8306

概況/寄付き 日経平均は続落、欧米株安が意識。SUMCOは公募増資で大幅安

概況

日経平均 日足

9時14分時点の日経平均は18,658.22円の156.94円安、TOPIXは1,513.89の12.94ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,660万株、買いは800万株。

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 主力大型株シフト強まる

個別

ファーストリテ(9983) 週足

日経平均株価は15年ぶりの高値を連日更新、1万8,800円台まで飛距離を伸ばし、2000年4月にマークした2万833円高値に向けて突き進んでいる。むろん、2月だけで日経平均の上げ幅は約1,300円近くにも達しており、当然ながら、相場的な過熱感を警戒する声は広がっている。ただ、それを打ち払うような好需給もまた意識されているのが現状だ。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は小幅続伸。週末・月末要因から利食い売りに押される場面も、底堅い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は18,797.94円の12.15円高、TOPIXは1,523.85の2.17ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は699、値下がり銘柄数は1,079。出来高は27億2,046万株、売買代金は3兆69億円。

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は冴えないスタート、円高にやや振れている点が重しに

概況

ナスダック 月足

9時12分時点の日経平均は18,581.05円の22.43円安、TOPIXは1,509.29の1.01ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが940万株、買いは1,490万株。

続きを読む>>

自社株買い”駆け込み需要”発生 3月ラッシュ読む2つの背景【日本証券新聞 2月19日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月19日

・「春節関連」が人気 1月の訪日客は29%増
・IPO初値 2社同時上場 資金吸収額で初値に差
・トヨタなど新高値248銘柄 日経平均、07年高値に迫る
・民営化関連動意の”背景”「22年前の記憶」も

続きを読む>>

銀行株「復活の背景」 長期金利上昇で利ザヤ拡大へ【日本証券新聞 2月16日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月16日

・ラオックス 大商いに急騰 春節休暇に期待感
・ビーロット 新たな切り口 高級カプセルH、外国人に人気
・月末MSCIリバランス 微風なれど追い風要因に
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.76 ウルトラマンスタンプラリー

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 ソニー、JSR、三菱UFJフィナンシャル・グループ

個別

三菱UFJ(8306) 月足

10年3月に付けた戻り高値3,645円が視野に入ってきた。信用売り残と買い残はきっ抗しており、取組妙味の高さは魅力だ。一方、RSI(12カ月)は過熱圏入りとなり、短期的には10年3月高値を前に押し目形成の場面が想定される。

続きを読む>>

GPIF動き強める 新たな運用機関発表の余波は【日本証券新聞 2月10日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月10日

・「2月優待」注目度増す カスミ、実質利回り7%台
・筍狩りに行こう カカクコム 復活を目指す
・北米で稼ぐ企業に再脚光 米雇用統計の大幅改善で見直す
・東洋建が高値更新 建設の決算発表、10日に集中

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は大幅反発、欧米株高を好感。金利上昇で保険が高く、鉄鋼も上昇

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,678.74円の342.89円高、TOPIXは1,417.00の24.61ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,542、値下がり銘柄数は250。出来高は27億2,707万株、売買代金は2兆8,072億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 総医研ホールディングス、鳥貴族、enish、テクノマセマティカルなど

個別

■ユナイテッドアローズ(7606) 3,290円〔-55円、-1.64%〕
 ドイツ証券が目標株価を引き下げ
■リコー(7752) 1,109円〔-14円、-1.20%〕
 JPモルガンが「Underweight」へ格下げ
■三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306) 650円〔+28円、+4.55%〕
 第3四半期決算を発表、野村証券では「Buy」継続

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は反発スタート、欧米株高を好感。原油価格の続伸から関連銘柄が高い

概況

日経平均 週足

9時12分時点の日経平均は17,548.47円の212.62円高、TOPIXは1,409.41の17.02ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,500万株、買いは1,450万株。

続きを読む>>

明日の材料 ミライト・ホールディングス、ライト工業、総医研ホールディングス、ユナイテッド、ジョイフル本田など

個別

■エヌ・ティ・ティ・データ(9613):第3四半期決算を発表、前年同期比13.2%増収、89.0%営業増益
■カプコン(9697):第3四半期決算を発表、前年同期比36.4%減収、14.1%営業増益
■日立機材(9922):1株1,600円でMBO

続きを読む>>

概況/寄付き 日経平均は反落、米国株の続落を受け広範囲に下落。スカイマークは民事再生手続き開始で売り気配

概況

日経平均 週足

9時8分時点の日経平均は17,691.01円の104.72円安、TOPIXは1,421.08の8.84ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが2,020万株、買いは1,230万株。

続きを読む>>

取材の現場から 相続税増税の副産物 「遺言信託」ビジネスに群がる信託銀行

取材の現場から 連載

みずほ(8411) 週足

1月から相続税が増税。国は、団塊世代が持つ遺産で歳入不足を賄おうとしているのだろう。野村資本研究所の調査によれば、2030年までに相続資産額は少なくとも1,000兆円はあるという。これを狙って信託銀行は、「暦年贈与信託」など相続税節税サービスに力を入れている。

続きを読む>>

時価総額ライバル物語 ソフトバンク3位奪回

個別 概況

ソフトバンク(9984) 週足

決算発表シーズン入りで選別重視機運が高まるなか、時価総額“ライバル対決“にも関心が向けられている。最近、話題を呼んだ例としては、19日に西武HD(9024)が東急(9005)を抜いて時価総額私鉄トップに立ったこと(21日には1兆円にも到達)と、20日にNTTドコモ(9437)が約1年半ぶりに、ソフトバンク(9984)の時価総額を上回ったことだった。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は5営業日ぶりに反発も、TOPIXは5日続落。自律反発狙いの買いも、戻りは鈍い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は16,885.33円の2.14円高、TOPIXは1,359.80の1.34ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は690、値下がり銘柄数は1,003。出来高は22億953万株、売買代金は2兆1,434億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は全面安スタート、NYダウの331ドル安を嫌気。鉱業やノンバンク、卸売、ガラス土石などが安い

概況

日経平均 週足

9時12分時点の日経平均は17,047.21円の361.50円安、TOPIXは1,373.89の27.20ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが880万株、買いは550万株。

続きを読む>>

概況/寄り付き 日経平均は3営業日続落、昨年末の米国株安を警戒。石油関連や金融株が安い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,408.71円の42.06円安、TOPIXは1,401.09の6.42ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は931、値下がり銘柄数は807。出来高は20億4,896万株、売買代金は1兆9,064億円。

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 年末相場、中堅材料株に活路

個別 概況

積水ハウス(1928) 週足

原油安で大きく揺れた世界の株式市場も、FOMC(米連邦公開市場委員会)声明での緩和継続で早期利上げ懸念が後退、委縮した資金が解き放たれたことで米国株は猛烈に買い戻された。19日の日経平均も1万7,500円台を回復するなど、相場修復が急ピッチに進展してきた。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場はほぼ全面高、日経平均は2日間で800円高。NYダウの大幅高を好感、不動産や証券、銀行が高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,621.40円の411.35円高、TOPIXは1,409.61の33.29ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,575、値下がり銘柄数は200。出来高は27億930万株、売買代金は2兆8,846億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は全面高スタート。FOMCを好感した米株高、円安が支援。電力ガスや輸送用機器、ゴム、海運、銀行などが高い

概況

日経平均 週足

9時12分時点の日経平均は17,194.16円の374.43円高、TOPIXは1,386.19の34.18ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,830万株、買いは1,190万株。

続きを読む>>

今こそ「メガバンク」 アナリスト評価うなぎ上りの背景は【日本証券新聞 12月18日】

日本証券新聞

日本証券新聞 12月18日

・IPO初値 フルッタフルッタ 51%高発進
・衆院選前に語られていた”もう一つのストーリー”
・相場修復有望銘柄を探る 好業績・好需給・下落率で選別
・PCデポ 収益構造変化に注目 物販からサービスにシフト

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場はほぼ全面安、欧米株安と衆院選がポジティブサプライズとはならず。保険や鉄鋼、輸送用機器、非鉄、ゴムなどが安い

概況

日経平均 週足

9時12分時点の日経平均は17,070.60円の300.98円安、TOPIXは1,379.33の20.32ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,520万株、買いは830万株。

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 訪日外国人客関連が好人気

個別 概況

三菱UFJ(8306) 週足

「笛吹けど踊らず」なのか「踊れない」のか。週末にかけて1ドル=119円近くにまで突入した急激な円安を前に、株式市場は沈黙。日経平均も上値の重い展開となっている。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は続伸スタート、業種別では保険や鉄鋼、海運、輸送用機器などが高い

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は17,463.00円の105.40円高、TOPIXは1,411.36の11.18ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,460万株、買いは1,580万株。

続きを読む>>

“PBRの季節”再び 資産効率改善企業を選別 日新、ミライトなど注目【日本証券新聞 11月25日】

日本証券新聞

日本証券新聞 11月25日

・山喜がライツオファリング 東証の規制後、第1号
・キッセイ薬品 上放れ読む 「高リン血症治療薬」を承認申請
・マーベラス 大商い 新作ゲームを材料視
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.67 夜ヨーグルト

続きを読む>>

“GDPショック”日経平均517円安 実態は「短期筋のポジション調整」【日本証券新聞 11月18日】

日本証券新聞

日本証券新聞 11月18日

・関東電化 高値更新 増額、復配で評価一変
・筍狩りに行こう セック 「ロボット」で見直す
・東レ 逆行高強烈 炭素繊維の巨額受注好感 関連株も頑強
・冷凍食品 需要増で新視点 値上げ浸透度トップクラス

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は全面安、日経平均は17,000円台割れ。7-9月期GDPが予想を下回り売り優勢。ノンバンクや保険、証券が安い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は16,973.80円の517.03円安、TOPIXは1,366.13の34.28ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は110、値下がり銘柄数は1,682。出来高は28億8,971万株、売買代金は2兆8,601億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 日本アクア、マツモトキヨシ、アイスタイル、みんなのウェディングなど

個別

■エルナー(6972) 271円〔+9円、+3.44%〕
 太陽誘電と資本業務提携
■三菱UFJ(8306) 666円〔+21円、+3.24%〕
 自社株買いと増配が好感
■東海旅客鉄道(9022) 17,370円〔-575円、-3.20%〕
 SMBC日興証券が投資判断を引き下げ

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は反落。7-9月期GDPが予想を下振れ、沖縄知事選も警戒。不動産や建設が安い

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は17,327.10円の163.73円安、TOPIXは1,390.06の10.35ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが600万株、買いは1,090万株。

続きを読む>>

明日の材料 日本アクア、省電舎、ミクシィ、日本マニュファクチャリングサービス、ひらまつ、マツモトキヨシホールディングスなど

個別

■CYBERDYNE(7779):第2四半期決算、通期業績予想を下方修正
■三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306):第2四半期決算、増配、1,000億円を上限に自社株買い
■ピー・シー・エー(9629):中小企業の海外進出を支援する新事業を開始

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は反発、ただ16,900円水準では揉み合い。シチズンや太平電業は上方修正を好感

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は16,907.28円の126.75円高、TOPIXは1,365.15の5.04ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は798、値下がり銘柄数は860。出来高は10億1,011万株、売買代金は9,795億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は広範囲に値上がり、米株高に加え、鉱工業生産も予想を上振れ。証券や鉄鋼、非鉄などが高い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,541.20円の211.29円高、TOPIXは1,268.99の16.99ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,488、値下がり銘柄数は237。出来高は10億6,881万株、売買代金は9,851億円。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は全面安、東証1部の値上がり銘柄数は僅か40。空運や不動産、ガラス土石、輸送用機器、機械などが下落率上位

個別

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,661.99円の420.26円安、TOPIXは1,280.15の38.06ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は40、値下がり銘柄数は1,778。出来高は26億6,102万株、売買代金は2兆5,939億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は反落スタート、米株安からほぼ全面安に。証券や商社、鉱業、銀行などが安い

概況

日経平均 週足

9時13分時点の日経平均は16,177.54円の196.60円安、TOPIXは1,328.68の17.75ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,280万株、買いは1,340万株。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 積水ハウス、第一屋製パン、オルトプラス、沢井製薬、THKなど

個別

■群馬銀行(8334) 640円〔+16円、+2.56%〕
 上方修正を発表
■ソフトバンク(9984) 8,347円〔-393円、-4.50%〕
 アリババ上場で持分変動利益 約5,000億円
■ルネサスイーストン(9995) ストップ高買い気配
 9月26日をもって東証1部銘柄に指定、記念配当

続きを読む>>

概況/寄り付き 日経平均は小幅下落スタート。FOMCを控え、小反落。不動産やゴム、非鉄が安い

概況

日経平均 週足

9時7分時点の日経平均は15,921.54円の26.75円安、TOPIXは1,311.20の2.52ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,540万株、買いは1,450万株。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は4日続伸、ドル円は一時107円台乗せ。ゲーム関連が高く、大手行も堅調

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,909.20円の120.42円高、TOPIXは1,311.24の4.45ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は817、値下がり銘柄数は840。出来高は21億3,187万株、売買代金は2兆904億円。

続きを読む>>

銀行株浮上「3つの要因」 円安、GPIF、増配【日本証券新聞 9月5日】

日本証券新聞

日本証券新聞 9月5日

・好材料満載なオムロン 1月高値奪回で上値視界広がる
・櫻井英明のそこが聞きたい 京写 児嶋一登代表取締役社長
・メドピアがストップ高 東海東京調査センターがカバレッジ開始
・大幸薬品「デング熱」参戦で急伸 グンゼも年初来高値

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は続伸スタート。、熊谷組は反落だが、飛島建設や植木組は高い

概況

日経平均 週足

9時11分時点の日経平均は15,532.55円の55.95円高、TOPIXは1,286.73の3.67ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが720万株、買いは630万株と4日ぶりの売り越し。

続きを読む>>

概況/寄り付き 日経平均は小幅続伸スタート。ただ、主力株の値動きは乏しい

概況

日経平均 週足

9時11分時点の日経平均は15,154.24円の23.72円高、TOPIXは1,256.12の3.61ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが620万株、買いは530万株。

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均は329円高、米国株の反発からほぼ全面高。保険、不動産、その他金融などが高い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,107.45円の329.08円高、TOPIXは1,250.15の21.89ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,635、値下がり銘柄数は149。出来高は9億4,682万株、売買代金は9,403億円。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は454円安、オバマ大統領がイラクへの限定空爆承認で急落。全面安でコア銘柄の値下がりも大きい

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,778.37円の454.00円安、TOPIXは1,228.26の29.86ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は131、値下がり銘柄数は1,656。出来高は27億5,477万株、売買代金は2兆5,678億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は下げ幅拡大、オバマ大統領がイラクへの空爆を承認。ドル円は102円台割れ

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,776.88円の455.49円安、TOPIXは1,226.84の31.28ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は131、値下がり銘柄数は1,629。出来高は14億3,747万株、売買代金は1兆2,839億円。

続きを読む>>

「航空機リース」の市場拡大 新興国、LCCの台頭などで需要急増

セクター 個別

住友商事(8053) 日足

航空機リース市場の拡大が注目されている。
新興国の経済成長やLCC(格安航空会社)の台頭に伴い、航空機需要は拡大の一途。その中で、税負担の軽い航空機リースのニーズも拡大する見込みだ。

続きを読む>>

22日から「銭単位」株価登場 対象は80銘柄(7月7日現在) 世界の潮流には逆行?!

概況

例えば、101円で買って102円で売るような短期売買は「1カイ2ヤリ」と呼ばれるが、7月22日からは、「0・1カイ0・2ヤリ」の時代が来る…。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は冴えない。機械受注が前月比19.5%減となり、貸出減少懸念で銀行株が安い

個別

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,265.76円の36.89円安、TOPIXは1,264.45の6.37ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は553、値下がり銘柄数は1,080。出来高は10億80万株、売買代金は8,002億円。

続きを読む>>

概況/前引け 欧米株に連れ安も、東京市場は下げ幅縮小。証券や海運、鉄鋼、ノンバンクなどが安い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,276.25円の38.16円安、TOPIXは1,270.36の5.34ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は356、値下がり銘柄数は1,320。出来高は11億1,400万株、売買代金は8,319億円。

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均は手掛かり材料難から小幅もみ合い。主力株の動きが乏しく、水素関連など材料株物色

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,429.92円の7.21円安、TOPIXは1,283.27の1.97ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は789、値下がり銘柄数は832。出来高は8億6,942万株、売買代金は6,695億円。

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 主力大型株もマーク対象に

個別 概況

長谷工(1808) 週足

日経平均は19日の急伸で、今年3月の戻り高値1万5,312円を一気に更新、次なる上値目標として昨年12月末の1万6,320円が意識される段階にまで回復してきた。日本株に対する割安感など指摘される中、ここからの物色対象にも関心が向かう。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 学情、ツクイ、アウトソーシング、仙波糖化工業など

個別

■イハラケミカル工業(4989) 857円〔+35円、+4.26%〕
 上方修正が好感
■キッツ(6498) 566円〔+44円、+8.43%〕
 大和証券が投資判断を2段階引き上げ
■日本精機(7287) 1,804円〔+67円、+3.86%〕
 立花証券が目標株価を引き上げ

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は上値抑制、高値警戒感も。エイチームば売買代金トップ

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,124.00円の46.76円高、TOPIXは1,234.78の0.21ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は922、値下がり銘柄数は708。出来高は17億2,738万株、売買代金は1兆5,672億円。

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 東レ、日本郵船、三菱UFJフィナンシャル・グループ

テクニカル 個別

東レ(3402) 週足

週足の一目均衡表では遅行線が株価を下回り、逆転の弱気サインが出現した。短期的には、2013年5月高値786円を起点に同年12月高値を通る右肩下がりの上値抵抗線と2本の下値支持線との間で三角もちあいなどを形成していく公算が大きい。

続きを読む>>

全面高!1万5000円接近 NISA非課税枠拡大の催促相場に【日本証券新聞 6月3日】

日本証券新聞

日本証券新聞 6月3日

・新興市場 戻り歩調続く IT関連 フリービットなど出遅れに物色波及
・筍狩りに行こう 森永乳業 排卵検査薬に規制緩和メリット
・マクドナルド 8連騰 6月優待権利取りで脚光
・マキタ 2月高値に接近 来期は最高益更新へ

続きを読む>>

概況/大引け 東証はジリ安、決算一巡で様子見ムード。ノンバンクや不動産、機械などが安い

概況

日経平均 日足

大引けの日経平均は14,006.44円の90.15円安、TOPIXは1,150.07の9.00ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は437、値下がり銘柄数は1,266。出来高は17億7,173万株、売買代金は1兆5,503億円。

続きを読む>>

明日の材料 長谷工、鉄建建設、ミクシィ、UBIC、比較.com、翻訳センターなど

概況

■エフ・ジェー・ネクスト(8935)
 60万株、3億円を上限に自社株買い
■ニチイ学館(9792)
 平成26年3月期決算、ジェイエスエスと資本業務提携
■グルメ杵屋(9850)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は2.0%増収、85.6%営業増益を計画

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均はマイナスも、TOPIXは持ち直し。不動産や証券、ノンバンクは続伸

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,375.72円の49.72円安、TOPIXは1,178.59の0.24ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は925、値下がり銘柄数は711。出来高は9億2,602万株、売買代金は7,751億円。

続きを読む>>

概況/前引け 追加緩和期待から、東京市場は下げ渋り。ただ、薄商い

概況

日経平均 週足

前引けの日経平均は13,944.43円の15.62円安、TOPIXは1,139.41の5.32ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,086、値下がり銘柄数は549。出来高は8億3,936万株、売買代金は7,618億円。

続きを読む>>

概況/大引け ドレッシング買いで、大引けにかけて上げ幅拡大。保険や非鉄、ノンバンク、不動産、海運などが値上がり率上位

個別

日経平均 日足

大引けの日経平均は14,827.83円の131.80円高、TOPIXは1,202.89の16.37ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,317、値下がり銘柄数は374。出来高は20億9,324万株、売買代金は2兆566億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) オールアバウト、東京エレクトロンデバイス、味の素、菊池製作所など

個別

■大同メタル工業(7245) 1,012円〔+3円、+0.30%〕
 東海東京調査センターが投資判断を「1」へ2段階引き上げ
■三菱UF(8306) 533円〔-10円、-1.84%〕
 大和証券が投資判断を「2」へ引き下げ
■エムティーアイ(9438) 536円〔+22円、+4.18%〕
 野村証券が投資判断を「Neutral」に引き上げ

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反発、全面高。期末配当取りの動きや新年度入りによる資金流入期待。ソフトバンクやトヨタ、ファナック、JT、花王など各業界のトップ銘柄が高い

概況

日経平均 日足

大引けの日経平均は14,475.30円の251.07円高、TOPIXは1,163.04の17.07ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,476、値下がり銘柄数は293。出来高は29億1,579万株、売買代金は2兆6,814億円。

続きを読む>>

概況/大引け 3連休を前に下げ幅拡大、東証は全面安。リスクマネー減退懸念で不動産が安く、コア銘柄も軟調

個別

日経平均 日足

大引けの日経平均は14,224.23円の238.29円安、TOPIXは1,145.97の18.36ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は176、値下がり銘柄数は1,578。出来高は24億1,813万株、売買代金は2兆2,366億円。

続きを読む>>

不動産株人気に「3つの要因」 流れの先を読めば、金融にも出番【日本証券新聞 3月6日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月6日

・国家戦略特区構想が進展 新潟市、福岡市も有力候補に 土地持ち企業の新潟交通 注目浴びる公算
・新日鉄よ、お前もか… 社外取締役は時代の流れ
・ユーグレナ、ジェット燃料で着火 4ケタ攻防の行方注目
・豪雪特需で「靴」見直し チヨダに上ブレ余地発生 ABCマートは急反発

続きを読む>>

明日の材料 アイレップ、オーウイル、サンマルクホールディングス、住友化学、アステラス製薬など

個別

■オリンパス(7733)
 バイオロジクス事業から撤退、特別損失約150~190億円
■大研医器(7775)
 世界初の体温調節装置システム「クーデックアイクール」 製造販売承認取得
■ソニーフィナンシャルホールディングス(8729)
 介護事業を統括する持株会社設立
■情報技術開発(9638)
 10万株の自己株式を消却

続きを読む>>

取材の現場から 内閣府が上場企業の女性管理職比率を公表

取材の現場から 連載

セブン銀行(8410) 週足

今、インターネットのニュース検索で、「女性」「幹部」と入力すると、オウム裁判の記事が結構ヒットする。そういえばオウム真理教は、女性幹部が存在感を示していた。そして安倍政権も今、女性活用を主要政策として掲げている。

続きを読む>>

明日の材料 マルハニチロホールディングス、クルーズ、カワチ薬品、コロプラ、ガンホー・オンライン・エンターテイメントなど

個別

■日本ライフライン(7575)
 「J Graft Open ステントグラフト」の薬事承認を取得
■コクヨ(7984)
 通期業績予想を上方修正
■ほくほくフィナンシャルグループ(8377)
 第3四半期決算、通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

取材の現場から 思惑くすぶる京都・東地区再開発 京都財界挙げての大プロジェクトになるか

取材の現場から 連載

ニチコン(6996) 週足

年末押し迫った12月28日、日本維新の会の落選候補者が「除名」処分された。何でもなさそうな話だが、この件が京都でちょっと注目されている。

続きを読む>>

“野生の目覚め”銀行株に出番到来 みずほFG高値が号砲に 【NSJ日本証券新聞 1月10日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月10日

・電子材料セクター 半導体ウエハー関連、電池材料関連に注目
・ソニー 逆行高で売買代金首位に 攻めの経営を再評価
・戦後8割高の真価発揮は? 上昇“特異日”1.14
・再生医療分野に新技術 「iPS関連」に味の素が名乗り 渋谷工は連日の大幅高

続きを読む>>

概況/前引け 米国株の反発を好感。中国がゲーム機の販売禁止を一次解除で任天堂高い。藤倉ゴムが反発で、渋谷工業も再び物色

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,978円34銭の163円97銭高、TOPIXは1,293.93の10.68ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,262、値下がり銘柄数は373。出来高は13億5,013万株、売買代金は1兆911億円。

続きを読む>>

NISA元年 日経平均2万円への扉 大納会112円高の9連騰 【NSJ日本証券新聞 1月1日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月1日

・新春トップインタビュー 日本証券業協会会長 稲野和利氏に聞く
・新春スタートダッシュはエンジニアリング株
・話題の新指数、いよいよ登場 日本株ROE工場の切り札に
・2014年タイムテーブルの注目テーマ NISA・新指数で市場活性化、マイナンバー対応など特需連発
・真価問われる「午年相場」 「尻下がり」返上なるか

続きを読む>>

概況/前引け NYダウの4連騰や104円30銭台の円安を好感、日経平均は一時6年ぶりの16,000円台

個別

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,995円21銭の124円79銭高、TOPIXは1,263.20の1.56ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は567、値下がり銘柄数は1,068。出来高は13億4,037万株、売買代金は1兆1,976億円。

続きを読む>>

銀行株、季節外れのレポートラッシュ 水面下で生じる“地殻変動”示唆 【NSJ日本証券新聞 12月12日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月12日

・NISAをにらむ 株式分割期待2銘柄
・来年1月14日から「株価の刻み幅」縮小 7月から“銭単位”も出現
・IPO エンカレッジ、オウチーノともに2倍高スタート
・M&A関連 仕込み場到来 社長高齢化で事業継承待ったなし

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は揉み合いスタート。海運や不動産、ゴム、水産・農林が比較的シッカリ

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが950万株、買いは1,200万株でした。
9時15分時点の日経平均は15,423円68銭の15円74銭高、TOPIXは1,245.10の4.11ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,024、値下がり銘柄数は474。

続きを読む>>

概況/大引け 欧米株安や円高から東証は幅広い銘柄が下落、日経平均は一時423円安。自動車や金融などが軟調

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,407円94銭の341円72銭安、TOPIXは1,240.99の21.55ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は199、値下がり銘柄数は1,483。出来高は25億4,009万株、売買代金は2兆3,876億円。

続きを読む>>

概況/前引け 昨日の欧米株安や円安一服で、ほぼ全面安。金融株や保険、紙パ、証券などが安い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,426円70銭の322円96銭安、TOPIXは1,244.22の18.32ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は240、値下がり銘柄数は1,432。出来高は13億5,163万株、売買代金は1兆2,249億円。

続きを読む>>

時流に乗る上放れ3銘柄 相場つき新鮮 【NSJ日本証券新聞 12月4日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月4日

・「ポスト楽天」候補 近年上場のIT関連などに潜む
・7度目の挑戦実るか NYダウ、週間8連投中
・三菱UFJ急動意 背景に株主還元期待
・IPOライドオン・エクスプレス 公募比55%高発進

続きを読む>>

明日の材料 長谷工コーポレーション、アイレップ、北の達人コーポレーション、オークファン、ドワンゴ、ファンケルなど

個別

■三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)
 第2四半期決算、通期純利益目標を7,600→9,100億円へ上方修正
■レーサム(8890)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 66.1%増収、98.3%営業増益
■学研ホールディングス(9470)
 平成25年9月期決算を発表、今26年9月期は7.1%増収、10.5%営業増益
■長大(9624)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 13.5%増収、営業利益は14.8倍

続きを読む>>

概況/寄付き 米国株高に連れ高、東証も広範囲に値上がり。ただ、後発品の半値政策で関連銘柄が安い

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが990万株、買いは1640万株でした。
9時16分時点の日経平均は14,722円80銭の155円64銭高、TOPIXは1,211.55の7.36ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,147、値下がり銘柄数は379。

続きを読む>>

“雌伏”銀行株に出番到来の機 決算、期日、貸出残、足利銀IPO… 【NSJ日本証券新聞 11月7日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 11月7日

・カルスポリン 中国産「汚染鶏」問題で脚光 カルピス 米工場が来年4月稼働
・ドン・キホーテ 切り返し弾む 通期据え置きで上ブレ期待も
・オリンパスは復活したが… 右も左も不祥事ラッシュ
・寿スピリッツ 高値更新 レジャー回復で恩恵 外国人は「日本菓子」好き!

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ミクシィ、ガンホー、デジタルガレージ、アクトコール、アオイ電子など

個別

■ネットワンシステムズ(7518) 699円〔-22円、-3.05%〕
 第2四半期業予想の下方修正を発表
■SBIホールディングス(8473) 1,243円〔-36円、-2.81%〕
 300億円の転換社債発行、潜在株式数の比率は8.71%
■阪急阪神ホールディングス(9042) 568円〔+14円、+2.53%〕
 バークレイズが投資判断を「オーバーウエイト」へ引き上げ、目標株価は680円
■スカイマーク(9204) 351円〔-2円、-0.57%〕
 通期業績予想を引き下げ

続きを読む>>

概況/大引け 本日は小幅揉み合い。米大統領と議会幹部との協議は物別れも、すでに昨日314円安で影響は限定的。ソフトバンクは時価総額で三菱UFJを抜き2位に

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,157円25銭の13円24銭安、TOPIXは1,173.99の1.17ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は526、値下がり銘柄数は1,106。出来高は24億2,350万株、売買代金は2兆396億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 米国政府機関の閉鎖リスクで、週明けの東証は全面安。円高も重し

概況

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,290万株、買いは1,450万株でした。
9時15分時点の日経平均は14,487円13銭の272円94銭安、TOPIXは1,195.98の21.54ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は139、値下がり銘柄数は1,519。

続きを読む>>

銀行株への評価急上昇中 五輪関連の“隠れた本命” 【NSJ日本証券新聞 9月12日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 9月12日

・どうなる東京メトロのIPO 国、メトロは準備OKだが…
・NYダウ3銘柄入れ替え 「暴落説」は杞憂か…
・「上場ホテル御三家」に続け! 隠れ「ホテル関連」をチェック
・8月の世界株式パフォーマンス 日本株は累計3位キープ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) サントリー食品、沢井製薬、デイ・シイ、ドン・キホーテ、ヤマハなど

個別

■パスポート(7577) 321円〔+0円、+0.00%〕
 第2四半期業績予想を下方修正
■大日本スクリーン製造(7735) 507円〔+14円、+2.84%〕
 岡三証券が投資判断を「強気」に引き上げ
■三菱UFJ(8306) 637円〔+14円、+2.25%〕
 クレディ・スイスが新規「OUTPERFORM」
■三井住友(8316) 4,765円〔+90円、+1.93%〕
 クレディ・スイスが新規「OUTPERFORM」

続きを読む>>

話題銘柄をテクニカルで斬る 三菱UFJ(8306) もちあい下放れも延長線上の600円へ

テクニカル 個別

三菱UFJ(8306) 週足

週足は、2012年11月の安値345円を起点に13年5月に750円と値上がり、上昇幅405円。足元の週足は、この上昇幅の半値押し水準(547円)手前でのもみ合い。5月の高値750円でシングルトップ、あるいは、7月の高値677円まで含めてトリプルトップの形成後…

続きを読む>>

建設、不動産など内需株に外国人買い!? 米有力投資雑誌「バロンズ」も激賞 【NSJ日本証券新聞 9月3日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 9月3日

・銘柄一本勝負 リオン 「ピコプランクトンカウンタ」お披露目へ
・そろそろ意識?年末日経平均 各社予想に格差ありあり
・ZOOM UP 夢展望 直近IPOの一角 底値離脱の構え
・ぐるなび 再び高値更新

続きを読む>>

概況/大引け 欧米諸国が数日内にシリアに空爆する可能性と報じられ、米株安、原油高、ドル安円高で、東証も全面安。自動車の下げ目立つ

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は13,338円46銭の203円91銭安、TOPIXは1,114.03の19.99ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は137、値下がり銘柄数は1,565。出来高は19億7,950万株、売買代金は1兆6,454億円。

続きを読む>>

概況/前引け NYダウの最高値更新や円安を好感。緩和策継続によるリスク許容度の改善期待で不動産関連が高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,178.17の14.78ポイント高、日経平均は14,203円の197円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,265、値下がり銘柄数は377。出来高は14億409万株、売買代金は1兆1,320億円。

続きを読む>>

概況/大引け 中国の7月PMIが予想を上回り、日本株の上げ幅も拡大、日経平均は14,000円台を回復。自動車や銀行株が高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,163.39ポイントの31.69ポイント高、日経平均は14,005.77円の337.45円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,389、値下がり銘柄数は291。出来高は26億952万株、売買代金は2兆2,106億円。

続きを読む>>

明日の材料 ぐるなび、アドウェイズ、牧野フライス、東芝、パナソニック、マツダ、任天堂など

個別

■コロプラ(3668):第3四半期決算、上方修正、1対3の株式分割を発表
■TOTO(5332): 第1四半期決算、上方修正、自己株式の取得・消却を発表
■日本ガイシ(5333):第1四半期決算、第2四半期業績予想の上方修正を発表
■ヒロセ電機(6806):第1四半期決算、第2四半期業績予想の上方修正を発表

続きを読む>>

概況/大引け 円高進行から東証は全面安、日経平均は再び14,000円台割れ

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,128.45の38.61ポイント安、日経平均は13,661.13円の468.85円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は57、値下がり銘柄数は1,676。出来高は25億6,546万株、売買代金は2兆1,924億円。

続きを読む>>

概況/前引け 円高警戒や僚機構との対決を不安視する見方も。日経平均は300円を超える下落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,136.65の30.41ポイント安、日経平均は13,810.04円の319.94円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は75、値下がり銘柄数は1,649。出来高は13億4,830万株、売買代金は1兆1,162億円。

続きを読む>>

概況/寄付き 円高、決算発表の反応に対する警戒感で広範囲に下落。ヤフーはサプライズがないという見方で軟調

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

9時16分時点のTOPIXは1,180.27の22.05ポイント安、日経平均は14,283円の279円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は135、値上がり銘柄数は1,510。

続きを読む>>

時価総額順位  ソフトバンクは昨年末12位→3位 内需健闘、中国関連不振

個別 概況

ソフトバンク(9984) 週足

17日時点で時価総額3位に浮上して話題を呼んだソフトバンク(9984)は、18日も一時410円高(6.6%高)まで買われるなど上げ足を速め、4位・JTとの差をさらに広げた。時価総額で、なお3倍い大差のある、首位のトヨタ自動車はともかくとして、2位・三菱UFJまでなら、あと2割強に迫っている。

続きを読む>>

概況/大引け 量的緩和早期縮小懸念が後退、昨日のNYダウは約2ヵ月振りに3日続伸。東証も不動産、銀行、証券など中心に高い

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,133.84の35.01ポイント高、日経平均は13,677.32円の463.77円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,602、値下がり銘柄数は82。出来高は31億9,097万株、売買代金は2兆6,078億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 値上がりスタート、富士山の世界文化登録に三保松原も加わり旅行関連が高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

9時17分時点のTOPIXは1,108.63ポイントの9.23ポイント高、日経平均は13,333円の102円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,222、値下がり銘柄数は333。

続きを読む>>

今なぜか、銀行株「評価急上昇」1、2、5、10位アナリストが激賞!? 【NSJ日本証券新聞 6月24日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 6月24日

・大量保有報告書から ITネット関連に照準合わせる動きも
・竹中三佳の「株Catch one’s eye」Part.4 パナソニック美容家電
・LTT大株主の投資手法は… 玉石混交「上場廃止株」
・半導体消耗品関連 出直りへ 「BBレシオ」回復基調

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) セントケアHD、ユーグレナ、Jフロント、医学生物学研究所など

個別

■セルシード(7776) 3,480円〔+502円、+16.86%〕
 癌組織モデル作製用癌細胞シートに関する国内特許が成立見込み

■ピジョン(7956) 7,210円〔-790円、-9.88%〕
 第1四半期決算を発表

■TASAKI(7968) ストップ高買い気配
 第2四半期業績予想を黒字見通しに増額修正

続きを読む>>

投下資金回収への基本スタンス 市場統合視野に大証銘柄狙い目

JACK流「勝利の方程式」 連載

近鉄百貨店(8244) 週足

あらためて私自身の戦略としては、まずは自分自身で欲しい優待銘柄を獲得するというスタンスです。
具体的には、やはり投下資金の回収という面では配当と優待を合わせた利回り10%超が理想であると思っております。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ヤクルト、鉄人化計画、リンナイ、フェローテックなど

個別

■光陽社(7946) 90円〔+10円、+12.50%〕
 平成25年3月期決算を発表

■サンワテクノス(8137) 1,071円〔+51円、+5.00%〕
 いちよし経済研究所ではV字回復予想

■三菱UFJ(8306) 692円〔-7円、-1.00%〕
 UBS証券が投資判断を「Neutral」へ引き上げ

続きを読む>>

概況/大引け 主力株にも利益確定売りが広がり、日経平均は一時216円安。ただ、引けにかけては下げ渋り。REITと不動産株は反発

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,245.23ポイントの7.62ポイント安、日経平均は15,037.24円の58.79円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は379、値下がり銘柄数は1,290。出来高は51億3,823万株、売買代金は4兆835億円。

続きを読む>>

概況/前引け 金利上昇による国債損失が警戒され銀行株が安い。第一生命は増配を好感。新興市場のバイオ関連続落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,234.66ポイントの18.19ポイント安、日経平均は14,932.95円の163.08円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は168、値下がり銘柄数は1,512。出来高は28億7,887万株、売買代金は2兆2,025億円。

続きを読む>>

明日の材料 ミクシィ、JCLバイオ、NTN、OKI、3Dマトリックスなど

個別

■ミクシィ(2121)
 平成25年3月期決算を発表、平成26年3月期は5.0減収~6.9%増収、61.2~22.3%営業減益を計画

■タケエイ(2151)
 平成25年3月期決算、1対3の株式分割を発表

■JCLバイオアッセイ(2190)
 シミックホールディングスと資本・業務提携

続きを読む>>

概況/大引け G7財務相・中銀総裁会議で円安について強い不満が出なかったことで一時102円台に円安進行。自動車株以外にも貸出増加期待で銀行も高い

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

トヨタなどの自動車株以外にも円安による企業業績の改善で設備投資意欲が回復し、貸出も増えるという期待で三菱UFJフィナンシャルグループ(8306)や三井住友フィナンシャルグループなどの銀行株も買われました。

続きを読む>>

個別銘柄動向 大東建託、シャープ、ローランドDG、H2Oリテイリングなど

個別

■大日本住友製薬(4506) 1,768円〔-111円、-5.91%〕
 今期は小幅営業増益計画

■ナノキャリア(4571) 451,000円〔-47,500円、-9.53%〕
 pH応答性ミセルに関する物質特許が米国にて特許査定

■シャープ(6753) 449円〔+80円、+21.68%〕
 サムスン電子と提携強化報道

続きを読む>>

時代を映す「ノムラ女子力30」  男性不況転じて“女性好況”!?

セクター 個別

アベノミクス成長戦略の要諦は「女性」にあり。日本記者クラブにおける19日の安倍晋三首相会見でも明らかになった通りだ。「2020年までに指導的地位に女性が占める割合を30%以上に」「全上場企業に1人は女性役員を登用すること」などを打ち上げた安倍首相自身、自民党3役に2名の女性(野田聖子総務会長、高市早苗政務調査会長)を起用するなど、率先垂範の構えを示している。

続きを読む>>

個別銘柄動向 トランスジェニック、宇部興産、TAC、富士通など

個別

■キヤノン電子(7739) 2,001円〔-30円、-1.48%〕
 減収・減益となる第1四半期決算を発表

■日本電産コパル(7756) すトプ高買い気配
 日本電産が株式交換による完全子会社化(1:0.122)を発表

■日立ハイテクノロジーズ(8036) 2,267円〔+97円、+4.47%〕
 平成25年3月期決算を発表

続きを読む>>

概況/前引け 欧米の株安を受け、日経平均も13,200円(前日比182円安)まで売られたが、銀行、証券、ノンバンクが買われ、下げ幅縮小

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

みずほフィナンシャルグループ(8411)や三菱UFJフィナンシャルグループなどの銀行株や、アイフルやポケットカードなどのノンバンクも買われました。証券株に買いが入り、朝方は利食い売りに押されていたSBIホールディングスも再び値上がりし、大和証券やいちよし証券などが買われました。

続きを読む>>

現物買い流入で取組急好転 金融・不動産、信用需給に異変!? 【NSJ日本証券新聞 4月11日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 4月11日

・円高是正のインパクト大「東海銘柄」に注目
・来る人、去る人、NASDAQ UBICの決断、吉と出るか…
・ブックビル大作戦 オークファン(3674)

続きを読む>>

個別銘柄動向 カービュー、コシダカ、デジタルハーツ、丸一鋼管、日東電工など

個別

■クラレ(3405) 1,328円〔-10円、-0.75%〕
 クレディ・スイスが投資判断を「OUTPERFORM」に

■デジタルハーツ(3620) 923円〔+137円、+17.43%〕
 サイバーセキュリティサービスの開始が材料視

■コーエーテクモ(3635) 789円〔-40円、-4.83%〕
 下方修正を発表

続きを読む>>

概況/寄り付き 米3月のミシガン大消費者信頼感指数の低下でドル安円高となり、東証は全面安。椿本チエインは大和証券が格下げ。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

週明けの東京株式市場も反落して始まっていて、ほぼ全面安となっています。米国のミシガン大消費者信頼感指数の低下で、米国の長期金利が低下したため、ドルも売られ、円高となりました。

続きを読む>>

次の流れはPBR「格差是正」 ソニー人気化で意外な視点 【NSJ日本証券新聞(3月18日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 3月18日付け

・ブラインドインタビュー TPP参加は“諸刃の剣” 外人ウケ良く、株高要因に
・IPO社長会見 オルトプラス「逆張り的」独自戦略で成長
・北浜流一郎 人気株発掘 好業績のTPP関連株
・タカさんの「オレに任せろ!」押し目狙いの態勢準備を
・フォーカス 外為市場、円は全面安から変化 米悲観シーズン乗り越えないと…
・取材の現場から トヨタ単体業績の黒字化 意外な円安への恨み節
・Mr.009の新興市場 株主還元重視のシーズンに

続きを読む>>

概況/大引け 米2月雇用統計が予想を上回ったことを好感したが、ファーストリテイリングやソフトバンクが弱含み、日経平均は上げ幅縮小。銀行株が高く、土地含み益関連や復興関連が高い。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

東京株式市場では三菱UFJフィナンシャルグループ(8306)や三井住友フィナンシャルグループなどの銀行株が買われました。本日と明日は参議院で日銀総裁候補者と副総裁候補者の所信聴取が行われ、今週中には人事案が国会の同意を得る見込みで、今週中には日本のTPP交渉への参加表明が行われるようなので、「アベノミクス」に関する話題は今週も豊富という期待が抱かれています。

続きを読む>>

概況/大引け 3月4日~5日の日銀正副総裁候補の所信聴取で金融緩和に対する積極的な発言に期待し、不動産や倉庫株が大幅高。理研がiPS臨床研究の申請を行ったため、新興市場はバイオ関連が人気。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

安田倉庫と渋沢倉庫がストップ高となり、三井倉庫や住友倉庫や東陽倉庫など軒並み高となっています。三井不動産や三菱地所などの大手不動産株も値を飛ばしました。

続きを読む>>

概況/前引け 米国の量的緩和の縮小が早まるという警戒感、米国政府支出の強制削減が3月1日に迫っていることも不安視。自動車や金融が安い。

概況

米国では1月29日~30日の開催されたFOMCで、複数の委員が、雇用市場が改善する前に資産買い入れの縮小か停止が必要となる可能性があると指摘していたことが2月20日に公表されたことや、米国政府の支出の強制削減が3月1日に迫っていることも警戒されています。
昨日の米国株が続落となり、東京株式市場も値下がりしました。

続きを読む>>

概況/寄り付き 欧米市場の下落から東京株式市場も弱含みの始まり。東ソーはリチウムイオン電池の熱暴走を防ぐ新素材、日本電産はモルガンスタンレーの格上げ。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

昨日のNYダウは46ドル安の13,880ドルでした。前日発表されたFOMC議事要旨で、資産購入プログラムのペースの縮小の議論や、2月のユーロ圏総合購買担当者景気指数が47.3と、1月の48.6から低下し、欧州株式市場が売られたことも影響しました。今朝の東京株式市場も弱含みの始まりで、三菱UFJフィナンシャルグループが続落となっています。

続きを読む>>

“上昇第2波”リード役は金融株 強気充満、株価劣等の背景 【NSJ日本証券新聞(2月19日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月19日付け

・“上昇第2波”リード役は金融株 強気充満、株価劣等の背景
・銘柄一本勝負 “シェール革命”の波に乗る クリヤマHD

続きを読む>>

概況/寄り付き G20財務相・中央銀行総裁会議で、安倍政権の経済政策に直接的な批判がなかったことや一定の評価も与えた事が安心され、反発。広範囲に値上がり。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

G20財務相・中央銀行総裁会議で、安倍政権の経済政策に直接的な批判はなく、世界経済のリスクが後退したとして、アベノミクスに一定の評価も与えた事が安心され、反発して始まっています。

続きを読む>>

明日の材料 キリンHD、住友化学、ユニパルス、レーザーテック、3Dマトリックスなど

個別

■ぐるなび(2440):第3四半期決算、通期業績予想の利益面での減額を発表
■キリンHD(2503):フレイザー・アンド・ニーヴ社の株式譲渡、売却益約470億円を特別利益に計上予定
■PSS(7707):第2四半期及び通期業績予想の下方修正を発表
■3Dマトリックス(7777):業績予想の下方修正、中期経営計画の修正を発表

続きを読む>>

概況/大引け 大手行は保有株の減損額の大幅減で今期業績は会社計画上回る見通しと報じられ高い。ノンバンクは主役交代で下落。新興市場でもバイオ関連は利食い売りに反落。

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

円安進行が足踏みとなっているため、日経平均の上げ幅も小幅に留まりましたが、銀行株は買われました。大手行は保有銘柄の株価上昇で業績の足を引っ張る株式減損額が大幅に減ったため、今期の業績は会社計画を上回る見通しで、中でも三井住友フィナンシャルグループ(8316)は2006年3月期の過去最高益をうかがう勢いと日経新聞で報じられたことが注目されました。

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは921.86ポイントの8.08ポイント高、日経平均は10,892円の68円高。寄り付きは73円安の10,751円だったが、保有株の減損額が大幅減の報道で銀行株が買われ、日経平均も切り返す。FPGが業績拡大でストップ高。

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

前日の米国株の軟化もあり、本日の日経平均は朝方は続落で始まりましたが、銀行株に押し目買いが入ったことで持ち直し、切り返しました。

続きを読む>>

取材の現場から 経済学者 高橋洋一氏の影響力 銀行が泣き、証券が笑う政策か

取材の現場から 連載

野村HD(8604) 日足

「安倍ノミクス」が始動する。この政策は賛否両論だが、国会では圧倒的多数が賛成だ。維新の会もみんなの党も同様のリフレ政策を支持しているからだ。それもそのはずで、この政策を推進してきたキーマンは、元財務官僚で経済学者の高橋洋一氏。バーナンキFRB(連邦準備制度理事会)議長の〝弟子〟としても知られている人物。

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは884.08ポイントの24.28ポイント高、日経平均は10,666円の270円高。米国の財政の崖の回避や、FOMC議事録で出口戦略が意識されドル買い円安。1ドル=87円60銭台の円安も好感。日経平均は東日本大震災の発生前の水準に回復。

概況

TOPIX 15分足 MA(25-75)

米国で減税の失効と歳出削減が重なる「財政の崖」が回避されたため、ドル買い円安が進み、本日は1ドル=87円60銭台で取引されていることも好感され、日経平均は東日本大震災の発生前の水準を約1年10ヵ月振りに回復しました。

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは884.79ポイントの24.99ポイント高、日経平均は10,686円の291円高。米財政の崖の回避を好感。ドル買い円安も後押しし、値上がり銘柄数は1,609、値下がり銘柄数は50と全面高。

概況

TOPIX 15分足 MA(25、75)

米国で「財政の崖」が回避されたこを好感し、1月2日のNYダウは308ドル高の13,412ドルと上昇しましたが、昨日1月3日は21ドル安の13,391ドルと小幅安となりました。
 昨年12月11日~12日に開催されたFOMC議事録が公表され、毎月850億ドルの債券購入の縮小なり停止が恐らく適切になるだろうという意見が複数でたことが判明したため、売られました。

続きを読む>>

NSJ日本証券新聞 12月27日付け

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月27日付け

・パワービルダー再編の背景と行方 ・IPO 2012年総括 エイチームの好ダッシュ際立つ ・野村vs大和、高値で並ぶ 激しさ増すライバル対決 ・2大都市圏以外のテーマパークも回復 円安で外国人環境客増に期待 ・シカゴコー…

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは849.807ポイントの11.19ポイント高、日経平均は10,173円の134円高。日銀の物価目標導入見通しで金融株や不動産株が高い。米国株の反発や円安も好感。東海カーボンは大和証券の3→1で高い。

概況

日経平均 日足 MA(75)、MA(25)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,050万株、買いは1,650万株でした。 9時15分時点のTOPIXは849.807ポイントの11.19ポイント高、日経平均は10,173円の134円高。東証1部市場の…

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは838.97ポイントの0.37ポイント安、日経平均は10,113円の47円安。米国株は反落したが、東証の下げ幅は小幅。金融株は下げ渋る。国土強靱化関連は反落したが、日本橋梁やPS三菱は値上がり。一方、日産は野村証券が格下げし下落。

概況

日経平均 15分足 MA(25)、MA(75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,540万株、買いは2,490万株でした。 9時15分時点のTOPIXは838.97ポイントの0.37ポイント安、日経平均は10,113円の47円安。東証1部市場の値上が…

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは839.34ポイントの22.49ポイント高、日経平均は10,160円の237円高。米国で財政の崖回避に向けて高額所得者への減税打ち切りで大統領と共和党が互いに譲歩。日本の補正予算10兆円観測と日銀への物価目標圧力で建設、金融以外にも鉄鋼や造船などの大型株も物色。

概況

TOPIX 15分足(5日間) MA(25)、MA(75)

大引けのTOPIXは839.34ポイントの22.49ポイント高、日経平均は10,160円の237円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,419。値下がり銘柄数は211。出来高は40億3,441万株、売買代金で2兆888億…

続きを読む>>

話題銘柄をテクニカルで斬る 三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306) レンジ相場入り、370円の押し目狙い

テクニカル 個別

三菱UFJ(8306) 週足

三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)の週足は、長期三角もちあい形成中だ。三角の上辺は2011年2月の高値476円と12年3月の高値448円を結ぶ右肩下がりのトレンドライン。下辺は11年11月の安値318円と12…

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは829.16ポイントの12.31ポイント高、日経平均は10,059円の136円高。財政の崖協議でオバマ大統領が一定の譲歩を見せ、NYダウ続伸。日本でも10兆円規模の補正予算への期待もあり、日経平均は4月4日以来約8ヵ月振りの1万円回復。

概況

TOPIX 日足 MA(25)、MA(75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,810万株、買いは1,730万株と10営業日振りに売り越しとなりました。 9時15分時点のTOPIXは829.16ポイントの12.31ポイント高、日経平均は10,059…

続きを読む>>

NSJ日本証券新聞 12月19日付け

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月19日付け

・新政権関連 金融株一斉浮上へ 三菱UFJ、野村HDともに400円台復帰 ・IPOラッシュ 3日間で7社上場 注目度No1 ユーグレナ登場(20日) ・REIT分割に関係者注目 人気不発の背景は… ・火力発電の海外受注活…

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは816.85ポイントの9.01ポイント高、日経平均は9,923円の94円高。安倍自民党総裁が昨日、内閣発足後ただちに2%の物価上昇率目標を日銀と共有する政策協定の検討指示し、補正予算も大規模になると表明。積極財政論者の麻生元首相が副総理兼財務相の観測報道もあり、国土強靱化関連高い。

概況

日経平均 15分足(5日間) MA(25)、MA(75)

大引けのTOPIXは816.85ポイントの9.01ポイント高、日経平均は9,923円の94円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,037、値下がり銘柄数は520。出来高は34億3,035万株、売買代金は1兆7,423億円…

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは781.60ポイントの2.10ポイント高、日経平均は9,423円の34円高。ユーロ圏財務相会合でギリシャの債務削減と融資再開が合意されたが、持続的なユーロ高を促す決定打とはなりにくいという見方も。安倍自民党総裁が金融政策でインフレ期待を高めるには時間がかかる。必要な財政政策を行っていくと述べ、建設株が値上がり。

概況

日経平均 15分足 MA(25)、MA(75)

大引けのTOPIXは781.60ポイントの2.10ポイント高、日経平均は9,423円の34円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,104、値下がり銘柄数は442。出来高は19億8,897万株、売買代金は1兆2,299億円…

続きを読む>>