6651

明日の材料 日本基礎技術、ケア21、アスカネット、WDBホールディングス、伊藤園など

個別

■カナモト(9678)
 第1四半期決算を発表、前年同期比9.6%増収、11.6%営業増益
■シーイーシー(9692)
 データセンターサービス事業の一部譲渡、約1,800百万円の特別損失
■ジェコス(9991)
 期末配当予想を7円→10円へ引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 マルハニチロ、ネクスト、日本駐車場開発、メディネット、マルサンアイなど

個別

■ピープル(7865):11月度の売上高は前年比103.8%
■三井倉庫ホールディングス(9302):ロジスティクス事業に関する合弁事業開始
■ニトリホールディングス(9843):第3四半期決算を発表、前年同期比9.5%増収、12.9%営業増益

続きを読む>>

明日の材料 土屋ホールディングス、積水ハウス、クックパッド、、伊藤園、セリアなど

個別

■ショットモリテックス(7714):ショット・アーゲーとの資本業務提携解消、MV ジャパンと資本業務提携
■ハウスフリーダム(8996):通期業績予想を上方修正
■オートバックスセブン(9832):11月度の売上高は既存店ベースで前年比9.0%減、全店ベースで8.1%減

続きを読む>>

取材の現場から 経産省が高速道路の無料化策

取材の現場から 連載

日産(7201) 週足

高速道路の無料化というと民主党のマニフェストだったが、経産省が今、これを推進しようとしている。
来年度予算の概算要求で経産省は、「次世代自動車インフラ整備のための高速道路利用実態調査事業」という名目で、8億円を新規に計上している。EV(電気自動車)やPHV(プラグインハイブリッド車)、FCV(燃料電池車)といった次世代車の長距離走行のデータを集めるという政策で、高速道路で長距離走行した利用者に調査費用を支払い、走行データなどを収集するというのだ。

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 クラリオン、日東工業、大平洋金属

テクニカル 個別

5541

月足の連続陽線が今後の上昇相場の大きさや強さを示唆している。235円前後の節目をクリアし、2007年12月高値318円なども上回る展開となった。

続きを読む>>

材料株の新エンジン「水素」 チノー、エルナーがストップ高【日本証券新聞 7月8日】

日本証券新聞

日本証券新聞 7月8日

・JASDAQ平均1月高値更新 個人の投資意欲健在 
・筍狩りに行こう JSP 20年のボックス相場に終止符
・リクルート上場接近 関連株の人気復活
・ヤマダ電機 需給面に「2つの追い風」 自社株買い進捗状況開示

続きを読む>>

明日の材料 タマホーム、米久、シミックホールディングス、アダストリアホールディングス、エニグモなど

個別

■象印マホービン(7965)
 第2四半期決算、期末配当予想を4円→5円へ修正
■サカイ引越センター(9039)
 公募による新株式発行、自己株式の処分等で約21億円を調達
■アルテック(9972)
 第2四半期決算を発表、前年同期比10.9%増収、営業利益は△17百万円

続きを読む>>

太陽光関連商材、建設資材・工具など 好環境の建設周辺株に狙い目【日本証券新聞 5月16日】

日本証券新聞

日本証券新聞 5月16日

・海運株逆行高の背景 商船三井は低評価返上へ
・高値期日の暗雲、いち早く抜けるのは… 転機迫る「昨年11月高値銘柄」
・サンセイランディック 1Q営業益は上期計画超過 相続税増税で活躍期待も
・ハーモニック・ドライブ ロボット産業支える高技術株

続きを読む>>

明日の材料 長谷工、鉄建建設、ミクシィ、UBIC、比較.com、翻訳センターなど

概況

■エフ・ジェー・ネクスト(8935)
 60万株、3億円を上限に自社株買い
■ニチイ学館(9792)
 平成26年3月期決算、ジェイエスエスと資本業務提携
■グルメ杵屋(9850)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は2.0%増収、85.6%営業増益を計画

続きを読む>>

日経平均一時1万5000円台乗せ 円安進展で「リスク・オン」鮮明に【日本証券新聞 4月3日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月3日

・季節外れの日経平均入れ替え 波乱くぐったマルハニチロ
・「労働力不足」 注目度増す求人広告関連 家庭生活支援サービス関連にも追い風
・4月相場で出番! 新興バイオ関連株が動意
・スクリーン 500円台回復 バークレイズが高評価

続きを読む>>

「進捗率」が銘柄選別の要に 四半期決算、大方出そろう 【NSJ日本証券新聞 2月14日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月14日

・ユナイテッド 金子陽三社長インタビュー 竹中三佳の株Catch one’s eye 特別編〈後編〉
・日本商業開発 上場来高値更新 企業年金が注目する不動産企業
・MSCI入替銘柄発表 “予定調和”の急伸・急落
・IPOマーケット開幕 アキュセラ 公募比27%高発進
・ファンケル 底値圏離脱へ 通期黒字転換で見直し買い 不採算事業の解消効果も

続きを読む>>

“セリング・クライマックスの様相”下げ幅今年最大!日経平均610円安 【NSJ日本証券新聞 2月5日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月6日

・高利回り株に3つの選別視点 大東建、グンゼなど狙い目
・ソフトバンク 株価反攻の緒に就く
・日証金が新ルール発表 消え行く?超高額逆日歩
・USEN 自律反発狙いの買い優勢 思惑膨らむ 宇野氏の取締役復帰
・メック 密着向上剤が成長 いちよし経研 目標株価引き上げ

続きを読む>>

大量売りの個人、ついに買い転換へ 「2つの税制変更」インパクト 【NSJ日本証券新聞 12月26日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月26日

・2013年IPO総括 初値形成後は二極化
・どこまで上がる?NT倍率 TOPIX追い上げに期待
・JBR 急反発で底入れ確認 「バイノス」再び脚光

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 日本海洋掘削、味の素、コロプラ、日本ガイシ、THKなど

個別

■日東工業(6651) 1,561円〔+58円、+3.86%〕
 いちよし経済研究が新規「A」
■スタンレー電気(6923) 1,882円〔+48円、+2.62%〕
 130万株、20億円を上限に自社株買い
■菱洋エレクトロ(8068) 804円〔+21円、+2.68%〕
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正を発表

続きを読む>>

概況/前引け 円高警戒や僚機構との対決を不安視する見方も。日経平均は300円を超える下落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,136.65の30.41ポイント安、日経平均は13,810.04円の319.94円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は75、値下がり銘柄数は1,649。出来高は13億4,830万株、売買代金は1兆1,162億円。

続きを読む>>

3Dプリンター関連続々と台頭 材料株相場の新たな主役 【NSJ日本証券新聞 6月19日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 6月19日

・「配当政策」に選別の芽 具体的基準の提示企業は
・ソニー総会控え尻に火!? 米ファンド「書簡」が話題
・「プロ向けカタログ販売」に注目 タカショー、トラスコ中山など
・新規上場紹介 サントリー食品インターナショナル

続きを読む>>

個別銘柄動向 日本ハム、アドウェイズ、JT、アステラス、ケンウッドなど

個別

■住友電設(1949) 1,080円〔+90円、+9.09%〕
 上方修正を発表

■日本ハム(2282) 1,317円〔+80円、+6.47%〕
 米国輸入牛肉の規制緩和で恩恵

続きを読む>>

特報 日東工業がサンテレホン買収 勝者無きMBO?

特報 連載

日東工業(6651) 日足1年

2007年5月にMBO(経営陣による買収)で上場廃止になったサンテレホンが、来年1月21日付で日東工業(6651)に買収されることになった。

続きを読む>>