7751

「監視カメラ」争奪戦で熱気 キヤノン 世界最大手に躍進へ

セクター 個別

キヤノン(7751) 週足

キヤノン(7751)が大きく見直されそうだ。
日経平均が軽快な上値追いを続ける中で、1月27日に発表された前12月期決算および今期見通しが市場予想を下回ったことで失望売りを浴び、いまだに株価は3,000円台にとどまるなど、主力株の中での出遅れが際立っている。

続きを読む>>

200ミリに続き300ミリも価格上昇 視界良好!シリコンウエハー業界【日本証券新聞 3月5日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月5日

・3月恒例!! 昇格発表ラッシュ始まる
・投信買い、復活への道 ラップ向け設定が主体
・「監視カメラ」争奪戦で熱気 キヤノン 世界最大手に躍進へ
・ドンキホーテ 1万円に王手 訪日客効果を満喫

続きを読む>>

明日の材料 ショーボンドホールディングス、熊谷組、北野建設、高砂熱学工業、UBICなど

個別

■丸井グループ(8252):第3四半期決算、1,600万株を上限に自己株式取得、4,000万株の自己株式消却
■スカイマーク(9204):GCAサヴィアン(2174)をフィナンシャル・アドバイザーに選任
■広島ガス(9535):第3四半期決算、通期利益予想を上方修正
■ソフトバンク(9984):第3四半期決算を発表、前年同期比41.0%増収、16.2%営業減益

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 省電舎、NIPPO、テクノ菱和、グンゼ、MonotaRO、東レなど

個別

■キヤノン(7751) 3,668円〔-41円、-1.11%〕
 バークレイズが投資判断を引き下げ
■横浜銀行(8332) 673円〔+26円、+4.05%〕
 上方修正、増配、自己株式の取得・消却
■テレビ朝日ホールディングス(9409) 1,692円〔-151円、-8.19%〕
 第3四半期決算、下方修正を発表

続きを読む>>

明日の材料 富士古河E&C、ユアテック、きんでん、北海道コカ・コーラボトリング、アスクル、ゲオホールディングスなど

個別

■任天堂(7974):第3四半期決算、通期業績予想を修正、期末配当予想を120円→130円へ引き上げ
■青山商事(8219):第3四半期決算、自社株買い、中期経営計画策定
■メタウォーター(9551):第3四半期決算、期末配当予想を29円に設定

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 三井松島産業、すかいらーく、東洋合成工業、日本特殊陶業など

個別

■くろがね工作所(7997) 148円〔+5円、+3.50%〕
 平成26年11月期決算を発表
■商船三井(9104) 380円〔+13円、+3.54%〕
 JPモルガンが投資判断を引き上げ
■エイチ・アイ・エス(9603) 3,750円〔+150円、+4.17%〕
 モルガン・スタンレーMUFGが目標株価を引き上げ

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場も続伸スタート。ただ、材料難から積極的に買い進む動きも乏しい

概況

日経平均 週足

9時13分時点の日経平均は17,901.82円の82.86円高、TOPIXは1,432.45の4.95ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが350万株、買いは700万株。

続きを読む>>

取材の現場から 法人税減税メリットに強弱

取材の現場から 連載

総選挙も終わり、これから年末にかけて税制改正が始まる。早速、選挙翌日の12月15日、自民党税調は非公式の会合を開き、与党の税制改正大綱を30日までに決めることを確認。また、22日の経済財政諮問会議で来年度の「予算編成の基本方針」を協議し、閣議決定する。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) アスクル、日清食品ホールディングス、ブロードバンドタワー、アクロディアなど

個別

■キヤノン(7751) 3,888円〔+73円、+1.90%〕
 みずほ証券では投資判断を引き下げ
■CYBERDYNE(7779) 2,732円〔+229円、+9.15%〕
 野村証券では目標株価を減額も、「Buy」判斷を継続
■東京電力(9501) 459円〔+29円、+6.74%〕
 昨日公表された今期見通しが好感

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 各社各様、個別材料株にシフト

個別 概況

三井化学(4183) 週足

日経平均は1万7,000円の大台を下回ることなく反発、12日のメジャーSQ(特別清算指数)算出を経て、相場は落ち着きを取り戻してきた。年内も残りあと10営業日余り、ここから恒例の年末高に期待したい。

続きを読む>>

2015年展望レポート続々 日経平均予想 2万3370円VS1万7800円【日本証券新聞 12月15日】

日本証券新聞

日本証券新聞 12月15日

・大成建が高値更新建設株買われる
・SQ後は恒例の年末高へ 直近13年「11勝2敗」
・IPO初値 クラウドワークス 公募比73%高発進 弁護士ドットコムは3.1倍高
・「資産移転」関連に注目 教育資金に続き、結婚・出産・育児、住宅など

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は4日ぶりに反発。米小売売上高が予想を上回り米国株上昇、円安も好感。ただ、上値も重い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,371.58円の114.18円高、TOPIXは1,399.65の2.61ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は786、値下がり銘柄数は934。出来高は31億644万株、売買代金は3兆6,314億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ブロッコリー、ディア・ライフ、オプティム、日本曹達など

個別

■エンプラス(6961) 4,410円〔+100円、+2.32%〕
 100万株を上限に自社株買い
■ブイ・テクノロジー(7717) 2,458円〔+39円、+1.61%〕
 みずほ証券が目標株価を引き上げ
■キヤノン(7751) 3,988円〔+181円、+4.75%〕
 期末配当予想を85円に設定

続きを読む>>

概況/寄り付き 日経平均はNYダウの上昇から4営業日ぶりに反発

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は17,377.03円の119.63円高、TOPIXは1,399.45の2.41ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが890万株、買いは680万株。

続きを読む>>

明日の材料 太洋基礎工業、ディア・ライフ、タイセイ、菊池製作所、そーせいグループなど

個別

■キヤノン(7751):未定としていた期末配当予想を85円に設定
■スターフライヤー(9206):「一休.com レストラン」との提携開始
■泉州電業(9824):平成26年10月期決算を発表、今27年10月期は1.8%増収、5.8%営業増益を計画

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は続伸、原油安と円安を好感。ただ、上値は利食い売りでやや抑制。空運が続伸し、輸出関連も高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,590.10円の130.25円高、TOPIXは1,421.65の11.31ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,174、値下がり銘柄数は522。出来高は20億2,362万株、売買代金は2兆1,972億円。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均が755円高と今年最大の上げ幅。日銀の追加緩和が驚かれ急伸、出来高は40億株超え。JPX日経400連動ETFも買い入れ対象としたことで採用銘柄が高い

概況

大引けの日経平均は16,413.76円の755.56円高、TOPIXは1,333.64の54.74ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,694、値下がり銘柄数は120。出来高は40億1,278万株、売買代金は4兆1,982億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場はほぼ全面高、米国株高とGPIFの資産構成変更が支援。精密機器、陸運、サービスが高い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,921.26円の263.06円高、TOPIXは1,298.30の19.40ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,483、値下がり銘柄数は265。出来高は11億4,736万株、売買代金は1兆1,792億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 米株高を受け、東京市場は広範囲に上昇。精密や証券、保険、その他金融、鉄鋼などが高い

概況

日経平均 週足

9時7分時点の日経平均は15,841.09円の182.89円高、TOPIXは1,293.93の15.03ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが2,230万株、買いは2,440万株。

続きを読む>>

明日の材料 戸田建設、五洋建設、ぐるなび、昭和電工、オリエンタルランド、サイバーエージェントなど

個別

■ニフコ(7988):第2四半期決算、通期業績予想を上方修正
■ヤマトホールディングス(9064):第2四半期決算、自己株式の取得・消却
■ANAホールディングス(9202):第2四半期決算を発表、前年同期比9.1%減収、33.8%営業増益
■NTTデータ(9613):第2四半期決算を発表、前年同期比133.5%増収、738.3%営業増益

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反落、FOMCや決算発表を控え手控えムード。非鉄や石油、鉱業、建設、機械などが冴えない

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,329.91円の58.81円安、TOPIXは1,252.00の2.28ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は639、値下がり銘柄数は1,033。出来高は18億7,442万株、売買代金は1兆6,956億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は下げ幅拡大。ソフトバンクやキヤノンが安く、下方修正でナカヨが大幅安

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,271.95円の116.77円安、TOPIXは1,247.17の7.11ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は487、値下がり銘柄数は1,183。出来高は9億6,673万株、売買代金は8,398億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) キッコーマン、関東電化工業、昭和システムエンジニアリング、古河電気工業など

個別

■新明和工業(7224) 954円〔+11円、+1.17%〕
 上方修正を発表
■キヤノン(7751) 3,177円〔-99円、-3.01%〕
 第3四半期決算を発表。野村証券では目標株価を引き下げ
■サカイ引越センター(9039) 3,335円〔-65円、-1.91%〕
 いちよし経済研究所がフェアバリューを引き下げ

続きを読む>>

概況/寄り付き 米国株の騰勢一服で、東京市場は小反落。ドコモやキヤノンが安い

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は15,347.64円の41.08円安、TOPIXは1,252.48の1.80ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,780万株、買いは1,160万株。

続きを読む>>

明日の材料 極洋、大気社、オプト、アマナ、カゴメ、コーエーテクモホールディングス、キッセイ薬品工業など

個別

■キヤノン(7751):第3四半期決算を発表、前年同期比1.1%減収、8.7%営業増益
■リコー(7752):第2四半期決算を発表、前年同期比3.2%増収、7.6%営業増益
■タカラレーベン(8897):第2四半期決算、通期業績予想を上方修正
■ヤマダ電機(9831):通期業績予想を下方修

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は約2カ月ぶりに15,000円台割れ。NYダウ大幅続落と円高を警戒し、東証は全面安

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,936.51円の364.04円安、TOPIXは1,214.27の28.82ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は131、値下がり銘柄数は1,672。出来高は27億5,132万株、売買代金は2兆6,864億円。

続きを読む>>

ハロウィーン効果”仕込みの秋”迫る 26日権利落ち後に波乱も【日本証券新聞 9月25日】

日本証券新聞

日本証券新聞 9月25日

・LINE IPO遠のく 年内上場は事実上、消滅へ
・「建設」逆行高の評価交錯 みずほ・日興、違いはどこに?
・”優先株消却企業”の注目度増す 増配、上ブレ期待など多彩
・スターバックス 米社TOBで完全子会社化

続きを読む>>

「9月配当」再開は株高サイン 市光工S高に続け【日本証券新聞 9月9日】

日本証券新聞

日本証券新聞 9月9日

・ソフトバンクが大商い アリババ上場で含み益に関心
・筍狩りに行こう NTT都市開発 「基準地価」発表が再浮上を促す
・テニス・錦織選手が快挙 WOWOW 独占中継で新高値
・DLE 成長余地大 今6月期は前期比5-9割増益見通し

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は小幅高での揉み合い。今週は重要イベントが多く、様子見から上値抑制

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,468.24円の43.65円高、TOPIXは1,281.72の3.75ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,103、値下がり銘柄数は566。出来高は9億2,918万株、売買代金は6,727億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ジャパンフーズ、篠崎屋、信越化学工業、中外製薬など

個別

■ホクシン(7897) 160円〔+14円、+9.59%〕
 14時に第1四半期決算を発表
■日立キャピタル(8586) 2,770円〔+134円、+5.08%〕
 場中に第1四半期決算を発表
■KDDI(9433) 6,019円〔-31円、-0.51%〕
 モルガン・スタンレーMUFGが投資判断を引き下げ

続きを読む>>

明日の材料 カービュー、コカ・コーラウエスト、ゴルフダイジェスト・オンライン、信越化学工業、レッグスなど

個別

■キヤノン(7751)
 第2四半期決算を発表、前年同期比0.6%増収、26.2%営業増益
■伊藤忠商事(8001)
 7,800万株、1,100億円を上限に自社株買い。CPグループと業務提携
■ゴールドクレスト(8871)
 第1四半期決算を発表、前年同期比70.4%減収、84.4%営業減益

続きを読む>>

概況/前引け 欧米株が安く、東京市場も続落。ただ、下値抵抗も

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,176.27円の40.20円安、TOPIXは1,254.08の5.17ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は399、値下がり銘柄数は1,258。出来高は11億6,077万株、売買代金は9,939億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 欧米株式下落し、東証もほぼ全面安。その他金融、保険、海運、鉄鋼などが安い

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は15,235.24円の91.23円安、TOPIXは1,249.96の9.29ポイント安。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが1,280万株、買いは720万株と3日連続の売り越し。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場はほぼ全面安で、4日続落。米国市場の反発も、機械受注が大幅悪化が嫌気

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,216.47円の86.18円安、TOPIXは1,259.25の11.57ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は260、値下がり銘柄数は1,465。出来高は19億7,386万株、売買代金は1兆6,706億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は冴えない。機械受注が前月比19.5%減となり、貸出減少懸念で銀行株が安い

個別

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,265.76円の36.89円安、TOPIXは1,264.45の6.37ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は553、値下がり銘柄数は1,080。出来高は10億80万株、売買代金は8,002億円。

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 キヤノン、指月電機製作所、新光電気工業

テクニカル 個別

指月電機製作所(6994) 月足

60カ月移動平均線が下げ止まり、ようやくもみ合い上放れの兆しが出てきた局面である。12カ月移動平均線や24カ月移動平均線は計算対象期間の過去の株価の動きから、6月相場はさらに上昇基調を強める公算が大きい。

続きを読む>>

海外投資家御用達 日本株ETF銘柄入れ替え 12日ごろ発表、実施は20日大引け【日本証券新聞 6月10日】

日本証券新聞

日本証券新聞 6月10日

・焦点 今週浮上が期待される物色テーマ
・筍狩りに行こう サトーHD ニュージーランド乳業最大手と契約
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.44 「フルグラ」
・ダイキン工業 上げ足軽快 中国事業の成長継続で高値奪回迫る

続きを読む>>

明日の材料 クレアホールディングス、きんでん、極楽湯、クスリのアオキ、サニックスなど

個別

■内田洋行(8057)
 第3四半期決算、通期業績予想を上方修正
■三井不動産(8801)
 公募増資等で約3,245億円を調達
■アインファーマシーズ(9627)
 平成26年4月期決算を発表、今27年4月期は11.6%増収、1.5%営業増益を計画
■ヤマダ電機(9831)
 1,000億円の転換社債、500億円を上限に自社株買い(ToSTNeT-3)

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は大引けにかけて失速。200日移動平均線が上値抵抗に。値上げ効果に期待し、紙パが高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,636.52円の34.00円高、TOPIXは1,195.11の0.42ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は796、値下がり銘柄数は845。出来高は19億7,450万株、売買代金は1兆7,027億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ミクシィ、日本ハム、健康コーポレーション、住友精密工業など

個別

■サンリオ(8136) 2,748円〔+121円、+4.61%〕
 岩井コスモ証券が投資判断を「B」へ引き下げ
■ニッセンホールディングス(8248) 408円〔+1円、+0.25%〕
 5月度の単体売上高は前年同期比106.2%
■日本通信(9424) 627円〔+60円、+10.58%〕
 クレディ・スイスが目標株価を引き上げ

続きを読む>>

高値期日の暗雲、いち早く抜けるのは…

個別 概況

東レ(3402) 日足

日経平均は再び4月末水準(1万4,301円)に抵触し、戦後初の「年初から5カ月連続安」さえ懸念される状況。彼我の水準差にもかかわらず、日々の米国株や為替動向に振り回される最近の東京市場は、さながら水鳥の羽音におびえるかの様相だが、その背景に挙げられるのは需給不安か。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 住友電設、日本ハム、エスアールジータカミヤ、タムラ製作所など

個別

■タカタ(7312) 2,110円〔-224円、-9.60%〕
 平成26年3月期決算を発表。野村証券では目標株価を引き下げ
■キヤノン(7751) 3,268円〔+76円、+2.38%〕
 1,700万株、500億円を上限に自社株買い
■コナミ(9766) 2,218円〔-11円、-0.49%〕
 平成26年3月期決算を発表

続きを読む>>

明日の材料 UBIC、システナ、宝ホールディングス、日本マクドナルドホールディングス、ユーグレナ、グリーなど

個別

■日本通信(9424)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は33.5%増収、70.0%営業増益を計画
■セコム(9735)
 平成26年3月期決算を発表、中間配当制度を導入
■オートバックスセブン(9832)
 平成26年3月期決算、300万株を上限に自社株買い、自己株式の消却

続きを読む>>

明日の材料 東急建設、DNAチップ研究所、エムスリー、ユナイテッド、ブックオフコーポレーションなど

個別

■キヤノン(7751)
 第1四半期決算を発表
■カブドットコム証券(8703)
 平成26年3月期決算を発表、200万株を上限に自社株買い
■KADOKAWA(9477)
 通期業績予想を下方修正

続きを読む>>

概況/大引け 昨日の大幅高の反動で上値抑制だが、下にも行きにくく、東京市場は揉み合い。ソフトバンクも横ばい

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,417.53円の0.15円安、TOPIXは1,166.59の0.04ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は921、値下がり銘柄数は688。出来高は19億679万株、売買代金は1兆7,980億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ファステップ、三菱総合研究所、IIJ、JSR、ライオンなど

個別

■キヤノン(7751) 3,241円〔+63円、+1.98%〕
 5割の営業増益報道
■コメリ(8218) 2,792円〔+127円、+4.77%〕
 JPモルガンが投資判断を「Overweight」に引き上げ
■サンフロンティア不動産(8934) ストップ高買い気配
 新株発行、株式売出しの中止を発表

続きを読む>>

概況/寄り付き NYダウの大幅反落で、東証も全面安。日経平均は14,000円台割れ。証券や紙パルプ、情報通信などが下落率大

概況

日経平均 週足

9時6分時点の日経平均は13,906.12円の394.00円安、TOPIXは1,124.30の25.19ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが2,570万株、買いは1,600万株。

続きを読む>>

知的財産が国の勝敗を決める “知財組込みGDP”が話題

セクター

味の素(2802) 週足

三菱UFJモルガン・スタンレー証券が24日付で発行したマクロ経済分析レポート「知的財産が国の勝敗を決める。“知財組込みGDP(国内総生産)”を推計してみた」が一部市場関係者の間で話題となっている。医療用ロボットで世界最先端を走り、次世代を担うとの期待感が高いサイバーダインの上場も、知財に関心が向かう1つのきっかけ。

続きを読む>>

25日先物発表、27日4本目のETF… 「JPX日経400」連動資金700億円に【日本証券新聞 3月27日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月27日

・米S&P500を強く意識 日本取引所グループ・岩永守幸常務執行役CFO語る
・長寿の秘訣は市場にあり 安倍政権 ベスト10入り
・サイバーダイン 2.3倍高発進 初値形成後1万円大台乗せ DLEは2倍高スタート
・知的財産が国の勝敗を決める ”知財組込みGDP”が話題

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は持ち直し。ノンバンクや不動産は安いが、地銀が値上がり

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,425.14円の50.16円安、TOPIXは1,163.63の0.59ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,178、値下がり銘柄数は535。出来高は13億7,436万株、売買代金は1兆2,132億円。

続きを読む>>

概況/前引け 売られ過ぎ感や配当の権利取りの動きで、東証は反発。トヨタやソニー、キヤノン、花王などコア銘柄が堅調

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,484.06円の259.83円高、TOPIXは1,169.32の23.35ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,668、値下がり銘柄数は103。出来高は13億9,445万株、売買代金は1兆2,160億円。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は続落。102円台割れの円高を警戒、リパトリの動きで円高加速も。ただ、円高下でもソニーやキヤノン、エプソン、ファナックなどはシッカリ

概況

日経平均 15分足

大引けの日経平均は14,841.07円の82.04円安、TOPIXは1,211.66の5.69ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は487、値下がり銘柄数は1,174。出来高は23億2,834万株、売買代金は2兆2,479億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 米国株の反落で、東証も広範囲に値下がり。小売りや保険、銀行などが安い

概況

日経平均 15分足

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,130万株、買いは1,030万株でした。9時10分時点の日経平均は14,939.46円の112.14円安、TOPIXは1,224.82の8.84ポイント安。

続きを読む>>

概況/前引け 昨日の日経平均は450円高も、本日は反落。ソフトバンクが安く、野村HDや三井住友FGも軟調。自動車部品関連の値下がりも目立つ

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,742.36円の100.88円安、TOPIXは1,217.28の6.72ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は540、値下がり銘柄数は1,084。出来高は11億6,563万株、売買代金は9,606億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 国際石油開発帝石、高砂熱学工業、オプト、コロプラ、インタートレードなど

個別

■日本シイエムケイ(6958) 265円〔+14円、+5.58%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を「Neutral」に引き上げ
■キヤノン(7751) 3,151円〔+72円、+2.34%〕
 1,800万株、500億円を上限に自社株買い
■アルテック(9972) 250円〔+32円、+14.68%〕
 ストラタシス社製3Dプリンタ新機種「OBJET500 CONNEX3」を発売

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は反落スタート。昨日の450円高は買われ過ぎという見方。証券やノンバンク、不動産、銀行などの反落が大きい

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,420万株、買いは2,030万株でした。
9時15分時点の日経平均は14,731.47円の111.77円安、TOPIXは1,217.29の6.71ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は431、値下がり銘柄数は1,140。

続きを読む>>

明日の材料 オプト、片倉工業、稲葉製作所、コロプラ、インタートレードなど

個別

■キヤノン(7751)
 1,800万株、500億円を上限に自社株買い
■立花エレテック(8159)
 通期業績予想を上方修正、増配、公募増資等を発表
■ソフトバンク(9984)
 コマース&サービス事業を戦略的再編

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は610円安と今年最大の下げ。NYダウの続落や円高進行が警戒。ただ、9日続落だったソフトバンクが切り返し

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,008円47銭の610円66銭安、TOPIXは1,139.27の57.05ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は13、値下がり銘柄数は1,764。出来高は42億3,327万株、売買代金は3兆6,364億円。

続きを読む>>

注目!「自社が筆頭株主」銘柄 M&A実施予備軍として脚光

個別 概況

日東紡(3110) 週足

「自社が筆頭株主」の銘柄が一部で関心を集めている。大量の自社株買いを実施した結果であることから、「株主還元に前向きな証し」、あるいは、保有する自社株(金庫株)を“通貨”として利用した「M&A(企業合併.買収)実施…

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 大正製薬ホールディングス、ヤフー、ザインエク、ダイハツ工業、SHOEIなど

個別

■キヤノン(7751) 3,004円〔-66円、-2.15%〕
 平成25年12月期決算を発表
■住友不動産(8830) 4,604円〔-226円、-4.68%〕
 みずほ証券が投資判断を引き下げ
■大阪ガス(9532) 412円〔-21円、-4.85%〕
 SMBC日興証券が投資判断を引き下げ

続きを読む>>

明日の材料 パナホーム、大和ハウスリー、コロプラ、ヤフー、日立金属、コマツなど

個別

■任天堂(7974)
 第3四半期決算、1,000万株の自社株買いを発表
■東京ドーム(9681)
 通期業績予想を上方修正
■ミスミグループ本社(9962)
 第3四半期決算、通期業績予想を上方修正、増配を発表

続きを読む>>

JPX日経400銘柄入れ替えに関心 GPIF買い対象として脚光 【NSJ日本証券新聞 1月27日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月27日

・ソフトバンク 大幅続落 先物売りに押される
・現物・先物合計の投資主体者別 海外投資家のみ売り越し
・電機、ビールがアツい! 時価総額“ライバル対決”
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.29 リップフォンデュ

続きを読む>>

日経平均採用・利回りランキング NISA資金の受け皿?! 

個別 概況

りそなHD(8308) 週足

「配当利回り」への市場の注目度が急速に高まっている。多くの企業が決算期末を迎えるのは3月末。例年、今ごろの時期から2月にかけて高利回り銘柄にはアウトパフォーム傾向が指摘されるが、今年の場合は特に、新たにスタートしたNISA(少額投資非課税制度)口座での買い付け対象となることが大きな注目点と言えよう。

続きを読む>>

概況/前引け NYダウが下落し、東証も冴えない。値上がり業種は海運と電力ガスの2業種のみ

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,914円54銭の206円91銭安、TOPIXは1,297.91の8.32ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は471、値下がり銘柄数は1,157。出来高は16億1,039万株、売買代金は1兆2,902億円。

続きを読む>>

概況/大引け 政策期待やNISA、円安が支援材料となり日経平均は7日続伸。証券株が高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は16,174円44銭の164円45銭高、TOPIXは1,279.34の21.16ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,620、値下がり銘柄数は120。出来高は26億5,712万株、売買代金は2兆1,833億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 安倍政権の政策遂行能力が評価され、ほぼ全面高。日経平均は16,100円台

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

沖縄県の仲井真知事が、米軍普天間飛行場の移設先となる辺野古周辺の埋め立て申請を承認する方向と報じられ、安倍政権の政策遂行能力が評価され、ほぼ全面高。証券や紙パルプ、自動車、建設、金属、倉庫、サービス、ノンバンクなど幅広く値上がりし、値下がりは鉱業とゴムの2業種にとどまっています。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) KLab、ゼリア新薬、日本オラクル、川崎重工業など

個別

■キヤノン(7751) 3,325円〔+0円、+0.00%〕
 シティグループが投資判断を「中立」に引き下げ
■さいか屋(8254) 68円〔-2円、-2.86%〕
 業績予想の下方修正を発表
■東急リアル・エステート投資法人(8957) 608,000円〔+9,000円、+1.50%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が新規「Neutral」

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ディー・エヌ・エー、ファンコミュニケーションズ、UMNファーマ、日精ASB機械、安川電機など

個別

■スルガ銀行(8358) 1,619円〔+20円、+1.25%〕
 バークレイズでは「オーバーウエイト」
■第一生命保険(8750) 1,617円〔+56円、+3.59%〕
 バークレイズが投資判断を「オーバーウエイト」に引き上げ
■GMOインターネット(9449) 1,348円〔+73円、+5.73%〕
 モバイルゲーム向けクラウド事業拡大のため、韓国子会社を設立

続きを読む>>

明日の材料 JCLバイオアッセイ、エスイー、日本精工、ウシオ電機、幸楽苑など

個別

■キヤノン(7751) 3,335円〔-55円、-1.62%〕
 JPモルガンが投資判断を「Underweight」に引き下げ
■日立ハイテクノロジーズ(8036) 2,362円〔+11円、+0.47%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が新規「Outperform」
■カプコン(9697) 1,918円〔-38円、-1.94%〕
 モ ンス タ ーハ ンタ ー4が400万本を突破

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 東京一番フーズ、タカラバイオ、太平洋セメント、ニューフレアテクノロジー、キヤノンなど

個別

■住友金属鉱山(5713) 1,364円〔-3円、-0.22%〕
 大和証券が新規「2」、1,530円目標
■富士重工業(7270) 2,691円〔-50円、-1.82%〕
 第2四半期業績予想の増額を発表
■日立キャピタル(8586) 2,448円〔+122円、+5.25%〕
 計画を上回る第2四半期決算、増配を発表
■だいこう証券ビジネス(8692) 685円〔+25円、+3.79%〕
 第2四半期決算、通期業績予想の上方修正を発表

続きを読む>>

明日の材料 省電舎、ミクシィ、宝ホールディングス、富士通ゼネラル、村田製作所、三菱自動車など

個別

■国際石油開発帝石(1605):英国第27次探鉱鉱区公開入札における探鉱ライセンスを追加取得
■タカラバイオ(4974):第2四半期売上高予想を10,300→10,277百万円へ、営業利益予想を300→454百万円へ修正
■日本トリム(6788):第2四半期決算、通期上方修正、期末配当予想の増額(35円→50円)を発表
■東亜ディーケーケー(6848):10月31日をもって東証1部銘柄に指定
■新日本無線(6911):第2四半期売上高予想を20,000→20,400百万円へ、営業利益予想を850→920百万円へ増額修正
■キヤノン(7751):第3四半期決算を発表、前年同期比 6.7%増収、1.0%営業減益
■近鉄エクスプレス(9375):パナソニック トレーディングサービス ジャパン株式の一部を取得

続きを読む>>

概況/大引け 米国で債務上限引き上げ法案が可決し、デフォルト回避。ただ、日経平均の上げ幅は朝方に比べて目減り。妥結は織り込み済みという見方や、第2幕への警戒も

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,586円51銭の119円37銭高、TOPIXは1,206.25の9.47ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,323、値下がり銘柄数は296。出来高は20億8,633万株、売買代金は1兆7,121億円。

続きを読む>>

話題銘柄をテクニカルで斬る リソー教育(4714)、キヤノン(7751)

テクニカル 個別

リソー教育(4714) 週足

リソー教育(4714)の週足は、天井、底値の形成時期が武田薬品工業と非常に似ている。週足チャートの形状は武田薬品工業以上に美しい上昇と下降局面である。2011年11月の安値406円までは400円が下値支持線として機能…

続きを読む>>

10月の目玉IPO「エナリス」8日上場 省エネ、自然エネルギー関連に矛先 【NSJ日本証券新聞 10月8日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 10月8日

・銘柄一本勝負 フロイント産業 夢のある材料が多い成長企業
・ソフトバンク 逆行高続く 日経平均構成比も急上昇中
・米政府閉鎖は買い材料!? 過去17回平均で検証
・飯田産業 押し目買い好機 11月経営統合視野に

続きを読む>>

概況/大引け 3連休を前に上値抑制。ただ、下値も堅く、小幅揉み合い。鉄建と大豊建設は信用規制で安いが、日本コンベヤが高く、空港ビルも堅調

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,742円42銭の23円76銭安、TOPIXは1,218.98の3.50ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は946、値下がり銘柄数は655、出来高は34億4,778万株、売買代金は2兆2,732億円。

続きを読む>>

「自社株買い」便乗タイミングを探る 会社のヤル気は過去実績で判断

夕凪所長のイベント投資100% 連載

株式相場はオリンピック関連銘柄で大変なにぎわいを見せている。東証1部の流動性のある建設系の銘柄が、1日で10%以上も激しく上下する。買い手も売り手も、腕の見せ所であろう。

続きを読む>>

欧州関連株に拾い場到来 ユーロ圏の景気回復にらむ

セクター 個別

マキタ(6586) 週足

マーケットの話題は東京オリンピックに集中するが、一部では眠れる巨人「欧州」の復活に着目する向きもある。大和証券投資信託委託は8月30日に欧州株を投資対象とする「ダイワ欧州株高配当株ファンド」を新規設定する。

続きを読む>>

概況/前引け ベイナー下院議長が大統領の対シリア行動支持でNYダウ上げ幅縮小、東証は反落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は13,872円30銭の106円14銭安、TOPIXは1,144.22の4.96ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は573、値下がり銘柄数は1,028。出来高は10億7,325万株、売買代金は7,901億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) スリープログループ、ABCマート、アンジェスMG、ローランドDGなど

個別

■新光電気工業(6967) 1,031円〔+26円、+2.59%〕
 クレディ・スイスが投資判断を「OUTPERFORM」に引き上げ
■いすゞ自動車(7202) 603円〔-18円、-2.90%〕
 ドイツ証券が投資判断を「Hold」に引き下げ
■キヤノン(7751) 3,145円〔+115円、+3.80%〕
 1,800万株、500億円を上限に自社株買い

続きを読む>>

概況/寄付き NYダウの伸び悩みで、東証は反落。キヤノンは自社株買いで値上がりしているが、他の主力株は多くが反落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

9時15分時点の日経平均は13,884円83銭の93円61銭安、TOPIXは1,142.15の7.15ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は347、値下がり銘柄数は1,197。

続きを読む>>

明日の材料 東日本ハウス、ABCマート、稲葉製作所、キヤノン、ファーストリテイリングなど

個別

■スリープログループ(2375)
 第3四半期決算、通期業績予想の下方修正を発表
■ベストブライダル(2418)
 転換社債型新株予約権付社債を発行、額面総額50億円
■ナトコ(4627)
 通期売上高予想を14,500→15,300百万円へ、営業利益予想を1,220→2,050百万円へ増額修正
■東栄住宅(8875)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 9.9%増収、19.5%営業増益

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 大和ハウス、カルビー、ファーマフーズ、大塚ホールディングス、ACCESSなど

個別

■日本シイエムケイ(6958) 269円〔-4円、-1.47%〕
 野村証券が目標株価を280円へ引き下げ、投資判断は「Neutral」
■キヤノン(7751) 2,940円〔-8円、-0.27%〕
 SMBC日興証券が目標株価を3,200円に引き下げ
■ミズノ(8022) 561円〔-40円、-6.66%〕
 SMBC日興証券では目標株価を380円に引き下げ、「3」継続

続きを読む>>

スーパー業界の再編加速へ 消費増税にらみ 【NSJ日本証券新聞 7月26日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 7月26日

・ブラインドインタビュー 個人の市場復帰は近い? 戻り売りで現金比率アップ
・明暗鮮明 キヤノンと日電産
・オリンピック特需に意外性「警備」「リユース」など要チェック

続きを読む>>

概況/大引け 決算がはじまり様子見姿勢も強いなか、じり安。キヤノンは下方修正で下落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,202.32の17.60ポイント安、日経平均は14,562.93円の168.35円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は305、値下がり銘柄数は1,350。出来高は22億2,707万株、売買代金は2兆673億円。

続きを読む>>

概況/前引け キヤノンが下方修正で安い。北海道電力や関西電力も安全性審査へのデータ不備で下落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,208.02の11.90ポイント安、日経平均は14,648.46円の82.82円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は421、値下がり銘柄数は1,202。出来高は11億550万株、売買代金は1兆29億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) バリューコマース、ブレインパッド、ラクオリア創薬、オービックなど

概況

■澤田ホールディングス(8699) 977円〔+52円、+5.62%〕
 東海東京調査センターではレーティング「2」

■マネーパートナーズグループ(8732) 30,150円〔+5,010円、+19.93%〕
 第1四半期の速報値を公表

■日本航空(9201) 5,390円〔+30円、+0.56%〕
 みずほ証券が新規「買い」

続きを読む>>

概況/寄付き 今朝の東京株式市場は揉み合いのスタート。キヤノンの下方修正で、ニコンも安い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

9時15分時点のTOPIXは1,217.50の2.42ポイント安、日経平均は14,709円の21円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は744、値上がり銘柄数は730。

続きを読む>>

明日の材料 バリューコマース、ラクオリア創薬、ディスコ、PALTEK、キヤノン、白洋舎など

個別

■日本バルカー工業(7995)
 第1四半期決算、第2四半期業績予想の上方修正を発表
■日立ハイテクノロジーズ(8036)
 第1四半期速報値を公表、前年同期比 13.7%減収、99.9%営業減益
■カブドットコム証券(8703)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 149.4%増収、613.1%営業増益

続きを読む>>

時価総額順位  ソフトバンクは昨年末12位→3位 内需健闘、中国関連不振

個別 概況

ソフトバンク(9984) 週足

17日時点で時価総額3位に浮上して話題を呼んだソフトバンク(9984)は、18日も一時410円高(6.6%高)まで買われるなど上げ足を速め、4位・JTとの差をさらに広げた。時価総額で、なお3倍い大差のある、首位のトヨタ自動車はともかくとして、2位・三菱UFJまでなら、あと2割強に迫っている。

続きを読む>>

概況/大引け 量的緩和縮小懸念後退からNYダウが続伸。世界同時株安の懸念が薄れ、東証も反発。iPS治療承認で再生医療関連人気

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

9時17分時点のTOPIXは1,078.52ポイントの9.24ポイント高、日経平均は12,952円の118円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,275、値下がり銘柄数は272。

続きを読む>>

業績相場への端境期で狙う銘柄 「Q3縮小」バーナンキ発言を乗り越えて 【NSJ日本証券新聞 6月21日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 6月21日

・ブラインドインタビュー 総会本格化、注目点を探る
・訪日外国人急増で再チェック 今こそスカイツリー関連を見直し
・新規上場紹介 フォトクリエイト インターネット時代の写真屋さん

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 輸出関連の突っ込み狙う ファナック、東急不が2票

個別

ファナック(6954) 週足

14日のメジャーSQ(特別清算指数)算出日を目前にした13日の日経平均株価は再び波乱に見舞われ、前週7日に付けた1万2,548円を割り込む場面もあった。為替の円高加速が嫌気された格好だ。こうした相場急落時を幾度となく経験したベテラン証券マンの銘柄観を参考にしたい。

続きを読む>>

6月権利付き高配当利回り スペース、CAC、フューチャーアーキなどに照準

個別

6月期末をにらみ、高配当利回り銘柄に関心が向くころだ。6月期決算企業では、株主優待(年間5,000で円の買い物優待券贈呈)込み利回りが5%を超える藤久(9966)が高値圏で頑強推移となるなど、まだまだ局地的ながら各種権利取りを意識した動きも散見される。

続きを読む>>

取材の現場から 「マイナンバー」に絡む思惑 IIJ社長人事は監視のため?

個別 取材の現場から 連載

歌舞伎座(9661) 月足

決算ラッシュの中、ニュースを聞いていると「ゴキブリの黒字」と何度も耳にする。もちろん「5期ぶりの黒字」なのだが――。

続きを読む>>

概況/寄り付き 一時1ドル=102円台へ円安が進み、東証は続伸。トヨタやキヤノンなどの輸出関連が高い

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

NY外為市場では円相場が一時1ドル=101円98銭まで円安が進み、今朝は8時16分に1ドル=102円14銭まで円安が進んだため、週明けの東京株式市場は続伸しています。円安を歓迎し、トヨタが高く、キヤノンやニコンなどの精密株も買われています。

続きを読む>>

概況/大引け 明日の日銀展望リポートによる円安思惑で、TDKや京セラなど電機株が値上がり。三井倉庫と住友倉庫は野村証券が新規Buy

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

明日の日銀金融政策決定会合後に発表される「展望リポート(経済・物価情勢の展望)」では2015年度の物価見通しを2%とし、目標達成に向けた強い決意を内外に示すという見方もあり、ゴールデンウィーク前に1ドル=100円の大台突破のラストチャンスという見方も意識されています。

続きを読む>>

概況/前引け キヤノンは野村証券が格下げ。電通国際情報サービスは材料出尽くし感から下落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

ボーイング787を米連邦航空局(FAA)と国土交通省航空局が近く運航再開を許可する見通しと報じられ、航空機エンジンに使われるチタン需要に期待して大阪チタニウムテクノロジーズ(5726)や東邦チタニウムも買われました。

続きを読む>>

個別銘柄動向 日揮、カービュー、そーせい、キヤノン、ジャフコ、三井倉庫、ニチイ学館など

個別

■住友化学(4005) 330円〔+1円、+0.30%〕
 JPモルガン証券が新規「Overweight」

■そーせいグループ(4565) 5,100円〔+415円、+8.86%〕
 導出先のノバルティスが良好な臨床試験結果を公表

■カイオム・バイオサイエンス(4583) 14,700円〔+1,130円、+8.33%〕
 高親和性抗体獲得技術の確立と実用化成功を公表

■日本電産(6594) 6,890円〔+450円、+6.99%〕
 野村証券が目標株価を7,700円に引き上げ

続きを読む>>

概況/寄り付き 小幅高の始まり。キヤノンはデジカメ不振で野村証券が格下げ

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

環境省は温暖化防止の観点から石炭火力発電の新増設を事実上禁止してきましたが、エネルギー調達の厳しい事情を踏まえ、新増設を再開すると報じられたことから、太平洋興発(8835)や三井松島産業(1518)が買われています。

続きを読む>>

明日の材料 カワチ薬品、積水化成、オービック、資生堂、キヤノン、任天堂など

個別

■新日本無線(6911)
 平成25年3月期決算を発表、今26年3月期は15.3%増収、70.1%営業増益を計画

■キヤノン(7751)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 1.5%減収、33.8%営業減益

■任天堂(7974)
 平成25年3月期決算を発表、今26年3月期は営業利益で1,000億円の黒字を計画

続きを読む>>

12月期総会集中日は28日 問われる「日本的経営」?! キヤノン、大塚商会などが焦点

個別 概況

28日は、12月期決算企業の「株主総会集中日」。3カ月後の3月期決算総会集中日(6月27日)の“前哨戦”という意味でも、市場の関心を集めつつある。

続きを読む>>

地域密着型の情報誌 上昇基調 アベノミクス効果ここから発現 【NSJ日本証券新聞 3月27日付け】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 3月27日付け

・公的年金“巨象の実像”(下) 不動産など代替資産運用
・JPXのミスマッチ修復方向 アナリストより相場に聞け!?
・12月期総会集中日は28日 問われる「日本的経営」!?
・対岸の火事ではない 韓国のサイバーテロ

続きを読む>>

個別銘柄動向 PS三菱、豆蔵、カイオム、良品計画、キヤノン、ゼビオなど

個別

■リンテック(7966) 1,878円〔+17円、+0.91%〕
 岩井コスモ証券が投資判断を「A」に引き上げ

■マミヤ・オーピー(7991) 220円〔+7円、+3.29%〕
 期末配当予想を4円→5円へ引き上げ

■髙島屋(8233) 973円〔+71円、+7.87%〕
 改装計画目白押しとちばぎんアセットが注目

■ゼビオ(8281) 1,921円〔-7円、-0.36%〕
 業績下方修正を発表

続きを読む>>

概況/大引け 円安一服でトヨタやキヤノンが小幅安。一建設の好決算で他のパワービルダーも高い。新興市場では新規公開株人気継続。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

東京株式市場は円安一服を受けて、トヨタやキヤノンなどが値下がりし、コマツや日立建機やファナックなども上海株式市場の値下がりを受けて、弱含みました。
中国政府が3月1日に不動産規制を発表しているため、上海株式市場では金融株や不動産株が売られています。

続きを読む>>

概況/前引け 円安を好感し、キヤノンやパナソニックは高いがソニーは小幅高に留まる。新日鉄住金は高炉1基休止で高い。大京は穴吹工務店買収効果に期待。中国鉄道省解体で日本信号は値上がり。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

東京株式市場ではキヤノンやパナソニックやTDKなどの電機株が円安メリットを享受するという期待で値上がりし、先週後半に買われていたマツダなどの自動車株は揉み合いました。

続きを読む>>

貸株残高水準銘柄に仕掛け妙味 売り方の苦境深まる【NSJ日本証券新聞(3月12日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 3月12日付け

・銘柄一本勝負 青山商事 大丸心斎橋店内に13日出店
・消えゆく旧額面の名残 2,000株単位も途絶
・新規上場紹介 ブロードリーフ 自動車アフターマーケットなど
・中長期的な経済成長要因そろう カレラアセットマネジメント「メキシコ株式ファンド」

続きを読む>>

個別銘柄動向 JT、グリー、エプソン、オリックスなど

個別

■アップルインターナショナル(2788) 10,160円〔+1,500円、+17.32%〕
 決算を発表

■JT(2914) 2,848円〔-77円、-2.63%〕
 政府保有株の売却報道

続きを読む>>

12週連続高の「その後」を読む 夏場に日経平均1万3,000円も… 【NSJ日本証券新聞(2月06日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月06日付け

・12週連続高の「その後」を読む 夏場に日経平均1万3,000円も…
・値上げの足音[食品業界編] 日清オイリオ、日本製粉などマーク

続きを読む>>

個別銘柄動向 日本ハム、アドウェイズ、JT、アステラス、ケンウッドなど

個別

■住友電設(1949) 1,080円〔+90円、+9.09%〕
 上方修正を発表

■日本ハム(2282) 1,317円〔+80円、+6.47%〕
 米国輸入牛肉の規制緩和で恩恵

続きを読む>>

個別銘柄動向 博展、一休、東京鐵鋼、ヒロセ電機、任天堂など

個別

■東京鐵鋼(5445) 387円〔+21円、+5.74%〕
 第3四半期決算、利益面での上方修正を発表

■鈴茂器工(6405) 844円〔+65円、+8.34%〕
 上方修正が材料視

続きを読む>>

明日の材料 一休、スタートトゥデイ、OLC、アドバンテスト、オムロン、ワコム、Eギャランティ、マガシークなど

個別

■一休(2450):第3四半期決算、通期業績予想の増額、期末配当予想の修正(1,100→1300円)を発表
■宝HD(2531):第3四半期決算を発表、前年同期比 0.7%増収、5.8%営業減益
■マガシーク(3060):NTTドコモ(9437)が1株135,000円でTOB
■スタートトゥデイ(3092):第3四半期決算、通期業績予想の減額、株主総会ZOZOTOWN スペシャル福袋の配布取り止め

続きを読む>>

新興市場物色3つの主軸 先行バイオ、続くIPO、追う不動産 【NSJ日本証券新聞(1月25日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月25日付け

・新興市場物色3つの主軸 先行バイオ、続くIPO、追う不動産
・ブラインドインタビュー どう対処!?「新証券税制」

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは884.79ポイントの24.99ポイント高、日経平均は10,686円の291円高。米財政の崖の回避を好感。ドル買い円安も後押しし、値上がり銘柄数は1,609、値下がり銘柄数は50と全面高。

概況

TOPIX 15分足 MA(25、75)

米国で「財政の崖」が回避されたこを好感し、1月2日のNYダウは308ドル高の13,412ドルと上昇しましたが、昨日1月3日は21ドル安の13,391ドルと小幅安となりました。
 昨年12月11日~12日に開催されたFOMC議事録が公表され、毎月850億ドルの債券購入の縮小なり停止が恐らく適切になるだろうという意見が複数でたことが判明したため、売られました。

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは781.17ポイントの0.80ポイント安、日経平均は9,443円の11円高。売り圧力は限られ、小動きとなる銘柄が多い状態で、値上がり率上位もMUTOHホールディングスなどの仕手系株や、戸田工業や富士紡などの低位材料株が中心。

概況

日経平均 15分足(5日間) MA(25)、MA(75)

前引けのTOPIXは781.17ポイントの0.80ポイント安、日経平均は9,443円の11円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は749、値下がり銘柄数は704。出来高は8億8,479万株、売買代金は4,605億円。 オバマ…

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは779.44ポイントの8.05ポイント高、日経平均は9,400円の92円高。主力株は小幅高だがその分、材料株物色。レアアースを使わない磁石量産の戸田工業と金属空気電池の大容量化の古河電池がストップ高。中山製鋼は法的手続きを使わず協議で負債を減らす私的整理による再建期待で上昇。

概況

日経平均 15分足(5日間) MA(25)、MA(75)

大引けのTOPIXは779.44ポイントの8.05ポイント高、日経平均は9,400円の92円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,140、値下がり銘柄数は417。出来高は18億1,413万株、売買代金は9,991億円。 …

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは771.39ポイントの10.21ポイント安、日経平均は9,308円の114円安。米上院院内総務が財政の崖を巡る協議がほとんど進んでいないと発言したため、昨日の米国株下落し、日本でもリスク回避の動き。安倍次期政権の政策が外国人に失望されると年金の「代行廃止」売りを吸収できないという解説も。

概況

日経平均 15分足(5日間) MA(25)、MA(75)

大引けのTOPIXは771.39ポイントの10.21ポイント安、日経平均は9,308円の114円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は309、値下がり銘柄数は1,279。出来高は17億3,094万株、売買代金は1兆158億円…

続きを読む>>

NSJ日本証券新聞 11月26日付け

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞(11月26日付け)

・踏み上げ相場の好機到来「買い方>売り方」評価損益率に”逆転現象” ・ブラインド・インタビュー 東京金、呪縛解け騰勢加速へ ・MSCI意外組に明暗 光通信が落ちた”断層”とは!? ・IPO社長会見 エストラスト 山口・九…

続きを読む>>