6810

明日の材料 南海辰村建設、パナホーム、関電工、ヤマト、MonotaRO、東京建物不動産販売など

個別

■東京ドーム(9681):通期業績予想を上方修正
■SCSK(9719):第3四半期決算を発表、前年同期比4.2%増収、14.8%営業増益
■ミスミグループ本社(9962):第3四半期決算を発表、前年同期比19.2%増収、27.1%営業増益

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 三井松島産業、すかいらーく、東洋合成工業、日本特殊陶業など

個別

■くろがね工作所(7997) 148円〔+5円、+3.50%〕
 平成26年11月期決算を発表
■商船三井(9104) 380円〔+13円、+3.54%〕
 JPモルガンが投資判断を引き上げ
■エイチ・アイ・エス(9603) 3,750円〔+150円、+4.17%〕
 モルガン・スタンレーMUFGが目標株価を引き上げ

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は再び17,000円台割れ。原油安に加えて、銅価格の下落が警戒、円高も重石に

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は16,795.96円の291.75円安、TOPIXは1,357.98の16.71ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は365、値下がり銘柄数は1,413。出来高は22億6,019万株、売買代金は2兆2,875億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ヤマダ・エスバイエルホーム、コスモス薬品、ネオス、リソー教育、東洋ゴム工業など

個別

■インターアクション(7725) 509円〔+80円、+18.65%〕
 決算、自社株買い
■コメリ(8218) 2,328円〔-90円、-3.72%〕
 みずほ証券が投資判断を引き下げ
■レオパレス21(8848) 760円〔+27円、+3.68%〕
 みずほ証券が目標株価を引き上げ

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は続落スタート、米株安が引き続き重しに。銅市況の下落から非鉄株が安い

概況

日経平均 週足

9時7分時点の日経平均は17,017.31円の70.40円安、TOPIXは1,370.66の4.03ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが720万株、買いは850万株。

続きを読む>>

明日の材料 飛島建設、長谷工コーポレーション、鉄建建設、積水ハウス、UBICなど

個別

■アイフル(8515):第2四半期決算を発表、前年同期比7.9%減収、52.0%営業減益
■西武ホールディングス(9024):第2四半期決算を発表、前年同期比3.1%増収、6.8%営業増益
■学研ホールディングス(9470):平成26年9月期決算を発表、今27年9月期は3.2%増収、435.5%営業増益

続きを読む>>

取材の現場から もう1つのサムスンショック

取材の現場から 連載

ニチコン(6996) 週足

韓国のサムスン電子がスマートフォン(スマホ)事業の不振で営業利益が6カ月で半減し、「ギャラクシー・ショック」と称されている。この余波が日本にも波及。スマホ向けのリチウムイオン電池の受注減により、日立マクセル(6810)は10月22日、業績の下方修正と早期退職者募集の構造改革を発表。これが「サムスン・ショック」と呼ばれているが、実は日本にはもう1つ、別のサムスン・ショックがあった。

続きを読む>>

「株主優待」新設ラッシュの背景は NISA意識、1部指定も視野に【日本証券新聞 11月10日】

日本証券新聞

日本証券新聞 11月10日

・「MSCI」悲喜こもごも ゲーム4社明暗は想定通り
・戸上電機 大幅高 「次世代配電網構築」追い風
・シノケンG 反発 上値を試す展開
・IPO初値 エラン 70%高発進

続きを読む>>

明日の材料 極洋、大気社、オプト、アマナ、カゴメ、コーエーテクモホールディングス、キッセイ薬品工業など

個別

■キヤノン(7751):第3四半期決算を発表、前年同期比1.1%減収、8.7%営業増益
■リコー(7752):第2四半期決算を発表、前年同期比3.2%増収、7.6%営業増益
■タカラレーベン(8897):第2四半期決算、通期業績予想を上方修正
■ヤマダ電機(9831):通期業績予想を下方修

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反落、米国株安に連れ安。ノンバンクや石油石炭、非鉄、証券、医薬品が安い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,138.96円の56.81円安、TOPIXは1,232.34の4.07ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は534、値下がり銘柄数は1,183。出来高は20億1,418万株、売買代金は1兆7,730億円。

続きを読む>>

概況/前引け 中国HSBC製造業PMIが予想を上回り、日経平均は下げ幅縮小

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,169.57円の26.20円安、TOPIXは1,233.06の3.35ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は610、値下がり銘柄数は1,060。出来高は9億6,633万株、売買代金は8,048億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 日本M&Aセンター、カービュー、アイロムホールディングス、オプティムなど

個別

■日立マクセル(6810) 1,576円〔-150円、-8.69%〕
 下方修正を発表
■古野電気(6814) 876円〔+38円、+4.53%〕
 東海東京調査センターが投資判断を引き下げ
■堀場製作所(6856) 3,820円〔+75円、+2.00%〕
 シティーグループが新規「1」

続きを読む>>

明日の材料 四電工、明星工業、日本M&Aセンター、カービュー、ウエルシアホールディングスなど

個別

■ネットワンシステムズ(7518):第2四半期及び通期業績予想を下方修正
■イオン(8267):ウエルシア(3141)とCFSコーポ(8229)が経営統合に向け合意
■十六銀行(8356):第2四半期業績予想を上方修正
■日神不動産(8881):第2四半期業績予想を上方修

続きを読む>>

“優待利回り”で銘柄選別 権利付き最終は26日【日本証券新聞 8月15日】

日本証券新聞

日本証券新聞 8月15日

・MSCI、西武HDを採用 29日にかけて買い需要
・バイオベンチャーに目先資金 ペプチド、DWTIが大商い
・Dガレージが上放れ ベンチャー事業、絶好調!
・明治HD 上値余地広がる 「LG21」「R―1」など好調で収益拡大へ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 高橋カーテンウォール工業、新日本科学、比較.com、関東電化工業など

概況

■アイフル(8515) 464円〔-66円、-12.45%〕
 第1四半期は二桁の減益、野村証券では目標株価を引き下げ
■マネックスグループ(8698) 315円〔+11円、+3.62%〕
 ドイツ証券が投資判断を引き上げ
■学研ホールディングス(9470) 271円〔-7円、-2.52%〕
 通期業績予想の下方修正を発表

続きを読む>>

概況/寄り付き 欧米株高から、東京市場も小幅続伸スタート。西武はMSCI指数採用で値上がり

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は15,310.52円の96.89円高、TOPIXは1,269.07の6.94ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが450万株、買いは480万株。

続きを読む>>

明日の材料 中電工、クックパッド、システナ、宝ホールディングス、MonotaRO、アイスタイルなど

個別

■大阪ガス(9532)
 第1四半期決算を発表、前年同期比6.6%増収、40.1%営業増益
■イチネンホールディングス(9619)
 第1四半期決算を発表、前年同期比12.5%増収、2.7%営業減益
■ミスミグループ本社(9962)
 第1四半期決算を発表、前年同期比19.5%増収、26.3%営業増益

続きを読む>>

2014年前半IPO 「初値天井」が激減 初値→高値の上昇率33.9%平均

IPO 概況

今年のIPO(新規上場)マーケットはこれまでとはひと味違う――IPOマーケット関係者からこんな声が聞かれる。これまでは、初値の段階で将来の成長の大部分を織り込み、“初値天井”となる銘柄も多かったが、今年は表の通り、“初値天井”が激減している。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 山崎製パン、エムスリー、エディオン、あみやき亭、レッグスなど

個別

■ヨネックス(7906) 633円〔+30円、+4.98%〕
 14時に通期業績予想の上方修正を発表
■ロイヤルホールディングス(8179) 1,537円〔+32円、+2.13%〕
 第1四半期決算を発表
■ヤマトホールディングス(9064) 2,248円〔+1円、+0.04%〕
 ゴールドマン・サックスが目標株価を引き上げ

続きを読む>>

MSCI入れ替え 5月15日早朝発表へ SMBC日興予想が話題

セクター 個別

JDI(6740) 日足

米系を中心に外国人の多くがグローバル投資のベンチマーク(運用指標)とするメジャー指数がMSCI。5、11月に銘柄入れ替えが行われるが(2、8月にも補助的な入れ替え実施)。今年5月の場合は、日本時間で再来週の5月15日早朝銘柄発表、30日大引けで実施のスケジュールとなる。

続きを読む>>

明日の材料 日本海洋掘削、タケエイ、パレモ、ガンホー・オンライン・エンターテイメントなど

個別

■京セラ(6971)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は9.2%増収、12.0%営業増益を計画
■トレイダーズホールディングス(8704)
 関連会社がスリランカ発電事業者とバイオマス発電共同事業で基本合意書締結
■ヤマダ電機(9831)
 通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

明日の材料 三井ホーム、星野リゾート・リート、コロプラ、日本農薬、日本電産など

概況

■キヤノンマーケティングジャパン(8060):第1四半期決算を発表
■ジャフコ(8595):平成26年3月期決算を発表
■ゼンリン(9474):通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

TOPIX算出対象の組み入れ 指数イベントは17銘柄が対象

個別 概況

パンチ工業(6165) 週足

指数イベントの1つであるTOPIX算出対象の組み入れが、今月28日終値を基準に実施される。3月は東証1部直接上場が3銘柄、東証2部からの1部指定が12銘柄、マザーズ、JASDAQから各1銘柄の合計17銘柄が東証1部市場にデビューした。これらの銘柄は年金、投信などのパッシブ(指数連動運用)資金の機械的な買い付けが想定され、需給的には好環境が見込まれる。

続きを読む>>

IPO社長会見 日立マクセル(6810) BtoB業態に“変身”

IPO 個別 社長会見

千歳喜弘社長

3月18日、東証1部に新規上場した。初値は公開価格比4.8%安の1,971円。一時1,762円となる場面もあったが、その後は出直り歩調に転じている。上場当日の記者会見で同社の千歳喜弘社長(写真)は次のように語った。

続きを読む>>

日経平均ベースで14倍割れ 「PER」見直しのタイミング【日本証券新聞 3月25日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月25日

・「よく頑張りました…」 アナリストにも通知表
・全国保証 上値追い軽快 期末実質6円増配も魅力
・トップインタビュー ルネサスイーストン 取締役社長 石井仁氏
・ホクト 好業績&高配当に再脚光

続きを読む>>

「売買単位」と「マザーズ上場」 4月のルール変更でどう変わる?!【日本証券新聞 3月19日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月19日

・春闘で沸いているのは外国人 注目すべきは「6月3日」
・小森コーポ 買い場探し
・サイバーダイン 公開価格決定 時価総額1000億円、2000億円の呼び声も
・低位・地方不動産関連に矛先 ラ・アトレ人気 コーセーREに見直し波及

続きを読む>>

日本株相場の展望と投資のポイント 半年間一定レンジでボックス相場へ 

インタビュー 概況

日本株市場は今年に入り、方向感に欠く展開。ファンド・マネージャーは現状をどうとらえているのか、どのような見通しを持って投資しているのか。大和住銀投信投資顧問で中小型株運用を中心に手掛ける苦瓜達郎ファンド・マネージャーに聞いた。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 大東紡織、オルトプラス、アクロディア、ゼリア新薬、クレスコ、日本ガイシ、NECなど

個別

■日立マクセル(6810) 1,832円〔-238円、-11.50%〕
 初値は1,971円と公開価格2,070円を4.8%下回る
■全国保証(7164) 2,555円〔+141円、+5.84%〕
 上方修正、増配を発表
■日産自動車(7201) 872円〔+22円、+2.59%〕
 UBSが投資判断を引き上げ

続きを読む>>

日立マクセル(6810) 3月18日、東証1部に新規上場。開発力で先行、4年ぶり再上場

IPO 会社紹介 個別

日立製作所が2009年7月に、グループ上場5社を完全子会社化すると発表した中の1社。その後、TOB(株式公開買い付け)と株式交換を経て(公開買付価格は1740円)、翌10年3月29日に上場廃止された。以来、4年弱での再上場となる。上場に伴う株式売り出しによって、日立の保有比率は3割強に低下、日立グループを離脱する格好となる。

続きを読む>>