6954

特別インタビュー さわかみ投信 取締役会長 澤上篤人氏【日本証券新聞 3月16日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月16日

・日経平均 1万9300円台に続騰 新高値332銘柄と今年最高
・15年の時を隔てて… 「1万9000円」今昔 JT、時価総額4.6倍増に
・オカダアイヨン、上放れの機 優待起点に割安評価高まる
・日精工 上場来高値 「来期予想」で割安

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 主力大型株シフト強まる

個別

ファーストリテ(9983) 週足

日経平均株価は15年ぶりの高値を連日更新、1万8,800円台まで飛距離を伸ばし、2000年4月にマークした2万833円高値に向けて突き進んでいる。むろん、2月だけで日経平均の上げ幅は約1,300円近くにも達しており、当然ながら、相場的な過熱感を警戒する声は広がっている。ただ、それを打ち払うような好需給もまた意識されているのが現状だ。

続きを読む>>

オリジン電気(6513) 労働力不足を補う

個別 平野憲一の相場表街道/裏街道 連載

平野 憲一氏

日本の避けることのできない真実は、人口減少だ。政府は2050年に1億人程度の人口維持を防衛ラインとする予想政策を発表しているが、なすすべがないのが現状だ。これは今から35年間で2,700万人の人口が減るということで、毎年77万人の都市が1つずつ消えてなくなるということだ。

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は小幅高スタート、原油価格の反発で鉱業株が高い

個別

日経平均 週足

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが810万株、買いは890万株。9時12分時点の日経平均は18,629.88円の44.68円高、TOPIXは1,509.33の1.71ポイント高。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は5日、TOPIXは7日続伸。安倍首相が講演で更なる法人税引き下げを目指すと述べ、後場は上げ幅拡大

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は18,603.48円の136.56円高、TOPIXは1,508.28の5.45ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,051、値下がり銘柄数は683。出来高は23億2,021万株、売買代金は2兆4,553億円。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は続伸、日経平均は一時18,500円台。ギリシャ支援延長を好感。ただ、上値も重く、金融株は反落

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は18,466.92円の134.62円高、TOPIXは1,502.83の2.50ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は816、値下がり銘柄数は923。出来高は24億9,190万株、売買代金は2兆5,294億円。

続きを読む>>

特報 ファナックにサードポイント登場 求めるのは自社株買い?

特報 連載

ファナック(6954) 日足

アクティビストファンドとして知られるサードポイントが、工作機械用NC装置世界首位のファナック(6954)に株付けしていることが判明して1週間。この間、祭日を挟んだ4営業日での株価上昇率は1割程度にとどまっている。

続きを読む>>

アクティビスト復活鮮明 金満大型株に改革圧力

概況

日本ペHD(4612) 週足

内外でアクティビスト(モノ言う株主)の活動が活発化している。
日本においては、旧村上ファンドの流れをくむエフィッシモキャピタルマネージメントがTOB(株式公開買い付け)を発表したセゾン情報システムズ(9640・JQ)が前週、2営業日で46%の棒上げを記録した。

続きを読む>>

“予告付き”1部昇格候補はこれ! 準備段階の開示も増加中【日本証券新聞 2月18日】

概況

日本証券新聞 2月18日

・ヤマハ発、高値抜けの背景 東エレク退場→日本株高も
・IPO主幹事すそ野広がる 準大手・中堅証券再興
・カヤック 上値追い軽快 株主向け施策も準備中
・平野憲一の相場表街道/裏街道 ライト工業

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は反発スタート、日経平均は18,000円台乗せ。欧米株高を好感

概況

日経平均 週足

9時12分時点の日経平均は18,021.96円の108.62円高、TOPIXは1,457.71の8.33ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが690万株、買いは900万株。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反落、昨日の120円台に対して118円台となった円高を嫌気。不動産やノンバンク、証券、建設などの内需系はシッカリ

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,913.36円の66.36円安、TOPIXは1,449.38の0.01ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は812、値下がり銘柄数は911。出来高は25億6,223万株、売買代金は2兆6,868億円。

続きを読む>>

大量保有報告書で読む機関投資家動向 ブラックロック 「日本株買い」継続【日本証券新聞 2月13日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月13日

・NISAの日、決算最終日… 成績良好「13日の金曜日」
・今年IPO第1号 KeePer技研 49%高発進
・日経平均、8年ぶり高値 一時1万8000円 トヨタ、三菱UFJなど上放れ
・「株式分割」にわかにラッシュ 値がさ株見直しの切り口

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は大幅上昇、120円台の円安を好感。日経平均は一時18,000円台乗せ、TOPIXは4連騰

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,979.72円の327.04円高、TOPIXは1,449.39の21.67ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,258、値下がり銘柄数は497。出来高は27億7,325万株、売買代金は3兆1,600億円。

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は買い優勢、1ドル=120円台の円安を好感。ノンバンクや証券、保険、陸運、電機などが高い

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は17,931.58円の278.90円高、TOPIXは1,448.92の21.20ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが880万株、買いは1,080万株。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ゲオホールディングス、KLab、リボミック、富士フイルムホールディングスなど

個別

■川崎重工業(7012) 571円〔+14円、+2.51%〕
 第3四半期決算、通期利益予想を上方修正
■太平洋工業(7250) 935円〔+22円、+2.41%〕
 ゴールドマン・サックスが新規「買い」
■ヒガシトゥエンティワン(9029) ストップ高買い気配
 第3四半期決算、1対2の株式分割

続きを読む>>

明日の材料 富士古河E&C、ユアテック、きんでん、北海道コカ・コーラボトリング、アスクル、ゲオホールディングスなど

個別

■任天堂(7974):第3四半期決算、通期業績予想を修正、期末配当予想を120円→130円へ引き上げ
■青山商事(8219):第3四半期決算、自社株買い、中期経営計画策定
■メタウォーター(9551):第3四半期決算、期末配当予想を29円に設定

続きを読む>>

時価総額ライバル物語 ソフトバンク3位奪回

個別 概況

ソフトバンク(9984) 週足

決算発表シーズン入りで選別重視機運が高まるなか、時価総額“ライバル対決“にも関心が向けられている。最近、話題を呼んだ例としては、19日に西武HD(9024)が東急(9005)を抜いて時価総額私鉄トップに立ったこと(21日には1兆円にも到達)と、20日にNTTドコモ(9437)が約1年半ぶりに、ソフトバンク(9984)の時価総額を上回ったことだった。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は2日続伸、17,500円台乗せ。ECBが量的緩和を導入し、期限延長もあり得るとしたことがサプライズに。ソフトバンク、トヨタ、ソニーなど主力株が高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,511.75円の182.73円高、TOPIXは1,403.22の13.79ポイント高。東証市場の値上がり銘柄数は1,321、値下がり銘柄数は431。出来高は20億8,434万株、売買代金は2兆1,237億円。

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は反落スタート、昨日の大幅高の反動も。非鉄、機械、保険、自動車などが安い

概況

日経平均 週足

9時12分時点の日経平均は17,289.73円の76.57円安、TOPIXは1,391.95の5.68ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが2,360万株、買いは2,430万株。

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は続伸スタート。観光関連が昨日に続き高い

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は17,117.45円の103.16円高、TOPIXは1,379.30の6.89ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,050万株、買いは950万株でした。

続きを読む>>

決算発表 来週から本格化 30日がピーク

概況

東京製鉄(5423) 日足

2015年3月期の第3四半期(4-12月)決算発表が来週から本格的にスタートする。本紙(11/15付)では東証上場銘柄の発表予定を4、5面に掲載した。ピークは1月30日(金)で400社以上が発表。約3割の企業が1月中に発表する。

続きを読む>>

年内終了?買い入れ目標にほぼ到達 「日銀ETF買い」の先を読む【日本証券新聞 12月12日】

日本証券新聞

日本証券新聞 12月12日

・積水ハウス 逆行高 14カ月ぶり一戸建て受注プラス転換
・上場ラッシュ初日 4社そろって好人気 GMO TECH 2.3倍高発進
・ダイナムジャパンホールディングス 4-9月期は営業増益を確保
・トミタ電機 S高 18年ぶり営業利益以下すべて黒字へ

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場はほぼ全面安。中国とギリシャ不安に加え、118円台の円高から日経平均は一時504円安

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,412.58円の400.80円安、TOPIXは1,406.83の29.26ポイント安。東証1部の値下がり銘柄数は285、値下がり銘柄数は1,473。出来高は25億4,380万株、売買代金は2兆8,514億円。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は8営業日ぶりに反落。原油安による欧米株安や円安一服が重しに。証券や自動車、電機が安い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,813.38円の122.26円安、TOPIXは1,436.09の11.49ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は380、値下がり銘柄数は1,378。出来高は21億3,562万株、売買代金は2兆3,740億円。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は一時18,000円台を回復。ただ、7-9月GDP(2次速報)の下方修正で上値抑制

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,935.64円の15.19円高、TOPIXは1,447.58の1.91ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は877、値下がり銘柄数は816。出来高は21億5,310万株、売買代金は2兆4,224億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 積水ハウス、ワールドホールディングス、フェリシモ、みらかホールディングスなど

個別

■ニホンフラッシュ(7820) 2,603円〔+178円、+7.34%〕
 いちよし経済研究所が新規「A」
■任天堂(7974) 13,870円〔-315円、-2.22%〕
 UBSでは「Sell」継続
■日本通信(9424) 627円〔+8円、+1.29%〕
 新しいSIMカード「b-mobile SIM 高速定額」を発売

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 新日鉄住金ソリューションズ、ユーグレナ、アマガサ、クレハ、プロトコーポレーションなど

個別

■リバーエレテック(6666) 449円〔+80円、+21.68%〕
 消費電流を1/5以下に低減したクロック用水晶発振器を開発
■ハイデイ日高(7611) 3,665円〔-285円、-7.22%〕
 11月の既存店売上高は前年比99.7%
■トップカルチャー(7640) 504円〔+19円、+3.92%〕
 平成26年10月期決算を発表、今期大幅増益計画

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は反落スタート、感謝祭を前に外国証券からの注文も細い。ソニー、サニックスは反落

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は17,339.94円の67.68円安、TOPIXは1,404.74の4.41ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが970万株、買いは790万株。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は反落、過熱警戒や週末要因。水素関連が物色

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は17,330.39円の62.40円安、TOPIXは1,388.96の0.55ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は806、値下がり銘柄数は863。出来高は15億9,066万株、売買代金は1兆8,489億円。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は続伸も、日経平均は319円高から失速。不動産や小売りは高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,197.05円の72.94円高、TOPIXは1,377.05の1.84ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は555、値下がり銘柄数は1,190。出来高は31億2,037万株、売買代金は3兆2,703億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は反落、円安一服と利食い売りが重し。精密、情報通信、金属などが安い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は16,758.10円の122.28円安、TOPIXは1,357.96の5.71ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は750、値下がり銘柄数は948。出来高は10億970万株、売買代金は9,367億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は反落スタート、円高が重しに。情報通信、証券、精密、輸送用機器などが安い

概況

日経平均 週足

9時12分時点の日経平均は16,731.54円の148.84円安、TOPIXは1,354.16の9.51ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが910万株、買いは1,710万株。

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 主力大型株に関心はシフト 「業績」が最大の手掛かりに

個別 概況

米FOMC(連邦公開市場委員会)で量的緩和の終了が予定通りに行われ、同時に、米国経済の力強さも再確認されたことで、米国株式市場が息を吹き返しダウ平均は1万7,000ドル台を回復、為替もドル高・円安に振れるなど、東京株式市場にとっては、環境好転を素直に映る展開に。

続きを読む>>

日銀追加緩和 日経平均755円高【日本証券新聞 11月4日】

日本証券新聞

日本証券新聞 11月4日

・3連休明け相場の着目点 決算発表ポジティブ・ネガティブ材料チェック
・トップインタビュー 山喜代表取締役社長 宮本惠史氏
・アルプス電気 後場急伸 通期の大幅上方修正を好感
・FPGに見直し機運 今期4割増収増益へ

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均が755円高と今年最大の上げ幅。日銀の追加緩和が驚かれ急伸、出来高は40億株超え。JPX日経400連動ETFも買い入れ対象としたことで採用銘柄が高い

概況

大引けの日経平均は16,413.76円の755.56円高、TOPIXは1,333.64の54.74ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,694、値下がり銘柄数は120。出来高は40億1,278万株、売買代金は4兆1,982億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場はほぼ全面高、米国株高とGPIFの資産構成変更が支援。精密機器、陸運、サービスが高い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,921.26円の263.06円高、TOPIXは1,298.30の19.40ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,483、値下がり銘柄数は265。出来高は11億4,736万株、売買代金は1兆1,792億円。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は続伸、109円台の円安が好感。不動産や銀行、その他金融が高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,658.20円の104.29円高、TOPIXは1,278.90の8.26ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は917、値下がり銘柄数は806。出来高は27億9,585万株、売買代金は2兆7,740億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) バリューコマース、東京応化工業、エーザイ、三菱電機、マキタなど

個別

■アルファポリス(9467) 3,550円
 初値は公開価格2,200円の1.9倍となる4,250円
■コムテック(9657) 910円買い気配
 MBOを実施、1株930円
■アイネス(9742) 908円〔+57円、+6.70%〕
 自己株式の消却を発表

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は下げ幅拡大。ソフトバンクやキヤノンが安く、下方修正でナカヨが大幅安

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,271.95円の116.77円安、TOPIXは1,247.17の7.11ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は487、値下がり銘柄数は1,183。出来高は9億6,673万株、売買代金は8,398億円。

続きを読む>>

概況/大引け 米国株高を好感したが、重要イベントを控え、やや上値抑制。東電は2期連続黒字見通しで急伸

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,388.72円の97.08円高、TOPIXは1,254.28の11.96ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,373、値下がり銘柄数は355。出来高は18億2,038万株、売買代金は1兆6,628億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 東急建設、鳥越製粉、S FOODS、テクノスジャパン、ガンホー・オンライン・エンターテイメントなど

個別

■日本ライフライン(7575) ストップ高買い気配
 上方修正を発表
■クボテック(7709) 295円〔+40円、+15.69%〕
 上方修正を発表
■東邦ホールディングス(8129) 1,493円〔-231円、-13.40%〕
 下方修正を発表。SMBC日興証券が格下げ
■ゼンリン(9474) 1,294円〔+112円、+9.48%〕
 上方修正を発表

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は続伸スタート。上方修正銘柄が高い

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は15,357.61円の65.97円高、TOPIXは1,248.79の6.47ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが800万株、買いは710万株。

続きを読む>>

明日の材料 アクシーズ、石油資源開発、東急建設、森永乳業、バリューコマース、駅探など

個別

■エイチ・ツー・オーリテイリング(8242):第2四半期業績予想を上方修正
■カブドットコム証券(8703):第2四半期決算を発表、営業利益は前年同期比33.0%減
■日立物流(9086):第2四半期及び通期利益予想を下方修正

続きを読む>>

第16回 CYBERDYNE(7779) 「夢の持てる株」の代表

平野憲一の相場表街道/裏街道 連載

平野 憲一氏

年末相場を占う10月後半相場は今年最大の上げでスタートした。決算シーズンのセンチメントを決めるトップバッター安川電機(6506)も大幅上方修正でセンター前のクリーンヒットと言ったところ。

続きを読む>>

決算発表 来週から本格化 31日がピーク

個別 概況

2015年3月期の第2四半期(4-9月)の決算発表が来週24日から本格的にスタートする。
発表のピークは400社以上が発表する10月31日(金)。11月7日(金)に第2のピークとなるが、電機、自動車をはじめ各業界の主力企業の発表は30日、31日にある程度集中している。株価への影響度を含めてこのあたりがヤマ場になる。

続きを読む>>

概況/前引け 朝方は反発も、日経平均は小幅安に。世界景気悪化が警戒。一方、原油安メリットで空運株が反発

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,917.26円の19.25円安、TOPIXは1,212.86の1.41ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は1,069、値下がり銘柄数は635。出来高は11億2,864万株、売買代金は9,723億円。

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 安定感ある大型株に照準 アルプスが複数支持

個別 概況

アルプス電(6770) 週足

IMF(国際通貨基金)による世界経済見通しの下方修正を受けて、欧州景気の減速懸念などに再び関心が集まっている。日本の経済成長率も下方修正されるなど、先行きへの不透明感が増している。

続きを読む>>

概況/寄り付き NYダウが大幅反落で、東証は全面安。主力株が安。ファーストリテは決算好感

概況

日経平均 週足

9時15分時点の日経平均は15,260.49円の218.44円安、TOPIXは1,238.03の22.75ポイント安。値上がり銘柄数は65、値下がり銘柄数は1,725。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが770万株、買いは630万株。

続きを読む>>

ビール、不動産、薬品の次は? 時価総額 業界トップに逆転相次ぐ【日本証券新聞 10月8日】

日本証券新聞

日本証券新聞 10月8日

・GPIF配分見直し 「10日発表」説が浮上
・富士フイルム 連日の大商い アビガン錠「大量生産可能」
・CEATEC開幕 自動運転関連などに関心
・平野憲一の相場表街道/裏街道 コニシ インフラ関連の新星に

続きを読む>>

概況/寄り付き NYダウの持ち直しで、東京市場も小康状態

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は15,677.62円の15.63円高、TOPIXは1,280.54の0.39ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,840万株、買いは730万株と連日の売り越し。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場はほぼ全面安、欧米株安や鉱工業生産が重し。住友商事が減損損失で大幅安

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は16,173.52円の137.12円安、TOPIXは1,326.29の11.01ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は357、値下がり銘柄数は1,378。出来高は23億3,895万株、売買代金は2兆2,798億円。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反発、安倍首相の所信表明演説で持ち直す。政策期待で建設が高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は16,310.64円の80.78円高、TOPIXは1,337.30の5.35ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,035、値下がり銘柄数は652。出来高は18億5,339万株、売買代金は1兆7,794億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は反発も、上値も重い。重要イベントを前に手控えムード。メガバンクが小安い一方、建設は高い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は16,299.94円の70.08円高、TOPIXは1,337.05の5.10ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,003、値下がり銘柄数は640。出来高は9億5,643万株、売買代金は8,563億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 先週末のNYダウ反発から、東証も広範囲に反発。円安で機械や電機などが高い

概況

日経平均 週足

9時7分時点の日経平均は16,336.54円の106.68円高、TOPIXは1,338.81の6.86ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,500万株、買いは1,010万株。

続きを読む>>

決算発表シーズン接近 上方修正候補を先取り【日本証券新聞 9月29日】

日本証券新聞

日本証券新聞 9月29日

・米国株に”9・7・4の呪い” 全的中の大天井サイン
・秋の行楽シーズン 九州旅行の人気高まる
・配当落ち、約91円 日経平均は下げ渋る
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.60 「まぜてマジック」

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は反落。ただ、配当落ち分が90円強と実質的な下げは限定的。商社や薬品が安い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は16,229.86円の144.28円安、TOPIXは1,331.95の14.48ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は374、値下がり銘柄数は1,341。出来高は20億5,209万株、売買代金は2兆314億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は広範囲に値下がり。ただ、実質の値下がりは70円程度と小幅。配当落ちで商社が安い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は16,213.67円の160.47円安、TOPIXは1,330.50の15.93ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は327、値下がり銘柄数は1,380。出来高は10億3,539万株、売買代金は9,786億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ダイセキ環境ソリューション、オールアバウト、オリエンタルランド、デジタルデザインなど

個別

■フォーバル(8275) 986円〔+85円、+9.43%〕
 10月2日をもって東証1部銘柄に指定
■カプコン(9697) 1,722円〔-37円、-2.10%〕
 クレディ・スイスが投資判断を引き下げ
■ニトリホールディングス(9843) 6,760円〔+420円、+6.62%〕
 第2四半期決算を発表

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は反落スタート、米株安からほぼ全面安に。証券や商社、鉱業、銀行などが安い

概況

日経平均 週足

9時13分時点の日経平均は16,177.54円の196.60円安、TOPIXは1,328.68の17.75ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,280万株、買いは1,340万株。

続きを読む>>

明日の材料 システナ、オールアバウト、コロプラ、ロックオン、レンゴー、JCRファーマなど

個別

■ファナック(6954):第2四半期及び通期業績予想を上方修正
■NSユナイテッド海運(9110):第2四半期利益予想を上方修正
■ニトリホールディングス(9843):第2四半期決算を発表、前年同期比12.9%増収、20.4%営業増益

続きを読む>>

概況/寄り付き 欧米株高から、東京市場は広範囲に反発。ソフトバンクも反発

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は16,321.22円の153.77円高、TOPIXは1,336.23の10.05ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は、売りが1,590万株、買いは1,750万株。

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 自動車、電機株に人気集中 機械株もマーク強まる

個別 概況

トヨタ(7203) 日足

米FOMC(連邦公開市場委員会)声明で早期の利上げ懸念が後退し、米ダウ平均が最高値更新に進んだ上、為替のドル高・円安にも加速がつき、輸出企業を中心とする収益拡大期待から日経平均もついに1万6,000円の大台を回復、週末には昨年末の高値1万6,320円を一気に更新するなど、上げ足を速めている。

続きを読む>>

概況/前引け 円安進行から、日経平均は年初来高値を更新。機械、金属、保険など広範囲に値上がり

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は16,301.08円の233.51円高、TOPIXは1,330.39の12.48ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,239、値下がり銘柄数は408。出来高は12億1,221万株、売買代金は1兆2,430億円。

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均は6日ぶりに反落。不動産や非鉄が安い、自動車関連も値下がり

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,895.32円の52.97円安、TOPIXは1,309.88の3.84ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は827、値下がり銘柄数は852。出来高は9億5,737万株、売買代金は1兆218億円。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は5連騰も、16,000円には届かず。3連休を前に後場は伸び悩み

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,948.29円の39.09円高、TOPIXは1,313.72の2.48ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は765、値下がり銘柄数は913。出来高は27億4,729万株、売買代金は3兆1,194億円。

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均は堅調。ドル円が107.30円となり、自動車株やハイテク株が上昇

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,970.50円の61.30円高、TOPIXは1,314.67の3.43ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は875、値下がり銘柄数は773。出来高は17億3,908万株、売買代金は2兆918億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 五洋建設、九電工、ウイン・パートナーズ、WOWOW、日本特殊陶業など

個別

■宮入バルブ製作所(6495) 99円〔+30円、+43.48%〕
 中期経営計画が材料視
■ファナック(6954) 18,560円〔-100円、-0.54%〕
 クレディ・スイスが投資判断を引き下げ
■FPG(7148) 1,066円〔+57円、+5.65%〕
 上方修正を発表

続きを読む>>

概況/大引け 円安好感も、日経平均は失速、2日続落。その他金融や不動産、建設などが安い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,668.68円の7.50円安、TOPIXは1,293.21の3.18ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は603、値下がり銘柄数は1,044。出来高は20億2,682万株、売買代金は1兆6,980億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) JACリクルートメント、タケエイ、クリムゾン、ディア・ライフなど

個別

■三井ハイテック(6966) 710円〔-36円、-4.83%〕
 第2四半期決算を発表
■ハイデイ日高(7611) 2,542円〔+33円、+1.32%〕
 8月度の全店売上高は108.3%
■九州電力(9508) 1,082円〔+21円、+1.98%〕
 「川内原発合格、10日にも決定」との報道が支援

続きを読む>>

概況/前引け 日銀総裁会見待ちで動きにくく、東証は小幅安。海運株やその他金融、建設株が安い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,703.89円の24.46円安、TOPIXは1,298.81の2.71ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は532、値下がり銘柄数は1,128。出来高は10億4,570万株、売買代金は8,353億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 105円台の円安を好感、東京市場は続伸スタート。証券、銀行、非鉄、電機などが高い

概況

日経平均 週足

9時7分時点の日経平均は15,803.07円の134.47円高、TOPIXは1,306.01の9.01ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,090万株、買いは1,510万株。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 北野建設、高田工業所、アクトコール、加地テック、TDKなど

個別

■パスポート(7577) 315円〔-9円、-2.78%〕
 下方修正、減配を公表
■マネーパートナーズグループ(8732) 307円〔+76円、+32.90%〕
 円安進行からと取引量増加期待
■ニトリホールディングス(9843) 6,160円〔-40円、-0.65%〕
 SMBC日興証券が目標株価を引き上げ、「3」評価は継続

続きを読む>>

概況/大引け 全般小じっかりも、重要イベントを控え様子見ムード。売買代金は1兆3,308億円

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,476.60円の52.01円高、TOPIXは1,283.06ポイントの5.09ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,187、値下がり銘柄数は517。出来高は18億1,198万株、売買代金は1兆3,308億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は小幅高での揉み合い。今週は重要イベントが多く、様子見から上値抑制

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,468.24円の43.65円高、TOPIXは1,281.72の3.75ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,103、値下がり銘柄数は566。出来高は9億2,918万株、売買代金は6,727億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き ウクラナイ情勢悪化で欧米市場が売られたものの、東京市場の下げは限定的。非鉄や不動産は安く、海運や情報通信は上昇

概況

日経平均 週足

9時11分時点の日経平均は15,438.40円の21.46円安、TOPIXは1,281.32の0.58ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが700万株、買いは900万株と2日連続の買い越し。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は9連騰でストップ。建設が安く、鉄鋼や鉱業、精密なども冴えない

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,539.19円の47.01円安、TOPIXは1,286.07の5.12ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は493、値下がり銘柄数は1,181。出来高は17億5,781万株、売買代金は1兆6,737億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 欧米株高から、東証はほぼ全面高。非鉄や機械、電力ガス、不動産などが高い

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は15,462.70円の140.10円高、TOPIXは1,281.30の10.04ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが560万株、買いは770万株。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は材料難から揉み合い。原油高で石油関連は上昇、中外製薬はロシュの完全子会社化報道で買い気配

概況

日経平均 週足

9時7分時点の日経平均は15,308.20円の10.14円安、TOPIXは1,269.66の1.02ポイント安。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが650万株、買いは880万株。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は454円安、オバマ大統領がイラクへの限定空爆承認で急落。全面安でコア銘柄の値下がりも大きい

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,778.37円の454.00円安、TOPIXは1,228.26の29.86ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は131、値下がり銘柄数は1,656。出来高は27億5,477万株、売買代金は2兆5,678億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は下げ幅拡大、オバマ大統領がイラクへの空爆を承認。ドル円は102円台割れ

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,776.88円の455.49円安、TOPIXは1,226.84の31.28ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は131、値下がり銘柄数は1,629。出来高は14億3,747万株、売買代金は1兆2,839億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は反落、ほぼ全面安に。ウクライナとイラク情勢悪化で欧米市場が下落、精密や非鉄、その他金融、証券などが安い

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は15,050.73円の181.64円安、TOPIXは1,246.46の11.66ポイント安。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが630万株、買いは640万株。

続きを読む>>

概況/寄り付き ウクラナイ情勢悪化で米国株が下落、東証も広範囲に値下がり

概況

日経平均 週足

9時7分時点の日経平均は15,241.74円の78.57円安、TOPIXは1,258.19の5.34ポイント安。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが420万株、買いは430万株。

続きを読む>>

10年ぶり首相訪問 「メキシコ」は話題豊富 TPP進展で関連株に出番【日本証券新聞 7月29日】

日本証券新聞

日本証券新聞 7月29日

・カジノ関連が一斉高 次期国会で法案成立濃厚に
・「マザーズ10年ルール」適用結果 「卒業」8銘柄、「残留」6銘柄
・筍狩りに行こう マックス 第1四半期は好調推移、割安感が顕著
・「iPhone6」関連 再チェック ファナックの利益急増に貢献

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は3日ぶりの反発、円安を好感。証券やその他金融、紙パ、建設、鉄鋼などが高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,457.87円の173.45円高、TOPIXは1,281.35の11.49ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,335、値下がり銘柄数は345。出来高は20億9,060万株、売買代金は1兆7,057億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は上昇、円安を好感。低位の電機株や建設株、紙パルプなど広範囲に値上がり

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,371.59円の87.17円高、TOPIXは1,274.56の4.70ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,085、値下がり銘柄数は551。出来高は10億9,094万株、売買代金は8,025億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 清水建設、レッグス、OBC、サイバーエージェントなど

個別

■伊藤忠商事(8001) 1,348円〔+33円、+2.47%〕
 7,800万株の自社株買い
■ロイヤルホールディングス(8179) 1,701円〔-8円、-0.47%〕
 場中に上方修正を発表
■NTTドコモ(9437) 1,820円〔+46円、+2.59%〕
 モルガン・スタンレーMUFGが投資判断を引き上げ

続きを読む>>

概況/寄り付き 日経平均は反発スタート、円安を好感。決算からファナックが高く、アドバンテストは下落

概況

日経平均 週足

9時8分時点の日経平均は15,370.08円の85.66円高、TOPIXは1,275.81の5.95ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが680万株、買いは880万株と再び買い越し。

続きを読む>>

明日の材料 カービュー、コカ・コーラウエスト、ゴルフダイジェスト・オンライン、信越化学工業、レッグスなど

個別

■キヤノン(7751)
 第2四半期決算を発表、前年同期比0.6%増収、26.2%営業増益
■伊藤忠商事(8001)
 7,800万株、1,100億円を上限に自社株買い。CPグループと業務提携
■ゴールドクレスト(8871)
 第1四半期決算を発表、前年同期比70.4%減収、84.4%営業減益

続きを読む>>

概況/大引け ウクライナや中東の情勢悪化で米国株売られ、東証もほぼ全面安。3連休で買いも入りにくい

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,215.71円の154.55円安、TOPIXは1,263.29の10.09ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は289、値下がり銘柄数は1,427。出来高は18億4,378万株、売買代金は1兆5,943億円。

続きを読む>>

概況/前引け NYダウは最高値更新だが、円高警戒で東証は上げ幅縮小。最近人気の材料株も値下がり

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,409.35円の30.05円高、TOPIXは1,277.14の3.55ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は953、値下がり銘柄数は641。出来高は11億536万株、売買代金は8,270億円。

続きを読む>>

概況/大引け NYダウの最高値接近で、東証も広範囲に上昇。LINE関連が急上昇

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,395.16円の98.34円高、TOPIXは1,273.68の8.22ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,108、値下がり銘柄数は548。出来高は20億9,293万株、売買代金は1兆7,419億円。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は6日ぶりに反発、後場は上げ幅拡大。コア銘柄が高く、長期運用の海外投資家からの買いとの見方も

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,296.82円の132.78円高、TOPIXは1,265.46の10.27ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,361、値下がり銘柄数は358。出来高は19億2,669万株、売買代金は1兆5,457億円。

続きを読む>>

概況/前引け 欧米株が安く、東京市場も続落。ただ、下値抵抗も

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,176.27円の40.20円安、TOPIXは1,254.08の5.17ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は399、値下がり銘柄数は1,258。出来高は11億6,077万株、売買代金は9,939億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 欧米株式下落し、東証もほぼ全面安。その他金融、保険、海運、鉄鋼などが安い

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は15,235.24円の91.23円安、TOPIXは1,249.96の9.29ポイント安。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが1,280万株、買いは720万株と3日連続の売り越し。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場はほぼ全面安で、4日続落。米国市場の反発も、機械受注が大幅悪化が嫌気

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,216.47円の86.18円安、TOPIXは1,259.25の11.57ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は260、値下がり銘柄数は1,465。出来高は19億7,386万株、売買代金は1兆6,706億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は小動き。ノンバンクや非鉄は高いが、銀行や不動産は揉み合い

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は15,407.91円の37.94円高、TOPIXは1,283.04の2.26ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが1,110万株、買いは1,030万株。

続きを読む>>

どっこい生きてる「OD05」(中国系ファンド) 買い増し銘柄に希少価値も【日本証券新聞 7月2日】

日本証券新聞

日本証券新聞 7月2日

・高額報酬、上位に”異変” 10億円男・ゴーン氏5位に
・ファナック 余剰金積み上がり
・人気拡大 SIMロック解除関連 ワイヤレス 1月高値奪回を指向
・兜町の御意見番・平野憲一の相場表街道/裏街道 第1回

続きを読む>>

概況/大引け コア銘柄中心に買われ、東証はほぼ全面高。ノンバンクは麻生発言で反落

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,326.20円の164.10円高、TOPIXは1,276.08の13.52ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,295、値下がり銘柄数は409。出来高は23億9,455万株、売買代金は2兆1,031億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場はほぼ全面高。日銀短観の設備投資計画が予想を上回り、関連株が高い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,366.51円の204.41円高、TOPIXは1,277.21の14.65ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,419、値下がり銘柄数は299。出来高は13億353万株、売買代金は1兆755億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は押し目買いから反発スタート。上方修正のDガレージが高い

概況

日経平均 週足

9時8分時点の日経平均は15,161.84円の66.84円高、TOPIXは1,256.82の3.67ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが830万株、買いは1,180万株と2日連続の買い越し。

続きを読む>>

概況/大引け 後場下げ幅拡大で、東証はほぼ全面安。円高や週末要因、マザーズ指数の下げも嫌気。値がさ株やタイヤ、金属、石油などが安い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,095.00円の213.49円安、TOPIXは1,253.15の10.28ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は377、値下がり銘柄数は1,335。出来高は25億1,184万株、売買代金は2兆985億円。

続きを読む>>

概況/前引け 米株安から東証も下落も、下げ幅は限定的。JPホールディングスは成長戦略関連で上昇

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,311.29円の64.95円安、TOPIXは1,264.96の3.54ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は589、値下がり銘柄数は1,035。出来高は9億422万株、売買代金は7,711億円。

続きを読む>>

概況/大引け 先週末の切り返しの反動で、東証1部は軟調。ただ、マザーズ指数は4連騰。ロボット関連が物色され、CYBERDYNEが売買代金トップ

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,933.29円の164.55円安、TOPIXは1,234.68の9.29ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は518、値下がり銘柄数は1,147。出来高は18億2,228万株、売買代金は1兆6,370億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東証1部は反落も、新興市場は買い優勢。ロボット関連が人気化

概況

日経平均 週足

前引けの日経平均は15,003.83円の94.01円安、TOPIXは1,240.53の3.44ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は806、値下がり銘柄数は840。出来高は8億4,644万株、売買代金は7,090億円。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は後場に入り切り返し、一時15,100円台を回復。ロボット関連の人気継続で、カジノ関連も

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,097.84円の124.31円高、TOPIXは1,243.97の6.22ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,272、値下がり銘柄数は402。出来高は27億1,809万株、売買代金は2兆6,373億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き イラク情勢悪化で原油高と米国株安。東京市場も続落。不動産や自動車、機械などが安い

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は14,852.62円の120.91円安、TOPIXは1,229.33の8.42ポイント安。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが710万株、買いは700万株。

続きを読む>>

概況/大引け 欧米株安から、日経平均は再び15,000円割れ。不動産やノンバンクが安い。ただ、新興市場は続伸

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,973.53円の95.95円安、TOPIXは1,237.75の1.32ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は672、値下がり銘柄数は994。出来高は21億459万株、売買代金は1兆8,596億円。

続きを読む>>

概況/前引け 欧米株安から、東証も調整。不動産や医薬品が安い一方、証券や銀行には押し目買い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,952.77円の116.71円安、TOPIXは1,235.37の3.70ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は580、値下がり銘柄数は1,065。出来高は10億8,989万株、売買代金は9,238億円。

続きを読む>>

概況/前引け 円高や米雇用統計を警戒し、東証は揉み合い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,077.09円の2.28円安、TOPIXは1,234.60の1.85ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は983、値下がり銘柄数は607。出来高は10億6,858万株、売買代金は8,853億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場はもみ合いスタート。寄り前の外国証券経由の売り越しが懸念。証券やノンバンクは値上がり

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は15,100.19円の20.82円高、TOPIXは1,236.04の3.29ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,590万株、買いは760万株と830万株の売り越し、売り越しは8日ぶり。

続きを読む>>

概況/寄り付き 昨日までの5連騰やNYダウの反落で、東京市場もマイナススタート。鉱業や証券、保険などが安い

概況

日経平均 週足

9時7分時点の日経平均は14,587.90円の83.05円安、TOPIXは1,193.77の4.40ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,390万株、買いは1,490万株と2日連続の買い越し。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場はもみ合い。三井不動産の資金調達から他の不動産株も安い、再開発恩恵で建設株は上昇

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は14,627.71円の8.81円安、TOPIXは1,196.74の1.63ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,280万株、買いは1,350万株。

続きを読む>>

見落とされた好決算銘柄は?

個別

藤森工(7917) 日足

「決算期末から45日以内」という通常の決算発表ルールから、実は銀行、保険業は免除されている。その大手損保の発表も20日に終え、これで名実ともに3月期決算発表が終了した。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) メッセージ、ブロッコリー、フジオフードシステム、そーせいグループ、ヤフーなど

個別

■CYBERDYNE(7779) 5,960円〔+620円、+11.61%〕
 1対5の株式分割を発表
■アイフル(8515) 403円〔+24円、+6.33%〕
 貸金業の規制緩和に向け自民党が議論開始と伝わる
■インプレスホールディングス(9479) 118円〔+4円、+3.51%〕
 女性向け交流サイトを開始するとの報道

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均はマイナスも、TOPIXは持ち直し。不動産や証券、ノンバンクは続伸

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,375.72円の49.72円安、TOPIXは1,178.59の0.24ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は925、値下がり銘柄数は711。出来高は9億2,602万株、売買代金は7,751億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は小幅安スタート。外国証券が再び売り越し。ソフトバンクは安く、証券や銀行も反落

概況

日経平均 週足

9時6分時点の日経平均は14,389.11円の36.33円安、TOPIXは1,177.47の0.88ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが2,800万株、買いは1,550万株と再び売り越し。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は小幅安スタート。ソフトバンクやDeNAが安い

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は14,177.75円の21.84円安、TOPIXは1,164.89の0.62ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,510万株、買いは1,240万株。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ワールドインテック、カッシーナ・イクスシー、サイバーリンクス、丸山製作所など

個別

■ヤマハ(7951) 1,530円〔+38円、+2.55%〕
 立花証券が新規「強気」
■任天堂(7974) 10,385円〔-285円、-2.67%〕
 平成26年3月期決算を発表
■アジア航測(9233) 437円〔+80円、+22.41%〕
 第2四半期業績予想を上方修正

続きを読む>>

概況/寄り付き 欧米株式市場の下落から、週明けの東京市場は全面安。大和証券と野村証券は年初来安値を更新

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,262.71円の166.55円安、TOPIXは1,157.36の12.63ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は266、値下がり銘柄数は1,427。出来高は8億4,674万株、売買代金は7,456億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) エス・エム・エス、ヤフー、オークマ、エイアンドティーなど

個別

■ファナック(6954) 18,610円〔+230円、+1.25%〕
 野村証券が投資判断を引き上げ
■小糸製作所(7276) 2,201円〔+259円、+13.34%〕
 決算を受けて急騰
■NTTドコモ(9437) 1,636円〔+63円、+4.01%〕
 決算とともに32,000万株(5,000億円)を上限に自社株買い

続きを読む>>

概況/寄り付き 欧米株安から、東証も広範囲に下落。保険や海運が軟調。ホンダは今期見通しが失望

概況

日経平均 週足

9時5分時点の日経平均は14,297.69円の131.57円安、TOPIXは1,159.99の3.51ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,560万株、買いは1,310万株。

続きを読む>>

明日の材料 石油資源開発、ミクシィ、クルーズ、エス・エム・エス、テンポスバスターズなど

個別

■東海旅客鉄道(9022)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は1.0%減収、7.2%営業減益を計画
■ANAホールディングス(9202)
 通期業績予想を上方修正
■NTTドコモ(9437)
 平成26年3月期決算、32,000万株(5,000億円)を上限に自社株買い

続きを読む>>

強いものにはワケがある 昨年高値接近銘柄を狙え

個別 概況

大陽日酸(4091) 週足

「上がる時は全面高、下がる時も全面安の無機質な展開」というのは最近よく聞く相場評の1つだが、これはあくまでも目先の話。中期的な値動きを見ると、銘柄ごとの優劣が、かなりはっきりしてきている。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は後場に入り失速で、小幅反落。ノンバンクが買われたものの、不動産や建設は冴えず

概況

日経平均 日足

大引けの日経平均は14,512.38円の3.89円安、TOPIXは1,171.40の1.97ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は664、値下がり銘柄数は970。出来高は17億7,902万株、売買代金は1兆3,074億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ブロコンビリー、ホットリンク、フリービット、ヤフーなど

個別

■ローランドDG(6789) 3,805円〔+85円、+2.28%〕
 上方修正が好感される動き
■日本テレホン(9425) 1,575円〔-115円、-6.80%〕
 後場に入り売り優勢。東証が本日より増担保規制
■ソフトバンク(9984) 7,580円〔+572円、+8.16%〕
 アリババがIPOに向けて早ければ21日にも目論見書を提出との報道

続きを読む>>

概況/前引け 追加緩和期待から、東京市場は下げ渋り。ただ、薄商い

概況

日経平均 週足

前引けの日経平均は13,944.43円の15.62円安、TOPIXは1,139.41の5.32ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,086、値下がり銘柄数は549。出来高は8億3,936万株、売買代金は7,618億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き NYダウの大幅反落で、東証も全面安。日経平均は14,000円台割れ。証券や紙パルプ、情報通信などが下落率大

概況

日経平均 週足

9時6分時点の日経平均は13,906.12円の394.00円安、TOPIXは1,124.30の25.19ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが2,570万株、買いは1,600万株。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) NPC、日本精工、東芝テック、日本マイクロニクスなど

個別

■サンフロンティア不動産(8934) 1,230円〔-66円、-5.09%〕
 上方修正も、資金調達が重し
■キムラユニティー(9368) 938円〔+21円、+2.29%〕
 上方修正を発表
■アークランドサカモト(9842) 1,958円〔+67円、+3.54%〕
 岩井コスモ証券が新規「B+」

続きを読む>>

概況/寄り付き 米国株高が安心され、東京市場は反発し全面高。ノンバンクや不動産などが高い

概況

日経平均 週足

9時6分時点の日経平均は14,499.00円の199.31円高、TOPIXは1,166.92の16.48ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,900万株、買いは1,780万株。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は一服。フトバンクが冴えず、ファナックは反落

概況

日経平均 週足

9時5分時点の日経平均は14,590.54円の32.35円安、TOPIXは1,176.40の0.50ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,480万株、買いは1,640万株。

続きを読む>>

概況/大引け 朝方は米国株高を好感も、その後は小幅高での揉み合い。機関投資家による運用益確保の売りの一方、新年度の資金流入期待が下支え

概況

日経平均 日足

大引けの日経平均は14,477.16円の53.97円高、TOPIXは1,172.07の8.37ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,080、値下がり銘柄数は606。出来高は24億4,427万株、売買代金は2兆3,599億円。

続きを読む>>

概況/前引け 米国株の反発を好感したが、14,569円上値に伸び悩む。消費増税の悪影響を見守り、積極的には動きにくい模様

概況

日経平均 日足

昨日の米国株の反発が好感されましたが、日経平均は9時4分の14,569円(前日比146円高)で頭打ちとなり、前日比マイナスの場面も見られました。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は持ち直し。ノンバンクや不動産は安いが、地銀が値上がり

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,425.14円の50.16円安、TOPIXは1,163.63の0.59ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,178、値下がり銘柄数は535。出来高は13億7,436万株、売買代金は1兆2,132億円。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反発、全面高。期末配当取りの動きや新年度入りによる資金流入期待。ソフトバンクやトヨタ、ファナック、JT、花王など各業界のトップ銘柄が高い

概況

日経平均 日足

大引けの日経平均は14,475.30円の251.07円高、TOPIXは1,163.04の17.07ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,476、値下がり銘柄数は293。出来高は29億1,579万株、売買代金は2兆6,814億円。

続きを読む>>

概況/大引け 3連休を前に下げ幅拡大、東証は全面安。リスクマネー減退懸念で不動産が安く、コア銘柄も軟調

個別

日経平均 日足

大引けの日経平均は14,224.23円の238.29円安、TOPIXは1,145.97の18.36ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は176、値下がり銘柄数は1,578。出来高は24億1,813万株、売買代金は2兆2,366億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き NYダウは下落も円安から、東証は小幅高スタート。証券や食品、電機が値上がり

概況

日経平均 週足

米国株に連れ安とはならず、102円台の円安が下支えとなっています。業種別では証券や食品、電機が値上がり率上位で、値下がりは不動産や紙パルプとなっています。

続きを読む>>

概況/大引け 後場に入り一時252円高も、大引けにかけて再び冴えない。鉱業や非鉄は安い

個別

日経平均 月足

大引けの日経平均は14,462.52円の51.25円高、TOPIXは1,164.33の1.61ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は571、値下がり銘柄数は1,082。出来高は22億7,712万株、売買代金は2兆774億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場も小じっかり。不動産や医薬品が高く、倉庫運輸、化学なども堅調

概況

日経平均 週足

今朝の東京株式市場も小じっかりの始まり。不動産や医薬品が高く、倉庫運輸、化学など業種別では全業種がプラスとなっています。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均が488円安と、東証は全面安。安全通貨の円買いも重しに。値がさ株が安く、円高で自動車も下落

概況

日経平均 日足

大引けの日経平均は14,327.66円の488.32円安、TOPIXは1,164.70の38.76ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は33、値下がり銘柄数は1,749。出来高は32億2,565万株、売買代金は3兆2,403億円。

続きを読む>>

概況/大引け 東証は全面安で、日経平均は再び15,000円台割れ。海運や非鉄、証券、不動産などが下落

概況

日経平均 日足

大引けの日経平均は14,830.39円の393.72円安、TOPIXは1,206.94の26.27ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は79、値下がり銘柄数は1,667。出来高は20億2,048万株、売買代金は1兆9,019億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東証は全面安で、下げ幅拡大。海運や非鉄、保険、金属などが安い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,893.65円の330.46円安、TOPIXは1,210.80の22.41ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は113、値下がり銘柄数は1,619。出来高は9億6,916万株、売買代金は8,741億円。

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均は5ぶりに反落。中国の輸出悪化とGDPの下方修正が重しに。値上がりは建設の1業種のみ

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,121.33円の152.47円安、TOPIXは1,226.38の10.59ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は524、値下がり銘柄数は1,109。出来高9億5,803万株、売買代金は8,541億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 103円台の円安を好感して、東京市場は続伸スタート

概況

日経平均 日足

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,030万株、買いは1,160万株でした。
9時8分時点の日経平均は15,243.65円の108.90円高、TOPIXは1,236.83の8.47ポイント高。

続きを読む>>

概況/寄り付き 週明けの東京市場は全面安。ただ、防衛関連は値上がり

概況

日経平均 日足

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,630万株、買いは1,580万株でした。
9時10分時点の日経平均は14,638.23円の202.84円安、TOPIXは1,195.17の16.49ポイント安。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は続落。102円台割れの円高を警戒、リパトリの動きで円高加速も。ただ、円高下でもソニーやキヤノン、エプソン、ファナックなどはシッカリ

概況

日経平均 15分足

大引けの日経平均は14,841.07円の82.04円安、TOPIXは1,211.66の5.69ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は487、値下がり銘柄数は1,174。出来高は23億2,834万株、売買代金は2兆2,479億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) テクノ菱和、ゲンキー、電通国際情報サービス、アマダ、マルマエなど

個別

■うかい(7621) 2,305円〔+6円、+0.26%〕
 京王電鉄、キッコーマンへ第三者割当
■東京エレクトロン(8035) 5,832円〔+105円、+1.83%〕
 フリーキャッシュフローが2期ぶりの黒字との報道
■朝日放送(9405) 638円〔+9円、+1.43%〕
 期末配当予想を6円→10円へ引き上げ

続きを読む>>

概況/寄り付き 米国株の反発を受けて、東証も広範囲に上昇。値がさ株やノンバンク、不動産も堅調

概況

日経平均 15分足

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,190万株、買いは1,770万株でした。
9時15分時点の日経平均は14,988.23円の150.55円高、TOPIXは1,227.99の8.92ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,412、値下がり銘柄数は210。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は全面安、金融政策決定会合による上昇分を2日間で帳消しに。円高で自動車や電機が安く、中国関連や設備投資関連も下落。ロボット関連人気

概況

日経平均 15足

大引けの日経平均は14,449.18円の317.35円安、TOPIXは1,194.56の23.96ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は167、値下がり銘柄数は1,547。出来高は25億6,800万株、売買代金は2兆1,124億円。

続きを読む>>

概況/前引け HSBC中国製造業PMIの低下で、日経平均の下げ幅拡大。ドル円も102円台割れ

概況

日経平均 15分足

前引けの日経平均は14,518.14円の248.39円安、TOPIXは1,200.45の18.07ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は254、値下がり銘柄数は1,429。出来高は12億9,738万株、売買代金は9,972億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) タムロン、IBJ、高橋カーテンウォール、ヒト・コミュニケーションズ、木村化工機など

個別

■ファナック(6954) 16,550円〔+350円、+2.16%〕
 JPモルガンが投資判断を「Neutral」に引き上げ
■ミクシィ(2121) 6,920円〔+680円、+10.90%〕
 モンスターストライクの利用者が300万人を突破
■JIN(3046) 2,531円〔+20円、+0.80%〕
 クレディ・スイスが投資判断を「NEUTRAL」に引き下げ

続きを読む>>

JPX日経400「採用への道」ライバル意識に火がつく!? 【NSJ日本証券新聞 2月7日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月7日

・個別材料株に物色人気集中 サンフロンティアなど株価修復鮮明
・三菱重工が一段高 ゼオンは自社株買い好感
・企業ガバナンスもいろいろ 世界一忙しい!?「名誉会長」
・決算で明暗「食サイト」2銘柄 ぐるなび、カカクコム

続きを読む>>

概況/前引け 朝方は日経平均は236円高も、その後は伸び悩み。好決算のパナソニックが大幅高の一方、ソフトバンク、シャープがマイナス圏に

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,061円20銭の52円73銭高、TOPIXは1,151.69の12.42ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,206、値下がり銘柄数は468。出来高は19億1,313万株、売買代金は1兆5,739億円。

続きを読む>>

概況/大引け 東証は全面安。先週末のNYダウ下落や新興国リスク警戒。ソフトバンク大幅安で証券やノンバンク、銀行も売られる

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,619円13銭の295円40銭安、TOPIXは1,196.32の24.32ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は162、値下がり銘柄数は1,592。出来高は29億2,068万株、売買代金は2兆6,598億円。

続きを読む>>

注目!「自社が筆頭株主」銘柄 M&A実施予備軍として脚光

個別 概況

日東紡(3110) 週足

「自社が筆頭株主」の銘柄が一部で関心を集めている。大量の自社株買いを実施した結果であることから、「株主還元に前向きな証し」、あるいは、保有する自社株(金庫株)を“通貨”として利用した「M&A(企業合併.買収)実施…

続きを読む>>

概況/寄り付き NYダウの下落で、東京市場は続落スタート。ドル円は一時102円台割れ。ノンバンク、倉庫、電力ガス、鉄鋼などが安い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,440万株、買いは1,850万株でした。
9時17分時点の日経平均は14,842円37銭の72円16銭安、TOPIXは1,217.41の3.32ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は356、値下がり銘柄数は1,305。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場はもみ合いスタート。中国懸念はやや後退。自動車は値下がりし、不動産も冴えず

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,420万株、買いは1,310万株でした。
9時16分時点の日経平均は14,999円94銭の5円79銭安、TOPIXは1,231.26の2.03ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,231、値下がり銘柄数は396。

続きを読む>>

概況/前引け NYダウが175ドル安で、ドル安円高も進んだため、東証は広範囲に下落。ノンバンクや銀行、不動産、電機が安い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,454円80銭の241円09銭安、TOPIXは1,270.57の16.95ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は212、値下がり銘柄数は1,497。出来高は14億8,432万株、売買代金は1兆3,895億円。

続きを読む>>

ウェリントンがサイバーエージを新規取得 大量保有報告書から 【NSJ日本証券新聞 1月24日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月24日

・電鉄株に“逆襲高シナリオ”優待取りの2、3月高習性発揮か
・「NISAの日」勝率49% 証券界はダジャレ好き
・ライドオン 新展開入り VCの持ち株減少、好需給で上げ足軽快
・航空電子 急動意 コネクタ事業好調で通期増額修正
・ドンキホーテ 高値更新 業績好調、2月10日の決算再注目

続きを読む>>

概況/寄り付き 連休明けのNYダウの反落で、東証も小幅安。トヨタが一服、電機株も小安い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,380万株、買いは1,860万株でした。
9時15分時点の日経平均は15,760円25銭の35円71銭安、TOPIXは1,295.81の0.14ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は750、値下がり銘柄数は779。業種別では鉄鋼や銀行、証券が小幅高、石油や精密、輸送用機器が値下がり。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は4日ぶりの反発。安倍首相のダボス会議での演説にも期待。セルロースナノファイバー関連が大幅高

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,795円96銭の154円28銭高、TOPIXは1,295.95の2.09ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は791、値下がり銘柄数は842。出来高は23億7,699万株、売買代金は2兆609億円。

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均は上げ幅拡大、上海株や香港株の反発も支援。ドワンゴはネット選挙絡み、メルコは上方修正が好感

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,872円62銭の230円94銭高、TOPIXは1,303.40の9.54ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,048、値下がり銘柄数は588。出来高は11億5,365万株、売買代金は9,584億円。

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均は冴えない動き、自動車や電機が安い。一方、水素関連が高く、日本電産コパル電子は上方修正でストップ高買い気配

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,639円19銭の108円01銭安、TOPIXは1,291.41の2.98ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は957、値下がり銘柄数は660。出来高は13億2,476万株、売買代金は1兆844億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 米国株の反落で、東証は続落。三菱自動車は続伸だが、他の自動車は冴えない。設備投資関連も値下がり

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが980万株、買いは1,550万株でした。
9時15分時点の日経平均は15,682円85銭の64円35銭安、TOPIXは1,293.75の0.64ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は779、値下がり銘柄数は766。

続きを読む>>

概況/大引け 米国株続伸と11月の機械受注好調で、前場は一時132円高。ただ、後場は失速。ヘッジファンドがポジションを減らしているという見方や東京都知事選への警戒も

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,747円20銭の61円53銭安、TOPIXは1,294.39の0.13ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は804、値下がり銘柄数は849。出来高は31億5,572万株、売買代金は2兆5,128億円。

続きを読む>>

概況/前引け 米雇用統計を控え、小幅安。ファーストリテイリングが好決算で買われ、日経平均の下げ幅緩和。不動産株はシティグループが格下げ

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,851円26銭の29円07銭安、TOPIXは1,291.43の5.32ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は426、値下がり銘柄数は1,223。出来高は16億5,286万株、売買代金は1兆5,420億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き ファーストリテが決算から上昇、日経平均の下げも小幅に。太陽誘電はCB発行で安く、久光製薬は減益決算で下落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,430万株、買いは1,690万株でした。
9時16分時点の日経平均は15,866円20銭の14円13銭安、TOPIXは1,292.66の4.09ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は475、値下がり銘柄数は1,077。

続きを読む>>

概況/大引け オプションSQを控え、値がさ株中心に広範囲に下落。一方、ソニーが逆行高で、再生医療関連の渋谷工業や3Dプリンター関連なども値上がり

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,880円33銭の241円12銭安、TOPIXは1,296.75の9.48ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は595、値下がり銘柄数は1,025。出来高は30億2,058万株、売買代金は2兆5,447億円。

続きを読む>>

概況/前引け NYダウが下落し、東証も冴えない。値上がり業種は海運と電力ガスの2業種のみ

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,914円54銭の206円91銭安、TOPIXは1,297.91の8.32ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は471、値下がり銘柄数は1,157。出来高は16億1,039万株、売買代金は1兆2,902億円。

続きを読む>>

概況/大引け 米国株の下落で、東証は続落。業種別では値上がりは空運と情報通信、医薬品のみ

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,814円37銭の94円51銭安、TOPIXは1,283.25の8.90ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は451、値下がり銘柄数は1,219。出来高は27億1,017万株、売買代金は2兆2,097億円。

続きを読む>>

概況/前引け 米国株の下落で東証続落。藤倉ゴムは反落も、古河電池がストップ高

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,827円80銭の81円08銭安、TOPIXは1,284.06の8.09ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は486、値下がり銘柄数は1,147。出来高は15億214万株、売買代金は1兆1,401億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 米国株の下落で、東証も軟調なスタート。藤倉ゴムは今朝も買い気配

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,530万株、買いは1,650万株でした。
9時15分時点の日経平均は15,887円19銭の21円69銭安、TOPIXは1,287.04の5.11ポイイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は645、値下がり銘柄数は902。

続きを読む>>

概況/大引け 円安一服や9連騰の反動も警戒され、東証は利食い売り優勢。ソフトバンクやファーストリテイリングが安く、中国関連、自動車、不動産なども軟調

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,908円88銭の382円43銭安、TOPIXは1,292.15の10.14ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は906、値下がり銘柄数は761。出来高は29億2,482万株、売買代金は2兆6,281億円。

続きを読む>>

概況/前引け 9連騰の反動や円安一服で、利食い売り優勢。ソフトバンクやファーストリテイリングが安く、非鉄や海運、不動産なども下落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,936円03銭の355円28銭安、TOPIXは1,288.84の13.45ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は686、値下がり銘柄数は980。出来高は15億5,751万株、売買代金は1兆3,474億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 先週まで8連騰だったため、過熱警戒から上げ幅は小幅。マツモトキヨシはSMBC日興証券の格上げを好感

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが940万株、買いは1,410万株でした。
9時16分時点の日経平均は16,197円16銭の18円22銭高、TOPIXは1,296.38の6.31ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,378、値下がり銘柄数は260。

続きを読む>>

今春高値“寸止め”銘柄に照準 新春相場の投資戦略 【NSJ日本証券新聞 12月30日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月30日

・2014年は「人手不足」顕在化の公算 夢真 高値更新基調
・破竹の21連勝なるか!? 「納会JQ高習性」に注目
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.26 ラクしてキレイ
・酉島製作所 直近高値更新 海水淡水化向けが拡大

続きを読む>>

特報 ファナック経営体制が激変 情報開示姿勢の前進に期待

個別 特報 連載

ファナック(6954) 日足

12月16日発売の週刊東洋経済が、NS装置世界トップ・ファナックで稲葉清右衛門相談役名誉会長が突如実権を失ったことを報じていることを読者諸氏はご存知だろうか。

続きを読む>>

概況/寄り付き クリスマス休暇で海外投資家の参加も乏しく、東証は小幅安。iPhone関連も一服

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが680万株、買いは640万株。
9時15分時点の日経平均は15,868円82銭の20円51銭安、TOPIXは1,254.90の2.65ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は563、値下がり銘柄数は972。

続きを読む>>

日経平均、一時6年ぶり1万6,000円台 来年相場先取り“掉尾の一振” 【NSJ日本証券新聞 12月25日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月25日

・銘柄一本勝負 ナブテスコ 新成長ステージを模索 M&A戦略に軸足移す
・メディアドゥ S高 電子書籍関連の本命
・本年IPOフィナーレ飾る ヒューマン・メタボ 公募比 2.2倍高発進
・消費増税・東京五輪対策関連 防犯カメラの需要拡大

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は一時2007年12月以来、6年ぶりの16,000円台乗せ。ただ、大引けに掛けて失速

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,889円33銭の18円91銭高、TOPIXは1,257.55の4.09ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は367、値下がり銘柄数は1,275。出来高は25億9,057万株、売買代金は2兆3,188億円。

続きを読む>>

概況/前引け NYダウの4連騰や104円30銭台の円安を好感、日経平均は一時6年ぶりの16,000円台

個別

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,995円21銭の124円79銭高、TOPIXは1,263.20の1.56ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は567、値下がり銘柄数は1,068。出来高は13億4,037万株、売買代金は1兆1,976億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き FOMCで量的緩和は縮小されたが、NYダウの大幅反発から東証も全面高。104円台の円安も好感

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,290万株、買いは1,570万株でした。
9時15分時点の日経平均は15,851円06銭の263円26銭高、TOPIXは1,266.10の15.61ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,328、値下がり銘柄数は243。

続きを読む>>

概況/大引け 寄り付きから堅調な展開で、高値引け。FOMCの結果前も、広範囲に上昇し、自動車や不動産が高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,587円80銭の309円17銭高、TOPIXは1,250.49の18.18ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,148、値下がり銘柄数は469。出来高は25億2,873万株、 売買代金は2兆4,275億円。

続きを読む>>

概況/前引け FOMCの結果公表を控えるものの、東証は値上がり。値上がり銘柄数は1,000超え

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,514.59ポイントの235円96銭高、TOPIXは1,244.58の12.27ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,015、値下がり銘柄数は555。出来高は12億1,555万株、売買代金は1兆1,051億円。

続きを読む>>

概況/大引け ドル円が103円90銭台と年初来高値を更新し、5年2カ月振りの水準に上昇したことが好感。ただ、ドル円の伸び悩みで、日経平均も上げ幅縮小

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,403円11銭の61円29銭高、TOPIXは1,238.88の3.35ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は495、値下がり銘柄数は1,145。出来高は35億9,893万株、売買代金は3兆7,488億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) アサヒグループ、ウエルシアホールディングス、昭和電工、住友電気工業、ファナックなど

個別

■日本テレホン(9425) 789円〔+100円、+14.51%〕
 本日は再び買い優勢、昨日第2四半期決算を発表
■エイチ・アイ・エス(9603) 5,110円〔-490円、-8.75%〕
 平成25年10月期決算を発表
■ラックランド(9612) 650円〔+100円、+18.18%〕
 株主優待制度を導入

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均がプラス圏に浮上、25日移動平均線も意識

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,404円59銭の62円77銭高、TOPIXは1,240.30ポイントの1.93ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は526、値下がり銘柄数は1,100。出来高は22億384万株、売買代金は2兆4,357億円。

続きを読む>>

概況/寄付き NYダウの続落も、日経平均は反発スタート。ただ、主力株は揉み合い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

9時17分時点の日経平均は15,353円08銭の11円26銭高、TOPIXは1,239.61の2.62ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は586、値下がり銘柄数は973。 先物・オプション取引のSQ値は市場推計で15,303円19銭となっています。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) タケエイ、ジーエヌアイグループ、SUMCO、CAC、アジュバンコスメジャパンなど

概況

■ミツバ(7280) 1,717円〔+63円、+3.81%〕
 水戸証券が投資判断を「A」に引き上げ
■三井住友トラスト(8309) 508円〔+11円、+2.21%〕
 SMBC日興証券が投資判断を引き上げ
■JKホールディングス(9896) 559円〔-40円、-6.68%〕
 増配を発表も、資金調達が重しに

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は揉み合いスタート。海運や不動産、ゴム、水産・農林が比較的シッカリ

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが950万株、買いは1,200万株でした。
9時15分時点の日経平均は15,423円68銭の15円74銭高、TOPIXは1,245.10の4.11ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,024、値下がり銘柄数は474。

続きを読む>>

概況/寄付き 欧米市場の下落や円高で、東京市場も広範囲に下落。ソフトバンクや自動車、保険、非鉄が安い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,630万株、買いは1,830万株でした。
9時15分時点の日経平均は15,557円58銭の192円08銭安、TOPIXは1,252.27の10.27ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は281、値下がり銘柄数は1,296。

続きを読む>>

概況/大引け 後場に入り失速、日経平均は一時マイナス圏。シャープや日立が高い反面、ソニーやファナックは小幅安

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,381円72銭の16円12銭高、TOPIXは1,248.57の2.26ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は580、値下がり銘柄数は1,021。出来高は30億3,889万株、売買代金は2兆9,022億円。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は15,020円を安値に持ち直しの動き。日銀によるETFの購入期待や政府の経済対策(12月5日決定)が下支え

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,126円56銭の37円74銭安、TOPIXは1,236.86の4.81ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は591、値下がり銘柄数は1,009。出来高は22億3,720万株、売買代金は1兆9,424億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 米国市場が売られ、東証も全面安。DeNAは野村証券が格下げ

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが940万株、買いは840万株でした。
9時18分時点の日経平均は14,066円13銭の162円31銭安、TOPIXは1,174.36の10.37ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は197、値下がり銘柄数は1,415。

続きを読む>>

概況/大引け トヨタの上方修正報道でムード好転。日産と三菱自動車も提携拡大で値上がり

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,337円31銭の111円94銭高、TOPIXは1,192.16の9.58ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,256、値下がり銘柄数は402。出来高は25億8,214万株、売買代金は1兆9,044億円。

続きを読む>>

概況/前引け 金曜日の米雇用統計や決算発表ビークを控え、動きにくい模様。ノンバンクや建設が値下がり

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,223円82銭の1円55銭安、TOPIXは1,185.27の2.69ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は962、値下がり銘柄数は629。出来高は11億2,210万株、売買代金は8,154億円。

続きを読む>>

概況/前引け 上値の重さから下落、下げ幅を拡大。ソニーやタツタ電線が下方修正で大幅安

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,222円03銭の105円91銭安、TOPIXは1,185.19の9.07ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は214、値下がり銘柄数は1,464。出来高は14億174万株、売買代金は1兆1,062億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き NYダウの最高値更新で、東証はほぼ全面高スタート。日本農薬は野村証券の格上げを好感

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,500万株、買いは2,250万株でした。
9時15分時点の日経平均は14,466円72銭の140円74銭高、TOPIXは1,203.83の10.33ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,268、値下がり銘柄数は322。

続きを読む>>

明日の材料 日本道路、ガンホー・オンライン、リプロセル、アドバンテスト、ファナック、東京エレクトロン、JR東など

個別

■アイスタイル(3660)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 12.4%減収、72.7%営業減益
■日立(6501)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 2.6%増収、6.0%営業増益
■MCJ(6670)
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正、期末配当予想を4.01円→5.09円へ増額
■ショーワ(7274)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 14.2%増収、47.1%営業増益
■JR西日本(9021)
 第2四半期決算を発表、4,521,600株の自己株式を消却

続きを読む>>

概況/寄り付き 米国の合意観測でNYダウが205ドル高となり、東京市場も全面高

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,370万株、買いは2,250万株でした。

9時15分時点の日経平均は14,641円59銭の174円45銭高、TOPIXは1,210.25の13.47ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,511、値下がり銘柄数は115。

続きを読む>>

概況/寄り付き NYダウの323ドル高で、東証も全面高。ただ、ファーストリテイリングは会社計画未達で安い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,230万株、買いは2,370万株でした。

9時15分時点の日経平均は14,347円12銭の152円41銭高、TOPIXは1,193.86の15.91ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,569、値下がり銘柄数は103。

続きを読む>>

概況/前引け 米連邦債務上限のデッドラインの接近を警戒し、買いが入れにくく、東証は幅広い銘柄が冴えない

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は13,874円02銭の150円29銭安、TOPIXは1,149.96の13.86ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は264、値下がり銘柄数は1,405。出来高は11億8,248万株、売買代金は8,612億円。

続きを読む>>

概況/前引け 米雇用統計発表延期や米財務省からのデフォルト警告レポートでNYダウが売られ、日経平均も一時14,000円割れ。ただ、その後は下げ幅緩和

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,095円58銭の61円67銭安、TOPIXは1,166.92ポイントの7.07ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は344、値下がり銘柄数は1,307。出来高は12億9,005万株、売買代金は9,335億円。

続きを読む>>

概況/大引け 3連休を前に上値抑制。ただ、下値も堅く、小幅揉み合い。鉄建と大豊建設は信用規制で安いが、日本コンベヤが高く、空港ビルも堅調

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,742円42銭の23円76銭安、TOPIXは1,218.98の3.50ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は946、値下がり銘柄数は655、出来高は34億4,778万株、売買代金は2兆2,732億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ソフトウェア・サービス、アドバンスト・メディア、小林製薬、ジオスターなど

個別

■IRジャパン(6051) 10,200円〔+1,020円、+11.11%〕
 昼休み中に1対5の株式分割を発表
■セガサミーホールディングス(6460) 2,851円〔+136円、+5.01%〕
 インデックスからデジタルゲーム事業等を譲受け。ゴールドマン・サックスでは「中立」継続
■ファナック(6954) 17,040円〔+160円、+0.95%〕
 クレディ・スイスでは「OUTPERFORM」、2万円目標を継続
■ニトリホールディングス(9843) 9,260円〔+200円、+2.21%〕
 みずほ証券が17日付けで新規「買い」、12,000円目標

続きを読む>>

話題銘柄をテクニカルで斬る ファナック(6954) 目標値は8月高値水準の1万6,000円

テクニカル 個別

ファナック(6954) 週足

週足は、2012年8月の安値1万1,240円から13年5月の高値1万7,460円まで6,220円の値上がり。9月に入り、上昇幅の3分の1押し水準(1万5,300円)で調整中。一段安となれば、半値押し水準(1万4,350円)での調整にシフトへ。

続きを読む>>

概況/前引け シリアに対する早期の軍事攻撃がないことや、8月のユーロ圏PMIの上方修正で円安となり、東証は全面高

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は13,917円64銭の344円72銭高、TOPIXは1,145.11の27.33ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,562、値下がり銘柄数は133。出来高は13億1,935万株、売買代金は1兆42億円。

続きを読む>>

建設、不動産など内需株に外国人買い!? 米有力投資雑誌「バロンズ」も激賞 【NSJ日本証券新聞 9月3日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 9月3日

・銘柄一本勝負 リオン 「ピコプランクトンカウンタ」お披露目へ
・そろそろ意識?年末日経平均 各社予想に格差ありあり
・ZOOM UP 夢展望 直近IPOの一角 底値離脱の構え
・ぐるなび 再び高値更新

続きを読む>>

概況/寄付き 米国株の続伸から、週明けの東京市場も小幅高の始まり。商社株や不動産株が小高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

9時15分時点の日経平均は13,724円44銭の63円89銭高、TOPIXは1,146.39の4.76ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,010、値下がり銘柄数は462。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ウエストホールディングス、JT、三洋化成工業、合同製鐵、廣済堂など

個別

■アルプス電気(6770) 741円〔-26円、-3.39%〕
 お昼休み中に第1四半期決算を発表
■デンソー(6902) 4,520円〔-140円、-3.00%〕
 上方修正を発表
■ファナック(6954) 14,910円〔-40円、-0.27%〕
 シティグループが投資判断を「1」に引き上げ

続きを読む>>

概況/大引け 円高進行から東証は全面安、日経平均は再び14,000円台割れ

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,128.45の38.61ポイント安、日経平均は13,661.13円の468.85円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は57、値下がり銘柄数は1,676。出来高は25億6,546万株、売買代金は2兆1,924億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 大東建託、カッシーナ、JSR、ソフトブレーン、JFEホールディングスなど

個別

■ファナック(6954) 15,030円〔+430円、+2.95%〕
 第1四半期決算を発表。受注高からクレディ・スイス、大和証券は決算をポジティブに評価
■トヨタ自動車(7203) 5,940円〔-210円、-3.41%〕
 シティグループでは「買い」、8,000円目標
■リコー(7752) 1,122円〔-34円、-2.94%〕
 第1四半期決算を発表、シティグループでは「買い」、野村証券では「Neutral」をそれぞれ継続

続きを読む>>

概況/前引け 円高警戒や僚機構との対決を不安視する見方も。日経平均は300円を超える下落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,136.65の30.41ポイント安、日経平均は13,810.04円の319.94円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は75、値下がり銘柄数は1,649。出来高は13億4,830万株、売買代金は1兆1,162億円。

続きを読む>>

概況/寄付き 円高を警戒し、続落スタート。トヨタやソフトバンクが下落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

9時16分時点のTOPIXは1,140.92の26.14ポイント安、日経平均は13,860円の269円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は131、値上がり銘柄数は1,555。

続きを読む>>

明日の材料 ナカノフドー建設、オプト、MonotaRO、応用技術、岡部、スタンレー電気、リコーなど

個別

■アルゴグラフィックス(7595)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 1.0%減収、27.6%営業増益
■ノーリツ鋼機(7744)
 貸倒引当金繰入額 283百万円
■リコー(7752)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 13.6%増収、33.5%営業増益

続きを読む>>

時価総額順位  ソフトバンクは昨年末12位→3位 内需健闘、中国関連不振

個別 概況

ソフトバンク(9984) 週足

17日時点で時価総額3位に浮上して話題を呼んだソフトバンク(9984)は、18日も一時410円高(6.6%高)まで買われるなど上げ足を速め、4位・JTとの差をさらに広げた。時価総額で、なお3倍い大差のある、首位のトヨタ自動車はともかくとして、2位・三菱UFJまでなら、あと2割強に迫っている。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) オークファン、トーセ、セイコーエプソン、ニコン、松竹など

個別

■セイコーエプソン(6724) 1,331円〔-14円、-1.04%〕
 クレディ・スイスが投資判断を「NEUTRAL」に引き下げ
■ファナック(6954) 15,240円〔+380円、+2.56%〕
 野村証券では目標株価を15,000円に引き上げ、「Neutral」据え置き
■ニコン(7731) 2,265円〔+37円、+1.66%〕
 クレディ・スイスが投資判断を「OUTPERFORM」に引き上げ

続きを読む>>

概況/前引け 朝方は米国株高に連れ高したが、上海株や香港株の下落を受け上げ幅縮小

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,191.20の2.62ポイント高、日経平均は14,365.31円の55.34円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,004、値下がり銘柄数は551。出来高は16億9,750万株、売買代金は1兆2,280億円。

続きを読む>>

概況/大引け 上海株式市場が続落し日本株も調整。海外の悪影響を受けにくい国土強靱化関連が堅調

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,078.66ポイントの10.98ポイント安、日経平均は12,969.34円の93.44円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は368、値下がり銘柄数は1,266。出来高は27億1,281万株、売買代金は2兆2,803億円。

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 輸出関連の突っ込み狙う ファナック、東急不が2票

個別

ファナック(6954) 週足

14日のメジャーSQ(特別清算指数)算出日を目前にした13日の日経平均株価は再び波乱に見舞われ、前週7日に付けた1万2,548円を割り込む場面もあった。為替の円高加速が嫌気された格好だ。こうした相場急落時を幾度となく経験したベテラン証券マンの銘柄観を参考にしたい。

続きを読む>>

サントリー食品インターナショナル 期待感高揚 食品株は海外投資家に好人気 【NSJ日本証券新聞 6月14日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 6月14日

・日経平均一時873円安“異次元緩和”当日終値割り込む 外国人動向に変調
・総会集中日まで2週間 ガバナンスへの関心高まる
・新規上場紹介 ジェイエスエス スイミングスクール運営

続きを読む>>

概況/寄り付き NYダウが今年初の3日続落で、円高も警戒され、東証も自動車や設備投資関連中心に全面安

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

9時15分時点のTOPIXは1,071.27ポイントの25.27ポイント安、日経平均は12,930円の358円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は142、値下がり銘柄数は1,461。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ゲオHD、電通、ファナック、全国保証など

個別

■電通(4324) 3,285円〔+35円、+1.08%〕
 シティグループが「買い」推奨を再度強調

■日立建機(6305) 2,210円〔+3円、+0.14%〕
 野村証券では「Neutral」を継続

■ファナック(6954) 14,700円〔+380円、+2.65%〕
 ドイツ証券では「Hold」継続も、業績の底は近いと予想

続きを読む>>

概況/前引け 中国の4月の輸出が前年同月比14.7%増、輸入も16.8%増でコマツやファナックなど中国関連高く、日経平均も上げ幅拡大

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

中国経済の回復期待でコマツ(6301)やファナック(6954)が買われ、伊藤忠(8001)や丸紅(8002)、三菱商事(8058)などの商社株も堅調となりました。

続きを読む>>

個別銘柄動向 博展、スターティア、木村化工機、プロルート丸光など

個別

■住友商事(8053) 1,212円〔+8円、+0.66%〕
 平成25年3月期決算を発表

■プロルート丸光(8256) 175円〔+24円、+15.89%〕
 「継続企業の前提に関する重要事象等」の記載解消

■イズミ(8273) 2,774円〔+150円、+5.72%〕
 100万株、30億円を上限に自己株式の取得を発表

続きを読む>>

概況/寄り付き 本日からのFOMCで出口戦略の議論がトーンダウンすると円高という見方で値下がり。決算発表を終えた輸出関連企業が値下がり

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の東京株式市場は小幅安となっています。円相場が1ドル=97円93銭近辺と円高となっていることが警戒されています。米国では5月1日までFOMCが開催されますが、経済指標の軟化やインフレ率の低下を受けて、出口戦略への議論がトーンダウンすると、ドル売り材料になると見られています。

続きを読む>>

明日の材料 日本海洋掘削、キリンHD、大日本塗料、TDK、ホンダなど

個別

■石油資源開発(1662)
 通期売上高予想を228,749→231,086百万円へ、営業利益予想を11,925→13,906百万円へ増額修正

■ケアサービス(2425)
 1対200株の株式分割、1単元を100株に設定

■キリンHD(2503)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 4.7%増収、4.6%営業減益

■アールテック・ウエノ(4573)
 重症ドライアイに対する遺伝子組換え人血清アルブミン点眼液の新薬臨床試験開始(IND)申請承認

続きを読む>>

概況/大引け REITや不動産株は利食い売りに押されたが、円安で三菱重工や川崎重工などの造船株が高く、中国関連も値上がり。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

日銀による量・質とも次元の違う金融緩和により高騰していたREITや不動産株も本日は利益確保の売りに押されましたが、代わりに円安を受けて、三菱重工(7011)や川崎重工などの造船株が値上がりし、コマツや三菱商事などの中国関連も値上がりしました。

続きを読む>>

個別銘柄動向 サンヨーホームズ、コメ兵、ファナック、サガミチェーン、ソフトバンクなど

個別

■サンヨーホームズ(1420) 
 東証2部に新規上場、初値は公開価格比78.6%高の1,250円

■ソースネクスト(4344) 504円〔+14円、+2.86%〕
 Livescribe社と業務提携

■ソフトバンク(9984) 4,825円〔+65円、+1.37%〕
 岩井コスモ証券が投資判断を「B+」→「A」へ引き上げ

続きを読む>>

概況/寄り付き 値上がり率上位には不動産関連が多い。値上がり銘柄数は1,549、値下がり銘柄数は93と全面高。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の東京株式市場は引き続き買われていて、4月4日に日銀が発表したマネタリーベースを2012年末の138兆円→2013年末に200兆円、2014年末に270兆円と2年で2倍に増加させる金融緩和策の威力の凄まじさを痛感させる上げっぷりとなっています。

続きを読む>>

概況/寄り付き 米国市場が安く、東京市場も軟調なスタート。ユニプレスはGS証券が目標株価を引き上げ、ファナックが安い。

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

昨日のNYダウは108ドル安の13,927ドルと反落しました。1月のFOMC議事要旨が公表され、数人のメンバーが資産購入プログラムのペース変更・停止の必要性について主張したことが判明し、売られました。

続きを読む>>

概況/大引け 揉み合いとなる銘柄が多い状態。ブリヂストンは業績好調と増配で人気。政府の産業競争力会議が農業強化策の検討で井関農機やクミアイ化学など高い。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

麻生財務相が金融緩和手段としての外債購入については考えはないと否定し、日銀法改正も当面、考えていないと語ったため、G20財務相・中央銀行総裁会議で、円安誘導策に釘を差され、大胆な追加緩和策も取りにくくなっているという見方が手足を縛りました。日銀の外債購入は事実上の為替介入と受け止められ、「通貨の競争的な切り下げは回避する」としたG20声明に反しかねないようです。

続きを読む>>

概況/前引け 政府の産業競争力会議が農業強化策の検討で井関やコープケミカルなどが高い。日本航空は麻生財務相が、税金で助かった企業の利益の配当が国民に戻らず、海外に行くのは公平性を欠くと述べたことで下落。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

政府の産業競争力会議が昨日、農業強化策の検討に入り、安倍首相は農林水産品・食品の輸出を現在のほぼ2倍に当たる1兆円規模に引き上げる目標に向けた具体策作りを指示したため、農機具メーカーの井関農機(6310)や肥料会社のコープケミカル(4003)、農薬メーカーのクミアイ化学(4996)などが買われました。

続きを読む>>

概況/寄り付き 金融株は一幅だが、政府が農業強化策の検討に入ったと報じられ、井関農機や日本農薬などが高い。ファナックはアップルリスクで下落。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

 昨日の日経平均が234円高と大きく反発したため、今朝は利益確保の売りに押されたのか小反落となっています。昨日賑わった新生銀行や三井住友トラストなどの銀行株も小甘くなっています。

続きを読む>>

概況/大引け 明日からのG20財務相・中銀総裁会議での円安政策への批判を警戒。次期日銀総裁候補の岩田一政氏が1ドル=95円程度が妥当と述べ、日経平均は小幅高。ただ、主力株の上値は重く、値動きの軽さを求める資金は新規公開株に

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

ファーストリテイリングとファナックの値がさ株が買われた影響で日経平均は小幅高となりましたが、他の主力株は上値が重く、トヨタや日立は揉み合いで、マツダは売られ、安倍政権による金融リフレが限界に来ているという警戒感からアイフルやオリコなどのノンバンクは売られました。

続きを読む>>

シャープ、マツダに続く踏み上げ発展銘柄 【NSJ日本証券新聞(2月08日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月08日付け

・シャープ、マツダに続く踏み上げ発展銘柄
・ブラインド・インタビュー ”円高是正”の意外な副作用

続きを読む>>

年初スタートダッシュは材料株 実は低迷多い225銘柄? 大駆け銘柄に3つの物色キーワード

概況

ライト工業(1926) 日足

大発会の大幅高で始まった今年の相場、ここまでの先駆株と出遅れ株を検証してみたい。東証1部銘柄を対象に昨年12月28日終値と1月28日の終値を単純比較して、株価騰落率の上位ランキングを見たものが別表だ。

続きを読む>>

個別銘柄動向 セプテーニ、日本エスリード、富士通ゼネラル、SMKなど

個別

■日本マニュファクチャリングサービス(2162) ストップ安売り気配
下方修正からストップ安
■あみやき亭(2753) 206,000円〔+3,000円、+1.48%〕
東海東京調査センターが新規「2」に

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは919.03ポイントの1.94ポイント高、日経平均は10,930円の4円高。寄り付きに11,002円(前日比76円高)となるが伸び悩み。ソニーはシティグループが格上げ。ファナックは下方修正で売られる。土地持ち企業が値上がり。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

先週金曜日のNYダウは70ドル高の13,895ドルと6日続伸となりました。日本や欧州の株式相場が上昇したことや、ドイツのIfo経済研究所が発表した1月のドイツの企業景況感指数は7ヵ月ぶりの水準に上昇したことや、欧州中央銀行(ECB)が欧州の金融機関がECBから借り入れていた資金の一部を今月末に返済すると発表したことが支援材料となりました。

続きを読む>>

明日の材料 ベクター、積水化学、ファナック、島津製作所、エスリードなど

個別

■島津製作所(7701):防衛省への過大請求、指名停止措置
■良品計画(7453):首都圏に新たな物流センターの設置を発表
■エスリード(8877):森トラストが1株につき1,000円で公開買付け

続きを読む>>

概況/大引け 今日明日の日銀金融政策決定会合で2%の物価上昇目標を決定しても、織り込み済みという反応になるのではないかと警戒。住友不動産はGSの格下げで下落。GSIクレオスや井筒屋など仕手系株やノンバンク高い。

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

上昇ピッチに対する警戒感と、今日と明日開催される日銀金融政策決定会合で、2%の物価目標が決定されても好材料出尽くしという反応になってしまうのではないかという懸念や、本日は米国がキング牧師の誕生記念日の祝日のため、外国人投資家からの買いが細ることも警戒されました。

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは908.66ポイントの2.78ポイント安、日経平均は10,820円の92円安。上昇ピッチに対する警戒感や日銀金融政策決定会合で材料出尽くしとなることを懸念。アイフルやオリコが高い。

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

上昇ピッチに対する警戒感と、今日と明日開催される日銀金融政策決定会合で、2%の物価目標が決定されても好材料出尽くしという反応になってしまうのではないかという懸念や、本日は米国がキング牧師の誕生記念日の祝日のため、外国人投資家からの買いが細ることも警戒されました。

続きを読む>>

個別銘柄動向 三浦印刷、ネクソン、JSP、アジュバン、ファナックなど

個別

■三浦印刷(7920) 95円〔+6円、+6.74%〕
4-12月期の営業損益が1億円弱の黒字に転換したとの報道

■フジコピアン(7957) 141円〔+7円、+5.22%〕
上方修正から急騰スタート

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは896.19ポイントの10.03ポイント安、日経平均は10,713円の165円安。石破自民党幹事長が産業によっては円安が好ましくないところもあると発言し、円相場は一時1ドル=88円07銭まで円高。自動車や急騰が続いていたノンバンクが下落。新興市場でも賑わっていたバイオ関連が反落。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

昨日は甘利経済再生担当相が「過度な円安は輸入物価に跳ね返ってくる。国民生活にマイナスの影響も出てくる」と述べたことで円高に振れましたが、本日は石破自民党幹事長も「輸出産業は1ドル=100円がいいというところもあるが、例えば農業で燃料や肥料、餌代などが高騰するため、産業によっては円安が好ましくないところもある。どの辺りの水準が収めどころかを考えなければならない」と経団連との懇談会で述べました。

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは900.59ポイントの5.63ポイント安、日経平均は10,768円の110円安。円相場が1ドル=88円68銭と円高方向で、利益確保の売りに反落。トヨタやキヤノンなどの輸出関連や不動産株も安い。一方、首都高の調査研究委員会の発表で日本橋梁などは高い。

概況

日経平均 15分足 MA(25-75)

今朝の東京株式市場は反落していて、昨日、甘利経済再生担当相が「過度な円安は輸入物価に跳ね返ってくる。国民生活にマイナスの影響も出てくる」と発言したことを受けて、円相場が1ドル=88円68銭近辺と、円高方向で取引されていることが、株式市場でも利益確保に売りを誘発しています。

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは838.97ポイントの0.37ポイント安、日経平均は10,113円の47円安。米国株は反落したが、東証の下げ幅は小幅。金融株は下げ渋る。国土強靱化関連は反落したが、日本橋梁やPS三菱は値上がり。一方、日産は野村証券が格下げし下落。

概況

日経平均 15分足 MA(25)、MA(75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,540万株、買いは2,490万株でした。 9時15分時点のTOPIXは838.97ポイントの0.37ポイント安、日経平均は10,113円の47円安。東証1部市場の値上が…

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは800.08ポイントの0.87ポイント高、日経平均は9,734円の8円安。米国で財政の崖の回避のための交渉が平行線で米国株下落し、東証も様子見。ヤマダ電機はベスト電器と連携で高い。DeNAが小幅安。GS証券の格下げに対して、三菱UFJは格上げ。

概況

日経平均 日足

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,280万株、買いは1,750万株でした。 9時15分時点のTOPIXは800.08ポイントの0.87ポイント高、日経平均は9,734円の8円安。東証1部市場の値上がり銘…

続きを読む>>