7270

概況/寄付き 東京市場は小幅続落スタート、米国株安が重しに

概況

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが920万株、買いは840万株。9時9分時点の日経平均は18,662.17円の41.43円安、TOPIXは1,515.85の1.16ポイント安。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は続伸、銀行株と証券株が引き続き人気

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は18,264.79円の65.62円高、TOPIXは1,494.93の12.26ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,351、値下がり銘柄数は420。出来高は26億5,354万株、売買代金は2兆5,648億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ハードオフコーポレーション、ブロッコリー、扶桑化学工業、旭硝子など

個別

■プロルート丸光(8256) 112円〔+30円、+36.59%〕
 訪日外国人向けに免税販売を開始へ
■セイノーホールディングス(9076) 1,310円〔+66円、+5.31%〕
 600万株、50億円を上限に自社株買い
■電源開発(9513) 4,040円〔-450円、-10.02%〕
 約1,331億円の資金調達が嫌気

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は18,000円台を回復、銀行株と証券株が高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は18,004.77円の91.41円高、TOPIXは1,459.43の10.05ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,188、値下がり銘柄数は563。出来高は24億6,667万株、売買代金は2兆4,327億円。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反落、昨日の120円台に対して118円台となった円高を嫌気。不動産やノンバンク、証券、建設などの内需系はシッカリ

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,913.36円の66.36円安、TOPIXは1,449.38の0.01ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は812、値下がり銘柄数は911。出来高は25億6,223万株、売買代金は2兆6,868億円。

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は小幅安スタート、118円台となった円高が影響。自動車は一服

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は17,921.19円の58.53円安、TOPIXは1,449.35の0.04ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,100万株、買いは1,020万株。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は大幅上昇、120円台の円安を好感。日経平均は一時18,000円台乗せ、TOPIXは4連騰

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,979.72円の327.04円高、TOPIXは1,449.39の21.67ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,258、値下がり銘柄数は497。出来高は27億7,325万株、売買代金は3兆1,600億円。

続きを読む>>

時価総額ライバル物語 ソフトバンク3位奪回

個別 概況

ソフトバンク(9984) 週足

決算発表シーズン入りで選別重視機運が高まるなか、時価総額“ライバル対決“にも関心が向けられている。最近、話題を呼んだ例としては、19日に西武HD(9024)が東急(9005)を抜いて時価総額私鉄トップに立ったこと(21日には1兆円にも到達)と、20日にNTTドコモ(9437)が約1年半ぶりに、ソフトバンク(9984)の時価総額を上回ったことだった。

続きを読む>>

「日本株投信」設定相次ぐ 運用成績は好転傾向【日本証券新聞 1月15日】

日本証券新聞

日本証券新聞 1月15日

・東エレク「統合への道」 現状は、まだ8分の2
・原油安メリット 物色の範囲拡大 カネカが高値更新
・決算発表 来週から本格化 30日がピーク
・ジャステック 今11月期も大幅増益へ

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は再び17,000円台割れ。原油安に加えて、銅価格の下落が警戒、円高も重石に

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は16,795.96円の291.75円安、TOPIXは1,357.98の16.71ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は365、値下がり銘柄数は1,413。出来高は22億6,019万株、売買代金は2兆2,875億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場も続伸スタート。ただ、材料難から積極的に買い進む動きも乏しい

概況

日経平均 週足

9時13分時点の日経平均は17,901.82円の82.86円高、TOPIXは1,432.45の4.95ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが350万株、買いは700万株。

続きを読む>>

2014年相場を振り返る(下) 年間上昇率(JPX日経400採用銘柄) ミネベア、洋ゴムなど2倍超に

個別 概況

NYダウ 月足

「2014年相場を振り返る(上)」では、全市場の銘柄を対象にした年間上昇率ランキングを紹介したが、「新興市場の聞いたことのない銘柄ばかりで面白くない」という声が多かった。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は反落スタート、米国株の下落や週末のポジション調整も意識

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は17,815.65円の71.56円安、TOPIXは1,438.34の2.26ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,110万株、買いは1,780万株。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は連日の高値更新。日本国債の格下げと米年末商戦の出足が冴えず売り先行も、その後は切り返す。自動車株が堅調

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,663.22円の73.12円高、TOPIXは1,427.85の6.20ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,156、値下がり銘柄数は540。出来高は20億1,352万株、売買代金は2兆1,747億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 石油資源開発、安藤ハザマ、アイロムホールディングス、ストリームなど

個別

■TDK(6762) 7,410円〔+210円、+2.92%〕
 野村証券が目標株価を引き上げ
■日本精密(7771) 250円〔-9円、-3.47%〕
 増担保規制
■センチュリー21・ジャパン(8898) 4,510円〔+350円、+8.41%〕
 1対5の株式分割

続きを読む>>

11月17日速報値→12月8日改定値 GDPプラス転換の可能性【日本証券新聞 12月2日】

日本証券新聞

日本証券新聞 12月2日

・12月はいつも、月末高!! 最終2日間の高値確率7割
・JR九州上場へ 政府が方針固める
・筍狩りに行こう NTTデータ ”1兆2000億円”特需に超繁忙期
・トヨタ 大商いで連日の高値 自動車株にさらなるリード役期待

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反発、原油価格の下落が支援。空運と海運が高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,459.85円の211.35円高、TOPIXは1,410.34の18.44ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,390、値下がり銘柄数は345。出来高は23億2,909万株、売買代金は2兆2,815億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は反発スタート、月末のお化粧買いも期待。原油安から空運や海運が高い、不動産も反発

概況

日経平均 週足

9時8分時点の日経平均は17,376.65円の128.15円高、TOPIXは1,402.89の10.99ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが620万株、買いは850万株。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は2日続落、米感謝祭を前に調整の動き。原油関連や自動車株、不動産株が安い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,248.50円の135.08円安、TOPIXは1,391.90の14.50ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は414、値下がり銘柄数は1,309。出来高は20億5,701万株、売買代金は2兆1,444億円。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は続伸。3連休前や自民議席減への警戒から軟調推移も、後場はシッカリ。日銀によるETF買いや米年末商戦への期待が下支えに

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,357.51円の56.65円高、TOPIXは1,400.18の2.54ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,047、値下がり銘柄数は640。出来高は25億1,705万株、売買代金は2兆4,958億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は反落スタート、3連休を控えポジション調整の売りも。東レやサクサが反落

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は17,241.61円の59.25円安、TOPIXは1,395.47の2.17ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,120万株、買いは1,640万株と再び買い越し。

続きを読む>>

取材の現場 LGBTはもはや世界の趨勢

取材の現場から 連載

ソフトバンク(9984) 週足

米アップルのティム・クックCEOがビジネス誌に寄稿し、同性愛者であることを公表した。この勇気ある表明が、関係方面から称賛されている。芸術や芸能のジャンルでは多くの同性愛者がカミングアウトしているが、近年ではスポーツ選手も増え、さらにビジネス界にも広がりつつあるのかもしれない。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は全面安、日経平均は17,000円台割れ。7-9月期GDPが予想を下回り売り優勢。ノンバンクや保険、証券が安い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は16,973.80円の517.03円安、TOPIXは1,366.13の34.28ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は110、値下がり銘柄数は1,682。出来高は28億8,971万株、売買代金は2兆8,601億円。

続きを読む>>

住宅株 新たな景気対策関連で浮上 1月実施の相続増税でも存在感【日本証券新聞 11月17日】

日本証券新聞

日本証券新聞 11月17日

・日経平均 18年来の抵抗線突破 長期上昇波動入り確認へ
・三菱化工機が急騰 水素関連にぎわう
・トップインタビュー アイスタイル 来期からの成長加速に自信
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.66 シニア向け化粧品

続きを読む>>

中間期の最高益更新銘柄に注目 円安、設投関連など選別買い対象に

個別 概況

ジャムコ(7408) 日足

9月中間決算の発表もほぼ終わり、全体では6%前後の営業増益を達成したもよう。好決算銘柄を洗い直す作業が活発化しそうだ。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は反発スタート。NYダウの最高値更新や解散検討報道を材料視

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は16,904.67円の124.14円高、TOPIXは1,367.69の7.58ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,790万株、買いは1,890万株。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反落、円高や利益確定売りが重しに。自動車株が軟調

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は16,780.53円の99.85円安、TOPIXは1,360.11の3.56ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は939、値下がり銘柄数は781。出来高は20億5,387万株、売買代金は2兆516億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は反落、円安一服と利食い売りが重し。精密、情報通信、金属などが安い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は16,758.10円の122.28円安、TOPIXは1,357.96の5.71ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は750、値下がり銘柄数は948。出来高は10億970万株、売買代金は9,367億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は反落スタート、円高が重しに。情報通信、証券、精密、輸送用機器などが安い

概況

日経平均 週足

9時12分時点の日経平均は16,731.54円の148.84円安、TOPIXは1,354.16の9.51ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが910万株、買いは1,710万株。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は続伸、ただ米雇用統計を前に上値抑制。電力株が高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は16,880.38円の87.90円高、TOPIXは1,363.67の7.32ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,111、値下がり銘柄数は617。出来高は24億8,834万株、売買代金は2兆4,764億円。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は大幅続伸。日銀追加緩和を受け、日経平均は一時約7年振りの17,000円台。証券株やその他金融が大幅高

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は16,862.47円の448.71円高、TOPIXは1,368.65の35.01ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,198、値下がり銘柄数は563。出来高は52億898万株、売買代金は5兆4,304億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は昨日の大幅高の反動で小反落

概況

日経平均 週足

9時13分時点の日経平均は15,071.18円の40.05円安、TOPIXは1,226.23の1.89ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,050万株、買いは770万株。

続きを読む>>

決算発表 来週から本格化 31日がピーク

個別 概況

2015年3月期の第2四半期(4-9月)の決算発表が来週24日から本格的にスタートする。
発表のピークは400社以上が発表する10月31日(金)。11月7日(金)に第2のピークとなるが、電機、自動車をはじめ各業界の主力企業の発表は30日、31日にある程度集中している。株価への影響度を含めてこのあたりがヤマ場になる。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は全面安。FOMC議事録による米国株上昇を前場好感も、ドル高警戒による円高が嫌気。建設、金属、電機、機械などが安い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,478.93円の117.05円安、TOPIXは1,260.78の14.07ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は165、値下がり銘柄数は1,611。出来高は22億7,056万株、売買代金は2兆1,112億円。

続きを読む>>

概況/前引け FOMC議事録で早期利上げへの警戒感は弱まったものの、円高により東証の上値重い

個別

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,666.13円の70.15円高、TOPIXは1273.98の0.87ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は514、値下がり銘柄数は1,146。出来高は10億1,690万株、売買代金は9,407億円。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は3日ぶりに下落。再び円高方向に振れたことや、GPIF運用見直しの後ずれ観測報道が失望

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,783.83円の107.12円安、TOPIXは1,290.89の5.51ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は400、値下がり銘柄数は1,347。出来高は21億1,194万株、売買代金は2兆130億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 日経平均は反落、米株安と円高が重し。証券、機械、鉄鋼などが安い

概況

日経平均 週足

9時7分時点の日経平均は15,802.11円の88.84円安、TOPIXは1,294.51の1.89ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,170万株、買いは750万株。

続きを読む>>

概況/寄り付き NYダウの持ち直しで、東京市場も小康状態

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は15,677.62円の15.63円高、TOPIXは1,280.54の0.39ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,840万株、買いは730万株と連日の売り越し。

続きを読む>>

概況/前引け 東証は大幅反発、欧米株高や円安を好感。円安メリットで自動車や精密、電機などが高い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は16,364.74円の197.29円高、TOPIXは1,341.30の15.12ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,268、値下がり銘柄数は419。出来高は11億6,814万株、売買代金は1兆938億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 欧米株高から、東京市場は広範囲に反発。ソフトバンクも反発

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は16,321.22円の153.77円高、TOPIXは1,336.23の10.05ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は、売りが1,590万株、買いは1,750万株。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は冴えない展開。証券や保険、海運などが安い。建設は上昇

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は16,157.47円の48.43円安、TOPIXは1,324.42の6.46ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は619、値下がり銘柄数は1,041。出来高は11億6,986万株、売買代金は1兆1,361億円。 

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は小幅反落スタート。ソフトバンクが安く、富士重工やマツダも小幅安

概況

日経平均 週足

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,000万株、買いは1,280万株。9時9分時点の日経平均は16,261.34円の59.83円安、TOPIXは1,333.94の2.03ポイント高。 

続きを読む>>

概況/寄り付き 米株高、円安から、東京市場も続伸スタート。ゲーム関連が買われ、銀行や機械も堅調

個別

日経平均 週足

9時8分時点の日経平均は16,177.10円の109.53円高、TOPIXは1,322.79の4.88ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,400万株、買いは2,430万株。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は5連騰も、16,000円には届かず。3連休を前に後場は伸び悩み

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,948.29円の39.09円高、TOPIXは1,313.72の2.48ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は765、値下がり銘柄数は913。出来高は27億4,729万株、売買代金は3兆1,194億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は反落スタート。足元賑わったソフトバンクも反落

概況

日経平均 週足

9時8分時点の日経平均は15,683.98円の65.17円安、TOPIXは1,297.38の2.24ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが880万株、買いは1,060万株。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は106円台の円安を好感したが、寄り付き高値で伸び悩み。アリババIPOに絡みソフトバンクは続伸

概況

日経平均 週足

前引けの日経平均は15,752.58円の47.47円高、TOPIXは1,300.76の2.12ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は746、値下がり銘柄数は907。出来高は10億4,669万株、売買代金は9,008億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 105.60円台まで円安が進み、東証は広範囲に値上がり。建設、証券、ガラス土石、輸送用機器などが高い

概況

日経平均 週足

9時8分時点の日経平均は15,784.08円の107.90円高、TOPIXは1,302.21の5.82ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが880万株、買いは1,410万株。

続きを読む>>

TOPIX年初来高値肉薄 「新内閣」「円安」原動力に【日本証券新聞 9月4日】

日本証券新聞

日本証券新聞 9月4日

・ルネサスS高 3年半ぶり4ケタ 来秋は米で技術展示会
・FX関連が人気化 マネパは連日の高値
・9月中間配当利回り 3%台銘柄めじろ押し
・日本アクア リフォーム市場に本格展開

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は揉み合いスタート。自動車株が小動きで、JVCケンウッドは反落

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は15,607.95円の5.30円安、TOPIXは1,292.08の0.77ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが560万株、買いは770万株。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は9連騰、円安進行が支援材料に。証券やノンバンク、不動産が高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,586.20円の131.75円高、TOPIXは1,291.19の11.55ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,311、値下がり銘柄数は372。出来高は20億9,495万株、売買代金は1兆7,851億円。

続きを読む>>

概況/大引け お盆休みや週末要因で薄商い、日経平均は上下51円程度。建設株が反落で、不動産が上昇

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,318.34円の3.77円高、TOPIXは1,270.68の0.18ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は948、値下がり銘柄数は695。出来高は15億7,937万株、売買代金は1兆3,921億円。

続きを読む>>

取材の現場から 体質疑われるホンダのリコール

取材の現場から 連載

ホンダ(7267) 週足

ホンダ(7267)は7月10日、フィットのリコールを届け出た。理由は変速機(DTC)のプログラムの不具合で、昨年10月から何と4度目のリコール。発売からずっと問題を解消できず、自動車業界関係者は皆、「ホンダはこれで相当厳しくなる」と語っている。

続きを読む>>

概況/大引け 朝方の下落に対して持ち直しの動きも、東証1部の値下がり銘柄数は1,300超え。証券株や鉄鋼、海運、銀行などが軟調

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,302.65円の11.76円安、TOPIXは1,270.82の4.88ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は372、値下がり銘柄数は1,333。出来高は20億4,446万株、売買代金は1兆6,675億円。

続きを読む>>

草木もなびくよ「米国」へ 雇用統計が経済の好調を象徴【日本証券新聞 7月7日】

日本証券新聞

日本証券新聞 7月7日

・NT倍率”いってこい” ユニクロ頼み卒業の証しか
・2014年前半IPO 「初値天井」が激減 初値→高値の上昇率33.9%平均
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.48 「レアジョブ英会話」
・ハピネット 8年ぶり高値水準 「妖怪ウォッチ」「私の男」で注目

続きを読む>>

取材の現場から クリーンディーゼル急浮上 経産省肝いり「AICE」発足

取材の現場から 連載

いすゞ(7202) 週足

ここへきて「ディーゼル」が脚光を浴び始めてきた。6月25日にいすゞ(7202)とユーグレナ(2931・東マ)が、ミドリムシを使った次世代バイオディーゼル燃料の実用化を目指す共同研究を始めることを発表。

続きを読む>>

概況/寄り付き イラク情勢悪化で原油高と米国株安。東京市場も続落。不動産や自動車、機械などが安い

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は14,852.62円の120.91円安、TOPIXは1,229.33の8.42ポイント安。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが710万株、買いは700万株。

続きを読む>>

「会社予想に勝つ自信」のある銘柄

個別 概況

日立金(5486) 週足

2013年度の決算発表が終了し、各証券会社から決算総括レポートが続々。野村証券は「2014年度業績はバッファーを若干持った形でスタートしたと見ることができ、4-6月期決算発表をきっかけに、業績予想上方修正局面に戻れる可能性は高いというのが基本感。決算発表直後というタイミングでは、アナリスト予想と会社予想にカイ離のある銘柄に注目したい」と指摘している。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は堅調推移。ノンバンクや銀行、証券などが高い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,729.33円の126.81円高、TOPIXは1,203.49の8.80ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,043、値下がり銘柄数は578。出来高は10億2,585万株、売買代金は8,259億円。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は全面高。米株高やHSBC中国製造業PMI、かんぽ生命の日本株買い増し報道が支援。証券株や保険、ノンバンク、紙パが高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,337.79円の295.62円高、TOPIXは1,169.34の19.29ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,619、値下がり銘柄数は140。出来高は23億4,529万株、売買代金は1兆9,851億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) メッセージ、ブロッコリー、フジオフードシステム、そーせいグループ、ヤフーなど

個別

■CYBERDYNE(7779) 5,960円〔+620円、+11.61%〕
 1対5の株式分割を発表
■アイフル(8515) 403円〔+24円、+6.33%〕
 貸金業の規制緩和に向け自民党が議論開始と伝わる
■インプレスホールディングス(9479) 118円〔+4円、+3.51%〕
 女性向け交流サイトを開始するとの報道

続きを読む>>

概況/前引け 米国株の反発で高く、中国HSBC製造業PMIも予想を上回り一段高。証券株や自動車株が高い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,267.18円の225.01円高、TOPIXは1,163.77の13.72ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,423、値下がり銘柄数は258。出来高は10億1,125万株、売買代金は8,528億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き NYダウ続落で、東証も続落し全面安。ドル円は再び101円台。証券、非鉄、ノンバンク、銀行などが値下がり率上位

概況

日経平均 週足

9時7分時点の日経平均は14,093.15円の205.06円安、TOPIXは1,160.65の17.64ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,620万株、買いは1,180万株と3日連続での売り越し。

続きを読む>>

概況/大引け 今期の会社見通しが慎重で戻りの鈍さから、東京市場は小幅高で揉み合い。ノンバンクが高く、自社株買い銘柄が好感

概況

日経平均 日足

大引け日経平均は14,199.59円の35.81円高、TOPIXは1,165.51の5.50ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,053、値下がり銘柄数は608。出来高は19億4,539万株、売買代金は1兆8,820億円。

続きを読む>>

概況/大引け 米雇用統計、連休を前に動きにくく、小幅安だが、日経平均は上下68円幅弱と狭い値幅で売りも限定的

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,457.51円の27.62円安、TOPIXは1,182.48の0.28ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は731、値下がり銘柄数は896。出来高は16億8,757万株、売買代金は1兆5,677億円。

続きを読む>>

概況/大引け 安倍首相が日銀総裁と会談予定と報じられ、日中は比較的シッカリ。ただ、警戒ムードも強く、大引けにかけて弱含み

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は13,910.16円の49.89円安、TOPIXは1,132.76の1.33ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は683、値下がり銘柄数は944。出来高は17億2,881万株、売買代金は1兆6,099億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 前田建設工業、コア、電通、ツガミ、オーエスジー、ローツェなど

個別

■カプコン(9697) 1,725円〔-14円、-0.81%〕
 SMBC日興証券が投資判断を「2」に引き下げ
■エヌエスディ(9759) 1,261円〔+71円、+5.97%〕
 12時30分に上方修正を発表
■吉野家ホールディングス(9861) 1,355円〔+64円、+4.96%〕
 今期は0.9%増収、51.4%営業増益を計画

続きを読む>>

日経平均一時1万5000円台乗せ 円安進展で「リスク・オン」鮮明に【日本証券新聞 4月3日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月3日

・季節外れの日経平均入れ替え 波乱くぐったマルハニチロ
・「労働力不足」 注目度増す求人広告関連 家庭生活支援サービス関連にも追い風
・4月相場で出番! 新興バイオ関連株が動意
・スクリーン 500円台回復 バークレイズが高評価

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は一時15,000円台を回復、TOPIXは8連騰。不動産やノンバンク、銀行などが高い

概況

日経平均 日足

大引けの日経平均は14,946.32円の154.33円高、TOPIXは1,211.36の7.11ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は807、値下がり銘柄数は858。出来高は25億1,849万株、売買代金は2兆2,963億円。

続きを読む>>

概況/前引け 昨日の大幅安の反動で小幅反発したが、様子見姿勢は強い。中国への警戒で三井物産は続落

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,899.83円の69.44円高、TOPIXは1,209.96の3.02ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,049、値下がり銘柄数は566。出来高は8億1,200万株、売買代金は7,295億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は小幅高スタート。自動車は堅調も、不動産はやや一服

概況

日経平均 週足

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが2,640万株、買いは2,160万株でした。
9時7分時点の日経平均は14,944.43円の46.80円高、TOPIXは1,217.33の4.438ポイント高。

続きを読む>>

概況/大引け 欧米市場の反発から、東証も広範囲に値上がり。ただ、15,000円を前に足踏み。不動産はモルガンの格上げで続伸

概況

日経平均 日足

大引けの日経平均は14,897.63円の176.15円高、TOPIXは1,212.90の8.79ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,110、値下がり銘柄数は516。出来高は19億9,797万株、売買代金は1兆9,386億円。

続きを読む>>

明日の材料 アサヒグループホールディングス、ABCマート、ロック・フィールド、参天製薬、ジーンテクノサイエンスなど

個別

■アライドテレシスホールディングス(6835)
 11,975,145株の自己株式を消却
■富士重工業(7270)
 貸倒引当金として約297億円の特別損失
■ユナイテッドアローズ(7606)
 2月度の全社売上高は前期比 111.9%、小売+ネット通販既存店は108.8%

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) テクノ菱和、ゲンキー、電通国際情報サービス、アマダ、マルマエなど

個別

■うかい(7621) 2,305円〔+6円、+0.26%〕
 京王電鉄、キッコーマンへ第三者割当
■東京エレクトロン(8035) 5,832円〔+105円、+1.83%〕
 フリーキャッシュフローが2期ぶりの黒字との報道
■朝日放送(9405) 638円〔+9円、+1.43%〕
 期末配当予想を6円→10円へ引き上げ

続きを読む>>

概況/前引け 東証はほぼ全面高も、週末から売買代金は少ない。銀行や不動産は揉み合い

概況

日経平均 15分足

前引けの日経平均は14,741.42円の292.24円高、TOPIXは1,212.98の18.42ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,522、値下がり銘柄数は167。出来高は9億3,092万株、売買代金は8,416億円。

続きを読む>>

「進捗率」が銘柄選別の要に 四半期決算、大方出そろう 【NSJ日本証券新聞 2月14日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月14日

・ユナイテッド 金子陽三社長インタビュー 竹中三佳の株Catch one’s eye 特別編〈後編〉
・日本商業開発 上場来高値更新 企業年金が注目する不動産企業
・MSCI入替銘柄発表 “予定調和”の急伸・急落
・IPOマーケット開幕 アキュセラ 公募比27%高発進
・ファンケル 底値圏離脱へ 通期黒字転換で見直し買い 不採算事業の解消効果も

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は広範囲に上昇。米国株の反発を好感。好決算でトヨタや富士重工、パナソニックが高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,350万株、買いは1,440万株でした。
9時15分時点の日経平均は14,217円68銭の209円21銭高、TOPIXは1,161.76の22.49ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,609、値下がり銘柄数は118。

続きを読む>>

概況/前引け 日銀決定会合を前に動きにくいが、日経平均は25日線が下支え。任天堂は7日ぶりに反発

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,801円14銭の5円18銭高、TOPIXは1,299.73の3.78ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は921、値下がり銘柄数は670。出来高は12億2,060万株、売買代金は1兆311億円。

続きを読む>>

株高が七難隠し、企業を救う!! 日経平均が再び年初来高値更新 【NSJ日本証券新聞 12月20日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月20日

・自動車株の人気再燃 マツダ、富士重工など活況
・日東電「減額→急落」を察知? 外国人“忌避”銘柄は
・4社同時IPO 足利HD 大健闘 地銀再編思惑も底流
・ゲーム関連リバウンドの動き ガンホー3DS向け「パズドラ」絶好調
・アイ・ケイ・ケイ 新展開入りに期待 株主還元にも定評

続きを読む>>

概況/大引け FOMCで量的緩和縮小も、超低金利継続へも配慮したため、NYダウが大幅反発。104円台の円安もあり、東証も上昇。不動産や保険、ノンバンクが値上がり率上位

個別

TOPIX 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,859円22銭の271円42銭高、TOPIXは1,263.07の12.58ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は894、値下がり銘柄数は692。出来高は28億6,293万株、売買代金は2兆8,260億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 日本水産、コロプラ、ディスコ、小森コーポレーションなど

概況

■マツダ(7261) 495円〔+13円、+2.70%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を「Outperform」に引き上げ
■富士重工業(7270) 2,909円〔+85円、+3.01%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を「Outperform」に引き上げ
■東京建物(8804) 1,106円〔+47円、+4.44%〕
 野村証券が目標株価を引き上げ

続きを読む>>

概況/前引け 短観の先行き鈍化で、東京は冴えない。ソフトバンクは買収案件で財務悪化を警戒

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,303円33銭の99円78銭安、TOPIXは1,232.20の6.68ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は490、値下がり銘柄数は1,126。出来高は10億443万株、売買代金は8,808億円。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は軟調な展開。SQを控え、円安一服で、ミクシィのストップ安で投資家心理の悪化も警戒。ソフトバンクは9,000円台乗せ

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,515円06銭の96円25銭安、TOPIXは1,250.45の5.88ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は425、値下がり銘柄数は1,209。出来高は23億4,948万株、売買代金は2兆1,171億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東証は小幅安での揉み合い。エイチームがストップ高買い気配で、他のゲーム関連も高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,593円12銭の57円09銭安、TOPIXは1,253.63の1.69ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は642、値下がり銘柄数は934。出来高は11億2,155万株、売買代金は9,286億円。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反発、NYダウの上昇や102円台の円安、海運業界のLNG船大量発注計画が好感

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,727円12銭の277円49銭高、TOPIXは1,261.04の13.96ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は998、値下がり銘柄数は625。出来高は22億7,616万株、売買代金は1兆9,675億円。

続きを読む>>

話題銘柄をテクニカルで斬る 日本風力開発、日本製鋼所

テクニカル 個別

日本風力開発(2766)

国内の風力発電大手は、トーメン(現:豊田通商/8015)の電力事業としてスタートし、現在、世界で事業展開しているユーラスエナジー・ホールディングス(未上場:東京電力40%と豊田通商60%出資)が最大手。それに次ぐJ-POWER(9513)、日本風力開発(2766・東マ)の3社が主要事業者。

続きを読む>>

選別基準は外国人持株比率 コア30銘柄には新高値続々 【NSJ日本証券新聞 11月19日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 11月19日

・銘柄一本勝負 ピジョン 中国「一人っ子政策」転換でメリット
・ドワンゴ 続投 売買代金トップに躍進
・アーバネット仕込み場 投資用マンション好調
・フジシール 業績上ブレ有望

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 日本基礎技術、アートスパークホールディングス、日本化学工業、平田機工など

個別

■ワコム(6727) 678円〔-17円、-2.45%〕
 クレディ・スイスが投資判断を引下げ
■IOデータ機器(6916) 566円〔+47円、+9.06%〕
 第1四半期決算、業績予想の上方修正を発表
■富士重工業(7270) 2,745円〔+36円、+1.33%〕
 ポラリス社の株式売却で471億円の売却益

続きを読む>>

概況/大引け 後場に入り下げ幅を拡大し、東証は全面安。LINEの上場観測から関連株が物色

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,088円19銭の398円22銭安、TOPIXは1,178.28の25.07ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は186、値下がり銘柄数は1,501。出来高は24億1,139万株、売買代金は2兆833億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 東京一番フーズ、タカラバイオ、太平洋セメント、ニューフレアテクノロジー、キヤノンなど

個別

■住友金属鉱山(5713) 1,364円〔-3円、-0.22%〕
 大和証券が新規「2」、1,530円目標
■富士重工業(7270) 2,691円〔-50円、-1.82%〕
 第2四半期業績予想の増額を発表
■日立キャピタル(8586) 2,448円〔+122円、+5.25%〕
 計画を上回る第2四半期決算、増配を発表
■だいこう証券ビジネス(8692) 685円〔+25円、+3.79%〕
 第2四半期決算、通期業績予想の上方修正を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 三井金属エンジニアリング、シンワアートオークション、MonotaRO、コーエーテクモ、ジャフコなど

個別

■新日鐵住金(5401) 344円〔+4円、+1.18%〕
 ゴールドマン・サックスが新規「買い」、430円目標
■リオン(6823) 1,494円〔+69円、+4.84%〕
 第2四半期業績予想の増額を発表
■富士重工業(7270) 2,763円〔-63円、-2.23%〕
 バークレイズが新規に「アンバーウエイト」
■丸藤シートパイル(8046) 265円〔+28円、+11.81%〕
 14時に第2四半期業績予想の上方修正を発表

続きを読む>>

概況/前引け 米雇用統計の発表を前に小動き。ソフトバンクは年初来高値更新

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,698円79銭の5円22銭高、TOPIXは1,213.11の0.75ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は906、値下がり銘柄数は666。出来高は11億7,906万株、売買代金は7,434億円。

続きを読む>>

第2四半期決算スタート 通期増額修正期待が相次ぐ

個別 概況

3月期企業の第2四半期決算発表がいよいよ本格化してくる。

主な企業の発表スケジュールとしては、今週末18日に安川電機(6506)、22日に日電産(6594)、24日に信越化学(4063)、25日にJFE(5411)、ドコモ(9437)と続く。そして発表社数のピークは10月31日。この日はJT(2914)、三菱重(7011)のほか、ソニー(6758)、パナソニック(6752)の電機株や富士重(7270)、マツダ(7261)の自動車株、さらには、武田(4502)、塩野義(4507)の薬品株などの発表が予定されている。

続きを読む>>

概況/寄り付き 米国の合意観測でNYダウが205ドル高となり、東京市場も全面高

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,370万株、買いは2,250万株でした。

9時15分時点の日経平均は14,641円59銭の174円45銭高、TOPIXは1,210.25の13.47ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,511、値下がり銘柄数は115。

続きを読む>>

話題 エアバス関連テーマいよいよ離陸

概況

住友精密工業(6355) 週足

JAL(9201)が7日の引け後、中長距離路線用にエアバスの大型旅客機「A350」を導入することを発表したことが、新たな物色テーマとして関連株を刺激しそうだ。

続きを読む>>

概況/寄り付き NY市場の3日ぶり反発も、東京市場は揉み合い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,650万株、買いは1,970万株でした。

9時15分時点の日経平均は14,028円20銭の3円89銭高、TOPIXは1,162.39ポイントの1.43ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は643、値下がり銘柄数は909。

続きを読む>>

概況/寄り付き NYダウが15,000ドル台割れで、東証も広範囲に下落。ソフトバンクも反落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,310万株、買いは1,460万株でした。
9時15分時点の日経平均は14,051円48銭の104円77銭安、TOPIXは1,164.81の9.18ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は257、値下がり銘柄数は1,342。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 新日本科学、エア・ウォーター、栗田工業、ドン・キホーテ、ダイエーなど

個別

■ユナイテッドアローズ(7606) 3,955円〔+100円、+2.59%〕
 モルガン・スタンレーMUFGが新規「オーバーウエイト」、4,500円目標
■近鉄百貨店(8244) 343円〔-6円、-1.72%〕
 第2四半期業績予想を下方修正
■ダイエー(8263) 307円〔-7円、-2.23%〕
 第2四半期業績予想を下方修正
■ベルク(9974) 1,790円〔-1円、-0.06%〕
 東海東京調査センターが新規「1」、2,300円目標

続きを読む>>

概況/大引け 米国の新年度予算や連邦債務上限引き上げ問題の難航警戒でNYダウが4日続落し、東証も下落。東京エレクトロンは米アプライドマテリアルズとの経営統合で大幅高

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,620円53銭の112円08銭安、TOPIXは1,211.15の3.72ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は623、値下がり銘柄数は1,029。出来高は31億1,293万株、売買代金は2兆2,281億円。

続きを読む>>

概況/大引け 欧米諸国が数日内にシリアに空爆する可能性と報じられ、米株安、原油高、ドル安円高で、東証も全面安。自動車の下げ目立つ

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は13,338円46銭の203円91銭安、TOPIXは1,114.03の19.99ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は137、値下がり銘柄数は1,565。出来高は19億7,950万株、売買代金は1兆6,454億円。

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は揉み合いスタート。羽田に国家戦略特区構想浮上で、空港施設が値上がり

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

9時15分時点のTOPIXは1,142.63の0.02ポイント安、日経平均は13,665円の15円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は964、値下がり銘柄数は517。

続きを読む>>

概況/大引け 法人税引き下げ報道が好感、97円台回復の円安も寄与、東京市場はほぼ全面高

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,157.15の22.53ポイント高、日経平均は13,867.00円の347.57円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,482、値下がり銘柄数は200。出来高は18億7,654万株、売買代金は1兆6,391億円。

続きを読む>>

概況/前引け 通期の上方修正が少ないことや米雇用統計で円高となり、週明けの東証は下落。保険会社が安い

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,186.45の9.72ポイント安、日経平均は14,325.68円の140.48円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は544、値下がり銘柄数は1,088。出来高は11億2,939億円、売買代金は8,945億円。

続きを読む>>

概況/大引け 中国の7月PMIが予想を上回り、日本株の上げ幅も拡大、日経平均は14,000円台を回復。自動車や銀行株が高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,163.39ポイントの31.69ポイント高、日経平均は14,005.77円の337.45円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,389、値下がり銘柄数は291。出来高は26億952万株、売買代金は2兆2,106億円。

続きを読む>>

概況/前引け 中国の7月PMIが予想を上回り、上海株が値上がりしたことも後押し

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,149.05の17.35ポイント高、日経平均は13,827.43円の159.11円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,028、値下がり銘柄数は601。出来高は12億2,668万株、売買代金は1兆39億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ぐるなび、ネットイヤーグループ、デジタルガレージ、理想科学工業など

個別

■ミルボン(4919) 3,430円〔+145円、+4.41%〕
 丸三証券が「買い」、4,200円目標
■TOTO(5332) 1,133円〔+132円、+13.19%〕
 第1四半期決算を発表。大和証券では「2」継続
■理想科学工業(6413) 2,329円〔+172円、+7.97%〕
 第1四半期決算、自社株買いを発表

続きを読む>>

概況/大引け FOMCなど重要イベントを控え様子見姿勢も、円高進行で引けにかけて下げ幅拡大

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,131.70の16.83ポイント安、日経平均は13,668.32円の201.50円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は270、値下がり銘柄数は1,414。出来高は25億9,035万株、売買代金は2兆3,138億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 東建コーポレーション、三菱電機、佐鳥電機、ヒマラヤなど

個別

■ダイキン工業(6367) 4,315円〔-15円、-0.35%〕
 メリルリンチが目標株価を5,200円へ引き上げ、「買い」継続

■タダノ(6395) 1,371円〔0円、0.00%〕
 バークレイズ・キャピタルでは「オーバーウエイト」、1,500円目標

■三菱電機(6503) 1,021円〔+32円、+3.24%〕
 JPモルガンが「Overweight」へ投資判断を引き上げ

続きを読む>>

概況/前引け FRB議長が出口戦略に踏み込んだ発言。NYダウは206ドル安で東証も下落したが、マツダや富士重工や銀行株は小幅高

概況

日経平均 15分足 週足

前引けのTOPIXは1,096.25ポイントの10.32ポイント安、日経平均は13,101.53円の143.69円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は489、値下がり銘柄数は1,112。出来高は14億9,289万株、売買代金は1兆844億円。

続きを読む>>

主要企業の為替前提 1ドル=90円がメーンシナリオ ヤマハなど85円予想組も

個別 概況

ヤマハ発(7272) 月足

為替の円高も足元では一服だが、1ドル=102円近辺の水準は輸出型製造企業にとっては国際的な価格競争力を取り戻す上で大きな支援材料になる。

続きを読む>>

個別銘柄動向 ヤクルト本社、ディー・エヌ・エー、オーイズミ、丹青社など

個別

■オーイズミ(6428) 1,357円〔+300円、+28.38%〕
 カジノ関連として物色対象に

■マキタ(6586) 5,310円〔+230円、+4.53%〕
 平成25年3月期決算を発表

■ソニー(6758) 1,632円〔+5円、+0.31%〕
 業績修正を発表。ゴールドマン・サックス、UBS証券ではそれぞれ「中立」

続きを読む>>

取材の現場から CEOの来日で「エアバス関連」急浮上か 富士重工など関連銘柄は多彩

セクター 個別 取材の現場から 連載

ボーイング787の運航再開にめどがついたようだが、787のトラブルに乗じて、ライバルのエアバス社が航空各社に営業攻勢を掛けていたと伝えられる。

続きを読む>>

個別銘柄動向 インターライフ、大和コンピューター、ツムラ、日東電工、三菱重工業など

概況

■インターライフホールディング(1418) 234円〔-36円、-13.33%〕
 今期大幅減益見通しを公表

■大和コンピューター(3816) 2,145円〔+400円、+22.92%〕
 1対1.5の株式分割を発表

■ツムラ(4540) 3,065円〔-210円、-6.41%〕
 JPモルガン証券が投資判断を「Neutral」へ引き下げ

続きを読む>>

物色人気シフトの季節  「PBR」から「PER」へ PER9倍のニッパツなど

セクター 個別

ニッパツ(5991) 日足

今月下旬にかけて本格化する3月期本決算発表を視野に、物色動向の変化を唱える声が生じている。「PBR(株価純資産倍率)からPERへ」の流れだ。

続きを読む>>

NY国際自動車ショー開幕 低燃費のSUVに注目 日産、トヨタ、ホンダ、富士重など

セクター 個別

「2013 ニューヨーク国際自動車ショー」が、マンハッタンのジェイコブ・ジャビッツ・コンベンションセンターで3月27日のプレスデーを皮切りに4月7日まで開催されている。

続きを読む>>

個別銘柄動向 アルトナー、味の素、北の達人、イマジニア、イーブックなど

個別

■大東建託(1878) 8,160円〔0円、0.00%〕
 クレディ・スイスでは「OUTPERFORM」継続

■タケエイ(2151) 2,836円〔+63円、+2.27%〕
 太陽光発電、バイオマス発電事業に参入

■アルトナー(2163) 783円〔+44円、+5.95%〕
 期末配当予想の修正(20円→25円)を発表

■味の素(2802) 1,286円〔+9円、+0.70%〕
 東海東京調査センターでは1,410円目標

■北の達人(2930) 1,883円〔+128円、+7.29%〕
 札幌アンビシャスから本則市場へ

続きを読む>>

概況/寄り付き 週明けの東京株式市場は小幅高の始まり。松屋や安田倉庫が反落。日本新薬は野村証券が新規「Buy」

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

週明けの東京株式市場は小幅高の始まりとなっています。円安を好感し、富士重工やマツダは続伸していますが、土地の含み益が囃された銀座の百貨店の松屋や安田倉庫が反落し、JTも政府保有株の売出が警戒され、値下がりしています。

続きを読む>>

個別銘柄動向 ABCマート、ジェイアイエヌ、ガンホー、シンバイオ製薬、アルインコ、GSユアサなど

個別

■エービーシー・マート(2670) 3,205円〔+25円、+0.79%〕
 2月の既存店売上高は1.0%減
■ジェイアイエヌ(3046) 4,780円〔-50円、-1.04%〕
 2月のジンズ業態の既存店は151.9%
■ガンホー(3765) 3,830,000円〔+70,000円、+1.86%〕
 高値更新も、400万円を前に足踏み

続きを読む>>

個別銘柄動向 協立情報通信、カカクコム、シスロケ、インフォマート、バンダイナムコなど

個別

■カカクコム(2371) 3,640円〔+100円、+2.82%〕
1対2の株式分割を発表

■JBR(2453) 84,000円〔+1,500円、+1.82%〕
バイノスの子会社化を発表

■システム・ロケーション(2480) 381円〔+80円、+26.58%〕
上方修正を発表

続きを読む>>

「上場来高値」奪回候補リスト 好需給の象徴 富士重53年ぶり最高値急接近 【NSJ日本証券新聞(2月12日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月12日付け

・「上場来高値」奪回候補リスト 好需給の象徴 富士重53年ぶり最高値急接近
・2013年IPOマーケットいよいよ開幕 機関投資家も熱視線

続きを読む>>

日本再生 日はまた昇る 日経平均3年ぶり陽線を達成 【NSJ日本証券新聞(1月01日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月01日付け

・日本再生 日はまた昇る 日経平均3年ぶり陽線を達成
・大手主導の証券界に”新風” 個人投資家応援評議会議長 松本大 マネックス証券社長に聞く
・「個人」が変わる!? 1月信用規制緩和が焦点に

続きを読む>>

NSJ日本証券新聞 12月28日付け

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月28日付け

・物色テーマで見る「安倍内閣」1月11日対策発表が焦点 ・2012年 日経平均採用銘柄で見る騰落 上昇率トップは富士重、下落はシャープ ・グロソブ15周年 純資産は約1兆5,000億円 ・人気アニメキャラのソーシャルゲー…

続きを読む>>