7003

個別銘柄動向(午後) 比較.com、すかいらーく、帝国繊維、リミックスポイント、マブチモーターなど

個別

■三井造船(7003) 197円〔-3円、-1.50%〕
 大和証券が投資判断を引き下げ
■梅の花(7604) 2,649円〔+151円、+6.04%〕
 H2Oリテイリングが子会社化へ検討開始
■光通信(9435) 7,180円〔+150円、+2.13%〕
 利益見通しの引き下げも、自社株買いを発表
■エヌエスディ(9759) 1,781円〔+25円、+1.42%〕
 140万株、20億円を上限に自社株買い

続きを読む>>

明日の材料 ミライト・ホールディングス、ライト工業、総医研ホールディングス、ユナイテッド、ジョイフル本田など

個別

■エヌ・ティ・ティ・データ(9613):第3四半期決算を発表、前年同期比13.2%増収、89.0%営業増益
■カプコン(9697):第3四半期決算を発表、前年同期比36.4%減収、14.1%営業増益
■日立機材(9922):1株1,600円でMBO

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) バナーズ、ファインデックス、伊藤忠テクノソリューションズ、日本レヂボンなど

個別

■ユナイテッドアローズ(7606) 3,435円〔-310円、-8.28%〕
 二桁の減益となる第2四半期決算を発表
■日本ユニシス(8056) 1,086円〔+66円、+6.47%〕
 大和証券が投資判断を引き上げ
■ワイヤレスゲート(9419) 4,160円〔-285円、-6.41%〕
 野村証券が目標株価を引き下げ

続きを読む>>

明日の材料 日本海洋掘削、協和エクシオ、UBIC、JCLバイオアッセイ、日清オイリオグループ、日本マクドナルドホールディングスなど

個別

■ワイヤレスゲート(9419):第3四半期決算、本則市場への変更申請、ブイキューブと業務提携
■スクウェア・エニックス・ホールディングス(9684):第2四半期決算、通期業績予想を上方修正
■富士ソフト(9749):第3四半期決算を発表、営業利益は6,262百万円

続きを読む>>

明日の材料 ミライト・ホールディングス、飛島建設、積水ハウス、アサヒグループホールディングス、ネットイヤーグループなど

個別

■東京電力(9501):第2四半期決算を発表、前年同期比3.7%増収、69.4%営業増益
■電源開発(9513):第2四半期決算を発表、前年同期比0.5%増収、1.1%営業増益
■日本空港ビルデング(9706):第2四半期及び通期業績予想を上方修正
■ニチイ学館(9792):第2四半期利益予想を上方修正

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 三井金属エンジニアリング、鹿島建設、日清製粉グループ本社、菊池製作所など

個別

■ジャパンディスプレイ(6740) 323円〔-3円、-0.92%〕
 SMBC日興証券が目標株価を引き下げ
■三井造船(7003) 225円〔-4円、-1.75%〕
 上方修正を発表。SMBC日興証券では「1」継続
■トラスコ中山(9830) 2,771円〔+6円、+0.22%〕
 上方修正、増配を13時に発表

続きを読む>>

明日の材料 極洋、大気社、オプト、アマナ、カゴメ、コーエーテクモホールディングス、キッセイ薬品工業など

個別

■キヤノン(7751):第3四半期決算を発表、前年同期比1.1%減収、8.7%営業増益
■リコー(7752):第2四半期決算を発表、前年同期比3.2%増収、7.6%営業増益
■タカラレーベン(8897):第2四半期決算、通期業績予想を上方修正
■ヤマダ電機(9831):通期業績予想を下方修

続きを読む>>

決算発表本番の狙い目”黄金パターン” 「上期増額・通期据え置き」【日本証券新聞 10月10日】

日本証券新聞

・IMFに「曲がり屋」説 成長率下げ、買いサイン
・訪日外国人の需要に期待 頼みは中国人旅行者!
・FFRI 1万円の大台突破 直近IPOが動意づく
・IPO初値 すかいらーく 初値1200円でスタート

続きを読む>>

次のフシ抜け候補を探せ! 主力級の高値更新相次ぐ【日本証券新聞 9月16日】

日本証券新聞

日本証券新聞 9月16日

・「祟り」の次は「呪い」 消費税には気を付けろ
・JIA 公募比2.3倍高で初値
・日経平均、1万6000円に接近 ソニーは連日の高値更新
・エイジス 1月高値は通過点

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は4日続伸、ドル円は一時107円台乗せ。ゲーム関連が高く、大手行も堅調

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,909.20円の120.42円高、TOPIXは1,311.24の4.45ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は817、値下がり銘柄数は840。出来高は21億3,187万株、売買代金は2兆904億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ベリサーブ、ラック、日亜鋼業、沖電気工業など

個別

■光彩工芸(7878) 295円〔+68円、+29.96%〕
 計画を上振れる第2四半期決算を発表
■三菱UFJリース(8593) 566円〔+1円、+0.18%〕
 みずほ証券が新規「買い」
■カナモト(9678) 4,200円〔+20円、+0.48%〕
 岩井コスモ証券が投資判断を引き上げ

続きを読む>>

今なぜか「株持ち企業」人気 京成、コロワイド、安田倉、宝HD【日本証券新聞 6月18日】

日本証券新聞

日本証券新聞 6月18日

・GPIF、余波もいろいろ 「3・24の再現」って?
・北陸18証券会社 「投資デビュー応援キャンペーン!」 
・新興市場 活況続く 対東証1部の売買代金21営業日連続で10%超え
・TKCに一段高期待 外国人持ち株比率上昇 業績上ブレの期待も

続きを読む>>

再生可能エネルギーの普及促進 洋上風力発電も買い取り新設

セクター 個別

三井造船(7003) 週足

2011年3月の東日本大震災から丸3年が経過した。特に、原発事故の教訓は将来のエネルギー需給構造を大きく変える契機となった。中期的にも原発依存度の低下が見込まれる一方で、再生可能エネルギーや火力発電への関心が高まっている。

続きを読む>>

中長期資金買いとアクティビスト復権 外国人投資に”2つの潮流”【日本証券新聞 5月9日】

日本証券新聞

日本証券新聞 5月9日

・「12日」「15日」「27日」 権利付き最終日っていつ!?
・成長指向の表れ「M&A」の買い手に注目 健康コーポ 事業柱を拡充
・オープンハウス 出直り鮮明 上期の大幅増額を好感
・直近IPO サイバーリンクス 底値離脱 上方修正で一転ストップ高

続きを読む>>

明日の材料 石油資源開発、ミクシィ、クルーズ、エス・エム・エス、テンポスバスターズなど

個別

■東海旅客鉄道(9022)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は1.0%減収、7.2%営業減益を計画
■ANAホールディングス(9202)
 通期業績予想を上方修正
■NTTドコモ(9437)
 平成26年3月期決算、32,000万株(5,000億円)を上限に自社株買い

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 日記、ヤクルト、ゲンダイエージェンシー、リソー教育、リオンなど

個別

■セイノーホールディングス(9076) 1,034円〔+47円、+4.76%〕
 バークレイズが投資判断を引き上げ
■日本通信(9424) 471円〔-14円、-2.89%〕
 信用規制が強化、5日ぶりに反落
■GMOインターネット(9449) 886円〔-38円、-4.11%〕
 野村証券が「Buy」継続も、目標株価を引き下げ

続きを読む>>

25日先物発表、27日4本目のETF… 「JPX日経400」連動資金700億円に【日本証券新聞 3月27日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月27日

・米S&P500を強く意識 日本取引所グループ・岩永守幸常務執行役CFO語る
・長寿の秘訣は市場にあり 安倍政権 ベスト10入り
・サイバーダイン 2.3倍高発進 初値形成後1万円大台乗せ DLEは2倍高スタート
・知的財産が国の勝敗を決める ”知財組込みGDP”が話題

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 日本製紙、そーせいグループ、ゲオディノス、エナリス、CKDなど

個別

■三井造船(7003) 208円〔+5円、+2.46%〕
 SMBC日興証券が投資判断を「1」に引き上げ
■マネースクウェア・ジャパン(8728) 1,430円〔+49円、+3.55%〕
 東証1部への指定が好感
■アインファーマシーズ(9627) 4,735円〔-265円、-5.30%〕
 第3四半期決算を発表。野村証券では「Buy」継続

続きを読む>>

概況/寄り付き 米国株の反発を受けて、東証も広範囲に上昇。値がさ株やノンバンク、不動産も堅調

概況

日経平均 15分足

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,190万株、買いは1,770万株でした。
9時15分時点の日経平均は14,988.23円の150.55円高、TOPIXは1,227.99の8.92ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,412、値下がり銘柄数は210。

続きを読む>>

明日の材料 ユナイテッド、エービーシー・マート、ビックカメラ、テルモ、そーせいグループなど

個別

■レシップホールディングス(7213)
 2月12日をもって東証1部銘柄に指定
■光村印刷(7916)
 メガソーラー事業に参入
■ファーストリテイリング(9983)
 国内ユニクロ事業の1月既存店は115.0%、直営店計は118.4%、含ダイレクト販売は118.0%

続きを読む>>

2014年は承認申請ラッシュへ いちよし経済研究所 山崎清一主席研究員に聞く 【NSJ日本証券新聞 1月22日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月22日

・躍動目立つ個別材料株 三洋化成、アルプス電気、ドワンゴ
・コロプラ押し目買い 材料豊富で物色人気広がる
・東鉄工業 出遅れ修正高へ
・Dガレージ V字回復鮮明 ベンチャー投資の利益拡大

続きを読む>>

「メタンハイドレート」関連を見直す 産出コスト削減へ期待

セクター 個別

三菱重工業(7011) 週足

経済産業省が「メタンハイドレート」の開発で米国と協力し、アラスカ州で産出試験を進める方針であることが伝えられた。この産出試験を通じて、生産コストの引き下げに必要な技術を確立する方針で、将来的には日本近海での開発にも好影響をもたらすことが期待されている。

続きを読む>>

明日の材料 省電舎、ぐるなび、サイバーエージェント、富士通、パナソニック、ソニー、マツダ、ソフトバンクなど

個別

■シャープ(6753)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 21.5%増収、営業利益は33,815百万円
■新日本無線(6911)
 第2四半期決算、「継続企業の前提に関する重要事象等」の記載解消
■ケーヒン(7251)
 第2四半期決算、通期業績予想の上方修正を発表
■リコー(7752)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 15.1%増収、67.4%営業増益。単元株式数を1,000株→100株へ
■東京電力(9501)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 11.8%増収、営業利益は167,223百万円

続きを読む>>

明日の材料 エムスリー、塩野義製薬、日立金属、神鋼環境ソリューション、KDDIなど

個別

■スタンレー電気(6923)
 第2四半期決算、通期業績予想の上方修正を発表
■三井造船(7003)
 第2四半期利益予想を上方修正
■IHI(7013)
 第2四半期利益予想の上方修正を発表
■モスフードサービス(8153)
 第2四半期業績予想の上方修正を発表
■アコム(8572)
 第2四半期業績予想の上方修正を発表
■グランディハウス(8999)
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正を発表

続きを読む>>

シェールガス輸入で需要増 必要不可欠な「LNG船舶」

セクター 個別

北米で割安なシェールガスの開発が活発化する中で、現地では大型プラント建設で日本企業の参画案件も増加している。原発に代替するエネルギー源として、日本も輸入促進に向け積極的な外交交渉が行われているが、輸入の動きが本格化すれば、輸送に必要不可欠な「LNG(液化天然ガス)輸送船」の建造の動きも拡大しそうだ。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 高砂熱学工業、メディネット、ナトコ、アース製薬、ダイフク、タカキューなど

個別

■アートスパークホールディング(3663) 436円〔+20円、+4.81%〕
 「CLIP STUDIO PAINT」がワコムのタブレットにバンドル
■昭和シェル石油(5002) 1,020円〔+29円、+2.93%〕
 バークレイズが新規「オーバーウエイト」
■オリンパス(7733) 2,815円〔-65円、-2.26%〕
 英国重大不正捜査局(SFO)による訴追を発表
■山九(9065) 303円〔-7円、-2.26%〕
 バークレイズが投資判断を「アンダーウエイト」へ引き下げ

続きを読む>>

明日の材料 GCAサヴィアン、ワッツ、電通、OLC、エクセディ、KDDI、ソフトバンクなど

個別

■富士フイルム(4901):第1四半期決算を発表、前年同期比 9.7%増収、19.9%営業増益
■三井造船(7003):第1四半期決算、第2四半期及び通期業績予想の上方修正を発表
■ショーワ(7274):第1四半期決算を発表、前年同期比 8.6%増収、29.4%営業増益
■ロイヤルホールディングス(8179):第2四半期売上高予想を57,000→57,400百万円へ、営業利益予想を900→1,180百万円へ増額修正

続きを読む>>

特報 川崎重工M&A破談を決算から見る 新経営陣に船舶事業立て直しの宿題

個別 特報 連載

川崎重工業(7012) 週足

株主総会を控えて突然勃発(ぼっぱつ)した川崎重工業(7012)のお家騒動。社長の長谷川聡氏、副社長の高尾光俊氏、常務取締役の廣畑昌彦氏の3名が解任され、代わって新たに社長に就任するのは常務取締役の村山滋氏。

続きを読む>>

概況/寄り付き NYダウの180ドル高の反発を好感し、東証は全面高。川崎重工は三井造船との統合白紙を好感し高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

9時17分時点のTOPIXは1,074.83ポイントの30.66ポイント高、日経平均は12,857円の412円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1.586、値下がり銘柄数は83。

続きを読む>>

明日の材料 日本海洋掘削、キリンHD、大日本塗料、TDK、ホンダなど

個別

■石油資源開発(1662)
 通期売上高予想を228,749→231,086百万円へ、営業利益予想を11,925→13,906百万円へ増額修正

■ケアサービス(2425)
 1対200株の株式分割、1単元を100株に設定

■キリンHD(2503)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 4.7%増収、4.6%営業減益

■アールテック・ウエノ(4573)
 重症ドライアイに対する遺伝子組換え人血清アルブミン点眼液の新薬臨床試験開始(IND)申請承認

続きを読む>>

成長戦略で「医療」脚光 オールジャパンで海外展開 【NSJ日本証券新聞 4月23日】

日本証券新聞

・銘柄一本勝負 岡部 システム柱脚「ベースパック」拡大中
・日米・栄枯盛衰戦 アップル対「5年前の任天堂」
・底上げ相場で浮上する「低PBR銘柄」 次の個別物色候補でマーク

続きを読む>>

概況/大引け G20で円安誘導という批判回避で円安進行。安倍政権が成長戦略の柱に医療産業を据えていることも好感され、新日本科学や大研医器など高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

週明けの為替市場は一時1ドル=99円88銭まで円安が進展し、東京株式市場は全面高。トヨタやマツダなどの自動車株が円安メリットで買われ、リフレ期待で野村ホールディングスや三菱UFJフィナンシャルグループなどの金融株も物色されました。

続きを読む>>

概況/前引け G20声明で円安加速を好感。安倍政権の成長戦略で医療関連も高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

先週のG20財務相・中銀総裁会議の声名では日本の政策措置について「デフレを止め、内需を支えることを意図した」と明記され、円安誘導策という批判にならなかったことが安心され、円安が進みました。本日の円相場は一時99円88銭まで円安が進み、東京株式市場は全面高となりました。先週のG20財務相・中銀総裁会議の声名では日本の政策措置について「デフレを止め、内需を支えることを意図した」と明記され、円安誘導策という批判にならなかったことが安心され、円安が進みました。本日の円相場は一時99円88銭まで円安が進み、東京株式市場は全面高となりました。

続きを読む>>

概況/寄り付き G20で日本の緩和措置はデフレ脱却と内需支援を目的とするものと明記されたことを受け、1ドル=99円88銭まで円安が進み全面高

概況

週明けの東京株式市場も円安を好感し、全面高の始まりとなっていて、トヨタや日産などの自動車株が買われ、三菱UFJフィナンシャルグループや三井住友フィナンシャルグループなどの銀行株や野村ホールディングスもリスク選好で値上がりしています。

続きを読む>>

個別銘柄動向 雑貨屋ブルドッグ、インデックス、オーデリック、三井造船など

個別

■タツタ電線(5809) 622円〔+15円、+2.47%〕
 いちよし経済研究所が新規「A」

■オーデリック(6889) ストップ高買い気配
 2期連続の過去最高益更新と日経新聞に報じられる

■ワイ・イー・データ(6950) 135円〔-22円、-14.01%〕
 通期業績予想を下方修正

続きを読む>>

明日の材料 マルハニチロ、コメ兵、三井造船、サマンサタバサ、ワットマンなど

個別

■F&Aアクア(8008)
 平成25年2月期決算を発表、今26年2月期は3.7%増収、10.7%営業増益を計画

■アデランス(8170)
 平成25年2月期決算を発表、今26年2月期は26.2%増収、15.2%営業増益を計画

■丸三証券(8613)
 平成25年3月期の決算速報値を公表、営業利益は前期の△772百万円に対して2,944百万円

続きを読む>>

関心高まるメタンハイドレート 早期商業化に期待 JFEHD、三井海洋、三井造、三菱重など

セクター 個別

三菱重工業(7011) 日足

政府が新たな海洋政策の柱となる「海洋基本政策」(2013-17年度)の素案をまとめた。今回の海洋基本政策には、中国との尖閣諸島問題を受けて島嶼(とうしょ)部の警戒態勢強化が盛り込まれているが、それとともに重点項目に挙げられているのが「メタンハイドレート」の商業化だ。

続きを読む>>

期末接近「利回り魅力」高まる 7日の高配当ETF東証上場も刺激【NSJ日本証券新聞(3月05日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 3月5日付け

・銘柄一本勝負 石原産業 バイオ・TPPの穴株
・過去最高の盛況 大和キャラバン「大当たり」
・春一番到来! アパレル、ドラッグストア、百貨店など上昇気流
・関心高まるメタンハイドレート 早期商業化に期待

続きを読む>>

概況/寄り付き イタリア国債入札が無難に通過し、ユーロやNYダウが値上がりし、東証も反発。リスクオンで東京都競馬や東京テアトルなどの土地持ち企業が高い。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

昨日のNYダウは175ドル高の14,975ドルと続伸しました。イタリアの国債入札の無難な結果がリスク回避の巻き戻しにつながり、米国の1月の住宅販売保留指数が前月比4.5%上昇して、2010年4月以来の高水準となる105.9となったことも好感されました。
今朝の東京株式市場も反発して始まっています。

続きを読む>>

風力発電へ再び関心高まる 六ケ所村での大規模建設も追い風 戸田建、三井造、三菱重、三谷商など

セクター 個別

戸田建設(1860) 日足

青森県六ケ所村で日立造船(7004)と日本風力開発(2766・東マ)が計64基の 風力発電施設の建設を計画していることが報じられた。先に、敦賀発電所の2号機の直下を通る破砕帯が活断層であるとの結論が、原子力規制委員会の調…

続きを読む>>

NSJ日本証券新聞 12月14日付け

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月14日付け

  ・どう読む「新政権の経済政策」 真贋見極める3視点「TPP」「日中」「エネルギー」 ・新興相場 上昇機運 JQ平均も年末相場で高値更新の可能性十分 ・大証株「急騰劇」の背景 証券株主の扱いも焦点に ・風力発…

続きを読む>>

注目の「シェールガス」関連株  タダノ、日本コンセプトなど

セクター 個別

タダノ(6395) 日足 1年

IEA(国際エネルギー機関)がこのほど発表した世界のエネルギー需給見通しが話題。今後5年内に米国が世界最大の産油国になる、というもの。 米国は現在、国内エネルギー需要の20%を輸入に依存しているものの、近いうちに中東の原…

続きを読む>>