6471

特別インタビュー さわかみ投信 取締役会長 澤上篤人氏【日本証券新聞 3月16日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月16日

・日経平均 1万9300円台に続騰 新高値332銘柄と今年最高
・15年の時を隔てて… 「1万9000円」今昔 JT、時価総額4.6倍増に
・オカダアイヨン、上放れの機 優待起点に割安評価高まる
・日精工 上場来高値 「来期予想」で割安

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 大本組、カルビー、アゼアス、ステラケミファ、イハラケミカル工業など

個別

■菱洋エレクトロ(8068) 1,407円〔+91円、+6.91%〕
 平成27年1月期決算を発表
■日本証券金融(8511) 742円〔+51円、+7.38%〕
 レノなどの取得が伝わる
■KDDI(9433) 7,980円〔+119円、+1.51%〕
 みずほ証券では「買い」継続
■GMOインターネット(9449) 1,389円〔+69円、+5.23%〕
 バークレイズが目標株価を引き上げ

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は続伸スタート。保険や精密が高く、小売も反発

概況

9時12分時点の日経平均は18,822.63円の99.11円高、TOPIXは1,531.65の5.98ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,110万株、買いは1,020万株。

続きを読む>>

絶好調!!米国経済恩恵銘柄に注目 7年8ヵ月ぶりドル高も背景【日本証券新聞 3月11日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月11日

・日銀買いは「自己」にカウント!? 主体別区分、信託銀行にあらず 
・北陸銘柄 「地方」見直しに乗る 大和は株価3倍に
・平野憲一の相場表街道/裏街道 西華産業 名門企業が攻めの経営に
・総医研HD 底離れへ 「食品の機能性表示制度」今春開始

続きを読む>>

TOPIXはまだ「7年ぶり高値」 今世紀最高値「日経平均」優位続く【日本証券新聞 2月27日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月27日

・風当たり強まる!? 「社外取締役ゼロ」企業
・「3月までに2万円」 好需給支えに急反発
・投資の意味からマーケットの見方まで「今、投資戦略を考える」
・日精工 連日の最高値 来期の収益拡大買う

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 戸田建設、ネットワークバリューコンポネンツ、データホライゾン、ディー・ディー・エスなど

個別

■トレックス・セミコンダクター(6616) 7,760円〔+980円、+14.45%〕
 1対4の株式分割
■サンケン電気(6707) 865円〔-33円、-3.67%〕
 JPモルガンが投資判断を引き下げ
■DTS(9682) 2,263円〔-118円、-4.96%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を引き下げ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ITホールディングス、アイスタイル、ビットアイル、大塚商会など

個別

■長野日本無線(6878) 245円〔+10円、+4.26%〕
 上方修正を発表
■フタバ産業(7241) 571円〔-45円、-7.31%〕
 第3四半期決算、通期業績予想を下方修正
■クボテック(7709) 350円〔+80円、+29.63%〕
 大径CFRP製フライホイールの開発に成功、次世代蓄電池

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は反発、欧米市場の上昇を好感。ただ、円高警戒で上値重い

概況

日経平均 週足

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,780万株、買いは1,830万株。9時16分時点の日経平均は17,596.98円の38.94円高、TOPIXは1,412.33の3.58ポイント高。

続きを読む>>

明日の材料 マルハニチロ、ホクト、三井ホーム、カルビー、カワチ薬品、トーカロ、エイチームなど

個別

■丸全昭和運輸(9068):日本電産ロジステックを子会社化
■イーレックス(9517):第3四半期決算、期末配当予想を9円→20円へ引き上げ
■パーカーコーポレーション(9845):第3四半期決算、通期業績予想を上方修正
■日伝(9902):第3四半期決算、期末配当予想を45円→50円へ引き上げ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 大光、星野リゾート・リート、ジェクシード、マークラインズ、パーク24など

個別

■JIA(7172) 10,360円〔+1,460円、+16.40%〕
 1対5の株式分割を発表
■たけびし(7510) 1,041円〔+110円、+11.82%〕
 12月22日をもって東証1部銘柄に指定
■近鉄エクスプレス(9375) 4,330円〔-25円、-0.57%〕
 東海東京調査センターが目標株価を引き上げ

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 各社各様、個別材料株にシフト

個別 概況

三井化学(4183) 週足

日経平均は1万7,000円の大台を下回ることなく反発、12日のメジャーSQ(特別清算指数)算出を経て、相場は落ち着きを取り戻してきた。年内も残りあと10営業日余り、ここから恒例の年末高に期待したい。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場はほぼ全面安、欧米株安と衆院選がポジティブサプライズとはならず。保険や鉄鋼、輸送用機器、非鉄、ゴムなどが安い

概況

日経平均 週足

9時12分時点の日経平均は17,070.60円の300.98円安、TOPIXは1,379.33の20.32ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,520万株、買いは830万株。

続きを読む>>

明日の材料 三井住建道路、大末建設、イチケン、関電工、ベネフィット・ワン、MonotaRO、アイスタイルなど

個別

■カプコン(9697):第2四半期決算を発表、前年同期比51.3%減収、41.6%営業減益
■オートバックスセブン(9832):第2四半期及び通期業績予想を下方修正
■ミスミグループ本社(9962):第2四半期決算を発表、前年同期比19.3%増収、28.3%営業増益

続きを読む>>

決算発表 来週から本格化 31日がピーク

個別 概況

2015年3月期の第2四半期(4-9月)の決算発表が来週24日から本格的にスタートする。
発表のピークは400社以上が発表する10月31日(金)。11月7日(金)に第2のピークとなるが、電機、自動車をはじめ各業界の主力企業の発表は30日、31日にある程度集中している。株価への影響度を含めてこのあたりがヤマ場になる。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 極洋、三晃金属工業、ブロードメディア、ツムラ、ダスキンなど

個別

■HOYA(7741) 3,731円〔+31円、+0.82%〕
 メリルリンチが投資判断を引き上げ
■エフ・ジェー・ネクスト(8935) 471円〔+24円、+5.37%〕
 第2四半期及び通期業績予想を上方修正
■ヤマトホールディングス(9064) 2,050円〔+12円、+0.56%〕
 SMBC日興証券が投資判断を「2」へ引き上げ

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は続伸も、上値重い。米利上げ早期化観測で、日経平均は小幅高に留まる。日経平均はソフトバンクが下支え

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,749.15円の44.04円高、TOPIXは1,299.62の0.98ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は660、値下がり銘柄数は1,017。出来高は18億9,690万株、売買代金は1兆7,629億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は106円台の円安を好感したが、寄り付き高値で伸び悩み。アリババIPOに絡みソフトバンクは続伸

概況

日経平均 週足

前引けの日経平均は15,752.58円の47.47円高、TOPIXは1,300.76の2.12ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は746、値下がり銘柄数は907。出来高は10億4,669万株、売買代金は9,008億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 五洋建設、九電工、ウイン・パートナーズ、WOWOW、日本特殊陶業など

個別

■宮入バルブ製作所(6495) 99円〔+30円、+43.48%〕
 中期経営計画が材料視
■ファナック(6954) 18,560円〔-100円、-0.54%〕
 クレディ・スイスが投資判断を引き下げ
■FPG(7148) 1,066円〔+57円、+5.65%〕
 上方修正を発表

続きを読む>>

概況/寄り付き 106円台乗せの円安を好感し、東京市場は続伸スタート。海運、輸送用機器、鉄鋼などが高い

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は15,792.82円の87.71円高、TOPIXは1,305.39の6.75ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが780万株、買いは960万株。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) アクシーズ、テックファーム、KLab、東燃ゼネラル石油など

個別

■シード(7743) 1,248円〔-42円、-3.26%〕
 コンタクトレンズ分野で東レと業務協力
■三菱商事(8058) 2,171円〔+20円、+0.93%〕
 立花証券では「強気」継続
■光通信(9435) 6,730円〔0円、0.00%〕
 27.5万株、15億円を上限に自社株買い

続きを読む>>

これが業績上方修正銘柄[後編] 通期増額の内容に注目 ガイシと田淵電は素早い株主還元

個別 概況

田淵電機(6624) 日足

3月期決算企業の第1四半期(4-6月)決算発表がほぼ終了した。幅広い業種で業績の増額修正が発表されているが、こうしたことは同業種の企業間で収益格差が出始めている表れでもある。今回は、7月22日から8月1日の期間で第1四半期決算発表時に、第2四半期営業利益のみ、また第2四半期とともに通期営業利益を増額修正した主な企業をピックアップした。

続きを読む>>

救世主・GPIFどう動く!? 急反発 日経平均一時383円高【日本証券新聞 8月12日】

日本証券新聞

日本証券新聞 8月12日

・PER14倍台と割安 過度な警戒感後退
・ソフトバンクが反発 悪材料出尽くしか
・筍狩りに行こう テンプHD 「人手不足」時代を象徴する好決算
・ミクシィがS高 「モンスト」好調で大幅増額&中間配当実施

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 大末建設、ハイパー、SUMCO、ホギメディカル、東和薬品など

個別

■クレディセゾン(8253) 1,998円〔+73円、+3.79%〕
 野村証券が投資判断を引き上げ
■セイノーホールディングス(9076) 976円〔-77円、-7.31%〕
 第1四半期決算を発表
■光通信(9435) 6,730円〔-310円、-4.40%〕
 第2四半期の営業利益予想を減額

続きを読む>>

バブル期の最高値更新続々 勝ち組の「裾野の広がり」示す【日本証券新聞 8月1日】

日本証券新聞

日本証券新聞 8月1日

・MSCI、14日早朝発表 思惑噴出!?西武HD
・異次元緩和の行方を探る 日銀・黒田総裁、超強気の当否は
・”逆襲”のコロプラ 8月1日「白猫」テレビCM開始 上値試す展開へ
・富士電機、カシオが高値更新 「好決算買い」続く

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は小じっかり。鉱工業生産が警戒されたが、好決算銘柄への買い意欲は強い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,646.23円の28.16円高、TOPIXは1,292.24の1.83ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は701、値下がり銘柄数は948。出来高は19億4,398万株、売買代金は1兆8,179億円。

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均は小じっかり、決算発表が好調で、円安も下支え

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,660.40円の42.33円高、TOPIXは1,292.12の1.71ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は687、値下がり銘柄数は932。出来高は9億3,172万株、売買代金は8,386億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 新日鉄ソリューションズ、フェリシモ、共和レザー、メドレックス、タカラバイオなど

個別

■オイレス工業(6282) 2,648円〔+286円、+12.11%〕
 決算、分割、自社株買い
■日立建機(6305) 2,067円〔-92円、-4.26%〕
 下方修正が嫌気
■日本精工(6471) 1,446円〔+75円、+5.47%〕
 上方修正、増配を発表
■東海理化電機製作所(6995) 2,203円〔+135円、+6.53%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 中電工、クックパッド、システナ、宝ホールディングス、MonotaRO、アイスタイルなど

個別

■大阪ガス(9532)
 第1四半期決算を発表、前年同期比6.6%増収、40.1%営業増益
■イチネンホールディングス(9619)
 第1四半期決算を発表、前年同期比12.5%増収、2.7%営業減益
■ミスミグループ本社(9962)
 第1四半期決算を発表、前年同期比19.5%増収、26.3%営業増益

続きを読む>>

“最出遅れ”証券株、復活高 相場の潮流変化を象徴【日本証券新聞 5月28日】

日本証券新聞

日本証券新聞 5月28日

・西武HDのレポート解禁 主幹事みずほ「買い推奨」
・バイオ関連 見直し機運 新成長戦略などカタリスト豊富
・アマダ 調整一巡で再騰へ 底流には需給思惑も
・セイコーエプソン 上値期待 高値奪回でなお評価不足

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は一時14,500円台を回復。14,462円17銭の124円38銭高。不動産株や機械株などが堅調

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,462.17円の124.38円高、TOPIXは1,180.44の11.10ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,375、値下がり銘柄数は323。出来高は20億2,105万株、売買代金は1兆8,527億円。

続きを読む>>

14日早朝 MSCI銘柄入替発表 日本株「大量除外」の当否は【日本証券新聞 5月13日】

日本証券新聞

日本証券新聞 5月13日

・高ROE投資の新視点 「水準」より「方向性」で選別
・銘柄一本勝負 筍狩りに行こう ヤマハ サプライズ決算で実需買い
・旧村上ファンド”復権” 株主提案議案が話題に
・日本精工 1月高値に挑戦へ 好決算・増配で再評価

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ディー・エヌ・エー、博報堂DYホールディングス、DMP、ユビキタスなど

個別

■ユナイテッドアローズ(7606) 4,050円〔-55円、-1.34%〕
 ドイツ証券が投資判断を「Hold」へ引き下げ
■日本写真印刷(7915) 1,438円〔+151円、+11.73%〕
 今期大幅営業増益計画となる決算を発表
■青山商事(8219) 2,740円〔+214円、+8.47%〕
 決算、自社株買い

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は小幅安スタート。ソフトバンクやDeNAが安い

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は14,177.75円の21.84円安、TOPIXは1,164.89の0.62ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,510万株、買いは1,240万株。

続きを読む>>

明日の材料 国際石油開発帝石、ディー・エヌ・エー、博報堂DYホールディングス、J-オイルミルズ、日本風力開発など

個別

■福山通運(9075)
 平成26年3月期決算、200万株を上限に自社株買い
■日立物流(9086)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は4.9%増収、19.1%営業増益を計画
■スクウェア・エニックス・ホールディングス(9684)
 通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

概況/前引け 米国株高を受けて買い先行で始まったが、伸び悩み。ドル円も102円台割れ

概況

日経平均 週足

前引けの日経平均は14,398.19円の98.50円高、TOPIXは1,158.59の8.15ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,500、値下がり銘柄数は219。出来高は8億4,434万株、売買代金は8,027億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) NPC、日本精工、東芝テック、日本マイクロニクスなど

個別

■サンフロンティア不動産(8934) 1,230円〔-66円、-5.09%〕
 上方修正も、資金調達が重し
■キムラユニティー(9368) 938円〔+21円、+2.29%〕
 上方修正を発表
■アークランドサカモト(9842) 1,958円〔+67円、+3.54%〕
 岩井コスモ証券が新規「B+」

続きを読む>>

概況/寄り付き 米国株高が安心され、東京市場は反発し全面高。ノンバンクや不動産などが高い

概況

日経平均 週足

9時6分時点の日経平均は14,499.00円の199.31円高、TOPIXは1,166.92の16.48ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,900万株、買いは1,780万株。

続きを読む>>

インフレ時代で「いかに使うか」 ネットキャッシュ銘柄の”新視点”日本証券新聞 4月4日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月4日

・「上場翌月のお楽しみ」も JDI”お荷物”脱し、高値更新
・インフォコム 戻り軽快 電子書籍サービスの成長一途
・竹中三佳の株Catch one’s eye 特別編DLE 椎木隆太社長インタビュー
・塩崎議員のブログ「やすひさの独り言」 『金融・経済インフラの改革』に言及

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 東日本ハウス、ハニーズ、ディー・エル・イー、ディスコ、日本精工など

個別

■大泉製作所(6618) 238円〔+50円、+26.60%〕
 岩手大学と新サーミスタ材料に関する共同研究契約
■エフ・シー・シー(7296) 1,797円〔-17円、-0.94%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が目標株価を引き下げ
■象印マホービン(7965) 355円〔+24円、+7.25%〕
 第1四半期決算、上方修正を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) コムシスホールディングス、ミクシィ、レンゴー、SMC、日本精工、フジコピアンなど

個別

■新光電気工業(6967) 841円〔-19円、-2.21%〕
 みずほ証券が投資判断を引き下げ
■TASAKI(7968) 838円〔+68円、+8.83%〕
 上方修正から買い優勢
■天満屋ストア(9846) 1,343円〔+300円、+28.76%〕
 セブン&アイとの提携が昨日に続き支援材料に

続きを読む>>

明日の材料 JCLバイオアッセイ、エスイー、日本精工、ウシオ電機、幸楽苑など

個別

■キヤノン(7751) 3,335円〔-55円、-1.62%〕
 JPモルガンが投資判断を「Underweight」に引き下げ
■日立ハイテクノロジーズ(8036) 2,362円〔+11円、+0.47%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が新規「Outperform」
■カプコン(9697) 1,918円〔-38円、-1.94%〕
 モ ンス タ ーハ ンタ ー4が400万本を突破

続きを読む>>

公的年金「最終報告」で買える株 ROE新指数、出番到来へ 【NSJ日本証券新聞 11月22日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 11月22日

・トップインタビュー 菊池製作所 介護関連ロボット市場で存在感
・ソフトバンク 大商いで高値更新 相場の先行きを示唆
・AMI 「音声データの自動テキスト化」開始
・日特エンジ 出直りへ ボトム脱し、受注回復

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 極洋、メッセージ、日本商業開発、ゼリア新薬工業、日本精工など

個別

■ミネベア(6479) 706円〔+34円、+5.06%〕
 バークレイズが投資判断を「オーバーウエイト」へ引き上げ
■三菱地所(8802) 2,828円〔-24円、-0.84%〕
 JPモルガンが投資判断を引き下げ
■KDDI(9433) 6,400円〔+350円、+5.79%〕
 公的年金の運用見直しに関する提言を受けて

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) SRGタカミヤ、パピレス、コスモ石油、田淵電機、ユナイテッドアローズなど

個別

■エイベックス(7860) 2,250円〔-229円、-9.24%〕
 第2四半期決算、通期利益予想を下方修正
■MUTOHホールディングス(7999) 459円〔+28円、+6.50%〕
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正を発表
■稲畑産業(8098) 1,042円〔+72円、+7.42%〕
 14時に発表された上方修正、増配が刺激に
■セコム(9735) 5,960円〔+60円、+1.02%〕
 第2四半期決算を発表。野村証券が目標株価を7,000円に引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 エムスリー、塩野義製薬、日立金属、神鋼環境ソリューション、KDDIなど

個別

■スタンレー電気(6923)
 第2四半期決算、通期業績予想の上方修正を発表
■三井造船(7003)
 第2四半期利益予想を上方修正
■IHI(7013)
 第2四半期利益予想の上方修正を発表
■モスフードサービス(8153)
 第2四半期業績予想の上方修正を発表
■アコム(8572)
 第2四半期業績予想の上方修正を発表
■グランディハウス(8999)
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ピックルス、東レ、共和レザー、enish、タカラバイオ、ハピネットなど

個別

■やまねメディカル(2144) 356円〔+66円、+22.76%〕
 上方修正を発表、一時ストップ高
■OKK(6205) 148円〔-19円、-11.38%〕
 第2四半期及び通期業績予想の下方修正を発表
■日本精工(6471) 1,039円〔+38円、+3.80%〕
 上方修正、増配を発表
■ユナイテッドアローズ(7606) 4,245円〔+115円、+2.78%〕
 ドイツ証券が新規「Buy」、4,800円目標

続きを読む>>

明日の材料 ダイヤモンドダイニング、ツルハホールディングス、日本ケミカルリサーチ、タカラバイオ、東邦チタニウム、ブイ・テクノロジー、サマンサタバサなど

個別

■ナノキャリア(4571)
 アルビオンと新たに育毛剤、乳液などの化粧品分野で共同開発契約
■日本精工(6471)
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正、中間・期末配当予想をそれぞれ6円→7円へ増額
■しまむら(8227)
 第2四半期決算、期末配当予想の修正(75円→80円)を発表
■FJネクスト(8935)
 10月22日をもって東証1部銘柄に指定、期末に記念配当3円を実施

続きを読む>>

概況/前引け 大手ゼネコンや不動産は一服。ただ、米大統領が議会に対して軍事行動の承認に関する採決を先送りするよう求めたため円安となり、東証は小じっかり

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,513円17銭の89円81銭高、TOPIXは1,194.42の4.20ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は911、値下がり銘柄数は673。出来高は20億35万株、売買代金は1兆1,371億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) シュッピン、ナノキャリア、日本ヒューム、NTN、いちよし証券など

個別

■日本ヒューム(5262) 755円〔+22円、+3.00%〕
 東海東京調査センターでは新規「2」
■日本精工(6471) 975円〔-43円、-4.22%〕
 クレディ・スイスが投資判断を「NEUTRAL」に引き上げ
■いちよし証券(8624) 1,476円〔+66円、+4.68%〕
 中間配当を45円に
■エフ・ジェー・ネクスト(8935) 570円〔+42円、+7.95%〕
 上方修正を発表したことが好感

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) サニーサイドアップ、ソースネクスト、ゼリア新薬、日本精工、ニコンなど

個別

■ユニ・チャーム(8113) 5,590円〔+60円、+1.08%〕
 クレディ・スイスが投資判断「OUTPERFORM」、6,500円目標を継続
■りそなホールディングス(8308) 508円〔+9円、+1.80%〕
 メリルリンチが目標株価を720円→680円へ減額も、「買い」を継続
■アパマンショップ(8889) 4,810円〔+245円、+5.37%〕
 中期計画を超過達成する有利子負債の削減報道

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ラクオリア創薬、日本橋梁、シスウェーブ、前田工繊など

個別

■三菱マテリアル(5711) 320円〔+4円、+1.27%〕
 クレディ・スイスが投資判断を「OUTPERFORM」に引き上げ

■安川電機(6506) 1,253円〔+4円、+0.32%〕
 野村証券が目標株価を1,500円に引き上げ

■シスウェーブホールディングス(6636) ストップ安売り気配
 ライツ・オファリングを発表。予約権1個に対して2株、行使価格は5,000円(1株2,500円)

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) セントケアHD、ユーグレナ、Jフロント、医学生物学研究所など

個別

■セルシード(7776) 3,480円〔+502円、+16.86%〕
 癌組織モデル作製用癌細胞シートに関する国内特許が成立見込み

■ピジョン(7956) 7,210円〔-790円、-9.88%〕
 第1四半期決算を発表

■TASAKI(7968) ストップ高買い気配
 第2四半期業績予想を黒字見通しに増額修正

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ベストブライダル、ソフトクリエイト、三菱マテリアル、ソニーなど

個別

■日本写真印刷(7915) 1,998円〔-61円、-2.96%〕
 岡三証券では新規「強気」

■北洋銀行(8524) 378円〔+53円、+16.31%〕
 野村証券が投資判断を「Buy」に引き上げ

■マネーパートナーズグループ(8732) 40,000円〔+7,000円、+21.21%〕
 東証1部指定承認

続きを読む>>

明日の材料 ひらまつ、ジェイアイエヌ、T&Gニーズ、小森コーポ、パナソニックなど

個別

■スターバックス(2712)
 平成25年3月期決算を発表、平成26年3月期は4.7%増収、2.9%営業増益を計画

■ひらまつ(2764)
 第2四半期決算、通期業績予想の上方修正、増配を発表

■ジェイアイエヌ(3046)
 東証1部または2部への上場承認。株式売出し、記念配当の実施を発表

続きを読む>>

概況/寄り付き 値上がり率上位には不動産関連が多い。値上がり銘柄数は1,549、値下がり銘柄数は93と全面高。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の東京株式市場は引き続き買われていて、4月4日に日銀が発表したマネタリーベースを2012年末の138兆円→2013年末に200兆円、2014年末に270兆円と2年で2倍に増加させる金融緩和策の威力の凄まじさを痛感させる上げっぷりとなっています。

続きを読む>>

明日の材料 タビオ、帝人、Dガレージ、ジーンズメイト、ニトリなど

個別

■ツルハHD(3391)
 3月度の既存店売上高は1.4%減、全店は3.9%増

■Dガレージ(4819)
 子会社がクレディセゾン(8253)と資本業務提携

■ニトリHD(9843)
 平成25年2月期決算を発表、今26年2月期は7.8%増収、2.4%営業増益を計画

続きを読む>>

概況/寄り付き イタリア国債入札が無難に通過し、ユーロやNYダウが値上がりし、東証も反発。リスクオンで東京都競馬や東京テアトルなどの土地持ち企業が高い。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

昨日のNYダウは175ドル高の14,975ドルと続伸しました。イタリアの国債入札の無難な結果がリスク回避の巻き戻しにつながり、米国の1月の住宅販売保留指数が前月比4.5%上昇して、2010年4月以来の高水準となる105.9となったことも好感されました。
今朝の東京株式市場も反発して始まっています。

続きを読む>>

個別銘柄動向 キリン、JT、エレコム、日東電工、JPXなど

個別

■日本取引所グループ(8697) 6,900円〔+120円、+1.77%〕
 株主優待制度の充実、自己株式消却を発表

■三井不動産(8801) 2,281円〔+34円、+1.51%〕
 ドイツ証券が目標株価を引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 MCS、JP、ダイドードリンコ、タカラバイオ、カンダHDなど

個別

■カンダHD(9059):単元株式数を1,000株→100株に変更
■MCS(2494):三光ソフランが1株294,000円で公開買付け
■ダイドードリンコ(2590):平成25年1月期決算を発表、今26年1月期は前期比 7.0%増収、0.8%営業増益を計画
■JT(2914):118百万株、2,500億円の自己株式を取得、ToSTNeT-3にて

続きを読む>>

明日の材料 テラ、ゲンダイAG、電通、JUKI、NTN、日産、いすゞなど

個別

■ゲンダイAG(2411):1対200の株式分割、1単元を100株とすることを発表
■博報堂DY(2433):第3四半期決算を発表、前年同期比 10.8%増収、82.8%営業増益を発表
■ファンコミュ(2461):平成24年12月期決算を発表、今25年12月期は前期比 24.3%増収、29.1%営業増益
■サッポロHD(2501):平成24年12月期決算を発表、300万株の自己株式取得も

続きを読む>>

明日の材料 GCA、スタイライフ、武田、Dガレージ、フジクラ、カプコンなど

個別

■GCA(2174):通期業績予想の増額、期末配当予想の1,000→1,500円への修正を発表
■Dガレージ(4819):第2四半期業績予想の上方修正、営業利益は350→470百万円
■フジクラ(5803):第3四半期決算、通期業績予想の下方修正を発表

続きを読む>>

徹底選別!「円安メリット株」 各社が注目株リスト作成

セクター 概況

大和証券 亀岡裕次チーフ為替ストラテジスト

日経平均は4日続伸。上昇幅は一時、3日連続で150円超に達した。野田佳彦首相解散表明以降の相場上昇の原動力となっているのが、足元で進む円高修正の動き。19日は朝方、1ドル=81円台半ばと7カ月ぶりの円安・ドル高水準に達し…

続きを読む>>