6501

年金、投信の機械的な買い流入へ 次の指数イベントに注目【日本証券新聞 3月9日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月9日

・日経平均 1万9000円に迫る 好需給が支える 
・「上げてもディフェンシブ」 19年ぶりの珍事発生!?
・ファミマ ユニー 経営統合 「ミニスーパー」強化策も
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.79 キュレーションサービス

続きを読む>>

日経平均1万8500円タッチ ここから買える「出遅れ大型3銘柄」【日本証券新聞 2月24日】

概況

日本証券新聞 2月24日

・「155ドルのカベ」突破 四半世紀来の基調転換も
・筍狩りに行こう 山九 創業100周年迫る
・日立 出遅れ払い修復高へ 来期も増益シナリオは不変
・IPO初値 シリコンスタジオ 2倍高発進

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は大幅高、ギリシャ不安後退や円安を好感。リスクオンで銀行株と証券株が高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は18,199.17円の212.08円高、TOPIXは1,482.67の20.60ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,319、値下がり銘柄数は426。出来高は27億2,387万株、売買代金は2兆8,050億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ヤクルト本社、木徳神糧、フリービット、コープケミカルなど

個別

■アルプス電気(6770) 2,418円〔+79円、+3.38%〕
 ゴールドマン・サックスでは「買い」継続
■アクリーティブ(8423) 301円〔+80円、+36.20%〕
 外貨によるレジ清算サービスの提供開始
■東日本旅客鉄道(9020) 9,997円〔+174円、+1.77%〕
 連日の高値更新、一時1万円台乗せ

続きを読む>>

ソニー一時S高、日立は急落 決算発表に一喜一憂【日本証券新聞 2月6日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月6日

・三菱ケミカルHD 好決算を見直す 12月高値(654円)奪回へ
・日立ハイテク 再増額有望 2006年最高値も射程に
・櫻井英明のそこが聞きたい インフォテリア
・”証券出身”で3人目に どう読む、日銀委員人事

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反落、ギリシャ不安が再燃。原油価格の反落から資源関連が安い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,504.62円の174.12円安、TOPIXは1,410.11の6.89ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は570、値下がり銘柄数は1,174。出来高は26億4,540万株、売買代金は2兆8,515億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 銭高組、ツクイ、日本オフィス・システム、イビデン、日本特殊塗料など

個別

■JSP(7942) 2,413円〔+143円、+6.30%〕
 三菱ガス化学が1株2,686円でTOB
■ワイヤレスゲート(9419) 2,887円〔-463円、-13.82%〕
 本則市場への変更申請を取下げ
■エムティーアイ(9438) 1,524円〔+86円、+5.98%〕
 第1四半期決算、上方修正、増配、株式分割

続きを読む>>

明日の材料 省電舎、青木あすなろ建設、NIPPO、伊藤ハム、ツクイ、キャリアデザインセンターなど

個別

■スカパーJSATホールディングス(9412):第3四半期決算、通期業績予想を上方修正
■スクウェア・エニックス・ホールディングス(9684):第3四半期決算を発表、前年同期比16.0%増収、89.6%営業増益
■日本空港ビルデング(9706):第3四半期決算を発表、前年同期比15.7%増収、55.1%営業増益

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は2日続伸、17,500円台乗せ。ECBが量的緩和を導入し、期限延長もあり得るとしたことがサプライズに。ソフトバンク、トヨタ、ソニーなど主力株が高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,511.75円の182.73円高、TOPIXは1,403.22の13.79ポイント高。東証市場の値上がり銘柄数は1,321、値下がり銘柄数は431。出来高は20億8,434万株、売買代金は2兆1,237億円。

続きを読む>>

取材の現場から 精神疾患「うつ病」が重点疾病に

取材の現場から 連載

持田製薬(4534) 週足

治療剤で持田製薬、明治HDなど 今年はアベノミクスの真価が問われる年になると言われるが、金融緩和や財政出動はもうやり尽くし感もあり、やはり第3の矢がどうなるかが重要だろう。農業や雇用、そして医療の分野をどう成長させるかだ…

続きを読む>>

変身期待銘柄を狙う 東レ、大成建設、CYBERDYNE【日本証券新聞 1月13日】

日本証券新聞

日本証券新聞 1月13日

・1・14は上昇特異日 戦後の勝率「77%」
・テールリスクいろいろ 「とんでも予想2015」
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.71 ポムポムプリンカフェ
・「インフルエンザ」対策関連マーク強まる
・建設関連の中小型株 軒並み高株 式併合予定の暁飯島も

続きを読む>>

原動力はガバナンス改革 2015年「2万円奪回への道」【日本証券新聞 12月30日】

日本証券新聞

日本証券新聞 12月30日

・日経平均、一時293円安 「エボラ疑い」で見送り
・電通 連日の高値 海外展開加速を評価
・筍狩りに行こう 三菱重工 航空宇宙で2大イベント
・ビーロット 2万円到達で公募比10倍高

続きを読む>>

明日の材料 テンプホールディングス、クエスト、クラレ、データセクション、田辺三菱製薬など

個別

■ピクセラ(6731) 110円〔-13円、-10.57%〕
 東証1部から2部へ指定替え
■西松屋チェーン(7545) 975円〔+37円、+3.94%〕
 12月度の既存店売上高は100.8%
■CYBERDYNE(7779) 3,180円〔+324円、+11.34%〕
 オムロンとロボット事業を含む事業基本合意

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 主力大型株のマーク強まる 新興はJQ銘柄が人気

個別 概況

三菱電機(6503) 週足

週末控え、米雇用統計控えで5日の日経平均は反落で始まったものの、堅調な米国株や円安加速を受けて後場は持ち直すなど、強い先高観に包まれたままの状況。週明けにも1万8,000円台に乗せるとの見方が多い。

続きを読む>>

日経平均5連騰 「自民圧勝」追い風 強さ光る自動車関連【日本証券新聞 12月5日】

日本証券新聞

日本証券新聞 12月5日

・日米ダウが一時”同値”に 稲垣吾郎<三田佳子!?
・ポーラ・オルビスなど高値更新 12月期高配当利回り銘柄に照準
・航空機関連 飛躍へ 米ボーイング向けの受注拡大で存在感増す
・ネクスト 業容変ぼうを買う 来期は利益倍増へ

続きを読む>>

証券株、出遅れ返上の機迫る 「貯蓄から投資へ」も後押し【日本証券新聞 11月20日】

日本証券新聞

日本証券新聞 11月20日

・日立 7年ぶり900円台乗せ ”日本株買い”で上値期待
・関心高まる「物価連動債」 関連ファンドの資産急増
・サノヤスついに15連騰 「優待」材料、要チェック
・櫻井英明のそこが聞きたい 翻訳センター 東郁男代表取締役社長

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 金融緩和で証券株が人気 リクルートHDが複数支持

個別 概況

リクルート(6098) 日足

10月31日の日銀追加緩和から1週間。為替の急激な円安進行とも併せて、株式市場も急騰に次ぐ急騰で日経平均は9月高値を一気に抜き去り、1万7,000円台と約7年ぶりの高値圏に飛び出してきた。

続きを読む>>

取材の現場から 経産省が高速道路の無料化策

取材の現場から 連載

日産(7201) 週足

高速道路の無料化というと民主党のマニフェストだったが、経産省が今、これを推進しようとしている。
来年度予算の概算要求で経産省は、「次世代自動車インフラ整備のための高速道路利用実態調査事業」という名目で、8億円を新規に計上している。EV(電気自動車)やPHV(プラグインハイブリッド車)、FCV(燃料電池車)といった次世代車の長距離走行のデータを集めるという政策で、高速道路で長距離走行した利用者に調査費用を支払い、走行データなどを収集するというのだ。

続きを読む>>

概況/寄り付き 円安を好感して、東京市場は上昇スタート。キーエンスが増配から高い

概況

日経平均 週足

9時12分時点の日経平均は15,635.80円の81.89円高、TOPIXは1,276.36の5.72ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,620万株、買いは1,500万株と再び売り越しに。

続きを読む>>

明日の材料 三井住建道路、大末建設、イチケン、関電工、ベネフィット・ワン、MonotaRO、アイスタイルなど

個別

■カプコン(9697):第2四半期決算を発表、前年同期比51.3%減収、41.6%営業減益
■オートバックスセブン(9832):第2四半期及び通期業績予想を下方修正
■ミスミグループ本社(9962):第2四半期決算を発表、前年同期比19.3%増収、28.3%営業増益

続きを読む>>

外国人大量売り一巡で需給に”変化” 年末にかけ長期資金の買い流入も【日本証券新聞 10月27日】

日本証券新聞

日本証券新聞 10月27日

・あと6営業日! 米中間選挙 「17勝1敗ジンクス」に関心
・アールテック・ウエノ 高値更新 
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.64 キャラクターバトルクラブ
・日立 再増額で急伸 2週ぶり800円台回復 通期連続最高益に王手

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反発。欧米株高や円安を好感も、エボラ熱が重しとなり上げ幅縮小。対策関連は軒並み高

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,291.64円の152.68円高、TOPIXは1,242.32の9.98ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,149、値下がり銘柄数は552。出来高は19億2,575万株、売買代金は1兆8,760億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は反発。ただ、欧米株高を好感し高寄りも、NYエボラ熱報道で上げ幅縮小。対策関連は軒並み高

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,258.29円の119.33円高、TOPIXは1,240.91の8.57ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,211、値下がり銘柄数は480。出来高は10億1,714万株、売買代金は9,250億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) いい生活、パス、日本触媒、クイック、コーセーなど

個別

■日本アビオニクス(6946) 313円〔+58円、+22.75%〕
 NYエボラ熱関連の報道で
■オリンパス(7733) 3,735円〔+45円、+1.22%〕
 東海東京調査センターが新規「2」
■スリー・ディー・マトリックス(7777) 2,840円〔+196円、+7.41%〕
 TDM-511の市販前届提出

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は全面高スタート。ユーロ圏PMIや米企業決算、円安も好感。日経平均は寄り付きから200円を超える上げ幅

概況

日経平均 週足

9時8分現在の日経平均は15,363.95円の224.99円高、TOPIXは1,250.11の17.77ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,130万株、買いは1,180万株。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は全面安、独鉱工業生産の悪化とIMFの成長見通し引き下げで欧米株が売られ、円高進行。自動車や精密、機械などが安い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,595.98円の187.85円安、TOPIXは1,274.85の16.04ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は326、値下がり銘柄数は1,437。出来高は22億9,255万株、売買代金は2兆1,732億円。

続きを読む>>

“一人勝ち”米国で稼ぐ企業に照準 需要増&円安でダブルメリット【日本証券新聞 10月7日】

日本証券新聞

日本証券新聞 10月7日

・投機筋”暗躍”の収支は? バークレイズ売りで目先底へ
・筍狩りに行こう 三井化学 収益黒字化を先取り
・富士フイルム 再び高値更新 「アビガン」エボラ治療で効果
・ミライト 先高有望 PER12倍、PBR1倍割れ

続きを読む>>

概況/前引け 東証は大幅反発、欧米株高や円安を好感。円安メリットで自動車や精密、電機などが高い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は16,364.74円の197.29円高、TOPIXは1,341.30の15.12ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,268、値下がり銘柄数は419。出来高は11億6,814万株、売買代金は1兆938億円。

続きを読む>>

概況/前引け 米国株高と円安から、日経平均は16,000円台乗せ。機械や自動車など円安関連を中心に広範囲に上昇

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は16,049.51円の160.84円高、TOPIXは1,316.86の11.90ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,257、値下がり銘柄数は439。出来高は11億2,098万株、売買代金は1兆1,499億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) MonotaRO、ジョルダン、メドピア、NTNなど

個別

■JIA(7172) 6,770円
 上場2日目、初値は5,770円と公開価格の2.3倍に
■オービス(7827) ストップ高買い気配
 第3四半期決算、通期業績予想を上方修正、復配
■アルデプロ(8925) 257円〔+29円、+12.72%〕
 決算を発表、株主優待制度の再開も

続きを読む>>

リクルート 10月16日上場へ 調達額は今年最大【日本証券新聞 9月12日】

日本証券新聞

日本証券新聞 9月12日

・日経平均採用の高利回り株 高値抜け相次ぐ背景は
・IPO初値 JIA 初日値付かず
・キトー 相場修復から一段高へ
・OKIが大商い 上期の上方修正で

続きを読む>>

TOPIX年初来高値肉薄 「新内閣」「円安」原動力に【日本証券新聞 9月4日】

日本証券新聞

日本証券新聞 9月4日

・ルネサスS高 3年半ぶり4ケタ 来秋は米で技術展示会
・FX関連が人気化 マネパは連日の高値
・9月中間配当利回り 3%台銘柄めじろ押し
・日本アクア リフォーム市場に本格展開

続きを読む>>

明日の材料 東日本ハウス、UBIC、エービーシー・マート、アダストリアホールディングスなど

個別

■マネーパートナーズグループ(8732)
 海外専用のトラベルプリペイドカード「マネパカード」の提供開始
■スターツコーポレーション(8850)
 9月16日をもって東証1部銘柄になることが決定
■泉州電業(9824)
 第3四半期決算を発表、前年同期比7.5%増収、27.5%営業増益

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 建設・ロボット関連株が根強い人気

個別 概況

日経平均は22日の戻り高値(1万5,628円)を境に調整色を濃くしている。好調な米国景気、利上げ接近などを反映したドル高・円安効果も一巡、再び円高傾向に舞い戻っているほか、ウクライナ状勢の緊迫化など地政学的リスクの再浮上も買い見送り要因となっている。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は反発、104円台乗せとなった円安が支援材料。ただ、物色は個別材料株中心

個別

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,613.25円の74.06円高、TOPIXは1,291.31の5.24ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,162、値下がり銘柄数は499。出来高は15億6,383万株、売買代金は1兆4,103億円。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は8連騰も、上値は重い。円安が売りを抑制したが、主力株は小動き

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,454.45円の4.66円高、TOPIXは1,279.64の0.65ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は770、値下がり銘柄数は861。出来高は18億3,270万株、売買代金は1兆5,636億円。

続きを読む>>

概況/前引け 昨日までの7連騰で戻り売りも増え、日経平均はマイナス圏に。JR東の新線構想で鉄建と東鉄工業が人気

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,441.70円の8.09円安、TOPIXは1,279.54の0.75ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は839、値下がり銘柄数は782。出来高は9億6,576万株、売買代金は7,766億円。

続きを読む>>

特別インタビュー 真のグローバル企業に注目を グローバルマネジメント研究所 福住俊男・代表取締役社長

インタビュー

グローバルマネジメント研究所 福住俊男・代表取締役社長

「長年、コンサルタントとして日本企業を見てきて、『日本企業はグローバル市場で製品力と販売力で勝負をしているが、本当にそれで勝てるのか、勝ち続けることができるか』と疑問を持っていた。

続きを読む>>

概況/前引け NYダウの小幅続伸で、東証も小じっかり。ミクシィが引き続きストップ高買い気配

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,178.77円の48.25円高、TOPIXは1,258.42の5.91ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,107、値下がり銘柄数は571。出来高は8億1,255万株、売買代金は8,213億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 日経平均は小幅続伸スタート。ただ、主力株の値動きは乏しい

概況

日経平均 週足

9時11分時点の日経平均は15,154.24円の23.72円高、TOPIXは1,256.12の3.61ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが620万株、買いは530万株。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は454円安、オバマ大統領がイラクへの限定空爆承認で急落。全面安でコア銘柄の値下がりも大きい

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,778.37円の454.00円安、TOPIXは1,228.26の29.86ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は131、値下がり銘柄数は1,656。出来高は27億5,477万株、売買代金は2兆5,678億円。

続きを読む>>

概況/大引け 米国市場の反発も、日経平均は4日続落、マザーズ指数は4%超える下落

個別

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,320.31円の154.19円安、TOPIXは1,263.53の12.66ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は325、値下がり銘柄数は1,381。出来高は22億660万株、売買代金は1兆9,894億円。

続きを読む>>

概況/大引け 欧米株安から、東京市場もほぼ全面安に。ただ、日経平均は15,500円水準では下げ渋りも。好業績銘柄は買われ、エプソンは上場来高値を更新

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,523.11円の97.66円安、TOPIXは1,281.30の8.12ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は334、値下がり銘柄数は1,409。出来高は22億4,582万株、売買代金は2兆1,711億円。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は続伸。やや様子見ムードも、日産やキーエンスの決算が好感。ミクシィも高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,618.07円の88.67円高、TOPIXは1,290.41の4.34ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,031、値下がり銘柄数は618。出来高は16億8,103万株、売買代金は1兆5,819億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は小じっかり。イチケンはカジノ関連で続伸、日本バルカーは空気マグネシウム電池、ミクシィは売買代金トップ

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,589.51円の60.11円高、TOPIXは1,287.83の1.76ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は819、値下がり銘柄数は772。出来高は8億8,181万株、売買代金は7,608億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は続伸スタート。好決算の日産や水素関連が高い

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は15,576.07円の46.67円高、TOPIXは1,288.99の2.92ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが630万株、買いは610万株。

続きを読む>>

「自動運転」普及に現実味 取り組み姿勢は各社まちまち

セクター 個別

JVCケンウッド(6632) 週足

日産自動車(7201)は先ごろ、最新の自動運転技術の投入スケジュールを発表した。
内容を簡略に紹介すると、車線内の走行を自動化するシステムや、高速道路での走行を支援するシステムを含む最新の自動運転技術を今後4年間にわたって投入。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は反発スタート。東京製鉄の上方修正から電炉メーカーが高い。建設株も堅調

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は15,309.70円の93.99円高、TOPIXは1,271.59の8.30ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが660万株、買いは510万株。

続きを読む>>

概況/寄り付き 欧米株式下落し、東証もほぼ全面安。その他金融、保険、海運、鉄鋼などが安い

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は15,235.24円の91.23円安、TOPIXは1,249.96の9.29ポイント安。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが1,280万株、買いは720万株と3日連続の売り越し。

続きを読む>>

22日から「銭単位」株価登場 対象は80銘柄(7月7日現在) 世界の潮流には逆行?!

概況

例えば、101円で買って102円で売るような短期売買は「1カイ2ヤリ」と呼ばれるが、7月22日からは、「0・1カイ0・2ヤリ」の時代が来る…。

続きを読む>>

概況/前引け 欧米株安や円高警戒で、東京市場は下落。ただ、朝方の安値からは下げ幅縮小

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,308.46円の70.98円安、TOPIXは1,274.26の5.61ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は682、値下がり銘柄数は967。出来高は11億2,969万株、売買代金は9,043億円。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は小幅安でのもみ合い。材料難から様子見姿勢が強く、主力株は見送り、材料株物色に

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,379.44円の57.69円安、TOPIXは1,279.87の5.37ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は624、値下がり銘柄数は1,025。出来高は16億8,193万株、売買代金は1兆4,137億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は手掛かり材料難からもみ合いスタート。水素関連の一角が物色

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は15,428.12円の9.09円安、TOPIXは1,283.56の1.68ポイント安。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが620万株、買いは550万株。

続きを読む>>

草木もなびくよ「米国」へ 雇用統計が経済の好調を象徴【日本証券新聞 7月7日】

日本証券新聞

日本証券新聞 7月7日

・NT倍率”いってこい” ユニクロ頼み卒業の証しか
・2014年前半IPO 「初値天井」が激減 初値→高値の上昇率33.9%平均
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.48 「レアジョブ英会話」
・ハピネット 8年ぶり高値水準 「妖怪ウォッチ」「私の男」で注目

続きを読む>>

概況/寄り付き NYダウの17,000ドル台乗せで、東京市場はほぼ全面高。非鉄やその他金融、自動車関連などが高い

概況

9時11分時点の日経平均は15,459.58円の111.29円高、TOPIXは1,286.05の7.46ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが700万株、買いは920万株と再び買い越し。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場はほぼ全面高、ドル円は102円台乗せ。不動産や非鉄、倉庫運輸など広範囲に上昇

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,894.80円の262.42円高、TOPIXは1,217.23の15.82ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,432、値下がり銘柄数は255。出来高は10億2,402万株、売買代金は8,911億円。

続きを読む>>

「会社予想に勝つ自信」のある銘柄

個別 概況

日立金(5486) 週足

2013年度の決算発表が終了し、各証券会社から決算総括レポートが続々。野村証券は「2014年度業績はバッファーを若干持った形でスタートしたと見ることができ、4-6月期決算発表をきっかけに、業績予想上方修正局面に戻れる可能性は高いというのが基本感。決算発表直後というタイミングでは、アナリスト予想と会社予想にカイ離のある銘柄に注目したい」と指摘している。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は小じっかり。主力株は揉み合いだが、KLabやenishといったゲーム関連は続伸

個別

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は14,665.82円の63.30円高、TOPIXは1,199.73の5.04ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,090万株、買いは890万株。

続きを読む>>

概況/大引け 東証はジリ安、決算一巡で様子見ムード。ノンバンクや不動産、機械などが安い

概況

日経平均 日足

大引けの日経平均は14,006.44円の90.15円安、TOPIXは1,150.07の9.00ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は437、値下がり銘柄数は1,266。出来高は17億7,173万株、売買代金は1兆5,503億円。

続きを読む>>

概況/前引け NYダウの反落から、東証も下落。ノンバンクや証券、保険、自動車などが安い

概況

日経平均 週足

前引けの日経平均は14,279.69円の126.07円安、TOPIXは1,173.20の9.95ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は423、値下がり銘柄数は1,240。出来高は10億37万株、売買代金は8,820億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 大成建設、清水建設、カカクコム、不二製油、トリドールなど

個別

■日産自動車(7201) 917円〔+48円、+5.52%〕
 前日、平成26年3月期決算を発表
■タカラレーベン(8897) 314円〔+28円、+9.79%〕
 決算、500万株の自社株買い
■ダイセキ(9793) 1,682円〔+53円、+3.25%〕
 東海東京証券が投資判断を「2」→「1」に引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 日本ハム、アイロムホールディングス、オールアバウト、トリドール、石原産業など

個別

■スリー・ディー・マトリックス(7777)
 ETPLと超短鎖自己組織化ペプチド技術に関するライセンス契約
■タカラレーベン(8897)
 平成26年3月期決算、500万株の自社株買い、オアシスを子会社化
■イヌイ倉庫(9308)
 平成26年3月期決算、乾汽船(9113)と合併契約締結

続きを読む>>

概況/大引け NYダウの最高値更新も、東京市場は反応薄で小幅安。ソフトバンクが4日続落、DeNAは大幅減益見通しが嫌気

概況

日経平均 日足

大引けの日経平均は14,149.52円の50.07円安、TOPIXは1,157.91の7.60ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は382、値下がり銘柄数は1,327。出来高は18億2,889万株、売買代金は1兆6,076億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は小幅安スタート。ソフトバンクやDeNAが安い

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は14,177.75円の21.84円安、TOPIXは1,164.89の0.62ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,510万株、買いは1,240万株。

続きを読む>>

話題銘柄をテクニカルで斬る 大手生保の投資決断の裏には、年内に「日経平均株価1万8000円」達成への確信が!

テクニカル 個別

昨年末、あるいは今年年初のエコノミストなど市場関係者(プロ)の日経平均株価の年内の安値・高値予想のコンセンサスは、安値が年前半で1万3,500円、高値は年後半で1万8,000円程度でした。今は1万4,500円前後ですから、年内の高値1万8,000円までの上昇余地は、まだ24.1%もあります。だから、日本銀行は4月もせっせと日経平均連動型ETF(上場投資信託)を購入し続けているのでしょう。

続きを読む>>

取材の現場から 注目される豪州向け潜水艦 難しい安全保障とビジネスの両立

セクター 取材の現場から 連載

川重(7012) 日足

小野寺五典防衛相は4月18日、米企業から三菱重工(7011)に対し、ミサイル部品の輸出要請があったことを明らかにした。武器輸出三原則の撤廃を受けたもので、これで日本企業の武器ビジネスが本格化することをアピールしたかったようだ。が、どうも漠然としていて、具体的な展開が見えづらい。

続きを読む>>

株主還元姿勢は業績への自信の表れ 関心高まる「今期増配企業」【日本証券新聞 4月30日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月30日

・セル・イン・メイは杞憂? 1-4月動向がポイントに
・銘柄一本勝負 筍狩りに行こう プリマハム セブン快進撃の一翼担う
・MSCI入れ替え候補は 5月15日早朝発表へ SMBC日興予想が話題
・新興市場版 好決算+低PER+高配当利回り銘柄がS高 A&T 検体検査装置好調

続きを読む>>

大量保有報告書から 複数の機関投資家から選ばれし銘柄

個別 概況

表は3月27日-4月23日の間に提出された大量保有報告書で機関投資家による新規取得が明らかになった主な銘柄一覧。ここから機関投資家の買い付け動向を探ってみた。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は小幅反発スタート。決算から安川電機が安い

概況

日経平均 週足

9時8分時点の日経平均は14,594.53円の82.15円高、TOPIXは1,176.56の5.08ポイント。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は、売りが980万株、買いは1,190万株。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) イントランス、ホギメディカル、アートスパークホールディングス、石井表記など

概況

■コメリ(8218) 2,778円〔+113円、+4.24%〕
 JPモルガンが投資判断を「Overweight」に引き上げ
■日本通信(9424) 390円〔-10円、-2.50%〕
 新b-mobile X SIMを発表
■日本空港ビルデング(9706) 2,557円〔+69円、+2.77%〕
 立花証券では「強気」の投資判断を継続

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 大林道路、エスフーズ、ウエルシアホールディングス、日本製紙、鳥居薬品など

個別

■アデランス(8170) 1,212円〔+84円、+7.45%〕
 平成26年2月期決算、中期経営計画を公表
■ユニーグループ(8270) 636円〔+13円、+2.09%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が目標株価を引き上げ
■スクウェア・エニックス(9684) 1,714円〔-75円、-4.19%〕
 JPモルガンが目標株価を1,700円に引き下げ

続きを読む>>

新たな評価軸に急浮上 「ガバナンス」改善への道 社外取締役、女性役員…

セクター 個別

エステー(4951) 週足

銘柄選別の切り口として、「コーポレートガバナンス」に対する市場筋の関心が、これまでになく高まっている。金融庁は2月26日、企業価値向上に向けて機関投資家に受託者責任を問う“日本版スチュワードシップコード”を決定。今国会では、社外取締役を事実上、義務化する会社法改正案が成立する見通し。また自民党政務調査会は5月にも、コーポレートガバナンスコードを取りまとめる予定とされる。

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」 トンネル工事銘柄が活躍へ 輸出系の一服場面も要注目

タカさんの「オレに任せろ!」 連載

日経平均 日足

3月の3連休後から日経平均は、主力系がけん引役となって本格的に戻り、1万5,000円台回復を見通していたように一貫推奨の日立を中心にソニーなどの電機、自動車、金融株、不動産株などといったグループが5連騰、6連騰を見せて相場を押し上げてついに1万5,000円に乗せました。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は全面安、日経平均は15,000円台割れ。米国株安や日銀金融政策決定会合を警戒。ノンバンクや情報通信、不動産、証券などが安い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,808.85円の254.92円安、TOPIXは1,196.84の19.05ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は216、値下がり銘柄数は1,513。出来高は17億7,871万株、売買代金は1兆6,658億円。

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」 主力系の復活で1万5,000円へ

タカさんの「オレに任せろ!」 連載

日立(6501) 週足

配当落ちの27日は、米国株安、円高という悪条件化で誰もが配当落ちの埋めはあるまい、と考えていました。実際に200円安を経験したのですが、見た目ほどには弱くない動きが示されました。25日の寄り付き値を下回らず、20日の安値も切ることがなかったのです。それがまさかの後場の急反騰となって1日で落ち分を埋めてかつ、14日以降、続いていた1万4,600円のカベを突破して引けたのでした。

続きを読む>>

概況/大引け 朝方は米国株高を好感も、その後は小幅高での揉み合い。機関投資家による運用益確保の売りの一方、新年度の資金流入期待が下支え

概況

日経平均 日足

大引けの日経平均は14,477.16円の53.97円高、TOPIXは1,172.07の8.37ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,080、値下がり銘柄数は606。出来高は24億4,427万株、売買代金は2兆3,599億円。

続きを読む>>

概況/前引け 米国株の反発を好感したが、14,569円上値に伸び悩む。消費増税の悪影響を見守り、積極的には動きにくい模様

概況

日経平均 日足

昨日の米国株の反発が好感されましたが、日経平均は9時4分の14,569円(前日比146円高)で頭打ちとなり、前日比マイナスの場面も見られました。

続きを読む>>

概況/寄り付き NYダウの反発を受けて、東証も値上がり。日立やJTが高く、アステラス製薬も反発

概況

日経平均 週足

9時8分時点の日経平均は14,555.39円の132.20円高、TOPIXは1,174.46の10.76ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,400万株、買いは2,280万株。

続きを読む>>

竹中三佳の株Catch one’s eye Part.34 春闘

竹中三佳の株Catch one's eye 連載

竹中三佳さん

先日一緒にランチをしていた友人の口から飛び出した話題は『春闘』。一昨年結婚した旦那(だんな)さまが自動車会社勤務で、円安による業績回復が反映され、今年6年ぶりに賃金改善が行われるのだそうです。

続きを読む>>

進化するレアアース回収技術 将来的な資源枯渇に備える

セクター 個別

森下仁丹(4524) 週足

電池部材や電子部品の製造で必要不可欠なレアアースを廃棄された機器などから回収し、リサイクルする動きが活発化している。

続きを読む>>

電力小売り全面自由化へ エナリスなど注目度上昇

セクター 個別

政府は28日、「電気の小売業への参入の全面自由化」を実施するために必要な措置を定める電気事業法改正案を閣議決定した。

続きを読む>>

JPX日経400「採用への道」ライバル意識に火がつく!? 【NSJ日本証券新聞 2月7日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月7日

・個別材料株に物色人気集中 サンフロンティアなど株価修復鮮明
・三菱重工が一段高 ゼオンは自社株買い好感
・企業ガバナンスもいろいろ 世界一忙しい!?「名誉会長」
・決算で明暗「食サイト」2銘柄 ぐるなび、カカクコム

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) カカクコム、トヨタ紡織、旭化成、日本アジアグループ、神戸製鋼所など

個別

■アシックス(7936) 1,840円〔+184円、+11.11%〕
 第3四半期決算、上方修正を発表
■三井物産(8031) 1,414円〔+99円、+7.53%〕
 決算とともに4,000万株の自社株買いを発表
■パーカーコーポレーション(9845) 336円〔+24円、+7.69%〕
 前日、第3四半期決算及び通期業績予想の上方修正を発表

続きを読む>>

明日の材料 ユナイテッド、エービーシー・マート、ビックカメラ、テルモ、そーせいグループなど

個別

■レシップホールディングス(7213)
 2月12日をもって東証1部銘柄に指定
■光村印刷(7916)
 メガソーラー事業に参入
■ファーストリテイリング(9983)
 国内ユニクロ事業の1月既存店は115.0%、直営店計は118.4%、含ダイレクト販売は118.0%

続きを読む>>

明日の材料 日本M&Aセンター、NECフィールディング、生化学工業、オリエンタルランド、サイバーエージェントなど

個別

■昭和飛行機工業(7404)
 三井造船(7004)が1株1,650円でTOB
■東京エレクトロン(8035)
 第3四半期決算、太陽光パネル製造装置事業からの撤退を発表
■KDDI(9433)
 第3四半期決算、期末配当予想を60円→70円へ引き上げ

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場も反発。インドとトルコが利上げを発表し、新興国懸念も後退。ただ、米FOMCの結果待ちも

個別

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,240円84銭の260円68銭高、TOPIXは1,248.22の23.91ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,704、値下がり銘柄数は50。出来高は11億3,692万株、売買代金は1兆1,560億円。

続きを読む>>

JPX日経400銘柄入れ替えに関心 GPIF買い対象として脚光 【NSJ日本証券新聞 1月27日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月27日

・ソフトバンク 大幅続落 先物売りに押される
・現物・先物合計の投資主体者別 海外投資家のみ売り越し
・電機、ビールがアツい! 時価総額“ライバル対決”
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.29 リップフォンデュ

続きを読む>>

概況/前引け 米国株の続伸を好感。一方、東和薬品はメリルリンチの格下げで下落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,879円81銭の71円08銭高、TOPIXは1,305.22の10.70ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,268、値下がり銘柄数は401。出来高は15億6,685万株、売買代金は1兆2,178億円。

続きを読む>>

概況/大引け NYダウの続伸を受けて、東証も買い優勢。世界景気拡大期待で機械や鉄鋼が値上がり

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,250万株、買いは1,390万株でした。
9時15分時点の日経平均は15,887円22銭の78円49銭高、TOPIXは1,302.46の7.94ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,197、値下がり銘柄数は376。

続きを読む>>

概況/大引け 米国株の反発や円安を好感。世銀が世界経済成長率見通しを上方修正し、後場は上げ幅拡大。脱原発で省エネ関連が物色

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,808円73銭の386円33銭高、TOPIXは1,294.52の25.44ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,555、値下がり銘柄数は159。出来高は26億8,817万株、売買代金は2兆4,265億円。

続きを読む>>

具体化する「沖縄縦貫鉄道」計画 振興予算増加で急浮上

セクター 個別

川崎重工(7012) 週足

沖縄県ではかねて議論されていた縦貫鉄道導入に向けた動きが本格化してきた。計画が実現すれば沖縄の景気浮揚に大きく貢献することが期待されることから関連銘柄をチェックしておきたい。

続きを読む>>

概況/寄り付き 昨日の反動もあり、東証も下落。ただ、浜松ホトニクスはPM2.5計測器で高く、ソニーも値上がり

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

昨日の日経平均が307円高となった反動も加わり、売られています。大手不動産株は堅調ですが、その他製品や紙パルプ、小売、金属、石油などが業種別の値下がり率上位に。

続きを読む>>

関心高まる「JPX日経」採用銘柄 指数連動投信の設定続々 【NSJ日本証券新聞 1月9日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月9日

・ファンドマネージャーの視点 レオス・キャピタルワークス 藤野英人CIO
・話題 外国人買い沸騰 出遅れ主力株に流入
・本家本元“びっくり予想” 1万8,000円お墨付き!?
・カカクコム急伸 飲食関連事業が好調

続きを読む>>

概況/大引け 米国株の反発に安堵し、東証は全面高。安倍首相とトルコ首相の会談で社会インフラ関連の上昇が顕著

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は16,121円45銭の307円08銭高、TOPIXは1,306.23の22.98ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,581、値下がり銘柄数は140。出来高は30億3,469万株、売買代金は2兆4,832億円。

続きを読む>>

概況/前引け 米国株の反発を好感。中国がゲーム機の販売禁止を一次解除で任天堂高い。藤倉ゴムが反発で、渋谷工業も再び物色

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,978円34銭の163円97銭高、TOPIXは1,293.93の10.68ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,262、値下がり銘柄数は373。出来高は13億5,013万株、売買代金は1兆911億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) クルーズ、ネクステージ、キョーリン製薬、オカモトなど

個別

■ダイヘン(6622) 490円〔+2円、+0.41%〕
 大和証券では溶接ロボットの受注が好調紹介
■幸楽苑(7554) 1,306円〔+10円、+0.77%〕
 12月の全店売上高は前期比 114.0%
■エーアイテイー(9381) 763円〔+20円、+2.69%〕
 第3四半期決算を発表

続きを読む>>

NISA元年 日経平均2万円への扉 大納会112円高の9連騰 【NSJ日本証券新聞 1月1日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月1日

・新春トップインタビュー 日本証券業協会会長 稲野和利氏に聞く
・新春スタートダッシュはエンジニアリング株
・話題の新指数、いよいよ登場 日本株ROE工場の切り札に
・2014年タイムテーブルの注目テーマ NISA・新指数で市場活性化、マイナンバー対応など特需連発
・真価問われる「午年相場」 「尻下がり」返上なるか

続きを読む>>

今春高値“寸止め”銘柄に照準 新春相場の投資戦略 【NSJ日本証券新聞 12月30日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月30日

・2014年は「人手不足」顕在化の公算 夢真 高値更新基調
・破竹の21連勝なるか!? 「納会JQ高習性」に注目
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.26 ラクしてキレイ
・酉島製作所 直近高値更新 海水淡水化向けが拡大

続きを読む>>

取材の現場から 小泉・脱原発発言の深謀遠慮?

取材の現場から 連載

トヨタ(7203) 週足

今年話題になった話題で、今もって謎なのは、小泉元首相の「脱原発」発言だ。何の思惑で、脱原発を唱えているのだろうか。「〝変人”の言うことだから」と切り捨てる向きもあるが、外交・安保にもかかわる問題だけに、「何らかの思惑があるに違いない」とみられている。

続きを読む>>

概況/前引け NYダウの4連騰や104円30銭台の円安を好感、日経平均は一時6年ぶりの16,000円台

個別

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,995円21銭の124円79銭高、TOPIXは1,263.20の1.56ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は567、値下がり銘柄数は1,068。出来高は13億4,037万株、売買代金は1兆1,976億円。

続きを読む>>

データ・ヘルス計画に注目 医療情報分析システム関連に商機

セクター 個別

EMシステムズ(4820) 週足

安倍首相が成長戦略で掲げている健康・医療戦略では2014年度より「データ・ヘルス計画(仮称)」がスタートする。
この計画は健康保険組合に対して、加入者の健康づくりや疾病予防、重症化予防につなげる指導を義務付けるもので、保険者が保有するレセプトや特定健診・特定保健指導などの情報を活用し、分析する能力が重要視される。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は揉み合い。エイチームが2日連続ストップ高で、グリーなど他のゲーム関連も人気。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,611円31銭の38円90銭安、TOPIXは1,256.33の1.01ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は734、値下がり銘柄数は865。出来高は21億4,229万株、売買代金は1兆9,513億円。

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は反落スタート。ソフトバンクやファーストリテイリングも小幅安

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は、売りが930万株、買いは1,130万株でした。
9時15分時点の日経平均は15,598円47銭の51円74銭安、TOPIXは1,253.90の1.42ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は660、値下がり銘柄数は855。

続きを読む>>

概況/大引け 米雇用統計の改善でNYダウが反発し、円安も好感され、東証は広範囲に値上がり。エイチームは韓国NHNとの資本業務提携でストップ高

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,650円21銭の350円35銭高、TOPIXは1,255.32の19.49ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,426、値下がり銘柄数は235。出来高は21億1,425万株、売買代金は1兆9,759億円。

続きを読む>>

取材の現場から マスコミがベア圧力を企業に掛けている

取材の現場から 連載

ローソン(2651) 週足

連合は12月3日に中央委員会を開き、春闘の「闘争方針」を決定する。方針案によれば、定期昇給2%程度を確保した上で、1-2%以上のベアを求めるという。ベア要求は5年ぶり。

続きを読む>>

概況/前引け 今週は米国で重要指標等も多く、東京市場はやや手控えムード。鉄鋼や不動産が冴えない

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,642円69銭の19円18銭安、TOPIXは1,259.51の0.85ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は969、値下がり銘柄数は621。出来高は11億4,578万株、売買代金は9,164億円。

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は利食い売りから小反落。ソフトバンクが安く、トヨタや三菱重工も冴えない

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが870万株、買いは900万株でした。
9時16分時点の日経平均は15,661円24銭の65円88銭安、TOPIXは1,257.37の3.67ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は604、値下がり銘柄数は883。

続きを読む>>

2014年末 日経平均「1万8,000円」挑戦へ 予想レポート発行相次ぐ 【NSJ日本証券新聞 11月29日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 11月29日

・ブラインドインタビュー 株式市場の「光と影」“玉集め”の手口あれこれ
・日立 上げ足に弾み 社会インフラ輸出で存在感
・TASAKI 見直し機運 業績復活の色彩強まる
・土産菓子関連に妙味 寿スピリッツは高値更新中

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反発、NYダウの上昇や102円台の円安、海運業界のLNG船大量発注計画が好感

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,727円12銭の277円49銭高、TOPIXは1,261.04の13.96ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は998、値下がり銘柄数は625。出来高は22億7,616万株、売買代金は1兆9,675億円。

続きを読む>>

明日の材料 新日本科学、ウライ、UMNファーマ、クレスコ、ウチヤマホールディングス、セガサミー、日立など

個別

■日本ケミコン(6997)
 公募増資等により約76億円を調達
■シノケングループ(8909)
 株主優待制度の導入を発表、保有株式数・期間に応じてクオカードを贈呈
■コムテック(9657)
 7万株、49百万円を上限に自社株買い
■LINE、登録ユーザー数が3億人を突破

続きを読む>>

概況/寄付き NYダウの上昇を受け、東証も広範囲に値上がり。ミツミ電機は三菱UFJモルガンが格上げ

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,180万株、買いは1,600万株でした。
9時15分時点の日経平均は15,508円21銭の126円49銭高、TOPIXは1,255.08の6.51ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,157、値下がり銘柄数は375。

続きを読む>>

概況/大引け 後場に入り失速、日経平均は一時マイナス圏。シャープや日立が高い反面、ソニーやファナックは小幅安

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,381円72銭の16円12銭高、TOPIXは1,248.57の2.26ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は580、値下がり銘柄数は1,021。出来高は30億3,889万株、売買代金は2兆9,022億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) アスカネット、クラレ、シーティーエス、ナノキャリア、コマツ、大崎電気工業など

概況

■日立製作所(6501) 723円〔+22円、+3.14%〕
 SMBC日興証券では「1」継続、目標株価は850円→860円
■ジーンズメイト(7448) 250円〔-4円、-1.57%〕
 11月度の全店売上高は91.8%、既存店は93.5%
■ジャパンエクセレント投資法人(8987) 610,000円〔+13,000円、+2.18%〕
 投資口を1対5に分割

続きを読む>>

日経平均1万5,000円奪回 5/22以来 【NSJ日本証券新聞 11月18日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 11月18日

・話題 海外機関投資家 買い出動か
・東証1部売買代金2.8兆円に急増 5月高値に挑戦する動き
・野村HD 大活況
・過去11年間の実績が証明 ファーストリテに年末高習性

続きを読む>>

概況/大引け NYダウの下落や企業決算を背景に軟調、大引けにかけて下げ幅拡大。日立は大和証券の格上げで値上がり

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,327円94銭の174円41銭安、TOPIXは1,194.26の10.24ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は508、値下がり銘柄数は1,143。出来高は28億1,589万株、売買代金は2兆384億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) クレハ、チタン工業、東京鐵鋼、リョービ、日立製作所、アルプス電気など

概況

■東京鐵鋼(5445) 432円〔-42円、-8.86%〕
 14時に下方修正を発表
■スカパーJSATホールディングス(9412) 573円〔+44円、+8.32%〕
 前日発表した第2四半期決算が好感、年初来高値更新
■江守商事(9963) 1,627円〔+114円、+7.53%〕
 13時に通期業績予想の増額、期末配当予想を引き上げを発表

続きを読む>>

明日の材料 日本道路、ガンホー・オンライン、リプロセル、アドバンテスト、ファナック、東京エレクトロン、JR東など

個別

■アイスタイル(3660)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 12.4%減収、72.7%営業減益
■日立(6501)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 2.6%増収、6.0%営業増益
■MCJ(6670)
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正、期末配当予想を4.01円→5.09円へ増額
■ショーワ(7274)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 14.2%増収、47.1%営業増益
■JR西日本(9021)
 第2四半期決算を発表、4,521,600株の自己株式を消却

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は広範囲に反発。スマートメーターの導入加速報道で、関連株が大幅高

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,239円70銭の151円51銭高、TOPIXは1,189.18の10.90ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,187、値下がり銘柄数は431。出来高は10億3,301万株、 売買代金は7,463億円。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は引けてにかけて持ち直し。上方修正から日立や沖電気、NIPPOなどが高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,486円41銭の60円36銭高、TOPIXは1,203.35の7.37ポイント高。東1部市場の値上がり銘柄数は1,321、値下がり銘柄数は309。出来高は23億1,125万株、売買代金は1兆8,920億円。

続きを読む>>

概況/前引け 海外株安を受けて、東証も続落。朝方は弱含んだソフトバンクは切り返す

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,365円50銭の60円55銭安、TOPIXは1,192.99の2.99ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は663、値下がり銘柄数は907。出来高は11億7,329万株、売買代金は9,485億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 大成建設、ペプチドリーム、日立製作所、OKI、ソフトバンクなど

個別

■日本金銭機械(6418) 2,236円〔+118円、+5.57%〕
 超党派の議員連盟がカジノ法案を今国会に提出する方針との報道
■テラプローブ(6627) 1,052円〔+150円、+16.63%〕
 黒字見通しへの上方修正を発表
■松井証券(8628) 1,085円〔+12円、+1.12%〕
 第2四半期決算を発表
■第一生命保険(8750) 1,351円〔-7円、-0.52%〕
 ゴールドマン・サックスが買い推奨で調査再開

続きを読む>>

概況/寄り付き 海外市場の下落で、東京市場も軟調なスタート。キャタピラーの下方修正でコマツなどが安い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,520万株、買いは1,490万株でした。

9時15分時点の日経平均は14,389円31銭の36円74銭安、TOPIXは1,193.35の2.63ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は510、値下がり銘柄数は985。

続きを読む>>

明日の材料 パナホーム、タケエイ、ぐるなび、栄研化学、オリコン、ミネベア、キヤノン電子など

個別

■フォスター電機(6794)
 第2四半期売上高予想を78,000→81,000百万円へ、営業利益予想を3,500→4,000百万円へ増額修正
■全国保証(7164)
 第2四半期売上高予想を10,880→11,000百万円へ、営業利益予想を3,210→5,000百万円へ増額修正
■キヤノンMJ(8060)
 第3四半期決算を発表、前年同期比 1.9%減収、15.5%営業減益
■三信電気(8150)
 第2四半期売上高予想を80,000→96,000百万円へ、営業利益予想を650→1,100百万円へ増額修正

続きを読む>>

概況/大引け 前場は堅調だったが、後場から急落。円高や上海株安などが重しに。日本電産は決算が評価

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,426円05銭の287円20銭安、TOPIXは1,195.98の18.46ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は233、値下がり銘柄数は1,452。出来高は27億2,733万株、売買代金は2兆2,048億円。

続きを読む>>

取材の現場から 安倍首相の原発セールスとリスク メーカーの製造責任に注意

セクター 取材の現場から 連載

三菱重工業(7011) 週足

国会が始まった。野党は、福島原発の汚染水問題ぐらいしか攻撃のすべがないようだ。与党やマスコミは、五輪招致で安倍首相が「アンダーコントロール」(コントロールできている)と演説したことを繰り返し批判するのだろう。

続きを読む>>

概況/大引け 寄り付きの142円安から切り返し、日経平均は14,000円台を回復。自動車や不動産が高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,037円84銭の143円23銭高、TOPIXは1,166.90の16.77ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,450、値下がり銘柄数は234。出来高は24億1,789万株、売買代金は1兆8,441億円。

続きを読む>>

概況/前引け NYダウの大幅続落で日経平均も朝方は142円安まで売られたが、その後持ち直し。トヨタが買われ、不動産続伸

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は13,955円54銭の60円93銭高、TOPIXは1,155.84の5.71ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は929、値下がり銘柄数は675。出来高は12億6,305万株、売買代金は8,721億円。

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」 引き続き主力系狙いに強気 1万5,000円台回復は実現へ

タカさんの「オレに任せろ!」 連載

日経平均 日足

先週の相場は売られる場面があっても1万4,900円台に向かうと申し上げましたが、ほぼそのような展開で終えました。米国連続株安、やや円高、配当取りと期末の売りの交錯など需給面での売り先行で1万4,500円割れまで売られたものの、法人税減税の進展、企業業績の上方修正見込みなど国内の好材料で一気に戻しました。1万4,900円に近づきますと戻り待ちの売りがまだ残っていますので、どうしても上値が重くなることを考えると、1万4,700円-1万4,800円で踏ん張ったことは先高を期待できるものとみられ、1万5,000円台回復は来週に持ち越しするも、実現しそうです。

続きを読む>>

ホンネで迫る!! ブラインドインタビュー IPOマーケットに関心高まる 12月は最大20社上場も 

IPO インタビュー

2013年のIPO(新規上場)社数は、9月24日現在で承認済み案件を含めて35社。年内のIPO動向、来年の目玉IPO候補などを市場関係者に聞いた。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) シュッピン、ナノキャリア、日本ヒューム、NTN、いちよし証券など

個別

■日本ヒューム(5262) 755円〔+22円、+3.00%〕
 東海東京調査センターでは新規「2」
■日本精工(6471) 975円〔-43円、-4.22%〕
 クレディ・スイスが投資判断を「NEUTRAL」に引き上げ
■いちよし証券(8624) 1,476円〔+66円、+4.68%〕
 中間配当を45円に
■エフ・ジェー・ネクスト(8935) 570円〔+42円、+7.95%〕
 上方修正を発表したことが好感

続きを読む>>

取材の現場から 9月は厚生労働省の「ブラック企業対策月間」 勤怠管理システムの出番か

セクター 個別

アマノ(6436) 週足

厚生労働省は9月を「ブラック企業対策月間」と位置付け、集中的な監督指導を実施する。これは、6月に出たアベノミクス第3の矢「日本再興戦略」で示した、「若者の『使い捨て』が疑われる企業について、対応策を強化する」という方針に対応したものだ。

続きを読む>>

概況/大引け NYダウの7日振り反発と円安を好感。経産省の3Dプリンター開発向け概算要求から群栄化学が高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は13,660円55銭の295円38銭高、TOPIXは1,141.63の22.07ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,357、値下がり銘柄数は286。出来高は22億5,529万株、売買代金は1兆8,775億円。

続きを読む>>

概況/前引け 14,000円付近での上値の重さから、日経平均は押し戻される。アイフルは減益決算、JINは年初来安値更新

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,159.67の2.52ポイント高、日経平均は13,860.81円の6.19円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は863、値下がり銘柄数は708。出来高は10億5,816万株、売買代金は8,348億円。

続きを読む>>

概況/大引け 7月の景気ウォッチャー調査は4ヵ月連続で低下。日経平均の下げ幅拡大で、円高も加速

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,139.59の15.67ポイント安、日経平均は13,605.56円の219.38円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は300、値下がり銘柄数は1,341。出来高は23億3,338万株、売買代金は2兆1,481億円。

続きを読む>>

クルーズトレインが人気 車両メーカーにビジネスチャンス

セクター 個別

日本初のクルーズトレインとして、JR九州が10月15日から運行を予定している豪華寝台列車「ななつ星in九州」への前評判が高まっている。料金は1泊2日で1人約15万円と高額ながら富裕層を中心に申し込みが殺到しており、来年3月まで予約は満席となっている。

続きを読む>>

話題銘柄をテクニカルで斬る 日立(6501) 13週線割れで売りサイン点灯

テクニカル 個別

日立(6501) 週足

週足は、1年2カ月前後のリズムで高値を形成しており、2013年5月に766円の高値形成から見れば、次の高値は14年7月ごろである。3段上げの3段目とも見れる12年10月の安値404円を起点とした…

続きを読む>>

概況/前引け 米国の重要イベントを控え、東京市場は様子見ムード。日立は上方修正で高い。GSユアサは中期経営計画を好感

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,144.82の3.71ポイント安、日経平均は13,763.85円の105.97円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は440、値下がり銘柄数は1,206。出来高は11億5,486万株、売買代金は1兆284億円。

続きを読む>>

明日の材料 GCAサヴィアン、ワッツ、電通、OLC、エクセディ、KDDI、ソフトバンクなど

個別

■富士フイルム(4901):第1四半期決算を発表、前年同期比 9.7%増収、19.9%営業増益
■三井造船(7003):第1四半期決算、第2四半期及び通期業績予想の上方修正を発表
■ショーワ(7274):第1四半期決算を発表、前年同期比 8.6%増収、29.4%営業増益
■ロイヤルホールディングス(8179):第2四半期売上高予想を57,000→57,400百万円へ、営業利益予想を900→1,180百万円へ増額修正

続きを読む>>

「アジア取引所上場」が新手掛かり ソフトバンク アリババ上場で含み益1兆円増? 【NSJ日本証券新聞 7月30日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 7月30日

・銘柄一本勝負 クリ・レスHD ファイナンス明けを追う M&A効果と市場昇格
・楽天 三木谷オーナー 一部保有株売却終了
・決算発表+上方修正銘柄に矛先 日立国際、メガチップスなど

続きを読む>>

概況/前引け 決算発表のさなかで、来週の米国重要イベントの多さも様子見要因となり下落

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,176.89の25.43ポイント安、日経平均は14,250.57円の312.36円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は226、値下がり銘柄数は1,430。出来高は13億3,105万株、売買代金は1兆1,073億円。

続きを読む>>

時価総額順位  ソフトバンクは昨年末12位→3位 内需健闘、中国関連不振

個別 概況

ソフトバンク(9984) 週足

17日時点で時価総額3位に浮上して話題を呼んだソフトバンク(9984)は、18日も一時410円高(6.6%高)まで買われるなど上げ足を速め、4位・JTとの差をさらに広げた。時価総額で、なお3倍い大差のある、首位のトヨタ自動車はともかくとして、2位・三菱UFJまでなら、あと2割強に迫っている。

続きを読む>>

ホンネで迫る!! ブラインドインタビュー 猛暑関連相場の着目点 3年前の再現なるか?

インタビュー セクター

因幡電産(9934) 週足

平年より15日早い、6日の梅雨明けとともに日本列島に猛暑襲来。10日には気象庁が、25都県で猛暑日(35度超え)が予想されるとの「高温注意情報」を発表して話題を集めるなど社会的な関心を集め、当然ながら相場にも関心を集めている。

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」 日本の緩和策買いで回復本格化 主力系中心に一斉高の可能性大

タカさんの「オレに任せろ!」 個別 連載

日立(6501) 週足

日経平均は1万2,415円で底入れした後、17日から戻り歩調に入りました。しかし、恐怖の下げが連日続いたこともあって、なかなか「戻す可能性が高い」と声を大にしても、戻れば売り、買いは様子見ばかりで、この週の出来高は3月末以来の低い水準で推移しました。それでも13日の高値を抜いて戻り相場に向かう動きを見せてくれました。

続きを読む>>

1万3,000円割れは調整一巡のサイン 2006年構造改革相場と酷似 【NSJ日本証券新聞 6月7日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 6月7日

・ブラインドインタビュー 株主総会シーズン到来!「株主重視の経営」は時代遅れ?
・翻弄される物色最前線 朝方寄り付き1時間は伏魔殿?
・“受験改革”で新たな視点 ODKソリュ、個別指導塾など

続きを読む>>

概況/大引け 円相場が一時1ドル=102円05銭と円安方向で、トヨタや三菱自動車、マツダなど自動車株が高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,168.27ポイントの14.20ポイント高、日経平均は14,311.98円の169.33円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は893、値下がり銘柄数は737。出来高は42億507万株、売買代金は3兆1,762億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 味の素、GLP投資法人、小野薬品工業、オンコセラピーなど

個別

■ニッセンホールディングス(8248) 346円〔-4円、-1.14%〕
 5月度の単体売上高は前年同期比 80.3%

■日本航空(9201) 5,210円〔+40円、+0.77%〕
 シティグループが投資判断を「買い」に引き上げ

■サンドラッグ(9989) 4,195円〔+45円、+1.08%〕
 野村証券が目標株価を5,400円に引き上げ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 夢の街創造委員会、データ・アプリケーション、三菱ガス化学など

個別

■USシステムズ(3390) 2,833円〔+280円、+10.97%〕
 今期黒字化計画となる決算を発表

■データ・アプリケーション(3848) ストップ高買い気配
 1対200の株式分割、1単元を100株に

■三菱ガス化学(4182) 826円〔+33円、+4.16%〕
 クレディ・スイスでは「OUTPERFORM」継続、目標株価は800→920円

続きを読む>>

日立 成長路線に舵を切る「目指す姿はシーメンス、GE‥」 【NSJ日本証券新聞 5月20日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 5月20日

・トップインタビュー メディアフラッグ 新規顧客開拓が進展
・86年相場と酷似 レポート相次ぐ
・Weeklyウォッチャー 25日移動平均線を注視

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) パイオン、日本新薬、丸山製作所、アクリーティブなど

個別

■アルコニックス(3036) 2,000円〔+95円、+4.99%〕
 平成25年3月期決算、中期経営計画を発表

■宇部興産(4208) 216円〔+12円、+5.88%〕
 中期経営計画を発表。大和証券、ゴールドマン・サックス証券ではともに中立

■日本新薬(4516) 1,706円〔+71円、+4.34%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券では目標株価を2,600円に

続きを読む>>

明日の材料 大成温調、スタートトゥデイ、モルファ、ミズノなど

個別

■山下医科器械(3022)
 通期売上高予想を45,461→47,145百万円へ、営業利益予想を387→547百万円へ増額修正

■スタートトゥデイ(3092)
 eBay Koreaとの業務提携解消

■Oakキャピタル(3113)
 インベストメントバンキング事業における投資戦略の転換と投資資金枠の拡大を公表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 大和ハウス、キャリアデザインセンター、ノーリツ、日立など

個別

■エーザイ(4523) 4,595円〔+60円、+1.32%〕
 平成25年3月期決算を発表

■ナノキャリア(4571) 460,000円〔+12,000円、+2.68%〕
 米レギュラス社とフィージビリティースタディ

■ノーリツ(5943) 1,774円〔-188円、-9.58%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判を「Underperform」に

続きを読む>>

明日の材料 ひらまつ、ジェイアイエヌ、T&Gニーズ、小森コーポ、パナソニックなど

個別

■スターバックス(2712)
 平成25年3月期決算を発表、平成26年3月期は4.7%増収、2.9%営業増益を計画

■ひらまつ(2764)
 第2四半期決算、通期業績予想の上方修正、増配を発表

■ジェイアイエヌ(3046)
 東証1部または2部への上場承認。株式売出し、記念配当の実施を発表

続きを読む>>

取材の現場から 「マイナンバー」に絡む思惑 IIJ社長人事は監視のため?

個別 取材の現場から 連載

「マイナンバー」が証券市場のテーマとなっている。その中、IIJ(3774)が注目を浴びている。「10年に一人の逸材」と評された勝栄二郎・前財務次官が同社入りし、社長に内定したからだ。「財務省からIT会社への天下りは妙だと思ったが、どうやらマイナンバー絡みの人事のようだ」と霞が関ウォッチャーの間では専らの話題となっている。

続きを読む>>

概況/大引け 量的・質的金融緩和策の威力で大型株が大幅高。反面、東証マザーズ指数は小幅安

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

黒田日銀新総裁が主導して4月4日に実現した「量的・質的金融緩和政策」では世の中に流通しているマネーの総量のマネタリーベースを2012年末の138兆円→2013年末に200兆円→2014年末に270兆円と2年間で2倍にすること打ち出しましたが、威力の凄まじさから、本日の東京株式市場は大型株が小型株のように値を飛ばし、三菱重工や日立、東京電力などが大幅高となりました。

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」 大胆緩和で輸出、金融系が主役へ 重電、重機、自動車、金融で勝負を

タカさんの「オレに任せろ!」 個別 連載

千代田化工建設(6366) 週足

先週の相場は週初めの急落、そして、週末の暴騰という天国と地獄を経験する大波乱の展開でした。しかし、終わり良ければすべて良し、で、日経平均が一時、1万3,000円に乗せたことは歓迎すべき結果です。

続きを読む>>

概況/寄り付き キプロスと欧州当局が支援の代替案協議を好感、広範囲に値上がり

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の東京株式市場は全面高の始まりで、リスクオンの動きで三菱UFJフィナンシャルグループなどの銀行株が買われて、共栄タンカーや第一中央汽船などの海運株も続伸しています。

続きを読む>>

次の流れはPBR「格差是正」 ソニー人気化で意外な視点 【NSJ日本証券新聞(3月18日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 3月18日付け

・ブラインドインタビュー TPP参加は“諸刃の剣” 外人ウケ良く、株高要因に
・IPO社長会見 オルトプラス「逆張り的」独自戦略で成長
・北浜流一郎 人気株発掘 好業績のTPP関連株
・タカさんの「オレに任せろ!」押し目狙いの態勢準備を
・フォーカス 外為市場、円は全面安から変化 米悲観シーズン乗り越えないと…
・取材の現場から トヨタ単体業績の黒字化 意外な円安への恨み節
・Mr.009の新興市場 株主還元重視のシーズンに

続きを読む>>

明日の材料 アスクル、スタートトゥデイ、リゾートトラスト、滝澤鉄工所、M2Jなど

概況

■アスクル(2678):第3四半期決算を発表、前年同期比 6.6%増収、2.6%営業減益
■スタートトゥデイ(3092):ソフトバンクとの合弁会社精算
■シュッピン(3179):期末配当予想の修正(5→7円)、株主優待制度を新設
■エイチーム(3662):第2四半期決算を発表、前年同期比 138.2%増収、171.8%営業増益
■エコーTD(7427):国分と資本業務提携
■M2J(8728):2月の営業収益は前年同月比165.0%増、前月比23.0%増
■飯田産業(8880):第3四半期決算を発表、前年同期比 15.3%増収、13.6%営業増益

続きを読む>>

概況/大引け 明日からのG20財務相・中銀総裁会議での円安政策への批判を警戒。次期日銀総裁候補の岩田一政氏が1ドル=95円程度が妥当と述べ、日経平均は小幅高。ただ、主力株の上値は重く、値動きの軽さを求める資金は新規公開株に

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

ファーストリテイリングとファナックの値がさ株が買われた影響で日経平均は小幅高となりましたが、他の主力株は上値が重く、トヨタや日立は揉み合いで、マツダは売られ、安倍政権による金融リフレが限界に来ているという警戒感からアイフルやオリコなどのノンバンクは売られました。

続きを読む>>

業界トップ企業に矛先 大量保有報告書から【NSJ日本証券新聞(2月14日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月14日付け

・業界トップ企業に矛先 大量保有報告書から
・「1部指定」発表ラッシュの予感 2部上場1周年銘柄続々
・日経平均<TOPIX 相場の流れ決める銀行株!?

続きを読む>>

概況/大引け スペインでラホイ首相の不正献金疑惑、イタリアも下旬の総選挙に対する不安で、欧州懸念再燃からNYダウ下落し、東証も反落。金融緩和期待で買われていた不動産株も安い。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

欧州不安の再燃が警戒され、昨日のNYダウは売られ、本日の東京株式市場も反落しました。

続きを読む>>

概況/前引け スペインのラホイ首相に献金不正取得の疑惑で、欧州不安再燃懸念で米国株も売られ、東証も連れ安。パナソニックはAVCネットワークス社の社長人事も好感され続伸。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

欧州債務危機の再燃が警戒され、昨日のNYダウは売られ、東京株式市場も連れ安しました。
東京株式市場では日立(6501)が通期の営業利益計画を4,800億円(前期比16%増)→4,200億円(同2%増)に下方修正したことで売られました。日立ハイテクノロジーズ(8036)の半導体装置や電子デバイスの販売不振なことが足を引っ張っています。

続きを読む>>

個別銘柄動向 GNI、GCA、ITホールディングス、日立、カプコンなど

個別

■GNI(2160) 186円〔+40円、+27.40%〕
 F647の製造販売許可申請書提出

■GCA(2174) 1,080円〔+69円、+6.82%〕
 上方修正、増配を発表

続きを読む>>

概況/寄り付き 欧州不安再燃で米国株反落し、東証も連れ安。シップヘルスケアは10~12月悪化で下落。日本航空は減益幅縮小と配当方針引き上げを好感。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

昨日のNYダウは129ドル安の13,880ドルと反落しました。 スペインのラホイ首相は不正資金を受領したとの報道で、野党から辞任要求を突き付けられています。イタリア総選挙の行方も不透明感が高まり、欧州株が約3ヵ月ぶりの大幅安となったことも嫌気されました。
今朝の東京株式市場も反落して始まっています。

続きを読む>>

明日の材料 GCA、スタイライフ、武田、Dガレージ、フジクラ、カプコンなど

個別

■GCA(2174):通期業績予想の増額、期末配当予想の1,000→1,500円への修正を発表
■Dガレージ(4819):第2四半期業績予想の上方修正、営業利益は350→470百万円
■フジクラ(5803):第3四半期決算、通期業績予想の下方修正を発表

続きを読む>>

明日の材料 キリンHD、住友化学、ユニパルス、レーザーテック、3Dマトリックスなど

個別

■ぐるなび(2440):第3四半期決算、通期業績予想の利益面での減額を発表
■キリンHD(2503):フレイザー・アンド・ニーヴ社の株式譲渡、売却益約470億円を特別利益に計上予定
■PSS(7707):第2四半期及び通期業績予想の下方修正を発表
■3Dマトリックス(7777):業績予想の下方修正、中期経営計画の修正を発表

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは888.51ポイントの28.71ポイント高、日経平均は10,688円の292円高。米国で「財政の崖」からの転落が土壇場で回避されたことと、12月FOMC議事録で資産買入れに対する懸念が複数の委員から出ていたことが判明し、米金利上昇からドル買い円安に拍車。東証は全面高で、アイフルやオリコが急騰。

概況

TOPIX 15分足 MA(25-75)

米国で「財政の崖」からの転落が土壇場で回避されたことや、昨年12月11日~12日に開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)の議事録が公表され、「複数の委員は資産購入策を2013年末までに停止するかペースを減速することが適切になる可能性があるとした」という議論が交わされていたため、米国金利上昇によりドル買いに拍車が掛かり、本日は1ドル=87円83銭まで円安が進みました。

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは884.08ポイントの24.28ポイント高、日経平均は10,666円の270円高。米国の財政の崖の回避や、FOMC議事録で出口戦略が意識されドル買い円安。1ドル=87円60銭台の円安も好感。日経平均は東日本大震災の発生前の水準に回復。

概況

TOPIX 15分足 MA(25-75)

米国で減税の失効と歳出削減が重なる「財政の崖」が回避されたため、ドル買い円安が進み、本日は1ドル=87円60銭台で取引されていることも好感され、日経平均は東日本大震災の発生前の水準を約1年10ヵ月振りに回復しました。

続きを読む>>

NSJ日本証券新聞 12月20日付け

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月20日付け

  ・外国人買い第2は到来へ 買い増し候補ピックアップ ・4月当時と比べ「何が高く、何が安い」のか ・米大統領年の為替ジンクス 結局、9回連続的中に ・年内最終週「勝率8割」!? 今年も出るか、棹尾の一振 ・金…

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは800.60ポイントの1.39ポイント高、日経平均は9,734円の8円安。総選挙後の下落を警戒し、小動き。指数寄与度の高いファーストリテイングが安い。一方、PS三菱や日本橋梁といった国土強靱化は値上がり。福井コンピュータは総選挙関連で買われた。

概況

日経平均 15分足(5日間) MA(25)、MA(75)

前引けのTOPIXは800.60ポイントの1.39ポイント高、日経平均は9,734円の8円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は761、値下がり銘柄数は739。出来高は19億6,928万株、売買代金は1兆3,682億円。 昨…

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは791.29ポイントの5.22ポイント高、日経平均は9,581円の56円高。12月のドイツ景況感指数がプラス6.9と11月のマイナス15.7から回復し、ユーロ高円安となり、東証では大型電機株が値上がり。13日~14日のEU首脳会議では銀行監督一元化への話し合いも進むことにも期待。日本の金融緩和期待で不動産株も堅調。

概況

日経平均 15分足(5日間) MA(25)、MA(75)

大引けのTOPIXは791.29ポイントの5.22ポイント高、日経平均は9,581円の56円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は911、値下がり銘柄数は593。出来高は19億3,972万株、売買代金は1兆627億円。 欧州…

続きを読む>>

取材の現場から 深刻な北海道の電力不足 停電リスク抱える企業が多数

取材の現場から 連載

北海道電力(9509) 日足

北海道では11月27日、暴風雪で鉄塔が倒壊し、登別市や室蘭市など17市町の5万6000世帯が停電する事故が起きた。30日にはどうにか復旧したが、「停電はこれで済まない可能性が高い…」という――。 北海道電力(9509)は…

続きを読む>>