7779

個別銘柄動向(午後) クルーズ、gumi、ダイセル、弁護士ドットコム、アトラなど

個別

■新光電気工業(6967) 915円〔+13円、+1.44%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を引き上げ
■日野自動車(7205) 1,752円〔+36円、+2.10%〕
 JPモルガンでは「Overweight」継続
■アサツー ディケイ(9747) 3,275円〔-5円、-0.15%〕
 期末配当予想を561円に設定

続きを読む>>

明日の材料 三井住建道路、三井住友建設、五洋建設、テンプホールディングス、新日本科学、オープンハウスなど

個別

■第一生命保険(8750):第3四半期決算を発表、経常利益は前年同期比25.8%増
■アサツーディ・ケイ(9747):平成26年12月期決算を発表、今27年12月期は1.4%増収、17.2%営業増益を計画
■富士ソフト(9749):平成26年12月期決算を発表、今27年12月期は2.4%増収、2.3%営業増益を計画

続きを読む>>

農業再生の指針「スマート農業」 超省力で大規模化を支援

セクター 個別

クボタ(6326) 週足

通常国会が召集され、安倍政権の成長戦略にあらためて関心が高まっている。中でも、農業改革は従事者の高齢化などで待ったなしの重要政策に浮上している。

続きを読む>>

先取り妙味 「1部指定」候補を探る 昨年に続き高水準へ【日本証券新聞 1月30日】

日本証券新聞

日本証券新聞 1月30日

・青山商事 S高 株主配分強化を好感
・1月と年間、相関性復活へ 「1万7408円」が焦点
・利便性<安全性 「スタート信用」出足好調
・好決算銘柄に人気集中 富士フイルム、コロプラ、中外薬など大幅高

続きを読む>>

「ロボット革命」本格始動へ CYBERDYNE 来3月期黒字転換が有望【日本証券新聞 1月26日】

日本証券新聞

日本証券新聞 1月26日

・出直り読む 商社株 環境改善、決算先取りへ
・”不思議な相関性”健在 2月1日にスーパーボウル
・時価総額ライバル物語 ソフトバンク3位奪回
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.73 フリクションスタンプ

続きを読む>>

変身期待銘柄を狙う 東レ、大成建設、CYBERDYNE【日本証券新聞 1月13日】

日本証券新聞

日本証券新聞 1月13日

・1・14は上昇特異日 戦後の勝率「77%」
・テールリスクいろいろ 「とんでも予想2015」
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.71 ポムポムプリンカフェ
・「インフルエンザ」対策関連マーク強まる
・建設関連の中小型株 軒並み高株 式併合予定の暁飯島も

続きを読む>>

2015年IPO展望 8年ぶり100社超えへ

IPO 概況

2015年のIPO(新規上場)候補としてリストアップされている企業数は約190社に上る。主幹事別では野村(シェア3割弱)を筆頭に、大和、SMBC日興、みずほの2番手グループ、SBI、東海東京と続き、このほか、三菱UFJモルガン・スタンレー、岡三、いちよし、SMBCフレンド、エイチ・エスも少々といった具合。

続きを読む>>

2014年末 新興2市場時価総額ランキング

個別 概況

竹内製作所(6432)  週足

表は2014年末のJASDAQ、マザーズの新興2市場の時価総額ランキングだ。
マザーズでは時価総額3,000億円クラスのコロプラ(3668)、サイバーエージ(4751)や、同1,000億円規模のユーグレナ(2931)など主要株が相次いで東証1部に移行したこともあり、時価総額1,000億円以上は4銘柄にまで減少。

続きを読む>>

「12月1部昇格組」に勝機 29日引けにかけて買い需要【日本証券新聞 1月7日】

日本証券新聞

日本証券新聞 1月7日

・日経平均 4日続落525円安
・「CEOの顔」と株主価値 米ファイナンス学会が話題
・2015年IPO展望 8年ぶり100社超えへ
・平野憲一の相場表街道/裏街道 イントランス

続きを読む>>

原動力はガバナンス改革 2015年「2万円奪回への道」【日本証券新聞 12月30日】

日本証券新聞

日本証券新聞 12月30日

・日経平均、一時293円安 「エボラ疑い」で見送り
・電通 連日の高値 海外展開加速を評価
・筍狩りに行こう 三菱重工 航空宇宙で2大イベント
・ビーロット 2万円到達で公募比10倍高

続きを読む>>

IPOカレンダー 2014年

IPO

12月26日にマザーズに新規上場したMRT(6034)が、上場2日目となる本日、公開価格800円の4.1倍となる3,275円で初値を形成した。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は5営業日続伸、NYダウの18,000ドル台乗せや円安を好感。自動車株が高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,854.23円の219.09円高、TOPIXは1,426.02の12.97ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,172、値下がり銘柄数は560。出来高は21億3,937万株、売買代金は2兆403億円。

続きを読む>>

明日の材料 テンプホールディングス、クエスト、クラレ、データセクション、田辺三菱製薬など

個別

■ピクセラ(6731) 110円〔-13円、-10.57%〕
 東証1部から2部へ指定替え
■西松屋チェーン(7545) 975円〔+37円、+3.94%〕
 12月度の既存店売上高は100.8%
■CYBERDYNE(7779) 3,180円〔+324円、+11.34%〕
 オムロンとロボット事業を含む事業基本合意

続きを読む>>

日経平均2日間で800円高 市場に安心感【日本証券新聞 12月22日】

日本証券新聞

日本証券新聞 12月22日

・「優待」人気高揚の背景 NISA絡みで個人復権
・IPO初値 サイジニア 2.2倍 メタウォーター 6%安
・地銀の合従連衡続々 足利銀行 北関東の台風の目
・日本BS放送を見直す アルビス、三谷産の連想も

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) アスクル、日清食品ホールディングス、ブロードバンドタワー、アクロディアなど

個別

■キヤノン(7751) 3,888円〔+73円、+1.90%〕
 みずほ証券では投資判断を引き下げ
■CYBERDYNE(7779) 2,732円〔+229円、+9.15%〕
 野村証券では目標株価を減額も、「Buy」判斷を継続
■東京電力(9501) 459円〔+29円、+6.74%〕
 昨日公表された今期見通しが好感

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は2日続落、米感謝祭を前に調整の動き。原油関連や自動車株、不動産株が安い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,248.50円の135.08円安、TOPIXは1,391.90の14.50ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は414、値下がり銘柄数は1,309。出来高は20億5,701万株、売買代金は2兆1,444億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) サンテック、ヤクルト本社、ソフトフロント、ユーグレナなど

個別

■島津製作所(7701) 1,145円〔-25円、-2.14%〕
 東海東京調査センターが投資判断を引き下げ
■CYBERDYNE(7779) 3,350円〔-160円、-4.56%〕
 海外募集により約410億円を調達
■アインファーマシーズ(9627) 3,300円〔+352円、+11.94%〕
 第2四半期決算、総合メディカルとの業務提携

続きを読む>>

概況/寄り付き 日経平均は続落スタート、昨日物色のアルミ関連も一服。原油安で鉱業が続落

概況

日経平均 週足

9時14分時点の日経平均は17,337.40円の46.18円安、TOPIXは1,402.64の3.76ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,260万株、買いは800万株。

続きを読む>>

明日の材料 金下建設、サンテック、ソフトフロント、東京エレクトロンデバイス、ユーグレナなど

個別

■スタンレー電気(6923):60万株の自己株式を消却
■CYBERDYNE(7779):海外募集による新株式発行、転換社債の発行から約410億円を調達
■ビジネスブレイン太田昭和(9658):1,046,000株の自己株式を消却、記念配当2円

続きを読む>>

明日の材料 日本アクア、省電舎、ミクシィ、日本マニュファクチャリングサービス、ひらまつ、マツモトキヨシホールディングスなど

個別

■CYBERDYNE(7779):第2四半期決算、通期業績予想を下方修正
■三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306):第2四半期決算、増配、1,000億円を上限に自社株買い
■ピー・シー・エー(9629):中小企業の海外進出を支援する新事業を開始

続きを読む>>

明日の材料 日特建設、キッコーマン、セプテーニ・ホールディングス、ポーラ・オルビスホールディングスなど

個別

■スターゼン(8043) 341円〔+23円、+7.23%〕
 第2四半期及び通期業績予想を上方修正
■共立メンテナンス(9616) 4,765円〔+225円、+4.96%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が新規「Buy」
■ソフトバンク(9984) 7,740円〔-287円、-3.58%〕
 第2四半期決算を発表、通期営業利益予想を引き下げ

続きを読む>>

第16回 CYBERDYNE(7779) 「夢の持てる株」の代表

平野憲一の相場表街道/裏街道 連載

平野 憲一氏

年末相場を占う10月後半相場は今年最大の上げでスタートした。決算シーズンのセンチメントを決めるトップバッター安川電機(6506)も大幅上方修正でセンター前のクリーンヒットと言ったところ。

続きを読む>>

“黒船”ISSの助言方針が波紋広げる 「ROE5%を達成せよ」【日本証券新聞 10月22日】

日本証券新聞

日本証券新聞 10月22日

・海運株、復活高の芽も 年末年始に開運祈願
・IPO初値 GMOリサーチ 初日値付かず
・飛鳥建設 建設株の先兵に
・ツガミ 業績拡大+自社株買い

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 材料株に人気集中 富士フイルム、CYBERDYNE

概況

アスカネット(2438) 日足

日経平均株価は、2日の急落(420円安)で1万6,000円の大台を割り込み、かつ、25日移動平均線も大きく下回るなど深い亀裂を入れたことで、相場の先行きに一段と不透明感が増してきている。

続きを読む>>

どう読む大型IPO すかいらーく&リクルート【日本証券新聞 10月6日】

日本証券新聞

日本証券新聞 10月6日

・評価損益率に異変発生 信用需給選別が重要に
・労働力不足対策関連に関心 CYBERDYNEが頑強
・平和堂は上値余地大 営業最高益の公算も
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.61 「タイツ」需要拡大

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は2日続落。110円台乗せで一時プラス浮上も、反応は限定的で、重要イベントを控え様子見

個別

日経平均 週足

大引けの日経平均は16,082.25円の91.27円安、TOPIXは1,318.21の8.08ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は570、値下がり銘柄数は1,136。出来高は22億717万株、売買代金は2兆1,418億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向 国際石油開発帝石、イデアインターナショナル、夢展望、テリロジーなど

個別

■CYBERDYNE(7779) 3,485円〔+5円、+0.14%〕
 作業支援用HALを発表
■MUTOHホールディングス(7999) 545円〔+31円、+6.03%〕
 いちよし経済研究所が新規「A」
■コナミ(9766) 2,226円〔-60円、-2.62%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券では「Overweight」を継続

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均はプラス圏に浮上、一時110円台乗せとなった円安を好感

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は16,214.78円の41.26円高、TOPIXは1,328.64の2.35ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は961、値下がり銘柄数は726。出来高は11億1,411万株、売買代金は1兆395億円。

続きを読む>>

概況/日経平均 東京市場は続落スタート。下方修正でイビデンが急落

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は16,144.03円の29.49円安、TOPIXは1,323.93の2.36ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,910万株、買いは1,380万株。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は反落。ただ、配当落ち分が90円強と実質的な下げは限定的。商社や薬品が安い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は16,229.86円の144.28円安、TOPIXは1,331.95の14.48ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は374、値下がり銘柄数は1,341。出来高は20億5,209万株、売買代金は2兆314億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ダイセキ環境ソリューション、オールアバウト、オリエンタルランド、デジタルデザインなど

個別

■フォーバル(8275) 986円〔+85円、+9.43%〕
 10月2日をもって東証1部銘柄に指定
■カプコン(9697) 1,722円〔-37円、-2.10%〕
 クレディ・スイスが投資判断を引き下げ
■ニトリホールディングス(9843) 6,760円〔+420円、+6.62%〕
 第2四半期決算を発表

続きを読む>>

大量保有報告書で読む機関投資家動向 ブラックロック 日本株買い継続【日本証券新聞 9月26日】

日本証券新聞

日本証券新聞 9月26日

・マネックス証券 執行役員佐藤歩氏に聞く 米国株の魅力
・サイバーダインS高 介護ロボット関連の人気高揚
・リボミック 初値20%安 2カ月ぶり公募割れ発進
・今なぜか大手生保株 「株高」「円安」「金利高」のトリプルメリット享受

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は年初来高値を更新、欧米株高や円安を好感。輸出関連だけでなく、内需の出遅れ株も買われた

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は16,374.14円の206.69円高、TOPIXは1,346.43の20.25ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,483、値下がり銘柄数は265。出来高は23億7,969万株、売買代金は2兆3,317億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東証は大幅反発、欧米株高や円安を好感。円安メリットで自動車や精密、電機などが高い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は16,364.74円の197.29円高、TOPIXは1,341.30の15.12ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,268、値下がり銘柄数は419。出来高は11億6,814万株、売買代金は1兆938億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 新日本建物、野村不動産ホールディングス、CEホールディングス、アンジェスMGなど

個別

■アイナボホールディングス(7539) 819円〔+74円、+9.93%〕
 上方修正、増配を発表
■CYBERDYNE(7779) 3,470円〔+500円、+16.84%〕
 シティグループが新規「買い」
■ダイエー(8263) 127円〔-15円、-10.56%〕
 イオンと株式交換、交換比率にサヤ寄せ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) キューブシステム、フジオフードシステム、エイチーム、ニッパツなど

個別

■3Dマトリックス(7777) 4,015円〔+395円、+10.91%〕
 吸収性局所止血材「PuraStat」、医療機器製品登録承認取得
■新生銀行(8303) 227円〔+6円、+2.71%〕
 SMBC日興証券が投資判断を引き上げ
■ランドビジネス(8944) 455円〔-23円、-4.81%〕
 通期業績予想を下方修正

続きを読む>>

概況/寄り付き 円安一服で、東証は小幅反落。その他金融や鉄鋼、海運が値下がり

概況

9時8分時点の日経平均は15,708.87円の19.48円安、TOPIXは1,299.85の1.67ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが940万株、買いは1,530万株、2日連続の買い越し。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は続伸、104.80円台の円安を好感。証券やその他金融、不動産、電機などが高い。マザーズ指数は1.98%安

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,668.60円の192.00円高、TOPIXは1,297.00の13.94ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,245、値下がり銘柄数は467。出来高は24億4,232万株、売買代金は1兆9,744億円。

続きを読む>>

ワイヤレスGなどマザーズ銘柄に活路 個人投資家が主導、IPOも続々【日本証券新聞 8月29日】

日本証券新聞

日本証券新聞 8月29日

・生化学工業 S高で1月高値更新 三菱UFJ「3倍高目標」
・北陸は割安株の宝庫 新幹線の来年3月開業で注目!
・NTT 13年ぶり7000円台 外国人保有、過去最高に
・日進工具 上値を試す展開に 経常利益は過去最高ペース

続きを読む>>

明日の材料 山加電業、アルバイトタイムス、トランスジェニック、スリープログループなど

個別

■東海旅客鉄道(9022)
 中央新幹線品川・名古屋間の工事実施計画(その1)の認可申請
■日本テレホン(9425)
 海外子会社を設立
■ビジネスブレイン太田昭和(9658)
 テクノウェアシンクを子会社化

続きを読む>>

東証2部 7年ぶり指数4000ポイント ソディックは売買代金トップ【日本証券新聞 8月26日】

日本証券新聞

日本証券新聞 8月26日

・指数入替最終チェック 28日&29日で3種類
・筍狩りに行こう SHOEI 9月末配当取りの人気高揚へ
・防災関連が上昇基調 応用地質は1月高値払う
・スポーツクラブ株が強調 セントラルSP、東祥が高値

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 安藤ハザマ、伊藤ハム、中外製薬、オンコリスバイオファーマなど

個別

■CYBERDYNE(7779) 3,740円〔+205円、+5.80%〕
 東証が25日付で信用規制を解除
■ファーストエスコ(9514) 915円〔-34円、-3.58%〕
 公募増資などが嫌気される展開
■モリト(9837) ストップ高買い気配
 株主優待制度の再開が材料に

続きを読む>>

大量保有報告書で読む機関投資家動向 ブラックロック 新規取得ラッシュ続く【日本証券新聞 8月25日】

日本証券新聞

日本証券新聞 8月25日

・10連騰ならず 人気はゲーム株に
・テクノスジャパン 代表取締役会長 城谷直彦氏
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.55 「JAL SKY NEXT」
・港湾関連 法改正で復活期待 設備大型化や料金引き下げで活路

続きを読む>>

「報われる銘柄」と「報われない銘柄」 ”外国人買い銘柄”選別の勘所【日本証券新聞 8月18日】

日本証券新聞

日本証券新聞 8月18日

・京急が新高値 カジノ参入を好感
・注目度高まるLINE 3年余りで利用者5億人 関連銘柄をマーク
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.54 遺伝子関連サービス
・インド関連 再注目へ 9月1日に日印首脳会談

続きを読む>>

概況/前引け 昨日までの4日続伸や週末の手仕舞い売りから、東京市場は小幅安。市場参加者も少なく薄商い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,293.91円の20.66円安、TOPIXは1,268.83の1.67ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は817、値下がり銘柄数は777。出来高は7億8,950万株、売買代金は6,589億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 比較.com、ジェクシード、構造計画研究所、星光PMCなど

個別

■ジャパン・ホテル・リート,投資法人(8985) 58,600円〔+1,200円、+2.09%〕
 野村証券が新規「Buy」
■京浜急行電鉄(9006) 940円〔+22円、+2.40%〕
 カジノ参入報道
■ワイヤレスゲート(9419) 4,945円〔+185円、+3.89%〕
 N・フィールドとの業務提携を発表

続きを読む>>

概況/寄り付き 日経平均は反落スタート、GPIF法改正は見送りの可能性も。ソニーは車載用センサーで高い

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は15,289.71円の24.86円安、TOPIXは1,268.58の1.92ポイント安。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが550万株、買いは560万株。

続きを読む>>

明日の材料 省電舎、UBIC、SJI、ウェルネット、ひらまつ、オープンハウスなど

個別

■ライドオン・エクスプレス(6082):第1四半期決算を発表、前年同期比5.0%増収、0.4%営業増益
■CYBERDYNE(7779):第1四半期決算を発表、営業利益は△319百万円
■ワイヤレスゲート(9419):N・フィールド(6077)と業務提携

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は454円安、オバマ大統領がイラクへの限定空爆承認で急落。全面安でコア銘柄の値下がりも大きい

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,778.37円の454.00円安、TOPIXは1,228.26の29.86ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は131、値下がり銘柄数は1,656。出来高は27億5,477万株、売買代金は2兆5,678億円。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は6日ぶりの反発。GPIF改革が伝わり、午後2時過ぎから持ち直す

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,232.37円の72.58円高、TOPIXは1,258.12の6.83ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,213、値下がり銘柄数は488。出来高は22億1,085万株、売買代金は2兆508億円。

続きを読む>>

概況/前引け 円高警戒で、東証は冴えない。コロプラやスクエニは高い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,128.05円の31.74円安、TOPIXは1,248.49の2.80ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は935、値下がり銘柄数は701。出来高は9億9,583万株、売買代金は9,253億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は続落スタート、円高が重しに。不動産や海運、保険などが安い

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は15,114.57円の45.22円安、TOPIXは1,249.35の1.94ポイント安。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが540万株、買いは500万株。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場はほぼ全面安。ウクラナイ情勢悪化で米国株安となり、ソフトバンクの下落も重しに

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,159.79円の160.52円安、TOPIXは1,251.29の12.24ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は265、値下がり銘柄数は1,476。出来高は21億1,958万株、売買代金は2兆357億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場はほぼ全面安。ウクラナイ情勢悪化による米国株安や、ソフトバンクの下落が重しに

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,167.60円の152.71円安、TOPIXは1,251.47の12.06ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は342、値下がり銘柄数は1,350。出来高は10億7,302万株、売買代金は1兆53億円。

続きを読む>>

概況/大引け 米国市場の反発も、日経平均は4日続落、マザーズ指数は4%超える下落

個別

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,320.31円の154.19円安、TOPIXは1,263.53の12.66ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は325、値下がり銘柄数は1,381。出来高は22億660万株、売買代金は1兆9,894億円。

続きを読む>>

概況/前引け NYダウの反発も、東京市場は小幅安。ミクシィ、コロプラ、CYBERDYNEが安い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,436.60円の37.90円安、TOPIXは1,272.92の3.27ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は751、値下がり銘柄数は870。出来高は10億2,138万株、売買代金は8,755億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 不動テトラ、大林道路、高橋カーテンウォール、第一屋製パン、米久など

個別

■日立国際電気(6756) 1,417円〔+25円、+1.80%〕
 UBSが投資判断を引き上げ
■CYBERDYNE(7779) 3,700円〔-220円、-5.61%〕
 信用規制が重しに。ミクシィ(2121)も
■ファーストリテイリング(9983) 33,915円〔-160円、-0.47%〕
 7月の国内ユニクロ既存店売上高は前年比95.2%

続きを読む>>

概況/寄り付き 米国株は反発したが、円高気味で東証は小反発。不動産や鉄鋼が軟調

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は15,484.74円の10.24円高、TOPIXは1,277.82の1.63ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが530万株、買いは660万株。

続きを読む>>

ターゲットは9月末一括配当 「利回りの季節」(8月)到来【日本証券新聞 8月4日】

日本証券新聞

日本証券新聞 8月4日

・日本株、意外な健闘 背景に「日米PER格差」
・9月末の日経平均を大胆予想 過去2度の「消費税イベント」から探る
・三相電機に商機到来 来年4月から高効率モーター製造義務化
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.52 クールビズスーツ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) アイロムホールディングス、スタートトゥデイ、DMP、塩野義製薬など

個別

■ゼビオ(8281) 1,758円〔-104円、-5.59%〕f
 13時に下方修正を発表
■スカイマーク(9204) 188円〔-21円、-10.05%〕
 第1四半期は赤字幅拡大、継続企業の前提に関する重要事象等も
■ソフトバンク(9984) 7,478円〔-94円、-1.24%〕
 仏イリアドがTモバイルUSに買収提案

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は5ぶりに反落。円安好感も、利食い売りで伸び悩み、大引け前にマイナス圏に。非鉄や食品が安い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,620.77円の25.46円安、TOPIXは1,289.42の2.82ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は519、値下がり銘柄数は1,166。出来高は24億917万株、売買代金は2兆2,051億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) トランスジェニック、トヨタ紡織、トクヤマ、大日本住友製薬など

個別

■KIMOTO(7908) 307円〔-78円、-20.26%〕
 第2四半期決算、通期業績予想を下方修正
■三陽商会(8011) 236円〔+7円、+3.06%〕
 11時に第2四半期決算、通期業績予想の上方修正を発表
■豊田通商(8015) 2,909円〔-13円、-0.44%〕
 13時40分に二桁減益となる第1四半期決算を発表

続きを読む>>

土地持ち企業徹底チェック もしIFRS適用あらば…【日本証券新聞 7月30日】

日本証券新聞

日本証券新聞 7月30日

・日産自が高値更新 「好決算」買いが続く マツダは下落
・ウナギ養殖需要拡大へ ヨンキュウ 来夏にも出荷開始
・平野憲一の相場表街道/裏街道 アルインコ 出世株の素地十分
・富士通に「1000円目標」 みずほ証が投資判断上げ

続きを読む>>

実は割安!?不動産大手 賃料上昇、さらに加速へ【日本証券新聞 7月25日】

日本証券新聞

日本証券新聞 7月25日

・「9月末の日経平均」 1000円高はお墨付き
・IPO座談会 9-12月IPO展望 新鮮味ある業態が続々登場
・新テーマ「ロボットカー」 クラリオンが中核銘柄
・日電産に強弱感対立 ▼通期増額も市場予想に届かず

続きを読む>>

大量保有報告書で読む機関投資家動向 ブラックロック 引き続き日本代表株に触手【日本証券新聞 7月24日】

日本証券新聞

日本証券新聞 7月24日

・決算発表に向けた”新視点” 「サプライズ効果」で銘柄選別
・「自動運転」普及に現実味 取り組み姿勢は各社まちまち
・IPO初値 日本ビューホテル 公開価格比2.3%安
・インテリックス 地方での展開進める リノベーション市場は拡大

続きを読む>>

概況/大引け 決算本格化を控え動き難く、日経平均は上下59円弱の膠着状態。その他金融や通信、証券が安い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,328.56円の14.72円安、TOPIXは1,272.39の0.88ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は752、値下がり銘柄数は905。出来高は17億8,525万株、売買代金は1兆4,778億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は様子見で揉み合い。通信やノンバンクが安い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,344.75円の1.47円高、TOPIXは1,273.54の0.27ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は839、値下がり銘柄数は798。出来高は9億3,405万株、 売買代金は7,013億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ミクシィ、不二製油、ファンコミュニケーションズ、レカム、沖電線など

個別

■レーザーテック(6920) 1,042円〔+48円、+4.83%〕
 上方修正、増配を発表
■CYBERDYNE(7779) 13,180円〔+1,390円、+11.79%〕
 SMBC日興証券が新規「1」
■学研ホールディングス(9470) 304円〔+22円、+7.80%〕
 教育贈与延長と伝わっており、教育関連銘柄の一角が物色

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は小幅続伸スタート。建設株は一服

個別

日経平均 週足

9時8分時点の日経平均は15,366.64円の23.36円高、TOPIXは1,276.11の2.84ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが620万株、買いは750万株と10営業日ぶりに買い越し。

続きを読む>>

ウクライナ撃墜、ガザ侵攻… 「地政学リスク」との付き合い方【日本証券新聞 7月22日】

日本証券新聞

日本証券新聞 7月22日

・上方修正銘柄が軒並み高
・NEDOがロボット白書を発表
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.50 「ネットスーパー」
・USS 成熟市場の成長企業 過去最高益、15期連続増配へ

続きを読む>>

2014年IPO候補を追跡 リアルワールドも年内上場有力

IPO 個別 概況

8日に日本経済新聞が「2016年度までのJR九州上場」、9日は朝日新聞が「USJの来夏上場」、10日にはブルームバーグが「今年12月のgumi上場」を報じるなど、株式市場の“華”IPO(新規上場)の候補企業を巡る報道がここにきて増加。

続きを読む>>

2014年前半IPO 「初値天井」が激減 初値→高値の上昇率33.9%平均

IPO 概況

今年のIPO(新規上場)マーケットはこれまでとはひと味違う――IPOマーケット関係者からこんな声が聞かれる。これまでは、初値の段階で将来の成長の大部分を織り込み、“初値天井”となる銘柄も多かったが、今年は表の通り、“初値天井”が激減している。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ABCマート、ジーフット、モブキャスト、イオンファンタジーなど

個別

■CYBERDYNE(7779) 11,450円〔+540円、+4.95%〕
 欧州連合と医療・介護ロボットなどで規格統一方針と伝わる
■ヨンドシーホールディングス(8008) 2,330円〔+146円、+6.68%〕
 業績観測j記事
■三菱UFJリース(8593) 620円〔+32円、+5.44%〕
 東海東京調査センターでは「1」のレーティングを継続

続きを読む>>

「7-9月期末一括高配当」に注目 利回り3%超・優待付きが2銘柄【日本証券新聞 6月30日】

日本証券新聞

日本証券新聞 6月30日

・J-REITに死角!? 日銀の支援に終了観測
・北陸の証券会社18社 「投資デビュー応援キャンペーン!」
・関西系電鉄株 ジリ高基調 「ハリー・ポッター」効果期待も
・IPO初値 メドピア2.3倍高発進 レアジョブは初値持ち越し

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 鉄建建設、三機工業、クルーズ、綜合臨床ホールディングス、ブロッコリー、小野薬品工業など

個別

■三菱化工機(6331) 306円〔+29円、+10.47%〕
 燃料電池車関連として物色継続
■CYBERDYNE(7779) 10,210円〔-910円、-8.18%〕
 信用規制の強化から利食い売り優勢
■平和堂(8276) 1,557円〔+65円、+4.36%〕
 第1四半期決算、上方修正を発表

続きを読む>>

総会注目点「最終チェック」 集中日の株価上昇確率は75%【日本証券新聞 6月25日】

日本証券新聞

日本証券新聞 6月25日

・好転鮮明!!鉄鋼株 「コスト」「需要」「ウォン高」
・相性良好な「規制改革」と「新興市場」の関係
・宿泊施設関連に注目 日本ビューホテル上場へ
・CYBERDYNE 頑強 野村は1万5000円目標

続きを読む>>

概況/前引け NYダウの一服で、東証も冴えない。ただ、成長戦略の閣議決定を控えて下げ幅は小幅、新興市場も堅調

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,313.21円の56.07円安、TOPIXは1,263.10の4.38ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は700、値下がり銘柄数は925。出来高は9億5,675万株、売買代金は8,987億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 第一工業製薬、ナノキャリア、瑞光、いすゞ自動車、日本エム・ディ・エムなど

概況

■象印マホービン(7965) 466円〔+52円、+12.56%〕
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正を発表
■ワイヤレスゲート(9419) 3,355円〔+85円、+2.60%〕
 「Fujisan Free Wi-Fi プロジェクト」へ参画
■日本通信(9424) 789円〔+34円、+4.50%〕
 東証が本日付で信用規制を解除

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は小幅反発、TOPIXは小幅続落。過熱感から上値抑制。自動車や証券、銀行などが冴えない

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,369.28円の19.86円高、TOPIXは1,267.48の1.44ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は929、値下がり銘柄数は715。出来高は19億6,016万株、売買代金は1兆8,216億円。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は3日続伸、トヨタなどの大型株が堅調。マザーズ指数は7連騰

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,361.16円の245.36円高、TOPIXは1,269.04の19.89ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,371、値下がり銘柄数は349。出来高は27億7,669万株、売買代金は2兆4,853億円。

続きを読む>>

概況/大引け 後場に入り上げ幅を拡大、日経平均は15,100円台。証券や銀行株が高く、CYBERDYNEはミクシィを抑え売買代金トップ

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,115.80円の139.83円高、TOPIXは1,249.15の10.95ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,273、値下がり銘柄数は410。出来高は18億7,722万株、売買代金は1兆7,971億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は小じっかり。証券株や地銀株が買われ、円安を支えにパナソニックも堅調

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,039.05円の63.08円高、TOPIXは1,243.44の5.24ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,002、値下がり銘柄数は610。出来高は8億2,365万株、売買代金は7,625億円。

続きを読む>>

概況/大引け 東証は小幅高でのもみ合い。ミクシィがストップ高に

概況

日経平均 月足

大引けの日経平均は14,975.97円の42.68円高、TOPIXは1,238.20の3.52ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,219、値下がり銘柄数は488。出来高は16億7,982万株、売買代金は1兆7,575億円。

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 材料株から主力大型株まで混在

概況

三井物産(8031) 週足

日経平均は一部、テクニカル面での過熱感が指摘されるなか、米国株安や為替の円高警戒などを背景に、9日寄り付きの1万5,206円をピークに調整色を濃くしている。

続きを読む>>

概況/前引け 反発も、主力株は小動きで、材料系の物色中心。ミクシィは2週間ぶりに高値更新

概況

日経平均 週足

前引けの日経平均は15,008.42円の75.13円高、TOPIXは1,240.88の6.20ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,250、値下がり銘柄数は442。出来高は8億1,241万株、売買代金は8,491億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 日経平均は反発スタート。昨日売買代金トップのCYBERDYNEは反落

概況

日経平均 月足

9時9分時点の日経平均は14,983.55円の50.26円高、TOPIXは1,238.38の3.70ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが730万株、買いは490万株と再び売り越し。

続きを読む>>

ロボット関連 新値街道を行く CYBERDYNE 上場初日の高値更新【日本証券新聞 6月17日】

日本証券新聞

日本証券新聞 6月17日

・アップル株式分割の”呪い” 過去3度はバブル崩壊に
・筍狩りに行こう ダイハツD 期初予想を10年間下回ること無し
・国立競技場の入札不調で関心 解体工事関連が繁忙! オカダアイヨンなど
・IPO初値 ニュートンFC 公募割れ発進もその後堅調

続きを読む>>

概況/大引け 先週末の切り返しの反動で、東証1部は軟調。ただ、マザーズ指数は4連騰。ロボット関連が物色され、CYBERDYNEが売買代金トップ

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,933.29円の164.55円安、TOPIXは1,234.68の9.29ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は518、値下がり銘柄数は1,147。出来高は18億2,228万株、売買代金は1兆6,370億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東証1部は反落も、新興市場は買い優勢。ロボット関連が人気化

概況

日経平均 週足

前引けの日経平均は15,003.83円の94.01円安、TOPIXは1,240.53の3.44ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は806、値下がり銘柄数は840。出来高は8億4,644万株、売買代金は7,090億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 東福製粉、エイチーム、モバイルクリエイト、日本新薬など

個別

■ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(7169) 3,290円
 初値は公開価格を7.7%下回る3,065円
■小糸製作所(7276) 2,555円〔-74円、-2.81%〕
 野村証券が投資判断を引き下げ
■CYBERDYNE(7779) 10,000円〔+1,400円、+16.28%〕
 政府の「ロボット戦略」の全容が明らかになったとの報道が刺激に

続きを読む>>

概況/大引け 過熱警戒から東京市場はもみ合い。ただ、日経平均は15,000円を割り込まず、4連騰。LINE関連は反落し、ノンバンクや不動産、証券は冴えない

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,079.37円の11.41円高、TOPIXは1,232.75の1.20ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は834、値下がり銘柄数は799。出来高は20億2,331万株、売買代金は1兆8,664億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 前田建設、ミクシィ、アサヒグループホールディングス、ピクセラなど

個別

■大日本スクリーン製造(7735) 470円〔+25円、+5.62%〕
 シティグループが投資判断を引き上げ
■CYBERDYNE(7779) 7,640円〔+780円、+11.37%〕
 ソフトバンクのロボット事業参入報道で物色の流れか
■ソフトバンク(9984) 7,776円〔-16円、-0.21%〕
 TモバイルUSの買収合意報道、ロボット事業への参入報道

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXはプラス圏に浮上。ソフトバンクやトヨタ、ケネディクスなどに押し目買い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,663.72円の7.23円安、TOPIXは1,198.99の0.82ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は741、値下がり銘柄数は877。出来高は9億2,139万株、売買代金は7,609億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 大東建託、メッセージ、楽天、JXホールディングス、ライトオンなど

個別

■ユニ・チャーム(8113) 6,041円〔+58円、+0.97%〕
 みずほ証券が投資判断を引き上げ
■東京ガス(9531) 566円〔+2円、+0.35%〕
 シティグループが投資判断を引き下げ
■ソフトバンク(9984) 6,966円〔-38円、-0.54%〕
 野村証券が目標株価を引き下げ

続きを読む>>

6年ぶり一時1万円大台乗せ ミクシィ大活況 連日の売買代金首位【日本証券新聞 5月23日】

日本証券新聞

日本証券新聞 5月23日

・JPX日経400見直し 「ソニー除外」に賛否 日経平均入れ替え予想も
・14年株主総会のポイント 機関投資家に強力な”縛り” 
・CYBERDYNE 複数の長期保有型機関投資家がブロックトレードで取得
・IPO初値 東武住販 公募比12%高発進

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は全面高。米株高やHSBC中国製造業PMI、かんぽ生命の日本株買い増し報道が支援。証券株や保険、ノンバンク、紙パが高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,337.79円の295.62円高、TOPIXは1,169.34の19.29ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,619、値下がり銘柄数は140。出来高は23億4,529万株、売買代金は1兆9,851億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) メッセージ、ブロッコリー、フジオフードシステム、そーせいグループ、ヤフーなど

個別

■CYBERDYNE(7779) 5,960円〔+620円、+11.61%〕
 1対5の株式分割を発表
■アイフル(8515) 403円〔+24円、+6.33%〕
 貸金業の規制緩和に向け自民党が議論開始と伝わる
■インプレスホールディングス(9479) 118円〔+4円、+3.51%〕
 女性向け交流サイトを開始するとの報道

続きを読む>>

中小型株に活路 「好業績で割安」「有望テーマ」が切り口【日本証券新聞 5月19日】

日本証券新聞

日本証券新聞 5月19日

・アマダ急騰の真相 背景に「JPX日経インデックス400」
・「なでしこ」急増の予感も 頼れる投信 次のテーマは
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.41 LINEクーポン
・ミズノ 高値更新 海外事業”現地浸透”で2ケタ増収達成

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 戸田建設、ミクシィ、アルコニックス、マツモトキヨシホールディングス、スター・マイカなど

個別

■CYBERDYNE(7779) 6,110円〔-930円、-13.21%〕
 決算を発表、今期も赤字見通し。野村証券では「Buy」継続
■ファミリーマート(8028) 4,165円〔-70円、-1.65%〕
 特別利益の発生、増配を発表
■クレディセゾン(8253) 1,914円〔-62円、-3.14%〕
 野村証券が目標株価を引き下げ

続きを読む>>

明日の材料 飛島建設、江崎グリコ、マツモトキヨシホールディングス、SUMCOなど

個別

■アルデプロ(8925)
 不動産投資顧問業に進出
■スカイマーク(9204)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は21.5%増収、営業利益は312百万円を計画
■サンドラッグ(9989)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は3.8%増収、3.0%営業増益を計画

続きを読む>>

概況/大引け 連休明けの東京市場は全面安、米国株安や円高が重し。アリババのIPO申請にもかかわらずソフトバンクが売られことも投資家心理を圧迫

概況

日経平均 日足

大引けの日経平均は14,033.45円の424.06円安、TOPIXは1,152.01の30.47ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は96、値下がり銘柄数は1,685。出来高は21億737万株、売買代金は2兆2,286億円。

続きを読む>>

概況/前引け 米雇用統計を控え、小幅安。電力や非鉄が安いが、不動産やノンバンクは堅調

個別

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,451.65円の33.48円安、TOPIXは1,180.94の1.26ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は670、値下がり銘柄数は961。出来高は8億1,194万株、売買代金は7,116億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 植木組、JCLバイオアッセイ、日本風力開発、夢展望、タカラバイオなど

個別

■ソニー(6758) 1,792円〔-18円、-0.99%〕
 3度目となる業績予想の下方修正を発表
■池上通信機(6771) 117円〔+16円、+15.84%〕
 通期利益予想を上方修正
■CYBERDYNE(7779) 7,480円〔+460円、+6.55%〕
 引き続き野村証券の新規「Buy」、9,200円目標が材料視

続きを読む>>

ロボット関連人気復活! CYBERDYNE 商い集めて急騰【日本証券新聞 5月2日】

日本証券新聞

日本証券新聞 5月2日

・フェンオール 評価余地が拡大 1Q好調で見直す
・薄商いVS好決算 証券株 怒りの反騰劇 最弱セクターから脱却?
・REITの環境好転進む 自社株買い12月解禁へ
・会社側強気目標は健在だが… 日本調剤の”恒例ジンクス”不発

続きを読む>>

概況/大引け NYダウの最高値更新が好感、東証は全面高。調整していた証券やノンバンク、海運、不動産、銀行などが高い

概況

TOPIX 週足

大引けの日経平均は14,485.13円の181.02円高、TOPIXは1,182.20の19.76ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,506、値下がり銘柄数は225。出来高は19億5,552万株、売買代金は1兆8,650億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 日本M&Aセンター、きちり、アークランドサービス、スタートトゥデイなど

概況

■CYBERDYNE(7779) 7,050円〔+680円、+10.68%〕
 野村証券が新規「Buy」、9,200円目標に設定
■野村ホールディングス(8604) 626円〔+38円、+6.46%〕
 平成26年3月期決算、1億株(700億円)を上限に自社株買い
■長大(9624) ストップ高買い気配
 第2四半期決算、通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

「在宅医療」シフトへ フクダ電子が連日の高値

セクター 個別

フクダ電子(6960) 日足

厚労省は2014年度の診療報酬改定を通じ、長期入院による治療から在宅医療へ政策の力点を移す方針。在宅医療を支える医療機器の開発を促進するほか、科研費の対象として公募する医療機器の研究開発課題でも在宅医療向けを優先する意向を示している。

続きを読む>>

Mr.009の新興市場 需給環境への警戒感強まる 中期成長期待できちりとヒビノ

個別

きちり(3082) 日足

中小型株は直近の信用評価損益率の悪化に見られるように需給環境に対する警戒感が根強いほか、サイバーダイン(7779)も不安定な動きとなるなど、積極的な押し目買いの動きが強まりづらい状況となっている。中期的な成長期待の高い銘柄に対して、資金が集まりやすいだろう。

続きを読む>>

新年度相場入りで直近IPOの出番 シグマクシス、アーキテクツSJ、アライドアーキなど【日本証券新聞 3月31日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月31日

・IPO初値 エスクロー 初値持ち越し
・話題 ”ミニ逆噴射”の影に年金売買 4月の厚生年金法改正も焦点
・消費増税織り込んだ!? 小売株の出直り鮮明に 信用好需給も手掛かり
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.36 地方から全国・海外へ

続きを読む>>

IPO社長会見 CYBERDYNE(7779) 来3月期に損益ブレークイーブンへ

IPO 個別 社長会見

山海嘉之社長

3月26日、マザーズに新規上場した。初値は公開価格の2.3倍にあたる8,510円。上場当日の記者会見で同社の山海嘉之社長=写真=は次のように語った。

続きを読む>>

大量保有報告書から 自動車関連以外の機械・装置株にも買い報告相次ぐ【日本証券新聞 3月28日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月28日

・トヨタ 今年初の4連騰 自社株買い発表が刺激に
・「年末日経平均」微調整続く 7月2万円説も浮上!!
・夜も「レッツダンス」 風営法改正関連株に注目
・スタートトゥデイ 巻き返しへ 新サービス「WEAR」好調 即日配達で”とりこぼし”ナシ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) オールアバウト、東京エレクトロンデバイス、味の素、菊池製作所など

個別

■大同メタル工業(7245) 1,012円〔+3円、+0.30%〕
 東海東京調査センターが投資判断を「1」へ2段階引き上げ
■三菱UF(8306) 533円〔-10円、-1.84%〕
 大和証券が投資判断を「2」へ引き下げ
■エムティーアイ(9438) 536円〔+22円、+4.18%〕
 野村証券が投資判断を「Neutral」に引き上げ

続きを読む>>

25日先物発表、27日4本目のETF… 「JPX日経400」連動資金700億円に【日本証券新聞 3月27日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月27日

・米S&P500を強く意識 日本取引所グループ・岩永守幸常務執行役CFO語る
・長寿の秘訣は市場にあり 安倍政権 ベスト10入り
・サイバーダイン 2.3倍高発進 初値形成後1万円大台乗せ DLEは2倍高スタート
・知的財産が国の勝敗を決める ”知財組込みGDP”が話題

続きを読む>>

概況/大引け 朝方は米国株高を好感も、その後は小幅高での揉み合い。機関投資家による運用益確保の売りの一方、新年度の資金流入期待が下支え

概況

日経平均 日足

大引けの日経平均は14,477.16円の53.97円高、TOPIXは1,172.07の8.37ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,080、値下がり銘柄数は606。出来高は24億4,427万株、売買代金は2兆3,599億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 大成建設、ファーマライズ、アクロディア、カイオムなど

個別

■サンケン電気(6707) 665円〔+55円、+9.02%〕
 CCFL事業からの撤退を発表
■CYBERDYNE(7779) 9,220円
 本日マザーズに新規上場、初値は8,510円(公開価格3,700円)
■しまむら(8227) 8,810円〔-50円、-0.56%〕
 JPモルガンが目標株価を9,400円に引き下げ

続きを読む>>

日経平均ベースで14倍割れ 「PER」見直しのタイミング【日本証券新聞 3月25日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月25日

・「よく頑張りました…」 アナリストにも通知表
・全国保証 上値追い軽快 期末実質6円増配も魅力
・トップインタビュー ルネサスイーストン 取締役社長 石井仁氏
・ホクト 好業績&高配当に再脚光

続きを読む>>

個人の人気集中が予想される3月最終週のIPO4銘柄 真打!サイバーダインいよいよ上場

IPO セクター

3月最終週に上場するIPO(新規上場)4銘柄は、個人投資家好みのものばかり。その一方で、4月のIPOは個人投資家が好まない大型案件や地味な案件が目立つことから、“3月最終週IPOに賭けよう”との機運が増幅。これもバネに好発進となるものが続出することになりそうだ。

続きを読む>>

SQ週の特殊事情なども反映 「外国人大量売り」の読み方日本証券新聞 3月24日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月24日

・JDI上場も刺激に まだまだあるぞ!再編候補
・アウトソーシング 高値更新
・個人の人気集中が予想される3月最終週のIPO4銘柄 真打!サイバーダインいよいよ上場
・IPO初値 ホットマン 67%高発進

続きを読む>>

「売買単位」と「マザーズ上場」 4月のルール変更でどう変わる?!【日本証券新聞 3月19日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月19日

・春闘で沸いているのは外国人 注目すべきは「6月3日」
・小森コーポ 買い場探し
・サイバーダイン 公開価格決定 時価総額1000億円、2000億円の呼び声も
・低位・地方不動産関連に矛先 ラ・アトレ人気 コーセーREに見直し波及

続きを読む>>

CYBERDYNE(7779) 3月26日、マザーズに新規上場。世界が注目する革新的技術ベンチャー

IPO 会社紹介 個別

サイバニクス技術を駆使したロボットスーツ「HAL」を、医療・介護福祉、重作業などで展開するために設立された筑波大学発ベンチャー。HALを装着した人の身体能力を改善・補助・拡張できるほか、HALを使ったリハビリにより脳神経機能が回復・復活する例も存在する。

続きを読む>>

「3分の1戻し」未達銘柄に網 東京市場にリスクマネー回帰 【日本証券新聞 3月10日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月10日

・地合いに乗るメディビック ロート資本参加で再評価
・みずほ予想大当たり! FTSE入替銘柄に注目
・サイバーダイン 世界が注目する革新的技術ベンチャー
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.33 英国に初進出

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は全面安、金融政策決定会合による上昇分を2日間で帳消しに。円高で自動車や電機が安く、中国関連や設備投資関連も下落。ロボット関連人気

概況

日経平均 15足

大引けの日経平均は14,449.18円の317.35円安、TOPIXは1,194.56の23.96ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は167、値下がり銘柄数は1,547。出来高は25億6,800万株、売買代金は2兆1,124億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 米国株の下落から、東証も連れ安。ゲーム関連やノンバンク、非鉄が安い

概況

日経平均 15分足

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,570万株、買いは1,290万株でした。
9時15分時点の日経平均は14,659.08円の107.45円安、TOPIXは1,211.53の6.99ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は469、値下がり銘柄数は1,077。

続きを読む>>