8233

概況/大引け 東京市場は続伸、TOPIXは1,500ポイント台乗せ。ただ、過熱警戒やユーロ圏財務相会合を控え上値抑制

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は18,332.30円の67.51円高、TOPIXは1,500.33の5.40ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は994、値下がり銘柄数は721。出来高は24億615万株、売買代金は2兆3,779億円。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は大幅上昇、120円台の円安を好感。日経平均は一時18,000円台乗せ、TOPIXは4連騰

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,979.72円の327.04円高、TOPIXは1,449.39の21.67ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,258、値下がり銘柄数は497。出来高は27億7,325万株、売買代金は3兆1,600億円。

続きを読む>>

明日の材料 クルーズ、夢真ホールディングス、ファンコミュニケーションズ、あじかん、ラクーン、ブロンコビリーなど

個別

■アールシーコア(7837):別荘タイムシェア事業で東急電鉄と業務提携
■高島屋(8233):12月度の営業報告を公表
■クロップス(9428):大明商事を子会社化

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 地域新聞社、カカクコム、ダイヤモンドダイニング、イーピーエスなど

個別

■日本アビオニクス(6946) 235円〔+36円、+18.09%〕
 都内の男性にエボラ熱の疑いと伝わり
■ダイハツ工業(7262) 1,583円〔-23円、-1.43%〕
 ゴールドマン・サックスが目標株価を引き下げ
■髙島屋(8233) 970円〔-26円、-2.61%〕
 第3四半期決算を発表

続きを読む>>

竹中三佳の株Catch one’s eye Part.70 福袋2015

竹中三佳の株Catch one's eye 連載

竹中三佳さん

クリスマスが終わり足早に年末年始の準備へと切り替わるこの時期、友人が念入りにチェックし始めるのが「福袋」です。

続きを読む>>

明日の材料 シンクレイヤ、トライステージ、ソーバル、アスクル、ハローズ、パレモなど

個別

■東京急行電鉄(9005):電力小売事業へ参入
■アインファーマシーズ(9627):メディオ薬局を子会社化
■吉野家ホールディングス(9861):Texchem社と合弁会社

続きを読む>>

明日の材料 中広、UBIC、システナ、アウトソーシング、ファンコミュニケーションズ、ユナイテッドなど

個別

■桑山(7889):ユーロスター社と独占販売契約
■タカラレーベン(8897):200万株の自己株式を消却
■GMOインターネット(9449):カルチャー支援事業を開始するため子会社へ出資

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 グリー、りそなホールディングス、高島屋

テクニカル 個別

グリー(3632) 週足

一目均衡表では転換線を上回る下値固めは終了。短期的には遅行スパンが当時の株価に上値を抑えられる可能性が高いことや、基準線なども強い抵抗となり得る。当面のポイントは10月高値(897円)を上回り、短期二番底を形成できるかだ。

続きを読む>>

明日の材料 高橋カーテンウォール工業、シミックホールディングス、ファンコミュニケーションズ、レカムなど

個別

■三井ハイテック(6966):IC組立事業を清算
■高島屋(8233):10月度の営業報告を開示
■シノケングループ(8909):1対2の株式分割

続きを読む>>

“GDPショック”日経平均517円安 実態は「短期筋のポジション調整」【日本証券新聞 11月18日】

日本証券新聞

日本証券新聞 11月18日

・関東電化 高値更新 増額、復配で評価一変
・筍狩りに行こう セック 「ロボット」で見直す
・東レ 逆行高強烈 炭素繊維の巨額受注好感 関連株も頑強
・冷凍食品 需要増で新視点 値上げ浸透度トップクラス

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) サカタのタネ、ムゲンエステート、コスモス薬品、フィスコなど

個別

■島忠(8184) 2,623円〔+146円、+5.89%〕
 平成26年8月期決算、自社株買い
■高島屋(8233) 904円〔+19円、+2.15%〕
 第2四半期決算を発表
■トランコム(9058) 4,375円〔-285円、-6.12%〕
 東海東京調査センターがレーティングを引き下げ

続きを読む>>

明日の材料 サカタのタネ、インターライフホールディングス、銭高組、ユアテック、パソナグループなど

個別

■島忠(8184):平成26年8月期決算を発表、120万株を上限に自社株買い
■高島屋(8233):第2四半期決算を発表、前年同期比1.5%増収、9.5%営業増益
■松竹(9601):第2四半期及び通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

明日の材料 アルバイトタイムス、ローソン、日本マクドナルドホールディングス、パル、コロプラなど

個別

■高島屋(8233):トランスコスモスと海外向け卸・小売販売の合弁会社設立に向けた準備室を開設
■東京電力(9501):中部電力(9502)と包括アライアンスに係る基本合意書締結
■東宝(9602):第2四半期及び通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

明日の材料 ミクシィ、アイレップ、ファンコミュニケーションズ、パレモ、日本管理センターなど

個別

■リズム時計工業(7769):1,500万株の自己株式を消却
■高島屋(8233):8月度の百貨店は前年比横ばい
■GMOインターネット(9449):子会社GMOリサーチが上場承認

続きを読む>>

明日の材料 ツカダ・グローバルホールディングス、ファンコミュニケーションズ、ソフトウェア・サービス、電通など

個別

■アデランス(8170):7月度の売上高合計は前年同月比107.4%
■高島屋(8233):7月度の百貨店は前年比4.3%減
■昭文社(9475):ウィズ・パートナーズと業務提携

続きを読む>>

明日の材料 タマホーム、ウェルネット、ファンコミュニケーションズ、サッポロドラッグストアーなど

個別

■サマンサタバサジャパンリミテッド(7829)
 第1四半期決算を発表、前年同期比44.6%増収、186.3%営業増益
■毎日コムネット(8908)
 エナリス(6079)と業務提携に向け基本合意
■ベネッセホールディングス(9783)
 個人情報漏えい事故調査委員会発足

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 東鉄工業、日本M&Aセンター、綜合警備保障、ソケッツなど

個別

■ライドオン・エクスプレス(6082) 2,901円〔+152円、+5.53%〕
 いちよし経済研究所がレーティングを新規「A」に設定
■高島屋(8233) 982円〔-4円、-0.41%〕
 第1四半期決算を発表
■電源開発(9513) 3,290円〔+10円、+0.30%〕
 JPモルガンが投資判断を「Neutral」に引き下げ

続きを読む>>

明日の材料 アウンコンサルティング、DCMホールディングス、銚子丸、クスリのアオキ、ビットアイルなど

個別

■ウェブクルー(8767)
 Tangerineと資本業務提携合意
■東京ガス(9531)
 70,773,000株の自己株式を消却
■ニトリホールディングス(9843)
 第1四半期決算を発表、前年同期比15.9%増収、16.6%営業増益

続きを読む>>

明日の材料 国際石油開発帝石、第一カッター興業、江崎グリコ、、ディップ、ティアなど

個別

■メルコホールディングス(6676)
 バイオスを完全子会社化
■全国保証(7164)
 クオカード又はカタログギフトを贈呈する株主優待制度を導入
■静岡銀行(8355)
 1,000万株、120億円を上限に自社株買い

続きを読む>>

明日の材料 飛島建設、江崎グリコ、マツモトキヨシホールディングス、SUMCOなど

個別

■アルデプロ(8925)
 不動産投資顧問業に進出
■スカイマーク(9204)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は21.5%増収、営業利益は312百万円を計画
■サンドラッグ(9989)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は3.8%増収、3.0%営業増益を計画

続きを読む>>

概況/大引け 欧米株高から、東京市場は3日ぶりに反発。明日の日米首脳会談へ期待する声も。ノンバンクや不動産が反発し、消費関連も堅調

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,546.27円の157.50円高、TOPIXは1,173.81の11.31ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,301、値下がり銘柄数は361。出来高は17億5,026万株、売買代金は1兆5,436億円。

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 信越化学、高島屋、ヤクルト本社

テクニカル 個別

2013年5月高値7,310円から調整が続いており、主力株では出遅れ感が強い。そのため全体相場の足元の調整局面でも大陽線を形成し、下ブレを回避できるムードも。

続きを読む>>

通信料値下げ競争がフォロー スマホゲーム関連 リバウンド期待浮上【日本証券新聞 4月17日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月17日

・確率わずか「0.04%」!? 任天堂12日ぶり反発の波紋
・上場子会社、狙うなら今! ”再編の季節”5月を視野に
・日経平均が後場一段高 いつもの値がさ2銘柄けん引
・ピックルス 大胆な「自社株買い」を好感 今期は2ケタ増益を計画

続きを読む>>

明日の材料 スタジオアリス、ファンコミュニケーションズ、ピックルス、ブックオフコーポレーションなど

個別

■ローランドディージー(6789)
 通期業績予想を上方修正
■三菱地所(8802)
 減損損失326億円
■鴻池運輸(9025)
 ベトナムの冷凍冷蔵倉庫事業会社Anpha-AGを子会社化

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ジーフット、味の素、薬王堂、メディアドゥなど

個別

■IHI(7013) 409円〔+2円、+0.49%〕
 クレディ・スイスが投資判断を「NEUTRAL」に引き上げ
■インヴィンシブル投資法人(8963) 17,770円〔-60円、-0.34%〕
 SMBC日興証券が新規「2」に設定
■日本通信(9424) 374円〔-29円、-7.20%〕
 東証が増担保規制

続きを読む>>

明日の材料 テラ、アルバイトタイムス、ツヴァイ、ビックカメラ、、レイ、武田薬品工業など

概況

■イオンモール(8905)
 平成26年2月期決算を発表、今27年2月期は17.6%増収、8.9%営業増益を計画
■商船三井(9104)
 転換社債を発行、合計5億米ドル
■ミニストップ(9946)
 平成26年2月期決算を発表、今27年2月期は10.4%増収、12.1%営業増益を計画

続きを読む>>

新年度相場入りで直近IPOの出番 シグマクシス、アーキテクツSJ、アライドアーキなど【日本証券新聞 3月31日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月31日

・IPO初値 エスクロー 初値持ち越し
・話題 ”ミニ逆噴射”の影に年金売買 4月の厚生年金法改正も焦点
・消費増税織り込んだ!? 小売株の出直り鮮明に 信用好需給も手掛かり
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.36 地方から全国・海外へ

続きを読む>>

概況/大引け 後場に入り一時252円高も、大引けにかけて再び冴えない。鉱業や非鉄は安い

個別

日経平均 月足

大引けの日経平均は14,462.52円の51.25円高、TOPIXは1,164.33の1.61ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は571、値下がり銘柄数は1,082。出来高は22億7,712万株、売買代金は2兆774億円。

続きを読む>>

明日の材料 アルトナー、ファンコミュニケーションズ、日本調剤、ツルハホールディングスなど

個別

■全国保証(7164)
 通期業績予想を上方修正、期末配当予想を22円→28円へ修正
■ヤマハ(7951)
 米通信・音響機器メーカーRevolabs社を完全子会社化
■タカラレーベン(8897)
 200万株の自己株式を消却、期末配当予想を3.0円→3.5円へ修正

続きを読む>>

概況/大引け 米雇用統計を警戒し押される場面も、日経平均は今年初の4日続伸。不動産が続伸し、倉庫も買われた

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,274.07円の139.32円高、TOPIXは1,236.97の8.61ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,270、値下がり銘柄数は373。出来高は20億7,420万株、売買代金は1兆9,768億円。

続きを読む>>

明日の材料 アマナホールディングス、シンワアートオークション、東レ、eBASE、そーせいなど

個別

■AOKIホールディングス(8214)
 自己株式の処分、株式売出し
■京浜急行電鉄(9006)
 株主優待制度の拡大を発表
■プレナス(9945)
 米国において子会社を設立

続きを読む>>

明日の材料 サンヨーホームズ、ファンコミュニケーションズ、北の達人コーポレーション、日本アコモデーションファンド投資法人など

個別

■ハーモニック・ドライブ・システムズ(6324)
 第3四半期の受注高は前年同期比 120.6%、売上高は129.0%
■ミスターマックス(8203)
 オンラインショップにて一般用医薬品の販売を開始
■高島屋(8233)
 12月度の営業報告、百貨店は2カ月連続の前年比プラス

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 地域新聞社、エスアールジータカミヤ、ミタチ産業、テルモ、ダイフクなど

個別

■セルシード(7776) 1,786円〔-44円、-2.40%〕
 前日発表した下方修正が嫌気
■髙島屋(8233) 1,040円〔+19円、+1.86%〕
 第2四半期決算を発表
■上組(9364) 963円〔+20円、+2.12%〕
 みずほ証券が目標株価を1,050円に引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 クレアホールディングス、Jフロント、コロプラ、大阪有機化学工業、宝印刷など

個別

■しまむら(8227)
 第3四半期決算を発表、前年同期比 2.9%増収、6.6%営業減益
■高島屋(8233)
 第3四半期決算を発表、前年同期比 3.0%増収、14.6%営業増益
■イオン(8267)
 11月度の連結営業収益は5,590億円、前期比119.4%

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) シンワアートオークション、ファンコミュニケーションズ、日本ケミカルリサーチ、パーク24、リソー教育など

個別

■GMOインターネット(9449)
 モバイルゲーム向けクラウド事業拡大のための韓国子会社設立
■日本コンピューター・システム(9709)
 アクセスとの合併にむけた基本合意書締結
■ベルーナ(9997)
 レモールからベビー事業、マタニティ事業、ギフト事業を継承

続きを読む>>

概況/前引け 昨日の欧米株安や円安一服で、ほぼ全面安。金融株や保険、紙パ、証券などが安い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,426円70銭の322円96銭安、TOPIXは1,244.22の18.32ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は240、値下がり銘柄数は1,432。出来高は13億5,163万株、売買代金は1兆2,249億円。

続きを読む>>

概況/寄付き NYダウの伸び悩みや円高に振れていることもあり、東京市場は反落。自動車や鉄鋼、証券、情報通信などが安い

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,380万株、買いは1,510万株でした。
9時15分時点の日経平均は15,489円76銭の129円37銭安、TOPIXは1,251.86の7.75ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は400、値下がり銘柄数は1,118。

続きを読む>>

明日の材料 新日本科学、ウライ、UMNファーマ、クレスコ、ウチヤマホールディングス、セガサミー、日立など

個別

■日本ケミコン(6997)
 公募増資等により約76億円を調達
■シノケングループ(8909)
 株主優待制度の導入を発表、保有株式数・期間に応じてクオカードを贈呈
■コムテック(9657)
 7万株、49百万円を上限に自社株買い
■LINE、登録ユーザー数が3億人を突破

続きを読む>>

明日の材料 ジーエヌアイグループ、エバラ食品工業、モバイルクリエイト、ジーンズメイトなど

個別

■エム・ディ・エム(7600)
 人工膝関節新製品の米国食品医薬品局(FDA)薬事承認取得
■毎日コムネット(8908)
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正、期末配当予想を引き上げ
■ジャパンエクセレント投資法人(8987)
 1対5の投資口の分割を発表

続きを読む>>

概況/大引け NYダウの最高値を受け、自動車が高い。ただ、上値の重さも。ガンホーオンラインは7-9月期決算からストップ安

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,502円35銭の176円37銭高、TOPIXは1,204.50の11.00ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,067、値下がり銘柄数は598。出来高は34億8,076万株、売買代金は2兆7,213億円。

続きを読む>>

話題銘柄をテクニカルで斬る オリエンタルランド(4661)、高島屋(8233)

テクニカル 個別

オリエンタルランド(4661) 週足

「株価は実体景気に半年から1年先行する」来年の増税で個人消費はどうなるか。個人消費の指標として、家族連れレジャーの定番ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランド(4661)、高級ブランド品やお歳暮で潤う高島屋(8233)で考える。株価データは過去1年の週足ローソク足。分析ツールは13週、26週の株価移動平均線と出来高を使用する。

続きを読む>>

中小型の上方修正銘柄が人気 メディアGL、第一建設工業など 【NSJ日本証券新聞 10月22日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 10月22日

・銘柄一本勝負 田淵電機 パワコン事業は好調を持続中
・「3月期」がなくなる!? 決算期変更相次ぐ予感
・年末株価着地点は 超強気・野村vsその他大勢
・IPOエネリスは依然、人気沸騰中 国策のど真ん中に乗る

続きを読む>>

概況/大引け 短期的な連邦債務上限引き上げ案を検討していると報じられ、東証は値上がり。ドル高円安で自動車が高く、薬品株も反発

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,194円71銭の156円87銭高、TOPIXは1,177.95の11.05ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,115、値下がり銘柄数は496。出来高は22億5,097万株、 売買代金は1兆7,929億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 夢真ホールディングス、アスクル、富士電機、高島屋など

個別

■ネポン(7985) ストップ高買い気配
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正を発表
■松竹(9601) 957円〔+23円、+2.46%〕
 3-8月期営業利益が約2.5倍との日経報道
■王将フードサービス(9936) 3,105円〔+35円、+1.14%〕
 9月度の直営既存店売上高は95.3%

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 高砂熱学工業、メディネット、ナトコ、アース製薬、ダイフク、タカキューなど

個別

■アートスパークホールディング(3663) 436円〔+20円、+4.81%〕
 「CLIP STUDIO PAINT」がワコムのタブレットにバンドル
■昭和シェル石油(5002) 1,020円〔+29円、+2.93%〕
 バークレイズが新規「オーバーウエイト」
■オリンパス(7733) 2,815円〔-65円、-2.26%〕
 英国重大不正捜査局(SFO)による訴追を発表
■山九(9065) 303円〔-7円、-2.26%〕
 バークレイズが投資判断を「アンダーウエイト」へ引き下げ

続きを読む>>

明日の材料 日本海洋掘削、トラスト・テック、オルトプラス、スクロールなど

個別

■ファンコミュニケーションズ(2461):7月度の売上高は151.9%
■J.フロントリテイリング(3086):7月度の売上高合計は前年同月比15.8%増
■アステラス製薬(4503):下痢型過敏性腸症候群治療剤 「イリボーOD錠」製造販売承認取得
■パーク24(4666):7月の月次速報値を公表

続きを読む>>

概況/大引け 円高進行から東証は全面安、日経平均は再び14,000円台割れ

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,128.45の38.61ポイント安、日経平均は13,661.13円の468.85円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は57、値下がり銘柄数は1,676。出来高は25億6,546万株、売買代金は2兆1,924億円。

続きを読む>>

株式分割候補を探せ! 来春NISA導入が切り口

個別 概況

オークファン(3674) 日足

最近、株式分割を発表する企業が相次いでいる。17日に1対5分割を発表したオークファン(3674・東マ)がストップ高。1対200(実質1対2)分割発表のITbook(3742・東マ)も大幅高と、株価への感応度の高さも目立つ。特に、オークファンの場合、17日終値が1万3,710円で、100株単位のため、これまで最低単位の投資にも100万円を優に超える資金を必要とした。9月末に株式分割の権利を落とせば、一般個人投資家にもぐっと買いやすくなることがポイントだ。

続きを読む>>

決定近づく「東京五輪」 大手2社がレポート競演 【NSJ日本証券新聞 7月11日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 7月11日

・トップインタビュー 東京証券取引所 代表取締役社長 清田瞭氏
・3Dプリンター関連 大活況 クラスターテクは8連騰
・なぜか買われる「3連休明け」 6勝1敗 平均173円高

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 日本サード・パーティ、あみやき亭、花王、高島屋、ステップなど

個別

■花王(4452) 3,460円〔+85円、+2.52%〕
 JPモルガン証券が投資判断を「Overweight」へ引き上げ

■アンジェスMG(4563) 100,700円〔+9,700円、+10.66%〕
 米国で幅広い抗菌スペクトルを有する新規ペプチドの物質特許が成立

■LIXILグループ(5938) 2,371円〔-46円、-1.90%〕
 アメリカンスタンダード社を買収

続きを読む>>

明日の材料 江崎グリコ、あさひ、ダイセイ、enish、ユニオンツールなど

個別

■ソフトウェア・サービス(3733)
 5月度の月次売上高は前年同月比67.6%

■電気化学工業(4061)
 900万株、30億円を上限に自己株式の取得を発表

■ユニオンツール(6278)
 発行済株式総数の10%にあたる2,309,900株の自己株式を消却すると発表

続きを読む>>

特報 東宝不動産の株主総会 議決権行使割合は驚きの96.4%

個別 特報 連載

東宝不動産(8833) 日足

5月24日金曜日、注目の東宝不動産(8833)の定時株主総会が開催された。議案は全部で4本。1号議案が種類株式発行に係る定款の一部変更。2号議案が全部取得条項に係る定款一部変更、3号議案が全部取得条項付き普通株式の取得。そして4号議案が監査役1名の選任である。つまりは1号から3号までがキャッシュアウトするための追い出し決議3点セットである。

続きを読む>>

時代を映す「ノムラ女子力30」  男性不況転じて“女性好況”!?

セクター 個別

アベノミクス成長戦略の要諦は「女性」にあり。日本記者クラブにおける19日の安倍晋三首相会見でも明らかになった通りだ。「2020年までに指導的地位に女性が占める割合を30%以上に」「全上場企業に1人は女性役員を登用すること」などを打ち上げた安倍首相自身、自民党3役に2名の女性(野田聖子総務会長、高市早苗政務調査会長)を起用するなど、率先垂範の構えを示している。

続きを読む>>

時代を映す「ノムラ女子力30」 男性不況転じて“女性好況”!? 【NSJ日本証券新聞 4月25日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 4月25日

・ブラインドインタビュー 日本版ISA、30日に愛称決定
・新興市場の時価総額 1週間で1兆円ずつ増加
・隠れた農業強化関連 鳥獣被害対策で浮上

続きを読む>>

個別銘柄動向 アルバイトタイムス、ジーフット、ブリヂストン、太陽誘電、ニフコなど

個別

■コマツ(6301) 2,394円〔+43円、+1.83%〕
 JPモルガンが目標株価を2,650円へ引き上げ

■田淵電機(6624) 223円〔+21円、+10.40%〕
 太陽光発電関連

■太陽誘電(6976) 1,350円〔+54円、+4.17%〕
 JPモルガンが目標株価を1,680円へ引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 新日本科学、Jフロント、創通、シスウェーブ、HKSなど

個別

■高島屋(8233)
 平成25年2月期決算を発表、今26年2月期は3.1%増収、9.9%営業増益を計画

■イオンモール(8905)
 平成25年2月期決算を発表、今26年2月期は7.0%増収、2.7%営業増益を計画

■ミニストップ(9946)
 平成25年2月期決算を発表、今26年2月期は13.6%増収、20.3%営業増益を計画

続きを読む>>

個別銘柄動向 PS三菱、豆蔵、カイオム、良品計画、キヤノン、ゼビオなど

個別

■リンテック(7966) 1,878円〔+17円、+0.91%〕
 岩井コスモ証券が投資判断を「A」に引き上げ

■マミヤ・オーピー(7991) 220円〔+7円、+3.29%〕
 期末配当予想を4円→5円へ引き上げ

■髙島屋(8233) 973円〔+71円、+7.87%〕
 改装計画目白押しとちばぎんアセットが注目

■ゼビオ(8281) 1,921円〔-7円、-0.36%〕
 業績下方修正を発表

続きを読む>>

概況/大引け キプロスとEUが支援策で大筋合意から高い。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

 キプロスとEU(欧州連合)が日本時間25日朝に、キプロス第2位の銀行のキプロス国民銀行の事実上の閉鎖を含む支援策で大枠合意したと報じられ、東京株式市場は反発しました。

続きを読む>>

概況/大引け キプロス財務相が、ロシアから金融支援を得られなかったと発言し下げ幅拡大、全面安。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

ECB(欧州中央銀行)はキプロスが25日までに救済策でEU(欧州連合)とIMF(国際通貨基金)と合意できなければ、銀行への緊急流動性支援を打ち切ると通告したことも、不安心理を高めました。

続きを読む>>

春一番到来! アパレル、ドラッグストア、百貨店など上昇気流

セクター

ポイント(2685) 日足

前週末、関東、中国、九州北部で春一番が吹いた。今週前半はまた低気温状態に戻るが、後半から来週にかけて全国的に平年より暖かくなる見通し。春の歩みが一気に進みそうで、春物商戦もようやく盛り上がることが期待される。

続きを読む>>

概況/寄り付き 不動産と倉庫が続伸し、百貨店も値上がり。日立造船はシェールガス関連。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

週明けの東京株式市場は続伸して始まっていて、先週金曜日に大幅高となった不動産株や倉庫株が引き続き人気を集め、買い気配で始まる銘柄も多くなっています。

続きを読む>>

概況/大引け 日本政府による円安誘導策は自制されているが、政策期待は継続し、共通番号制度のアイネスが高く、海底資源開発の三井海洋開発も値上がり。新興市場では再生医療関連が高い。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

円安の流れに歯止めがかかったので、これまでの株高の流れも阻害されると警戒されましたが、金融リフレは封じられても、規制緩和などの成長戦略への期待は継続しているため、日経平均は持ち直しました。

続きを読む>>

明日の材料 しまむら、宝印刷、ニイタカ、日本電気硝子、放電精密など

個別

■インテリックス(8940):業績下方修正、配当見送りを発表 ■しまむら(8227):第3四半期決算を発表。前年同期比 7.2%増収、10.4%営業増益 ■オークワ(8217):第3四半期決算、通期業績予想の下方修正を発…

続きを読む>>

NSJ日本証券新聞 12月28日付け

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月28日付け

・物色テーマで見る「安倍内閣」1月11日対策発表が焦点 ・2012年 日経平均採用銘柄で見る騰落 上昇率トップは富士重、下落はシャープ ・グロソブ15周年 純資産は約1兆5,000億円 ・人気アニメキャラのソーシャルゲー…

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは854.09ポイントの6.38ポイント高、日経平均は10,322円の92円高。株高による資産効果に期待して百貨店が高い。円安により韓国や中国からの安い輸入品の流入も減り、自動車などの国内生産も増えることで市況改善期待から日本冶金工業や日本板硝子や日本電工などの素材産業も高い。

概況

TOPIX 15分足 MA(25)、MA(75)

 大引けのTOPIXは854.09ポイントの6.38ポイント高、日経平均は10,322円の92円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,012、値下がり銘柄数は574。出来高は34億6,904万株、売買代金は1兆6,146…

続きを読む>>