7963

明日の材料 三井住建道路、三井住友建設、五洋建設、テンプホールディングス、新日本科学、オープンハウスなど

個別

■第一生命保険(8750):第3四半期決算を発表、経常利益は前年同期比25.8%増
■アサツーディ・ケイ(9747):平成26年12月期決算を発表、今27年12月期は1.4%増収、17.2%営業増益を計画
■富士ソフト(9749):平成26年12月期決算を発表、今27年12月期は2.4%増収、2.3%営業増益を計画

続きを読む>>

材料追跡 興研 ゲル状抗菌剤を開発

個別

興研(7963) 週足

このほど、高い抗菌性を持ちながら人や環境に優しいゲル状抗菌剤「イマディーズ」を開発したと発表した。
「銅」と「乳酸」を同社独自の製法で反応させることで開発したもので、高い抗菌作用、防カビ性、抗ウイルス性を持つ。

続きを読む>>

テクニカルで斬る東京市場 「2018年日経平均3万円」への上昇波動途上 【日本証券新聞 2月4日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月4日

・石油・資源関連株が急動意 WTI原油、一時50ドル回復で買い戻す
・オービック 連日の高値更新 「マイナンバー」に期待も
・平野憲一の相場表街道/裏街道 エイジア
・アイスタイル 急騰 中華圏へ本格参入

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 九電工、ディー・ディー・エス、科研製薬、石井工作研究所など

個別

■いすゞ自動車(7202) 1,568円〔+53円、+3.46%〕
 メリルリンチが投資判断を引き上げ
■興研(7963) 1,713円〔+73円、+4.45%〕
 銅系抗菌剤「イマディーズ」を開発
■イー・ギャランティ(8771) 1,770円〔+72円、+4.24%〕
 二桁増益報道

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は反落スタート、欧米株安を受けて広範囲に値下がり。機械、証券、銀行、不動産、輸送用機器が安い

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は17,683.65円の84.65円安、TOPIXは1,419.74の6.64ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,200万株、買いは560万株。

続きを読む>>

明日の材料 北弘電社、九電工、エムスリー、カワチ薬品、ハローズ、パレモなど

個別

■エフ・ジェー・ネクスト(8935):GMOクリック・インベストメントを子会社化
■内外トランスライン(9384):通期業績予想を上方修正
■中国電力(9504):通期利益予想を上方修正

続きを読む>>

明日の材料 ショーボンドホールディングス、青木あすなろ建設、アコーディア・ゴルフ、ファンコミュニケーションズなど

概況

■肥後銀行(8394):鹿児島銀行と経営統合で基本合意
■上組(9364):第2四半期決算、500万株を上限に自社株買い
■セコム(9735):第2四半期決算を発表、前年同期比0.3%増収、4.9%営業増益

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反発。欧米株高や円安を好感も、エボラ熱が重しとなり上げ幅縮小。対策関連は軒並み高

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,291.64円の152.68円高、TOPIXは1,242.32の9.98ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,149、値下がり銘柄数は552。出来高は19億2,575万株、売買代金は1兆8,760億円。

続きを読む>>

概況/前引け 米国株安と円高から、東証は全面安。鉱業、石油、海運、不動産、非鉄などが安い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,736.90円の336.62円安、TOPIXは1,197.24の26.43ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は122、値下がり銘柄数は1,670。出来高は14億9,588万株、売買代金は1兆3,211億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 米国株安と円高を経過し、東京市場は全面安。保険や輸送用機器、精密、鉱業、電機などが安い

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は14,716.65円の356.87円安、TOPIXは1,195.72の27.95ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが2,200万株、買いは540万株。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は約2カ月ぶりに15,000円台割れ。NYダウ大幅続落と円高を警戒し、東証は全面安

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,936.51円の364.04円安、TOPIXは1,214.27の28.82ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は131、値下がり銘柄数は1,672。出来高は27億5,132万株、売買代金は2兆6,864億円。

続きを読む>>

マークしておきたい防衛関連 関係費は8年ぶりの水準に

セクター 個別

北朝鮮は9日午前4時ごろ、複数の弾道ミサイルを日本海に向けて発射した。弾道ミサイルの発射は3月と6月に続くもので、政府は北朝鮮に対して厳重に抗議した。

続きを読む>>

明日の材料 ホクト、東建コーポレーション、クルーズ、アスカネット、ロック・フィールドなど

個別

■ピーシーデポコーポレーション(7618)
 5月の全店売上高は前年比98.9%、既存店は98.5%
■スギホールディングス(7649)
 5月度のスギ薬局全店売上高は前年比101.1%、既存店は97.3%
■日本テレホン(9425)
 通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

明日の材料 メディネット、シダー、パレモ、エア・ウォーター、日立造船、日野自動車など

個別

■平和不動産(8803)
 通期業績予想を上方修正
■インテリックス(8940)
 パナホームリフォームと業務提携
■アインファーマシーズ(9627)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 10.6%増収、19.1%営業増益
■カナモト(9678)
 通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

明日の材料 ダイセキ環境ソリューション、ABCマート、シュッピン、東京個別指導学院、ロームなど

個別

■フォンツ・ホールディングス(3350)
 第2回ライツ・オファリング、行使価額は1株40円
■大幸薬品(4574)
 第2四半期売上高予想を4,000→4,240百万円へ、営業利益予想を1,100→1,420百万円へ増額修正
■サイゼリヤ(7581)
 平成25年8月期決算を発表、今26年8月期は7.6%増収、15.3%営業増益を計画
■興研(7963)
 家庭用マスク市場への参入第一弾として子ども用の高性能・高フィットのマスクを発売
■チヨダ(8185)
 第2四半期及び通期業績予想を下方修正

続きを読む>>

概況/大引け 日銀短観が予想を上回り前場は高いが、政府機関一部閉鎖で後場は失速。日経平均はソフトバンクが下支え

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,484円72銭の28円92銭高、TOPIXは1,193.44の0.66ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は658、値下がり銘柄数は964。出来高は27億9,444万株、売買代金は1兆9,238億円。

続きを読む>>

概況/前引け 日銀短観も好調で反発。中国のPM2.5絡みでマスク関連が値上がり

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,627円66銭の171円86銭高、TOPIXは1,203.26の9.16ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は979、値下がり銘柄数は620。出来高は14億6,329万株、売買代金は9,288億円。

続きを読む>>

秋口のイベントラッシュが刺激材料 “アベノミクス前”の薄商いに 【NSJ日本証券新聞 8月21日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 8月21日

・7月訪日外国人数の発表は21日 国内レジャー・観光関連株に投資妙味
・誤発注証券は“内閣直属” 中国・光大証券の素顔
・「ポケモン」人気健在、物色の手掛かりに

続きを読む>>

新興市場版 決算発表スケジュール(7月最終週) コロプラなど注目銘柄が続々開示 楽天は8月2日発表

個別 概況

コロプラ(3668) 日足

新興市場では23日に第1四半期(4-6月)業績を発表したカービュー(2155・東マ)、沖縄セルラー(9436・JQ)がそろって決算好感の動き。

続きを読む>>

新興銘柄版 決算発表スケジュール(上) 自動車部品関連株に注目 7日のフィールズも要チェック

個別 概況

新興銘柄の3月期決算発表は4月25日に本格始動し、5月10日にピークを迎える見通し。当面の見どころ、チェックポイントは次の通り。

続きを読む>>

概況/前引け NYダウが反落し、東証も日銀金融政策決定会合前で動きが取れず、下落。鳥インフルエンザ関連は続伸。

概況

日銀金融政策決定会合の結果が期待外れになることも警戒され、ケネディクスやREITや不動産株が値下がりし、リスクオフとなることが警戒され、商社も安くなっています。トヨタやマツダなどの自動車株も値下がりし、東京エレクトロンやキヤノンなどのハイテク株も売られました。日銀金融政策決定会合の結果が期待外れになることも警戒され、ケネディクスやREITや不動産株が値下がりし、リスクオフとなることが警戒され、商社も安くなっています。トヨタやマツダなどの自動車株も値下がりし、東京エレクトロンやキヤノンなどのハイテク株も売られました。

続きを読む>>

概況/大引け 期初の銀行の売りも一巡との見方でコア銘柄中心に切り返す。東京電力は燃料費節減期待、中国で鳥インフルエンザ4人感染で栄研化学や興研、UMNファーマが高い。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

イースター(復活祭)休暇明けの昨日の欧州株式市場が値上がりし、NYダウは最高値更新となったことを受けて、本日の東京株式市場も買われました。

続きを読む>>

概況/前引け キプロスがロシアからの支援を計画の観測報道で東証は広範囲に値上がりし、ノンバンクも買われる。反面、不動産はモルガンスタンレーが「中立」に格下げし小幅安。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

キプロス議会が3月19日に預金課税法案を否決しましたが、キプロス政府はユーロからの支援の確保に必要な資金を調達する手段として、預金課税に代わるプランB(第2案)をまとめ、ロシアからの一定の支援と比較的小規模な銀行の預金に対する課税が含まれるとAP通信は報じました。

続きを読む>>

個別銘柄動向 新日本科学、キャリアDC、ヤフー、興研、日立キャピタルなど

概況

■オールアバウト(2454) 64,300円〔+3,900円、+6.46%〕
上方修正、期末配当見通しを公表

■翻訳センター(2483) 345,000円〔-37,500円、-9.80%〕
下方修正を発表

■ヤフー(4689) 44,250円〔+1,350円、+3.15%〕
自己株式の消却、配当予想の引き上げ

続きを読む>>

概況/寄り付き 不動産や自動車は冴えず。反面、日本海洋掘削や三井海洋開発は続伸。JCUは大和証券が新規「1」。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の東京株式市場は揉み合いとなっていて、三井不動産や住友不動産などの不動産株が小幅安で、トヨタや本田も冴えない始まりとなっています。

続きを読む>>

概況/前引け イタリア総選挙で緊縮財政派の中道左派が上院は過半数を取れず、国民の改革疲れから財政再建が進まないことも警戒。東証も広範囲に値下がり。新興市場も下落。

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

リスクオフの動きで、東京株式市場も利益確保の売りに押される銘柄が多い状態でしたが、トヨタや本田などの自動車株は押し目買いも入り、朝方の下げ幅と比べると値下がりは縮小しています。

続きを読む>>

概況/大引け 1ドル=92円60銭台の円安や、第3四半期決算好転でパナソニックがストップ高、シャープも5四半期振りの営業黒字化で高く、ソニーも連想買い。慶応大学小池教授の液晶フィルム量産で東洋紡ストップ高。

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

株高によるリスク選好や、2月半ばから本格化する日銀正副総裁の国会同意人事も更に大胆な金融緩和期待を高めるという見方から、円安も続き、先週金曜日のNY外為市場では円相場は一時1ドル=92円96銭まで円安が進みました。週明けの東京外為市場では1ドル=92円65銭近辺の取引となっていますが、ソニーやパナソニック、シャープなどの家電メーカーが賑わいました。

続きを読む>>