、値下がり銘柄数は275。出来高は24億7,756万株、売買代金は2兆396億円。

続きを読む>>

概況/大引け 量的緩和早期縮小懸念が後退、昨日のNYダウは約2ヵ月振りに3日続伸。東証も不動産、銀行、証券など中心に高い

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,133.84の35.01ポイント高、日経平均は13,677.32円の463.77円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,602、値下がり銘柄数は82。出来高は31億9,097万株、売買代金は2兆6,078億円。

続きを読む>>

概況/前引け FRB議長が出口戦略に踏み込んだ発言。NYダウは206ドル安で東証も下落したが、マツダや富士重工や銀行株は小幅高

概況

日経平均 15分足 週足

前引けのTOPIXは1,096.25ポイントの10.32ポイント安、日経平均は13,101.53円の143.69円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は489、値下がり銘柄数は1,112。出来高は14億9,289万株、売買代金は1兆844億円。

続きを読む>>

概況/前引け FOMCで量的緩和の縮小を無理に進めることはないのではという見方で昨日の米国株が値上がりし、東証も連れ高。ただ薄商い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,098.88ポイントの12.48ポイント高、日経平均は13,169.97円の162.69円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,178、値下がり銘柄数は428。出来高は15億1,844万株、売買代金は1兆715万株。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) カカクコム、メディシノバ、NFKホールディングス、三井住友FGなど

個別

■メディシノバ(4875) 312円〔+77円、+32.77%〕
 MN-166に関するポジティブなデータを公表

■NFKホールディングス(6494) ストップ高買い気配
 子会社が日揮から約10億円の案件を受注

■日本電子材料(6855) 425円〔+15円、+3.66%〕
 いちよし経済研究所が投資判断を「A」に引き上げ

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 三井住友FG(8316)

テクニカル 個別

三井住友FG(8316) 週足

下降フラッグ型から強い上ブレ転換となったが、2E計算値4,800円処で上げ止まり。転換線を一気に下回る下げ幅だが、基準線を早々に下回る地合いではなさそうだ。

続きを読む>>

概況/大引け 日銀による長期金利上昇抑制策に期待して、不動産株や金融株が高い。円高に歯止めでトヨタなども上昇

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,125.47ポイントの28.52ポイント高、日経平均は13,533.76円の271.94円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,194、値下がり銘柄数は451。出来高は51億2,473万株、売買代金は3兆5,613億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) プラネット、イメージワン、エーザイ、巴工業など

個別

■プラネット(2391) 976円〔+33円、+3.50%〕
 第3四半期決算、通期業績予想の上方修正を発表

■イメージワン(2667) 100,000円〔+15,000円、+17.65%〕
 ルネッサンス・テクノロジーズ・エルエルシーが大量保有

■シスメックス(6869) 6,860円〔+300円、+4.57%〕
 クレディ・スイスが投資判断を「Outperform」に引き上げ

続きを読む>>

概況/前引け 金利上昇による国債損失が警戒され銀行株が安い。第一生命は増配を好感。新興市場のバイオ関連続落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,234.66ポイントの18.19ポイント安、日経平均は14,932.95円の163.08円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は168、値下がり銘柄数は1,512。出来高は28億7,887万株、売買代金は2兆2,025億円。

続きを読む>>

明日の材料 ミクシィ、JCLバイオ、NTN、OKI、3Dマトリックスなど

個別

■ミクシィ(2121)
 平成25年3月期決算を発表、平成26年3月期は5.0減収~6.9%増収、61.2~22.3%営業減益を計画

■タケエイ(2151)
 平成25年3月期決算、1対3の株式分割を発表

■JCLバイオアッセイ(2190)
 シミックホールディングスと資本・業務提携

続きを読む>>

明日の材料 日本海洋掘削、キリンHD、大日本塗料、TDK、ホンダなど

個別

■石油資源開発(1662)
 通期売上高予想を228,749→231,086百万円へ、営業利益予想を11,925→13,906百万円へ増額修正

■ケアサービス(2425)
 1対200株の株式分割、1単元を100株に設定

■キリンHD(2503)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 4.7%増収、4.6%営業減益

■アールテック・ウエノ(4573)
 重症ドライアイに対する遺伝子組換え人血清アルブミン点眼液の新薬臨床試験開始(IND)申請承認

続きを読む>>

概況/寄り付き 米3月のミシガン大消費者信頼感指数の低下でドル安円高となり、東証は全面安。椿本チエインは大和証券が格下げ。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

週明けの東京株式市場も反落して始まっていて、ほぼ全面安となっています。米国のミシガン大消費者信頼感指数の低下で、米国の長期金利が低下したため、ドルも売られ、円高となりました。

続きを読む>>

個別銘柄動向 GCAサヴィアン、ガンホー、リアルコム、カルソニック、みずほなど

個別

■買取王国(3181) 2,935円〔+435円、+17.40%〕
 昨日JASDAQに上場、本日もストップ高

■ガンホー(3765) ストップ高買い気配
 平成24年12月期決算、株式分割、1月の好調

続きを読む>>

概況/寄り付き みずほFGと三井住友FGはUBSが格下げ。パイロットは「カンブリア宮殿」で報じられ、高い。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の東京株式市場は値下がりしていて、上値の重さや1ドル=92円95銭近辺とやや円高方向なことや、米国株のもたつきなどで手仕舞い売りも出ているようです。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均が200円以上上昇した翌日も続伸となるのは2011年9月以来の出来事。三井住友FGが9ヵ月で通期計画を上回り人気。商船三井は赤字幅拡大で売られたが、過剰船舶売却による体質改善に期待し切り返す。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

 日経平均は昨日の前日比247円高の反動で、本日は一時11,007円(前日比106円安)まで軟化しましたが、これまでの急騰で買えていなかった投資家も多いようで、押した場面では買いが入り、持ち直しました。

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは933.77ポイントの0.90ポイント安、日経平均は11,046円の67円安。米雇用統計を前に動きにくく、輸出関連は小幅安。三井住友FGは9ヵ月で通期計画を上回る。住金物産は上方修正と増配を好感。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

 日本でも米国の雇用統計を前に動きにくいことや、12月の鉱工業生産が前月比2.5%増と2ヵ月振りの上昇となったものの、市場予想の4.1%増は下回ったことも手伝い、東京株式市場は反落し、ソニーやキヤノンやトヨタなどの輸出関連は小幅安となりました。

続きを読む>>

個別銘柄動向 マガシーク、スタートトゥデイ、fonfun、電算システム、ワコムなど

個別

■ソフトフロント(2321) 14,350円〔-3,090円、-17.72%〕
 業績見通しを赤字予想に減額

■fonfun(2323) 267円〔+25円、+10.33%〕
 特設注意市場銘柄指定、監視区分の指定解除

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは938.74ポイントの4.07ポイント高、日経平均は11,1166円の2円高。ヤフー反落。任天堂2期連続赤字見通しで下落。ワコムはサムスンとの資本提携を好感。三井住友FGは通期計画を上回り高い。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の東京株式市場は米国株高という支援材料も欠く中で、昨日の日経平均247円高とのいう反動もあり、揉み合いとなっています。

続きを読む>>

明日の材料 一休、スタートトゥデイ、OLC、アドバンテスト、オムロン、ワコム、Eギャランティ、マガシークなど

個別

■一休(2450):第3四半期決算、通期業績予想の増額、期末配当予想の修正(1,100→1300円)を発表
■宝HD(2531):第3四半期決算を発表、前年同期比 0.7%増収、5.8%営業減益
■マガシーク(3060):NTTドコモ(9437)が1株135,000円でTOB
■スタートトゥデイ(3092):第3四半期決算、通期業績予想の減額、株主総会ZOZOTOWN スペシャル福袋の配布取り止め

続きを読む>>

概況/大引け 大手行は保有株の減損額の大幅減で今期業績は会社計画上回る見通しと報じられ高い。ノンバンクは主役交代で下落。新興市場でもバイオ関連は利食い売りに反落。

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

円安進行が足踏みとなっているため、日経平均の上げ幅も小幅に留まりましたが、銀行株は買われました。大手行は保有銘柄の株価上昇で業績の足を引っ張る株式減損額が大幅に減ったため、今期の業績は会社計画を上回る見通しで、中でも三井住友フィナンシャルグループ(8316)は2006年3月期の過去最高益をうかがう勢いと日経新聞で報じられたことが注目されました。

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは921.86ポイントの8.08ポイント高、日経平均は10,892円の68円高。寄り付きは73円安の10,751円だったが、保有株の減損額が大幅減の報道で銀行株が買われ、日経平均も切り返す。FPGが業績拡大でストップ高。

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

前日の米国株の軟化もあり、本日の日経平均は朝方は続落で始まりましたが、銀行株に押し目買いが入ったことで持ち直し、切り返しました。

続きを読む>>

取材の現場から 経済学者 高橋洋一氏の影響力 銀行が泣き、証券が笑う政策か

取材の現場から 連載

野村HD(8604) 日足

「安倍ノミクス」が始動する。この政策は賛否両論だが、国会では圧倒的多数が賛成だ。維新の会もみんなの党も同様のリフレ政策を支持しているからだ。それもそのはずで、この政策を推進してきたキーマンは、元財務官僚で経済学者の高橋洋一氏。バーナンキFRB(連邦準備制度理事会)議長の〝弟子〟としても知られている人物。

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」  押しを待って果敢に攻めよ 物色方向は当面変わらず

タカさんの「オレに任せろ!」 連載

野村HD(8604) 月足7年

新年明けましておめでとうございます。巳年の相場が始まりました。昨年に今年相場は2005年以来の上げ相場になる、と申し上げておりましたが、それを暗示するように発会は大幅な上げからスタートしました。しかし、昨年11月半ばから上げ放しですので、発会の動きがそのまま続くとは思えません。いったん、調整に入るとみるのが自然な解釈になるでしょう。

続きを読む>>

取材の現場から 安倍政権の抵抗勢力は自民幹事長!? 石破氏保有銘柄は…

取材の現場から 連載

三井住友(8316) 日足

安倍政権の誕生を控え、証券市場は期待感を高めている。期待の根拠は、金融緩和をはじめとする経済対策だが、例によって、「抵抗勢力」の反発も予想される。安倍政権の最強の抵抗勢力は、自民党を預かる石破茂幹事長だ。 防衛政策通で知…

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」  1万円台維持で大納会を迎えるか 来年は1万4,000円台を目指す展開に

タカさんの「オレに任せろ!」 概況 連載

日経平均 週足(3年) MA(25)、MA(75)

日経平均は12月19日に一斉高で、1万円どころか1万175円まで一気に急伸しました。まさに、花火大会の最後の華々しさを飾るようなドドーンと大きな音を響かしたような上げでした。これで11月中旬から上げ続けた相場は円安進行、…

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」  自民勝利で1万円抜けへ 来年は1万4000円突破が実現へ

タカさんの「オレに任せろ!」 概況 連載

日経平均 日足1年 MA(25)、MA(75)

衆議院選挙が終了しました。この原稿は、選挙前に書いており、自民党がどういう形で勝利したのか分かりませんが、とにかく、自民党政権が確立できたことを前提に今後の相場予想を考えてみました。 新政権は金融緩和策の前進と国内景気の…

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは800.62ポイントの9.33ポイント高、日経平均は9,733円の152円高。米FOMCで失業率6.5%以下まで低金利政策継続と表明。米国債は材料出尽くしから上昇し、ドル買い円安。1ドル=83円38銭近辺の円安で東証では電機株が上昇。

概況

日経平均 15分足(5日間) MA(25)、MA(75)

前引けのTOPIXは800.62ポイントの9.33ポイント高、日経平均は9,733円の152円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,188、値下がり銘柄数は343。出来高は13億9,684万株、売買代金は7,161億円。…

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは790.24ポイントの1.50ポイント高、日経平均は9,527.39円の17.77円安。総選挙後に下落する事が多いことは警戒。一方、来週のFOMCでツイストオペの代替措置が取られると支援材料。北朝鮮のミサイル発射は早期に強行する可能性。シャープ続伸、三井住友FGはモルガンスタンレーが格上げ。

概況

日経平均 15分足(5日間) MA(25)、MA(75)

大引けのTOPIXは790.24ポイントの1.50ポイント高、日経平均は9,527円の17円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は645、値下がり銘柄数は870。出来高は20億9,230万株、売買代金は1兆860億円。 本日…

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは790.95ポイントの2.21ポイント高、日経平均は9,564円の19円高。シャープはクアルコムからの出資やサンパワーからの太陽光発電パネルの調達を好感。東急建設は渋谷再開発で恩恵期待。三井住友FGはモルガンスタンレーの格上げを好感。

概況

日経平均 15分足(5日間) MA(25)、MA(75)

前引けのTOPIXは790.95ポイントの2.21ポイント高、日経平均は9,564円の19円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は669、値下がり銘柄数は796。出来高は10億5,623万株、売買代金は5,038億円。 米国…

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」 9500円は通過点 輸出系、金融系を強気で

タカさんの「オレに任せろ!」 個別 連載

株式評論家 高野恭壽氏

日経平均は3週間上げ続けました。9500円に乗せるのも時間の問題です。再三、指摘のように円安基調の継続によって上値追い相場は続くとみて、積極的に自動車をはじめ、輸出関連、金融、素材系を買うことを勧めていましたが、ほぼ予想…

続きを読む>>