6617

明日の材料 南海辰村建設、パナホーム、関電工、ヤマト、MonotaRO、東京建物不動産販売など

個別

■東京ドーム(9681):通期業績予想を上方修正
■SCSK(9719):第3四半期決算を発表、前年同期比4.2%増収、14.8%営業増益
■ミスミグループ本社(9962):第3四半期決算を発表、前年同期比19.2%増収、27.1%営業増益

続きを読む>>

取材の現場から 経産省が高速道路の無料化策

取材の現場から 連載

日産(7201) 週足

高速道路の無料化というと民主党のマニフェストだったが、経産省が今、これを推進しようとしている。
来年度予算の概算要求で経産省は、「次世代自動車インフラ整備のための高速道路利用実態調査事業」という名目で、8億円を新規に計上している。EV(電気自動車)やPHV(プラグインハイブリッド車)、FCV(燃料電池車)といった次世代車の長距離走行のデータを集めるという政策で、高速道路で長距離走行した利用者に調査費用を支払い、走行データなどを収集するというのだ。

続きを読む>>

明日の材料 ビーアールホールディングス、伊藤ハム、アルフレッサホールディングス、スターティアなど

個別

■シーマ(7638):ライツ・オファリング、行使価額は1個(1株)につき10円
■ファーストエスコ(9514):公募増資などで約21.4億円を調達
■モリト(9837):株主優待制度を再開、クオカードを贈呈

続きを読む>>

明日の材料 システム・テクノロジー・アイ、オプト、バリューコマース、カゴメ、片倉工業など

個別

■吉野家ホールディングス(9861)
 公募による自己株式の処分、株式売出し、自己株式の消却。中小企業庁による立入検査
■家族亭(9931)
 第1四半期決算を発表、前年同期比5.6%増収、111.4%営業増益
■アークス(9948)
 通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

株主還元姿勢は業績への自信の表れ 関心高まる「今期増配企業」【日本証券新聞 4月30日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月30日

・セル・イン・メイは杞憂? 1-4月動向がポイントに
・銘柄一本勝負 筍狩りに行こう プリマハム セブン快進撃の一翼担う
・MSCI入れ替え候補は 5月15日早朝発表へ SMBC日興予想が話題
・新興市場版 好決算+低PER+高配当利回り銘柄がS高 A&T 検体検査装置好調

続きを読む>>

概況/寄り付き 欧米株安から、東証も広範囲に下落。保険や海運が軟調。ホンダは今期見通しが失望

概況

日経平均 週足

9時5分時点の日経平均は14,297.69円の131.57円安、TOPIXは1,159.99の3.51ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,560万株、買いは1,310万株。

続きを読む>>

明日の材料 いちごグループホールディングス、不二製油、東京エレクトロンデバイス、ユーグレナ、ディーブイエックスなど

個別

■アサンテ(6073)
 4月24日をもって東証1部銘柄に指定
■SOL Holdings(6636)
 メキシコでスーパーソルガムの大規模商用展開に向けた小規模商用栽培を開始
■ベスト電器(8175)
 通期業績予想を下方修正

続きを読む>>

トップインタビュー レオパレス21 代表取締役社長 深山英世氏 賃貸事業の入居率高水準【日本証券新聞 3月18日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月17日

・期末接近 三愛石油 再び高値 持ち株の含み益に関心
・秒読みに入る?!「アリババ上場」 ”本命復活”ソフトバンク
・モルフォ 目先高値払う
・レポート相次ぐGPIF 上限迫るも足元は「買い」

続きを読む>>

概況/大引け ウクライナ情勢への警戒から、東京市場は売り優勢。ただ、ソフトバンクはアリババのIPO準備で高く、日経平均の下げ幅を中和

概況

日経平均 日足

大引けの日経平均は14,277.67円の49.99円安、TOPIXは1,154.93の9.77ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は213、値下がり銘柄数は1,511。出来高は19億9,496万株、売買代金は1兆8,680億円。

続きを読む>>

概況/前引け ソフトバンクの上昇が日経平均を下支え。証券やノンバンク、電機は安い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,264円21銭の63円45銭安、TOPIXは1,155.09ポイントの9.61ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は431、値下がり銘柄数は1,214。出来高は8億8,304万株、売買代金は8,766億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 大林組、カカクコム、タイセイ、モルフォ、カイオム・バイオサイエンスなど

個別

■田淵電機(6624) 663円〔+76円、+12.95%〕
 上方修正、増配から急騰
■イオン(8267) 1,119円〔-53円、-4.52%〕
 通期利益予想を減額修正
■ソフトバンク(9984) 8,129円〔+400円、+5.18%〕
 グループで37%を出資するアリババの上場観測

続きを読む>>

概況/寄り付き クリミアの住民投票が警戒も、東証は小幅な下げに留まる。ソフトバンクがアリババのIPO準備で高い

概況

日経平均 週足

クリミアの住民投票は暫定開票で、ロシアへの編入に8割超が賛成していると報じられ、米欧によるロシアへの制裁措置が警戒されていますが、週明けの東京株式市場は小幅な下げに留まっています。

続きを読む>>

電力小売り全面自由化へ エナリスなど注目度上昇

セクター 個別

政府は28日、「電気の小売業への参入の全面自由化」を実施するために必要な措置を定める電気事業法改正案を閣議決定した。

続きを読む>>

出遅れ修正候補の割安株はこれだ 欧米市場で高値更新相次ぐ 【NSJ日本証券新聞 2月26日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月26日

・電力小売り全面自由化へ エナリスなど注目度上昇
・野村キャラバン「中間報告」成長戦略“失望”を回避!?
・星光PMC S高 新素材関連で材料上乗せ
・綜合警備保障 株価V字回復 好業績など手掛かり材料豊富

続きを読む>>

「外国人保有比率」に選別視点 1月大量売りで峠は超えたか? 【NSJ日本証券新聞 2月10日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月10日

・「STAP細胞」人気再燃 タカラバイオなど小保方女史の論文に登場
・NISA口座の現状? 新規顧客開拓はいまひとつ
・竹中三佳の株Catch one’s eye 特別編 ユナイテッド金子陽三社長インタビュー
・決算速報 東都水産 急伸 一時、上昇率トップに

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 日本M&Aセンター、NECフィールディング、北越工業、東芝など

個別

■佐世保重工業(7007) 137円〔+13円、+10.48%〕
 新造船の増産方針を公表
■小糸製作所(7276) 2,157円〔+252円、+13.23%〕
 上方修正を発表
■日立物流(9086) 1,644円〔+157円、+10.56%〕
 第3四半期決算を発表

続きを読む>>

明日の材料 エムスリー、塩野義製薬、日立金属、神鋼環境ソリューション、KDDIなど

個別

■スタンレー電気(6923)
 第2四半期決算、通期業績予想の上方修正を発表
■三井造船(7003)
 第2四半期利益予想を上方修正
■IHI(7013)
 第2四半期利益予想の上方修正を発表
■モスフードサービス(8153)
 第2四半期業績予想の上方修正を発表
■アコム(8572)
 第2四半期業績予想の上方修正を発表
■グランディハウス(8999)
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正を発表

続きを読む>>

スマートメーター関連一斉人気 東電が設置計画前倒し発表 【NSJ日本証券新聞 10月29日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 10月29日

・銘柄一本勝負 ホクト 月次売上高が収益回復を示唆
・篠崎屋 上方修正で見直し余地 惣菜・生菓子販売が絶好調!
・日米PER評価が逆転 米国株猛追ステージへ
・話題 アンジェスMG 世界初の高血圧DNAワクチン進展

続きを読む>>

概況/大引け ソフトバンクが落ち着きを見せ、円高進行も一服、上方修正への期待で広範囲に反発。土木株が急騰

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,396円04銭の307円85銭高、TOPIXは1,198.36の20.08ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,431、値下がり銘柄数は253。出来高は23億2,104万株、売買代金は1兆7,154億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 積水化学、日本マイクロニクス、マクニカ、FXプライム、技研興業など

個別

■昭和システムエンジニアリング(4752) ストップ高買い気配
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正を発表
■東光高岳ホールディングス(6617) 1,892円〔+100円、+5.58%〕
 東電がスマートメーターの導入を加速させるとの報道で関連銘柄が物色
■ネットワンシステムズ(7518) 696円〔-20円、-2.79%〕
 第2四半期決算、通期業績予想の下方修正を発表。野村証券では「Neutral」を継続

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は広範囲に反発。スマートメーターの導入加速報道で、関連株が大幅高

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,239円70銭の151円51銭高、TOPIXは1,189.18の10.90ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,187、値下がり銘柄数は431。出来高は10億3,301万株、 売買代金は7,463億円。

続きを読む>>

「個人投資家」主役で浮上する株 参院選後、物色の方向性 【NSJ日本証券新聞 7月23日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 7月23日

・構造変化・規制改革の象徴 カカクコムなどネット主力株好人気
・「魔の3カ月」(8-10月)1勝5敗で平均1,096円安
・参院選通過で「カジノ関連」再び浮揚

続きを読む>>

EV普及への期待高まる 高速道路での充電設備設置計画が具体化

セクター 個別

富士電機(6504) 日足

東日本高速道路が23日に電気自動車(EV)用の急速充電器の設置場所を2013年度中に倍増することが伝えられた。エコカーの本命として、かねてEVが注目されてきたが、普及を加速させるには、急速充電スタンドを全国に設置させることが必要不可欠となる。具体的な設置計画が表面化してきたことで、急速充電スタンドの設置が急速に進む期待が高まりそうだ。

続きを読む>>

明日の材料 GNI、テクマトリックス、パーク24、東邦チタニウム、ドウシシャ、ダイセキなど

個別

■東邦チタニウム(5727):太陽光発電用途ポリシリコン事業撤退、スポンジチタンの減産及び収益改善に向けた諸施策
■LIXIL(5938):タイの洪水被害に関して約45億円の保険金を受領
■リブセンス(6054):システム障害による個人情報漏洩

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは807.84ポイントの6.80ポイント高、日経平均は9,828円の91円高。衆議院選挙で自民党294議席、公明党31議席と合計で325議席と、参議院で否決された法案を衆議院で再可決できる3分の2を上回った。自民党は原発再稼働に柔軟姿勢のため電力株が急騰。

概況

日経平均 15分足(5日間) MA(25)、MA(75)

大引けのTOPIXは807.84ポイントの6.80ポイント高、日経平均は9,828円の91円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,033、値下がり銘柄数は505。出来高は28億5,262万株、売買代金は1兆5,343億円…

続きを読む>>