6383

信用需給の好転鮮明に 上値圧迫感は後退【日本証券新聞 2月26日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月26日

・OLC大幅高 株式分割ラッシュ
・マネックス証券 「プロトレーダー座談会」
・来期の大幅増益予想銘柄に照準 商社、海運株など割安株続出
・東証 4月めどにインフラ市場開設

続きを読む>>

「JPX日経400」入れ替え最新予想 東電 採用へ赤丸急上昇中【日本証券新聞 2月23日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月23日

・アサツーDK 大幅増配が話題 13年前の「500円配」は…
・野村HD 10連騰 日経平均は3日続伸
・アルプス 高値もみ放れる 来期の収益拡大読む
・IPO初値 ホクリヨウ 穏健発進

続きを読む>>

明日の材料 ショーボンドホールディングス、熊谷組、北野建設、高砂熱学工業、UBICなど

個別

■丸井グループ(8252):第3四半期決算、1,600万株を上限に自己株式取得、4,000万株の自己株式消却
■スカイマーク(9204):GCAサヴィアン(2174)をフィナンシャル・アドバイザーに選任
■広島ガス(9535):第3四半期決算、通期利益予想を上方修正
■ソフトバンク(9984):第3四半期決算を発表、前年同期比41.0%増収、16.2%営業減益

続きを読む>>

「次の勝ち組」選びの新視点 高値接近22銘柄に照準【日本証券新聞 2月3日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月3日

・FPG ストップ高 3カ月で通期を増額
・筍狩りに行こう 安川電機 100周年迎え新成長戦略織り込みへ
・2月IPO 事前人気チェック 一番手 シリコンスタジオ、ALBERT
・SMS 大幅反発 介護支援、求人サービスでも追い風

続きを読む>>

「圏央道」全線開通間近か、物流施設活発化へ 新たな輸送路誕生でビジネスチャンス

セクター 個別

日通(9062) 週足

急ピッチで建設が進む首都圏中央連絡自動車道(圏央道)。2014年度から15年度にかけては「つくば中央-古河」「桶川北本-白岡菖蒲」など、千葉県や埼玉県で開通する区間が相次ぐ見通しで、東名高速や中央自動車道、関越道、東北道、常磐道など主要高速道路が圏央道とつながることで関東一円をカバー。

続きを読む>>

決算発表ピークは来週末30日 増額修正期待株を先取る【日本証券新聞 1月22日】

日本証券新聞

日本証券新聞 1月22日

・日本電産 逆行高強烈 22日の決算注目
・デリバティブ大膨張で歪み生じる 信用乗数にも危険な兆候
・コナミ 相場反転期待 ゲームの開発力を買う
・フューチャーVC 注目度高まる 地方ベンチャー・中小企業成長支援

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 日本海洋掘削、日揮、綜合臨床ホールディングス、日本アコモデーションファンド投資法人など

個別

■ナ・デックス(7435) 733円〔+0円、+0.00%〕
 第2四半期決算、通期業績予想を上方修正
■東京急行電鉄(9005) 707円〔+6円、+0.86%〕
 SMBC日興証券が投資判断を引き上げ
■キユーソー流通システム(9369) 1,427円〔+101円、+7.62%〕
 東海東京調査センターがレーティングを引き下げ

続きを読む>>

明日の材料 奥村組、熊谷組、若築建設、テンプホールディングス、明治ホールディングス、シミックホールディングスなど

個別

■北日本銀行(8551):第2四半期決算、株主優待制度を拡充
■鴻池運輸(9025):第2四半期決算を発表、前年同期比5.6%増収、21.3%営業増益
■セイノーホールディングス(9076):第2四半期決算、単元株式数の変更、自社株買い
■アサツーディ・ケイ(9747):第3四半期決算を発表、前年同期比1.8%増収、140.5%営業増益

続きを読む>>

概況/寄り付き 米株高を受け、東京市場は広範囲に上昇。精密や証券、保険、その他金融、鉄鋼などが高い

概況

日経平均 週足

9時7分時点の日経平均は15,841.09円の182.89円高、TOPIXは1,293.93の15.03ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが2,230万株、買いは2,440万株。

続きを読む>>

明日の材料 戸田建設、五洋建設、ぐるなび、昭和電工、オリエンタルランド、サイバーエージェントなど

個別

■ニフコ(7988):第2四半期決算、通期業績予想を上方修正
■ヤマトホールディングス(9064):第2四半期決算、自己株式の取得・消却
■ANAホールディングス(9202):第2四半期決算を発表、前年同期比9.1%減収、33.8%営業増益
■NTTデータ(9613):第2四半期決算を発表、前年同期比133.5%増収、738.3%営業増益

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 中堅材料株の人気継続 高配当銘柄マーク

個別

三菱商事(8058) 週足

約6年ぶりに1ドル=107円台と、為替相場の急速な円安進行に支えられて、日経平均は週後半にかけて一時1万6,000円に急接近するなど、上値を試す展開が続いた。3連休を控えた週末も堅調で先高への期待感は強まっている。

続きを読む>>

ブーム化必至!!「省力化投資」 深刻化する人手不足に対応【日本証券新聞 8月20日】

日本証券新聞

日本証券新聞 8月20日

・画像処理関連に矛先 DMPに続き、モルフォが高値更新
・平野憲一の相場表街道/裏街道 三菱製鋼 業績は順調、水準訂正へ
・築地銘柄が一斉高 カジノ候補地に急浮上
・旭ダイヤモンド 見直し余地 「エコメップ」が再び成長局面へ

続きを読む>>

話題 “圏央道”開通で物流施設活発化へ

個別

ヤマトHD(9064) 週足

急ピッチで建設が急がれている首都圏中央連絡自動車道(圏央道)のうち、6月28日に東京と神奈川を結ぶ残された区間が開通した。

続きを読む>>

「決算発表の季節」到来 真贋分ける試練の四半期【日本証券新聞 7月14日】

日本証券新聞

日本証券新聞 7月14日

・ついに陥落「25日線」 今度は、いち早い奪回を
・「好業績」「材料内包」の新興市場銘柄に照準
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.49 「ごちクル」
・トライステージ テレビ通販業者支援事業 新サービスを展開

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は冴えない。機械受注が前月比19.5%減となり、貸出減少懸念で銀行株が安い

個別

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,265.76円の36.89円安、TOPIXは1,264.45の6.37ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は553、値下がり銘柄数は1,080。出来高は10億80万株、売買代金は8,002億円。

続きを読む>>

信用需給好転銘柄を選別 高値期日通過で追い風強まる【日本証券新聞 7月3日】

日本証券新聞

日本証券新聞 7月3日

・日経平均入れ替え予想 任天堂は「日東電の再現」も
・妖怪ウォッチ関連 再人気化へ
・リース株 設備投資拡大で恩恵 再生エネへの展開も注目
・IPO初値 VOYAGE GROUP 40%高発進

続きを読む>>

「会社予想に勝つ自信」のある銘柄

個別 概況

日立金(5486) 週足

2013年度の決算発表が終了し、各証券会社から決算総括レポートが続々。野村証券は「2014年度業績はバッファーを若干持った形でスタートしたと見ることができ、4-6月期決算発表をきっかけに、業績予想上方修正局面に戻れる可能性は高いというのが基本感。決算発表直後というタイミングでは、アナリスト予想と会社予想にカイ離のある銘柄に注目したい」と指摘している。

続きを読む>>

“最出遅れ”証券株、復活高 相場の潮流変化を象徴【日本証券新聞 5月28日】

日本証券新聞

日本証券新聞 5月28日

・西武HDのレポート解禁 主幹事みずほ「買い推奨」
・バイオ関連 見直し機運 新成長戦略などカタリスト豊富
・アマダ 調整一巡で再騰へ 底流には需給思惑も
・セイコーエプソン 上値期待 高値奪回でなお評価不足

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 大東建託、メッセージ、楽天、JXホールディングス、ライトオンなど

個別

■ユニ・チャーム(8113) 6,041円〔+58円、+0.97%〕
 みずほ証券が投資判断を引き上げ
■東京ガス(9531) 566円〔+2円、+0.35%〕
 シティグループが投資判断を引き下げ
■ソフトバンク(9984) 6,966円〔-38円、-0.54%〕
 野村証券が目標株価を引き下げ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) グローバル社、東レ、科研製薬、タツタ電線、住友精密工業など

個別

■毎日コムネット(8908) 720円〔+38円、+5.57%〕
 期末配当予想を18円→21円へ引き上げ
■ジャパンシステム(9758) 311円〔+7円、+2.30%〕
 電算(3640)と地方公共団体向け財務会計システム分野で業務提携
■富士エレクトロニクス(9883) 1,242円〔+37円、+3.07%〕
 マクニカ(7631)との経営統合を発表

続きを読む>>

大林組高値、建設株人気の背景 昨年9月高値銘柄に期日到来 【日本証券新聞 3月11日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月11日

・銘柄一本勝負 筍狩りに行こう 丹青社 前1月期業績を増額 イベント続々で事業環境は順風 14日に決算発表
・ファイナンス拒絶症に変化 「CB発行後の株高」続く
・分割発表銘柄が人気 NISA導入も背景
・サカイ引越センター 引っ越し業界 例年以上の繁忙ぶり 件数・単価とも上昇

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 安藤ハザマ、味の素、石原産業、ファンケル、千代田化工建設など

個別

■ハイデイ日高(7611) 2,471円〔+97円、+4.09%〕
 1対1.2の株式分割を発表
■タカラトミー(7867) 447円〔-14円、-3.04%〕
 第3四半期決算、下方修正を発表
■東京建物(8804) 864円〔-84円、-8.86%〕
 平成25年12月期決算を発表

続きを読む>>

明日の材料 エプコ、アダストリアホールディングス、ディスコ、日本電産など

個別

■ライトオン(7445)
 1月度の全社売上高は前年比 97.7%、既存店は97.2%
■西松屋チェーン(7545)
 1月度の全店売上高は前年比106.0%、既存店は102.8%
■福岡リート投資法人(8968)
 投資口を1対5に分割

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 地域新聞社、エスアールジータカミヤ、ミタチ産業、テルモ、ダイフクなど

個別

■セルシード(7776) 1,786円〔-44円、-2.40%〕
 前日発表した下方修正が嫌気
■髙島屋(8233) 1,040円〔+19円、+1.86%〕
 第2四半期決算を発表
■上組(9364) 963円〔+20円、+2.12%〕
 みずほ証券が目標株価を1,050円に引き上げ

続きを読む>>

市場変更ラッシュが株価を刺激 「千客万来」東証1部指定 【NSJ日本証券新聞 12月9日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月9日

・トップインタビュー アトムリビングテック 住宅用内装金物で自社開発の強み
・GMOインターネット 出遅れ修正高へ
・竹中三佳の株Catch one’s eye SBJの取材を終えて
・消費増税「リユース」「個人間取引市場」活性化へ

続きを読む>>

明日の材料 前田建設工業、ユーグレナ、オイシックス、ロート製薬、リゾートトラスト、OKIなど

個別

■アドヴァン(7463)
 84,400株(1億円)を上限に自己株式を取得
■タカラトミー(7867)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 3.5%減収、140.2%営業増益
■セイコーホールディングス(8050)
 第2四半期決算、通期利益予想を上方修正
■三井住友フィナンシャルグループ(8316)
 第2四半期決算、期末配当予想を55円→65円へ修正

続きを読む>>

北米比率の高い銘柄に勝機 雇用統計の劇的改善が米経済の「今」を象徴 【NSJ日本証券新聞 11月12日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 11月12日

・銘柄一本勝負 古河電工 世界初の特殊水中ケーブルを敷設
・発表後8カ月余の放置経て… 「なでしこ銘柄」基準公表へ
・ニッパツ 上放れ 通期の営業益増額修正
・JR羽田新線構想で動意 五輪見据え、交通インフラ強化

続きを読む>>

明日の材料 省電舎、ぐるなび、サイバーエージェント、富士通、パナソニック、ソニー、マツダ、ソフトバンクなど

個別

■シャープ(6753)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 21.5%増収、営業利益は33,815百万円
■新日本無線(6911)
 第2四半期決算、「継続企業の前提に関する重要事象等」の記載解消
■ケーヒン(7251)
 第2四半期決算、通期業績予想の上方修正を発表
■リコー(7752)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 15.1%増収、67.4%営業増益。単元株式数を1,000株→100株へ
■東京電力(9501)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 11.8%増収、営業利益は167,223百万円

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 大林組、サンワカンパニー、テリロジー、東洋ゴム工業、ダイフクなど

個別

■綜合臨床ホールディングス(2399) 681円〔-45円、-6.20%〕
 中期経営計画を引き下げ
■ソースネクスト(4344) 876円〔+57円、+6.96%〕
 Splashtop社と業務提携、「「Splashtop Remote Desktop」を国内で販売
■EMシステムズ(4820) 2,020円〔+50円、+2.54%〕
 岩井コスモ証券が新規「A」
■石井表記(6336) 280円〔-20円、-6.67%〕
 第2四半期決算、通期業績予想の下方修正を発表

続きを読む>>

明日の材料 太洋基礎工業、フルスピード、コロプラ、カイオム、ダイフク、ゲートウェイホールディングス、TASAKIなど

個別

■日本甜菜製糖(2108)
 「発酵ナノセルロース」の大量生産に成功
■綜合臨床ホールディングス(2399)
 平成25年7月期決算を発表、今26年7月期は8.6%増収、11.0%営業増益を計画
■フリービット(3843)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 0.4%減収、100.7%営業増益
■飯田産業(8880)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 18.9%増収、22.4%営業増益
■アルデプロ(8925)
 平成25年7月期決算を発表、「継続企業の前提に関する注記」の記載解消

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 高砂熱学工業、メディネット、ナトコ、アース製薬、ダイフク、タカキューなど

個別

■アートスパークホールディング(3663) 436円〔+20円、+4.81%〕
 「CLIP STUDIO PAINT」がワコムのタブレットにバンドル
■昭和シェル石油(5002) 1,020円〔+29円、+2.93%〕
 バークレイズが新規「オーバーウエイト」
■オリンパス(7733) 2,815円〔-65円、-2.26%〕
 英国重大不正捜査局(SFO)による訴追を発表
■山九(9065) 303円〔-7円、-2.26%〕
 バークレイズが投資判断を「アンダーウエイト」へ引き下げ

続きを読む>>

北浜流一郎 人気株発掘 ダイフク(6383) 保管、搬送システム国内首位

北浜流一郎 人気株発掘 連載

ダイフク(6383) 日足

このところ、上海市場が落ち着いた動きになっている。大きな懸念材料が1つ消えてくれた。こう安心していたところ、今度はインドネシアやタイなど東南アジア諸国の通貨安懸念だ。

続きを読む>>

ACCESS、タカラバイオなど1部昇格に照準か 「10年ルール」にらむ東証マザーズ銘柄 【NSJ日本証券新聞 8月26日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 8月26日

・ブラインドインタビュー TPP、消費税、社会保障改革… 外資開放は諸刃の剣?
・3Dプリンター関連 買い直す 政府が開発・販売を後押し
・竹中三佳の「株Catch one’s eye」 Part.13 ユニクロと東レ

続きを読む>>

「進捗率」「サプライズ」「最高益」4-6月期決算3つの視点 【NSJ日本証券新聞 8月19日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 8月19日

・ドイツ証券・為替セミナー 米国あってのアベノミクス
・証券界に“二刀流”現る 「菊池正俊」氏は2人いる!?
・竹中三佳の「株Catch one’s eye」Part.12「ONE PIECE」
・新興Weeklyウォッチャー テーマ性のある材料株が人気 「省エネ相場」継続なら出番も

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 日本海洋掘削、亀田製菓、グリー、リアルコム、光通信など

個別

■オルトプラス(3672) 4,550円〔+170円、+3.88%〕
 韓国イメージン社と資本・業務提携
■ゼリア新薬工業(4559) 1,791円〔+74円、+4.31%〕
 丸山ワクチンのアジア展開との報道
■愛知製鋼(5482) 492円〔-24円、-4.65%〕
 クレディ・スイスが投資判断を「NEUTRAL」へ引き下げ
■ダイフク(6383) 1,012円〔+30円、+3.05%〕
 同業の米Wynright社を買収

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ウェルネット、まんだらけ、クラレ、グリー、ダイフク、ニコンなど

個別

■トレンダーズ(6069) 1,535円〔-263円、-14.63%〕
 大幅な減収となる第1四半期決算を発表
■レーザーテック(6920) 987円〔-4円、-0.40%〕
 野村証券が「Neutral」継続も、目標株価を1,278円→1,079円へ引き下げ
■ファーストエスコ(9514) 52,200円〔+7,000円、+15.49%〕
 平成25年6月期決算を発表、今期も大幅増益見通しで年初来高値更新

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) GNI、バイク王&カンパニー、キャリアリンク、ダイフクなど

個別

■キャリアリンク(6070) 595円〔+63円、+11.84%〕
 大幅増益となる第1四半期決算、クオカード贈呈の優待制度を導入

■ダイフク(6383) 747円〔+23円、+3.18%〕
 野村証券では「Buy」、1,090円目標

■PSS(7707) 281,700円〔+22,900円、+8.85%〕
 リプロセル株売却で特別利益1,502百万円

続きを読む>>

任天堂の今秋日経平均採用はあるか? 思惑渦巻く27日付日経リリース 【NSJ日本証券新聞 7月1日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 7月1日

・健康食品関連に刺激材料 「効能」規制緩和で見直す
・「日銀式ETF投資法」評価損益率+63.16%
・求人関連株 動意強める リブセンス連日の大幅高
・新興Weeklyウォッチャー リプロセル換金マネーの行方に関心

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 東建コーポレーション、ディー・エヌ・エー、IIJ、ダイフクなど

個別

■ポールHD(3657) 2,171円〔+283円、+14.99%〕
 第1四半期決算を発表

■IIJ(3774) 3,605円〔+335円、+10.24%〕
 東海東京調査センターでは目標株価を4,200円に引き上げ

■テイクアンドギヴ・ニーズ(4331) 20,170円〔+3,470円、+20.78%〕
 岡三証券が目標株価を29,000円へ引き上げ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 日本工営、新東工業、ダイフクなど

個別

■新東工業(6339) 916円〔-118円、-11.41%〕
 シェールガス掘削用プロパントの売上計画が失望

■ダイフク(6383) 998円〔+36円、+3.74%〕
 野村証券が目標株価を1,090円に引き上げ

■ソニー(6758) 2,271円〔-19円、-0.83%〕
 経営方針説明会を開催

続きを読む>>

概況/寄り付き 米国株はFRB議長の議会証言で下落したが、円安が好感され東京市場は値上がり

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

9時15分時点のTOPIXは1,277.99ポイントの1.96ポイント高、日経平均は15,765円の138円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は699、値下がり銘柄数は864。

続きを読む>>

“ニュータイプ機関投資家”登場で受給に厚み 【NSJ日本証券新聞(3月06日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 3月06日付け

・8日SQ後! 中期上昇波動に変化なしか
・小回り利くETF登場! 上場インデックスファンド日経225(ミニ)
・ブックビル大作戦 ブロードリーフ

続きを読む>>

個別銘柄動向 BBタワー、武田、ラクオリア創薬、ダイフク、インターアクション、クレオなど

個別

■ダイハツ工業(7262) 1,874円〔+4円、+0.21%〕
 UBS証券が目標株価を1,900円に

■インターアクション(7725) ストップ高買い気配
 子会社が欧州投資会社と太陽光発電システムで合同事業

続きを読む>>

概況/寄り付き 日銀総裁に黒田アジア開発銀行総裁の起用案と、TPPの参加方針が好感され、全面高。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

週明けの東京株式市場は、政府が白川総裁の後任としてアジア開発銀行(ADB)の黒田東彦総裁(68)(元財務官)を起用する人事案を固めたと報じられたことや、TPPに参加する方針と報じられたことが好感され、全面高となっています。

続きを読む>>

個別銘柄動向 SRGタカミヤ、大和コンピューター、パーク24、大福、オムロンなど

概況

■エスアールジータカミヤ(2445) 815円〔+22円、+2.77%〕
 1対2の株式分割を発表

■キリンホールディングス(2503) 1,279円〔+16円、+1.27%〕
 UBS証券が投資判断を引き上げ

続きを読む>>