6645

アクティビスト復活鮮明 金満大型株に改革圧力

概況

日本ペHD(4612) 週足

内外でアクティビスト(モノ言う株主)の活動が活発化している。
日本においては、旧村上ファンドの流れをくむエフィッシモキャピタルマネージメントがTOB(株式公開買い付け)を発表したセゾン情報システムズ(9640・JQ)が前週、2営業日で46%の棒上げを記録した。

続きを読む>>

大量保有報告書で読む機関投資家動向 ブラックロック 「日本株買い」継続【日本証券新聞 2月13日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月13日

・NISAの日、決算最終日… 成績良好「13日の金曜日」
・今年IPO第1号 KeePer技研 49%高発進
・日経平均、8年ぶり高値 一時1万8000円 トヨタ、三菱UFJなど上放れ
・「株式分割」にわかにラッシュ 値がさ株見直しの切り口

続きを読む>>

明日の材料 南海辰村建設、パナホーム、関電工、ヤマト、MonotaRO、東京建物不動産販売など

個別

■東京ドーム(9681):通期業績予想を上方修正
■SCSK(9719):第3四半期決算を発表、前年同期比4.2%増収、14.8%営業増益
■ミスミグループ本社(9962):第3四半期決算を発表、前年同期比19.2%増収、27.1%営業増益

続きを読む>>

ヘルスケア関連に注目 「健康経営銘柄」を3月に選定(東証)

セクター 個別

東祥(8920) 週足

今年の相場テーマの一つとして「健康・ヘルスケア」が浮上することになりそうだ。
東証は3月に「健康経営銘柄」を選定する予定。個人投資家に株式投資を考えるきっかけにしてもらうため、東証では特定のテーマや指標をベースに銘柄(テーマ銘柄)を抽出・公表している。

続きを読む>>

探せ!日本版「配当貴族」銘柄 花王、リコーリース、SPKなど【日本証券新聞 1月21日】

日本証券新聞

日本証券新聞 1月21日

・訪日客関連が人気 12月の中国人は2倍に
・「健康経営銘柄」を3月に選定(東証) ヘルスケア関連に注目
・平野憲一の相場表街道/裏街道 ワイエイシイ
・エイジス 上値余地大 小売業の人手不足が追い風に

続きを読む>>

決算発表 来週から本格化 30日がピーク

概況

東京製鉄(5423) 日足

2015年3月期の第3四半期(4-12月)決算発表が来週から本格的にスタートする。本紙(11/15付)では東証上場銘柄の発表予定を4、5面に掲載した。ピークは1月30日(金)で400社以上が発表。約3割の企業が1月中に発表する。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は5営業日続伸、NYダウの18,000ドル台乗せや円安を好感。自動車株が高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,854.23円の219.09円高、TOPIXは1,426.02の12.97ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,172、値下がり銘柄数は560。出来高は21億3,937万株、売買代金は2兆403億円。

続きを読む>>

取材の現場から 法人税減税メリットに強弱

取材の現場から 連載

総選挙も終わり、これから年末にかけて税制改正が始まる。早速、選挙翌日の12月15日、自民党税調は非公式の会合を開き、与党の税制改正大綱を30日までに決めることを確認。また、22日の経済財政諮問会議で来年度の「予算編成の基本方針」を協議し、閣議決定する。

続きを読む>>

GPIFも採用検討へ 時代の潮流”クロスボーダー(内外一体運用)”【日本証券新聞 12月9日】

日本証券新聞

日本証券新聞 12月9日

・帝国電機 業績上ブレの公算
・筍狩りに行こう クミアイ化学 来週決算発表、10期連続の上ブレ着地か
・日本電産 再騰の構え 通期上ブレ必至で株価1万円へ
・丸千代山岡家 9月高値更新 今1月期は増額修正の公算大

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ファステップス、一正蒲鉾、ダイヤモンドダイニング、東ソーなど

個別

■サニックス(4651) 569円〔+65円、+12.90%〕
 電力5社が再生エネの買取再開方針との報道
■JVC ケンウッド(6632) 256円〔+15円、+6.22%〕
 実質無借金との報道
■菱洋エレクトロ(8068) 1,131円〔+38円、+3.48%〕
 2割増益報道

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ショーボンドホールディングス、松井建設、日揮、太平電業など

個別

■百十四銀行(8386) 376円〔+26円、+7.43%〕
 自社株買いを発表
■中部電力(9502) 1,407円〔-3円、-0.21%〕
 野村証券が投資判断を「Reduce」へ引き下げ
■北陸電力(9505) 1,542円〔+12円、+0.78%〕
 JPモルガンが投資判断を引き下げ

続きを読む>>

日銀追加緩和 日経平均755円高【日本証券新聞 11月4日】

日本証券新聞

日本証券新聞 11月4日

・3連休明け相場の着目点 決算発表ポジティブ・ネガティブ材料チェック
・トップインタビュー 山喜代表取締役社長 宮本惠史氏
・アルプス電気 後場急伸 通期の大幅上方修正を好感
・FPGに見直し機運 今期4割増収増益へ

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場はほぼ全面高、NYダウの17,000ドル回復や鉱工業生産の上振れを好感。証券株や鉄鋼株が高い

個別

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,553.91円の224.00円高、TOPIXは1,270.64の18.64ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,546、値下がり銘柄数は225。出来高は21億8,717万株、売買代金は2兆1,006億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は広範囲に値上がり、米株高に加え、鉱工業生産も予想を上振れ。証券や鉄鋼、非鉄などが高い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,541.20円の211.29円高、TOPIXは1,268.99の16.99ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,488、値下がり銘柄数は237。出来高は10億6,881万株、売買代金は9,851億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ウエストホールディングス、カワチ薬品、Oakキャピタル、ケー・エフ・シーなど

個別

■オムロン(6645) 4,915円〔+355円、+7.79%〕
 上方修正、増配、自社株買い
■日本トリム(6788) 2,397円〔-307円、-11.35%〕
 下方修正を発表
■小糸製作所(7276) 3,095円〔+216円、+7.50%〕
 第2四半期決算、通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

明日の材料 ウエストホールディングス、ミクシィ、アイティメディア、システナ、カワチ薬品、東映アニメーションなど

個別

■野村ホールディングス(8604):第2四半期決算、4,000万株の自社株買い
■阪急リート(8977):1対5に投資口を分割
■大阪ガス(9532):第2四半期決算を発表、前年同期比4.1%増収、20.2%営業増益
シャルレ(9885):第2四半期及び通期利益予想を上方修正

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 安定感ある大型株に照準 アルプスが複数支持

個別 概況

アルプス電(6770) 週足

IMF(国際通貨基金)による世界経済見通しの下方修正を受けて、欧州景気の減速懸念などに再び関心が集まっている。日本の経済成長率も下方修正されるなど、先行きへの不透明感が増している。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ネクスト、シー・ヴイ・エス・ベイエリア、ノーリツ、オリジン電気など

個別

■イズミ(8273) 3,585円〔-165円、-4.40%〕
 第2四半期決算を発表
■日本航空(9201) 2,929円〔+35円、+1.21%〕
 UBSでは「Buy」継続
■ベルク(9974) 3,155円〔+211円、+7.17%〕
 第2四半期決算、期末配当予想の引き上げ

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 中小型の個別材料株にシフト 出遅れ金融株もマーク

個別 概況

野村HD(8604) 週足

「9月第1週はイベント満載で様子見」――との見方でスタートしたものの、予想外に好調な米国経済指標を背景に早期利上げ観測が再浮上、為替がドル高・円安に大きくフレたことと、注目の「内閣改造」も政策期待を盛り上げ、3日の日経平均は7月末の戻り高値を更新した。ただ、その後は再び上値の重い展開となっている。

続きを読む>>

指数入替予想相次ぐ 旭硝子「10銭刻み」離脱か【日本証券新聞 9月8日】

日本証券新聞

日本証券新聞 9月8日

・塩崎厚労相に「期待と誤解」
・ジャムコ 後場急伸で高値更新 米ボーイング「777X」向け独占受注
・日本フェンオール 上値追い軽快 川内原発にも採用
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.57 世界コンテンツ戦略

続きを読む>>

銀行株浮上「3つの要因」 円安、GPIF、増配【日本証券新聞 9月5日】

日本証券新聞

日本証券新聞 9月5日

・好材料満載なオムロン 1月高値奪回で上値視界広がる
・櫻井英明のそこが聞きたい 京写 児嶋一登代表取締役社長
・メドピアがストップ高 東海東京調査センターがカバレッジ開始
・大幸薬品「デング熱」参戦で急伸 グンゼも年初来高値

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は小じっかり。鉱工業生産が警戒されたが、好決算銘柄への買い意欲は強い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,646.23円の28.16円高、TOPIXは1,292.24の1.83ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は701、値下がり銘柄数は948。出来高は19億4,398万株、売買代金は1兆8,179億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 東亞合成、サイバーエージェント、三菱電機、オムロン、MCJなど

個別

■イオン(8267) 1,169円〔-17円、-1.43%〕
 バークレイズが格下げ
■イオンフィナンシャルサービス(8570) 2,386円〔+18円、+0.76%〕
 東海東京調査センターが「2」→「3」に引き下げ
■ミスミグループ本社(9962) 3,310円〔+135円、+4.25%〕
 第1四半期決算を発表

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均は小じっかり、決算発表が好調で、円安も下支え

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,660.40円の42.33円高、TOPIXは1,292.12の1.71ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は687、値下がり銘柄数は932。出来高は9億3,172万株、売買代金は8,386億円。

続きを読む>>

明日の材料 中電工、クックパッド、システナ、宝ホールディングス、MonotaRO、アイスタイルなど

個別

■大阪ガス(9532)
 第1四半期決算を発表、前年同期比6.6%増収、40.1%営業増益
■イチネンホールディングス(9619)
 第1四半期決算を発表、前年同期比12.5%増収、2.7%営業減益
■ミスミグループ本社(9962)
 第1四半期決算を発表、前年同期比19.5%増収、26.3%営業増益

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) アクシーズ、きんでん、ミクシィ、UBIC、さくらインターネットなど

個別

■日産自動車(7201) 1,020円〔+19円、+1.85%〕
 第1四半期決算を発表、野村証券では格上げ
■日本バルカー工業(7995) 329円〔+39円、+13.45%〕
 空気マグネシウム電池の発電能力を3倍に高められる正極材開発
■スカイマーク(9204) 287円〔-1円、-0.35%〕
 国際線参入大幅見直し検討と伝わる

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は続伸スタート。好決算の日産や水素関連が高い

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は15,576.07円の46.67円高、TOPIXは1,288.99の2.92ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが630万株、買いは610万株。

続きを読む>>

全面高!1万5000円接近 NISA非課税枠拡大の催促相場に【日本証券新聞 6月3日】

日本証券新聞

日本証券新聞 6月3日

・新興市場 戻り歩調続く IT関連 フリービットなど出遅れに物色波及
・筍狩りに行こう 森永乳業 排卵検査薬に規制緩和メリット
・マクドナルド 8連騰 6月優待権利取りで脚光
・マキタ 2月高値に接近 来期は最高益更新へ

続きを読む>>

「会社予想に勝つ自信」のある銘柄

個別 概況

日立金(5486) 週足

2013年度の決算発表が終了し、各証券会社から決算総括レポートが続々。野村証券は「2014年度業績はバッファーを若干持った形でスタートしたと見ることができ、4-6月期決算発表をきっかけに、業績予想上方修正局面に戻れる可能性は高いというのが基本感。決算発表直後というタイミングでは、アナリスト予想と会社予想にカイ離のある銘柄に注目したい」と指摘している。

続きを読む>>

1980年代以降で初 日欧逆転「PER」で銘柄選別【日本証券新聞 5月8日】

日本証券新聞

日本証券新聞 5月8日

・東証開所来タイ記録(3度目) 年初来続落記録の先
・活発化するオフィス移転関連 大量供給後の空室率低下が追い風に
・日本通信が高値更新 格安スマホの普及促進で脚光
・トヨタが個人向け新たな挑戦 「ニコ生」で説明会を生中継

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 植木組、JCLバイオアッセイ、日本風力開発、夢展望、タカラバイオなど

個別

■ソニー(6758) 1,792円〔-18円、-0.99%〕
 3度目となる業績予想の下方修正を発表
■池上通信機(6771) 117円〔+16円、+15.84%〕
 通期利益予想を上方修正
■CYBERDYNE(7779) 7,480円〔+460円、+6.55%〕
 引き続き野村証券の新規「Buy」、9,200円目標が材料視

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 東鉄工業、三晃金属工業、ハイパー、DAC、資生堂など

個別

■日本ガス(8174) 1,588円〔+168円、+11.83%〕
 前日発表した決算から大幅高
■イオン(8267) 1,162円〔-1円、-0.09%〕
 クレディ・スイスが投資判断を引き下げ
■東海旅客鉄道(9022) 12,090円〔+175円、+1.47%〕
 JPモルガンが投資判断を「Overweight」へ引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 東急建設、DNAチップ研究所、エムスリー、ユナイテッド、ブックオフコーポレーションなど

個別

■キヤノン(7751)
 第1四半期決算を発表
■カブドットコム証券(8703)
 平成26年3月期決算を発表、200万株を上限に自社株買い
■KADOKAWA(9477)
 通期業績予想を下方修正

続きを読む>>

活発化する鉄道の技術輸出 新興国向けでビジネスチャンス

セクター 個別

日本信号(6741) 週足

アジア向けを中心に都市型鉄道システムを輸出する動きが活発化している。関連銘柄を再点検してみたい。
これまでは、車両輸出の話題が先行していたが、ここへきて、「信号」や「送配電網」「衝突防止」や「IC乗車券システム」など、鉄道に絡む最先端の技術をトータルで提供する動きが活発化している。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 三晃金属工業、マンダム、星光PMC、リバーエレテック、富士通など

個別

■アルパイン(6816) 1,436円〔+70円、+5.12%〕
 11時30分に第3四半期決算、通期業績予想の上方修正を発表
■アオイ電子(6832) 1,617円〔+143円、+9.70%〕
 13時に第3四半期決算、通期利益予想の上方修正を発表
■きもと(7908) 800円〔-150円、-15.79%〕
 いちよし経済研究所がレーティングを「B」に引き下げ

続きを読む>>

明日の材料 日本M&Aセンター、NECフィールディング、生化学工業、オリエンタルランド、サイバーエージェントなど

個別

■昭和飛行機工業(7404)
 三井造船(7004)が1株1,650円でTOB
■東京エレクトロン(8035)
 第3四半期決算、太陽光パネル製造装置事業からの撤退を発表
■KDDI(9433)
 第3四半期決算、期末配当予想を60円→70円へ引き上げ

続きを読む>>

今あえて見直す「新興国関連」 過剰反応経た修正高余地も 【NSJ日本証券新聞 1月30日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月30日

・話題 魅力高まる沖縄セルラー 株主優待制度を新設
・今年も活発!?完全子会社化 高額プレミアム候補は
・ニチレキS高、アドバンテストは急落 3Q決算・業績修正発表で明暗
・四国化成 ニッチ市場の高シェア企業 今3月期は上ブレ含み

続きを読む>>

取材の現場から 思惑くすぶる京都・東地区再開発 京都財界挙げての大プロジェクトになるか

取材の現場から 連載

ニチコン(6996) 週足

年末押し迫った12月28日、日本維新の会の落選候補者が「除名」処分された。何でもなさそうな話だが、この件が京都でちょっと注目されている。

続きを読む>>

ゲーム関連主導 マザーズ銘柄好人気 ミクシィ逆襲高で市場心理が高揚 【NSJ日本証券新聞 12月6日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月6日

・9月末外国人持ち株比率動向 三井住友トラスト48.2%で一躍銀行トップ
・飯田グループ 急反発 トップ訃報後、落ち着き戻る
・伊藤園 仕込み場 世界遺産「和食」、影のサポート役に
・住友精化 再び年初来高値更新 高吸水性樹脂の増強続く

続きを読む>>

取材の現場から マスコミがベア圧力を企業に掛けている

取材の現場から 連載

ローソン(2651) 週足

連合は12月3日に中央委員会を開き、春闘の「闘争方針」を決定する。方針案によれば、定期昇給2%程度を確保した上で、1-2%以上のベアを求めるという。ベア要求は5年ぶり。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反発、NYダウの上昇や102円台の円安、海運業界のLNG船大量発注計画が好感

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,727円12銭の277円49銭高、TOPIXは1,261.04の13.96ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は998、値下がり銘柄数は625。出来高は22億7,616万株、売買代金は1兆9,675億円。

続きを読む>>

決算で浮上 年前半に付けた高値奪回候補

個別 概況

ALサービス(3085) 週足

時価総額の大小を問わず、上方修正や決算で好調が確認された銘柄を買い付ける動きが活発。
大型株では、メモリ向け製造装置に強い日立国際(6756)、業績上方修正とともに配当を過去最高水準に引き上げたオムロン(6645)が見直し買いされ、TSテック(7313)も大幅上方修正と配当引き上げによって上値視界が開けた格好。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) グリー、ガンホー・オンライン、積水化学、日本軽金属HD、オムロン、アドバンテストなど

個別

■日本軽金属ホールディングス(5703) 142円〔-12円、-7.79%〕
 計画を下回る第2四半期決算を発表
■コメリ(8218) 2,461円〔-144円、-5.53%〕
 第2四半期決算、下方修正を発表。JPモルガンでは目標株価を引き下げ
■北洋銀行(8524) 439円〔+15円、+3.54%〕
 野村証券が投資判断を「Neutral」に引き下げ
■明治海運(9115) 465円〔+49円、+11.78%〕
 為替前提の変更に伴い上方修正を発表

続きを読む>>

明日の材料 日本道路、ガンホー・オンライン、リプロセル、アドバンテスト、ファナック、東京エレクトロン、JR東など

個別

■アイスタイル(3660)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 12.4%減収、72.7%営業減益
■日立(6501)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 2.6%増収、6.0%営業増益
■MCJ(6670)
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正、期末配当予想を4.01円→5.09円へ増額
■ショーワ(7274)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 14.2%増収、47.1%営業増益
■JR西日本(9021)
 第2四半期決算を発表、4,521,600株の自己株式を消却

続きを読む>>

消費増税決定で泣き笑い 券売機買い替え需要に弾み

セクター 個別

高見沢サイバネティックス(6424) 週足

消費税率引き上げ後の価格表示方法を巡り、小売りが頭を悩ませている。
現在は本体価格と消費税を合わせた「総額表示」が原則だが、今後は「総額表示」「税抜き表示」「税抜き価格と税込み価格の併記」の3パターンに分かれる。

続きを読む>>

取材の現場から 「女性の活躍促進・企業活性化推進営業大作戦」 事業所内保育施設ビジネスに商機

セクター 取材の現場から 連載

JPホールディングス(2749) 週足

安倍首相は、女性の役員や管理職への登用を企業に提唱している。これに合わせて野村証券(野村HD・8604)が「ノムラ女子力30」なる指数を提唱。経済産業省と東証(日本取引所グループ・8697)も「なでしこ銘柄」という女性が活躍する企業をピックアップした。だが、女性を登用するだけで業績が伸びるわけはなく、「女性銘柄」には懐疑的な意見も強い。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 大成建設、ヒビノ、東京エレクトロンデバイス、アンジェスMG、オムロンなど

個別

■コマツ(6301) 2,468円〔-64円、-2.53%〕
 東海東京調査センターでは短期的に更なる上値は限定的と
■ザインエレクトロニクス(6769) 691円〔+100円、+16.92%〕
 東大とのCDR技術の共同開発を発表
■イオン(8267) 1,383円〔+11円、+0.80%〕
 8月度の営業収益は前期比 103.5%
■アニコム ホールディングス(8715) 1,204円〔+61円、+5.34%〕
 富士通との協業を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 積水ハウス、テクマトリックス、日本ケミカルリサーチ、TOTO、オムロン、東京エレクトロンなど

個別

■JUKI(6440) 179円〔+2円、+1.13%〕
 岩井コスモ証券が投資判断を「B+」み引き上げ
■オムロン(6645) 3,705円〔+95円、+2.63%〕
 岩井コスモ証券が投資判断を「A」継続、目標株価を4,100円に引き上げ
■極東証券(8706) 1,918円〔+105円、+5.79%〕
 中間配当予定を70円にすると発表、前期の中間実績は10円
■アルデプロ(8925) 414円〔+34円、+8.95%〕
 中期経営計画を公表、平成29年7月期の経常利益目標 1,537百万円(今期計画218百万円)
■王将フードサービス(9936) 3,320円〔+50円、+1.53%〕
 13時に第2四半期及び通期業績予想の下方修正を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) カルビー、フルキャスト、ブリヂストン、ニチリン、酒井重工業など

個別

■日本カーバイド工業(4064) 450円〔+80円、+21.62%〕
 第1四半期決算、第2四半期業績予想の上方修正を発表
■ニチリン(5184) 923円〔+145円、+18.64%〕
 上方修正、増配から一時ストップ高
■荏原製作所(6361) 497円〔-40円、-7.45%〕
 営業赤字となる第1四半期決算を発表。UBS証券では「Buy」を継続
■アサツー ディケイ(9747) 2,489円〔-76円、-2.96%〕
 通期業績予想の下方修正、減配を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) エイジア、ディー・エヌ・エー、住友ゴム、DOWAホールディングス、トーヨーカネツなど

個別

■コマツ(6301) 2,175円〔+21円、+0.97%〕
 大和証券では「2」、2,850円目標
■オムロン(6645) 3,080円〔+60円、+1.99%〕
 岩井コスモ証券が投資判断を「B+」→「A」に引き上げ
■アンリツ(6754) 1,157円〔-45円、-3.74%〕
 岩井コスモ証券が「B+」に引き下げ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) アウンコンサルティング、ビューティ花壇、ガイアックス、武蔵精密工業など

個別

■帝国電機製作所(6333) 1,909円〔+72円、+3.92%〕
 立花証券では「強気」

■オムロン(6645) 2,963円〔+107円、+3.75%〕
 野村証券が目標株価を4,200円に引き上げ、投資判断は「Buy」

■ヒロセ電機(6806) 12,890円〔+330円、+2.63%〕
 UBS証券が新規「Neutral」、12,500円目標

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 輸出関連の突っ込み狙う ファナック、東急不が2票

個別

ファナック(6954) 週足

14日のメジャーSQ(特別清算指数)算出日を目前にした13日の日経平均株価は再び波乱に見舞われ、前週7日に付けた1万2,548円を割り込む場面もあった。為替の円高加速が嫌気された格好だ。こうした相場急落時を幾度となく経験したベテラン証券マンの銘柄観を参考にしたい。

続きを読む>>

サントリー食品インターナショナル 期待感高揚 食品株は海外投資家に好人気 【NSJ日本証券新聞 6月14日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 6月14日

・日経平均一時873円安“異次元緩和”当日終値割り込む 外国人動向に変調
・総会集中日まで2週間 ガバナンスへの関心高まる
・新規上場紹介 ジェイエスエス スイミングスクール運営

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ひらまつ、ガンホー・オンライン、三菱マテリアル、遠藤照明など

個別

■ジェイアイエヌ(3046) 5,920円〔+460円、+8.42%〕
 東証への上場承認(区分は未定)

■ガンホー・オンライン(3765) 1,342,000円〔+300,000円、+28.79%〕
 決算、分割が引き続き材料視

■もしもしホットライン(4708) 1,182円〔-229円、-16.23%〕
 今期大幅減益見通しとなる決算を発表

続きを読む>>

内外2証券が選好リスト作成“個人パワー”席巻の機に 【NSJ日本証券新聞 4月30日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 4月30日

・JPモルガンAM座談会 投資のプロが語る日本株式市場の展望
・アパレル関連 春商戦に続き夏商戦にも期待感
・IPO社長会見 オークファン
・Weeklyウォッチャー 新興市場の売買代金急増

続きを読む>>

個別銘柄動向 アドバンテスト、ショーワ、ヤマハ、UCSなど

個別

■ショーワ(7274) 1,407円〔+273円、+24.07%〕
 平成25年3月期決算を発表

■三浦印刷(7920) 163円〔+45円、+38.14%〕
 当期純利益予想を黒字へ増額

■ヤマハ(7951) 1,080円〔+78円、+7.78%〕
 上方修正を発表

続きを読む>>

明日の材料 GCAサヴィアン、エムスリー、ヤフー、京セラ、サイバーエージェントなど

個別

■JT(2914)
 平成25年3月期決算を発表、今26年3月期は11.7%増収、15.7%営業増益を計画

■スタートトゥデイ(3092)
 平成25年3月期決算を発表、今26年3月期は5.0%増収、21.0%営業増益を計画

■イビデン(4062)
 平成25年3月期決算を発表、今26年3月期は1.4%増収、232.2%営業増益を計画

続きを読む>>

いよいよ実現スマホでの家電操作 基幹技術「M2M」に注目 アプリックス、オムロン、双葉電子

セクター 個別

アプリックス(3727) 日足

経済産業省は、スマートフォン(スマホ)を使ってエアコンなど家電製品の電源を外出先から入れられるべく安全規制の見直しを進めていたが、4月中に省令の解釈を変更し、家電メーカーなどに通達する見通しとなった。

続きを読む>>

個別銘柄動向 パソナ、あみやき亭、ワンダーCo、石川製作所、オムロンなど

個別

■あみやき亭(2753) 278,500円〔+7,200円、+2.65%〕
 岩井コスモ証券では投資判断を「A」に引き上げ

■ワンダーコーポレーション(3344) 89,000円〔+5,800円、+6.97%〕
 平成25年2月期決算を発表

■沢井製薬(4555) 12,530円〔+1,050円、+9.15%〕
 JPモルガン証券が目標株価を14,000円に引き上げ

続きを読む>>

バリューコマース O2Oビジネスに商機 飯塚洋一代表取締役社長インタビュー 【NSJ日本証券新聞 3月21日付け】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 3月21日付け

・景気回復期待で就活関連株が戻り歩調
・近畿圏マンション販売に明るさ
・IPO社長会見 ウォーターダイレクト
・新たな収益源確保目指す「中古車販売」

続きを読む>>

新設ラッシュ あのオムロンやDeNAも参戦 優待権利付き最終日は「3月26日」 【NSJ日本証券新聞(2月25日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月25日付け

・ブラインド・インタビュー いつまで続く、ガソリン・灯油高騰
・中小型株での幕間つなぎも マザーズ指数出直りムード
・ブックビル大作戦 オイシックス「積極姿勢」

続きを読む>>

個別銘柄動向 SRGタカミヤ、大和コンピューター、パーク24、大福、オムロンなど

概況

■エスアールジータカミヤ(2445) 815円〔+22円、+2.77%〕
 1対2の株式分割を発表

■キリンホールディングス(2503) 1,279円〔+16円、+1.27%〕
 UBS証券が投資判断を引き上げ

続きを読む>>

個別銘柄動向 マガシーク、スタートトゥデイ、fonfun、電算システム、ワコムなど

個別

■ソフトフロント(2321) 14,350円〔-3,090円、-17.72%〕
 業績見通しを赤字予想に減額

■fonfun(2323) 267円〔+25円、+10.33%〕
 特設注意市場銘柄指定、監視区分の指定解除

続きを読む>>

明日の材料 一休、スタートトゥデイ、OLC、アドバンテスト、オムロン、ワコム、Eギャランティ、マガシークなど

個別

■一休(2450):第3四半期決算、通期業績予想の増額、期末配当予想の修正(1,100→1300円)を発表
■宝HD(2531):第3四半期決算を発表、前年同期比 0.7%増収、5.8%営業減益
■マガシーク(3060):NTTドコモ(9437)が1株135,000円でTOB
■スタートトゥデイ(3092):第3四半期決算、通期業績予想の減額、株主総会ZOZOTOWN スペシャル福袋の配布取り止め

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは884.79ポイントの24.99ポイント高、日経平均は10,686円の291円高。米財政の崖の回避を好感。ドル買い円安も後押しし、値上がり銘柄数は1,609、値下がり銘柄数は50と全面高。

概況

TOPIX 15分足 MA(25、75)

米国で「財政の崖」が回避されたこを好感し、1月2日のNYダウは308ドル高の13,412ドルと上昇しましたが、昨日1月3日は21ドル安の13,391ドルと小幅安となりました。
 昨年12月11日~12日に開催されたFOMC議事録が公表され、毎月850億ドルの債券購入の縮小なり停止が恐らく適切になるだろうという意見が複数でたことが判明したため、売られました。

続きを読む>>