6753

概況/寄付き 東京市場は小幅続落スタート、米国株安が重しに

概況

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが920万株、買いは840万株。9時9分時点の日経平均は18,662.17円の41.43円安、TOPIXは1,515.85の1.16ポイント安。

続きを読む>>

概況/寄付き 日経平均は続落、欧米株安が意識。SUMCOは公募増資で大幅安

概況

日経平均 日足

9時14分時点の日経平均は18,658.22円の156.94円安、TOPIXは1,513.89の12.94ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,660万株、買いは800万株。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ラクーン、ワイエスフード、SDエンターテイメント、クニミネ工業など

個別

■サイゼリヤ(7581) 2,227円〔+110円、+5.20%〕
 2月度の既存店売上高は前年比107.2%
■ピジョン(7956) 8,830円〔+760円、+9.42%〕
 平成27年1月期決算を発表
■AOI Pro(9607) 854円〔+31円、+3.77%〕
 増配、自社株買いを発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) タケエイ、寿スピリッツ、トヨタ紡織、帝人、東ソーなど

個別

■カヤバ工業(7242) 429円〔-43円、-9.11%〕
 通期利益予想を下方修正
■東邦ホールディングス(8129) 1,750円〔+87円、+5.23%〕
 野村証券では目標株価を引き上げ
■電源開発(9513) 4,380円〔-275円、-5.91%〕
 JPモルガンが投資判断を引き下げ

続きを読む>>

ROE向上への特効薬 「リキャップCB」実施候補は【日本証券新聞 1月29日】

日本証券新聞

日本証券新聞 1月29日

・菊池製作所 急動意 マッスルスーツ量産ライン稼働
・日経平均は続伸 新高値、201銘柄
・2015年バイオ株展望 キーワードは「現実の利益」「グローバル力」
・カシオ 高値抜け目前 業績上ブレ、増配を期待

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は大幅続伸、全面高。ECBによる緩和期待や円安、上海株の反発も好感。自動車株や鉄鋼株が高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,366.30円の352.01円高、TOPIXは1,397.63の25.22ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,657、値下がり銘柄数は158。出来高は21億3,483万株、売買代金は2兆1,600億円。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反発、日経平均は再び17,000円台回復。原油価格と欧米株の上昇を好感、石油関連や商社などが高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,014.29円の150.13円高、TOPIXは1,372.41の8.68ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,152、値下がり銘柄数は561。出来高は20億3,951万株、売買代金は1兆9,278億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 日本上下水道設計、KG情報、KLab、アクロディア、東ソーなど

個別

■シャープ(6753) 235円〔-17円、-6.75%〕
 最終赤字見通し報道
■アドバンテスト(6857) 1,353円〔+18円、+1.35%〕
 4-12月期営業黒字報道で
■センコー(9069) 623円〔+32円、+5.41%〕
 SMBC日興証券が投資判断を引き上げ

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は反発スタート、欧米株の反発を好感。原油価格の反発から石油関連が高い

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は17,005.69円の141.53円高、TOPIXは1,372.82の9.09ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが950万株、買いは1,490万株。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ジャストプランニング、日精樹脂工業、中越パルプ工業、日本カーボンなど

個別

■住友重機械工業(6302) 694円〔+24円、+3.58%〕
 みずほ証券が目標株価を引き上げ
■シャープ(6753) 287円〔-1円、-0.35%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を引き下げ
■小糸製作所(7276) 3,680円〔-95円、-2.52%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を引き下げ

続きを読む>>

決算発表 来週から本格化 31日がピーク

個別 概況

2015年3月期の第2四半期(4-9月)の決算発表が来週24日から本格的にスタートする。
発表のピークは400社以上が発表する10月31日(金)。11月7日(金)に第2のピークとなるが、電機、自動車をはじめ各業界の主力企業の発表は30日、31日にある程度集中している。株価への影響度を含めてこのあたりがヤマ場になる。

続きを読む>>

明日の材料 飛島建設、日本基礎技術、ゲンキー、DCMホールディングス、日本メディカルネットコミュニケーションズなど

個別

■いすゞ自動車(7202):GMと次世代ピックアップトラックに関する共同開発に合意
■ハイデイ日高(7611):第2四半期決算を発表、前年同期比8.0%増収、5.4%営業増益
■アオキスーパー(9977):第2四半期決算、通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

取材の現場から ネットセキュリティー関連に活躍場

取材の現場から 連載

ラック(3857) 日足

写真週刊誌『フラッシュ』9月23日号が急きょ、発売中止となった。理由は、海外セレブのプライベート写真だという。米アップルのデータ保管・共有サービスの「iCloud」から、女優やモデルなど著名人のプライベート写真がネットに流出する事件が起きたが、その写真を誌面に掲載していたそうだ。

続きを読む>>

概況/前引け ウクライナ情勢の緊迫化で欧米株が売られ、東証はジリ安。週末要因も影響。非鉄や不動産、建設などが安い

個別

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,365.08円の94.78円安、TOPIXは1,275.50の5.24ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は423、値下がり銘柄数は1,253。出来高は10億5,206万株、売買代金は8,143億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き ウクラナイ情勢悪化で欧米市場が売られたものの、東京市場の下げは限定的。非鉄や不動産は安く、海運や情報通信は上昇

概況

日経平均 週足

9時11分時点の日経平均は15,438.40円の21.46円安、TOPIXは1,281.32の0.58ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが700万株、買いは900万株と2日連続の買い越し。

続きを読む>>

明日の材料 日清製粉グループ本社、UBIC、アスクル、ネクステージなど

個別

■東京エレクトロン(8035)
 第2四半期末の配当予想を21円に設定
■九州電力(9508)
 第2四半期利益予想を開示、通期売上高予想を増額修正
■東京デリカ(9990)
 1対1.5の株式分割、実質2円の増配

続きを読む>>

明日の材料 アクシーズ、三井ホーム、テラ、ファンコミュニケーションズ、コカ・コーラウエストなど

個別

■GSIクレオス(8101):第1四半期決算を発表、前年同期比1.9%増収、60.2%営業増益
■東海汽船(9173):第2四半期業績予想を上方修正
■テレビ東京ホールディングス(9413): 第1四半期決算、第2四半期及び通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

概況/寄り付き NYダウの上昇を受け、東証は反発スタート。ゴムやその他金融、鉱業、建設などが高い

概況

日経平均 週足

9時8分時点の日経平均は15,432.56円の53.26円高、TOPIXは1,278.01の4.42ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが1,210万株、買いは710万株。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ウエストホールディングス、パシフィックネット、クレハ、協和発酵キリンなど

個別

■岩谷産業(8088) 798円〔+67円、+9.17%〕
 日本初の商用水素ステーションがオープン
■三益半導体工業(8155) 895円〔-54円、-5.69%〕
 14時に平成26年5月期決算を発表
■内外トランスライン(9384) 1,426円〔-84円、-5.56%〕
 本日、下方修正を発表

続きを読む>>

明日の材料 サカタのタネ、パソナグループ、日本駐車場開発、KG情報、ペッパーフードサービスなど

個別

■ピーシーデポコーポレーション(7618)
 音楽サービスの販売を本格開始
■東宝(9602)
 第1四半期決算を発表、前年同期比21.0%増収、40.6%営業増益
■ドミー(9924)
 平成26年5月期決算を発表、今27年5月期は2.4%増収、30.2%営業増益を計画

続きを読む>>

3連勝 日経平均4カ月ぶり高値 復権・外国人が推進役【日本証券新聞 6月20日】

日本証券新聞

日本証券新聞 6月20日

・ARM 戻り歩調
・「個人思い」を探せ! 総会の土・日開催急増中
・地銀株 上昇の背景 高配当利回り、自社株買い期待も刺激
・再浮上する「電線地中化」 きんでん、コムシスHDなど急動意

続きを読む>>

個別銘柄動向 安藤ハザマ、エムアップ、ITbook、豆蔵ホールディングス、アズジェントなど

個別

■安川電機(6506) 1,237円〔-28円、-2.21%〕
 クレディ・スイスが投資判断を「NEUTRAL」に引き下げ
■シャープ(6753) 328円〔+14円、+4.46%〕
 「フリーフォームディスプレイ」の開発が好感
■ニコン(7731) 1,603円〔-13円、-0.80%〕
 JPモルガンが投資判断を「Underweight」に引き下げ

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は小幅高スタート。102円台割れの円高が重しに

概況

9時9分時点の日経平均は15,145.83円の30.03円高、TOPIXは1,251.59の2.44ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが730万株、買いは890万株と2日連続で買い越し。

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXはプラス圏に浮上。ソフトバンクやトヨタ、ケネディクスなどに押し目買い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,663.72円の7.23円安、TOPIXは1,198.99の0.82ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は741、値下がり銘柄数は877。出来高は9億2,139万株、売買代金は7,609億円。

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 建設関連株の人気継続読む

インタビュー 個別

マツダ(7261) 週足

米ダウ平均が週半ばにかけて連日、史上最高値を更新。日経平均株価も13日には、出遅れ人気を集めて275円高と急騰する場面も見せるなど、ようやく反転期待が広がったが、週末にかけては再び失速、下値模索に舞い戻ってしまった。

続きを読む>>

法人減税見据えた投資戦略 恩恵、そして逆風銘柄は?!

セクター 個別

Jフロント(3086) 週足

6月発表を控えた「成長戦略」。今や外国人の熱気もすっかり冷めているが、逆説的には、その分、織り込みのハードルが低く、インパクト発揮の余地を残すことになる。特に、注目されるのは法人税実効税率引き下げ。甘利明経済再生担当相は9日にかけて「5年前後で20%台」を目指す旨の発言を繰り返したが、もともと安倍晋三首相が1月22日のダボス会議で“公約”済みの最優先課題と言っていい。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) メディネット、ハウス食品、メディアドゥ、ユビキタスなど

個別

■エスケーエレクトロニクス(6677) ストップ高買い気配
 第2四半期決算、通期業績予想を上方修正
■シャープ(6753) 273円〔+14円、+5.41%〕
 前日、平成26年3月期決算を発表
■いすゞ自動車(7202) 595円〔+30円、+5.31%〕
 今期減益見通しも、自社株買い、投資単位の引き下げが好感

続きを読む>>

概況/寄り付き NYダウの連日の最高値更新で、東証は全面高。円安も寄与。不動産、証券、ノンバンク、自動車などが高い

概況

日経平均 週足

9時7分時点の日経平均は14,419.46円の269.94円高、TOPIXは1,178.23の20.32ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,050万株、買いは1,990万株。

続きを読む>>

明日の材料 日本ハム、アイロムホールディングス、オールアバウト、トリドール、石原産業など

個別

■スリー・ディー・マトリックス(7777)
 ETPLと超短鎖自己組織化ペプチド技術に関するライセンス契約
■タカラレーベン(8897)
 平成26年3月期決算、500万株の自社株買い、オアシスを子会社化
■イヌイ倉庫(9308)
 平成26年3月期決算、乾汽船(9113)と合併契約締結

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ブロコンビリー、ホットリンク、フリービット、ヤフーなど

個別

■ローランドDG(6789) 3,805円〔+85円、+2.28%〕
 上方修正が好感される動き
■日本テレホン(9425) 1,575円〔-115円、-6.80%〕
 後場に入り売り優勢。東証が本日より増担保規制
■ソフトバンク(9984) 7,580円〔+572円、+8.16%〕
 アリババがIPOに向けて早ければ21日にも目論見書を提出との報道

続きを読む>>

概況/大引け 安倍首相が日銀総裁と会談予定と報じられ、日中は比較的シッカリ。ただ、警戒ムードも強く、大引けにかけて弱含み

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は13,910.16円の49.89円安、TOPIXは1,132.76の1.33ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は683、値下がり銘柄数は944。出来高は17億2,881万株、売買代金は1兆6,099億円。

続きを読む>>

概況/前引け 追加緩和期待から、東京市場は下げ渋り。ただ、薄商い

概況

日経平均 週足

前引けの日経平均は13,944.43円の15.62円安、TOPIXは1,139.41の5.32ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,086、値下がり銘柄数は549。出来高は8億3,936万株、売買代金は7,618億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 日本ハム、ペッパーフードサービス、ANAP、ゼリア新薬、大幸薬品など

個別

■ガリバーインターナショナル(7599) 766円〔-22円、-2.79%〕
 11日に平成26年2月期決算を発表
■東京ドーム(9681) 479円〔-14円、-2.84%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が目標株価を引き下げ
■ファーストリテイリング(9983) 32,895円〔-925円、-2.74%〕
 下方修正による売りが継続、日経平均を押し下げ

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は小幅安スタート。シャープは再度の公募増資報道で下落

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は13,928.82円の31.23円安、TOPIXは1,133.12の0.97ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,500万株、買いは960万株。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前)  サンヨーホームズ、テンプホールディングス、スリープロなど

個別

■シャープ(6753) 331円〔+10円、+3.12%〕
 スマホ向け「IGZO」の中国向け出荷量を倍増させるとの報道
■丸文(7537) 558円〔+21円、+3.91%〕
 最高水準のエネルギー効率を実現するLEDを製造する技術を共同開発
■静岡銀行(8355) 1,050円〔+30円、+2.94%〕
 マネックスと資本業務提携

続きを読む>>

概況/寄り付き 欧米株高から、東証も続伸スタート。シャープは中国にスマホ液晶供給で値上がり

概況

日経平均 週足

欧米株高から続伸し、広範囲にわたる業種がシッカリした展開。ノンバンクや精密、海運株が値上がり率上位で、証券や不動産、銀行も堅調。

続きを読む>>

明日の材料 東日本ハウス、カワチ薬品、アスクル、ハニーズ、GMOペイメントゲートウェイなど

個別

■スリー・ディー・マトリックス(7777)
 自己組織化ペプチド技術の「創傷治癒・皮膚再建材」に関する特許取得
■象印マホービン(7965)
 第1四半期決算、第2四半期及び通期業績予想を上方修正
■ジャステック(9717)
 第1四半期決算、第2四半期業績予想を上方修正

続きを読む>>

取材の現場 「リストラ助成金」大企業向けに拡充

取材の現場から 連載

パソナ(2168) 週足

「リストラ助成金」制度が3月から大幅拡充された。社員をリストラした会社に、政府がお金を出すという制度。中小企業向けの制度だったが、大企業にも対象を拡げた。予算も2億円から300億円に増額。安倍内閣が提唱する、「失業なき労働移動の実現」のための措置なのだという。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 日本配合飼料、ツムラ、アンジェスMG、ヤフー、ゼニス羽田など

個別

■ヤフー(4689) 584円〔+18円、+3.18%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を「Outperform」に引き上げ
■日本マイクロニクス(6871) 6,760円〔+1,000円、+17.36%〕
 上方修正を発表
■三菱重工業(7011) 631円〔-7円、-1.10%〕
 大和証券が投資判断を「1」→「3」に引き下げ
■アーク(7873) 315円〔+48円、+17.98%〕
 上方修正を発表

続きを読む>>

概況/大引け 後場にかけて一時14,000円台割れも、最終的には反発。パナソニックやトヨタ、OKI、ライト工業、ミネベアが好決算や上方修正で高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,180円38銭の171円91銭高、TOPIXは1,162.64の23.37ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,441、値下がり銘柄数は267。出来高は37億6,119万株、売買代金は3兆3,064億円。

続きを読む>>

概況/前引け 朝方は日経平均は236円高も、その後は伸び悩み。好決算のパナソニックが大幅高の一方、ソフトバンク、シャープがマイナス圏に

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,061円20銭の52円73銭高、TOPIXは1,151.69の12.42ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,206、値下がり銘柄数は468。出来高は19億1,313万株、売買代金は1兆5,739億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ライト工業、ビックカメラ、持田製薬、東洋鋼鈑、ミネベアなど

概況

■ユビテック(6662) 340円〔+20円、+6.25%〕
 村田製作所とATMセンサモジュールを共同開発
■メガチップス(6875) 1,213円〔-52円、-4.11%〕
 ドイツ証券が投資判断を「Hold」に引き下げ
■NTTデータ(9613) 3,800円〔+355円、+10.30%〕
 決算からSMBC日興証券では目標株価を4,500円に引き上げ

続きを読む>>

25日、75日移動平均線逆カイ離を狙う 売られすぎ銘柄を選別 【NSJ日本証券新聞 2月3日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月3日

・STAP細胞 前臨床試験関連が人気
・決算速報 決算数はピーク アルパイン、日通など買い直す
・親子解消には“理由”あり 完全子会社化に駆け込み需要
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.30 DQMスーパーライト

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場も反発。インドとトルコが利上げを発表し、新興国懸念も後退。ただ、米FOMCの結果待ちも

個別

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,240円84銭の260円68銭高、TOPIXは1,248.22の23.91ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,704、値下がり銘柄数は50。出来高は11億3,692万株、売買代金は1兆1,560億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 三井化学、トーセ、サイバーエージェント、住友ゴム工業、安川電機など

個別

■住友ゴム工業(5110) 1,531円〔+34円、+2.27%〕
 ゴールドマン・サックスが投資判断を引き上げ
■スーパーツール(5990) 525円〔+12円、+2.34%〕
 太陽光発電事業を開始すると発表
■日本電産リード(6833) 1,401円〔-28円、-1.96%〕
 いちよし経済研究所ではレーティングを「A」→「B」に引き下げ

続きを読む>>

概況/寄り付き 連休明けのNYダウの反落で、東証も小幅安。トヨタが一服、電機株も小安い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,380万株、買いは1,860万株でした。
9時15分時点の日経平均は15,760円25銭の35円71銭安、TOPIXは1,295.81の0.14ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は750、値下がり銘柄数は779。業種別では鉄鋼や銀行、証券が小幅高、石油や精密、輸送用機器が値下がり。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は4日ぶりの反発。安倍首相のダボス会議での演説にも期待。セルロースナノファイバー関連が大幅高

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,795円96銭の154円28銭高、TOPIXは1,295.95の2.09ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は791、値下がり銘柄数は842。出来高は23億7,699万株、売買代金は2兆609億円。

続きを読む>>

新主役・個人は何を買う!? 14週ぶり大量買い越し 【NSJ日本証券新聞 1月21日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月21日

・銘柄一本勝負 宇徳(9358) 不動産含み益プラスαの魅力
・JASDAQ平均 昨年5月高値更新 マザーズ指数1,000ポイント回復
・「任天堂ショック」渦中で当たり屋誕生も
・今年のガンホーを探せ! 野村が増益率でスクリーニング

続きを読む>>

概況/前引け 米国株の続伸を好感。一方、東和薬品はメリルリンチの格下げで下落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,879円81銭の71円08銭高、TOPIXは1,305.22の10.70ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,268、値下がり銘柄数は401。出来高は15億6,685万株、売買代金は1兆2,178億円。

続きを読む>>

明日の材料 テンポスバスターズ、ユーグレナ、モバイルクリエイト、マクロミル、ライドオン・エクスプレスなど

個別

■アジア航測(9233)
 西日本旅客鉄道と業務提携
■カナモト(9678)
 平成25年10月期決算を発表、今26年10月期は6.0%増収、10.0%営業増益を計画
■ヤマダ電機(9831)
 グループによる不動産ネットワーク「ヤマダ・エステートパートナーズ」事業を開始

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) コムシスホールディングス、ミクシィ、レンゴー、SMC、日本精工、フジコピアンなど

個別

■新光電気工業(6967) 841円〔-19円、-2.21%〕
 みずほ証券が投資判断を引き下げ
■TASAKI(7968) 838円〔+68円、+8.83%〕
 上方修正から買い優勢
■天満屋ストア(9846) 1,343円〔+300円、+28.76%〕
 セブン&アイとの提携が昨日に続き支援材料に

続きを読む>>

概況/寄付き NYダウの続落も、円安が下支えとなり東京市場は下落回避。リチウムイオン電池の新材料報道から積水化学が急騰

日本証券新聞

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,450万株、買いは1,020万株でした。
9時15分時点の日経平均は15,691円58銭の36円51銭高、TOPIXは1,260.36ポイントの1.42ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,013、値下がり銘柄数は530。

続きを読む>>

概況/大引け 後場に入り失速、日経平均は一時マイナス圏。シャープや日立が高い反面、ソニーやファナックは小幅安

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,381円72銭の16円12銭高、TOPIXは1,248.57の2.26ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は580、値下がり銘柄数は1,021。出来高は30億3,889万株、売買代金は2兆9,022億円。

続きを読む>>

概況/前引け NYダウが16,000ドル台乗せ、円安から、東証も値上がり。ソフトバンクは米サードポイントの取得、シャープはIGZO増産

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,543円23銭の188円63銭高、TOPIXは1,255.72の9.41ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は913、値下がり銘柄数は672。出来高は15億7,460万株、売買代金は1兆4,290億円。

続きを読む>>

明日の材料 ジーエヌアイグループ、ソリトンシステムズ、シャープ、京セラ、日本エム・ディ・エムなど

個別

■毎日コムネット(8908) 713円〔+89円、+14.26%〕
 上方修正、増配が好感
■テレビ朝日(9409) 2,346円〔+39円、+1.69%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が目標株価を引き上げ
■ソフトバンク(9984) 8,310円〔+340円、+4.27%〕
 米サード・ポイントが1%程度を取得との報道

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) わかもと製薬、牧野フライス製作所、横河電機、武蔵精密工業、マルカキカイなど

個別

■盟和産業(7284) 221円〔+9円、+4.25%〕
 中国事業の営業利益が2倍になるとの日経報道
■三菱地所(8802) 2,825円〔-27円、-0.95%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を「Neutral」に引き下げ
■ANAホールディングス(9202) 211円〔-1円、-0.47%〕
 シティグループがレーティングを「2」に引き下げ

続きを読む>>

久方ぶり最高益更新銘柄に的 大日本塗料17年ぶり、横川ブリッジ、電通13年ぶり 【NSJ日本証券新聞 11月21日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 11月21日

・立会外分売ラッシュの理由 大株主に節税指向強まる
・シャープ提携報道で急伸 野村、三菱“大当たり”
・IPOは常に持ち越し相次ぐ ANAP初値は公開比5倍超
・日本マイクロニクス S高 本業回復鮮明+新材料

続きを読む>>

概況/大引け FOMC議事録の公表を控え、東京市場は様子見ムード。損保や不動産などが安い

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,076円08銭の50円48銭安、TOPIXは1,233.43の3.43ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は805、値下がり銘柄数は791。出来高は21億7,821万株、売買代金は1兆7,657億円。

続きを読む>>

概況/前引け FOMC議事録公表を控え、東京市場は様子見から小幅安。シャープは複写機事業で米HPと提携検討と報じられ高い

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,111円51銭の15円05銭安、TOPIXは1,234.23の2.63ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は654、値下がり銘柄数は929。出来高は11億2,892万株、売買代金は8,499億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) JACR、東レ、シンバイオ製薬、ネツレン、アマダなど

個別

■日本マイクロニクス(6871) 861円〔+141円、+19.58%〕
 平成25年9月期決算、新原理の二次電池量産化技術
■ノジマ(7419) 881円〔-133円、-13.12%〕
 公募増資などで約34億円を調達
■日立キャピタル(8586) 2,881円〔+33円、+1.16%〕
 東海東京調査センターでは「2」継続

続きを読む>>

概況/前引け ECB理事会をまえに円高となり、日経平均も小幅安に反落。日産が下方修正で安い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,179円26銭の22円31銭安、TOPIXは1,178.95の4.08ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は653、値下がり銘柄数は975。出来高は14億1,304万株、売買代金は1兆834億円。

続きを読む>>

明日の材料 省電舎、ぐるなび、サイバーエージェント、富士通、パナソニック、ソニー、マツダ、ソフトバンクなど

個別

■シャープ(6753)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 21.5%増収、営業利益は33,815百万円
■新日本無線(6911)
 第2四半期決算、「継続企業の前提に関する重要事象等」の記載解消
■ケーヒン(7251)
 第2四半期決算、通期業績予想の上方修正を発表
■リコー(7752)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 15.1%増収、67.4%営業増益。単元株式数を1,000株→100株へ
■東京電力(9501)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 11.8%増収、営業利益は167,223百万円

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」 好決算続出で11月には1万5,000円台へ

タカさんの「オレに任せろ!」 概況 連載

日経平均 週足1年

米国の債務上限引き上げが予想通り、17日の期限までに決着がつき、米国の信用失墜は避けられました。先週の米国市場は決着を巡って期待したり、失望したりで振り回されましたが、日経平均は円安が定着したことや、企業業績の堅調さを背景に終始堅調でした。

続きを読む>>

学生の金融リテラシーの向上を目指し、学生投資団体を大紹介(5) 協力:「学生投資連合 USIC」

USIC

近年になって学生の間では、証券および金融への関心が高まっている。約16団体が加盟する「学生投資連合 USIC」の全面協力の下、各大学の投資団体を紹介。第5回目は横浜市立大学「横浜市立大学株式投資クラブ CloverFund」と専修大学「投資研究会TAMAGO」を紹介する。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 一休、システム・ロケーション、日本鋳鉄管、santec、シャープなど

個別

■JIN(3046) 3,525円〔+175円、+5.22%〕
 野村証券では投資判断「Buy」、4,550円目標を継続
■富士通(6702) 409円〔+22円、+5.68%〕
 ゴールドマン・サックスが投資判断を「買い」に引き上げ、目標株価は480円
■関西電力(9503) 1,341円〔+50円、+3.87%〕
 上方修正から買い優勢

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) タマホーム、鹿島、ツムラ、東京個別指導学院、丸三証券など

個別

■日本農薬(4997) 1,194円〔+41円、+3.56%〕
 上方修正を発表。SMBC日興証券では「1」継続
■三井住友トラスト(8309) 493円〔+9円、+1.86%〕
 大和証券が投資判断を「1」に引き上げ
■フィンテック(8789) 3,820円〔+700円、+22.44%〕
 太陽光発電に係る投資機会を提供する事業の開始

続きを読む>>

明日の材料 ツルハホールディングス、ガンホー、アクロディア、日本農薬、シャープなど

個別

■クスリのアオキ(3398)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 25.1%増収、2.6%営業増益
■マキタ(6586)
 シャープ(6753)と資本業務提携、約100億円を出資
■VTホールディングス(7593)
 中間、期末配当予想をそれぞれ15円→16円に引き上げ(年間30円→32円)
■丸三証券(8613)
 中間配当を30円に決定(前期実績は2.5円)、200万株の自己株式を消却

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) プラネット、アクロディア、医学生物学研究所、シャープ、セガサミーなど

個別

■星光PMC(4963) 507円〔-8円、-1.55%〕
 利益予想を引き上げ。植物由来の繊維開発報道も
■タカラバイオ(4974) 2,201円〔+192円、+9.56%〕
 経産省の再生医療等産業化促進事業に採択
■安田倉庫(9324) 1,155円〔+104円、+9.90%〕
 モルガン・スタンレーMUFGでは理論株価が倉庫5社で最も大きいと
■電源開発(9513) 3,185円〔-40円、-1.24%〕
 大和証券が新規「3」

続きを読む>>

概況/前引け SQも控え、様子見。8月の豪雇用統計が期待外れで豪ドル安・円高。自動車株が安く、不動産も軟調

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,382円92銭の42円15銭安、TOPIXは1,183.19の6.06ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は579、値下がり銘柄数は1,033。出来高は13億4,906万株、売買代金は8,772億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 国際石油開発帝石、エムスリー、参天製薬、ペプチドリーム、三菱自動車など

個別

■ペプチドリーム(4587) 8,260円〔+610円、+7.97%〕
 みずほ証券が新規「買い」
■ウインテスト(6721) ストップ高買い気配
 平成25年7月期決算を発表、今期は黒字化を計画
■島忠(8184) 2,288円〔-104円、-4.35%〕
 野村証券が投資判断を「Neutral」に引き下げ
■エイチ・アイ・エス(9603) 5,370円〔+160円、+3.07%〕
 岩井コスモ証券が投資判断を「A」に引き上げ

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は揉み合いスタート。東京五輪関連では巴コーポやデイシイが高い。三菱自動車とシャープは増資観測報道

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,220万株、買いは1,460万株でした。
9時16分時点の日経平均は14,437円03銭の11円96銭高、TOPIXは1,186.90ポの2.35ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は654、値下がり銘柄数は840。

続きを読む>>

9月10日開催決定! アップルの新端末発表会 周辺製品を手掛ける企業に注目

セクター 個別

パナソニック(6752) 週足

米・アップル社が10日(日本時間11日)に発表会を行うことを正式に発表した。
「iPhone5」の後継機種の発表が有力視されているが、その一方で、「iPhone5」の廉価版を発売することも有力視されている。複数機種の投入となれば、ユーザー層の広がりが期待され、関連企業も再び関心を集める可能性が高そうだ。

続きを読む>>

内食志向で調理家電に関心 消費者の健康ニーズ追い風

セクター 個別

健康への関心の高まりから内食志向が鮮明となっており、さまざま調理家電へのニーズもまた高まっている。景気が回復基調となる中で、消費者はより快適な調理を可能とするべく、電子レンジや炊飯器以外のキッチン周りのアイテムを購入する傾向も強まっている。

続きを読む>>

発表迫る「次期iPhone」 アップル関連を再チェック

セクター 個別

ソフトバンク(9984) 日足

米アップルが米国時間の9月10日に「次期iPhone」の発表イベントを開催することを米メディアのAllThingDが報じた。アップル側からの公式発表はされていないが、現行端末の「iPhone5」は昨年9月12日に発表した経緯から、今年の新端末の発表も報道通りの時期となる可能性は高く、関連銘柄が再び注目されることになりそうだ。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) クルーズ、タケエイ、ビジネス・ブレークスルー、シャープ、GMOインターネットなど

個別

■ビジネス・ブレークスルー(2464) 67,500円〔+9,900円、+17.19%〕
 1対200の株式分割、1単元を100株に
■ヒューリック(3003) 1,265円〔+89円、+7.57%〕
 立花証券では「強気」、1,500円目標
■旭化成(3407) 679円〔+31円、+4.78%〕
 第1四半期決算、第2四半期業績予想を増額修正

続きを読む>>

明日の材料 アサヒグループ、メドレックス、ジャストシステム、ソニー、京セラ、GMOインターネットなど

個別

■MCJ(6670):業績上方修正、期末配当予想の増額(3.32円→3.72円)を公表
■OKI(6703):第1四半期決算を発表、前年同期比 0.0%増収、営業利益は△2,260百万円
■シャープ(6753):第1四半期決算を発表、前年同期比 32.6%増収、営業利益は3,012百万円

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) トーメンデバイス、ソースネクスト、シャープ、日産、テクノアソシエなど

個別

■日産自動車(7201) 1,095円〔-17円、-1.53%〕
 第1四半期決算を発表、野村証券では「Neutral」、ドイツ証券では「Buy」を継続
■テクノアソシエ(8249) 1,100円〔+126円、+12.94%〕
 第1四半期決算、上方修正を発表
■アサックス(8772) 170,400円〔+17,500円、+11.45%〕
 二桁の増収増益となる第1四半期決算を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 一休、シャープ、アドバンテスト、小松ウオール、インテリックスなど

個別

■小松ウオール工業(7949) 2,010円〔-155円、-7.16%〕
 減収・減益となる第1四半期決算を発表
■任天堂(7974) 13,560円〔+510円、+3.91%〕
 中国が家庭用ゲーム機とゲームソフトの輸入・販売を解禁するとの報道
■インテリックス(8940) 58,000円〔+3,100円、+5.65%〕
3,000株、2億円を上限に自社株買い

続きを読む>>

概況/寄付き NYダウの過去最高値更新を好感、続伸スタート。シャープはLIXILやマキタに出資要請検討で高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

9時16分時点のTOPIXは1,231.21の9.20ポイント高、日経平均は14,937円の128円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,072、値上がり銘柄数は463。

続きを読む>>

概況/大引け FRB議長の議会証言を控え、前場の日経平均は一時138円安の14,460円まで下落したが、個別物色に支えられ小幅高に

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,213.24の2.70ポイント高、日経平均は14,615.04円の15.92円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は928、値下がり銘柄数は680。出来高は32億2,382万株。売買代金は2兆3,547億円。

続きを読む>>

価格感応度で読む投資戦略 原油相場1年2カ月ぶり高値更新 【NSJ日本証券新聞 7月5日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 7月5日

・IPO社長会見 サントリーBF 非炭酸飲料はグローバル市場で最も成長余地大
・7月需給良好説に黄信号!? 「公募→急落」パターン続く
・「今日の勝負株」戦績表 底値もみ合い圏で全般低調

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 帝人、ワークマン、三菱商事、パルコ、東京電力など

個別

■ワークマン(7564) 3,570円〔+170円、+5.00%〕
 6月度の既存店売上高は106.9%、全店は109.2%

■三光合成(7888) 396円〔+16円、+4.21%〕
 上方修正を発表

■象印マホービン(7965) 341円〔+11円、+3.33%〕
 第2四半期決算、通期利益予想を増額修正

続きを読む>>

明日の材料 クスリのアオキ、リゾートトラスト、インデックス、シャープ、インテリックスなど

個別

■ライフネット生命保険(7157)
 保有契約件数が18万件を突破

■東京ガス(9531)
 60,368,000株の自己株式の消却を発表

■ニトリホールディングス(9843)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 7.2%増収、0.7%営業増益

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ユナイテッド、ユーグレナ、ソケッツ、NKSJホールディングスなど

個別

■電気興業(6706) 505円〔-7円、-1.37%〕
 東海東京調査センターでは「1」継続

■シャープ(6753) 400円〔-1円、-0.25%〕
 既存シンジケートローン3,600億円の契約更改、新規シンジケートローン1,500億円

■NKSJホールディングス(8630) 2,224円〔+28円、+1.28%〕
 550万株、83億円を上限に自己株を取得

続きを読む>>

明日の材料 タカラバイオ、三協立山、シャープ、ライトオンなど

個別

■PSS(7707)
 アボット社と脱塩装置(PCR産物精製)の開発契約を締結

■シグマ光機(7713)
 フランスに子会社を設立

■ピープル(7865)
 5月度の売上高は前年同月比 141.8%

続きを読む>>

概況/大引け 米雇用統計がほどよい強さで米国株高・ドル高に安心、日経平均は636円高と全面高

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,111.97ポイントの55.02ポイント高、日経平均は13,514.20円の636.67円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,670、値下がり銘柄数は39。出来高は32億5,193万株、売買代金は2兆5,760億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) マクドナルド、Jグループ、ブロンコビリー、コロプラなど

個別

■エイチ・アイ・エス(9603) 4,160円〔+625円、+17.68%〕
 UBS証券では決算を受けて「Buy」の投資判断を継続

■カナモト(9678) 2,244円〔+259円、+13.05%〕
 第2四半期決算を発表、UBS証券では「Buy」継続

■丹青社(9743) 427円〔+36円、+9.21%〕
 第1四半期決算を発表

続きを読む>>

明日の材料 ベルグアース、東建コーポレーション、ディー・エヌ・エー、ブロンコビリーなど

個別

■ディー・エヌ・エー(2432)
 520万株、100億円を上限に自己株式の取得を発表

■伊藤園(2593)
 5月の月次売上高は7.2%増、リーフ事業は3.9%増、ドリンク事業は7.8%増

■ジェイグループ(3063)
 1対200の株式分割、単元株制度(1単元100株)を採用、公募増資等で約6.3億円を調達

続きを読む>>

明日の材料 アイティメディア、GCAサヴィアン、綜合臨床ホールディングス、JTなど

個別

■パーク24(4666)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 9.9%増収、9.1%営業増益

■JUKI(6440)
 ソニー(6758)等と産業装置事業で業務提携

■東洋製作所(6443)
 三菱重工業(7011)が1株542円でTOB

続きを読む>>

取材の現場から シャープ(6753)経営陣交代の裏側 進まぬ資産売却が火種か

個別 取材の現場から 連載

シャープ(6753) 月足

シャープ(6753)が経営陣の交代人事を発表した。会長、社長が退任し、高橋興三副社長が社長に昇格。クーデター人事ともいわれるが、水面下でどういう動きがあったのか、背景は何だったのか、関係各人が個々の思惑で解説しており、情報が交錯している。芥川龍之介の「藪の中」のような様相となっている。

続きを読む>>

業績相場への移行にらむ 投信好みの好業績株に関心 【NSJ日本証券新聞 5月27日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 5月27日

・過去の暴落後を探る 反発後も不安定な展開
・2007年高値超えで達成感 「ドル建て」では別の風景
・新興Weeklyウォッチャー 証券株、炭鉱のカナリア?

続きを読む>>

携帯大手3社の夏モデル出そろう 各社ともさらなる高機能化に特徴

セクター 個別

NTTドコモ(9437) 月足

KDDI(9433)が5月20日に2013年夏モデルとなるスマートフォン(スマホ)4機種を発表したことで、NTTドコモ(9437)とソフトバンク(9984)を含む携帯大手3社の今年夏モデルが出そろった。各社ともさらなる端末の高性能化を図っており、端末や部品メーカーを含めて、あらためて注目されそうだ。

続きを読む>>

概況/前引け HSBCから5月の中国PMIが49.6と発表され、豪ドル売られ円高に。日経平均も315円高から一時マイナス圏に

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,262.22ポイントの13.81ポイント安、日経平均は15,662.95円の35.69円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は213、値下がり銘柄数は1,453。出来高は36億8,821万株、売買代金は2兆5,653億円。

続きを読む>>

社長インタビュー モブキャスト モバイルスポーツメディア事業に特化 【NSJ日本証券新聞 5月23日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 5月23日

・売り方苦境、踏み上げ相次ぐ 東電、シャープ、三菱自…
・野村、GS強気合戦5ラウンド JPモルガンも果敢に参戦!?
・【深層】を読む プロ運用者を出し抜く目も 個別選別よりタイミング重視

続きを読む>>

概況/大引け 米国株高や円安、日印原子力協定等、豊富な材料に刺激され物色意欲旺盛

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,269.51ポイントの16.27ポイント高、日経平均は15,360.81円の222.69円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,106、値下がり銘柄数は524。出来高は48億7,023万株、売買代金は3兆5,651億円。

続きを読む>>

概況/大引け NYダウの最高値更新を受けて、日経平均は2007年12月末以来の15,000円台回復。トヨタやソニーなど輸出関連高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

最近の長期金利の上昇を受けて、ここ数日はREITなどの不動産関連が売られ、不動産ファンドのケネディクスやジャスダック市場のいちごグループなども本日は売られたため、同じ安倍政権の成長戦略に期待して賑わってきたバイオ関連も利益確保の動きで大幅安となりました。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ABCマート、東洋ゴム工業、THK、シチズンHDなど

個別

■THK(6481) 2,646円〔+194円、+7.91%〕
 シティグループが投資判断を「1」に引き上げ

■シャープ(6753) 466円〔-65円、-12.24%〕
 ゴールドマン・サックスでは「売り」継続

■プレス工業(7246) 537円〔-21円、-3.76%〕
 14時に平成25年3月期決算を発表

続きを読む>>

概況/寄り付き NYダウが上昇し、ドル円も102円台乗せで、日経平均は2008年1月4日以来の15,000円回復

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

トヨタやマツダなどの自動車株が買われ、東京電力が続伸し、三菱UFJフィナンシャルグループの値上がり。下方修正からグリー(3632)が売り気配スタート。

続きを読む>>

明日の材料 カイオム、比較.com、アールテック・ウエノ、マキタ、タカラトミーなど

個別

■新日本科学(2395)
 平成25年3月期決算を発表、カイオム・バイオサイエンスとの業務提携

■グリー(3632)
 第3四半期決算、通期業績予想の下方修正を発表

■ジーンテクノサイエンス(4582)
 扶桑薬品とバイオ医薬品高産生細胞株の樹立を目的とした共同研究契約締結

続きを読む>>

概況/大引け 米週間失業保険申請件数の低下で1ドル=100円突破。東京タイムでは1ドル=101円19銭まで円安。トヨタやマツダ、富士重工など自動車株中心に広範囲に値上がり

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

東京株式市場はトヨタやマツダ、富士重工などの円安メリット株が買われ、指数寄与度の高いソフトバンクやファーストリテイリングも上昇で、リフレ効果に期待して野村ホールディングスやアイフルなどの金融株も物色されました。

続きを読む>>

概況/寄り付き 1ドル=100円85銭近辺の円安を好感し、東京株式市場は全面高。共通番号制度の恩恵期待でアイネスが買い気配

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

9時15分時点のTOPIXは1,207.75ポイントの25.92ポイント高、日経平均は14,554円の363円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,534、値下がり銘柄数は122。

続きを読む>>

巻き返し狙うアップル 新端末向けで部品メーカーに商機 村田製作所、東光、日本航空電子など

セクター 個別

メイコー(6787) 週足

国内の電子部品メーカーによるスマートフォン(スマホ)向け部品の増産が伝えられている。携帯電話大手各社が新型端末の投入を積極化させていることが要因だが、その中で特に期待されるのが、これまで劣勢が伝えられていた米アップル社向けの回復だ。

続きを読む>>

概況/大引け 中国の消費者物価が予想を超え、中国人民銀行による資金吸収警戒で上海株下落、東証も後場は調整

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

東京株式市場の下落を受けて円相場も1ドル=98円70銭近辺の円高に振れたため、朝方は好決算を評価して買われていたトヨタも後場は小幅安に。

続きを読む>>

個別銘柄動向 大東建託、シャープ、ローランドDG、H2Oリテイリングなど

個別

■大日本住友製薬(4506) 1,768円〔-111円、-5.91%〕
 今期は小幅営業増益計画

■ナノキャリア(4571) 451,000円〔-47,500円、-9.53%〕
 pH応答性ミセルに関する物質特許が米国にて特許査定

■シャープ(6753) 449円〔+80円、+21.68%〕
 サムスン電子と提携強化報道

続きを読む>>

概況/前引け ドイツとNYダウが連日の最高値更新で、リスクオンから東証も値上がりし、野村HDやアイフルが高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,198.33ポイントの3.99ポイント高、日経平均は14,381.99円の96.30円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は923、値下がり銘柄数は642。出来高は19億8,892万株、売買代金は1兆6,104億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向 ミサワホーム、フィールズ、MonotaRO、楽天など

個別

■ラクオリア創薬(4579) 2,037円〔+380円、+22.93%〕
 導出先のCJ第一製糖が韓国においてアシッドポンプ拮抗薬の第2相臨床試験を開始

■サニックス(4651) 835円〔+75円、+9.87%〕
 4月の月次売上高が前年同月比207.9%

■楽天(4755) 1,264円〔+133円、+11.76%〕
 ドイツ証券が投資判断を「Buy」に引き上げ

続きを読む>>

概況/寄り付き トヨタや日産が揉み合い。三菱地所は計画未達で下落。原発関連は続伸

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の東京株式市場は揉み合いの始まりで、昨日買われたトヨタや日産が揉み合いとなり、ソニーも小動きとなっています。不動産株が小幅安となり、ファーストリテイリングも反落しています。

続きを読む>>

個別銘柄動向 日清食品HD、トクヤマ、東芝機械、ワコムなど

個別

■日本マイクロニクス(6871) 517円〔+27円、+5.51%〕
 いちよし経済研究所が投資判断を「A」に引き上げ

■FPG(7148) 4,970円〔+670円、+15.58%〕
 1対3の株式分割、第2四半期決算を発表

■ワークマン(7564) 3,800円〔+600円、+18.75%〕
 平成25年3月期決算を発表

続きを読む>>

概況/前引け 東京エレクトロンの上方修正で半導体製造装置が高い。3月首都圏マンション販売で大京なども値上がり

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前日のNYダウが続落となったことで、東京株式市場も動きにくい状態でしたが、東京エレクトロンの上方修正を受け、大日本スクリーンやアドバンテストなど他の半導体製造装置メーカーも値上がりし、不動産株も不動産経済研究所が18日発表した3月の首都圏の新築マンション発売戸数は前年同月比48.4%増だったことで大京や住友不動産販売などは値上がりしました。

続きを読む>>

個別銘柄動向 ファーマライズ、ラクーン、KLab、シャープなど

個別

■双葉電子工業(6986) 1,107円〔+57円、+5.43%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券では「Outperform」を継続

■ベスト電器(8175) 246円〔+49円、+24.87%〕
 今期黒字見通しを発表したことが好感

■リンガーハット(8200) 1,245円〔+50円、+4.18%〕
 平成25年2月期決算を発表、今期は二桁増益見通し

続きを読む>>

個別銘柄動向 ローソン、ABCマート、ACCESS、JR東海など

個別

■チヨダ(8185) 2,908円〔+323円、+12.50%〕
 決算を発表、三菱UFJモルガン・スタンレー証券では「Outperform」継続

■日本証券金融(8511) 857円〔-13円、-1.49%〕
 東海東京調査センターが新規「2」に設定

■東海旅客鉄道(9022) 11,730円〔+650円、+5.87%〕
 シティグループが投資判断を「1」へ引き上げ

続きを読む>>

概況/寄り付き 大手不動産株は反落だが、日本エスリードや日神不動産は続伸。オークマはクレディスイスが中立に格上げ。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

東京株式市場は主力株は上値が抑制されつつも、野村ホールディングスや三菱重工、シャープなどが堅調となっています。

続きを読む>>

概況/寄り付き 値上がり率上位には不動産関連が多い。値上がり銘柄数は1,549、値下がり銘柄数は93と全面高。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の東京株式市場は引き続き買われていて、4月4日に日銀が発表したマネタリーベースを2012年末の138兆円→2013年末に200兆円、2014年末に270兆円と2年で2倍に増加させる金融緩和策の威力の凄まじさを痛感させる上げっぷりとなっています。

続きを読む>>

アベノミクスは内需主導 2012年度相場を振り返る

概況

日経平均 月足10年

2012年度の商いも終了。日経平均は、甘利明経済再生相の掲げた「1万3,000円」までは、まだ少し距離があるにしても、3月末としては2年連続高で、2008年3月末(1万2,525円)に、ほぼ匹敵する5年ぶりの高水準で着地。

続きを読む>>

個別銘柄動向 タマホーム、パレモ、トレンドマイクロ、シャープ、ダイエー、日本精機など

個別

■タマホーム(1419)
 初値は公開価格980円の1.73倍となる1,700円

■JPホールディングス(2749) 1,882円〔+136円、+7.79%〕
 復興需要への期待か

■ハニーズ(2792) 1,205円〔+73円、+6.45%〕
 第3四半期決算を発表

■キッコーマン(2801) 1,618円〔+17円、+1.06%〕
 JPモルガン証券では目標株価を2,000円に引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 かどや製油、ハニーズ、エキサイト、日本オラクル、スクエニなど

個別

■かどや製油(2612)
 4月2日をもって東証1部銘柄に指定

■エキサイト(3754)
 通期売上高予想を8,700→8,150百万円へ、営業利益予想を520→320百万円へ減額修正

■日本オラクル(4716)
 第3四半期決算を発表、前年同期比 8.3%増収、8.6%営業増益

■シャープ(6753)
 鴻海精密工業等に対する第三者割当の払込期間の終了

■スクウェア・エニックス(9684)
 通期売上高予想を1,500→1,450億円へ、営業利益予想を75→△60億円へ減額修正

続きを読む>>

ネット選挙、バイオ、不動産関連で狙う株 日経平均一時1万2,000円乗せ【NSJ日本証券新聞(3月08日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 3月08日付け

・ブラインドインタビュー 日銀新体制、出足をチェック “10年前の再現”臨時会号も
・シャープ早くも失速 アナリストの酷評相次ぐ
・割負感著しい 低PBR銘柄をチェック

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は一時2008年9月以来4年半振りの12,000円乗せとなったが、高値警戒感から上げ幅縮小。テーマ株物色は継続し、土地含み益の松屋やPM2.5関連の神栄、ネット選挙関連のドワンゴがストップ高。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

NYダウが連日で最高値を更新したことから、日経平均も取引時間中では2008年9月29日以来4年半振りの12,000円乗せとなり、前場は一時12,069円(前日比137円高)まで値上がりしましたが、この先、どの位の上値余地が残されているのだろうという警戒感も抱かれているので、手仕舞い売りから上げ幅を縮めました。

続きを読む>>

明日の材料 ケア21、味の素、医学生物学研究所、UMNファーマ、シャープなど

個別

■ケア21(2373):第1四半期決算を発表、前年同期比 25.4%増収、57.8%営業増益
■味の素(2802):米バイオ医薬品のアルテア社を約160億円で取得
■ロック・フィールド(2910):第3四半期決算を発表、前年同期比 0.9%減収、24.1%営業減益
■大和コンピューター(3816):第2四半期決算を発表、前年同期比 8.3%増収、63.5%営業増益
■医学生物学(4557):米IDT社と日本で核酸受託合成サービス、関連商品販売の合弁会社
■UMNファーマ(4585):アピ及びヤクルト本社と抗体バイオ後続品で共同事業

続きを読む>>

概況/大引け NYダウの史上最高値更新に刺激。シャープは韓国サムスン電子が約100億円出資(3%分)で高い。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

昨日のNYダウが前日比125ドル高の14,253ドルと史上最高値を更新し、東京株式市場も幅広い銘柄が値上がりしました。

続きを読む>>

概況/前引け NYダウの史上最高値を更新で東証も広範囲に値上がり。ただ、TOPIXは1,000ポイント一時乗せでもその水準ではつかえる。シャープはサムスンの出資を好感。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

昨日のNYダウが前日比125ドル高の14,253ドルと史上最高値を更新し、東京株式市場も連れ高となりました。ただ、TOPIXは一時1,000ポイントに乗せたものの、大台の水準では足踏みとなっています。

続きを読む>>

個別銘柄動向 東建コーポレーション、モジュレ、ドワンゴ、シャープ、東京精密など

個別

■アドヴァン(7463) 1,014円〔+111円、+12.29%〕
 上方修正、増配を発表
■東京精密(7729) 1,918円〔+147円、+8.30%〕
 野村証券が目標株価を2,061円に
■トーセイ(8923) 85,700円〔+1,300円、+1.54%〕
 戸建分譲事業に本格参入報道

続きを読む>>

概況/寄り付き NYダウの最高値更新を好感し、東証も全面高。シャープはサムスンの出資で買い先行、東京精密は野村証券が目標株価を引き上げ。

概況

日経平均 日足 MA(25/75)

昨日のNYダウは125ドル高の14,253ドルと過去最高値を更新しました。2月のISM非製造業部門指数は56.0と1月の55.2から上昇し、2012年2月以来の高水準となったことや、FRBによる金融緩和の継続期待も米国株を押し上げました。
今朝の東京株式市場も全面高の始まりとなっています。

続きを読む>>

個別銘柄動向 エス・エム・エス、森精機、シャープ、トプコン、HISなど

個別

■エス・エム・エス(2175) 231,200円〔+9,200円、+4.14%〕
 1対200の株式分割、1単元を100株に

■トーセイ(8923) 73,300円〔+3,500円、+5.01%〕
 シンガポールへ上場へ

■エイチ・アイ・エス(9603) 3,530円〔+125円、+3.67%〕
 東南アジアで需要開拓との報道

続きを読む>>

概況/前引け 日本政府のTPP参加方針や日銀総裁に古くからの物価目標論者の黒田元財務官やリフレ派の学者の田規久男・学習院大教授を起用する案が報じられ、全面高。

概況

安倍首相が22日の日米首脳会談を受け、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の交渉参加を近く表明すると報じられたことや、白川日銀総裁の後任に、古くからのインフレ目標論者の黒田東彦アジア開発銀行総裁(元財務官)と、副総裁にはリフレ派の学者の岩田規久男・学習院大教授を起用する案が報じられ、週明けの東京株式市場は全面高となりました。

続きを読む>>

概況/前引け G20財務相・中央銀行総裁会議で、名指しでの円安批判は回避されたことで買われた。日銀総裁の人事への期待も重なり、金融株の上げも目立つ。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

先週末に開催されたG20財務相・中央銀行総裁会議で、名指しでの円安批判は回避されたことで、週明けの東京株式市場は買われています。

続きを読む>>

概況/寄り付き G20財務相・中央銀行総裁会議で、安倍政権の経済政策に直接的な批判がなかったことや一定の評価も与えた事が安心され、反発。広範囲に値上がり。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

G20財務相・中央銀行総裁会議で、安倍政権の経済政策に直接的な批判はなく、世界経済のリスクが後退したとして、アベノミクスに一定の評価も与えた事が安心され、反発して始まっています。

続きを読む>>

シャープ、マツダに続く踏み上げ発展銘柄 【NSJ日本証券新聞(2月08日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月08日付け

・シャープ、マツダに続く踏み上げ発展銘柄
・ブラインド・インタビュー ”円高是正”の意外な副作用

続きを読む>>

北浜流一郎 人気株発掘 シャープ(6753)

個別 北浜流一郎 人気株発掘 連載

シャープ(6753) 日足

毎年この時期になると決まったように聞かれるのが、「節分天井」説だ。11月から1月にかけての3カ月は1年間で最も株が上がりやすいため、2月になるとさすがに息切れする。こんなことから一種の定説になっているのだが、今年はどうか。

続きを読む>>

概況/大引け 1ドル=92円60銭台の円安や、第3四半期決算好転でパナソニックがストップ高、シャープも5四半期振りの営業黒字化で高く、ソニーも連想買い。慶応大学小池教授の液晶フィルム量産で東洋紡ストップ高。

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

株高によるリスク選好や、2月半ばから本格化する日銀正副総裁の国会同意人事も更に大胆な金融緩和期待を高めるという見方から、円安も続き、先週金曜日のNY外為市場では円相場は一時1ドル=92円96銭まで円安が進みました。週明けの東京外為市場では1ドル=92円65銭近辺の取引となっていますが、ソニーやパナソニック、シャープなどの家電メーカーが賑わいました。

続きを読む>>

明日の材料 キリンHD、住友化学、ユニパルス、レーザーテック、3Dマトリックスなど

個別

■ぐるなび(2440):第3四半期決算、通期業績予想の利益面での減額を発表
■キリンHD(2503):フレイザー・アンド・ニーヴ社の株式譲渡、売却益約470億円を特別利益に計上予定
■PSS(7707):第2四半期及び通期業績予想の下方修正を発表
■3Dマトリックス(7777):業績予想の下方修正、中期経営計画の修正を発表

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは945.68ポイントの5.43ポイント高、日経平均は11,185円の46円高。シャープが黒字転換で、エプソンも業績好調で高い。一方、ヤクルトは敵対TOBなしで下落。マキタはロシアの販売がマイナスになったことで下落。

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

昨日のNYダウは49ドル安の13,860ドルと続落も、今朝の東京株式市場は続伸。シャープ(6753)は10~12月期の営業損益は25億円前後の黒字(前年同期は244億円の赤字)になった模様で、販売好調なスマートフォンなど携帯電話事業が牽引し、5四半期ぶりに黒字転換となると報じられたことで買われました。

続きを読む>>

新たな物色の矛先は治験受託銘柄に シミック高値更新、メディサイエンス急伸 【NSJ日本証券新聞(1月30日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月30日付け

・新たな物色の矛先は治験受託銘柄に シミック高値更新、メディサイエンス急伸
・年初スタートダッシュは材料株 実は低迷多い225銘柄?

続きを読む>>

設備投資・研究開発減税発表へ 23日「税制改正大網」が新たな手掛かり 【NSJ日本証券新聞(1月18日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月18日付け

・設備投資・研究開発減税発表へ 23日「税制改正大網」が新たな手掛かり
・ブラインド・インタビュー ネット証券の売買急拡大
・欧州筋ご用達指数に”異変” FTSE基準変更で動く銘柄は?

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは890.65ポイントの2.54ポイント高、日経平均は10,619円の19円高。日銀の金融政策期待で円安に戻ったが、株式市場の反発は鈍いことが失望された。ノンバンクや国土強靱化関連も安い。

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

円相場は1月14日の1ドル=89円67銭が円安のピークとなり、1月15日に甘利経済再生担当相が「過度な円安は輸入物価に跳ね返ってくる。国民生活にマイナスの影響も出てくる」と発言し、16日には石破自民党幹事長も「輸出産業は1ドル=100円がいいというところもあるが、例えば農業で燃料や肥料、餌代などが高騰するため、産業によっては円安が好ましくないところもある」と述べたために、1月16日には円高に巻き返し、1ドル=87円79銭まで円高に巻き戻しました。

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは893.17ポイントの5.06ポイント高、日経平均は10,659円の58円高。日本ユニシスは大日本印刷と新事業戦略発表で高い。一方、GSユアサがB787トラブルで下落。

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

昨日のNYダウは23ドル安の13,511ドルでした。新型機の機体トラブルが相次いでいることからボーイングが大幅下落、NYダウを20ドル程度押し下げました。円相場が1ドル=88円65銭と昨日の東京タイムの88円10銭に比べて、円高の進行には歯止めが掛かっていることから、昨日278円安となった日経平均もやや落ち着きを見せています。

続きを読む>>

概況/前引け 前引けのTOPIXは909.42ポイントの10.73ポイント高、日経平均は10,973円の136円高。信用取引の規制緩和でアイフルが活況。オリンパスはGS証券が格上げ。iPhone5の販売計画以下でアップル関連は安い。

概況

日経平均 15分足 MA(25-75)

 前引けのTOPIXは909.42ポイントの10.73ポイント高、日経平均は10,973円の136円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,216、値下がり銘柄数は342。出来高は19億5,929万株、売買代金は1兆359億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは907.42ポイントの8.73ポイント高、日経平均は10,909円の107円高。ゴールドマンサックスの格上げでデンソーやダイキン、ジェイテクトが高い。シャープはiPhone5向けの液晶パネルの生産量削減計画で下落。学校の耐震化で巴コーポ高い。

概況

日経平均 15分足 MA(25-75)

先週金曜日のNYダウは17ドル高の13,488ドルで、今週月曜日は18ドル高の13,507ドルでした。
 先週金曜日は中国の12月消費者物価指数が予想以上に上昇し、中国の追加金融緩和観測が後退したことで、米国株式市場は朝から軟調となりました。ウェルズファーゴの決算で利益率の縮小と住宅ローン申請数が減少が示されたことを嫌気し金融株が下落しましたが、決算発表への期待からハイテク株は値上がりしました。

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは898.69ポイントの9.67ポイント高、日経平均は10,801円の148円高。安倍首相が日銀も雇用拡大に責任を持つことを求め、物価目標も長期では目標でも何でもないと圧力を掛けたのに対して、ECBは全員一致で金利据え置きを決め、利下げ要求が出なかったことが驚かれユーロ高円安が加速。シャープは10~12月期営業黒字転換と毎日新聞が報じ株価上昇。

概況

TOPIX 15分足 MA(25-75)

安倍首相が日銀の役割について「実体経済にも責任を持ってほしい。雇用を最大化することも頭に入れてもらいたい」と述べたことや、物価上昇率の2%の目標の達成時期は明記しなくても、「長期はあり得ない。長期というのは目標でも何でもない」と圧力を掛けていることから、円相場は1ドル=89円台まで円安が進みました。

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは897.30ポイントの8.28ポイント高、日経平均は10,780円の127円高。シャープは10~12月期が営業黒字転換と報じられ高い。武田とアステラスはノロウイルス感染症などを防ぐワクチンの実用化を目指すと報じられ高い。

概況

TOPIX 15分足 MA(25-75)

安倍首相が日銀の役割について「実体経済にも責任を持ってほしい。雇用を最大化することも頭に入れてもらいたい」と述べたことや、物価上昇率の2%の目標の達成時期は明記しなくても、「長期はあり得ない。長期というのは目標でも何でもない」と圧力を掛けていることから、円相場は朝方は一時は1ドル=89円34銭まで円安が進みました。
その後は利食い売りも出て、1ドル=88円90銭近辺に戻っていますが、金融緩和効果に期待して相場は続伸しています。

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは871.88ポイントの9.18ポイント安、日経平均は10,508円の90円安。毎日新聞が政府日銀の政策協定に雇用安定を目指す方針は明記されるが、物価上昇率目標の達成時期は明記されない方向と報じ、失望売りを警戒。不動産や金融、自動車、電機が値下がり。ただ、オリコとアイフルは乱高下しながら切り返す。

概況

TOPIX 15分足 MA(25-75)

毎日新聞は、政府と日銀が連携強化に向けて検討中の政策協定で、雇用の安定を目指す方針は明記する方向ですが、安倍首相の求めている2%の物価上昇率目標の導入については、達成時期を明記せず、具体的な政策手段にも踏み込まないことで日銀の自由度を確保すると報じました。

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは877.04ポイントの4.02ポイント安、日経平均は10,548円の50円安。円安一服で、株式市場では急騰していた不動産や自動車も小幅安。ノンバンクも上げ幅縮小。ただ、公共投資関連は高い。

概況

TOPIX 15分足 MA(25-75)

円相場は昨年11月野田首相が衆議院の解散総選挙を表明する前は1ドル=79円38銭でしたが、次期首相が有力視された安倍自民党総裁がデフレ脱却のために日銀に対して物価目標2%の設定を求めたり、無制限の金融緩和を求めたため、円安が加速し、1月4日には一時1ドル=88円41銭を記録しました。

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは877.17ポイントの3.89ポイント安、日経平均は10,548円の50円安。不動産や自動車が値下がり。反面、シャープは10~12月期の営業利益が計画以上で値上がりし、オリコやアイフルは堅調。

概況

TOPIX 日足 MA(25-75)

昨日のNYダウは50ドル安の13,384ドルでした。「財政の崖」問題の一段落、雇用指標や景況感を示す指標など一通り出尽くしたことで、いったん手仕舞いの動きとなりました。昨年10~12月決算発表シーズンを控え、様子見気分も強くなっているようです。

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは884.08ポイントの24.28ポイント高、日経平均は10,666円の270円高。米国の財政の崖の回避や、FOMC議事録で出口戦略が意識されドル買い円安。1ドル=87円60銭台の円安も好感。日経平均は東日本大震災の発生前の水準に回復。

概況

TOPIX 15分足 MA(25-75)

米国で減税の失効と歳出削減が重なる「財政の崖」が回避されたため、ドル買い円安が進み、本日は1ドル=87円60銭台で取引されていることも好感され、日経平均は東日本大震災の発生前の水準を約1年10ヵ月振りに回復しました。

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは857.77ポイントの3.68ポイント高、日経平均は10,398円の75円高。1ドル=86円40銭近辺の円安を受けて自動車や電機が堅調。宇部興産は岩井コスモ証券がセメント事業に注目し格上げ。

概況

日経平均 15分足 MA(25、75)

昨日のNYダウは18ドル安の13,096ドルでした。リード上院院内総務が「財政の崖」問題の年内解決は難しいと発言したため、NYダウは一時150ドル安と売られましたが、下院が30日の午後6時半に招集されると伝わり、協議進展への期待から下げ幅は急速に縮小しました。

続きを読む>>

NSJ日本証券新聞 12月28日付け

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月28日付け

・物色テーマで見る「安倍内閣」1月11日対策発表が焦点 ・2012年 日経平均採用銘柄で見る騰落 上昇率トップは富士重、下落はシャープ ・グロソブ15周年 純資産は約1兆5,000億円 ・人気アニメキャラのソーシャルゲー…

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 チャートの謎を解く シャープ(6753)

テクニカル 個別

シャープ(6753) 週足

十字足の次線から生じた連続陽線も上ヒゲ形成なら上げ一服の公算も。遅行線が当時の株価水準に戻りを抑えられるタイミングでもあり説得力があろう。ただ、信用の売り残と買い残が高水準に積み上がっており、これで終わるはずもなさそうだ…

続きを読む>>

NSJ日本証券新聞 12月26日付け

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月26日付け

  ・100円台銘柄躍動で注目 「ワンハンドレッドクラブ ちばぎんアセット」 ・ノロに続きインフルも流行期入り UMNファーマが新展開 ・野村、シティ、その次は… 上方修正続く相場見通し ・大手商社巻き返しへ …

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは839.79ポイントの7.07ポイント高、日経平均は10,066円の126円高。安倍自民党総裁が日銀が物価目標設定しなければ日銀法改正に踏み切る考えで円安になり、不動産株や金融株が高い。

概況

日経平均 15分足 MA(25)、MA(75)

前引けのTOPIXは839.79ポイントの7.07ポイント高、日経平均は10,066円の126円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,148、値下がり銘柄数は386。出来高は12億3,186万株、売買代金は5,977億円…

続きを読む>>

4月当時と比べ「何が高く、何が安い」のか ランキング検証

セクター 概況

カメイ(8037) 日足

「TOB」「不動産」などが上昇キーワード 下落キーワードは「輸出」「鉄鋼」… 日経平均が4月3日以来(終値ベース)の1万円大台を回復した。心理的な節目の1つとはいえ、日経平均1万円は投資家心理を刺激することは間違いない。…

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは829.16ポイントの12.31ポイント高、日経平均は10,059円の136円高。財政の崖協議でオバマ大統領が一定の譲歩を見せ、NYダウ続伸。日本でも10兆円規模の補正予算への期待もあり、日経平均は4月4日以来約8ヵ月振りの1万円回復。

概況

TOPIX 日足 MA(25)、MA(75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,810万株、買いは1,730万株と10営業日振りに売り越しとなりました。 9時15分時点のTOPIXは829.16ポイントの12.31ポイント高、日経平均は10,059…

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは811.74ポイントの3.90ポイント高、日経平均は9,874円の45円高。東電以外の電力株は反落。シャープは続伸。郵船ロジスティクスや日本梱包運輸や住友倉庫はバークレイズキャピタルが新規オーバーウエイトで高い。

概況

日経平均 日足 MA(25)、MA(75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,180万株、買いは1,830万株でした。 9時15分時点のTOPIXは811.74ポイントの3.90ポイント高、日経平均は9,874円の45円高。東証1部市場の値上がり…

続きを読む>>

北浜流一郎 人気株発掘 ソニー(6758) 金融部門好調が選別のカギ

個別 北浜流一郎 人気株発掘 連載

ソニー(6758) 日足 MA(25)、MA(75)

日経平均の今年の高値を覚えておられるだろうか。3月27日につけた高値1万255円15銭。これになる。 この原稿を書いている14日ザラバ時点では9714円。あと500円ほどで3月の高値に達する。 これまで私は、年内新値に進…

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは810.59ポイントの9.55ポイント高、日経平均は9,893円の156円高。自民党の大勝で広範囲に値上がり。原発再稼働に対する柔軟性から電力株が高い。東京電力はストップ高。

概況

前引けのTOPIXは810.59ポイントの9.55ポイント高、日経平均は9,893円の156円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,239、値下り銘柄数は322。出来高は15億8,296万株、売買代金は7,788億円。 …

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは809.77ポイントの8.73ポイント高、日経平均は9,869円の132円安。自公で325議席獲得し、参院で否決された法案も衆院で再可決できるため、政策推進力が高まる期待で全面高。金融緩和推進期待で1ドル=84円台の円安も好感され、輸出関連も高い。

概況

日経平均 15分足(5日間) MA(25)、MA(75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,520万株、買いは2,810万株でした。 9時16分時点のTOPIXは809.77ポイントの8.73ポイント高、日経平均は9,869円の132円安。東証1部市場の値上が…

続きを読む>>

どう読む「新政権の経済政策」 真贋見極める3視点「TPP」「日中」「エネルギー」

概況

高橋卓也氏

焦点の総選挙を前に、残すは1営業日のみ。ここまでは「解散日から投票日までは高い」のジンクスを地で行くような展開をたどってきたが、とかく、期待の後には失望が付き物だ。市場筋の描く、「自由民主党大勝↓脱デフレ・成長戦略推進↓…

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは800.08ポイントの0.87ポイント高、日経平均は9,734円の8円安。米国で財政の崖の回避のための交渉が平行線で米国株下落し、東証も様子見。ヤマダ電機はベスト電器と連携で高い。DeNAが小幅安。GS証券の格下げに対して、三菱UFJは格上げ。

概況

日経平均 日足

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,280万株、買いは1,750万株でした。 9時15分時点のTOPIXは800.08ポイントの0.87ポイント高、日経平均は9,734円の8円安。東証1部市場の値上がり銘…

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは799.21ポイントの7.92ポイント高、日経平均は9,742円の161円高。FOMCでは失業率6.5%に低下するまで異例な低金利継続と発表したが、失業率見通しは2015年が6.0~6.6%なので、従来の「少なくとも2015年半ばまで維持する」と同じと受け止められ、ドル安にはならず。日銀に対する緩和圧力で円安が加速し、電機株や海運株などが高い

概況

日経平均 15分足(5日間) MA(25)、MA(75)

大引けのTOPIXは799.21ポイントの7.92ポイント高、日経平均は9,742円の161円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は973、値下がり銘柄数は558。出来高は27億6,981万株、売買代金は1兆4,895億円。…

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは800.62ポイントの9.33ポイント高、日経平均は9,733円の152円高。米FOMCで失業率6.5%以下まで低金利政策継続と表明。米国債は材料出尽くしから上昇し、ドル買い円安。1ドル=83円38銭近辺の円安で東証では電機株が上昇。

概況

日経平均 15分足(5日間) MA(25)、MA(75)

前引けのTOPIXは800.62ポイントの9.33ポイント高、日経平均は9,733円の152円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,188、値下がり銘柄数は343。出来高は13億9,684万株、売買代金は7,161億円。…

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは799.91ポイントの8.62ポイント高、日経平均は9,698円の116円高。米国の追加緩和に失業率の目標が掲げられドル買いから、1ドル=83円20銭近辺の円安となり、自動車や電機株などが値上がり。東鉄工業は野村証券が新規「Buy」と評価。

概況

日経平均 日足(3カ月) MA(25)、MA(75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,160万株、買いは1,720万株でした。 9時15分時点のTOPIXは799.91ポイントの8.62ポイント高、日経平均は9,698円の116円高。東証1部市場の値上が…

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは791.29ポイントの5.22ポイント高、日経平均は9,581円の56円高。12月のドイツ景況感指数がプラス6.9と11月のマイナス15.7から回復し、ユーロ高円安となり、東証では大型電機株が値上がり。13日~14日のEU首脳会議では銀行監督一元化への話し合いも進むことにも期待。日本の金融緩和期待で不動産株も堅調。

概況

日経平均 15分足(5日間) MA(25)、MA(75)

大引けのTOPIXは791.29ポイントの5.22ポイント高、日経平均は9,581円の56円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は911、値下がり銘柄数は593。出来高は19億3,972万株、売買代金は1兆627億円。 欧州…

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは790.26ポイントの4.19ポイント高、日経平均は9,570円の44円高。北朝鮮のミサイル発射の悪影響は乏しい。日銀の追加緩和期待で不動産株が堅調。シャープは11月にNTTドコモから発売したスマートフォンの国内販売シェアが、発売後2週間でスマホの全機種中トップになったことが注目された。

概況

日経平均 15分足(5日間) MA(25)、MA(75)

前引けのTOPIXは790.26ポイントの4.19ポイント高、日経平均は9,570円の44円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は879、値下がり銘柄数は569。出来高は9億7,798万株、売買代金は5,159億円。 北朝鮮…

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは788.48ポイントの1.76ポイント安、日経平均は9,533円の6円高。選挙後の反落を警戒し揉み合い。イタリアでモンティ首相が辞意表明し、ユーロ安。SUMCOは下方修正したが悪材料出尽くし感からストップ高。外国人のクリスマス休暇入りを睨み、個人の値幅取りの動きがジャスダック市場のガンホーオンラインなどに。

概況

日経平均 15分足(5日間) MA(25)、MA(75)

引けのTOPIXは788.48ポイントの1.76ポイント安、日経平均は9,533円の6円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は746、値下がり銘柄数は784。出来高は19億4,414万株、売買代金は9,444億円。 衆議院選…

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは790.24ポイントの1.50ポイント高、日経平均は9,527.39円の17.77円安。総選挙後に下落する事が多いことは警戒。一方、来週のFOMCでツイストオペの代替措置が取られると支援材料。北朝鮮のミサイル発射は早期に強行する可能性。シャープ続伸、三井住友FGはモルガンスタンレーが格上げ。

概況

日経平均 15分足(5日間) MA(25)、MA(75)

大引けのTOPIXは790.24ポイントの1.50ポイント高、日経平均は9,527円の17円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は645、値下がり銘柄数は870。出来高は20億9,230万株、売買代金は1兆860億円。 本日…

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは790.95ポイントの2.21ポイント高、日経平均は9,564円の19円高。シャープはクアルコムからの出資やサンパワーからの太陽光発電パネルの調達を好感。東急建設は渋谷再開発で恩恵期待。三井住友FGはモルガンスタンレーの格上げを好感。

概況

日経平均 15分足(5日間) MA(25)、MA(75)

前引けのTOPIXは790.95ポイントの2.21ポイント高、日経平均は9,564円の19円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は669、値下がり銘柄数は796。出来高は10億5,623万株、売買代金は5,038億円。 米国…

続きを読む>>

概況/大引け 大引けのTOPIXは788.74ポイントの6.88ポイント高、日経平均は9,545円の76円高。米国の財政の崖の回避の協議が年末までに合意期待や、自民党単独過半数の勢いで円安に。シャープは鴻海会長が来年3月までに出資交渉合意できると述べ値上がり。NTNとアルパインはメリルリンチの格上げで、大平洋金属と東邦亜鉛はクレディスイスの新規OUTPERFORMで高い。

概況

日経平均 15分足(5日間) MA(25)、MA(75)

大引けのTOPIXは788.74ポイントの6.88ポイント高、日経平均は9,545円の76円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,268、値下がり銘柄数は287。出来高は20億1,137万株、売買代金は1兆1,428億円…

続きを読む>>