4997

概況/寄付き 東京市場は反発スタート、日経平均は18,000円台乗せ。欧米株高を好感

概況

日経平均 週足

9時12分時点の日経平均は18,021.96円の108.62円高、TOPIXは1,457.71の8.33ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが690万株、買いは900万株。

続きを読む>>

明日の材料 三井住建道路、三井住友建設、五洋建設、テンプホールディングス、新日本科学、オープンハウスなど

個別

■第一生命保険(8750):第3四半期決算を発表、経常利益は前年同期比25.8%増
■アサツーディ・ケイ(9747):平成26年12月期決算を発表、今27年12月期は1.4%増収、17.2%営業増益を計画
■富士ソフト(9749):平成26年12月期決算を発表、今27年12月期は2.4%増収、2.3%営業増益を計画

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は続伸スタート、米株高や円安を好感。証券株や鉄鋼株が高い

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は17,763.45円の100.23円高、TOPIXは1,433.54ポイントの5.69ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,030万株、買いは2,160万株。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) インタースペース、パル、ビューティガレージ、積水化学工業、日本農薬など

個別

■マミヤ・オーピー(7991) 217円〔+28円、+14.81%〕
 新事業の開始から一時12.2%高
■フューチャーベンチャーキャピタル(8462) 195円〔+4円、+2.09%〕
 新規ファンドの設立予定を公表
■ANAホールディングス(9202) 294円〔+22円、+7.90%〕
 原油価格の下落が材料に

続きを読む>>

明日の材料 UBIC、日本駐車場開発、パレモ、アヲハタ、ラクーン、オークファンなど

個別

■スリー・ディー・マトリックス(7777):リプロセル(4978)と包括研究開発
■菱洋エレクトロ(8068):第3四半期決算を発表、前年同期比19.4%増収、21.9%営業増益
■毎日コムネット(8908):第2四半期業績予想を上方修正

続きを読む>>

明日の材料 飛島建設、長谷工コーポレーション、鉄建建設、積水ハウス、UBICなど

個別

■アイフル(8515):第2四半期決算を発表、前年同期比7.9%減収、52.0%営業減益
■西武ホールディングス(9024):第2四半期決算を発表、前年同期比3.1%増収、6.8%営業増益
■学研ホールディングス(9470):平成26年9月期決算を発表、今27年9月期は3.2%増収、435.5%営業増益

続きを読む>>

救世主・GPIFどう動く!? 急反発 日経平均一時383円高【日本証券新聞 8月12日】

日本証券新聞

日本証券新聞 8月12日

・PER14倍台と割安 過度な警戒感後退
・ソフトバンクが反発 悪材料出尽くしか
・筍狩りに行こう テンプHD 「人手不足」時代を象徴する好決算
・ミクシィがS高 「モンスト」好調で大幅増額&中間配当実施

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ミクシィ、テンプホールディングス、カカクコム、アサヒグループホールディングスなど

個別

■タダノ(6395) 1,798円〔+84円、+4.90%〕
 みずほ証券が新規「買い」
■横河電機(6841) 1,200円〔-53円、-4.23%〕
 クレディ・スイスが投資判断を引き下げ
■パイロットコーポレーション(7846) 5,050円〔+600円、+13.48%〕
 通期業績予想を増額、増配も

続きを読む>>

農業改革は待ったなし “攻めの姿勢”へ転換促す

個別

クボタ(6326) 週足

“アベノミクス”の「新成長戦略」では農業改革も取り上げられているが、この分野はかねて、岩盤規制の代表格でもあり、どこまで実効性のある改革が行われるかどうかに関心が集まっている。

続きを読む>>

「観光関連」高値ラッシュ JR東海、ANA、OLCなど【日本証券新聞 7月17日】

日本証券新聞

日本証券新聞 7月17日

・LINE 東証へ上場申請 関連株は継続マーク 時価総額は1兆円超か
・トップインタビュー 泉州電業 西村元秀社長に聞く
・「水素」再び人気 岩谷産は連日の高値
・ユニー サークルKサンクス売却思惑 コンビニ再編第2幕へ

続きを読む>>

明日の材料 飛島建設、江崎グリコ、マツモトキヨシホールディングス、SUMCOなど

個別

■アルデプロ(8925)
 不動産投資顧問業に進出
■スカイマーク(9204)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は21.5%増収、営業利益は312百万円を計画
■サンドラッグ(9989)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は3.8%増収、3.0%営業増益を計画

続きを読む>>

概況/大引け 欧米株高から、東京市場は3日ぶりに反発。明日の日米首脳会談へ期待する声も。ノンバンクや不動産が反発し、消費関連も堅調

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,546.27円の157.50円高、TOPIXは1,173.81の11.31ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,301、値下がり銘柄数は361。出来高は17億5,026万株、売買代金は1兆5,436億円。

続きを読む>>

概況/前引け 欧米株の値上がりを好感も、日経平均は14,500円水準では上値抑制

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,470.54円の81.77円高、TOPIXは1,168.24の5.74ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,184、値下がり銘柄数は434。出来高は8億6,834万株、売買代金は7,186億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) タマホーム、新日本理化、日本農薬、エヌアイシ・オートテックなど

個別

■日本電産リード(6833) 1,411円〔+96円、+7.30%〕
 日本電産による完全子会社化、交換比率は1:0.243
■トヨタ自動車(7203) 5,547円〔-11円、-0.20%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を引き下げ
■ヒマラヤ(7514) 1,094円〔+68円、+6.63%〕
 東海東京調査センターが「2」継続

続きを読む>>

明日の材料 三井ホーム、星野リゾート・リート、コロプラ、日本農薬、日本電産など

概況

■キヤノンマーケティングジャパン(8060):第1四半期決算を発表
■ジャフコ(8595):平成26年3月期決算を発表
■ゼンリン(9474):通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

25日は気象庁3ヵ月予報も発表 「エルニーニョ現象=冷夏」の狙い目【日本証券新聞 4月23日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月23日

・居心地悪い?堅調展開 日銀会合イベント再来も
・物件探しから契約までネットで完結の時代へ いい生活、エスクロー
・リズム時計 イメージ一新相場に 今期の収益急回復が有望
・DLE 急反発 1対3株式分割を好感

続きを読む>>

エルニーニョ関連を探る 日本農薬、ホクトなど

セクター 個別

日本農薬(4997) 週足

気象庁は10日、今夏、5年ぶりにエルニーニョ現象が発生する可能性が高いと発表した。
エルニーニョ現象が6-8月に発生すると、オーストラリアや北米大陸東部、大豆の主要生産国であるブラジルなど南米大陸北東部などで少雨となりやすく、干ばつに見舞われやすい。

続きを読む>>

設定相次ぐ日本株投信 需給面で存在感高まる

概況

3月に向けて日本株投信の設定が相次ぐ見通しだ。表の通り、3月中の7本を含め、向こう1カ月強で9本のファンド設定が予定されている。

続きを読む>>

新相場テーマ「ウェアラブル端末」関連 モバイル・ワールド・コングレス2014開催【NSJ日本証券新聞 2月27日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月27日

・需給面で存在感高まる 設定相次ぐ日本株投信 「ROE」「中小型」「成長株」…
・IPOこぼれ話 ホットマン 説明会出席者からは意外な声
・日銀施策、効果のほどは… 「お付き合いで利用」が現実?
・ミクシィ 頑強推移 「モンスターストライク」の快進撃続く
・電池関連株が軒並み急騰 田中化研はS高に弾む

続きを読む>>

明日の材料 日本製粉、ファンコミュニケーションズ、ラクーン、チムニー、日本農薬など

個別

■東祥(8920)
 3月19日をもって東証1部に指定、記念配当2円、新株式発行及び株式売出し
■乾汽船(9113)
 未定としていた期末配当予想を2円に、前期実績は0円
■メイテック(9744)
 50万株の自己株式を消却

続きを読む>>

明日の材料 山崎製パン、ファンコミュニケーションズ、宝ホールディングス、ディーブイエックス、グリー、楽天など

個別

■IBJ(6071)
 平成25年12月期決算、1対3の株式分割
■日本電子(6951)
 ニコン(7731)と資本業務提携
■大塚家具(8186)
 平成25年12月期決算を発表、今26年12月期は4.0%増収、45.2%営業増益
■アサツーディ・ケイ(9747)
 平成25年12月期決算を発表、今26年12月期は1.8%増収、167.5%営業増益を計画

続きを読む>>

キャッシュリッチ企業のM&A活発化へ 脱デフレがもたらす財務戦略変更【NSJ日本証券新聞 1月23日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月23日

・新興材料株ピックアップ ARM、アプリックスIP
・日米株価の連動性急上昇 「夜が怖い日本人」!?
・ぐるなび 国策「観光」で飛躍へ 「ぐるたびスポット」開始
・M&Aセンター、M&Aキャピタル 新展開入り間近

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) タケエイ、ジーエヌアイグループ、SUMCO、CAC、アジュバンコスメジャパンなど

概況

■ミツバ(7280) 1,717円〔+63円、+3.81%〕
 水戸証券が投資判断を「A」に引き上げ
■三井住友トラスト(8309) 508円〔+11円、+2.21%〕
 SMBC日興証券が投資判断を引き上げ
■JKホールディングス(9896) 559円〔-40円、-6.68%〕
 増配を発表も、資金調達が重しに

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は15,020円を安値に持ち直しの動き。日銀によるETFの購入期待や政府の経済対策(12月5日決定)が下支え

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,126円56銭の37円74銭安、TOPIXは1,236.86の4.81ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は591、値下がり銘柄数は1,009。出来高は22億3,720万株、売買代金は1兆9,424億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) JBR、ラクオリア創薬、コマツ、井関農機、トッパン・フォームズなど

個別

■コマツ(6301) 2,125円〔-56円、-2.57%〕
 ドイツ証券が投資判断を引き下げ
■アルプス電気(6770) 1,004円〔+5円、+0.50%〕
 みずほ証券が投資判断を引き上げ
■良品計画(7453) 10,430円〔+340円、+3.37%〕
 JPモルガンが15,200円に目標株価を引き上げ
■オリンパス(7733) 3,280円〔+95円、+2.98%〕
 内視鏡の生産能力を3割増強との報道

続きを読む>>

明日の材料 CSSホールディングス、ミューチュアル、ユーグレナ、OCHIホールディングスなど

個別

■日本農薬(4997)
 外用抗真菌剤「ルリコナゾール」、米国で承認取得
■アートネイチャー(7823)
 12月9日をもって東証1部または2部に市場変更
■スターホールディングス(8702)
 50万株(120百万円)を上限に自社株買い

続きを読む>>

高値相次ぐ金融株、次の候補は… 三井住友FG人気が象徴 【NSJ日本証券新聞 11月15日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 11月15日

・IPO再開控え、関連株総点検 ネクト、夢の街、ソルクシーズなど浮上
・今年の感じ「倍」で決まり? ついでに株価も倍増狙い
・セイノーHD急騰 通期の大幅上方修正を好感
・リプロセル底堅さ増す 積極プロモーションと新製品で下期巻き返しへ

続きを読む>>

概況/前引け イエレン次期FRB議長の証言原稿が金融緩和継続姿勢で、東証は買い優勢。土木株が高く、自動車株は揉み合い

概況

日経平均 日足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,771円48銭の204円32銭高、TOPIXは1,213.27の9.08ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,211、値下がり銘柄数は409。出来高は12億8,339万株、売買代金は9,742億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ネクスト、沢井製薬、富士石油、ピクセラ、日立メディコなど

個別

■高知銀行(8416) 147円〔+37円、+33.64%〕
 東証1部銘柄に指定
■日鉄住金物産(9810) 379円〔+80円、+26.76%〕
 上方修正を発表、一時値上がり率トップ
■ソフトバンク(9984) 7,590円〔+80円、+1.07%〕
 SMBC日興証券が投資判断を引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 ネクスト、UBIC、グリー、電通、リブセンス、日立メディコ、高知銀行など

個別

■イー・ガーディアン(6050)
 40,000株(80百万円)を上限に自社株買い
■AOKIホールディングス(8214)
 1対2の株式分割
■セイノーホールディングス(9076)
 第2四半期決算、通期業績予想を上方修正
■日鐵住金物産(9810)
 第2四半期決算、通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

“雌伏”銀行株に出番到来の機 決算、期日、貸出残、足利銀IPO… 【NSJ日本証券新聞 11月7日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 11月7日

・カルスポリン 中国産「汚染鶏」問題で脚光 カルピス 米工場が来年4月稼働
・ドン・キホーテ 切り返し弾む 通期据え置きで上ブレ期待も
・オリンパスは復活したが… 右も左も不祥事ラッシュ
・寿スピリッツ 高値更新 レジャー回復で恩恵 外国人は「日本菓子」好き!

続きを読む>>

概況/大引け NYダウの最高値を受け、自動車が高い。ただ、上値の重さも。ガンホーオンラインは7-9月期決算からストップ安

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,502円35銭の176円37銭高、TOPIXは1,204.50の11.00ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,067、値下がり銘柄数は598。出来高は34億8,076万株、売買代金は2兆7,213億円。

続きを読む>>

概況/前引け NYダウの最高値更新を受け、東証も広範囲に値上がり。ノンバンクや証券、紙パ、海運などが物色

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,500円90銭の174円92銭高、TOPIXは1,206.37の12.87ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,159、値下がり銘柄数は460。出来高は14億8,810万株、売買代金は1兆261億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 山崎製パン、テンポスバスターズ、ガンホー・オンライン、TAC、MCJなど

個別

■ネットイヤーグループ(3622) 2,163円〔-276円、-11.32%〕
 東証が本日より信用取引規制
■日本農薬(4997) 1,194円〔+89円、+8.05%〕
 野村証券が投資判断を「Buy」に引き上げ
■小糸製作所(7276) 1,827円〔-83円、-4.35%〕
 第2四半期決算を発表
■エクセディ(7278) 2,814円〔+307円、+12.25%〕
 第2四半期決算、通期業績予想の上方修正を発表

続きを読む>>

概況/寄り付き NYダウの最高値更新で、東証はほぼ全面高スタート。日本農薬は野村証券の格上げを好感

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,500万株、買いは2,250万株でした。
9時15分時点の日経平均は14,466円72銭の140円74銭高、TOPIXは1,203.83の10.33ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,268、値下がり銘柄数は322。

続きを読む>>

明日の材料 スタートトゥデイ、ガンホー、アドソル日進、資生堂、日本電産コパル電子、イオンなど

概況

■ネットワンシステムズ(7518)
 第2四半期売上高予想を75,700→63,000百万円へ、営業利益予想を4,200→△50百万円へ減額修正
■ヤマノホールディングス(7571)
 期末配当予想を0→1.5円へ修正、7期ぶりの復配
■未来工業(7931)
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正を発表
■東京海上ホールディングス(8766)
 東京海上日動あんしん生命と東京海上日動フィナンシャル生命を合併

続きを読む>>

概況/前引け 量的緩和策の縮小が見送られ、昨日のNYダウは最高値更新。本日の東証も広範囲に値上がり。ただ、円高で電機株は小幅安

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,697円17銭の191円81銭高、TOPIXは1,207.03の13.96ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,349、値下がり銘柄数は276。出来高は18億1,381万株、売買代金は1兆882億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) タマホーム、鹿島、ツムラ、東京個別指導学院、丸三証券など

個別

■日本農薬(4997) 1,194円〔+41円、+3.56%〕
 上方修正を発表。SMBC日興証券では「1」継続
■三井住友トラスト(8309) 493円〔+9円、+1.86%〕
 大和証券が投資判断を「1」に引き上げ
■フィンテック(8789) 3,820円〔+700円、+22.44%〕
 太陽光発電に係る投資機会を提供する事業の開始

続きを読む>>

明日の材料 ツルハホールディングス、ガンホー、アクロディア、日本農薬、シャープなど

個別

■クスリのアオキ(3398)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 25.1%増収、2.6%営業増益
■マキタ(6586)
 シャープ(6753)と資本業務提携、約100億円を出資
■VTホールディングス(7593)
 中間、期末配当予想をそれぞれ15円→16円に引き上げ(年間30円→32円)
■丸三証券(8613)
 中間配当を30円に決定(前期実績は2.5円)、200万株の自己株式を消却

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 大林組、サンワカンパニー、テリロジー、東洋ゴム工業、ダイフクなど

個別

■綜合臨床ホールディングス(2399) 681円〔-45円、-6.20%〕
 中期経営計画を引き下げ
■ソースネクスト(4344) 876円〔+57円、+6.96%〕
 Splashtop社と業務提携、「「Splashtop Remote Desktop」を国内で販売
■EMシステムズ(4820) 2,020円〔+50円、+2.54%〕
 岩井コスモ証券が新規「A」
■石井表記(6336) 280円〔-20円、-6.67%〕
 第2四半期決算、通期業績予想の下方修正を発表

続きを読む>>

明日の材料 太洋基礎工業、フルスピード、コロプラ、カイオム、ダイフク、ゲートウェイホールディングス、TASAKIなど

個別

■日本甜菜製糖(2108)
 「発酵ナノセルロース」の大量生産に成功
■綜合臨床ホールディングス(2399)
 平成25年7月期決算を発表、今26年7月期は8.6%増収、11.0%営業増益を計画
■フリービット(3843)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 0.4%減収、100.7%営業増益
■飯田産業(8880)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 18.9%増収、22.4%営業増益
■アルデプロ(8925)
 平成25年7月期決算を発表、「継続企業の前提に関する注記」の記載解消

続きを読む>>

「資源株浮上」の背景を読む 中国経済復調、米市場の動き反映 【NSJ日本証券新聞 8月13日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 8月13日

・銘柄一本勝負 前田建設工業 受注高85.7%増で増額修正
・インデックスプレー再点検 旧・大証1部の注目5銘柄
・飲食業界の“三極化”鮮明 「高価格帯」「本業プラスα」業態軒並み堅調

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ミクシィ、ケネディクス、村田製作所、PSS、シチズンなど

個別

■日本農薬(4997) 1,047円〔+83円、+8.61%〕
 通期利益計画を上回る第3四半期決算
■大日本スクリーン製造(7735) 459円〔-39円、-7.83%〕
 第1四半期は二桁の減益
■青山商事(8219) 2,616円〔+106円、+4.22%〕
 週末に第1四半期決算、自社株買いを発表

続きを読む>>

概況/寄付き 4-6月期GDPが年率2.6%成長と予想の3.6%成長を下回り、東京市場は下落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

9時15分時点のTOPIXは1,133.52の7.39ポイント安、日経平均は13,497円の117円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は403、値下がり銘柄数は1,133。

続きを読む>>

明日の材料 ミクシィ、コメ兵、ブリヂストン、ユニデン、PSS、青山商事、アサツーDKなど

個別

■ウォーターダイレクト(2588):第1四半期決算、1対3の株式分割を発表
■モブキャスト(3664):第2四半期決算を発表、売上高は2,600百万円、営業利益は60百万円
■横河電機(6841):第1四半期決算を発表、前年同期比 7.6%増収、14.7%営業増益
■シチズンホールディングス(7762):第1四半期決算を発表、前年同期比 7.2%増収、7.9%営業増益

続きを読む>>

概況/前引け 決算発表を控え、様子見から反落。新興市場ではLINE関連が急騰

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,217.39の5.33ポイント安、日経平均は14,692.83円の85.68円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は581、値下がり銘柄数は1,027。出来高は11億806万株、売買代金は1兆140億円。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は一時14,800円台。ソフトバンクが人気で、3Dプリンター関連も再度物色対象に

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,222.72の6.19ポイント高、日経平均は14,778.51円の120.47円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,041、値下がり銘柄数は573。出来高は23億6,155万株、売買代金は2兆864億円。

続きを読む>>

材料追跡 高業績変化率銘柄を待ち伏せ 第1四半期は通期予想「信任」の関門

セクター 個別

藤倉ゴム(5121) 日足

参議院選挙が終わるとマーケットの関心はいよいよ3月期決算企業の第1四半期決算発表に移ることになる。その場合、4月から5月にかけての決算発表で会社側の通期業績予想に「著しい変化率」が見られた銘柄が再度、注目されることになる。

続きを読む>>

概況/大引け 安倍首相が本日成長戦略第2弾を発表予定。今後10年間で農業・農村の所得倍増目標の意向と報じられ、農業関連が大幅高

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,253.24ポイントの8.01ポイント高、日経平均は15,138.12円の100.88円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,286、値下がり銘柄数は380。出来高は44億519万株、売買代金は3兆4,018億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き サンフランシスコ地区連銀総裁が雇用市場の見通し改善を踏まえ、FRBは資産買い入れを夏に縮小し年内に停止する可能性があるという認識を示し、米国株が売られ、東証も値下がり

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の東京株式市場も売られ、トヨタや三菱UFJフィナンシャルグループや野村ホールディングスなどが値下がりしています。岡三グループやマネックスなど証券株も敬遠されています。

続きを読む>>

「時価総額1,000億円クラブ」候補 沸き立つバイオベンチャー相場 【NSJ日本証券新聞 5月1日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 5月1日

・トップインタビュー ブレインパッド 「ビッグデータ」分析の先行者利益享受へ
・昔懐かし「トリプルメリット」 為替離れの一段高を示唆!?
・景況感好転でゴルフ人口回復 株高効果も追い風に

続きを読む>>

個別銘柄動向 ケアサービス、デジタルガレージ、TOTO、ユニ・チャームなど

個別

■新光電気工業(6967) 982円〔+75円、+8.27%〕
 平成25年3月期決算を発表

■アイシン精機(7259) 3,505円〔-165円、-4.50%〕
 平成25年3月期決算を発表、大和証券では「1」の変更も含め検討

■マツダ(7261) 335円〔-11円、-3.18%〕
 平成25年3月期決算を発表、大和証券では「3」継続

続きを読む>>

個別銘柄動向 テラ、情報企画、生化学工業、ダイハツディーゼルなど

個別

■荏原製作所(6361) 412円〔+19円、+4.83%〕
 シティグループが新規「1」に設定

■新光電気工業(6967) 854円〔-30円、-3.39%〕
 メリルリンチ証券が投資判断を「アンダーパフォーム」に引き下げ

■IHI(7013) 351円〔+17円、+5.09%〕
 UMNファーマ(4585)との共同出資会社がインフルエンザワクチンを量産との報道

続きを読む>>

明日の材料 三井ホーム、東洋紡、クリエイト・レストランツ、ダイハツディーゼルなど

個別

■ダイハツディーゼル(6023)
 通期売上高予想を530→545億円へ、営業利益予想を14→27億円へ増額修正

■ソニー(6758)
 オリンパスとの医療事業合弁会社ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ設立

■日本デジタル研究所(6935)
 平成26年3月期に中間、期末にそれぞれ5円(普通配当と合わせ15円)の創立45周年記念配当を実施予定

続きを読む>>

話題銘柄をテクニカルで斬る 日本農薬(4997) 

テクニカル 個別

日本農薬(4997) 週足

日本農薬(4997)の週足は、2008年6月の高値1,147円を頂点とした正規分布の美しさ。週足は、11年3月から12年12月まで350円前後の長期下値固めで調整十分とばかりに13年に入り急騰。

続きを読む>>

概況/前引け 1月FOMCで複数の委員から雇用改善の前に資産買い入れの縮小などの意見が出て、金価格下落で住友鉱山安い。日本農薬は野村証券が格下げ。

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

過剰流動性の縮小懸念から、昨日のNY金先物価格も下落したため、本日の東京株式市場では住友鉱山も売られました。

続きを読む>>

個別銘柄動向 協立情報通信、カカクコム、シスロケ、インフォマート、バンダイナムコなど

個別

■カカクコム(2371) 3,640円〔+100円、+2.82%〕
1対2の株式分割を発表

■JBR(2453) 84,000円〔+1,500円、+1.82%〕
バイノスの子会社化を発表

■システム・ロケーション(2480) 381円〔+80円、+26.58%〕
上方修正を発表

続きを読む>>

概況/寄り付き 金融株は一幅だが、政府が農業強化策の検討に入ったと報じられ、井関農機や日本農薬などが高い。ファナックはアップルリスクで下落。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

 昨日の日経平均が234円高と大きく反発したため、今朝は利益確保の売りに押されたのか小反落となっています。昨日賑わった新生銀行や三井住友トラストなどの銀行株も小甘くなっています。

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは889.02ポイントの9.97ポイント高、日経平均は10,652円の74円高。円安関連でメリルリンチはマツダを格上げし、野村証券は日本農薬を格上げ。年明け以降タンカー市況活況で海運株高い。安倍政権の成長戦略への期待で新興市場ではバイオ関連にストップ高続出。日本航空は自民税調会長の会社更生法適用企業の法人税減税の特例措置の見直し検討で下落。

概況

日経平均 15分足 MA(25-75)

安倍首相が昨日の経済財政諮問会議で、日銀の白川総裁に「物価目標2%」の設定を改め要求したことから、金融緩和期待で円相場は再び1ドル=88円台と円安方向に向かい、東京株式市場も続伸となりました。

続きを読む>>

概況/前引け 前引けのTOPIXは891.73ポイントの12.68ポイント高、日経平均は10,677円の99円高。日銀の物価目標設定期待で円安を好感。マツダはメリルリンチが格上げ。日本農薬は野村証券が円安メリットで格上げ。金融緩和による保有株高効果で銀行株も高く、T&Dはみずほ証券が格上げ。

概況

日経平均 15分足 MA(25-75)

安倍首相が昨日の経済財政諮問会議で、日銀の白川総裁に「物価目標2%」の設定を改め要求したことから、金融緩和期待で円相場は再び1ドル=88円台と円安方向に向かい、東京株式市場も続伸となりました。

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは884.58ポイントの5.53ポイント高、日経平均は10,640円の61円高。安倍首相が日銀に対し改めて2%の物価目標を要請したことを受け、円安が進んだことを好感。円安メリットでメリルリンチはマツダを格上げし、野村証券は日本農薬を格上げ。学習塾関連は概ね続伸。反面、土地持ち企業は反落。

概況

日経平均 15分足 MA(25-75)

昨日のNYダウは61ドル高の13,390ドルと反発しました。非鉄大手アルコアが前日発表した四半期決算が市場予想を上振れたことや、2013年のアルミ需要について楽観的見通しを示したことが好感されました。

続きを読む>>