7224

TOPIX先物手口に異変 海外長期資金出動か【日本証券新聞 3月2日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月2日

・ソニー5連騰 「4000円目標」の声
・国内機関投資家の買い余力に関心 出遅れ内需株に活躍期待
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.78 タクシー呼出
・ネクソン 戻りに弾み 新作ゲーム過去最多に

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 日本駐車場開発、ファンドクリエーショングループ、ネクソン、アクロディアなど

個別

■新明和工業(7224) 1,287円〔+59円、+4.80%〕
 救難飛行艇がインドに輸出されるとの報道が刺激に
■リョーサン(8140) 3,090円〔+285円、+10.16%〕
 増配、自社株買い
■フジトミ(8740) 349円〔+80円、+29.74%〕
 HIGH ENDの株式取得

続きを読む>>

「次の勝ち組」選びの新視点 高値接近22銘柄に照準【日本証券新聞 2月3日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月3日

・FPG ストップ高 3カ月で通期を増額
・筍狩りに行こう 安川電機 100周年迎え新成長戦略織り込みへ
・2月IPO 事前人気チェック 一番手 シリコンスタジオ、ALBERT
・SMS 大幅反発 介護支援、求人サービスでも追い風

続きを読む>>

明日の材料 住石ホールディングス、日特建設、アイティメディア、江崎グリコ、アドウェイズ、宝ホールディングス、まんだらけ、ケー・エフ・シーなど

個別

■KDDI(9433):第3四半期決算、1対3の株式分割
■ゼンリン(9474):第3四半期決算、株主優待制度を導入
■東京電力(9501):第3四半期決算を発表、前年同期比2.8%増収、29.3%営業増益
■電源開発(9513):第3四半期決算、通期業績予想を上方修正
■スペース(9622):通期業績予想を上方修正、期末配当予想を20円→26円へ引き上げ

続きを読む>>

「第2の青山商事」を探す 中期計画で読む株主還元強化候補【日本証券新聞 2月2日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月2日

・日銀ETFで”新記録” 官製相場に懸念の向きも
・サイバーエージ S高 好業績確認
・フォスター 高値更新 増額、配当引き上げ好感
・飛島建設 上方修正で反発 建設株人気の復活読む

続きを読む>>

決算発表 来週から本格化 30日がピーク

概況

東京製鉄(5423) 日足

2015年3月期の第3四半期(4-12月)決算発表が来週から本格的にスタートする。本紙(11/15付)では東証上場銘柄の発表予定を4、5面に掲載した。ピークは1月30日(金)で400社以上が発表。約3割の企業が1月中に発表する。

続きを読む>>

日経平均5連騰 「自民圧勝」追い風 強さ光る自動車関連【日本証券新聞 12月5日】

日本証券新聞

日本証券新聞 12月5日

・日米ダウが一時”同値”に 稲垣吾郎<三田佳子!?
・ポーラ・オルビスなど高値更新 12月期高配当利回り銘柄に照準
・航空機関連 飛躍へ 米ボーイング向けの受注拡大で存在感増す
・ネクスト 業容変ぼうを買う 来期は利益倍増へ

続きを読む>>

「日本株投信」設定ラッシュへ 5カ月ぶり資金純流入【日本証券新聞 11月26日】

日本証券新聞

日本証券新聞 11月26日

・JPX日経400先物上場 連動資金増加の起爆剤に
・話題 12月IPO主幹事シェア 大和35% 野村を上回る
・ソニー 高値更新 エレキ事業の説明会開く
・平野憲一の相場表街道/裏街道 アルインコ 事業にフォローの風

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) キッコーマン、関東電化工業、昭和システムエンジニアリング、古河電気工業など

個別

■新明和工業(7224) 954円〔+11円、+1.17%〕
 上方修正を発表
■キヤノン(7751) 3,177円〔-99円、-3.01%〕
 第3四半期決算を発表。野村証券では目標株価を引き下げ
■サカイ引越センター(9039) 3,335円〔-65円、-1.91%〕
 いちよし経済研究所がフェアバリューを引き下げ

続きを読む>>

明日の材料 極洋、大気社、オプト、アマナ、カゴメ、コーエーテクモホールディングス、キッセイ薬品工業など

個別

■キヤノン(7751):第3四半期決算を発表、前年同期比1.1%減収、8.7%営業増益
■リコー(7752):第2四半期決算を発表、前年同期比3.2%増収、7.6%営業増益
■タカラレーベン(8897):第2四半期決算、通期業績予想を上方修正
■ヤマダ電機(9831):通期業績予想を下方修

続きを読む>>

決算発表 来週から本格化 31日がピーク

個別 概況

2015年3月期の第2四半期(4-9月)の決算発表が来週24日から本格的にスタートする。
発表のピークは400社以上が発表する10月31日(金)。11月7日(金)に第2のピークとなるが、電機、自動車をはじめ各業界の主力企業の発表は30日、31日にある程度集中している。株価への影響度を含めてこのあたりがヤマ場になる。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は続伸スタート。、熊谷組は反落だが、飛島建設や植木組は高い

概況

日経平均 週足

9時11分時点の日経平均は15,532.55円の55.95円高、TOPIXは1,286.73の3.67ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが720万株、買いは630万株と4日ぶりの売り越し。

続きを読む>>

東証2部 7年ぶり指数4000ポイント ソディックは売買代金トップ【日本証券新聞 8月26日】

日本証券新聞

日本証券新聞 8月26日

・指数入替最終チェック 28日&29日で3種類
・筍狩りに行こう SHOEI 9月末配当取りの人気高揚へ
・防災関連が上昇基調 応用地質は1月高値払う
・スポーツクラブ株が強調 セントラルSP、東祥が高値

続きを読む>>

「報われる銘柄」と「報われない銘柄」 ”外国人買い銘柄”選別の勘所【日本証券新聞 8月18日】

日本証券新聞

日本証券新聞 8月18日

・京急が新高値 カジノ参入を好感
・注目度高まるLINE 3年余りで利用者5億人 関連銘柄をマーク
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.54 遺伝子関連サービス
・インド関連 再注目へ 9月1日に日印首脳会談

続きを読む>>

明日の材料 UBIC、テラ、一休、コロプラ、VOYAGE GROUP、M&Aキャピタルなど

個別

■スカパーJSATホールディングス(9412)
 第1四半期決算を発表、前年同期比2.9%増収、34.6%営業増益
■KDDI(9433)
 第1四半期決算を発表、前年同期比1.8%増収、9.0%営業増益
■エイチ・アイ・エス(9603)
 転換社債型新株予約権付社債200億円を発行

続きを読む>>

マークしておきたい防衛関連 関係費は8年ぶりの水準に

セクター 個別

北朝鮮は9日午前4時ごろ、複数の弾道ミサイルを日本海に向けて発射した。弾道ミサイルの発射は3月と6月に続くもので、政府は北朝鮮に対して厳重に抗議した。

続きを読む>>

“インドの安倍”モディ政権26日発足 スズキなど関連株に市場拡大の恩恵【日本証券新聞 5月27日】

日本証券新聞

日本証券新聞 5月27日

・ミクシィ”呼び水”に場味好転 休息相場から目覚める銘柄増加中
・株式市場「変化の兆し」 日経平均 75日線突破で上値期待
・特報特別版 ローランドMBOの行方 DG株の含み益は230億円
・統合再燃の前触れか 新日鉄住金系に関心 3割保有の上場企業は2ケタ

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 ケーズホールディングス、ミクシィ、新明和工業

テクニカル 個別

ミクシィ(2121) 週足

一目均衡表上では抵抗帯(雲)を上に抜け出す展開となった。2011年7月高値4,075円を起点とし13年4月高値3,540円を通る右肩下がりの上値抵抗線、11年7月高値を起点とし13年7月高値3,700円を通る右肩下がりの上値抵抗線などを超えることができるかが注目される。

続きを読む>>

狙いは「IFRS適用」予定企業 ガバナンス改革に市場の熱視線【日本証券新聞 5月20日】

日本証券新聞

日本証券新聞 5月20日

・上場1カ月後レポート解禁 西武HDは週末23日から?
・筍狩りに行こう クレハ 今期は営業最高益更新
・ユシロ化学 高値奪回へ 好実態評価が続々
・発着枠拡大で「空港」に再脚光 航空・私鉄各社、空港ビルなど

続きを読む>>

明日の材料 日本海洋掘削、タケエイ、パレモ、ガンホー・オンライン・エンターテイメントなど

個別

■京セラ(6971)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は9.2%増収、12.0%営業増益を計画
■トレイダーズホールディングス(8704)
 関連会社がスリランカ発電事業者とバイオマス発電共同事業で基本合意書締結
■ヤマダ電機(9831)
 通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

話題銘柄をテクニカルで斬る 「防衛装備移転三原則」を閣議決定、「軍事」ではなく「防衛」で動くか関連株

テクニカル 個別

エイプリルフールではない。政府は4月1日、武器輸出三原則(共産圏、国連の禁輸国、国際紛争当事国かその恐れのある国への武器輸出を禁止、それ以外でも輸出を慎む)に代わる「防衛装備移転三原則」を閣議決定し、武器の輸出を原則禁止してきた従来方針を転換した。新原則では、「国連禁輸国」でなければ、平和貢献や日本の安全保障の強化につながると判断できれば、武器を輸出できるようにする。太平洋戦争の後、米国から航空機の研究・製造が一切禁止され、立ち遅れた航空機など兵器産業には朗報であろう。

続きを読む>>

巨象動く!GPIF新ベンチマーク選定 「JPX日経」など3指数構成銘柄再チェック【日本証券新聞 4月8日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月8日

・筍狩りに行こう 日東工器 月次販売は過去最高水準
・IMVが逆行高 振動試験の需要拡大
・遠のく「TOB価格」 どうした?アコーディア
・「高額レジャー」ニーズ緩まず? GWはネット経由で”海外”増加

続きを読む>>

明日の材料 テノックス、高砂熱学工業、ネクスト、博展、サッポロドラッグストアー、クスリのアオキなど

個別

■中国銀行(8382)
 700万株の自己株式を消却
■ヤマトホールディングス(9064)
 通期利益予想を下方修正
■中国電力(9504)
 期末配当予想を25円に設定

続きを読む>>

北浜流一郎 人気株発掘 新明和工業(7224) 航空機部品好調も刺激に

北浜流一郎 人気株発掘 連載

新明和工業(7224) 週足

日経平均株価が下がると、投資家は市場から逃げ出してしまうだろう。常識的な推測では、こんな見方になるだろう。
しかし、それは間違いだ。年初から東京市場が散々な下げになっているのは、あらためて説明するまでもないが、では、個人投資家はどんな反応を見せているか。

続きを読む>>

「外国人保有比率」に選別視点 1月大量売りで峠は超えたか? 【NSJ日本証券新聞 2月10日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月10日

・「STAP細胞」人気再燃 タカラバイオなど小保方女史の論文に登場
・NISA口座の現状? 新規顧客開拓はいまひとつ
・竹中三佳の株Catch one’s eye 特別編 ユナイテッド金子陽三社長インタビュー
・決算速報 東都水産 急伸 一時、上昇率トップに

続きを読む>>

今あえて見直す「新興国関連」 過剰反応経た修正高余地も 【NSJ日本証券新聞 1月30日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月30日

・話題 魅力高まる沖縄セルラー 株主優待制度を新設
・今年も活発!?完全子会社化 高額プレミアム候補は
・ニチレキS高、アドバンテストは急落 3Q決算・業績修正発表で明暗
・四国化成 ニッチ市場の高シェア企業 今3月期は上ブレ含み

続きを読む>>

2013年相場、勝ち組銘柄の属性 新興市場は5倍、10倍当たり前… 【NSJ日本証券新聞 12月27日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月27日

・インフラ老朽化対策本番 ショーボンドが高値更新
・NISA買い付け開始 TOPIX型の相場に
・サンセイランディック S高 今12月期の上方修正を好感
・「個人好み銘柄」大幅高 OLC、コロワイドなど

続きを読む>>

時流に乗る上放れ3銘柄 相場つき新鮮 【NSJ日本証券新聞 12月4日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月4日

・「ポスト楽天」候補 近年上場のIT関連などに潜む
・7度目の挑戦実るか NYダウ、週間8連投中
・三菱UFJ急動意 背景に株主還元期待
・IPOライドオン・エクスプレス 公募比55%高発進

続きを読む>>

概況/大引け NYダウが連日の最高値更新で、ドル円も100円台を回復。東証も全面高で、日経平均は15,000円台

概況

日経平均 15分足

大引けの日経平均は15,165円92銭の289円51銭高、TOPIXは1,239.04の20.49ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,375、値下がり銘柄数は294。出来高は32億791万株、売買代金は2兆8,833億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) UBIC、夢展望、三井金属鉱業、ナブテスコ、アルプス電気など

個別

■ナブテスコ(6268) 2,345円〔+98円、+4.36%〕
 100万株、30億円を上限に自社株買い
■椿本チエイン(6371) 729円〔+29円、+4.14%〕
 UBSが投資判断を引き上げ
■C&Gシステムズ (6633) 1,021円〔+150円、+17.22%〕
 上方修正、増配を発表
■長大(9624) 697円〔-142円、-16.92%〕
 今期の大幅減益見通しが嫌気

続きを読む>>

「ドバイ・エアショー」の開催迫る ボーイング「777X」の動向を注視

セクター 個別

ジャムコ(7408) 週足

11月17日から21日までアラブ首長国連邦のドバイで「ドバイ・エアショー」が開催される。1986年から隔年で開催されており、世界各国の旅客機や軍用機が多数展示、中東の航空イベントの中でも高い影響力を誇っている。

続きを読む>>

話題 エアバス関連テーマいよいよ離陸

概況

住友精密工業(6355) 週足

JAL(9201)が7日の引け後、中長距離路線用にエアバスの大型旅客機「A350」を導入することを発表したことが、新たな物色テーマとして関連株を刺激しそうだ。

続きを読む>>

ニーズ高まる高圧洗浄車 除染と火山灰処理で貢献

セクター 個別

新明和工業(7224) 週足

福島第一原発で深刻化する放射能汚染に対応すべく、政府が本格的な汚染水対策に乗り出すことを表明したが、それとともに周辺地域での除染も急務となっている。

続きを読む>>

脱・大阪単独銘柄に好機到来 16日東証・大証市場統合まで1週間 【NSJ日本証券新聞 7月8日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 7月8日

・ブラインドインタビュー 郵政株の上場前倒しは 安倍・竹中路線の巻き返し?
・竹中三佳の「株Catch one’s eye」 Part.6 サザン復活
・新興Weeklyウォッチャー 日銀会合での景況判断に注目

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) パナホーム、免疫生物研究所、UMNファーマ、東京急行電鉄など

個別

■東京急行電鉄(9005) 679円〔+14円、+2.11%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を「Outperform」に引き上げ

■東海旅客鉄道(9022) 12,150円〔+200円、+1.67%〕
 SMBC日興証券では目標株価を16,000円へ引き上げ、「1」の投資評価を継続

■ピー・シー・エー(9629) 1,050円〔+5円、+0.48%〕
 単元株式数を500株→100株へ変更

続きを読む>>

概況/前引け 量的緩和策の縮小観測から円高で、東証下落。トヨタや設備投資関連が安い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

円高警戒でトヨタや日産などの自動車株が売られ、完成車メーカーの業績回復に陰りが見えれば設備投資意欲も削がれるという観測からか工具やベアリングメーカー、産業用ロボットの不二越、溶接機器のOBARA GRUO、東芝機械などの設備投資関連も売られました。

続きを読む>>

取材の現場から CEOの来日で「エアバス関連」急浮上か 富士重工など関連銘柄は多彩

セクター 個別 取材の現場から 連載

ボーイング787の運航再開にめどがついたようだが、787のトラブルに乗じて、ライバルのエアバス社が航空各社に営業攻勢を掛けていたと伝えられる。

続きを読む>>

日本再生 日はまた昇る 日経平均3年ぶり陽線を達成 【NSJ日本証券新聞(1月01日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月01日付け

・日本再生 日はまた昇る 日経平均3年ぶり陽線を達成
・大手主導の証券界に”新風” 個人投資家応援評議会議長 松本大 マネックス証券社長に聞く
・「個人」が変わる!? 1月信用規制緩和が焦点に

続きを読む>>