8113

TOPIXはまだ「7年ぶり高値」 今世紀最高値「日経平均」優位続く【日本証券新聞 2月27日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月27日

・風当たり強まる!? 「社外取締役ゼロ」企業
・「3月までに2万円」 好需給支えに急反発
・投資の意味からマーケットの見方まで「今、投資戦略を考える」
・日精工 連日の最高値 来期の収益拡大買う

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) アクシーズ、クリムゾン、インタートレード、レーザーテックなど

個別

■タカタ(7312) 1,419円〔-90円、-5.96%〕
 ホンダが豊田合成製品の採用決定と伝わる
■カブドットコム証券(8703) 627円〔+33円、+5.56%〕
 期末配当予想を23円に設定(前期実績は18円)
■大東港運(9367) 327円〔+32円、+10.85%〕
 株主優待制度を導入

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場はECB理事会を控え揉み合い。情報通信や石油が高く、ゴムや電気ガスが冴えない

概況

日経平均 週足

9時12分時点の日経平均は17,323.52円の43.04円高、TOPIXは1,390.21の0.40ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが540万株、買いは870万株。

続きを読む>>

2014年相場を振り返る(下) 年間上昇率(JPX日経400採用銘柄) ミネベア、洋ゴムなど2倍超に

個別 概況

NYダウ 月足

「2014年相場を振り返る(上)」では、全市場の銘柄を対象にした年間上昇率ランキングを紹介したが、「新興市場の聞いたことのない銘柄ばかりで面白くない」という声が多かった。

続きを読む>>

竹中三佳の株Catch one’s eye Part.68 犬の「マナーウェア」

竹中三佳の株Catch one's eye 連載

イラスト:竹中三佳さん

先日友達と友達の愛犬パグの「ブッチ」とペットショップへ行きました。店内にズラリと並ぶ、多様なペットグッズとその進化に興味深く店内を眺めていると、友人がオムツを抱えて戻ってきました。ブッチはまだ3歳、「そのオムツ何に使うの?」と聞くと「これマナーウェアなの」との返答。

続きを読む>>

選挙戦本番へ!! どう読む、自民党「重点政策2014」【日本証券新聞 12月1日】

日本証券新聞

日本証券新聞 12月1日

・リニア関連が人気づく コンベヤ急騰 熊谷組など建設株も上伸
・OPEC 減産見送り! 原油安メリット株上昇 ANA活況、化学高い
・日銀ETF”新ルール” 「とにかく下げたら買い」
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.68 犬の「マナーウェア」

続きを読む>>

竹中三佳の株Catch one’s eye Part.65 だてマスク

竹中三佳の株Catch one's eye 連載

竹中三佳さん

11月、ぐっと気温が下がり冬の気配を感じるようになって、街中では冬の装いとともにマスクをしている人を多く見掛けるようになりました。

続きを読む>>

「株主優待」新設ラッシュの背景は NISA意識、1部指定も視野に【日本証券新聞 11月10日】

日本証券新聞

日本証券新聞 11月10日

・「MSCI」悲喜こもごも ゲーム4社明暗は想定通り
・戸上電機 大幅高 「次世代配電網構築」追い風
・シノケンG 反発 上値を試す展開
・IPO初値 エラン 70%高発進

続きを読む>>

ビール、不動産、薬品の次は? 時価総額 業界トップに逆転相次ぐ【日本証券新聞 10月8日】

日本証券新聞

日本証券新聞 10月8日

・GPIF配分見直し 「10日発表」説が浮上
・富士フイルム 連日の大商い アビガン錠「大量生産可能」
・CEATEC開幕 自動運転関連などに関心
・平野憲一の相場表街道/裏街道 コニシ インフラ関連の新星に

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 再び材料株に急傾斜

概況

グローリー(6457) 週足

日経平均は25日に高値を更新したのもつかの間、26日には一転して急反落するなど、波乱の展開。ただ、米国株の乱調は気になるものの、国内では26日の“落ち分”が日経平均で約92円ほどあり、見掛けの下げ幅よりは、実態への影響は少ない。それでも、市場には急ピッチの上昇に対する警戒感は強い。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) アスクル、ラクーン、神戸物産、物語コーポレーションなど

個別

■ユニ・チャーム(8113) 6,973円〔+15円、+0.22%〕
 モルガン・スタンレーMUFGが目標株価を引き上げ
■オリックス(8591) 1,536円〔-2円、-0.13%〕
 ゴールドマン・サックスが新規「買い」
■ソフトバンク(9984) 8,700円〔+335円、+4.00%〕
 アリババの仮条件引き上げが伝わり

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ぐるなび、グンゼ、ネクステージ、菊池製作所、フェヴリナホールディングスなど

個別

■スター精密(7718) 1,450円〔+94円、+6.93%〕
 みずほ証券が目標株価を引き上げ
■ユニ・チャーム(8113) 6,834円〔-47円、-0.68%〕
 クレディ・スイスが新規「UNDERPERFORM」
■東京デリカ(9990) 2,410円〔+86円、+3.70%〕
 1対1.5の株式分割、実質増配

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) キユーピー、メディア工房、日産化学工業、エスクロー・エージェント・ジャパンなど

個別

■バンダイナムコ(7832) 2,890円〔+50円、+1.76%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が目標株価を引き上げ
■ユニ・チャーム(8113) 6,879円〔+106円、+1.57%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が目標株価を引き上げ
■新生銀行(8303) 217円〔-4円、-1.81%〕
 東海東京調査センターがレーティングを引き下げ

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は352円高、先週末の米国株反発で全面高。ミクシィの大幅上方修正でコロプラなども人気

個別

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,130.52円の352.15円高、TOPIXは1,252.51の24.25ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,654、値下がり銘柄数は138。出来高は18億7,491万株、売買代金は1兆8,608億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 前田建設工業、戸田建設、アンジェスMG、パンチ工業など

概況

■ピーシーデポコーポレーション(7618) 1,024円〔+150円、+17.16%〕
 低価格スマホ、第1四半期は増収増益
■ユニ・チャーム(8113) 6,369円〔+44円、+0.70%〕
 決算、分割、自社株買い
■ケーズホールディングス(8282) 3,115円〔+131円、+4.39%〕
 大幅増益となる第1四半期決算を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 日本ハム、ガンホー、ソースネクスト、森下仁丹など

個別

■シグマ光機(7713) 870円〔+35円、+4.19%〕
 今期の連結経常利益が予想比29%増の約5億8,000万円になる見通しとの報道
■電源開発(9513) 2,952円〔+63円、+2.18%〕
 松浦2号機の低圧タービンローター落下事故に絡み下方修正
■ミスミグループ本社(9962) 2,657円〔+45円、+1.72%〕
 JPモルガン投資判断を引き上げ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 大東建託、メッセージ、楽天、JXホールディングス、ライトオンなど

個別

■ユニ・チャーム(8113) 6,041円〔+58円、+0.97%〕
 みずほ証券が投資判断を引き上げ
■東京ガス(9531) 566円〔+2円、+0.35%〕
 シティグループが投資判断を引き下げ
■ソフトバンク(9984) 6,966円〔-38円、-0.54%〕
 野村証券が目標株価を引き下げ

続きを読む>>

高値期日の暗雲、いち早く抜けるのは…

個別 概況

東レ(3402) 日足

日経平均は再び4月末水準(1万4,301円)に抵触し、戦後初の「年初から5カ月連続安」さえ懸念される状況。彼我の水準差にもかかわらず、日々の米国株や為替動向に振り回される最近の東京市場は、さながら水鳥の羽音におびえるかの様相だが、その背景に挙げられるのは需給不安か。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前)  サンヨーホームズ、テンプホールディングス、スリープロなど

個別

■シャープ(6753) 331円〔+10円、+3.12%〕
 スマホ向け「IGZO」の中国向け出荷量を倍増させるとの報道
■丸文(7537) 558円〔+21円、+3.91%〕
 最高水準のエネルギー効率を実現するLEDを製造する技術を共同開発
■静岡銀行(8355) 1,050円〔+30円、+2.94%〕
 マネックスと資本業務提携

続きを読む>>

「日本株割安」PERで証明 逆行高エプソンに続け 【NSJ日本証券新聞 2月4日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月4日

・銘柄一本勝負 ホシザキ電機 製氷機は冬に買う 増額発表で10日決算を先取り
・三洋化成 収益上振れの公算
・有力ジンクスに“盲点”あり 「1月安=年間安」ってほんと?
・回転ずし業界 下克上へ 「くら寿司」「元気寿司」新たな2強候補
・マキタ 出直り弾む 通期再増額修正の公算

続きを読む>>

日本にもいた“配当貴族” 「長期連続増配」銘柄に注目 

セクター 個別

パーク24(4666) 週足

P&Gには及ばずとも… パーク24、みらかHDなど にわかに不透明感の高まってきた最近の内外市場。リスク回避ムードが生じると関心が向かうのが「配当利回り」で、特に減配リスクの乏しい収益安定銘柄が逃避資金の受け皿に…

続きを読む>>

薬品株に「2割高シナリオ」薬価改定の細目発表は2月か 【NSJ日本証券新聞 1月8日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月8日

・2014年IPO展望 有望ベンチャーも続々登場へ
・「3連休明けの後場寄り」波紋広がる?大和セミナー
・FDK急伸 超薄型リチウム電池で脚光
・ライドオン 巻き返し鮮明 直近上場“勝ち組”入りへ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) メディネット、ユーグレナ、大日本住友製薬、免疫生物研究所、ソフトブレーンなど

個別

■ユニ・チャーム(8113) 5,800円〔-200円、-3.33%〕
 大和証券が投資判断を「2」→「3」に引き下げ
■インテリックス(8940) 1,002円〔+36円、+3.73%〕
 第2四半期業績予想を上方修正
■ファーストリテイリング(9983) 44,100円〔+1,750円、+4.13%〕
 特段材料は見られないものの、6日続伸

続きを読む>>

概況/大引け 前場は103円安も、大引けにかけて持ち直し。年末高に期待。不動産やREITが高く、設備投資関連も堅調

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,870円42銭の11円20銭高、TOPIXは1,261.64の1.43ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は574、値下がり銘柄数は1,059。出来高は25億5,551万株、売買代金は2兆3,670億円。

続きを読む>>

概況/前引け 米国の上値の重さや3連休を控え、東証は反落。自動車株が安く、食品や保険、証券なども冴えない

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,779円94銭の79円28銭安、TOPIXは1,257.03の6.04ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は423、値下がり銘柄数は1,196。出来高は11億7,833万株、売買代金は9,985億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 大成建設、ヒビノ、東京エレクトロンデバイス、アンジェスMG、オムロンなど

個別

■コマツ(6301) 2,468円〔-64円、-2.53%〕
 東海東京調査センターでは短期的に更なる上値は限定的と
■ザインエレクトロニクス(6769) 691円〔+100円、+16.92%〕
 東大とのCDR技術の共同開発を発表
■イオン(8267) 1,383円〔+11円、+0.80%〕
 8月度の営業収益は前期比 103.5%
■アニコム ホールディングス(8715) 1,204円〔+61円、+5.34%〕
 富士通との協業を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) サニーサイドアップ、ソースネクスト、ゼリア新薬、日本精工、ニコンなど

個別

■ユニ・チャーム(8113) 5,590円〔+60円、+1.08%〕
 クレディ・スイスが投資判断「OUTPERFORM」、6,500円目標を継続
■りそなホールディングス(8308) 508円〔+9円、+1.80%〕
 メリルリンチが目標株価を720円→680円へ減額も、「買い」を継続
■アパマンショップ(8889) 4,810円〔+245円、+5.37%〕
 中期計画を超過達成する有利子負債の削減報道

続きを読む>>

東海染工 「待機児童ゼロ」関連の穴株 子会社トットメイトが愛知で事業拡大

セクター 個別

安倍首相がかねて成長戦略の重要な柱の1つとして掲げる「女性の活躍」。少子高齢化の進展に伴う労働力人口の減少を食い止めるため、政府は2017年までに40万人分の受け皿を確保して待機児童ゼロを実現、女性の正規雇用者比率向上を目指す。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ラクオリア創薬、日本橋梁、シスウェーブ、前田工繊など

個別

■三菱マテリアル(5711) 320円〔+4円、+1.27%〕
 クレディ・スイスが投資判断を「OUTPERFORM」に引き上げ

■安川電機(6506) 1,253円〔+4円、+0.32%〕
 野村証券が目標株価を1,500円に引き上げ

■シスウェーブホールディングス(6636) ストップ安売り気配
 ライツ・オファリングを発表。予約権1個に対して2株、行使価格は5,000円(1株2,500円)

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 日本ERI、日本商業開発、ザインエレクトロニクスなど

個別

■ザインエレクトロニクス(6769) 647円〔+49円、+8.19%〕
 CalDriCon技術をメガチップス(6875)にライセンス

■ジオマテック(6907) 1,082円〔+150円、+16.09%〕
 決算、自己株式の取得を発表

■ニコン(7731) 2,824円〔+29円、+1.04%〕
 岩井コスモ証券が投資判断を「A」に引き上げ

続きを読む>>

「時価総額1,000億円クラブ」候補 沸き立つバイオベンチャー相場 【NSJ日本証券新聞 5月1日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 5月1日

・トップインタビュー ブレインパッド 「ビッグデータ」分析の先行者利益享受へ
・昔懐かし「トリプルメリット」 為替離れの一段高を示唆!?
・景況感好転でゴルフ人口回復 株高効果も追い風に

続きを読む>>

個別銘柄動向 ケアサービス、デジタルガレージ、TOTO、ユニ・チャームなど

個別

■新光電気工業(6967) 982円〔+75円、+8.27%〕
 平成25年3月期決算を発表

■アイシン精機(7259) 3,505円〔-165円、-4.50%〕
 平成25年3月期決算を発表、大和証券では「1」の変更も含め検討

■マツダ(7261) 335円〔-11円、-3.18%〕
 平成25年3月期決算を発表、大和証券では「3」継続

続きを読む>>

明日の材料 日本海洋掘削、キリンHD、大日本塗料、TDK、ホンダなど

個別

■石油資源開発(1662)
 通期売上高予想を228,749→231,086百万円へ、営業利益予想を11,925→13,906百万円へ増額修正

■ケアサービス(2425)
 1対200株の株式分割、1単元を100株に設定

■キリンHD(2503)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 4.7%増収、4.6%営業減益

■アールテック・ウエノ(4573)
 重症ドライアイに対する遺伝子組換え人血清アルブミン点眼液の新薬臨床試験開始(IND)申請承認

続きを読む>>

不動産TOBの「次」を追う サンケイビル、東宝不、エスリード… 【NSJ日本証券新聞(2月04日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月04日付け

・不動産TOBの「次」を追う サンケイビル、東宝不、エスリード…
・新興市場 決算発表ラッシュ 国策に乗る好業績割安株もマーク

続きを読む>>

一段高の決定材料「自社株買い」 ヤフー、リョーサン、ユニチャーム 【NSJ日本証券新聞(1月31日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月31日付け

・一段高の決定材料「自社株買い」 ヤフー、リョーサン、ユニチャーム
・「歴史に学ぶ」比較すべきは99年、03年、05年

続きを読む>>

花粉症対策関連を再チェック 今年の飛散開始時期は早い見通し ダイワボウ、バイリーン、協和キリン、ユニチャームなど

セクター 個別

ウェザーニューズ(4825) 日足6カ月

東日本を中心に14日には大雪で被害が続出するなど、厳冬による影響がでてきているが、そのような状況で早くも花粉の話題が出てきており、関連銘柄をシーズンストックとしてチェックしておきたいところだ。

続きを読む>>

NSJ日本証券新聞 12月03日付け

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 11月29日付け

・感応度抜群!「自社株買い」3年連続実施企業から候補を探る ・師走相場でマーク インフルエンザ対策&花粉対策 ・先物売買で「日仏決戦」売り方・野村、ついに敗退!? ・ヤマトHD 復調を読む メール便底入れ、ビル一棟請負サ…

続きを読む>>