5603

明日の材料 マルハニチロ、ホクト、三井ホーム、カルビー、カワチ薬品、トーカロ、エイチームなど

個別

■丸全昭和運輸(9068):日本電産ロジステックを子会社化
■イーレックス(9517):第3四半期決算、期末配当予想を9円→20円へ引き上げ
■パーカーコーポレーション(9845):第3四半期決算、通期業績予想を上方修正
■日伝(9902):第3四半期決算、期末配当予想を45円→50円へ引き上げ

続きを読む>>

特報 虹技の第三者委員会報告書 生真面目な日本の製造業を象徴

特報 連載

虹技(5603) 週足

業績順調、株価は割安? 12月12日はエナリス(6079・東マ)、石山ゲートウェイホールディングス(7708・JQ)、が第三者委員会報告を公表して話題になったが、この2社以外にも、クワザワ(8104・札証)と虹技(560…

続きを読む>>

出でよ、ロングオンリー外国人 9月末持ち株比率に着目【日本証券新聞 12月17日】

日本証券新聞

日本証券新聞 12月17日

・川重 イメージ一新相場へ 収益急拡大で再評価
・IPO初値 5社同時上場 順当な仕上がり
・平野憲一の相場表街道/裏街道 日本アクア 機関投資家が”株の争奪戦”
・中広 注目度高まる 無料情報誌の展開加速

続きを読む>>

明日の材料 中広、UBIC、システナ、アウトソーシング、ファンコミュニケーションズ、ユナイテッドなど

個別

■桑山(7889):ユーロスター社と独占販売契約
■タカラレーベン(8897):200万株の自己株式を消却
■GMOインターネット(9449):カルチャー支援事業を開始するため子会社へ出資

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 年末見据え、個別材料株に傾斜

概況

川崎重工(7012) 週足

「できれば、もう少し値幅調整が欲しい」―というのが多くの市場関係者の本音。日経平均は先の幻のSQ値(特別清算指数)(1万7,549円)を抜けないまま、1万7,000円台での足踏み状態。

続きを読む>>

「調整係数」解除銘柄に照準 買いインパクトで選別

個別 概況

ファースト住(8917) 日足

東証は7日引け後、TOPIXの浮動株比率(FFW)と調整係数の見直しに関する発表を行った。浮動株比率修正は7-9月期決算企業が対象。また、年に1度の調整係数見直しは今回、86銘柄が適用解除となる大規模なものとなった。よりインパクトを与えたのは調整係数の方か。

続きを読む>>

調整係数解除で年金、投信買い期待 旧・大証1部「3度目のTOPIX算入」へ【日本証券新聞 3月5日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月5日

・マグネシウム電池関連株が好人気 不二サッシ、古河電池が急騰
・クラウドファンディング マッチング事業に熱視線 サイバーエージ、ユナイテッドなど
・アルチザ S高 4G研究投資が想定以上で”うれしい悲鳴”
・事業環境実は暗くない? タンカー保有隻数で選別

続きを読む>>

東証・大証統合から半年 旧大証2部に大躍進目立つ

個別 概況

昨年7月16日の東証・大証現物市場統合から、ちょうど半年が経過した。この間、とりたててトラブルも生じず、次は、3月24日に予定される、先物・オプションなどのデリバティブ市場統合が焦点となるが、ここでは統合後半年間での個別株の値動きについて振り返ってみたい。

続きを読む>>