6037

IPOカレンダー 2015年

IPO

3月17日(火):コラボス(3908・東マ)
3月17日(火):エムケイシステム(3910・JQ)

続きを読む>>

知らないと怖い 不動産市場の裏 タワーマンション利用の複合的相続対策―盲目的タワー信仰は痛い目も―

REIT 概況

ちょうど1カ月前の1月20日から、10年物の日本国債の金利は0.2%を切ったところで、底を打ち、この1カ月間上昇傾向にある。もちろん、金利の上昇で、J-REIT(不動産投信)指数は大きな調整をしており、東証REIT指数に連動するREIT-ETF(1343)は、2,134円から1,915円まで約10%下落した。

続きを読む>>

IPO社長会見 ファーストロジック(6037) 投資用不動産市場は成長余地大

IPO 個別 社長会見

坂口直大社長

2月18日にマザーズに新規上場した。同社は、投資用不動産を買いたい人と、物件情報を持つ不動産会社をマッチングする、投資用不動産に特化したポータルサイト「楽待」を運営している。公開価格を52%上回る2,700円で初値を付けた。上場当日の記者会見で坂口直大社長=写真=は次のように語った。

続きを読む>>

「15年ぶり高値」その先は 好実態出遅れ株を選別【日本証券新聞 2月20日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月20日

・ソニー 中期計画を好感
・トヨタ 8年ぶり8000円台
・”村上ファンドの亡霊”徘徊中 系列各社が波状攻撃?
・香港・上海市場が相互乗り入れ 変わる「中国A株」

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は大幅高、ギリシャ不安後退や円安を好感。リスクオンで銀行株と証券株が高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は18,199.17円の212.08円高、TOPIXは1,482.67の20.60ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,319、値下がり銘柄数は426。出来高は27億2,387万株、売買代金は2兆8,050億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ハードオフコーポレーション、ブロッコリー、扶桑化学工業、旭硝子など

個別

■プロルート丸光(8256) 112円〔+30円、+36.59%〕
 訪日外国人向けに免税販売を開始へ
■セイノーホールディングス(9076) 1,310円〔+66円、+5.31%〕
 600万株、50億円を上限に自社株買い
■電源開発(9513) 4,040円〔-450円、-10.02%〕
 約1,331億円の資金調達が嫌気

続きを読む>>

日銀+公的年金+かんぽ生命 「信託銀行」主導で買われる株は【日本証券新聞 2月17日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月17日

・「自動運転」関連が人気 JVCケンウッド、3年ぶり高値
・筍狩りに行こう 木村化工機 各部門とも受注が急回復
・総合商社株 出遅れ修正高に期待
・ムゲンエステート 新展開入り 首都圏の中古不動産再販事業好調

続きを読む>>

2月IPO事前人気チェック 一番手 シリコンスタジオ、ALBERT

IPO

IPO(新規上場)マーケットの開幕(2月12日)まであと10日。2月IPOの6銘柄の事前人気を探ってみた。

続きを読む>>

「次の勝ち組」選びの新視点 高値接近22銘柄に照準【日本証券新聞 2月3日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月3日

・FPG ストップ高 3カ月で通期を増額
・筍狩りに行こう 安川電機 100周年迎え新成長戦略織り込みへ
・2月IPO 事前人気チェック 一番手 シリコンスタジオ、ALBERT
・SMS 大幅反発 介護支援、求人サービスでも追い風

続きを読む>>

ファーストロジック(6037) 2月18日、マザーズに新規上場。不動産投資サイト運営最大手

IPO 会社紹介 個別

国内最大の不動産ポータルサイト「楽待」を運営する同社は2005年設立から、今年8月で10周年となる。06年3月から、「楽待」サービスを開始。その後もサービス内容の拡充を進め、順調な拡大をたどってきた。

続きを読む>>

近年好調、月足4連勝中 「2月相場」の活躍期待株は【日本証券新聞 1月28日】

日本証券新聞

日本証券新聞 1月28日

・「日米ダウ」再度逆転へ 過去のクビキを解き放て
・増額期待が手掛かり
・平野憲一の相場表街道/裏街道 桧家HD
・放電精密 注目度増す 「A350」エンジン向け加工

続きを読む>>

ピタリ並んだ日米PERの先行きは 会計・税制変更で来期業績一変も【日本証券新聞 1月27日】

日本証券新聞

日本証券新聞 1月27日

・JSR 後場に急伸 上方修正を好感
・筍狩りに行こう 日本コンクリート 日柄調整は十分
・タイヤ株 巻き返しへ BSなど原料安効果満喫
・ダイト 上値追い軽快 ジェネリック市場拡大で恩恵

続きを読む>>