8136

大量保有報告書で読む機関投資家動向 ブラックロック 「日本株買い」継続【日本証券新聞 2月13日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月13日

・NISAの日、決算最終日… 成績良好「13日の金曜日」
・今年IPO第1号 KeePer技研 49%高発進
・日経平均、8年ぶり高値 一時1万8000円 トヨタ、三菱UFJなど上放れ
・「株式分割」にわかにラッシュ 値がさ株見直しの切り口

続きを読む>>

明日の材料 ショーボンドホールディングス、熊谷組、北野建設、高砂熱学工業、UBICなど

個別

■丸井グループ(8252):第3四半期決算、1,600万株を上限に自己株式取得、4,000万株の自己株式消却
■スカイマーク(9204):GCAサヴィアン(2174)をフィナンシャル・アドバイザーに選任
■広島ガス(9535):第3四半期決算、通期利益予想を上方修正
■ソフトバンク(9984):第3四半期決算を発表、前年同期比41.0%増収、16.2%営業減益

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ユアテック、ノバレーゼ、コロプラ、中越パルプ、工業、三菱ガス化学など

個別

■タカラレーベン(8897) 554円〔+29円、+5.52%〕
 第3四半期決算を発表
■トランコム(9058) 4,880円〔+225円、+4.83%〕
 第3四半期決算を発表、野村証券では「Buy」継続
■KDDI(9433) 8,305円〔+80円、+0.97%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が目標株価を引き上げ

続きを読む>>

竹中三佳の株Catch one’s eye Part.71 ポムポムプリンカフェ

竹中三佳の株Catch one's eye 連載

先日、友人とその10歳の愛娘、楓ちゃんとの3人で「ポムポムプリンカフェ」なるお店へランチに向かいました。サンリオ(8136)の人気キャラクター「ポムポムプリン」の世界観が広がるカフェで、昨年10月のオープン以来ずっと行ってみたかったそう。

続きを読む>>

変身期待銘柄を狙う 東レ、大成建設、CYBERDYNE【日本証券新聞 1月13日】

日本証券新聞

日本証券新聞 1月13日

・1・14は上昇特異日 戦後の勝率「77%」
・テールリスクいろいろ 「とんでも予想2015」
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.71 ポムポムプリンカフェ
・「インフルエンザ」対策関連マーク強まる
・建設関連の中小型株 軒並み高株 式併合予定の暁飯島も

続きを読む>>

大量保有報告書で読む機関投資家動向 ブラックロック「怒涛の買い」続く【日本証券新聞 1月8日】

日本証券新聞

日本証券新聞 1月8日

・夕凪、JACK、葉山各氏 本紙連載陣座談会 相続税増税で動く株は!?
・原油安メリット拡大 素材、輸送関連に収益改善期待
・タナベ経営 注目度増す 事業承継問題が追い風
・東京製鉄 新展開入り目前 20日に3Q決算発表

続きを読む>>

売り方苦境!!1月22日以来の評価損率【日本証券新聞 12月4日】

日本証券新聞

日本証券新聞 12月4日

・日経平均、1万8000円に接近 米景気回復は勢い増す
・日銀ETF 新たな動き 欧州中銀に追随説も
・IPOこぼれ話 東京ボード工業は穴株候補
・証券株 軒並み高 大和Gは11月高値更新

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は大幅続伸。日銀追加緩和を受け、日経平均は一時約7年振りの17,000円台。証券株やその他金融が大幅高

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は16,862.47円の448.71円高、TOPIXは1,368.65の35.01ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,198、値下がり銘柄数は563。出来高は52億898万株、売買代金は5兆4,304億円。

続きを読む>>

明日の材料 ミライト・ホールディングス、飛島建設、積水ハウス、アサヒグループホールディングス、ネットイヤーグループなど

個別

■東京電力(9501):第2四半期決算を発表、前年同期比3.7%増収、69.4%営業増益
■電源開発(9513):第2四半期決算を発表、前年同期比0.5%増収、1.1%営業増益
■日本空港ビルデング(9706):第2四半期及び通期業績予想を上方修正
■ニチイ学館(9792):第2四半期利益予想を上方修正

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後)  クルーズ、富士フイルムホールディングス、OATアグリオ、富士通など

個別

■サンリオ(8136) 3,220円〔+55円、+1.74%〕
 クレディ・スイスが新規「OUTPERFORM」
■山形銀行(8344) 516円〔+14円、+2.79%〕
 上方修正を発表
■アイ・エス・ビー(9702) 1,092円〔+41円、+3.90%〕
 M2Mプラットフォーム「dataSamplr」の提供開始

続きを読む>>

バイオの季節到来 この秋冬は注目イベント満載【日本証券新聞 9月17日】

日本証券新聞

日本証券新聞 9月17日

・信用需給タイト化へ 17日から逆日歩上限2倍
・ソフトバンク 高値奪回が視野 アリババ仮条件上げ好感
・日精樹脂 水準訂正に弾み アップルウォッチ関連で浮上
・平野憲一の相場表街道/裏街道 日本精密 

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均は堅調。ドル円が107.30円となり、自動車株やハイテク株が上昇

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,970.50円の61.30円高、TOPIXは1,314.67の3.43ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は875、値下がり銘柄数は773。出来高は17億3,908万株、売買代金は2兆918億円。

続きを読む>>

信用需給改善銘柄を狙え 海運株は「劇的な好転」【日本証券新聞 8月28日】

日本証券新聞

日本証券新聞 8月28日

・9月は「セミナーの季節」 今年も出るかな?安倍首相
・タムラ製作所 足元は会社計画上回る
・カジノ関連 息の長いテーマに 実績でコナミに注目
・ルネサス 「自動運転」のダークホース

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 比較.com、ジェクシード、構造計画研究所、星光PMCなど

個別

■ジャパン・ホテル・リート,投資法人(8985) 58,600円〔+1,200円、+2.09%〕
 野村証券が新規「Buy」
■京浜急行電鉄(9006) 940円〔+22円、+2.40%〕
 カジノ参入報道
■ワイヤレスゲート(9419) 4,945円〔+185円、+3.89%〕
 N・フィールドとの業務提携を発表

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 好決算の主力株をマーク

個別 概況

日電産(6594) 週足

欧米市場が波乱に見舞われる中、1日の東京市場は底堅い動き。電機や自動車といった主力株を中心に第1四半期の好決算が相次いでいる上、想定以上に上期および通期の増額修正を発表するケースも多く、将来的な自信の表れとして見直されている。

続きを読む>>

第2、第3のアマダを探せ GPIF改革のもたらす”本質的”変化とは【日本証券新聞 6月13日】

日本証券新聞

日本証券新聞 6月13日

・エコノミスト、黒田に”白旗” 7月緩和派、17人→7人
・新電力関連の活況続く エナリスが全市場売買代金トップ5入り
・UBIC 高値更新 教育サービス提供など営業アプローチ多様化
・大深度地下利用で大型トンネル工事スタート

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 山王、コロプラ、ジャストプランニング、カルナバイオサイエンスなど

個別

■サンリオ(8136) 2,985円〔-12円、-0.40%〕
 岩井コスモ証券が目標株価を引き上げ
■電源開発(9513) 3,115円〔+85円、+2.81%〕
 シティグループが投資判断を「買い」に引き上げ
■カナモト(9678) 3,765円〔-60円、-1.57%〕
 岩井コスモ証券が新規「B+」

続きを読む>>

明日の材料 ミライト・ホールディングス、アゼアス、帝人、山王、アクロディアなど

個別

■毎日コムネット(8908)
 九州地区での学生寮の建築設計業務及び開発・運営に関するアドバイザリー業務を獲得
■東京ドーム(9681)
 第1四半期決算を発表、前年同期比6.4%減収、29.9%営業減益
■大庄(9979)
 固定資産売却益約200百万円

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) モブキャスト、 JCRファーマ、タカラバイオ、日機装など

個別

■スリー・ディー・マトリックス(7777) 3,955円〔+195円、+5.19%〕
 「膵臓再生」に関する特許取得
■前田工繊(7821) 1,337円〔-78円、-5.51%〕
 公募増資による資金調達が嫌気
■サンリオ(8136) 2,799円〔+57円、+2.08%〕
 100万株、30億円を上限に自社株買い

続きを読む>>

明日の材料 日本駐車場開発、オートウェーブ、アスクル、ツルハホールディングス、科研製薬など

個別

■サンリオ(8136)
 100万株、30億円を上限に自社株買い
■原弘産(8894)
 債務超過を解消、上場廃止に係る猶予期間入り銘柄から解除
■相鉄ホールディングス(9003)
 ホテルチェーンを展開するサンルートを子会社化

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 清水建設、極楽湯、太陽商会、クスリのアオキなど

個別

■内田洋行(8057) 306円〔+7円、+2.34%〕
 第3四半期決算、通期業績予想を上方修正
■サンリオ(8136) 2,769円〔-7円、-0.25%〕
 野村証券が投資判断を「Neutral」に引き下げ
■ミスミグループ本社(9962) 2,609円〔+59円、+2.31%〕
 4月の売上高は前年比112.5%

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ミクシィ、日本ハム、健康コーポレーション、住友精密工業など

個別

■サンリオ(8136) 2,748円〔+121円、+4.61%〕
 岩井コスモ証券が投資判断を「B」へ引き下げ
■ニッセンホールディングス(8248) 408円〔+1円、+0.25%〕
 5月度の単体売上高は前年同期比106.2%
■日本通信(9424) 627円〔+60円、+10.58%〕
 クレディ・スイスが目標株価を引き上げ

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は全面高。米株高やHSBC中国製造業PMI、かんぽ生命の日本株買い増し報道が支援。証券株や保険、ノンバンク、紙パが高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,337.79円の295.62円高、TOPIXは1,169.34の19.29ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,619、値下がり銘柄数は140。出来高は23億4,529万株、売買代金は1兆9,851億円。

続きを読む>>

概況/前引け 米国株の反発で高く、中国HSBC製造業PMIも予想を上回り一段高。証券株や自動車株が高い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,267.18円の225.01円高、TOPIXは1,163.77の13.72ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,423、値下がり銘柄数は258。出来高は10億1,125万株、売買代金は8,528億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) クックパッド、シンワアートオークション、エキサイト、アイサンテクノロジー、住友ゴムなど

個別

■サンリオ(8136) 2,540円〔-570円、-18.33%〕
 ゴールドマン・サックスが目標株価を引き下げ
■関西電力(9503) 908円〔-32円、-3.40%〕
 大飯原発の再稼働を認めないとの判決で
■ナガワ(9663) 2,471円〔+111円、+4.70%〕
 いちよし経済研究所が新規「A」

続きを読む>>

明日の材料 飛島建設、江崎グリコ、マツモトキヨシホールディングス、SUMCOなど

個別

■アルデプロ(8925)
 不動産投資顧問業に進出
■スカイマーク(9204)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は21.5%増収、営業利益は312百万円を計画
■サンドラッグ(9989)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は3.8%増収、3.0%営業増益を計画

続きを読む>>

自社株買い候補に照準 クレディ・スイスが選定

セクター 個別

DeNA(2432) 週足

これから本格化する決算発表シーズンは、自社株買い発表ラッシュの季節でもある。とりわけ、足元の株価が低迷し、買い手不在の深刻化する現在の地合いだけに、発表企業への注目度合いも高まるところだ。単純な需給好転要因である一方、自社株買いを発表するということは、「自社の株価が割り安」というメッセージを示す“シグナリング効果”も期待されるためだ。

続きを読む>>

新興市場から東証1・2部へ移籍続々「マザーズ上場10年ルール」3月末から適用開始 【NSJ日本証券新聞 2月25日】

概況

NSJ日本証券新聞 2月25日

・銘柄一本勝負 大日本住友製薬 再生医療関連で存在感
・日韓“輸出対決”勝ち組は 新日鉄住金、デンソー、信越化など
・FTSE入替、3月5日発表 JPX「今度こそ採用」!?
・「東証IRフェスタ2014」1万7,000人超が来場と盛況
・スタートトゥ 底値固め完了 好業績ベースに見直し機運

続きを読む>>

公共投資関連に復活高シナリオ 新都知事「首都高発言」も追い風 【NSJ日本証券新聞 2月13日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月13日

・トップインタビュー エイジア 代表取締役 美濃和男氏 EC業者向け新製品を投入
・高成長続く 直近IPOが人気 日本アクア、エナリスなど
・“好需給の季節”到来 米国の税還付開始が背景
・決算速報 ヤマハ発 出直りに弾み 大幸薬品、増配も好感
・お宝続々!2部の出遅れに乗る 本多通信S高、ゼニス羽田続伸

続きを読む>>

概況/前引け 米国の続伸から東京市場も買い優勢。ソフトバンクは小幅安も、ソニーや自動車、ゴム、保険、非鉄などが堅調

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,856円53銭の138円19銭高、TOPIXは1,223.19の18.91ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,504、値下がり銘柄数は201。出来高は11億3,054万株、売買代金は1兆1,543億円。

続きを読む>>

明日の材料 東亜道路工業、MonotaRO、、JSR、東和薬品、メドレックス、タカラバイオなど

個別

■日産車体(7222)
 第3四半期決算、通期業績予想を上方修正、単元株式数を1,000株→100株に変更
■横浜銀行(8332)
 1,200万株、50億円を上限に自社株買い
■ハチバン(9950)
 リンガーハット(8200)と資本・業務提携

続きを読む>>

キャッシュリッチ企業のM&A活発化へ 脱デフレがもたらす財務戦略変更【NSJ日本証券新聞 1月23日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月23日

・新興材料株ピックアップ ARM、アプリックスIP
・日米株価の連動性急上昇 「夜が怖い日本人」!?
・ぐるなび 国策「観光」で飛躍へ 「ぐるたびスポット」開始
・M&Aセンター、M&Aキャピタル 新展開入り間近

続きを読む>>

概況/寄り付き NYダウの反落も、東証は小幅高のスタート。主力株は揉み合いも、小型株が高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,030万株、買いは2,240万株でした。
9時17分時点の日経平均は15,380円70銭の102円07銭高、TOPIXは1,236.73の4.42ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は870、値下がり銘柄数は627。

続きを読む>>

中小型株式市場の動向と注目点 フィデリティ投信 運用担当者2氏が語る

概況

フィデリティ投信ではこのほど、「フィデリティ・日本小型株・ファンド」などを運用する檜垣慎司(ひがき・しんじ)氏と、今年9月末に新設された「フィデリティ・日本変革ファンド」の運用を担当する松井亮介(まつい・りょうすけ)氏がそれぞれ足元の市場の見方や銘柄選定ポイントなどについて、記者向けに語った。その要旨を紹介する。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ピーエスシー、アイカ工業、ニコン、ミズノ、インヴァスト証券など

個別

■富士通ゼネラル(6755) 1,185円〔-2円、-0.17%〕
 シティグループがターゲットプライスを1,400円→1,490円に引き上げ、「買い」継続
■サンリオ(8136) 4,630円〔-170円、-3.54%〕
 セガサミーなどの株式売出しが重しに
■いであ(9768) 962円〔+141円、+17.17%〕
 本日、上方修正、増配を発表

続きを読む>>

明日の材料 塩水港精糖、いちごグループホールディングス、ピーエスシー、ブレインパッド、サンリオなど

個別

■AGS(3648)
 1対2の株式分割
■ビーマップ(4316)
 日本テレビの「JoinTV」と社会インフラとの融合分野で協力
■マネックスグループ(8698)
 マネックス証券で米国株取引において特定口座の利用が可能に
■スカイマーク(9204)
 11月22日をもって東証1部に市場変更

続きを読む>>

概況/大引け サマーズ元財務長官が次期FRB議長候補を辞退し、NYダウは高いが、東証ではFOMCを控え様子見。建設株は比較的堅調

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,311円67銭の93円00銭安、TOPIXは1,181.64の3.64ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は890、値下がり銘柄数は739。出来高は36億3,727万株、売買代金は1兆8,887億円。

続きを読む>>

概況/前引け 来週17~18日のFOMCを控え様子見。建設や不動産は小幅安だが、ヒトコミュニケーションズが2日連続ストップ高

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,342円14銭の45円13銭安、TOPIXは1,181.45の2.91ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は751、値下がり銘柄数は848。出来高は22億4,669万株、売買代金は1兆7,604億円。

続きを読む>>

どう臨む!?「五輪決定後の東京市場」東京vsマドリード&イスタンブール 【NSJ日本証券新聞 9月5日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 9月5日

・ベンチャーキャピタルに活躍余地 成長戦略第2弾で再注目へ
・ファーストリテ 強弱感が対立 8月売上高好調も上値限定的
・社宅S 中計発表受け急動意 最終年度の営業益2.4倍へ

続きを読む>>

7月訪日外国人数の発表は21日 国内レジャー・観光関連株に投資妙味

セクター 個別

サンリオ(8136) 日足

日本政府観光局は21日、7月の訪日外国人数の発表を予定している。5月の87万人(前年同月比31.2%増)、6月の90万人(同31.9%増)を上回る伸長を期待しつつ「国内娯楽」に注目したい。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ネクスト、AGS、大阪チタニウムテクノロジーズ、堀場製作所など

個別

■パイオニア(6773) 174円〔+1円、+0.58%〕
 ドイツ証券が投資判断を「Buy」→「Hold」に引き下げ
■堀場製作所(6856) 3,300円〔+115円、+3.61%〕
 みずほ証券が投資判断を「中立」→「買い」、目標株価を3,700円→4,300円へ引き上げ
■朝日インテック(7747) 6,040円〔+380円、+6.71%〕
 野村証券が目標株価を6,000円→7,000円へ引き上げ

続きを読む>>

秋口のイベントラッシュが刺激材料 “アベノミクス前”の薄商いに 【NSJ日本証券新聞 8月21日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 8月21日

・7月訪日外国人数の発表は21日 国内レジャー・観光関連株に投資妙味
・誤発注証券は“内閣直属” 中国・光大証券の素顔
・「ポケモン」人気健在、物色の手掛かりに

続きを読む>>

LINE関連 求心力向上 8月21日注目イベント 【NSJ日本証券新聞 8月6日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 8月6日

・銘柄一本勝負 東京都競馬 営業利益の94%占める賃貸事業
・政局ゴタゴタ、秋に余波 カジノ法案「また先送り」!?
・任天堂に強弱観対立 3DSに「2つの見方」

続きを読む>>

自社株買い候補を探る 決算短信に“重要なヒント”

概況

宝HDD(2531) 週足

決算発表本格化に向けて、自社株買い候補銘柄があらためて注目されてくる。決算との同時発表も想定されるためだ。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) パレモ、SMC、ワコム、レーザーテック、東邦HDなど

個別

■レーザーテック(6920) 2,660円〔+290円、+12.24%〕
 1対2の株式分割を発表

■島津製作所(7701) 801円〔+17円、+2.17%〕
 東海東京調査センターでは円高メリット大と

■セルシード(7776) 2,800円〔-8円、-0.28%〕
 共培養用培養表面に関する特許が成立見込み

続きを読む>>

概況/大引け REITは半分ほどが値下がりし、不動産株も押し戻されたが、アベノミクスの第2、第3の矢に期待して国土強靱化関連やTPP関連、新興市場では再生医療関連などが物色

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

日銀の次元の異なる金融緩和期待で高騰してきた不動産株やノンバンクが売られた代わりに、アベノミクスの第2の矢となる「機動的な財政政策」の出動に期待して、東亜道路(1882)や日本橋梁、PS三菱などの国土強靱化関連が買われました。

続きを読む>>

明日の材料 テラ、ゲンダイAG、電通、JUKI、NTN、日産、いすゞなど

個別

■ゲンダイAG(2411):1対200の株式分割、1単元を100株とすることを発表
■博報堂DY(2433):第3四半期決算を発表、前年同期比 10.8%増収、82.8%営業増益を発表
■ファンコミュ(2461):平成24年12月期決算を発表、今25年12月期は前期比 24.3%増収、29.1%営業増益
■サッポロHD(2501):平成24年12月期決算を発表、300万株の自己株式取得も

続きを読む>>