7974

個別銘柄動向(午後) 石油資源開発、ビーアールホールディングス、テノックス、住友林業、アエリアなど

個別

■アールビバン(7523) 563円〔+79円、+16.32%〕
 美少女コレクションパズルRPGの配信開始
■任天堂(7974) 11,765円〔+475円、+4.21%〕
 割安ソフト投入などの方針が報じられる
■GMOインターネット(9449) 1,152円〔+147円、+14.63%〕
 今も二桁増収益、増配見通し

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反落、米株の続落やアジア株安、円高を警戒。日立建機や任天堂などが決算失望で下落

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,606.22円の189.51円安、TOPIXは1,413.58の16.34ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は420、値下がり銘柄数は1,357。出来高は24億1,307万株、売買代金は2兆4,827億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ブロッコリー、コロプラ、アズジェント、インテリジェントウェイブなど

個別

■任天堂(7974) 11,345円〔-955円、-7.76%〕
 第3四半期決算を発表、通期営業利益予想を引き下げ
■青山商事(8219) ストップ高買い気配
 中期経営計画「CHALLENGE 2017」が刺激に
■スカイマーク(9204) ストップ安売り気配
 民事再生法の適用を申請

続きを読む>>

明日の材料 富士古河E&C、ユアテック、きんでん、北海道コカ・コーラボトリング、アスクル、ゲオホールディングスなど

個別

■任天堂(7974):第3四半期決算、通期業績予想を修正、期末配当予想を120円→130円へ引き上げ
■青山商事(8219):第3四半期決算、自社株買い、中期経営計画策定
■メタウォーター(9551):第3四半期決算、期末配当予想を29円に設定

続きを読む>>

取材の現場から 隠れた農協関連株だったが… オプトロム3月末に臨時株主総会

取材の現場から 連載

先週の佐賀県知事選で、自民推薦候補が落選した。安倍政権が規制改革の柱に据える農協改革に、農協自身がNOを突きつけたのだ。農協の影響力は衰えたと言われるが、まだまだ侮れないことを見せつけた形となった。

続きを読む>>

決算発表 来週から本格化 30日がピーク

概況

東京製鉄(5423) 日足

2015年3月期の第3四半期(4-12月)決算発表が来週から本格的にスタートする。本紙(11/15付)では東証上場銘柄の発表予定を4、5面に掲載した。ピークは1月30日(金)で400社以上が発表。約3割の企業が1月中に発表する。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場はほぼ全面高、原油と欧米株の反発を好感。ただ、不動産と証券、ノンバンクは足踏み

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,167.10円の281.77円高、TOPIXは1,377.67の17.87ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,445、値下がり銘柄数は296。出来高は24億7,174万株、売買代金は2兆2,004億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 鹿島建設、わらべや日洋、ガンホー・オンライン・エンターテイメント、ダイキン工業など

個別

■リベレステ(8887) 701円〔+24円、+3.55%〕
 第2四半期業績予想を上方修正
■光通信(9435) 6,540円〔-330円、-4.80%〕
 野村証券が目標株価を引き下げ
■アークス(9948) 2,322円〔-132円、-5.38%〕
 第3四半期決算を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 積水ハウス、ワールドホールディングス、フェリシモ、みらかホールディングスなど

個別

■ニホンフラッシュ(7820) 2,603円〔+178円、+7.34%〕
 いちよし経済研究所が新規「A」
■任天堂(7974) 13,870円〔-315円、-2.22%〕
 UBSでは「Sell」継続
■日本通信(9424) 627円〔+8円、+1.29%〕
 新しいSIMカード「b-mobile SIM 高速定額」を発売

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は続伸、原油安と円安を好感。ただ、上値は利食い売りでやや抑制。空運が続伸し、輸出関連も高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,590.10円の130.25円高、TOPIXは1,421.65の11.31ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,174、値下がり銘柄数は522。出来高は20億2,362万株、売買代金は2兆1,972億円。

続きを読む>>

取材の現場 LGBTはもはや世界の趨勢

取材の現場から 連載

ソフトバンク(9984) 週足

米アップルのティム・クックCEOがビジネス誌に寄稿し、同性愛者であることを公表した。この勇気ある表明が、関係方面から称賛されている。芸術や芸能のジャンルでは多くの同性愛者がカミングアウトしているが、近年ではスポーツ選手も増え、さらにビジネス界にも広がりつつあるのかもしれない。

続きを読む>>

住宅株 新たな景気対策関連で浮上 1月実施の相続増税でも存在感【日本証券新聞 11月17日】

日本証券新聞

日本証券新聞 11月17日

・日経平均 18年来の抵抗線突破 長期上昇波動入り確認へ
・三菱化工機が急騰 水素関連にぎわう
・トップインタビュー アイスタイル 来期からの成長加速に自信
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.66 シニア向け化粧品

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は続伸、109円台の円安が好感。不動産や銀行、その他金融が高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,658.20円の104.29円高、TOPIXは1,278.90の8.26ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は917、値下がり銘柄数は806。出来高は27億9,585万株、売買代金は2兆7,740億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東証は上昇、円安好感。その他金融と不動産が高い

個別

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,636.60円の82.69円高、TOPIXは1,277.51の6.87ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,043、値下がり銘柄数は619。出来高は10億2,605万株、売買代金は9,662億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 矢作建設工業、関電工、データホライゾン、アイスタイル、ヤフーなど

個別

■パナソニックデバイスSUNX(6860) 599円〔+21円、+3.63%〕
 立花証券が新規「強気」に設定
■キーエンス(6861) 50,280円〔+2,665円、+5.60%〕
 第2四半期決算、増配を公表
■任天堂(7974) 11,385円〔+265円、+2.38%〕
 第2四半期決算を発表

続きを読む>>

明日の材料 三井住建道路、大末建設、イチケン、関電工、ベネフィット・ワン、MonotaRO、アイスタイルなど

個別

■カプコン(9697):第2四半期決算を発表、前年同期比51.3%減収、41.6%営業減益
■オートバックスセブン(9832):第2四半期及び通期業績予想を下方修正
■ミスミグループ本社(9962):第2四半期決算を発表、前年同期比19.3%増収、28.3%営業増益

続きを読む>>

決算発表 来週から本格化 31日がピーク

個別 概況

2015年3月期の第2四半期(4-9月)の決算発表が来週24日から本格的にスタートする。
発表のピークは400社以上が発表する10月31日(金)。11月7日(金)に第2のピークとなるが、電機、自動車をはじめ各業界の主力企業の発表は30日、31日にある程度集中している。株価への影響度を含めてこのあたりがヤマ場になる。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ジェイアイエヌ、アゼアス、帝国繊維、明治電機工業など

概況

■リクルートホールディングス(6098) 3,310円〔+210円、+6.77%〕
 本日、東証1部に新規上場。初値は公開価格3,100円の2.3%高となる3,170円
■コンテック(6639) 1,591円〔+134円、+9.20%〕
 株式分割、株主優待制制度を導入
■ジャパンディスプレイ(6740) 363円〔-76円、-17.31%〕
 下方修正から野村証券が格下げ

続きを読む>>

概況/大引け 全般小じっかりも、重要イベントを控え様子見ムード。売買代金は1兆3,308億円

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,476.60円の52.01円高、TOPIXは1,283.06ポイントの5.09ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,187、値下がり銘柄数は517。出来高は18億1,198万株、売買代金は1兆3,308億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 大和コンピューター、DIC、図研エルミック、フマキラー、日新製鋼など

個別

■ジャムコ(7408) 1,885円〔+63円、+3.46%〕
 上方修正を発表
■任天堂(7974) 11,760円〔+230円、+1.99%〕
 ゴールドマン・サックスが投資判断を引き上げ
■大京(8840) 203円〔+4円、+2.01%〕
 立花証券が投資判断を引き上げ

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は小幅高での揉み合い。今週は重要イベントが多く、様子見から上値抑制

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,468.24円の43.65円高、TOPIXは1,281.72の3.75ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,103、値下がり銘柄数は566。出来高は9億2,918万株、売買代金は6,727億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 日経平均は反発スタート。鉄鋼株や非鉄が値上がり

概況

日経平均 週足

9時7分時点の日経平均は15,472.97円の48.38円高、TOPIXは1,280.96の2.99ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが500万株、買いは600万株。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均、TOPIXは7連騰。ただ、高寄り後は膠着商状

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,449.79円の127.19円高、TOPIXは1,280.29の9.03ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,172、値下がり銘柄数は485。出来高は17億9,753万株、売買代金は1兆5,946億円。

続きを読む>>

概況/前引け 欧米市場の上昇で高寄りも、その後は横ばい。日経平均は本日で7連騰に

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,462.58円の139.98円高、TOPIXは1,279.33の8.07ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,106、値下がり銘柄数は519。出来高は9億4,074万株、売買代金は7,719億円。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は6日続伸。ただ、薄商い継続、地政学リスクやFRB議長講演を控え動き難い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,322.60円の4.26円高、TOPIXは1,271.26の0.58ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,026、値下がり銘柄数は636。出来高は15億5,242万株、売買代金は1兆3,612億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ミクシィ、サイネックス、ツカダGHD、ソースネクストなど

個別

■任天堂(7974) 11,895円〔+605円、+5.36%〕
 買い戻しの動き、ポケモンゲームの報道も
■エム・エイチ・グループ(9439) 285円〔-11円、-3.72%〕
 平成26年6月期決算を発表
■昭文社(9475) 672円〔+26円、+4.02%〕
 ウィズ・パートナーズと業務提携

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は小幅もみ合い。FRB議長講演を控え動きにくい

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,329.56円の11.22円高、TOPIXは1,271.41の0.73ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,167、値上がり銘柄数は521。出来高は8億553万株、売買代金は6,902億円。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は5ぶりに反落。円安好感も、利食い売りで伸び悩み、大引け前にマイナス圏に。非鉄や食品が安い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,620.77円の25.46円安、TOPIXは1,289.42の2.82ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は519、値下がり銘柄数は1,166。出来高は24億917万株、売買代金は2兆2,051億円。

続きを読む>>

概況/前引け 円安進行から東証は値上がり。ただ、上げ幅は限定的で、決算を受けて個別物色中心

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,701.23円の55.00円高、TOPIXは1,296.42の4.18ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は786、値下がり銘柄数は841。出来高は11億6,034万株、売買代金は1兆205億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) カッシーナ、フェリシモ、コロプラ、VOYAGE GROUPなど

個別

■ワコム(6727) 479円〔-100円、-17.27%〕
 下方修正からストップ安
■任天堂(7974) 11,510円〔-815円、-6.61%〕
 赤字決算が嫌気される展開
■コネクシオ(9422) 915円〔+27円、+3.04%〕
 SMBC日興証券が投資判断を引き上げ

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は続伸スタート、円安を好感。好決算銘柄への物色継続

概況

日経平均 週足

9時12分時点の日経平均は15,739.92円の93.69円高、TOPIXは1,298.98の6.74ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが845万株、買いは900万株。

続きを読む>>

明日の材料 UBIC、テラ、一休、コロプラ、VOYAGE GROUP、M&Aキャピタルなど

個別

■スカパーJSATホールディングス(9412)
 第1四半期決算を発表、前年同期比2.9%増収、34.6%営業増益
■KDDI(9433)
 第1四半期決算を発表、前年同期比1.8%増収、9.0%営業増益
■エイチ・アイ・エス(9603)
 転換社債型新株予約権付社債200億円を発行

続きを読む>>

決算発表に向けた“新視点” 「サプライズ効果」で銘柄選別

個別 概況

エーザイ(4523) 週足

主要企業の四半期決算発表がスタートした。初っぱな17日の安川電機(6506)、18日の東京製鉄(5423)がそろって収益増額に踏み切ったことも期待感を高めている。23日は日本電産(とグループ各社)、24日は信越化、アドテスト、ファナックあたりが焦点となり、社数ベースが一気に急増してくるのは週末25日からか。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は引き続き、決算発表を控え小動き。不動産やその他金融、保険などが値下がり

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は15,341.56円の13.00円高、TOPIXは1,272.56の0.17ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが940万株、買いは650万株と再び売り越し。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は小動き。ノンバンクや非鉄は高いが、銀行や不動産は揉み合い

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は15,407.91円の37.94円高、TOPIXは1,283.04の2.26ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが1,110万株、買いは1,030万株。

続きを読む>>

信用需給好転銘柄を選別 高値期日通過で追い風強まる【日本証券新聞 7月3日】

日本証券新聞

日本証券新聞 7月3日

・日経平均入れ替え予想 任天堂は「日東電の再現」も
・妖怪ウォッチ関連 再人気化へ
・リース株 設備投資拡大で恩恵 再生エネへの展開も注目
・IPO初値 VOYAGE GROUP 40%高発進

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) E・Jホールディングス、ジーエヌアイグループ、テラ、SUMCO、アクロディアなど

個別

■ソフィアホールディングス(6942) 128円〔+30円、+30.61%〕
 遺伝子解析のジーンクエストを完全子会社化
■村田製作所(6981) 9,778円〔+110円、+1.14%〕
 東海東京調査センターが投資判断を「1」に引き上げ
■任天堂(7974) 12,405円〔+125円、+1.02%〕
 野村証券では日経平均採用候補と

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) メッセージ、ブロッコリー、フジオフードシステム、そーせいグループ、ヤフーなど

個別

■CYBERDYNE(7779) 5,960円〔+620円、+11.61%〕
 1対5の株式分割を発表
■アイフル(8515) 403円〔+24円、+6.33%〕
 貸金業の規制緩和に向け自民党が議論開始と伝わる
■インプレスホールディングス(9479) 118円〔+4円、+3.51%〕
 女性向け交流サイトを開始するとの報道

続きを読む>>

竹中三佳の株Catch one’s eye Part.40 「妖怪ウォッチ」ブーム

竹中三佳の株Catch one's eye 連載

竹中三佳さん

先日友人宅にて子供たちが誇らしげに見せてくれたバンダイ(バンダイナムコHD・7832)の「DX妖怪ウォッチ」は、専用の「妖怪メダル」を入れると、そのメダルに描かれている妖怪の召喚ソングや登場ボイスが流れる、という腕時計型の玩具でした。

続きを読む>>

概況/前引け NYダウの反発を受けて、東証も反発。ただ、ソフトバンクは安い

概況

TOPIX 日足

前引けの日経平均は14,186.56円の153.11円高、TOPIXは1,162.51の10.50ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,266、値下がり銘柄数は390。出来高は7億9,618万株、売買代金は8,224億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ワールドインテック、カッシーナ・イクスシー、サイバーリンクス、丸山製作所など

個別

■ヤマハ(7951) 1,530円〔+38円、+2.55%〕
 立花証券が新規「強気」
■任天堂(7974) 10,385円〔-285円、-2.67%〕
 平成26年3月期決算を発表
■アジア航測(9233) 437円〔+80円、+22.41%〕
 第2四半期業績予想を上方修正

続きを読む>>

明日の材料 ホクト、ジェイテック、サントリー食品インターナショナル、ABCマート、バッファロー、電算システムなど

概況

■マネースクウェア・ジャパン(8728)
 新たに投資助言・代理事業を開始
■ナガワ(9663)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は10.1%増収、17.3%営業増益を計画
■ソフトバンク(9984)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は売上高8兆円、営業利益1兆円を予想

続きを読む>>

通信料値下げ競争がフォロー スマホゲーム関連 リバウンド期待浮上【日本証券新聞 4月17日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月17日

・確率わずか「0.04%」!? 任天堂12日ぶり反発の波紋
・上場子会社、狙うなら今! ”再編の季節”5月を視野に
・日経平均が後場一段高 いつもの値がさ2銘柄けん引
・ピックルス 大胆な「自社株買い」を好感 今期は2ケタ増益を計画

続きを読む>>

概況/前引け 米国株高と円安を受けて続伸も、薄商い。紙パルプや鉱業、ノンバンクが高いが、利食い売りも

概況

日経平均 月足

前引けの日経平均は15,076.46円の130.14円高、TOPIXは1,218.42の7.06ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,132、値下がり銘柄数は530。出来高は9億9,671万株、売買代金は8,471億円。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反発、全面高。期末配当取りの動きや新年度入りによる資金流入期待。ソフトバンクやトヨタ、ファナック、JT、花王など各業界のトップ銘柄が高い

概況

日経平均 日足

大引けの日経平均は14,475.30円の251.07円高、TOPIXは1,163.04の17.07ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,476、値下がり銘柄数は293。出来高は29億1,579万株、売買代金は2兆6,814億円。

続きを読む>>

スマホやゲーム機などで気軽に「健康管理」 高齢化社会到来でニーズ高まる

セクター 個別

エムティーアイ(9438) 日足

スマートフォン(スマホ)などの電子機器を利用した健康管理で新たなサービスを提供する動きが活発化している。国内では様々な場面でIT化が進展すると同時に高齢者の比率も高まっており、通信やゲーム関連業界でも健康分野に次なる成長マーケットとして熱い視線が向かっているようだ。

続きを読む>>

自社株買いラッシュに条件整う 決算、株安、ROE…

概況

菱洋エレク(8068) 週足

軟調地合い下、「自社株買い」への市場の関心が再び高まりつつある。
29日の決算発表を受けた任天堂(7974)が朝方、一時970円(7.5%)高となる場面があった。決算内容は想定線だが、発行済み株式の7.8%に相当する1,000万株を上限とした自社株買いを発表したためだ。結局、前場中に開催した「経営方針説明会」が失望される格好で(スマートフォン活用策が不十分など)、売り直されたが、自社株買いが強い印象を残したことは確か。

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均は511円安。新興国不安で米国株が下落し、円高に。不動産、保険、ノンバンク、証券などが安い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,872円38銭の511円53銭安、TOPIXは1,218.03の38.15ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は40、値下がり銘柄数は1,729。出来高は14億9,886万株、売買代金は1兆4,574億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) システム・テクノロジー・アイ、コロプラ、オークファン、日立金属、東洋機械金属など

個別

■三菱地所(8802) 2,570円〔-122円、-4.53%〕
 みずほ証券が投資判断を「買い」→「中立」に引き下げ
■東海旅客鉄道(9022) 11,595円〔+320円、+2.84%〕
 第3四半期決算を発表
■ソフトバンク(9984) 7,432円〔-387円、-4.95%〕
 全面安の地合いのなか、TモバイルUS買収への懸念も

続きを読む>>

概況/寄り付き 欧米市場の下落で、東京市場は全面安。三菱地所と住友不動産はみずほ証券が格下げ

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが2,310万株、買いは2,050万株でした。
9時16分時点の日経平均は14,989円60銭の394円31銭安、TOPIXは1,229.77の26.41ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は67、値下がり銘柄数は1,681。

続きを読む>>

明日の材料 パナホーム、大和ハウスリー、コロプラ、ヤフー、日立金属、コマツなど

個別

■任天堂(7974)
 第3四半期決算、1,000万株の自社株買いを発表
■東京ドーム(9681)
 通期業績予想を上方修正
■ミスミグループ本社(9962)
 第3四半期決算、通期業績予想を上方修正、増配を発表

続きを読む>>

話題銘柄をテクニカルで斬る 「たかがゲーム、されどゲーム」ゲーム関連株に世界景気、個人消費の余裕度を見たい!

テクニカル 個別

新年に入って、多くの市場関係者の強気予想は的外れとなり、株式市場全体がさえない中、エイチームやコロプラなどゲーム関連の株価が元気だ。コロプラは東証マザーズ上場だが、1日の売買代金は、ケタ違いに増加して東証1部銘柄を凌ぎ、売買代金トップの大商いを続けている。

続きを読む>>

概況/寄り付き 円安、米株反発から、東京市場はほぼ全面高。自動車株や電機、商社、非鉄も

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,810万株、買いは1,830万株でした。
9時15分時点の日経平均は15,236円95銭の256円79銭高、TOPIXは1,245.76の21.45ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,714、値下がり銘柄数は40。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ユアテック、グンゼ、サイバネットシステム、小野測器など

個別

■任天堂(7974) 12,725円〔-535円、-4.03%〕
 ゴールドマン・サックスが投資判断を「売り」に引き下げ
■ジャフコ(8595) 5,500円〔+160円、+3.00%〕
 いちよし経済研究所ではフェアバリューを1万円に引き上げ
■サカイ引越センター(9039) 3,620円〔+25円、+0.70%〕
 いちよし経済研究所ではフェアバリューを5,000円に引き上げ

続きを読む>>

日経平均1万5,000円攻防(一時458円安) どう読む急落相場 市場関係者に聞く 【NSJ日本証券新聞 1月28日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月28日

・銘柄一本勝負 ネクステージ 意欲的な中期経営計画 出店加速で営業利益2.5倍へ
・“スーパーボール理論”頑張れ!シーホークス
・エムスリー9連合 好決算受け上げ足加速
・カプコン 逆行高 新作「モンハン4G」今秋投入を発表 10周年でイベントも続々

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ミクシィ、エプコ、アダストリアホールディングス、東邦チタニウムなど

個別

■日本電気(6701) 285円〔+13円、+4.78%〕
 シティグループが投資判断を引き上げ
■日本航空電子工業(6807) 1,653円〔+168円、+11.31%〕
 第3四半期決算、通期業績予想を上方修正
■任天堂(7974) 13,900円〔-125円、-0.89%〕
 東海東京調査センターがレーティングを「2」→「4」へ引き下げ

続きを読む>>

概況/前引け 日銀決定会合を前に動きにくいが、日経平均は25日線が下支え。任天堂は7日ぶりに反発

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,801円14銭の5円18銭高、TOPIXは1,299.73の3.78ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は921、値下がり銘柄数は670。出来高は12億2,060万株、売買代金は1兆311億円。

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均は上げ幅拡大、上海株や香港株の反発も支援。ドワンゴはネット選挙絡み、メルコは上方修正が好感

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,872円62銭の230円94銭高、TOPIXは1,303.40の9.54ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,048、値下がり銘柄数は588。出来高は11億5,365万株、売買代金は9,584億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は買い優勢のスタート。アルプス電気はGSの格上げ、三洋化成はCSの新規「OUTPERFORM」で高いHKはシティグループの格下げで下落。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが920万株、買いは1,030万株でした。
9時15分時点の日経平均は15,751円46銭の109円78銭高、TOPIXは1,297.68の3.82ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,118、値下がり銘柄数は449。

続きを読む>>

取材の現場から 思惑くすぶる京都・東地区再開発 京都財界挙げての大プロジェクトになるか

取材の現場から 連載

ニチコン(6996) 週足

年末押し迫った12月28日、日本維新の会の落選候補者が「除名」処分された。何でもなさそうな話だが、この件が京都でちょっと注目されている。

続きを読む>>

新主役・個人は何を買う!? 14週ぶり大量買い越し 【NSJ日本証券新聞 1月21日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月21日

・銘柄一本勝負 宇徳(9358) 不動産含み益プラスαの魅力
・JASDAQ平均 昨年5月高値更新 マザーズ指数1,000ポイント回復
・「任天堂ショック」渦中で当たり屋誕生も
・今年のガンホーを探せ! 野村が増益率でスクリーニング

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は3日続落も、ジャスダック平均は4日続伸。任天堂が3期連続赤字で下落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,641円68銭の92円78銭安、TOPIXは1,293.86の3.53ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は994、値下がり銘柄数は677。出来高は22億2,687万株、売買代金は1兆8,972億円。

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均、TOPIXはマイナス、2部やJASDAQ、マザーズ指数はプラス。任天堂が3期連続赤字で急落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,636円79銭の97円67銭安、TOPIXは1,293.55の3.84ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は960、値下がり銘柄数は678。出来高は12億3,860万株、売買代金は1兆12億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向 塩水港精糖、ウォーターダイレクト、鳥居薬品、川崎地質、JXホールディングスなど

個別

■日本タングステン(6998) 213円〔+14円、+7.04%〕
 太陽光発電事業に参入
■任天堂(7974) 12,985円〔-1,660円、-11.33%〕
 下方修正、減配を発表
■陽光都市開発(8946) 247円〔+42円、+20.49%〕
 香港柏雅を子会社化

続きを読む>>

明日の材料 NECネッツエスアイ、塩水港精糖、ウォーターダイレクト、神戸物産、コスモ・バイオなど

個別

■日本シイエムケイ(6958)
子会社の閉鎖、国内生産体制の見直し。通期業績予想を下方修正
■任天堂(7974)
通期業績予想を下方修正、期末配当予想を260円→100円へ減額
■フォーバル(8275)
1月24日をもって東証2部へ市場変更

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 寿スピリッツ、DeNA、医学生物学研究所、ウェザーニューズ、不二越など

概況

■ノダ(7879) 669円〔-90円、-11.86%〕
 平成25年11月期決算を発表、今期は二桁の減益計画
■リンテック(7966) 1,946円〔+31円、+1.62%〕
 4-12月期の経常利益が前年同期比3割増との報道
■任天堂(7974) 15,040円〔-320円、-2.08%〕
 JPモルガンが投資判断を引き下げ

続きを読む>>

概況/前引け 米国株の続伸を好感。一方、東和薬品はメリルリンチの格下げで下落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,879円81銭の71円08銭高、TOPIXは1,305.22の10.70ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,268、値下がり銘柄数は401。出来高は15億6,685万株、売買代金は1兆2,178億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 昨日の反動もあり、東証も下落。ただ、浜松ホトニクスはPM2.5計測器で高く、ソニーも値上がり

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

昨日の日経平均が307円高となった反動も加わり、売られています。大手不動産株は堅調ですが、その他製品や紙パルプ、小売、金属、石油などが業種別の値下がり率上位に。

続きを読む>>

概況/大引け 米国株の反発に安堵し、東証は全面高。安倍首相とトルコ首相の会談で社会インフラ関連の上昇が顕著

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は16,121円45銭の307円08銭高、TOPIXは1,306.23の22.98ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,581、値下がり銘柄数は140。出来高は30億3,469万株、売買代金は2兆4,832億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) カネコ種苗、ヴィレッジヴァンガード、日本新薬、ヤフー、明電舎など

個別

■マニー(7730) 3,855円〔+240円、+6.64%〕
 第1四半期決算を発表、SMBC日興証券では格上げ
■任天堂(7974) 15,930円〔+1,620円、+11.32%〕
 中国政府がゲーム機の販売禁止を一時解除と伝わる
■ファミリーマート(8028) 4,940円〔+120円、+2.49%〕
 第3四半期決算を発表、クレディ・スイスでは「OUTPERFORM」を継続

続きを読む>>

概況/前引け 米国株の反発を好感。中国がゲーム機の販売禁止を一次解除で任天堂高い。藤倉ゴムが反発で、渋谷工業も再び物色

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,978円34銭の163円97銭高、TOPIXは1,293.93の10.68ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,262、値下がり銘柄数は373。出来高は13億5,013万株、売買代金は1兆911億円。

続きを読む>>

ソニー「プレステ4」は海外で品薄 日本では来年2月発売予定 【NSJ日本証券新聞 12月16日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月16日

・一気に円安、5年ぶり水準 為替感応度で4銘柄厳選
・SQ通過、その影に機関投資家の大量売りも
・“当り屋”参上!! 岩井コスモ、注目の的に
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.24 WASYOKU

続きを読む>>

概況/大引け 週間で1,000円超の値上がりの反動から、本日は利食い売りで揉み合い。ただ、ゲーム関連やノンバンクが上昇

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,164円30銭の1円62銭安、TOPIXは1,241.67の2.63ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は809、値下がり銘柄数は789。出来高は28億4,051万株、売買代金は2兆4,854億円。

続きを読む>>

日経平均1万5,000円奪回 5/22以来 【NSJ日本証券新聞 11月18日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 11月18日

・話題 海外機関投資家 買い出動か
・東証1部売買代金2.8兆円に急増 5月高値に挑戦する動き
・野村HD 大活況
・過去11年間の実績が証明 ファーストリテに年末高習性

続きを読む>>

明日の材料 パナホーム、オリエンタルランド、富士フイルム、大平洋金属、パナソニック、ホンダ、任天堂など

個別

■GMOペイメントゲートウェイ(3769)
 平成25年9月期決算を発表、今26年9月期は20.3%増収、20.8%営業増益を計画
■NEC(6071)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 4.5%減収、99.2%営業減益
■東芝(6502)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 13.2%増収、53.7%営業増益
■日信工業(7230)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 22.3%増収、45.7%営業増益
■ANAホールディングス(9202)
 第2四半期決算、通期業績予想の下方修正、減配(4円→3円)を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 翻訳センター、シップヘルスケア、サン電子、イオン北海道、ソフトバンクなど

個別

■アスクル(2678) 2,280円〔+46円、+2.06%〕
 9月度の月次売上高は109.7%
■オーエスジー(6136) 1,711円〔-9円、-0.52%〕
 シティグループが新規「中立」、1,900円目標
■任天堂(7974) 10,930円〔+60円、+0.55%〕
 SMBC日興証券が投資判断を引き下げ
■イオンモール(8905) 2,706円〔-138円、-4.85%〕
 第2四半期決算を発表、SMBC日興証券では目標株価を2,500円に引き上げ

続きを読む>>

特報 業績低迷でも資金潤沢な任天堂 ゲーム会社は第3四半期が勝負

個別 特報 連載

任天堂(7974) 月足

9月19日、任天堂(7974)中興の祖・山内溥氏が亡くなった。任天堂はこのところ2期連続で営業赤字を出し、社長の岩田聡氏の進退問題がマスコミで取り上げられるという状況だが、冷静にバランスシートを眺めてみると、あらためてこの会社の資金の潤沢ぶりには敬服してしまう。

続きを読む>>

明日の材料 トライステージ、ユーグレナ、コロプラ、オークファン、田辺三菱製薬、近鉄百貨店など

個別

■ゲンダイエージェンシー(2411)
 第2四半期売上高予想を8,050→8,600百万円へ、営業利益予想を710→880百万円へ増額修正
■ソフトクリエイトホールディングス(3371)
 375,000株、3億円を上限に自己株式を取得
■ナノキャリア(4571)
 タンパク医薬のデリバリーに関する物質特許が米国で特許査定
■アドバンテスト(6857)
 通期売上高予想を160,000→143,000百万円へ、営業利益予想を13,000→0百万円へ減額修正
■セントラル警備保障(9740)
 第2四半期売上高予想を20,200→20,300百万円へ、営業利益予想を280→510百万円へ増額修正

続きを読む>>

RADIEX 25日開幕が株価刺激 低位株百花繚乱 【NSJ日本証券新聞 9月25日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 9月25日

・銘柄一本勝負 東京都民銀行 東京都唯一の第一地銀
・25日からノーベル相場前哨戦?
・わらべや日洋 新展開入り セブン宅配強化で恩恵
・エムアップ S高 「ゆるキャラ」参入で成長加速

続きを読む>>

概況/大引け 2020年東京五輪決定で全面高。老朽化した道路や鉄道などのインフラ整備への期待で大成や鉄建などの建設株が高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,205円23銭の344円42銭高、TOPIXは1,173.00の25.18ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,624、値下がり銘柄数は94。出来高は29億3,756万株、売買代金は2兆1,007億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) クックパッド、コメ兵、、ロングライフ、楽天、任天堂など

個別

■任天堂(7974) 10,800円〔-1,050円、-8.86%〕
 日経平均に新規採用がなかったことで売り優勢
■住友商事(8053) 1,304円〔+4円、+0.31%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を「Neutral」に引き下げ
■シノケングループ(8909) 2,135円〔+160円、+8.10%〕
 上方修正を発表
■GMOインターネット(9449) 1,205円〔+37円、+3.17%〕
 野村証券では「.tokyo」ドメインのレジストリとして注目

続きを読む>>

欧州関連株に拾い場到来 ユーロ圏の景気回復にらむ

セクター 個別

マキタ(6586) 週足

マーケットの話題は東京オリンピックに集中するが、一部では眠れる巨人「欧州」の復活に着目する向きもある。大和証券投資信託委託は8月30日に欧州株を投資対象とする「ダイワ欧州株高配当株ファンド」を新規設定する。

続きを読む>>

マザーズ「1年ルール」適用で浮上 APカンパニー1部昇格濃厚 【NSJ日本証券新聞 9月4日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 9月4日

・いきなり海外上場 ジークホールディングス 小林学社長に聞く
・今週末!?の発表視野に 日経平均採用候補が人気
・欧州関連株に拾い場到来 ユーロ圏の景気回復にらむ
・フジオフード 5月高値は通過点 「ライブ感」「シズル感」で店舗活性化

続きを読む>>

概況/前引け 米国でISMや雇用統計、FOMCを控え、警戒感が続くという見方から、東証は下落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は13,369円49銭の90円22銭安、TOPIXは1,107.56の8.95ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は362、値下がり銘柄数は1,273。出来高は11億251万株、売買代金は9,105億円。

続きを読む>>

開催迫る!「東京ゲームショウ2013」 今年は次世代機向けソフトに関心

セクター 個別

スクウェア(9684) 週足

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が主催する「東京ゲームショウ2013」が9月19日から幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催される。日本最大規模を誇るゲームショウは海外からの関心も高く、今年は昨年を上回る出展社数が見込まれている。

続きを読む>>

任天堂、日本取引所、日電産が軸 225採用入替発表「9月6日」有力説 【NSJ日本証券新聞 8月22日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 8月22日

・日本の“困った”を助ける「課題解決型銘柄」に注目
・相場の「普遍的性質」とは… 7年前の軌跡たどる日経平均
・ゲーム業界に波乱の芽 セガサミーに新たな存在感

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 第一屋製パン、ユナイテッド、ペプチドリーム、デジタルガレージ、東理ホールディングスなど

個別

■昭和シェル石油(5002) 937円〔-35円、-3.60%〕
 シティグループが投資判断を「買い」→「中立」に引き下げ、目標株価は1,000円
■日本板硝子(5202) 109円〔+5円、+4.81%〕
 クレディ・スイスが「OUTPERFORM」継続
■東理ホールディングス(5856) 53円〔+17円、+47.22%〕
 第1四半期決算、上方修正、復配を発表

続きを読む>>

任天堂に強弱観対立 3DSに「2つの見方」

個別

任天堂(7974) 日足

強弱観が対立している。例えば、みずほ証券が7月17日付で買い推奨を継続(1万4,000円目標)すると、UBS証券は8月1日付で売り推奨継続(9,200円目標)としたのが好例だが、先に発表した第1四半期(4-6月)決算に対しても、アナリスト評価は真っ向から食い違っているようだ。強弱観が対立している。例えば、みずほ証券が7月17日付で買い推奨を継続(1万4,000円目標)すると、UBS証券は8月1日付で売り推奨継続(9,200円目標)としたのが好例だが、先に発表した第1四半期(4-6月)決算に対しても、アナリスト評価は真っ向から食い違っているようだ。

続きを読む>>

LINE関連 求心力向上 8月21日注目イベント 【NSJ日本証券新聞 8月6日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 8月6日

・銘柄一本勝負 東京都競馬 営業利益の94%占める賃貸事業
・政局ゴタゴタ、秋に余波 カジノ法案「また先送り」!?
・任天堂に強弱観対立 3DSに「2つの見方」

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ミクシィ、日油、資生堂、パナソニック、村田製作所など

個別

■マツダ(7261) 421円〔+11円、+2.68%〕
 第1四半期決算を発表、ドイツ証券、野村証券では「Buy」継続
■ヤマハ(7951) 1,340円〔+82円、+6.52%〕
 第1四半期決算、上方修正を発表
■任天堂(7974) 12,900円〔+480円、+3.86%〕
 第1四半期決算を発表

続きを読む>>

明日の材料 ぐるなび、アドウェイズ、牧野フライス、東芝、パナソニック、マツダ、任天堂など

個別

■コロプラ(3668):第3四半期決算、上方修正、1対3の株式分割を発表
■TOTO(5332): 第1四半期決算、上方修正、自己株式の取得・消却を発表
■日本ガイシ(5333):第1四半期決算、第2四半期業績予想の上方修正を発表
■ヒロセ電機(6806):第1四半期決算、第2四半期業績予想の上方修正を発表

続きを読む>>

概況/寄付き 円高で相場全体は小幅安。海底資源掘削関連が下落、鐵鋼株は高い

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

9時15分時点のTOPIXは1,214.34の2.19ポイント安、日経平均は14,632円の25円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は516、値上がり銘柄数は977。

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均は寄り付き180円高も、その後揉み合い。参院選で自民党は65議席獲得したがサプライズはないという見方で伸び悩み

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,211.99の0.01ポイント高、日経平均は14,587.26円の2.65円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は975、値下がり銘柄数は632。出来高は14億1,296万株、売買代金は1兆1,116億円。

続きを読む>>

概況/大引け 参院選後は先送りしてきた財政健全化や消費税増税を向き合うことが悪材料視。安倍政権の労働政策への期待でフルキャストが高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,211.98の10.03ポイント安、日経平均は14,589.91円の218.59円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は220、値下がり銘柄数は1,474。出来高は36億4,305万株、売買代金は3兆1,082億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 一休、シャープ、アドバンテスト、小松ウオール、インテリックスなど

個別

■小松ウオール工業(7949) 2,010円〔-155円、-7.16%〕
 減収・減益となる第1四半期決算を発表
■任天堂(7974) 13,560円〔+510円、+3.91%〕
 中国が家庭用ゲーム機とゲームソフトの輸入・販売を解禁するとの報道
■インテリックス(8940) 58,000円〔+3,100円、+5.65%〕
3,000株、2億円を上限に自社株買い

続きを読む>>

概況/前引け 小幅高でのもみ合い。ソフトバンクが燃料電池進出計画、KLabは博報堂と資本業務提携

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,216.86の3.62ポイント高、日経平均は14,694.53円の79.49円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は899、値下がり銘柄数は685。出来高は14億7,102万株、売買代金は1兆1,812億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) FUJIKOH、DDS、アクロディア、カナレ電気、古野電気、任天堂など

概況

■日本エマージェンシーアシスタ(6063) 2,263円〔-252円、-10.02%〕
 日立グループの海外における緊急医療サービス業務を受注
■日機装(6376) 1,327円〔-19円、-1.41%〕
 150億円の転換社債、潜在株式数の比率は11.57%
■東芝(6502) 484円〔+4円、+0.83%〕
 SMBC日興証券が目標株価を670円に引き上げ

続きを読む>>

概況/前引け FRB議長の議会証言を控え、様子見。三菱自動車は復配観測で大幅高、東証と大証の統合効果で王将フードや任天堂が続伸

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,207.59の2.95ポイント安、日経平均は14,513.92円の85.20円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は693、値下がり銘柄数は891。出来高は17億6,014万株、売買代金は1兆1,322億円。

続きを読む>>

材料発掘 大証2部時価総額低位株を厳選

セクター 個別

JEUGIA(9826) 週足

東証と大証の市場統合がいよいよ連休明けに迫った。大証商い主力の任天堂(7974)が225採用思惑などから水準を切り上げてきており、その効果は早速、物色面に反映され始めている。

続きを読む>>

「日経平均入れ替え」候補は… 予想レポート、早くも出揃う 任天堂VS日本取引所

個別 概況

三菱製紙(3864) 週足

9月に予定される、日経平均定期入れ替えで、主要な証券4社による予想レポートが出そろった。例年より約1カ月前倒しされた格好。1日付本紙1面で紹介した、日本経済新聞リリース(大証主市場銘柄に対する日経平均採用基準の緩和)を受けたものだ。

続きを読む>>

価格感応度で読む投資戦略 原油相場1年2カ月ぶり高値更新 【NSJ日本証券新聞 7月5日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 7月5日

・IPO社長会見 サントリーBF 非炭酸飲料はグローバル市場で最も成長余地大
・7月需給良好説に黄信号!? 「公募→急落」パターン続く
・「今日の勝負株」戦績表 底値もみ合い圏で全般低調

続きを読む>>

任天堂の今秋日経平均採用はあるか? 思惑渦巻く27日付日経リリース 【NSJ日本証券新聞 7月1日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 7月1日

・健康食品関連に刺激材料 「効能」規制緩和で見直す
・「日銀式ETF投資法」評価損益率+63.16%
・求人関連株 動意強める リブセンス連日の大幅高
・新興Weeklyウォッチャー リプロセル換金マネーの行方に関心

続きを読む>>

概況/前引け 量的緩和策の縮小観測から円高で、東証下落。トヨタや設備投資関連が安い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

円高警戒でトヨタや日産などの自動車株が売られ、完成車メーカーの業績回復に陰りが見えれば設備投資意欲も削がれるという観測からか工具やベアリングメーカー、産業用ロボットの不二越、溶接機器のOBARA GRUO、東芝機械などの設備投資関連も売られました。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ABCマート、東洋ゴム工業、THK、シチズンHDなど

個別

■THK(6481) 2,646円〔+194円、+7.91%〕
 シティグループが投資判断を「1」に引き上げ

■シャープ(6753) 466円〔-65円、-12.24%〕
 ゴールドマン・サックスでは「売り」継続

■プレス工業(7246) 537円〔-21円、-3.76%〕
 14時に平成25年3月期決算を発表

続きを読む>>

世界最大のゲーム見本市「E3」の開催迫る 次世代機の詳細に関心

セクター 個別

任天堂(7974) 週足

世界最大のゲーム見本市「E3(Electronic Entertainment Expo)」が日本時間の6月11-13日に米国ロサンゼルスのコンベンションセンターで開催される。大手ゲームメーカー各社は毎年、E3で何らかの発表を行っているが、特に今年は年末のクリスマス商戦へ向けて新型ゲーム機に絡む発表が実施されることが有力で、ゲーム関連銘柄が再度注目できそうだ。

続きを読む>>

個別銘柄動向 日揮、カービュー、そーせい、キヤノン、ジャフコ、三井倉庫、ニチイ学館など

個別

■住友化学(4005) 330円〔+1円、+0.30%〕
 JPモルガン証券が新規「Overweight」

■そーせいグループ(4565) 5,100円〔+415円、+8.86%〕
 導出先のノバルティスが良好な臨床試験結果を公表

■カイオム・バイオサイエンス(4583) 14,700円〔+1,130円、+8.33%〕
 高親和性抗体獲得技術の確立と実用化成功を公表

■日本電産(6594) 6,890円〔+450円、+6.99%〕
 野村証券が目標株価を7,700円に引き上げ

続きを読む>>

概況/寄り付き 小幅高の始まり。キヤノンはデジカメ不振で野村証券が格下げ

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

環境省は温暖化防止の観点から石炭火力発電の新増設を事実上禁止してきましたが、エネルギー調達の厳しい事情を踏まえ、新増設を再開すると報じられたことから、太平洋興発(8835)や三井松島産業(1518)が買われています。

続きを読む>>

明日の材料 カワチ薬品、積水化成、オービック、資生堂、キヤノン、任天堂など

個別

■新日本無線(6911)
 平成25年3月期決算を発表、今26年3月期は15.3%増収、70.1%営業増益を計画

■キヤノン(7751)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 1.5%減収、33.8%営業減益

■任天堂(7974)
 平成25年3月期決算を発表、今26年3月期は営業利益で1,000億円の黒字を計画

続きを読む>>

大量保有報告書から JPモルガン テーマ株を大量保有

個別 概況

直近1カ月間に提出された大量保有報告書で新規取得報告が出た主な銘柄一覧だ。
JPモルガンAMは、アベノミクスの恩恵享受が読まれるテーマ株の買い付け報告が引き続き目立つ。今回のキーワードは「不動産(含み益)」「市場活性化」「バイオ」。

続きを読む>>

アベノミクス相場第2幕 外国人買いで寄り付き出来高10億株 【NSJ日本証券新聞 4月8日付け】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 4月8日付け

・タカさんの「オレに任せろ!」 大胆緩和で輸出、金融系が主役へ
・フォーカス 当面の材料を見失う「欧米景気動向」「日本の債券相場」なども浮上
・Mr.009の新興市場 個人買越額は2年ぶり高水準

続きを読む>>

概況/寄り付き オランダの財務相がキプロスの銀行の再編計画はユーロ圏各国の雛型と見なされるべきと発言し、米国株下落、東証も反落。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の東京株式市場も反落し、ユーロの下落を受けて、マツダや任天堂や東京機械、コニカミノルタなどの欧州売上高比率の高い企業が値下がりしています。

続きを読む>>

個別銘柄動向 アルトナー、味の素、北の達人、イマジニア、イーブックなど

個別

■大東建託(1878) 8,160円〔0円、0.00%〕
 クレディ・スイスでは「OUTPERFORM」継続

■タケエイ(2151) 2,836円〔+63円、+2.27%〕
 太陽光発電、バイオマス発電事業に参入

■アルトナー(2163) 783円〔+44円、+5.95%〕
 期末配当予想の修正(20円→25円)を発表

■味の素(2802) 1,286円〔+9円、+0.70%〕
 東海東京調査センターでは1,410円目標

■北の達人(2930) 1,883円〔+128円、+7.29%〕
 札幌アンビシャスから本則市場へ

続きを読む>>

業界トップ企業に矛先 大量保有報告書から【NSJ日本証券新聞(2月14日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月14日付け

・業界トップ企業に矛先 大量保有報告書から
・「1部指定」発表ラッシュの予感 2部上場1周年銘柄続々
・日経平均<TOPIX 相場の流れ決める銀行株!?

続きを読む>>

中国・春節(2月10日)前後の視点 週明け1週間は「9勝1敗」 【NSJ日本証券新聞(2月05日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月05日付け

・中国・春節(2月10日)前後の視点 週明け1週間は「9勝1敗」
・新連載 銘柄一本勝負 曙ブレーキ M&Aの赤字はほぼ一掃

続きを読む>>

個別銘柄動向 博展、一休、東京鐵鋼、ヒロセ電機、任天堂など

個別

■東京鐵鋼(5445) 387円〔+21円、+5.74%〕
 第3四半期決算、利益面での上方修正を発表

■鈴茂器工(6405) 844円〔+65円、+8.34%〕
 上方修正が材料視

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは938.74ポイントの4.07ポイント高、日経平均は11,1166円の2円高。ヤフー反落。任天堂2期連続赤字見通しで下落。ワコムはサムスンとの資本提携を好感。三井住友FGは通期計画を上回り高い。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の東京株式市場は米国株高という支援材料も欠く中で、昨日の日経平均247円高とのいう反動もあり、揉み合いとなっています。

続きを読む>>

明日の材料 一休、スタートトゥデイ、OLC、アドバンテスト、オムロン、ワコム、Eギャランティ、マガシークなど

個別

■一休(2450):第3四半期決算、通期業績予想の増額、期末配当予想の修正(1,100→1300円)を発表
■宝HD(2531):第3四半期決算を発表、前年同期比 0.7%増収、5.8%営業減益
■マガシーク(3060):NTTドコモ(9437)が1株135,000円でTOB
■スタートトゥデイ(3092):第3四半期決算、通期業績予想の減額、株主総会ZOZOTOWN スペシャル福袋の配布取り止め

続きを読む>>

クリスマス 関連銘柄をチェック 年末株高も消費を刺激 不二家、OLC、任天堂など

セクター 個別

不二家(2211) 日足

いよいよ来週24日のクリスマスイブが目前に迫ってきた。国内でもクリスマスイベントが定着し11月ごろから大手小売店を中心にクリスマスセールが開催されているが、今年の場合は年末に向け日経平均が急騰したこともあり、心理的な面で…

続きを読む>>

NSJ日本証券新聞 12月10日付け

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月10日付け

・政策関連の内需・仕手系株にも人気波及 動きが魅力の3銘柄 ・家電量販店も”代理戦争” 宿命のライバル 電力 VS ガス ・サプライズ予想の出回る季節 「ブラジル危機」に備えを!? ・IPO社長会見 IBJ ・北浜流一郎…

続きを読む>>