7205

個別銘柄動向(午後) 日本海洋掘削、北弘電社、フジッコ、リアルワールド、参天製薬など

個別

■日野自動車(7205) 1,822円〔+85円、+4.89%〕
 メリルリンチの格上げが刺激材料か
■タカラレーベン(8897) 677円〔+78円、+13.02%〕
 東証のインフラファンド市場の開設で
■スズケン(9987) 3,820円〔+55円、+1.46%〕
 SMBC日興証券が目標株価を引き上げ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) クルーズ、gumi、ダイセル、弁護士ドットコム、アトラなど

個別

■新光電気工業(6967) 915円〔+13円、+1.44%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を引き上げ
■日野自動車(7205) 1,752円〔+36円、+2.10%〕
 JPモルガンでは「Overweight」継続
■アサツー ディケイ(9747) 3,275円〔-5円、-0.15%〕
 期末配当予想を561円に設定

続きを読む>>

明日の材料 南海辰村建設、パナホーム、関電工、ヤマト、MonotaRO、東京建物不動産販売など

個別

■東京ドーム(9681):通期業績予想を上方修正
■SCSK(9719):第3四半期決算を発表、前年同期比4.2%増収、14.8%営業増益
■ミスミグループ本社(9962):第3四半期決算を発表、前年同期比19.2%増収、27.1%営業増益

続きを読む>>

決算発表本格化を視野に 「高進捗率銘柄」選別の機【日本証券新聞 1月14日】

日本証券新聞

日本証券新聞 1月14日

・「円安になりやすい時間帯」 午前3-7時が要注意
・「ロボット関連」活躍のすそ野広がる 菊池製作所、共和電業に再注目
・日化薬 上放れ新鮮 医薬事業でバイオシミラー好調
・平野憲一の相場表街道/裏街道 西華産業 電力改革の恩恵受ける

続きを読む>>

明日の材料 カネコ種苗、大成建設、エービーシー・マート、カルラ、グンゼなど

個別

■アドヴァン(7463) 1,266円〔+94円、+8.02%〕
 第3四半期決算を発表
■スギホールディングス(7649) 4,955円〔+110円、+2.27%〕
 第3四半期決算を発表
■ファミリーマート(8028) 4,540円〔+110円、+2.48%〕
 第3四半期決算を発表

続きを読む>>

明日の材料 戸田建設、五洋建設、ぐるなび、昭和電工、オリエンタルランド、サイバーエージェントなど

個別

■ニフコ(7988):第2四半期決算、通期業績予想を上方修正
■ヤマトホールディングス(9064):第2四半期決算、自己株式の取得・消却
■ANAホールディングス(9202):第2四半期決算を発表、前年同期比9.1%減収、33.8%営業増益
■NTTデータ(9613):第2四半期決算を発表、前年同期比133.5%増収、738.3%営業増益

続きを読む>>

日経平均続騰 昨年12月末高値1万6291円抜く【日本証券新聞 9月22日】

日本証券新聞

日本証券新聞 9月22日

・IPO初値 AMBITION 61%高で好発進
・IHI 中長期成長力を評価
・日本電産 海外事業拡大で最高益
・日野自動車 いすゞ 先高期待が高まる

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) クスリのアオキ、enish、アプリックスIPホールディングス、ラクオリア創薬など

個別

■日野自動車(7205) 1,539円〔+57円、+3.85%〕
 大和証券が投資判断を「3」→「2」へ引き上げ
■ハイデイ日高(7611) 2,900円〔+47円、+1.65%〕
 3-8月期の上振れ報道
■ソフトバンク(9984) 8,706円〔+16円、+0.18%〕
 大和証券では「3」継続

続きを読む>>

明日の材料 中電工、クックパッド、システナ、宝ホールディングス、MonotaRO、アイスタイルなど

個別

■大阪ガス(9532)
 第1四半期決算を発表、前年同期比6.6%増収、40.1%営業増益
■イチネンホールディングス(9619)
 第1四半期決算を発表、前年同期比12.5%増収、2.7%営業減益
■ミスミグループ本社(9962)
 第1四半期決算を発表、前年同期比19.5%増収、26.3%営業増益

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 日揮、ムゲンエステート、ケー・エフ・シー、日本新薬など

個別

■いすゞ自動車(7202) 689円〔+18円、+2.68%〕
 JPモルガンが新規「Overweight」
■日野自動車(7205) 1,375円〔-26円、-1.86%〕
 JPモルガンが新規「Neutral」
■ジャパン・ホテ・リートト投資法人(8985) 51,000円〔+300円、+0.59%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が新規「Outperform」

続きを読む>>

概況/大引け 前場は買われたものの、後場は冴えない展開。日立金属や太平洋工業が増益計画を好感

概況

TOPIX 日足

大引けの日経平均は14,429.26円の24.27円高、TOPIXは1,169.99の5.09ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,202、値下がり銘柄数は474。出来高は20億5,452万株、売買代金は1兆7,578億円。

続きを読む>>

“PERの季節” 割安株見直しの機に 洋ゴム、アルコニックスなど

セクター 個別

アルコニックス(3036) 週足

相場に影響を与える各種ファクターを分析していくと、おおむね毎年、決まった季節性を形成していることがうかがわれる。よく知られるところが、年末から春ごろにかけての「低位株効果」や「PBR(株価純資産倍率)効果」。これは、納税期限やファンド決算の絡みで、年末にかけて実態悪銘柄が売られる反動、などと説明されている。

続きを読む>>

追加緩和期待の後退で矛先 バイオ関連&直近IPOが浮上【日本証券新聞 4月10日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月10日

・過去20年間で9回記録 大逆転の4-6月高値は?!
・新たな評価軸に急浮上 「ガバナンス」改善への道
・「調整係数」解除銘柄に照準 買いインパクトで選別
・アルバイトT、急伸 好決算&自社株買を好感 同業のディップもツレ高

続きを読む>>

明日の材料 日本M&Aセンター、NECフィールディング、生化学工業、オリエンタルランド、サイバーエージェントなど

個別

■昭和飛行機工業(7404)
 三井造船(7004)が1株1,650円でTOB
■東京エレクトロン(8035)
 第3四半期決算、太陽光パネル製造装置事業からの撤退を発表
■KDDI(9433)
 第3四半期決算、期末配当予想を60円→70円へ引き上げ

続きを読む>>

日経平均採用・利回りランキング NISA資金の受け皿?! 

個別 概況

りそなHD(8308) 週足

「配当利回り」への市場の注目度が急速に高まっている。多くの企業が決算期末を迎えるのは3月末。例年、今ごろの時期から2月にかけて高利回り銘柄にはアウトパフォーム傾向が指摘されるが、今年の場合は特に、新たにスタートしたNISA(少額投資非課税制度)口座での買い付け対象となることが大きな注目点と言えよう。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ミクシィ、夢真ホールディングス、DCMホールディングス、日本製紙、TACなど

個別

■DIC(4631) 320円〔+9円、+2.89%〕
 岩井コスモ証券が新規「A」に設定
■ブラザー工業(6448) 1,437円〔+10円、+0.70%〕
 大和証券ではレーティング「3」を継続
■日野自動車(7205) 1,647円〔+18円、+1.10%〕
 シティーグループでは「買い」の投資判断を継続

続きを読む>>

2013年相場、勝ち組銘柄の属性 新興市場は5倍、10倍当たり前… 【NSJ日本証券新聞 12月27日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月27日

・インフラ老朽化対策本番 ショーボンドが高値更新
・NISA買い付け開始 TOPIX型の相場に
・サンセイランディック S高 今12月期の上方修正を好感
・「個人好み銘柄」大幅高 OLC、コロワイドなど

続きを読む>>

明日の材料 メディネット、シダー、パレモ、エア・ウォーター、日立造船、日野自動車など

個別

■平和不動産(8803)
 通期業績予想を上方修正
■インテリックス(8940)
 パナホームリフォームと業務提携
■アインファーマシーズ(9627)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 10.6%増収、19.1%営業増益
■カナモト(9678)
 通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

「第43回東京モーターショー2013」の開幕迫る 小型スポーツカーや環境対応車に関心

セクター 個別

ホンダ(7267) 週足

11月20日から12月1日まで、東京ビッグサイトで開催される「第43回東京モーターショー2013」の開幕が迫ってきた。フランクフルトモーターショー(ドイツ)や北米国際オートショー(米国)などと並ぶ世界5大モーターショーの1つとして例年、世界各国から注目を集めるが、今年は“アベノミクス”で日本の景況感が改善する中での開催となる。

続きを読む>>

明日の材料 日本道路、ガンホー・オンライン、リプロセル、アドバンテスト、ファナック、東京エレクトロン、JR東など

個別

■アイスタイル(3660)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 12.4%減収、72.7%営業減益
■日立(6501)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 2.6%増収、6.0%営業増益
■MCJ(6670)
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正、期末配当予想を4.01円→5.09円へ増額
■ショーワ(7274)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 14.2%増収、47.1%営業増益
■JR西日本(9021)
 第2四半期決算を発表、4,521,600株の自己株式を消却

続きを読む>>

中小型の上方修正銘柄が人気 メディアGL、第一建設工業など 【NSJ日本証券新聞 10月22日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 10月22日

・銘柄一本勝負 田淵電機 パワコン事業は好調を持続中
・「3月期」がなくなる!? 決算期変更相次ぐ予感
・年末株価着地点は 超強気・野村vsその他大勢
・IPOエネリスは依然、人気沸騰中 国策のど真ん中に乗る

続きを読む>>

概況/前引け ベイナー下院議長が大統領の対シリア行動支持でNYダウ上げ幅縮小、東証は反落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は13,872円30銭の106円14銭安、TOPIXは1,144.22の4.96ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は573、値下がり銘柄数は1,028。出来高は10億7,325万株、売買代金は7,901億円。

続きを読む>>

概況/前引け FOMC議事録公表でNYダウは6日続落。8月の中国PMIから日経平均は持ち直すも、上値も重い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は13,380円28銭の44円05銭安、TOPIXは1,122.24の0.50ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は850、値下がり銘柄数は719。出来高は10億952万株、売買代金は8,119億円。

続きを読む>>

概況/寄付き FOMC議事録を受け、NYダウが6日続落し、東証も広範囲に軟調で、日野自動車の値下がり目立つ

個別

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,410万株、買いは770万株と、640万株の売り越しでした。
9時15分時点の日経平均は13,246円47銭の177円86銭安、TOPIXは1,112.97の8.77ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は445、値下がり銘柄数は1,062。

続きを読む>>

概況/寄付き 米国長期金利の低下で、東証は小康状態。セガやカプコンなどがスマホゲームの顧客開拓連携でDeNAやグリーが安い

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

9時15分時点のTOPIXは1,124.50の0.77ポイント安、日経平均は13,450円の53円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は771、値下がり銘柄数は709。

続きを読む>>

概況/大引け 米国の量的緩和策の縮小で新興国からの資金引き上げが警戒、いすゞやスズキなど新興国関連が軟調

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,125.27の23.86ポイント
安、日経平均は13,396.38円の361.75円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は195、値下がり銘柄数は1,489。出来高は20億105万株、売買代金は1兆7,953億円。

続きを読む>>

明日の材料 ナカノフドー建設、オプト、MonotaRO、応用技術、岡部、スタンレー電気、リコーなど

個別

■アルゴグラフィックス(7595)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 1.0%減収、27.6%営業増益
■ノーリツ鋼機(7744)
 貸倒引当金繰入額 283百万円
■リコー(7752)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 13.6%増収、33.5%営業増益

続きを読む>>

概況/寄り付き NYダウが353ドル安の14,758ドルと急落し、東証も全面安。主力株の下げが大きい

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

9時17分時点のTOPIXは1,063.06ポイントの28.75ポイント安、日経平均は12,730円の284円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は74、値下がり銘柄数は1,598。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ポールHD、オリエンタルランド、JFEホールディングス、川崎重工業など

概況

■川崎重工業(7012) 324円〔-9円、-2.70%〕
 新型哨戒機「P1」に不具合、納入遅延

■日野自動車(7205) 1,374円〔-2円、-0.15%〕
 丸三証券が新規「買い」

■サンワドー(7430) 700円〔-39円、-5.28%〕
 第1四半期決算を発表、前年同期比 2.2%減収、55.2%営業減益

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) デジタルアーツ、電通、タダノ、サマンサタバサなど

個別

■タダノ(6395) 1,315円〔+131円、+11.06%〕
 バークレイズ・キャピタルが投資判断を「オーバーウエイト」へ引き上げ

■日野自動車(7205) 1,466円〔+26円、+1.81%〕
 クレディ・スイスが投資判断を「OUTPERFORM」へ引き上げ

■サマンサタバサ(7829) 39,000円〔+3,800円、+10.80%〕
 ラ・エストの株式取得、子会社化を発表

続きを読む>>

主要企業の為替前提 1ドル=90円がメーンシナリオ ヤマハなど85円予想組も

個別 概況

ヤマハ発(7272) 月足

為替の円高も足元では一服だが、1ドル=102円近辺の水準は輸出型製造企業にとっては国際的な価格競争力を取り戻す上で大きな支援材料になる。

続きを読む>>

概況/前引け 国債利回りが上昇し不安定なので、日経平均の反発も抑制。自動車の反発は目立つが、ファーストリテイリングやケネディクスは小幅安

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,218.24ポイントの29.90ポイント高、日経平均は14,867.90円の383.92円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,343、値下がり銘柄数は312。出来高は26億9,596万株、売買代金は2兆1,637億円。

続きを読む>>

明日の材料 GCAサヴィアン、エムスリー、ヤフー、京セラ、サイバーエージェントなど

個別

■JT(2914)
 平成25年3月期決算を発表、今26年3月期は11.7%増収、15.7%営業増益を計画

■スタートトゥデイ(3092)
 平成25年3月期決算を発表、今26年3月期は5.0%増収、21.0%営業増益を計画

■イビデン(4062)
 平成25年3月期決算を発表、今26年3月期は1.4%増収、232.2%営業増益を計画

続きを読む>>

個別銘柄動向 ワッツ、インフォテリア、リソー教育、日野自動車など

個別

■前澤工業(6489) 320円〔+80円、+33.33%〕
第3四半期決算、上方修正を発表

■日野自動車(7205) 1,290円〔0円、0.00%〕
ドイツ証券が投資判断を「Buy」に引き上げ

■メガネトップ(7541) 1,401円〔+87円、+6.62%〕
1株1,400円でMBO

続きを読む>>

個別銘柄動向 ローソン、ABCマート、ACCESS、JR東海など

個別

■チヨダ(8185) 2,908円〔+323円、+12.50%〕
 決算を発表、三菱UFJモルガン・スタンレー証券では「Outperform」継続

■日本証券金融(8511) 857円〔-13円、-1.49%〕
 東海東京調査センターが新規「2」に設定

■東海旅客鉄道(9022) 11,730円〔+650円、+5.87%〕
 シティグループが投資判断を「1」へ引き上げ

続きを読む>>

物色人気シフトの季節  「PBR」から「PER」へ PER9倍のニッパツなど

セクター 個別

ニッパツ(5991) 日足

今月下旬にかけて本格化する3月期本決算発表を視野に、物色動向の変化を唱える声が生じている。「PBR(株価純資産倍率)からPERへ」の流れだ。

続きを読む>>

概況/前引け 日本政府のTPP参加方針や日銀総裁に古くからの物価目標論者の黒田元財務官やリフレ派の学者の田規久男・学習院大教授を起用する案が報じられ、全面高。

概況

安倍首相が22日の日米首脳会談を受け、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の交渉参加を近く表明すると報じられたことや、白川日銀総裁の後任に、古くからのインフレ目標論者の黒田東彦アジア開発銀行総裁(元財務官)と、副総裁にはリフレ派の学者の岩田規久男・学習院大教授を起用する案が報じられ、週明けの東京株式市場は全面高となりました。

続きを読む>>

明日の材料 一休、スタートトゥデイ、OLC、アドバンテスト、オムロン、ワコム、Eギャランティ、マガシークなど

個別

■一休(2450):第3四半期決算、通期業績予想の増額、期末配当予想の修正(1,100→1300円)を発表
■宝HD(2531):第3四半期決算を発表、前年同期比 0.7%増収、5.8%営業減益
■マガシーク(3060):NTTドコモ(9437)が1株135,000円でTOB
■スタートトゥデイ(3092):第3四半期決算、通期業績予想の減額、株主総会ZOZOTOWN スペシャル福袋の配布取り止め

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは888.51ポイントの28.71ポイント高、日経平均は10,688円の292円高。米国で「財政の崖」からの転落が土壇場で回避されたことと、12月FOMC議事録で資産買入れに対する懸念が複数の委員から出ていたことが判明し、米金利上昇からドル買い円安に拍車。東証は全面高で、アイフルやオリコが急騰。

概況

TOPIX 15分足 MA(25-75)

米国で「財政の崖」からの転落が土壇場で回避されたことや、昨年12月11日~12日に開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)の議事録が公表され、「複数の委員は資産購入策を2013年末までに停止するかペースを減速することが適切になる可能性があるとした」という議論が交わされていたため、米国金利上昇によりドル買いに拍車が掛かり、本日は1ドル=87円83銭まで円安が進みました。

続きを読む>>