8153

特別インタビュー さわかみ投信 取締役会長 澤上篤人氏【日本証券新聞 3月16日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月16日

・日経平均 1万9300円台に続騰 新高値332銘柄と今年最高
・15年の時を隔てて… 「1万9000円」今昔 JT、時価総額4.6倍増に
・オカダアイヨン、上放れの機 優待起点に割安評価高まる
・日精工 上場来高値 「来期予想」で割安

続きを読む>>

明日の材料 国際石油開発帝石、大末建設、ピーエス三菱、ミクシィ、ウェルネット、日本パーカライジングなど

概況

■ヤオコー(8279):第3四半期決算、1対2の株式分割、株主優待制度を変更
■日産東京販売ホールディングス(8291):第3四半期決算、株主優待制度を再開
■日本電信電話(9432):第3四半期決算を発表、前年同期比2.0%増収、7.5%営業減益
■ベネッセホールディングス(9783):第3四半期決算を発表、前年同期比0.3%増収、16.0%営業増益

続きを読む>>

特報 マックvsモス 「価値訴求」の勝利

特報 連載

マクドナルド(2702) 日足

11月17日、内閣府が7-9月期のGDPが、一次速報ベースでマイナス0.4%、年率換算でマイナス1.6%となったことを公表すると、日経平均は大きく反落してしまった。
消費増税後の反動で、消費がなんとなく停滞しているということは誰もが気付いてはいたものの、世の中の「気分」はそこそこ「好景気」だったのに、現実を認めざるをえなくなったという印象だ。

続きを読む>>

「11月最終週」日経平均14連勝中!! ファンド決算、年末商戦、NISAも【日本証券新聞 11月19日】

日本証券新聞

日本証券新聞 11月19日

・鬼も笑うか 3証券そろって「来年展望」 視線は1万9000円台へ
・セイコーHD 業績上ブレの期待
・日本通運 6年半ぶり高値
・平野憲一の相場表街道/裏街道 夢真HD 東京五輪は”通過点”

続きを読む>>

明日の材料 日本海洋掘削、協和エクシオ、UBIC、JCLバイオアッセイ、日清オイリオグループ、日本マクドナルドホールディングスなど

個別

■ワイヤレスゲート(9419):第3四半期決算、本則市場への変更申請、ブイキューブと業務提携
■スクウェア・エニックス・ホールディングス(9684):第2四半期決算、通期業績予想を上方修正
■富士ソフト(9749):第3四半期決算を発表、営業利益は6,262百万円

続きを読む>>

明日の材料 ミライト・ホールディングス、飛島建設、積水ハウス、アサヒグループホールディングス、ネットイヤーグループなど

個別

■東京電力(9501):第2四半期決算を発表、前年同期比3.7%増収、69.4%営業増益
■電源開発(9513):第2四半期決算を発表、前年同期比0.5%増収、1.1%営業増益
■日本空港ビルデング(9706):第2四半期及び通期業績予想を上方修正
■ニチイ学館(9792):第2四半期利益予想を上方修正

続きを読む>>

明日の材料 青木あすなろ建設、大林道路、第一屋製パン、米久、J-オイルミルズなど

個別

■いすゞ自動車(7202)
 第1四半期決算を発表、前年同期比4.1%減収、16.5%営業減益
■スルガ銀行(8358)
 第1四半期決算、単元株式数を1,000株→100株に変更
■よみうりランド(9671)
 第1四半期決算を発表、前年同期比2.1%減収、30.5%営業減益

続きを読む>>

明日の材料 日本ハム、アイロムホールディングス、オールアバウト、トリドール、石原産業など

個別

■スリー・ディー・マトリックス(7777)
 ETPLと超短鎖自己組織化ペプチド技術に関するライセンス契約
■タカラレーベン(8897)
 平成26年3月期決算、500万株の自社株買い、オアシスを子会社化
■イヌイ倉庫(9308)
 平成26年3月期決算、乾汽船(9113)と合併契約締結

続きを読む>>

竹中三佳の株Catch one’s eye Part.37 モーニングメニュー

竹中三佳の株Catch one's eye 連載

竹中三佳さん

先日、ロイヤルHD(8179)が運営しているロイヤルホストでモーニングのメニューを開いてビックリ。NYスタイルのエッグベネディクトや流行のパンケーキ、ふわとろのスクランブルエッグに最近女性に人気のアサイーボールなど、まるでホテルの朝食のようなおしゃれなメニューがずらりと並び、どれも魅力的でおいしそう。

続きを読む>>

「モーニング営業」が熱い 消費増税対策の側面も

セクター 個別

ALサービス(3085) 日足

“モーニング営業”を強化する外食が増えてきている。健康志向の高まりや高齢者人口の増加で、社会全体が「夜型から朝型」にシフトしつつあることが大きな背景。4月からの消費増税への対策にもなり、朝食需要の取り込みに積極的な外食株に注目したい。

続きを読む>>

ブルベアファンド、デルタヘッジ… 高変動率相場の背景材料 日経平均終値488円安【日本証券新聞 3月17日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月17日

・「モーニング営業」が熱い 消費増税対策の側面も アークランドサービスは高値更新基調
・TASAKIが一時S高 「成長期入り」を確認
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.34 春闘
・王将フード 株価頑強 業績圧縮懸念もCSRに共感

続きを読む>>

明日の材料 石油資源開発、ミサワホーム、日本配合飼料、コメ兵、サイボウズなど

個別

■オリンパス(7733)
 第3四半期決算を発表、前年同期比 8.5%減収、102.7%営業増益
■筑邦銀行(8398)
 クオカードを贈呈する株主優待制度を新設
■カプコン(9697)
 第3四半期決算を発表、前年同期比 3.5%増収、13.4%営業減益

続きを読む>>

明日の材料 ジェイアイエヌ、セプテーニ、出光興産、ネツレン、三菱自動車、3Dマトリックス、ファーストリテイリングなど

個別

■コスモ石油(5007)
 第2四半期決算、通期利益予想を下方修正
■地盤ネット(6072)
 第2四半期決算、1対2の株式分割
■大日本スクリーン製造(7735)
 第2四半期決算及び通期業績予想を上方修正
■ジャックス(8584)
 第2四半期決算、200万株(13億円)を上限に自社株買い
■スクウェア・エニックス・ホールディングス(9684)
 第2四半期利益予想を上方修正

続きを読む>>

明日の材料 エムスリー、塩野義製薬、日立金属、神鋼環境ソリューション、KDDIなど

個別

■スタンレー電気(6923)
 第2四半期決算、通期業績予想の上方修正を発表
■三井造船(7003)
 第2四半期利益予想を上方修正
■IHI(7013)
 第2四半期利益予想の上方修正を発表
■モスフードサービス(8153)
 第2四半期業績予想の上方修正を発表
■アコム(8572)
 第2四半期業績予想の上方修正を発表
■グランディハウス(8999)
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正を発表

続きを読む>>

明日の材料 マルハニチロ、スタジオアリス、ジャイアイエヌ、住友化学、船井電機、アシックスなど

個別

■全国保証(7164)
 第1四半期決算を発表、営業収益は5,382百万円、営業利益は2,496百万円
■KYB(7242)
 第1四半期決算、前年同期比 6.6%増収、0.2%営業減益
■第一興商(7458)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 4.0%増収、15.9%営業増益
■ユナイテッドアローズ(7606)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 13.6%増収、2.5%営業減益

続きを読む>>

ドコモ出資でパイオニアS高 意外性絶大! 株価好反転!! 【NSJ日本証券新聞 5月15日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 5月15日

・「国内」新工場建設企業に注目
・時価総額“日韓決戦”トヨタ、サムスンを再逆転
・コンビニ注力のPBプレミアムビール セブン&アイHDが先行

続きを読む>>

話題集める「コラボ食品」  積極的な日清食品 モスフードもカルビーと連携

セクター 個別

日清食HD(2897) 日足

食品メーカー大手が自社の有名ブランドを他社製品でも活用するというコラボ企画の商品が話題を集めている。 有名ブランド商品は、「定番」として長年にわたり、安定的な売り上げを上げるものの、鋭角的な販売増は見込めないことも多い。…

続きを読む>>