8279

大量保有報告書で読む機関投資家動向 ブラックロック 「日本株買い」継続【日本証券新聞 2月13日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月13日

・NISAの日、決算最終日… 成績良好「13日の金曜日」
・今年IPO第1号 KeePer技研 49%高発進
・日経平均、8年ぶり高値 一時1万8000円 トヨタ、三菱UFJなど上放れ
・「株式分割」にわかにラッシュ 値がさ株見直しの切り口

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 松井建設、西松建設、ピーエス三菱、ネクシィーズ、フマキラーなど

個別

■丸紅(8002) 697円〔+9円、+1.34%〕
 ゴールドマン・サックスでは「買い」継続
■コメリ(8218) 2,522円〔+53円、+2.15%〕
 みずほ証券が目標株価を引き上げ
■ヤオコー(8279) 8,060円〔+50円、+0.62%〕
 第3四半期決算、1対2の株式分割

続きを読む>>

明日の材料 国際石油開発帝石、大末建設、ピーエス三菱、ミクシィ、ウェルネット、日本パーカライジングなど

概況

■ヤオコー(8279):第3四半期決算、1対2の株式分割、株主優待制度を変更
■日産東京販売ホールディングス(8291):第3四半期決算、株主優待制度を再開
■日本電信電話(9432):第3四半期決算を発表、前年同期比2.0%増収、7.5%営業減益
■ベネッセホールディングス(9783):第3四半期決算を発表、前年同期比0.3%増収、16.0%営業増益

続きを読む>>

最強アノマリー「1月効果」で銘柄選別 新春活躍株に共通の傾向【日本証券新聞 12月29日】

日本証券新聞

日本証券新聞 12月29日

・外資系証券「副会長」への道 キャシー・松井氏に続け!!
・IPO初値 MRTは初日値付かず
・日本初「ハラールEXPO」開催 ハラール認証取得で商機
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.70 福袋2015

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 東日本ハウス、大東建託、夢の街創造委員会、クスリのアオキなど

個別

■大幸薬品(4574) 2,275円〔+113円、+5.23%〕
 ウイルスを除菌できる新技術を開発との報道
■日信工業(7230) 1,768円〔-80円、-4.33%〕
 みずほ証券が「中立」へ格下げ
■スカイマーク(9204) 245円〔+14円、+6.06%〕
 全日空にも支援を要請との報道

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) エスフーズ、学情、ストリーム、ビューティガレージ、ガーラなど

個別

■タカタ(7312) 1,340円〔+37円、+2.84%〕
 ホンダ社長が経営支援を示唆との報道
■TASAKI(7968) 1,406円〔+114円、+8.82%〕
 通期業績予想を上方修正
■ヤオコー(8279) 7,080円〔+120円、+1.72%〕
 野村証券が目標株価を引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 アルトナー、学情、スタジオアリス、日本マクドナルドホールディングス、ハブ、ストリームなど

個別

■日本テレホン(9425):第2四半期及び通期業績予想を下方修正
■スバル興業(9632):第3四半期決算を発表、前年同期比14.6%増収、82.5%営業増益
■アサツーディ・ケイ(9747):11月の売上高は前期比105.6%

続きを読む>>

“勝ち組”消費、実力発揮へ 再増税見送りで活躍期待

セクター 個別

セブン&アイ(3382) 日足

にわかに浮上した「解散・総選挙」。その大義名分として消費再増税の延長が現実味を増している。今年4月の消費増税第一弾の影響も比較的軽微にとどめ、企業努力で順調に利益を拡大してきた“勝ち組”消費の代表格でもある大手小売株にとって、再増税延長は収益向上に向けた絶好のチャンス到来でもある。

続きを読む>>

ISSショックからJPX日経先物上場へ すべての道は「ROE改善」に通ず【日本証券新聞 11月14日】

日本証券新聞

日本証券新聞 11月14日

・影響いろいろ「増税見送り」 アテが外れた?自動車業界
・IPO初値 SHIFT 値付かず
・リアルワールド 一時S高 同業のクラウドワークス上場も刺激
・”勝ち組”消費、実力発揮へ 再増税見送りで活躍期待

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) バナーズ、ファインデックス、伊藤忠テクノソリューションズ、日本レヂボンなど

個別

■ユナイテッドアローズ(7606) 3,435円〔-310円、-8.28%〕
 二桁の減益となる第2四半期決算を発表
■日本ユニシス(8056) 1,086円〔+66円、+6.47%〕
 大和証券が投資判断を引き上げ
■ワイヤレスゲート(9419) 4,160円〔-285円、-6.41%〕
 野村証券が目標株価を引き下げ

続きを読む>>

明日の材料 ピーエス三菱、ライト工業、クルーズ、森永製菓、エービーシー・マート、ユナイテッドなど

個別

■ジャックス(8584):第2四半期決算、期末配当予想を6円→7円へ引き上げ
■京浜急行電鉄(9006):第2四半期決算を発表、前年同期比8.4%減収、5.4%営業減益
■学究社(9769):第2四半期業績予想を上方修正

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ファステップス、日本ライトン、パル、味の素、Jフロントリテイリングなど

個別

■ヤマシンフィルタ(6240) 3,540円
 初値は公開価格2,800円を19.6%上回る3,350円
■ダイハツ工業(7262) 1,585円〔-39円、-2.40%〕
 SMBC日興証券が投資判断を引き下げ
■ヤオコー(8279) 6,820円〔+50円、+0.74%〕
 野村証券が目標株価を引き下げ

続きを読む>>

日経平均続騰 昨年12月末高値1万6291円抜く【日本証券新聞 9月22日】

日本証券新聞

日本証券新聞 9月22日

・IPO初値 AMBITION 61%高で好発進
・IHI 中長期成長力を評価
・日本電産 海外事業拡大で最高益
・日野自動車 いすゞ 先高期待が高まる

続きを読む>>

食品スーパー 選別買い 関東地盤の中堅3社好調

個別

ヤオコー(8279) 週足

「影響は限定的」――とみられていた4月の消費増税だったが、百貨店、スーパー、コンビニといった代表的な個人消費の統計で4カ月連続の前年割れとなったことから、楽観論が後退している。

続きを読む>>

指数入替予想相次ぐ 旭硝子「10銭刻み」離脱か【日本証券新聞 9月8日】

日本証券新聞

日本証券新聞 9月8日

・塩崎厚労相に「期待と誤解」
・ジャムコ 後場急伸で高値更新 米ボーイング「777X」向け独占受注
・日本フェンオール 上値追い軽快 川内原発にも採用
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.57 世界コンテンツ戦略

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 大林組、神戸物産、モルフォ、アズジェント、オンコリスバイオファーマなど

個別

■シスメックス(6869) 4,160円〔+20円、+0.48%〕
 クレディ・スイスが投資判断を引き上げ
■ヤオコー(8279) 6,570円〔+80円、+1.23%〕
 東海東京調査センターでは「1」継続
■スターツコーポレーション(8850) 1,717円〔-75円、-4.19%〕
 1部または2部に市場変更、公募増資等

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は6日ぶりの反発。GPIF改革が伝わり、午後2時過ぎから持ち直す

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,232.37円の72.58円高、TOPIXは1,258.12の6.83ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,213、値下がり銘柄数は488。出来高は22億1,085万株、売買代金は2兆508億円。

続きを読む>>

株主総会視野に”票集め”活発化 狙いは現金潤沢な低ROE銘柄【日本証券新聞 5月15日】

日本証券新聞

日本証券新聞 5月15日

・法人減税見据えた投資戦略 恩恵、そして逆風銘柄は!?
・ホテル関連に熱視線 星野リゾート 野村が目標株価大幅引き上げ
・リクルート関連株が人気 図書印刷、クイックなど
・KADOKAWA&ドワンゴ 経営統合報道で急伸

続きを読む>>

明日の材料 日本ハム、アイロムホールディングス、オールアバウト、トリドール、石原産業など

個別

■スリー・ディー・マトリックス(7777)
 ETPLと超短鎖自己組織化ペプチド技術に関するライセンス契約
■タカラレーベン(8897)
 平成26年3月期決算、500万株の自社株買い、オアシスを子会社化
■イヌイ倉庫(9308)
 平成26年3月期決算、乾汽船(9113)と合併契約締結

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) キリンホールディングス、 コカ・コーライースト、エヌ・ピー・シー、千代田化工建設など

個別

■東京センチュリーリース(8439) 3,015円〔+91円、+3.11%〕
 環境・エネルギー事業への投資を活発化させるとの報道
■松竹(9601) 893円〔-23円、-2.51%〕
 特損計上から当期純利益予想を減額修正
■ソフトバンク(9984) 8,109円〔+335円、+4.31%〕
 LINEの株式取得を目指していると伝わる

続きを読む>>

日本にもいた“配当貴族” 「長期連続増配」銘柄に注目 

セクター 個別

パーク24(4666) 週足

P&Gには及ばずとも… パーク24、みらかHDなど にわかに不透明感の高まってきた最近の内外市場。リスク回避ムードが生じると関心が向かうのが「配当利回り」で、特に減配リスクの乏しい収益安定銘柄が逃避資金の受け皿に…

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) インタースペース、ハニーズ、グリムス、メイコー、象印マホービンなど

個別

■ヤオコー(8279) 4,075円〔+85円、+2.13%〕
 大和証券が目標株価を4,500円→4,800円へ引き上げ
■京浜急行電鉄(9006) 838円〔+16円、+1.95%〕
 JR東日本の品川車両基地再開発構想の具体化で、保有資産が注目
■日本通信(9424) 10,400円〔+1,500円、+16.85%〕
 信用規制が解除

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 五洋建設、ミタチ産業、東洋炭素、ミツミ電機、西松屋チェーンなど

個別

■ジャパンパイル(5288) 979円〔-121円、-11.00%〕
 上方修正、増配のに加え、資金調達も発表
■永大産業(7822) 537円〔+20円、+3.87%〕
 岩井コスモ証券が新規「B+」
■ファーストリテイリング(9983) 37,800円〔+1,000円、+2.72%〕
 香港への重複上場計画報道

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 積水ハウス、オイシックス、チヨダ、NTTドコモ、バローなど

個別

■TOA(6809) 725円〔+1円、+0.14%〕
 丸三証券では「買い」を継続
■小野測器(6858) 431円〔+10円、+2.38%〕
 30万株、138百万円を上限に自社株買い
■良品計画(7453) 8,560円〔-130円、-1.50%〕
 SMBC日興証券が投資判断を「2」に引き上げ
■HIS(9603) 4,975円〔-405円、-7.53%〕
 第3四半期決算を発表、前年同期比 11.9%増収、16.9%営業増益

続きを読む>>