7888

明日の材料 日本基礎技術、ケア21、アスカネット、WDBホールディングス、伊藤園など

個別

■カナモト(9678)
 第1四半期決算を発表、前年同期比9.6%増収、11.6%営業増益
■シーイーシー(9692)
 データセンターサービス事業の一部譲渡、約1,800百万円の特別損失
■ジェコス(9991)
 期末配当予想を7円→10円へ引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 UBIC、パソナグループ、テラ、明治ホールディングス、ブロッコリー、キユーピーなど

個別

■スバル興業(9632):期末配当予想を3.75円→6.25円へ引き上げ
■天満屋ストア(9846):第3四半期決算を発表、前年同期比5.1%減収、33.9%営業増益
■ファーストリテイリング(9983):第1四半期決算を発表、前年同期比23.3%増収、39.9%営業増益

続きを読む>>

明日の材料 インターライフホールディングス、エービーシー・マート、薬王堂、創通、小野薬品工業など

個別

■ファミリーマート(8028):第2四半期決算を発表、前年同期比5.3%増収、15.8%営業減益
■アルプス物流(9055):第2四半期業績予想を上方修正
■吉野家ホールディングス(9861):第2四半期決算を発表、前年同期比2.5%増収、153.2%営業増益

続きを読む>>

概況/大引け 朝方の下落に対して持ち直しの動きも、東証1部の値下がり銘柄数は1,300超え。証券株や鉄鋼、海運、銀行などが軟調

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,302.65円の11.76円安、TOPIXは1,270.82の4.88ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は372、値下がり銘柄数は1,333。出来高は20億4,446万株、売買代金は1兆6,675億円。

続きを読む>>

概況/前引け 欧米株に連れ安も、東京市場は下げ幅縮小。証券や海運、鉄鋼、ノンバンクなどが安い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,276.25円の38.16円安、TOPIXは1,270.36の5.34ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は356、値下がり銘柄数は1,320。出来高は11億1,400万株、売買代金は8,319億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) パル、ユーグレナ、薬王堂、システムインテグレータ、ブリヂストンなど

個別

■三光合成(7888) 352円〔+54円、+18.12%〕
 双葉電子工業との資本業務提携
■ワイヤレスゲート(9419) 5,410円〔-350円、-6.08%〕
 信用規制などが重しに
■乃村工藝社(9716) 930円〔+44円、+4.97%〕
 上方修正が好感

続きを読む>>

概況/寄り付き 欧米市場の下落から、東京市場も売り優勢、ほぼ全面安。証券やガラス土石、自動車などが安い

概況

日経平均 週足

9時8分時点の日経平均は15,208.63円の105.78円安、TOPIXは1,265.50の10.20ポイント安。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが890万株、買いは600万株、再び売り越し。

続きを読む>>

明日の材料 アルバイトタイムス、パル、サーラコーポレーション、ハニーズ、薬王堂など

個別

■三光合成(7888)
 双葉電子工業(6986)と資本業務提携
■チヨダ(8185)
 第1四半期決算を発表、前年同期比0.4%増収、6.6%営業減益
■乃村工藝社(9716)
 第1四半期決算、第2四半期業績予想を上方修正

続きを読む>>

明日の材料 ローソン、アスクル、ジェイアイエヌ、ワンダーコーポレーション、川口化学工業など

個別

■ダイエー(8263)
 第1四半期決算を発表、前年同期比4.1%減収、営業利益は△3,982百万円
■イオン(8267)
 第1四半期決算を発表、前年同期比17.2%増収、35.3%営業減益
■ベルク(9974)
 第1四半期決算を発表、前年同期比8.3%増収、20.9%営業増益

続きを読む>>

北陸特集 投資魅力膨らむ北陸銘柄で資産形成

個別 概況

北陸3県(富山・石川・福井)と証券業界との結びつきは深い。北陸3県には地元資本による地域発祥の証券会社(地場証券)が9証券も存在している。四国にも4県で6つの地場証券が存在しているが、北陸ほど地場証券が多く存在する地域は珍しい。

続きを読む>>

明日の材料 東日本ハウス、パソナグループ、イオン九州、ジェイアイエヌ、あさひなど

個別

■十六銀行(8356)
株主優待制度を拡充
■吉野家ホールディングス(9861)
通期業績予想を上方修正
■アオキスーパー(9977)
平成26年2月期決算を発表、中間配当として記念配当2.5円を加え12.5円を予定

続きを読む>>

明日の材料 マクドナルドホールディングス、わらべや日洋、創通、エフテック、ハイデイ日高など

個別

■ダイエー(8263)
 第3四半期決算、通期利益予想を下方修正
■イオンモール(8905)
 第3四半期決算を発表、前年同期比 11.0%増収、9.0%営業増益
■ミニストップ(9946)
 第3四半期決算、通期利益予想を下方修正

続きを読む>>

明日の材料 パソナ、テラ、ジェイアイエヌ、プレサンス、ティー・ワイ・オー、ユニオンツールなど

個別

■日本航空電子工業(6807)
 過大請求により防衛省の指名停止9カ月
■三井住友FG(8316)
 第2四半期経常利益予想を5,300→8,000億円へ、純利益予想を2,900→4,800百万円へ増額修正
■ストライダーズ(9816)
 陽光都市開発と資本業務提携
■吉野家ホールディングス(9861)
 第2四半期及び通期業績予想の下方修正を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 大和ハウス、CVSベイエリア、ユニオンツール、ノダなど

個別

■ユニオンツール(6278) 1,990円〔+121円、+6.47%〕
 上方修正、増配を発表

■瑞光(6279) 6,930円〔+90円、+1.32%〕
 立花証券では「強気」

■新電元工業(6844) 518円〔+5円、+0.97%〕
 丸三証券では「買い」、650円目標

続きを読む>>

明日の材料 大和ハウス、伊藤園、ローソン、ジェイアイエヌ、3Dマトリックス、吉野家など

個別

■共立印刷(7838)
 公募増資等で約17.2億円を調達

■ノダ(7879)
 第2四半期売上高予想を26,000→27,020百万円へ、営業利益予想を1,050→1,350百万円へ増額修正

■三光合成(7888)
 平成25年5月期決算を発表、今26年5月期は2.6%増収、7.2%営業増益を計画

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 帝人、ワークマン、三菱商事、パルコ、東京電力など

個別

■ワークマン(7564) 3,570円〔+170円、+5.00%〕
 6月度の既存店売上高は106.9%、全店は109.2%

■三光合成(7888) 396円〔+16円、+4.21%〕
 上方修正を発表

■象印マホービン(7965) 341円〔+11円、+3.33%〕
 第2四半期決算、通期利益予想を増額修正

続きを読む>>

明日の材料 カワチ薬品、ポイント、コスモ・バイオ、テルモ、光通信、ジャステックなど

個別

■クリムゾン(2776)
 固定資産の売却益17百万円

■キユーピー(2809)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 4.5%増収、1.3%営業減益

■レデイ薬局(3027)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 5.6%増収、48.5%営業増益

続きを読む>>

個別銘柄動向 電算システム、enish、トレンドマイクロ、東邦チタニウムなど

個別

■トレンドマイクロ(4704) 2,817円〔+87円、+3.19%〕
 第1四半期の業績予想を上方修正

■富士フイルムホールディングス(4901) 2,129円〔+131円、+6.56%〕
 決算発表。野村証券、UBS証券では「Neutral」

■東邦チタニウム(5727) 779円〔-57円、-6.82%〕
 決算発表、今期は赤字見通し

続きを読む>>

「時価総額1,000億円クラブ」候補 沸き立つバイオベンチャー相場 【NSJ日本証券新聞 5月1日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 5月1日

・トップインタビュー ブレインパッド 「ビッグデータ」分析の先行者利益享受へ
・昔懐かし「トリプルメリット」 為替離れの一段高を示唆!?
・景況感好転でゴルフ人口回復 株高効果も追い風に

続きを読む>>

個別騰落で読む 郵政解散vsアベノミクス 歴史は繰り返すか 【NSJ日本証券新聞 4月9日付け】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 4月9日付け

・銘柄一本勝負 放電精密 今期当期利益予想の減額報道の裏
・相場活況示すバロメーター 立花証券、6年ぶり「大入り袋」
・円安恩恵の出遅れ株 機械セクターのジェイテクトなど
・いよいよ実現 スマホでの家電操作 基幹技術「M2M」に注目

続きを読む>>

個別銘柄動向 塩水港精糖、帝人、eBASE、サニックスなど

個別

■野村不動産ホールディングス(3231) 2,341円〔+79円、+3.49%〕
 野村証券が目標株価を2,620円に引き上げ

■帝人(3401) 213円〔+6円、+2.90%〕
 キョーリン製薬の株式取得

■eBASE(3835) 1,320円〔+102円、+8.37%〕
 上方修正を発表

続きを読む>>

明日の材料 パソナ、伊藤園、ビックカメラ、OSG、メルコなど

個別

■ビックカメラ(3048)
 第2四半期売上高予想を417,000→399,600百万円へ、営業利益予想を5,000→4,220百万円へ減額修正

■あさひ(3333)
 平成25年2月期決算を発表、今26年2月期は17.1%増収、15.0%営業増益を計画

■ネオス(3627)
 通期売上高予想を6,650→6,615百万円へ、営業利益予想を600→318百万円へ減額修正

続きを読む>>