7972

日銀+公的年金+かんぽ生命 「信託銀行」主導で買われる株は【日本証券新聞 2月17日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月17日

・「自動運転」関連が人気 JVCケンウッド、3年ぶり高値
・筍狩りに行こう 木村化工機 各部門とも受注が急回復
・総合商社株 出遅れ修正高に期待
・ムゲンエステート 新展開入り 首都圏の中古不動産再販事業好調

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は18,000円台を回復、銀行株と証券株が高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は18,004.77円の91.41円高、TOPIXは1,459.43の10.05ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,188、値下がり銘柄数は563。出来高は24億6,667万株、売買代金は2兆4,327億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 三井住友建設、大豊建設、YKT、オープンハウス、アエリアなど

個別

■リアルビジョン(6786) ストップ高買い気配
 「継続企業の前提に関する注記」の記載解消
■イトーキ(7972) 658円〔+78円、+13.45%〕
 平成26年12月期決算を発表
■商船三井(9104) 418円〔+10円、+2.45%〕
 野村証券が投資判断を引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 三井住建道路、三井住友建設、五洋建設、テンプホールディングス、新日本科学、オープンハウスなど

個別

■第一生命保険(8750):第3四半期決算を発表、経常利益は前年同期比25.8%増
■アサツーディ・ケイ(9747):平成26年12月期決算を発表、今27年12月期は1.4%増収、17.2%営業増益を計画
■富士ソフト(9749):平成26年12月期決算を発表、今27年12月期は2.4%増収、2.3%営業増益を計画

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は4営業日ぶりに反落。ただ、過熱警戒が抱かれれているが、米年末商戦や日銀・年金買いへの期待から底堅い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,383.58円の24.04円安、TOPIXは1,406.40の2.75ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は857、値下がり銘柄数は824。出来高は22億1,184万株、売買代金は2兆2,994億円。

続きを読む>>

明日の材料 燦キャピタルマネージメント、クルーズ、プラネット、ティア、ダイドードリンコ、片倉工業など

個別

■タカラレーベン(8897):ライブネットホーム、住宅情報館を子会社化
■名古屋鉄道(9048):転換社債型新株予約権付社債400億円を発行
■ニチイ学館(9792):10月介護サービス利用状況を公表

続きを読む>>

明日の材料 マルハニチロ、ホクト、大豊建設、奥村組、NIPPO、アルフレッサホールディングスなど

個別

■青山商事(8219):通期業績予想を下方修正
■第三銀行(8529):第2四半期業績予想を上方修正
■東京放送ホールディングス(9401):第2四半期及び通期業績予想を修正
■ソフトバンク(9984):第2四半期決算を発表、前年同期比57.9%増収、19.1%営業減益

続きを読む>>

「SQ→月末」は日経平均8連勝中 リバウンド狙い15銘柄選定【日本証券新聞 10月14日】

日本証券新聞

日本証券新聞 10月14日

・ETF買入、じわり増額 追加緩和を見越した動き?
・当面は「公共投資関連」「機械」「増額&株主還元」をピックアップ 
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.62 世界の「MUJI」
・東宝 8月高値奪回が有望 劇場版「妖怪ウォッチ」で再増額も

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 アンリツ、イトーキ、山一電機

テクニカル 個別

山一電機(6941) 週足

13年5月高値1,611円から二段下げの調整波動も、抵抗帯(雲)上限付近に差し掛かりいったんは下げ止まる公算が大きい。08年10月安値172円を起点とした上昇波動は、調整らしい調整もなく続いたが、その上昇幅の半値押しを達成した水準でもある。

続きを読む>>

救世主・GPIFどう動く!? 急反発 日経平均一時383円高【日本証券新聞 8月12日】

日本証券新聞

日本証券新聞 8月12日

・PER14倍台と割安 過度な警戒感後退
・ソフトバンクが反発 悪材料出尽くしか
・筍狩りに行こう テンプHD 「人手不足」時代を象徴する好決算
・ミクシィがS高 「モンスト」好調で大幅増額&中間配当実施

続きを読む>>

明日の材料 システム・テクノロジー・アイ、オプト、バリューコマース、カゴメ、片倉工業など

個別

■吉野家ホールディングス(9861)
 公募による自己株式の処分、株式売出し、自己株式の消却。中小企業庁による立入検査
■家族亭(9931)
 第1四半期決算を発表、前年同期比5.6%増収、111.4%営業増益
■アークス(9948)
 通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

「決算発表の季節」到来 真贋分ける試練の四半期【日本証券新聞 7月14日】

日本証券新聞

日本証券新聞 7月14日

・ついに陥落「25日線」 今度は、いち早い奪回を
・「好業績」「材料内包」の新興市場銘柄に照準
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.49 「ごちクル」
・トライステージ テレビ通販業者支援事業 新サービスを展開

続きを読む>>

活発化するオフィス移転関連 大量供給後の空室率低下が追い風に

セクター 個別

岡村製(7994) 週足

3月の東京23区のオフィス空室率が6.7%と9カ月連続で改善している。この背景には、“アベノミクス”に伴う景気回復期待のほかに、活発な状況が続く企業のオフィス移転なども挙げられている。

続きを読む>>

1980年代以降で初 日欧逆転「PER」で銘柄選別【日本証券新聞 5月8日】

日本証券新聞

日本証券新聞 5月8日

・東証開所来タイ記録(3度目) 年初来続落記録の先
・活発化するオフィス移転関連 大量供給後の空室率低下が追い風に
・日本通信が高値更新 格安スマホの普及促進で脚光
・トヨタが個人向け新たな挑戦 「ニコ生」で説明会を生中継

続きを読む>>

明日の材料 高砂熱学工業、キリンホールディングス、カワチ薬品、きちり、日本調剤、ビリングシステムなど

概況

■KDDI(9433)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は6.1%増収、10.1%営業増益を計画
■東京電力(9501)
 平成26年3月期決算を発表
■電源開発(9513)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は6.7%増収、16.6%営業増益を計画
■ベネッセホールディングス(9783)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は4.2%増収、0.5%営業増益を計画

続きを読む>>

FTSE採用などイベント続々 西武HD 意外な健闘の背景【日本証券新聞 4月25日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月25日

・IPO社長会見 サーベラスとは信頼関係 西武HD 後藤高志社長語る
・大量保有報告書から 複数の機関投資家から選ばれし銘柄
・日本郵政 株式上場に向け本格始動
・相場も「黄金週間」!? 連休前後は需給好転か

続きを読む>>

日銀会合の「次のイベント」 本番迫る決算発表の焦点【日本証券新聞 4月9日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月9日

・気をつけよう、裸の空売り フェイル発生事例が表面化
・西武ホールディングス 異例のIPOスケジュール変更 出るわ出るわ「割高」の声
・日本ハム 戻り歩調 GS「買い」継続
・IPO初値 丸和運輸、トレックスとも公募割れスタート

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 大東建託、クックパッド、魚喜、チムニー、ブックオフコーポレーションなど

個別

■三井海洋開発(6269) 2,327円〔-123円、-5.02%〕
 公募増資などで約230億円を調達
■トレックス・セミコンダクター(6616) 4,720円
 初値は公開価格5,000円を10.4%下回る4,480円
■五洋インテックス(7519) 111円〔+4円、+3.74%〕
 Casablanca Group Limitedと業務提携
■イトーキ(7972) 668円〔+14円、+2.14%〕
 立花証券が新規「強気」

続きを読む>>

引っ越しシーズンが本格的に到来 家具大手を含めて波及効果

セクター 個別

サカイ引越センター(9309) 週足

4月の新年度入りに向けて、引っ越しシーズンが本格的に到来してくる。
景況感が回復に向かう中で、企業では事業拡大へ向けて事務所などの移転を活発化させ、移転時にオフィス家具などを新規購入する動きが出てくる。

続きを読む>>

トップインタビュー レオパレス21 代表取締役社長 深山英世氏 賃貸事業の入居率高水準【日本証券新聞 3月18日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月17日

・期末接近 三愛石油 再び高値 持ち株の含み益に関心
・秒読みに入る?!「アリババ上場」 ”本命復活”ソフトバンク
・モルフォ 目先高値払う
・レポート相次ぐGPIF 上限迫るも足元は「買い」

続きを読む>>

明日の材料 山崎製パン、ファンコミュニケーションズ、宝ホールディングス、ディーブイエックス、グリー、楽天など

個別

■IBJ(6071)
 平成25年12月期決算、1対3の株式分割
■日本電子(6951)
 ニコン(7731)と資本業務提携
■大塚家具(8186)
 平成25年12月期決算を発表、今26年12月期は4.0%増収、45.2%営業増益
■アサツーディ・ケイ(9747)
 平成25年12月期決算を発表、今26年12月期は1.8%増収、167.5%営業増益を計画

続きを読む>>

明日の材料 熊谷組、日本M&Aセンター、オイシックス、ファンケル、パイオニアなど

個別

■セイコーホールディングス(8050)
 第3四半期決算を発表、前年同期比 3.8%増収、50.4%営業増益
■青山商事(8219)
 第3四半期決算、自己株式の取得、増配を発表
■ソフトバンク(9984)
 第3四半期決算を発表、前年同期比 94.4%増収、46.3%営業増益

続きを読む>>

需要回復で好調なオフィス関連 家具や事務用品など周辺企業にも追い風

セクター 個別

イトーキ(7972) 週足

景況感の回復に伴い、都市部でのオフィス需要が回復している。オフィス家具関連など周辺企業にも追い風が吹きそうだ。

続きを読む>>

株高が七難隠し、企業を救う!! 日経平均が再び年初来高値更新 【NSJ日本証券新聞 12月20日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月20日

・自動車株の人気再燃 マツダ、富士重工など活況
・日東電「減額→急落」を察知? 外国人“忌避”銘柄は
・4社同時IPO 足利HD 大健闘 地銀再編思惑も底流
・ゲーム関連リバウンドの動き ガンホー3DS向け「パズドラ」絶好調
・アイ・ケイ・ケイ 新展開入りに期待 株主還元にも定評

続きを読む>>

概況/前引け NYダウの続落や、米雇用統計の発表前に動きにくい展開。ヤマトHDなど物流会社が安い

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,365円90銭の42円04銭安、TOPIXは1,239.94の1.05ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は763、値下がり銘柄数は799。出来高は10億8.034万株、売買代金は9,861億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向 極楽湯、ディップ、DeNA、ガンホー、エレコムなど

個別

■極楽湯(2340) 304円〔+44円、+16.92%〕
 100万株の自己株式の取得を発表

■ディップ(2379) 247円〔-37円、-13.03%〕
 下方修正を発表

続きを読む>>

明日の材料 極楽湯、電通、竹内製作所、エレコム、大研医器、長大など

個別

■極楽湯(2340):100万株、3億円を上限に自己株式の取得を行うと発表
■ダイドードリンコ(2590):通期業績予想の利益面での上方修正を発表
■電通(4324):ピュブリシスグループ株売却に伴い、通期純利益予想を281→380億円へ上方修正

続きを読む>>

大阪ビジネス地区の空室率が低下 ダイビル、京阪神ビル、イトーキなどの恩恵大

セクター 個別

ダイビル(8806) 日足

大型再開発が影響 オフィス仲介の三鬼商事が6日にまとめた11月末時点のオフィス空室率によると、大阪ビジネス地区は0.03ポイント低下の9.51ポイントと13カ月連続で低下し、改善傾向が強まっている。東京都心5区(千代田、…

続きを読む>>