6301

概況/大引け 東京市場は反落、米株の続落やアジア株安、円高を警戒。日立建機や任天堂などが決算失望で下落

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,606.22円の189.51円安、TOPIXは1,413.58の16.34ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は420、値下がり銘柄数は1,357。出来高は24億1,307万株、売買代金は2兆4,827億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ブロッコリー、コロプラ、アズジェント、インテリジェントウェイブなど

個別

■任天堂(7974) 11,345円〔-955円、-7.76%〕
 第3四半期決算を発表、通期営業利益予想を引き下げ
■青山商事(8219) ストップ高買い気配
 中期経営計画「CHALLENGE 2017」が刺激に
■スカイマーク(9204) ストップ安売り気配
 民事再生法の適用を申請

続きを読む>>

概況/寄付き 日経平均は反落、米国株の続落を受け広範囲に下落。スカイマークは民事再生手続き開始で売り気配

概況

日経平均 週足

9時8分時点の日経平均は17,691.01円の104.72円安、TOPIXは1,421.08の8.84ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが2,020万株、買いは1,230万株。

続きを読む>>

明日の材料 富士古河E&C、ユアテック、きんでん、北海道コカ・コーラボトリング、アスクル、ゲオホールディングスなど

個別

■任天堂(7974):第3四半期決算、通期業績予想を修正、期末配当予想を120円→130円へ引き上げ
■青山商事(8219):第3四半期決算、自社株買い、中期経営計画策定
■メタウォーター(9551):第3四半期決算、期末配当予想を29円に設定

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は続伸。欧米株安から寄付き売られたものの、その後は持ち直す。原油安メリットの運輸関連が続伸

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,795.73円の27.43円高、TOPIXは1,429.92の3.54ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,237、値下がり銘柄数は505。出来高は23億1,264万株、売買代金は2兆3,023億円。

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は反落スタート、欧米株安を受けて広範囲に値下がり。機械、証券、銀行、不動産、輸送用機器が安い

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は17,683.65円の84.65円安、TOPIXは1,419.74の6.64ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,200万株、買いは560万株。

続きを読む>>

決算発表 来週から本格化 30日がピーク

概況

東京製鉄(5423) 日足

2015年3月期の第3四半期(4-12月)決算発表が来週から本格的にスタートする。本紙(11/15付)では東証上場銘柄の発表予定を4、5面に掲載した。ピークは1月30日(金)で400社以上が発表。約3割の企業が1月中に発表する。

続きを読む>>

取材の現場から 法人税減税メリットに強弱

取材の現場から 連載

総選挙も終わり、これから年末にかけて税制改正が始まる。早速、選挙翌日の12月15日、自民党税調は非公式の会合を開き、与党の税制改正大綱を30日までに決めることを確認。また、22日の経済財政諮問会議で来年度の「予算編成の基本方針」を協議し、閣議決定する。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場はほぼ全面安。中国とギリシャ不安に加え、118円台の円高から日経平均は一時504円安

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,412.58円の400.80円安、TOPIXは1,406.83の29.26ポイント安。東証1部の値下がり銘柄数は285、値下がり銘柄数は1,473。出来高は25億4,380万株、売買代金は2兆8,514億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 週明けの東京市場は続伸スタート。原油安から、空運と海運が続伸

概況

日経平均 週足

9時8分時点の日経平均は17,493.06円の33.21円高、TOPIXは1,416.16の5.82ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが610万株、買いは860万株。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は3営業日続伸も、上値重い。ソニーは事業説明会から高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,407.62円の50.11円高、TOPIXは1,409.15の8.97ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,090、値下がり銘柄数は624。出来高は27億1,696万株、売買代金は2兆8,860億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は反落スタート、3連休を控えポジション調整の売りも。東レやサクサが反落

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は17,241.61円の59.25円安、TOPIXは1,395.47の2.17ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,120万株、買いは1,640万株と再び買い越し。

続きを読む>>

“GDPショック”日経平均517円安 実態は「短期筋のポジション調整」【日本証券新聞 11月18日】

日本証券新聞

日本証券新聞 11月18日

・関東電化 高値更新 増額、復配で評価一変
・筍狩りに行こう セック 「ロボット」で見直す
・東レ 逆行高強烈 炭素繊維の巨額受注好感 関連株も頑強
・冷凍食品 需要増で新視点 値上げ浸透度トップクラス

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 日本アクア、マツモトキヨシ、アイスタイル、みんなのウェディングなど

個別

■エルナー(6972) 271円〔+9円、+3.44%〕
 太陽誘電と資本業務提携
■三菱UFJ(8306) 666円〔+21円、+3.24%〕
 自社株買いと増配が好感
■東海旅客鉄道(9022) 17,370円〔-575円、-3.20%〕
 SMBC日興証券が投資判断を引き下げ

続きを読む>>

日経平均7年ぶり1万7000円到達 一時713円高 ”日銀&GPIF効果”続く【日本証券新聞 11月5日】

日本証券新聞

日本証券新聞 11月5日

・急騰相場に売り方苦境 「数億円ヤラレ」の声も
・トヨタ 続騰で高値更新 5日の決算注目度増す
・アサカ理研 S高
・円安進行で一段の上ブレも 主力に好決算相次ぐ

続きを読む>>

明日の材料 ミライト・ホールディングス、飛島建設、積水ハウス、アサヒグループホールディングス、ネットイヤーグループなど

個別

■東京電力(9501):第2四半期決算を発表、前年同期比3.7%増収、69.4%営業増益
■電源開発(9513):第2四半期決算を発表、前年同期比0.5%増収、1.1%営業増益
■日本空港ビルデング(9706):第2四半期及び通期業績予想を上方修正
■ニチイ学館(9792):第2四半期利益予想を上方修正

続きを読む>>

大量保有報告書で読む機関投資家動向 GPIF運用受託機関の取得も続々【日本証券新聞 10月31日】

日本証券新聞

日本証券新聞 10月31日

・決算発表、31日にピーク
・IPO初値 アルファポリス 公募比1.9倍高発進
・「出口」に向かうFRB 米金融政策変更で買われる株は
・保有株式価値に着目 ソフトバンクだけじゃない!

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 コマツ、日本電信電話、日本触媒

概況

日本触媒(4114) 月足

一目均衡表では抵抗帯(雲)や基準線を上回る好位置をキープしている。2007年10月高値4,090円を起点とした調整波動は、上げ下げを繰り返しながらも底値が切り上がっており、三角もちあいのイメージができよう。

続きを読む>>

ROE引き上げ圧力高まる ターゲットになる銘柄は【日本証券新聞 10月28日】

日本証券新聞

日本証券新聞 10月28日

・全国保証 実質最高値 増額発表受け、朝方急伸
・筍狩りに行こう ジャステック 11月決算で一括30円配
・外国人新規買い候補 新しい「優良銘柄」とは
・ソフトバンク、見直しの視点 アリババの戻り率9割に

続きを読む>>

決算発表 来週から本格化 31日がピーク

個別 概況

2015年3月期の第2四半期(4-9月)の決算発表が来週24日から本格的にスタートする。
発表のピークは400社以上が発表する10月31日(金)。11月7日(金)に第2のピークとなるが、電機、自動車をはじめ各業界の主力企業の発表は30日、31日にある程度集中している。株価への影響度を含めてこのあたりがヤマ場になる。

続きを読む>>

概況/前引け 朝方は反発も、日経平均は小幅安に。世界景気悪化が警戒。一方、原油安メリットで空運株が反発

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,917.26円の19.25円安、TOPIXは1,212.86の1.41ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は1,069、値下がり銘柄数は635。出来高は11億2,864万株、売買代金は9,723億円。

続きを読む>>

概況/前引け NYダウが今年最大の下げ幅で、東証は全面安。鉱業、非鉄、銀行、鉄鋼などが安い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,326.67円の152.26円安、TOPIXは1,243.03の17.75ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は125、値下がり銘柄数は1,666。出来高は15億4,811万株、売買代金は1兆4,694億円。

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均は6日ぶりに反落。不動産や非鉄が安い、自動車関連も値下がり

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,895.32円の52.97円安、TOPIXは1,309.88の3.84ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は827、値下がり銘柄数は852。出来高は9億5,737万株、売買代金は1兆218億円。

続きを読む>>

JPX日経400関連商品に「第2次資金流入」【日本証券新聞 7月31日】

日本証券新聞

日本証券新聞 7月31日

・東エレクの上場廃止延期 指数入れ替えに「思わぬ余波」
・遅れてやって来た「猛暑関連」 
・時価総額 名目GDPに迫る 大相場のシグナルか
・自動車関連 好決算続々 通期増額、円安など再評価機運

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は小幅続伸スタート。102円台のドル円が支援。ホンダが上方修正で高く、コマツも決算を好感

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は15,665.98円の47.91円高、TOPIXは1,291.90の1.49ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが680万株、買いは990万株。

続きを読む>>

明日の材料 中電工、クックパッド、システナ、宝ホールディングス、MonotaRO、アイスタイルなど

個別

■大阪ガス(9532)
 第1四半期決算を発表、前年同期比6.6%増収、40.1%営業増益
■イチネンホールディングス(9619)
 第1四半期決算を発表、前年同期比12.5%増収、2.7%営業減益
■ミスミグループ本社(9962)
 第1四半期決算を発表、前年同期比19.5%増収、26.3%営業増益

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は小じっかり。イチケンはカジノ関連で続伸、日本バルカーは空気マグネシウム電池、ミクシィは売買代金トップ

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,589.51円の60.11円高、TOPIXは1,287.83の1.76ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は819、値下がり銘柄数は772。出来高は8億8,181万株、売買代金は7,608億円。

続きを読む>>

明日の材料 サカタのタネ、パソナグループ、日本駐車場開発、KG情報、ペッパーフードサービスなど

個別

■ピーシーデポコーポレーション(7618)
 音楽サービスの販売を本格開始
■東宝(9602)
 第1四半期決算を発表、前年同期比21.0%増収、40.6%営業増益
■ドミー(9924)
 平成26年5月期決算を発表、今27年5月期は2.4%増収、30.2%営業増益を計画

続きを読む>>

マークしておきたい防衛関連 関係費は8年ぶりの水準に

セクター 個別

北朝鮮は9日午前4時ごろ、複数の弾道ミサイルを日本海に向けて発射した。弾道ミサイルの発射は3月と6月に続くもので、政府は北朝鮮に対して厳重に抗議した。

続きを読む>>

解体工事関連が繁忙! 国立競技場の入札不調で関心

セクター 個別

オカダアイヨン(6294) 日足

5月末で使用を終えた国立競技場(東京都新宿区)。58年の歴史にピリオドを打つ記念イベントの開催が話題になった。2020年の東京オリンピックのメーン会場として使用される新国立競技場は来年10月に着工、19年3月に完成予定だ。

続きを読む>>

概況/大引け 米雇用統計を前に、東京市場はもみ合い。ただ、日経JASDAQ平均は12連騰で、マザーズ指数も3日ぶりに反発

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,077.24円の2.13円安、TOPIXは1,234.57の1.82ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,110、値下がり銘柄数は538。出来高は21億409万株、売買代金は1兆8,976億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 積水ハウス、日本M&Aセンター、綜合臨床ホールディングス、くらコーポレーションなど

個別

■ミロク(7983) 291円〔+10円、+3.56%〕
 第2四半期利益予想を上方修正
■東武鉄道(9001) 518円〔+6円、+1.17%〕
 シティグループが投資判断を「買い」へ引き上げ
■エイチ・アイ・エス(9603) 3,145円〔+10円、+0.32%〕
 14時に第2四半期決算を発表

続きを読む>>

概況/大引け 追加緩和がなく一時13,964円まで売られたが、その後下げ幅縮小。不動産やノンバンク、機械、非鉄も安い

個別

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,042.17円の33.08円安、TOPIXは1,150.05の3.33ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は672、値下がり銘柄数は983。出来高は17億9,577万株、売買代金は1兆5,680億円。

続きを読む>>

概況/前引け 米国株安に連れ安したが、日経平均は14,000円ラインで下げ渋り。不動産や非鉄は安い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,034.92円の40.33円安、TOPIXは1,149.93の3.45ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は603、値下がり銘柄数は1,026。出来高は8億2,759万株、売買代金は7,169億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 米国株安に連れ安、ドル円は101円20銭台。紙パやノンバンク、不動産、機械、非鉄などが安い

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は14,000.10円の75.15円安、TOPIXは1,147.43の5.95ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,930万株、買いは2,100万株。

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 建設関連株の人気継続読む

インタビュー 個別

マツダ(7261) 週足

米ダウ平均が週半ばにかけて連日、史上最高値を更新。日経平均株価も13日には、出遅れ人気を集めて275円高と急騰する場面も見せるなど、ようやく反転期待が広がったが、週末にかけては再び失速、下値模索に舞い戻ってしまった。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) SUMCO、オウケイウェイヴ、ラクオリア創薬、オウチーノなど

個別

■TPR(6463) 1,841円〔+305円、+19.86%〕
 今期二桁増益計画、増配見通しが好感
■メルコホールディングス(6676) 1,597円〔+127円、+8.64%〕
 今期も大幅増益見通し
■エクセル(7591) ストップ高買い気配
 今期大幅増収・増益となる決算を発表

続きを読む>>

太陽光関連商材、建設資材・工具など 好環境の建設周辺株に狙い目【日本証券新聞 5月16日】

日本証券新聞

日本証券新聞 5月16日

・海運株逆行高の背景 商船三井は低評価返上へ
・高値期日の暗雲、いち早く抜けるのは… 転機迫る「昨年11月高値銘柄」
・サンセイランディック 1Q営業益は上期計画超過 相続税増税で活躍期待も
・ハーモニック・ドライブ ロボット産業支える高技術株

続きを読む>>

概況/寄り付き 日銀決定会合を控え、東京市場は失速。自動車は値上がりしているが、証券株は冴えない

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,321.60円の33.37円高、TOPIXは1,163.15の2.41ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は780、値下がり銘柄数は865。出来高は9億953万株、売買代金は8,407億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ワッツ、ガンホー・オンライン、テルモ、コマツ、マブチモーターなど

個別

■ウインテスト(6721) 333円〔+80円、+31.62%〕
 新規・成長分野事業への参入を発表
■アコム(8572) 356円〔-37円、-9.41%〕
 クレディ・スイスが投資判断を引き下げ
■トレイダーズホールディングス(8704) 60円〔+6円、+11.11%〕
 関連会社がスリランカ企業とバイオマス発電事業で基本合意

続きを読む>>

概況/寄り付き 休み中の米国株が堅調で、東京市場は反発スタート

概況

日経平均 週足

9時5分時点の日経平均は14,400.00円の111.77円高、TOPIXは1,168.62の7.88ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,790万株、買いは1,960万株。

続きを読む>>

明日の材料 石油資源開発、ミクシィ、クルーズ、エス・エム・エス、テンポスバスターズなど

個別

■東海旅客鉄道(9022)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は1.0%減収、7.2%営業減益を計画
■ANAホールディングス(9202)
 通期業績予想を上方修正
■NTTドコモ(9437)
 平成26年3月期決算、32,000万株(5,000億円)を上限に自社株買い

続きを読む>>

概況/前引け 追加緩和期待から、東京市場は下げ渋り。ただ、薄商い

概況

日経平均 週足

前引けの日経平均は13,944.43円の15.62円安、TOPIXは1,139.41の5.32ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,086、値下がり銘柄数は549。出来高は8億3,936万株、売買代金は7,618億円。

続きを読む>>

新たな評価軸に急浮上 「ガバナンス」改善への道 社外取締役、女性役員…

セクター 個別

エステー(4951) 週足

銘柄選別の切り口として、「コーポレートガバナンス」に対する市場筋の関心が、これまでになく高まっている。金融庁は2月26日、企業価値向上に向けて機関投資家に受託者責任を問う“日本版スチュワードシップコード”を決定。今国会では、社外取締役を事実上、義務化する会社法改正案が成立する見通し。また自民党政務調査会は5月にも、コーポレートガバナンスコードを取りまとめる予定とされる。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は15,000円台回復、TOPIXは9連騰。ただ、過熱警戒や米雇用統計などを前に薄商い

概況

日経平均 日足

大引けの日経平均は15,071.88円の125.56円高、TOPIXは1,216.77の5.41ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は969、値下がり銘柄数は684。出来高は20億6,966万株、売買代金は1兆8,714億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前)  サンヨーホームズ、テンプホールディングス、スリープロなど

個別

■シャープ(6753) 331円〔+10円、+3.12%〕
 スマホ向け「IGZO」の中国向け出荷量を倍増させるとの報道
■丸文(7537) 558円〔+21円、+3.91%〕
 最高水準のエネルギー効率を実現するLEDを製造する技術を共同開発
■静岡銀行(8355) 1,050円〔+30円、+2.94%〕
 マネックスと資本業務提携

続きを読む>>

日銀ETFなど”3つの手掛かり” 今、見直す「JPX日経400」 鬼ゴム、アサヒHDなど【日本証券新聞 3月20日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月20日

・問われるアベノミクス ”TS倍率”危険水域に
・カイオム S高で目先高値払う 待望の「完全ヒトADLibシステム」構築成功 本格評価期に突入へ
・シヤッター関連株 業績視界良好 三和HD、文化シヤッター
・イーグル工業 出直り期待

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 大東紡織、オルトプラス、アクロディア、ゼリア新薬、クレスコ、日本ガイシ、NECなど

個別

■日立マクセル(6810) 1,832円〔-238円、-11.50%〕
 初値は1,971円と公開価格2,070円を4.8%下回る
■全国保証(7164) 2,555円〔+141円、+5.84%〕
 上方修正、増配を発表
■日産自動車(7201) 872円〔+22円、+2.59%〕
 UBSが投資判断を引き上げ

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は全面安、金融政策決定会合による上昇分を2日間で帳消しに。円高で自動車や電機が安く、中国関連や設備投資関連も下落。ロボット関連人気

概況

日経平均 15足

大引けの日経平均は14,449.18円の317.35円安、TOPIXは1,194.56の23.96ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は167、値下がり銘柄数は1,547。出来高は25億6,800万株、売買代金は2兆1,124億円。

続きを読む>>

1部指定のシーズン接近 抜群のパフォーマンス実績 【NSJ日本証券新聞 2月20日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月20日

・来期予想の経常増益率 若干ながら新興市場優位
・アルテック一時S高 新型3Dプリンター発売
・水曜の陽線記録はストップ “魔の木曜日”をぶっ飛ばせ!
・ワイヤレスG 仕込み場 無料無線LANは国策も後押し

続きを読む>>

概況/前引け 朝方は日経平均は236円高も、その後は伸び悩み。好決算のパナソニックが大幅高の一方、ソフトバンク、シャープがマイナス圏に

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,061円20銭の52円73銭高、TOPIXは1,151.69の12.42ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,206、値下がり銘柄数は468。出来高は19億1,313万株、売買代金は1兆5,739億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ホクト、ダイドーリミテッド、日産化学、キッセイ薬品工業、オリエンタルランドなど

個別

■日本ケミコン(6997) 322円〔-3円、-0.92%〕
 第3四半期決算を発表。野村証券では「Buy」継続
■東京ガス(9531) 477円〔-23円、-4.60%〕
 JPモルガンが投資判断を「Neutral」に引き下げ
■ソフトバンク(9984) 7,218円〔+154円、+2.18%〕
 切り返しプラス圏に、値頃感による買い戻しの動きか

続きを読む>>

「日本株割安」PERで証明 逆行高エプソンに続け 【NSJ日本証券新聞 2月4日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月4日

・銘柄一本勝負 ホシザキ電機 製氷機は冬に買う 増額発表で10日決算を先取り
・三洋化成 収益上振れの公算
・有力ジンクスに“盲点”あり 「1月安=年間安」ってほんと?
・回転ずし業界 下克上へ 「くら寿司」「元気寿司」新たな2強候補
・マキタ 出直り弾む 通期再増額修正の公算

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は一時530円安で、東証は全面安。不動産や保険、証券、銀行、ノンバンクが値下が安い。ただ、15,000円台は維持。STAP細胞から再生医療関連が物色

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,007円06銭の376円85銭安、TOPIXは1,224.09の32.09ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は78、値下がり銘柄数は1,687。出来高は30億4,108万株、売買代金は3兆222億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) システム・テクノロジー・アイ、コロプラ、オークファン、日立金属、東洋機械金属など

個別

■三菱地所(8802) 2,570円〔-122円、-4.53%〕
 みずほ証券が投資判断を「買い」→「中立」に引き下げ
■東海旅客鉄道(9022) 11,595円〔+320円、+2.84%〕
 第3四半期決算を発表
■ソフトバンク(9984) 7,432円〔-387円、-4.95%〕
 全面安の地合いのなか、TモバイルUS買収への懸念も

続きを読む>>

明日の材料 パナホーム、大和ハウスリー、コロプラ、ヤフー、日立金属、コマツなど

個別

■任天堂(7974)
 第3四半期決算、1,000万株の自社株買いを発表
■東京ドーム(9681)
 通期業績予想を上方修正
■ミスミグループ本社(9962)
 第3四半期決算、通期業績予想を上方修正、増配を発表

続きを読む>>

今あえて見直す「新興国関連」 過剰反応経た修正高余地も 【NSJ日本証券新聞 1月30日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月30日

・話題 魅力高まる沖縄セルラー 株主優待制度を新設
・今年も活発!?完全子会社化 高額プレミアム候補は
・ニチレキS高、アドバンテストは急落 3Q決算・業績修正発表で明暗
・四国化成 ニッチ市場の高シェア企業 今3月期は上ブレ含み

続きを読む>>

概況/前引け 東証は小康状態。スクウェアエニックスが一時マイナス圏も持ち直し、キャタピラーの決算でコマツや三菱重工が値上がり

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,020円52銭の14円79銭高、TOPIXは1,232.35の3.12ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,228、値下がり銘柄数は426。出来高は13億3,353万株、売買代金は1兆2,440億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場はもみ合いスタート。中国懸念はやや後退。自動車は値下がりし、不動産も冴えず

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,420万株、買いは1,310万株でした。
9時16分時点の日経平均は14,999円94銭の5円79銭安、TOPIXは1,231.26の2.03ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,231、値下がり銘柄数は396。

続きを読む>>

日経平均採用・利回りランキング NISA資金の受け皿?! 

個別 概況

りそなHD(8308) 週足

「配当利回り」への市場の注目度が急速に高まっている。多くの企業が決算期末を迎えるのは3月末。例年、今ごろの時期から2月にかけて高利回り銘柄にはアウトパフォーム傾向が指摘されるが、今年の場合は特に、新たにスタートしたNISA(少額投資非課税制度)口座での買い付け対象となることが大きな注目点と言えよう。

続きを読む>>

概況/大引け 米国株の下落で、東証は続落。業種別では値上がりは空運と情報通信、医薬品のみ

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,814円37銭の94円51銭安、TOPIXは1,283.25の8.90ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は451、値下がり銘柄数は1,219。出来高は27億1,017万株、売買代金は2兆2,097億円。

続きを読む>>

概況/前引け 米国株の下落で東証続落。藤倉ゴムは反落も、古河電池がストップ高

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,827円80銭の81円08銭安、TOPIXは1,284.06の8.09ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は486、値下がり銘柄数は1,147。出来高は15億214万株、売買代金は1兆1,401億円。

続きを読む>>

概況/大引け 円安一服や9連騰の反動も警戒され、東証は利食い売り優勢。ソフトバンクやファーストリテイリングが安く、中国関連、自動車、不動産なども軟調

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,908円88銭の382円43銭安、TOPIXは1,292.15の10.14ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は906、値下がり銘柄数は761。出来高は29億2,482万株、売買代金は2兆6,281億円。

続きを読む>>

概況/前引け 9連騰の反動や円安一服で、利食い売り優勢。ソフトバンクやファーストリテイリングが安く、非鉄や海運、不動産なども下落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,936円03銭の355円28銭安、TOPIXは1,288.84の13.45ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は686、値下がり銘柄数は980。出来高は15億5,751万株、売買代金は1兆3,474億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き NYダウの反落も、東証は小幅高のスタート。主力株は揉み合いも、小型株が高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,030万株、買いは2,240万株でした。
9時17分時点の日経平均は15,380円70銭の102円07銭高、TOPIXは1,236.73の4.42ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は870、値下がり銘柄数は627。

続きを読む>>

概況/寄付き NYダウの上昇を受け、東証も広範囲に値上がり。ミツミ電機は三菱UFJモルガンが格上げ

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,180万株、買いは1,600万株でした。
9時15分時点の日経平均は15,508円21銭の126円49銭高、TOPIXは1,255.08の6.51ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,157、値下がり銘柄数は375。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) アスカネット、クラレ、シーティーエス、ナノキャリア、コマツ、大崎電気工業など

概況

■日立製作所(6501) 723円〔+22円、+3.14%〕
 SMBC日興証券では「1」継続、目標株価は850円→860円
■ジーンズメイト(7448) 250円〔-4円、-1.57%〕
 11月度の全店売上高は91.8%、既存店は93.5%
■ジャパンエクセレント投資法人(8987) 610,000円〔+13,000円、+2.18%〕
 投資口を1対5に分割

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) JBR、ラクオリア創薬、コマツ、井関農機、トッパン・フォームズなど

個別

■コマツ(6301) 2,125円〔-56円、-2.57%〕
 ドイツ証券が投資判断を引き下げ
■アルプス電気(6770) 1,004円〔+5円、+0.50%〕
 みずほ証券が投資判断を引き上げ
■良品計画(7453) 10,430円〔+340円、+3.37%〕
 JPモルガンが15,200円に目標株価を引き上げ
■オリンパス(7733) 3,280円〔+95円、+2.98%〕
 内視鏡の生産能力を3割増強との報道

続きを読む>>

概況/大引け トヨタの上方修正報道でムード好転。日産と三菱自動車も提携拡大で値上がり

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,337円31銭の111円94銭高、TOPIXは1,192.16の9.58ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,256、値下がり銘柄数は402。出来高は25億8,214万株、売買代金は1兆9,044億円。

続きを読む>>

概況/前引け 金曜日の米雇用統計や決算発表ビークを控え、動きにくい模様。ノンバンクや建設が値下がり

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,223円82銭の1円55銭安、TOPIXは1,185.27の2.69ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は962、値下がり銘柄数は629。出来高は11億2,210万株、売買代金は8,154億円。

続きを読む>>

概況/大引け 前日終値を挟んでの小幅な値動き。日産は下方修正から大幅安

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,225円37銭の23円80銭高、TOPIXは1,182.58の0.45ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は806、値下がり銘柄数は810。出来高は26億2,541万株、売買代金は2兆1,364億円。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均はマイナス圏で上下動。コマツは下方修正で安く、熊谷組は信用規制から反落で、矢作建設は上方修正が好感

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,325円98銭の70円06銭安、TOPIXは1,193.50の4.86ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は566、値下がり銘柄数は1,071。出来高は29億316万株、売買代金は1兆8,741億円。

続きを読む>>

概況/前引け 朝方は171円安だったが、先物に買い戻しが入り下げ幅縮小。ドル円も持ち直し。フジクラは決算と自社株買いが好感

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,376円01銭の20円03銭安、TOPIXは1,197.64の0.72ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は628、値下がり銘柄数は962。出来高は14億9,270万株、売買代金は8,724億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 大本組、東亜道路、アイロム、東ソー、日本ケミカルリサーチ、キーエンスなど

個別

■フジクラ(5803) 448円〔+61円、+15.76%〕
 第2四半期決算、自社株買いを発表
■コマツ(6301) 2,175円〔-183円、-7.76%〕
 第2四半期決算、通期下方修正。野村、GSが投資判断を引き下げ
■キーエンス(6861) 38,750円〔+2,900円、+8.09%〕
 第2四半期決算を発表。野村、GSは4.5万円目標

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は反落スタート。昨日賑わった大豊建設や熊谷組などの土木株も軟調

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,380万株、買いは1,080万株でした。

9時15分時点の日経平均は14,238円21銭の157円83銭安、TOPIXは1,189.15の9.21ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は308、値下がり銘柄数は1,254。

続きを読む>>

明日の材料 エムスリー、塩野義製薬、日立金属、神鋼環境ソリューション、KDDIなど

個別

■スタンレー電気(6923)
 第2四半期決算、通期業績予想の上方修正を発表
■三井造船(7003)
 第2四半期利益予想を上方修正
■IHI(7013)
 第2四半期利益予想の上方修正を発表
■モスフードサービス(8153)
 第2四半期業績予想の上方修正を発表
■アコム(8572)
 第2四半期業績予想の上方修正を発表
■グランディハウス(8999)
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正を発表

続きを読む>>

概況/前引け 海外株安を受けて、東証も続落。朝方は弱含んだソフトバンクは切り返す

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,365円50銭の60円55銭安、TOPIXは1,192.99の2.99ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は663、値下がり銘柄数は907。出来高は11億7,329万株、売買代金は9,485億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 海外市場の下落で、東京市場も軟調なスタート。キャタピラーの下方修正でコマツなどが安い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,520万株、買いは1,490万株でした。

9時15分時点の日経平均は14,389円31銭の36円74銭安、TOPIXは1,193.35の2.63ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は510、値下がり銘柄数は985。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ミクシィ、ガンホー、デジタルガレージ、アクトコール、アオイ電子など

個別

■ネットワンシステムズ(7518) 699円〔-22円、-3.05%〕
 第2四半期業予想の下方修正を発表
■SBIホールディングス(8473) 1,243円〔-36円、-2.81%〕
 300億円の転換社債発行、潜在株式数の比率は8.71%
■阪急阪神ホールディングス(9042) 568円〔+14円、+2.53%〕
 バークレイズが投資判断を「オーバーウエイト」へ引き上げ、目標株価は680円
■スカイマーク(9204) 351円〔-2円、-0.57%〕
 通期業績予想を引き下げ

続きを読む>>

概況/寄り付き 米国の合意観測でNYダウが205ドル高となり、東京市場も全面高

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,370万株、買いは2,250万株でした。

9時15分時点の日経平均は14,641円59銭の174円45銭高、TOPIXは1,210.25の13.47ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,511、値下がり銘柄数は115。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 大成建設、ヒビノ、東京エレクトロンデバイス、アンジェスMG、オムロンなど

個別

■コマツ(6301) 2,468円〔-64円、-2.53%〕
 東海東京調査センターでは短期的に更なる上値は限定的と
■ザインエレクトロニクス(6769) 691円〔+100円、+16.92%〕
 東大とのCDR技術の共同開発を発表
■イオン(8267) 1,383円〔+11円、+0.80%〕
 8月度の営業収益は前期比 103.5%
■アニコム ホールディングス(8715) 1,204円〔+61円、+5.34%〕
 富士通との協業を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 大東建託、大和コンピューター、ダイサン、コマツ、東京電力など

個別

■オリエントコーポレーション(8585) 253円〔+20円、+8.58%〕
 単元株式を500株→100株に変更
■日立キャピタル(8586) 2,081円〔+69円、+3.43%〕
 丸三証券では「買い」継続
■GMOインターネット(9449) 1,144円〔+56円、+5.15%〕
 丸三証券では「買い」、1,400円目標を継続

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) エディオン、アンジェスMG、LIXILグループ、コマツなど

個別

■ホシザキ電機(6465) 3,370円〔+35円、+1.05%〕
 立花証券では「強気」、3,650円目標
■ローランドDG(6789) 2,586円〔+163円、+6.73%〕
 3Dプリンター関連が物色対象に
■きもと(7908) 873円〔-1円、-0.11%〕
 いちよし経済研究がレーティングを「B」→「A」へ引き上げ

続きを読む>>

概況/寄付き 安倍首相が法人税の実効税率の引き下げを検討するよう関係府省に指示したと報じられ、全面高。

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

9時15分時点のTOPIXは1,147.42の12.80ポイント高、日経平均は13,724円の205円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,261、値下がり銘柄数は299。

続きを読む>>

概況/大引け 4-6月期のGDPが予想を下回り下落。浜田内閣官房参与が消費税引き上げの1年先送り案を語ったことも警戒。ただ、東証1部の出来高は今年最低

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,134.62の6.29ポイント安、日経平均は13,519.43円の95.76円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は544、値下がり銘柄数は1,087。出来高は17億7,744万株、売買代金は1兆5,971億円。出来高は今年最低。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) エイジア、ディー・エヌ・エー、住友ゴム、DOWAホールディングス、トーヨーカネツなど

個別

■コマツ(6301) 2,175円〔+21円、+0.97%〕
 大和証券では「2」、2,850円目標
■オムロン(6645) 3,080円〔+60円、+1.99%〕
 岩井コスモ証券が投資判断を「B+」→「A」に引き上げ
■アンリツ(6754) 1,157円〔-45円、-3.74%〕
 岩井コスモ証券が「B+」に引き下げ

続きを読む>>

LINE関連 求心力向上 8月21日注目イベント 【NSJ日本証券新聞 8月6日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 8月6日

・銘柄一本勝負 東京都競馬 営業利益の94%占める賃貸事業
・政局ゴタゴタ、秋に余波 カジノ法案「また先送り」!?
・任天堂に強弱観対立 3DSに「2つの見方」

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) サントリーBF、ドワンゴ、ネクステージ、アサヒホールディングスなど

個別

■ガンホー・オンライン(3765) 94,400円〔-11,600円、-10.94%〕
 第2四半期決算を発表
■日立化成(4217) 1,660円〔+28円、+1.72%〕
 立花証券では「強気」に投資判断を引き上げ
■オンコセラピー・サイエンス(4564) 213,000円〔+9,500円、+4.67%〕
 小型自動エマルション調製機、SEPPIC社へ独占権付

続きを読む>>

概況/寄付き 前日の反動から下げ渋りも、反発力も乏しい。神戸製鋼や昭和シェルは上方修正を好感

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

9時15分時点のTOPIXは1,132.55の4.10ポイント高、日経平均は13,689円の28円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は916、値上がり銘柄数は637。

続きを読む>>

明日の材料 一休、リプロセル、日本冶金工業、ダイベア、小糸製作所、エイベックスなど

個別

■一休(2450)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 16.8%増収、31.5%営業増益
■コーエーテクモホールディングス(3635)
 第1四半期決算、第2四半期業績予想の増額を発表
■ガンホー・オンライン(3765)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 945.5%増収、営業利益は44.3倍

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 コマツ(6301)

テクニカル 個別

コマツ(6301) 月足

これまで上値の重荷となった下落基調にある60カ月移動平均線が上昇に転じるタイミングに近い。計算対象で最も古い60カ月前の株価が、2008年のリーマン・ショックで急落した局面に入ってくるためだ。

続きを読む>>

火柱高続々LINE関連 中小型株に新テーマ浮上 【NSJ日本証券新聞 7月25日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 7月25日

・自社株買い候補を探る 決算短信に“重要なヒント”
・昨夏来、自由化進む 1部指定“予告”増加中
・存在感増す「リユース」市場 カカクコムが触手伸ばす

続きを読む>>

概況/大引け 今後本格化する決算発表を控えて様子見ムード。東陽テクニカは下方修正、日本電産は上方修正が好感

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,219.92の2.80ポイント安、日経平均は14,731.28円の47.23円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は734、値下がり銘柄数は873。出来高は21億1,807万株、売買代金は2兆98億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ディップ、ABCマート、JIN、チヨダなど

個別

■日立国際電気(6756) 1,113円〔+8円、+0.72%〕
 丸三証券が投資判断「買い」、1,430円目標

■パラマウントベッド(7817) 3,305円〔-175円、-5.03%〕
 CB100億円を発行

■ファミリーマート(8028) 4,400円〔-105円、-2.33%〕
 野村証券が目標株価を5,250円に引き上げ、投資判断は「Buy」据え置き

続きを読む>>

概況/大引け 朝方は先週末の米国株高に連れ高したが、上海株や香港株の下落で後場は調整。ただ、政策関連には堅調な銘柄も

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,172.58の16.00ポイント安、日経平均は14,109.34円の200.63円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は325、値下がり銘柄数は1,285。出来高は32億6,427万株、売買代金は2兆5,155億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ローソン、トーヨーアサノ、コマツ、共立印刷など

個別

■ダイハツ工業(7262) 2,056円〔+22円、+1.08%〕
 SMBC日興証券が目標株価を2,300円に引き上げ

■マニー(7730) 3,600円〔+135円、+3.90%〕
 第3四半期決算を発表。大和証券では3,290円程度の評価

■3Dマトリックス(7777) 4,700円〔-400円、-7.84%〕
 公募増資などで約22.6億円を調達すると発表

続きを読む>>

概況/前引け 朝方は米国株高に連れ高したが、上海株や香港株の下落を受け上げ幅縮小

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,191.20の2.62ポイント高、日経平均は14,365.31円の55.34円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,004、値下がり銘柄数は551。出来高は16億9,750万株、売買代金は1兆2,280億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 東建コーポレーション、三菱電機、佐鳥電機、ヒマラヤなど

個別

■ダイキン工業(6367) 4,315円〔-15円、-0.35%〕
 メリルリンチが目標株価を5,200円へ引き上げ、「買い」継続

■タダノ(6395) 1,371円〔0円、0.00%〕
 バークレイズ・キャピタルでは「オーバーウエイト」、1,500円目標

■三菱電機(6503) 1,021円〔+32円、+3.24%〕
 JPモルガンが「Overweight」へ投資判断を引き上げ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ディーブイエックス、ハピネスD、インデックス、コマツなど

個別

■リプロセル(4978) 15,640円
 上場3日目にして売買成立、初値は公開価格3,200円の5.6倍となる17,800円

■昭和シェル石油(5002) 813円〔+6円、+0.74%〕
 シティグループが投資判断を「買い」へ引き上げ

■神鋼鋼線工業(5660) 143円〔+3円、+2.14%〕
 東海東京調査センターが新規「2」

続きを読む>>

概況/大引け 上海株式市場が続落し日本株も調整。海外の悪影響を受けにくい国土強靱化関連が堅調

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,078.66ポイントの10.98ポイント安、日経平均は12,969.34円の93.44円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は368、値下がり銘柄数は1,266。出来高は27億1,281万株、売買代金は2兆2,803億円。

続きを読む>>

概況/大引け FRB議長が経済予測と概ね一致すれば年内に資産買入の購入ペースを緩め、来年半ば頃に購入終了と述べたため、米国株が売られ、東証も下落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,091.81ポイントの14.76ポイント安、日経平均は13,014.58円の230.64円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は465、値下がり銘柄数は1,168。出来高は28億5,760万株、売買代金は2兆2,962億円。

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 輸出関連の突っ込み狙う ファナック、東急不が2票

個別

ファナック(6954) 週足

14日のメジャーSQ(特別清算指数)算出日を目前にした13日の日経平均株価は再び波乱に見舞われ、前週7日に付けた1万2,548円を割り込む場面もあった。為替の円高加速が嫌気された格好だ。こうした相場急落時を幾度となく経験したベテラン証券マンの銘柄観を参考にしたい。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 東建コーポレーション、インデックス、コマツ、ライフネット生命など

個別

■松田産業(7456) 1,190円〔-35円、-2.86%〕
 岩井コスモ証券が新規「B+」

■伊藤忠商事(8001) 1,212円〔-17円、-1.38%〕
 シティグループが投資判断を「中立」に引き下げ

■東京海上ホールディングス(8766) 2,902円〔-17円、-0.58%〕
 野村証券では目標株価を3,700円に、「Buy」の投資判断を継続

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) カカクコム、コーエーテクモ、ヤフー、アルチザ、コナミなど

個別

■GMOインターネット(9449) 854円〔-58円、-6.36%〕
 野村証券が目標株価を1,300円に引き上げ

■東映(9605) 538円〔-9円、-1.65%〕
 野村証券が目標株価を850円に引き上げ

■コナミ(9766) 2,279円〔+63円、+2.84%〕
 野村証券が「Buy」でカバレッジを再開

続きを読む>>

マネックスグループ NISAに手応え 松本大 代表取締役会長兼社長CEOインタビュー 【NSJ日本証券新聞 5月31日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 5月31日

・「いぶし銀」特別版 優良株シフトが鮮明に
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.1 NY高級ショピング街
・平成版“三洋興産ショック” 27年前の記憶をたどれば…

続きを読む>>

概況/前引け 米住宅価格指数と消費者信頼感指数の上昇で米国金利上昇からドル高円安となったが、東京タイムでは円高に戻り、日経平均も揉み合いに

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,180.09ポイントの11.82ポイント高、日経平均は14,325.64円の13.66円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,316、値下がり銘柄数は300。出来高は20億5,580万株、売買代金は1兆5,538億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 1ドル=101円50銭近辺で、トヨタやマツダが反発。中国人民日報が大規模な景気刺激策に再び動くことはないと報じ、コマツなど中国関連は安い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の円相場は1ドル=101円50銭近辺の取引となっていて、東京株式市場ではトヨタやマツダが反発しました。東京電力を始めとした電力株も値上がりしています。

続きを読む>>

概況/前引け 国債利回りが上昇し不安定なので、日経平均の反発も抑制。自動車の反発は目立つが、ファーストリテイリングやケネディクスは小幅安

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,218.24ポイントの29.90ポイント高、日経平均は14,867.90円の383.92円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,343、値下がり銘柄数は312。出来高は26億9,596万株、売買代金は2兆1,637億円。

続きを読む>>

シェールガス革命で復活する日本とアメリカ 楽天証券 個人投資家向けセミナー 

セクター 個別

楽天証券は4月13日に東京証券取引所と共催で「シェールガス革命で復活するアメリカと日本」と題したセミナーを開催。シェールガスの概要、日本と米国のシェールガス関連銘柄などが語られた。

続きを読む>>

概況/前引け 中国の4月の輸出が前年同月比14.7%増、輸入も16.8%増でコマツやファナックなど中国関連高く、日経平均も上げ幅拡大

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

中国経済の回復期待でコマツ(6301)やファナック(6954)が買われ、伊藤忠(8001)や丸紅(8002)、三菱商事(8058)などの商社株も堅調となりました。

続きを読む>>

個別銘柄動向 シミック、バッファロー、ぱど、日本エマージェンシーアシスタンスなど

個別

■富士フイルムホールディングス(4901) 2,125円〔+69円、+3.36%〕
 立花証券では「やや強気」

■日本エマージェンシーアシスタンス(6063) 3,800円〔+700円、+22.58%〕
 NSJ日本証券新聞1面で国策銘柄に浮上と紹介

■コマツ(6301) 2,618円〔+111円、+4.43%〕
 立花証券では「やや強気」

続きを読む>>

個別銘柄動向 アドバンテスト、ショーワ、ヤマハ、UCSなど

個別

■ショーワ(7274) 1,407円〔+273円、+24.07%〕
 平成25年3月期決算を発表

■三浦印刷(7920) 163円〔+45円、+38.14%〕
 当期純利益予想を黒字へ増額

■ヤマハ(7951) 1,080円〔+78円、+7.78%〕
 上方修正を発表

続きを読む>>

概況/寄り付き 高速道路会社3社が建て替えや改修で今後100年間に少なくとも5兆4千億円が必要との試算発表し、日本橋梁など高い。決算発表でコマツやソニーを好感

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

東京株式市場も決算発表シーズン入りとなり、内容を吟味したいことから、小幅な上げに止まっていますが、コマツやソニーが業績改善を好感して買われています。

続きを読む>>

明日の材料 GCAサヴィアン、エムスリー、ヤフー、京セラ、サイバーエージェントなど

個別

■JT(2914)
 平成25年3月期決算を発表、今26年3月期は11.7%増収、15.7%営業増益を計画

■スタートトゥデイ(3092)
 平成25年3月期決算を発表、今26年3月期は5.0%増収、21.0%営業増益を計画

■イビデン(4062)
 平成25年3月期決算を発表、今26年3月期は1.4%増収、232.2%営業増益を計画

続きを読む>>

概況/大引け 量的・質的金融緩和策の威力で大型株が大幅高。反面、東証マザーズ指数は小幅安

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

黒田日銀新総裁が主導して4月4日に実現した「量的・質的金融緩和政策」では世の中に流通しているマネーの総量のマネタリーベースを2012年末の138兆円→2013年末に200兆円→2014年末に270兆円と2年間で2倍にすること打ち出しましたが、威力の凄まじさから、本日の東京株式市場は大型株が小型株のように値を飛ばし、三菱重工や日立、東京電力などが大幅高となりました。

続きを読む>>

個別銘柄動向 アルバイトタイムス、ジーフット、ブリヂストン、太陽誘電、ニフコなど

個別

■コマツ(6301) 2,394円〔+43円、+1.83%〕
 JPモルガンが目標株価を2,650円へ引き上げ

■田淵電機(6624) 223円〔+21円、+10.40%〕
 太陽光発電関連

■太陽誘電(6976) 1,350円〔+54円、+4.17%〕
 JPモルガンが目標株価を1,680円へ引き上げ

続きを読む>>

概況/大引け REITや不動産株は利食い売りに押されたが、円安で三菱重工や川崎重工などの造船株が高く、中国関連も値上がり。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

日銀による量・質とも次元の違う金融緩和により高騰していたREITや不動産株も本日は利益確保の売りに押されましたが、代わりに円安を受けて、三菱重工(7011)や川崎重工などの造船株が値上がりし、コマツや三菱商事などの中国関連も値上がりしました。

続きを読む>>

概況/前引け REITは値下がりが大半で、大手不動産も小幅安。アジア開発銀行が中国GDP見通しを引き上げ、中国関連は堅調。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

REITは利益確保に売りに値下がりする銘柄が大半で、不動産株も三井不動産や三菱地所などの大手不動産株も利食い売りで小幅安となりました。ただ、不動産ファンドのケネディクスは続伸し、不動産担保ローンのアサックスは2日連続ストップ高となりました。

続きを読む>>

概況/大引け 不動産や銀行などが高い。資産効果や賃金デフレ脱却期待で消費も堅調。

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

4月4日の金融政策決定会合で失望売りに見舞われると、次回26日の決定会合では大胆な金融緩和策を引き出すという見方から、不動産株やREITや銀行株には押し目買いも入りました。

続きを読む>>

概況/大引け 前場のREITは地銀の利食い売りで下落したが、後場は半分位は持ち直し、ケネディクスも強張る。大手不動産は冴えないが、新年度入りでリターンリバーサルから建機が小幅高。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

REIT(不動産投資信託)は日銀の資産買入基金の増額期待や、年度末にかけて配当取りの動きが強まっていましたが、新年度相場入りしたことで地銀を中心に利食い売りが出て、前場は広範囲に下落しました。

続きを読む>>

個別銘柄動向 メッセージ、ケンコーコム、オカダアイヨン、東京急行電鉄など

個別

■東日本旅客鉄道(9020) 7,740円〔+370円、+5.02%〕
 モルガンスタンレーMUFGが投資判断を引き上げ

■西日本旅客鉄道(9021) 4,475円〔+85円、+1.94%〕
 モルガンスタンレーMUFGが投資判断を引き下げ

■カナモト(9678) 1,793円〔+300円、+20.09%〕
 第1四半期決算を好感

■王将フードサービス(9936) 2,839円〔-53円、-1.83%〕
 2月の既存店売上高は95.0%

続きを読む>>

概況/大引け 日銀総裁候補 黒田氏の所信から不動産や倉庫が引き続き人気。ただ、大証のシステム障害と中国の不動産抑制策で、日経平均の上げ幅は縮小。

概況

日経平均 15分脚 MA(25/75)

東京株式市場では日銀の新執行部による大胆の金融緩和策による、リフレ効果に期待して、不動産株や準不動産株と見られている倉庫株が引き続き人気を博し、安田倉庫がストップ高となり、銀座に店舗を構える松屋(8237)もストップ高となりました。

続きを読む>>

概況/前引け イタリアの国債入札は無事通過を好感。東京都競馬などの土地持ち企業が高く、倉庫株は土地含み益とTPPで恩恵期待。海洋基本計画で日本海洋掘削も高い。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

昨日のイタリアの国債入札は無難な結果となり、米国株式市場も上昇したため、東京株式市場も反発しました。

続きを読む>>

個別銘柄動向 大和ハウス、ITホールディングス、ODK、穴吹興産など

個別

■日本信号(6741) 714円〔+33円、+4.85%〕
 野村証券が目標株価を840円に引き上げ

■東京エレクトロン(8035) 4,330円〔+105円、+2.49%〕
 メリルリンチ証券が投資判断を「買い」に引き上げ

■穴吹興産(8928) 453円〔+39円、+9.42%〕
 1対2の株式分割を発表

続きを読む>>

日米首脳会談の裏でロシア外交も進展 安倍首相訪露で経済交流も活発化へ

セクター 概況

コマツ(6301) 日足

先の日米首脳会談で安倍首相が一定の成果を上げる一方で、同時期にモスクワへは森喜朗元首相が安倍首相の特使として訪問、プーチン大統領との会談で大型連休中にも首相の公式訪問が実現する動きとなってきた。

続きを読む>>

概況/前引け 1月FOMCで複数の委員から雇用改善の前に資産買い入れの縮小などの意見が出て、金価格下落で住友鉱山安い。日本農薬は野村証券が格下げ。

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

過剰流動性の縮小懸念から、昨日のNY金先物価格も下落したため、本日の東京株式市場では住友鉱山も売られました。

続きを読む>>

個別銘柄動向 アイ・ケイ・ケイ、コメ兵、石川製作所、ウェブクルーなど

個別

■ファンコミュニケーションズ(2461) 2,820円〔+410円、+17.01%〕
 今25年12月期は前期比 24.3%増収、29.1%営業増益を計画

■コメ兵(2780) 794円〔+92円、+13.11%〕
 1月の月次売上高が前年同期比 129.5%に

続きを読む>>

個別銘柄動向 GNI、GCA、ITホールディングス、日立、カプコンなど

個別

■GNI(2160) 186円〔+40円、+27.40%〕
 F647の製造販売許可申請書提出

■GCA(2174) 1,080円〔+69円、+6.82%〕
 上方修正、増配を発表

続きを読む>>

中国・春節(2月10日)前後の視点 週明け1週間は「9勝1敗」 【NSJ日本証券新聞(2月05日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月05日付け

・中国・春節(2月10日)前後の視点 週明け1週間は「9勝1敗」
・新連載 銘柄一本勝負 曙ブレーキ M&Aの赤字はほぼ一掃

続きを読む>>

概況/大引け リフレ策への期待で不動産や証券が高く、国土強靱化への期待で建設も買われた。物色が広がり、薬品や食品などのディフェンシブも値上がりし、日経平均は11,000円を上抜いた。コマツは来期増益期待。JR東海の新幹線大改修で鉄建なども高い。

個別

日経平均 15分足 MA(25/75)

東京株式市場も安倍政権によるリフレ策に期待して、不動産関連株や証券株が高く、国土強靱化政策への期待で建設株も買われ、薬品株や食品株などディフェンシブ株にも物色が広がっているため、日経平均は節目の11,000円を上抜きました。

続きを読む>>

個別銘柄動向 コマツ、JPX、アーネストワン、クロス・マーケティング、カルビーなど

個別

■カルビー(2229) 7,450円〔+280円、+3.91%〕
 第3四半期決算、通期見通しの増額を発表

■クロス・マーケティング(3629) 2,280円〔+340円、+17.53%〕
 1対2の株式分割を発表

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは925.24ポイントの4.48ポイント高、日経平均は10,946円の79円高。銀行株は揉み合い。コマツや日立メディコは下方修正で下落。学情は朝日新聞と資本業務提携で買われた。不二家は8期振り復配を評価。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

昨日のNYダウは72ドル高の13,954ドルと買われました。医薬品メーカーのファイザーや石油精製のバレロエナジーが好決算を発表したことが好感されました。今朝の東京株式市場では昨日買われた三井住友フィナンシャルグループなどの銀行株は揉み合いとなっています

続きを読む>>

明日の材料 ヤフー、カイオム、コマツ、ユーシン、小糸製作所など

個別

■ヤフー(4689):第3四半期決算、期末配当予想の増額、80万株の自己株式の取得を発表
■山田コンサル(4792):第3四半期決算、通期業績予想の上方修正を発表
■富士フイルム(4901):第3四半期決算を発表。通期営業利益予想を1,250→1,100億円へ減額

続きを読む>>

個別銘柄動向 ゲンキー、総合メディカル、医学生物学研究所、オーデリックなど

個別

■JACリクルートメント(2124) 1,256円〔+35円、+2.87%〕
12月度の月次売上高は、単月ベースでは前年同月比 15.8%増、累計では22.6%増
■日本M&Aセンター(2127) 3,050円〔+87円、+2.94%〕
大和証券が第3四半期は絶好調と

続きを読む>>