6092

IPOカレンダー 2014年

IPO

12月26日にマザーズに新規上場したMRT(6034)が、上場2日目となる本日、公開価格800円の4.1倍となる3,275円で初値を形成した。

続きを読む>>

明日の材料 明星工業、クックパッド、エムスリー、神戸物産、トヨタ紡織、あさひなど

個別

■トーセイ(8923):子会社が約2,000億円の収益マンションのアセットマネジメントを受託
■いであ(9768):12月26日をもって東証2部へ市場変更、記念配当2.5円
■ミスミグループ本社(9962):11月の売上高は前年比116.0%

続きを読む>>

明日の材料 日本アクア、省電舎、ミクシィ、日本マニュファクチャリングサービス、ひらまつ、マツモトキヨシホールディングスなど

個別

■CYBERDYNE(7779):第2四半期決算、通期業績予想を下方修正
■三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306):第2四半期決算、増配、1,000億円を上限に自社株買い
■ピー・シー・エー(9629):中小企業の海外進出を支援する新事業を開始

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は全面高、日経平均の構成銘柄は全てがプラス。米株高や円安、GPIFの報道が支援。情報通信、機械、輸送用機器、建設などの上昇率が大きい

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,111.23円の578.72円高、TOPIXは1,224.34の47.12ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,802、値下がり銘柄数は21。出来高は23億7,962万株、売買代金は2兆3,186億円。

続きを読む>>

明日の材料 国際石油開発帝石、高砂熱学工業、アイティメディア、安川情報システムなど

個別

■ウェブクルー(8767):新しい収納サービス「MONOLESS(モノレス)」リニューアル
■陽光都市開発(8946):通期業績予想を上方修正
■カナモト(9678):期末配当予想を15円→20円へ修正

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) キューブシステム、フジオフードシステム、エイチーム、ニッパツなど

個別

■3Dマトリックス(7777) 4,015円〔+395円、+10.91%〕
 吸収性局所止血材「PuraStat」、医療機器製品登録承認取得
■新生銀行(8303) 227円〔+6円、+2.71%〕
 SMBC日興証券が投資判断を引き上げ
■ランドビジネス(8944) 455円〔-23円、-4.81%〕
 通期業績予想を下方修正

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ミクシィ、クックパッド、ぐるなび、MonotaRO、グリーなど

概況

■ビー・エム・エル(4694) 3,775円〔-315円、-7.70%〕
 14時に下方修正を発表
■サイボウズ(4776) 390円〔-17円、-4.18%〕
 二桁の減益となる第2四半期決算を発表
■レーサム(8890) 1,037円〔-93円、-8.23%〕
 二桁減益となる第1四半期決算を発表

続きを読む>>

明日の材料 高橋カーテンウォール工業、UTホールディングス、フルスピード、サニーサイドアップなど

概況

■リブセンス(6054)
 第2四半期決算、通期業績予想を下方修正
■アイフル(8515)
 第1四半期決算を発表、前年同期比9.0%減収、35.6%営業減益
■学研ホールディングス(9470)
 第3四半期決算、通期業績予想を下方修正

続きを読む>>

2014年前半IPO 「初値天井」が激減 初値→高値の上昇率33.9%平均

IPO 概況

今年のIPO(新規上場)マーケットはこれまでとはひと味違う――IPOマーケット関係者からこんな声が聞かれる。これまでは、初値の段階で将来の成長の大部分を織り込み、“初値天井”となる銘柄も多かったが、今年は表の通り、“初値天井”が激減している。

続きを読む>>

25日先物発表、27日4本目のETF… 「JPX日経400」連動資金700億円に【日本証券新聞 3月27日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月27日

・米S&P500を強く意識 日本取引所グループ・岩永守幸常務執行役CFO語る
・長寿の秘訣は市場にあり 安倍政権 ベスト10入り
・サイバーダイン 2.3倍高発進 初値形成後1万円大台乗せ DLEは2倍高スタート
・知的財産が国の勝敗を決める ”知財組込みGDP”が話題

続きを読む>>

IPO社長会見 エンバイオ・ホールディングス(6092) 土壌汚染問題をトータルソリューションで解決

IPO 個別 社長会見

西村実代表取締役社長

3月12日、マザーズに新規上場した。上場2日目に公開価格580円の2.3倍となる1,311円で初値を形成。上場当日の記者会見で同社の西村実代表取締役社長=写真=は次のように語った。

続きを読む>>

ブルベアファンド、デルタヘッジ… 高変動率相場の背景材料 日経平均終値488円安【日本証券新聞 3月17日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月17日

・「モーニング営業」が熱い 消費増税対策の側面も アークランドサービスは高値更新基調
・TASAKIが一時S高 「成長期入り」を確認
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.34 春闘
・王将フード 株価頑強 業績圧縮懸念もCSRに共感

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 大林組、ディップ、ミネルヴァ・ホールディングス、ACCESS、コタなど

個別

■エンバイオ・ホールディングス(6092) 2,011円〔+400円、+24.83%〕
 12日に新規上場から人気継続
■TASAKI(7968) 680円〔+100円、+17.24%〕
 黒字転換となる第1四半期決算が好感
■トランコム(9058) 3,815円〔+175円、+4.81%〕
 東海東京調査センターがレーティングを「1」に引き上げ

続きを読む>>

高値更新銘柄の顔触れが象徴 信用需給選別の季節到来 週明け17日から逆日歩急上昇へ【日本証券新聞 3月14日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月14日

・アサンテ 上放れの背景 1部指定より株主優待?!
・菊池製作所が反発 赤字も「成長性」評価
・いちよし経済研究所 柳平孝・主任研究員に聞く エルニーニョもにらみ注目の消費関連を読み解く
・IPO初値 ダイキョーニシカワ 順調な船出 エンバイオ 2.3倍高発進→ストップ高

続きを読む>>

概況/大引け 中国経済指標が予想を下回り、日経平均は失速。通信は高いが、海運や不動産、証券が安い

概況

日経平均 日足

大引けの日経平均は14,815.98円の14.41円安、TOPIXは1,203.46の3.48ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は733、値下がり銘柄数は896。出来高は16億9,824万株、売買代金は1兆6,317億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) システム・テクノロジー・アイ、オリコン、アサンテ、フォスター電機など

個別

■テイ・エス・テック(7313) 3,450円〔+125円、+3.76%〕
 ゴールドマン・サックスが投資判断を「買い」に引き上げ
■スター精密(7718) 1,203円〔+69円、+6.08%〕
 みずほ証券が投資判断を引き上げ
■日立キャピタル(8586) 2,550円〔+42円、+1.67%〕
 東海東京調査センターが投資判断を「1」に引き上げ

続きを読む>>

どう乗り切る?!4月消費税増税 “逆転の発想”で小売株狙い【日本証券新聞 3月13日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月13日

・「皆が思えば遅くなる」 日銀追加緩和の時期は?
・IPO初値 エンバイオ 初値持ち越し BS11は穏健発進
・第一交通産業が人気化 「放射線遮蔽コンテナ」に関心
・3月20日ホットマン上場で「FC受け皿企業」に脚光 ありがとうSなど

続きを読む>>

概況/大引け 東証は全面安で、日経平均は再び15,000円台割れ。海運や非鉄、証券、不動産などが下落

概況

日経平均 日足

大引けの日経平均は14,830.39円の393.72円安、TOPIXは1,206.94の26.27ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は79、値下がり銘柄数は1,667。出来高は20億2,048万株、売買代金は1兆9,019億円。

続きを読む>>

大林組高値、建設株人気の背景 昨年9月高値銘柄に期日到来 【日本証券新聞 3月11日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月11日

・銘柄一本勝負 筍狩りに行こう 丹青社 前1月期業績を増額 イベント続々で事業環境は順風 14日に決算発表
・ファイナンス拒絶症に変化 「CB発行後の株高」続く
・分割発表銘柄が人気 NISA導入も背景
・サカイ引越センター 引っ越し業界 例年以上の繁忙ぶり 件数・単価とも上昇

続きを読む>>

増配予想の高利回り銘柄に照準 権利付き最終日は3月26日 【日本証券新聞 3月3日】

日本証券新聞

・サイバーダイン「超弩級」注目度 上場前説明会に市場関係者殺到
・年金改革の流れが伏線? 「信託銀行」姿勢に変化
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.32 公募増資
・好業績「駐車場」で明暗 日駐開発 再び高値指向

続きを読む>>

新相場テーマ「ウェアラブル端末」関連 モバイル・ワールド・コングレス2014開催【NSJ日本証券新聞 2月27日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月27日

・需給面で存在感高まる 設定相次ぐ日本株投信 「ROE」「中小型」「成長株」…
・IPOこぼれ話 ホットマン 説明会出席者からは意外な声
・日銀施策、効果のほどは… 「お付き合いで利用」が現実?
・ミクシィ 頑強推移 「モンスターストライク」の快進撃続く
・電池関連株が軒並み急騰 田中化研はS高に弾む

続きを読む>>

エンバイオ・ホールディングス(6092) 3月12日、マザーズに新規上場。低コスト土壌汚染解決ソリューションを一括提供

IPO 会社紹介 個別

「土壌浄化」の専門家集団。ガソリンスタンドを保有する企業や、クリーニング工場跡地を再開発しようとする企業からの依頼を受けて、土地の汚染調査、施設の解体・土地改変など、土壌汚染問題を解決するためのサービスや商品を提供する。

続きを読む>>

出遅れ修正候補の割安株はこれだ 欧米市場で高値更新相次ぐ 【NSJ日本証券新聞 2月26日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月26日

・電力小売り全面自由化へ エナリスなど注目度上昇
・野村キャラバン「中間報告」成長戦略“失望”を回避!?
・星光PMC S高 新素材関連で材料上乗せ
・綜合警備保障 株価V字回復 好業績など手掛かり材料豊富

続きを読む>>

3月IPOの承認続々「ブックビルディング参加」妙味大きい3銘柄

IPO 個別

3月IPO(新規上場)の上場承認が続々。ここでは個人投資家から見た「ブックビルディング参加妙味」がより大きいと目される3銘柄をピックアップした。

続きを読む>>

日銀会合の次は「法人税減税」 恩恵銘柄に2つの基準 【NSJ日本証券新聞 2月19日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月19日

・3月IPOの承認続々 「ブックビルディング参加」妙味大きい3銘柄
・過去の成績「3勝1敗」成果に期待!野村キャラバン
・日銀発表で後場急騰 資金供給評価、売り方の買い戻し誘う
・レオパレス 新成長局面へ 第3四半期決算は計画超過
・ライドオン 高齢者向け配食に参戦 拠点拡大で主力「銀のさら」にも伸長期待

続きを読む>>