4974

明日の材料 ミライト・ホールディングス、ライト工業、総医研ホールディングス、ユナイテッド、ジョイフル本田など

個別

■エヌ・ティ・ティ・データ(9613):第3四半期決算を発表、前年同期比13.2%増収、89.0%営業増益
■カプコン(9697):第3四半期決算を発表、前年同期比36.4%減収、14.1%営業増益
■日立機材(9922):1株1,600円でMBO

続きを読む>>

明日の材料 住石ホールディングス、日特建設、アイティメディア、江崎グリコ、アドウェイズ、宝ホールディングス、まんだらけ、ケー・エフ・シーなど

個別

■KDDI(9433):第3四半期決算、1対3の株式分割
■ゼンリン(9474):第3四半期決算、株主優待制度を導入
■東京電力(9501):第3四半期決算を発表、前年同期比2.8%増収、29.3%営業増益
■電源開発(9513):第3四半期決算、通期業績予想を上方修正
■スペース(9622):通期業績予想を上方修正、期末配当予想を20円→26円へ引き上げ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 安川情報システム、花王、小野薬品工業、マイスターエンジニアリングなど

個別

■昭和真空(6384) ストップ高買い気配
 通期業績予想を上方修正
■ソニー(6758) 2,603円〔+5円、+0.19%〕
 SMBC日興証券が新規「1」
■NOK(7240) 3,215円〔-80円、-2.43%〕
 上方修正を発表

続きを読む>>

明日の材料 NOK、タカラバイオ、イオンファンタジー、メディア工房など

個別

■ベネフィット・ワン(2412):ソフトバンクBB、ソフトバンクモバイルとサービス協業
■阪神内燃機工業(6018):船舶用電子制御機関の初号機完成
■KYCOMホールディングス(9685):GISコンサルティングを子会社化

続きを読む>>

2014年末 新興2市場時価総額ランキング

個別 概況

竹内製作所(6432)  週足

表は2014年末のJASDAQ、マザーズの新興2市場の時価総額ランキングだ。
マザーズでは時価総額3,000億円クラスのコロプラ(3668)、サイバーエージ(4751)や、同1,000億円規模のユーグレナ(2931)など主要株が相次いで東証1部に移行したこともあり、時価総額1,000億円以上は4銘柄にまで減少。

続きを読む>>

明日の材料 ショーボンドホールディングス、青木あすなろ建設、アコーディア・ゴルフ、ファンコミュニケーションズなど

概況

■肥後銀行(8394):鹿児島銀行と経営統合で基本合意
■上組(9364):第2四半期決算、500万株を上限に自社株買い
■セコム(9735):第2四半期決算を発表、前年同期比0.3%増収、4.9%営業増益

続きを読む>>

明日の材料 ピーエス三菱、ライト工業、クルーズ、森永製菓、エービーシー・マート、ユナイテッドなど

個別

■ジャックス(8584):第2四半期決算、期末配当予想を6円→7円へ引き上げ
■京浜急行電鉄(9006):第2四半期決算を発表、前年同期比8.4%減収、5.4%営業減益
■学究社(9769):第2四半期業績予想を上方修正

続きを読む>>

明日の材料 マルハニチロ、ホクト、大豊建設、奥村組、NIPPO、アルフレッサホールディングスなど

個別

■青山商事(8219):通期業績予想を下方修正
■第三銀行(8529):第2四半期業績予想を上方修正
■東京放送ホールディングス(9401):第2四半期及び通期業績予想を修正
■ソフトバンク(9984):第2四半期決算を発表、前年同期比57.9%増収、19.1%営業減益

続きを読む>>

明日の材料 クレアホールディングス、鉄建建設、パナホーム、宝ホールディングス、J-オイルミルズなど

個別

■日立ハイテクノロジーズ(8036):第2四半期決算を発表、前年同期比7.9%増収、252.8%営業増益
■キヤノンマーケティングジャパン(8060):第3四半期決算を発表、前年同期比2.2%増収、90.9%営業増益
■セゾン情報システムズ(9640):第2四半期決算を発表、前年同期比4.9%減収、27.7%営業増益

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均は小じっかり、決算発表が好調で、円安も下支え

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,660.40円の42.33円高、TOPIXは1,292.12の1.71ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は687、値下がり銘柄数は932。出来高は9億3,172万株、売買代金は8,386億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 新日鉄ソリューションズ、フェリシモ、共和レザー、メドレックス、タカラバイオなど

個別

■オイレス工業(6282) 2,648円〔+286円、+12.11%〕
 決算、分割、自社株買い
■日立建機(6305) 2,067円〔-92円、-4.26%〕
 下方修正が嫌気
■日本精工(6471) 1,446円〔+75円、+5.47%〕
 上方修正、増配を発表
■東海理化電機製作所(6995) 2,203円〔+135円、+6.53%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を引き上げ

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は小幅続伸スタート。102円台のドル円が支援。ホンダが上方修正で高く、コマツも決算を好感

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は15,665.98円の47.91円高、TOPIXは1,291.90の1.49ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが680万株、買いは990万株。

続きを読む>>

明日の材料 中電工、クックパッド、システナ、宝ホールディングス、MonotaRO、アイスタイルなど

個別

■大阪ガス(9532)
 第1四半期決算を発表、前年同期比6.6%増収、40.1%営業増益
■イチネンホールディングス(9619)
 第1四半期決算を発表、前年同期比12.5%増収、2.7%営業減益
■ミスミグループ本社(9962)
 第1四半期決算を発表、前年同期比19.5%増収、26.3%営業増益

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 中小型材料株に人気急傾斜 マザーズ5銘柄が登場

個別

エプソン(6724) 週足

イラクやウクライナでの緊張状態が気にされたほか、相場的にも一部指標に過熱感も指摘され、日経平均は上値の重い展開が続いている。

続きを読む>>

設備投資関連が浮上 法人税減税「強力な追い風」【日本証券新聞 6月26日】

日本証券新聞

日本証券新聞 6月26日

・JPHDが急動意 公取委報告で保育所参入促進
・新興市場の強腰銘柄点検 タカラバイオ、UBICが一段高
・秋のGPIF改革など注目 成長戦略、株価下支えに
・京急、連日の高値 「観光」「品川」など材料多彩

続きを読む>>

概況/大引け 米国や中国株安で、東京市場も軟調な展開。成長戦略も素案を発表していたためインパクトは乏しい

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,266.61円の109.63円安、TOPIXは1,260.83の7.67ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は412、値下がり銘柄数は1,286。出来高は18億1,281万株、売買代金は1兆6,325億円。

続きを読む>>

概況/前引け 米株安から東証も下落も、下げ幅は限定的。JPホールディングスは成長戦略関連で上昇

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,311.29円の64.95円安、TOPIXは1,264.96の3.54ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は589、値下がり銘柄数は1,035。出来高は9億422万株、売買代金は7,711億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ティア、アプリックス、タカラバイオ、三浦工業など

個別

■スリー・ディー・マトリックス(7777) 4,270円〔-355円、-7.68%〕
 海外での資金調達が嫌気
■サマンサタバサ(7829) 701円〔+100円、+16.64%〕
 3-5月期過去最高益報道
■日本エスコン(8892) 154円〔+7円、+4.76%〕
 第2四半期業績予想の上方修正を発表

続きを読む>>

概況/寄り付き 米国株の下落から、東証も冴えないスタート。ノンバンクや不動産が値下がり

概況

日経平均 週足

9時11分時点の日経平均は15,326.01円の50.23円安、TOPIXは1,265.33の3.17ポイント安。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが950万株、買いは1,040万株と再び買い越し。

続きを読む>>

明日の材料 熊谷組、システム・テクノロジー・アイ、キリン堂、セーレン、メディア工房など

個別

■スリー・ディー・マトリックス(7777)
 海外募集による新株式発行、約62億円を調達
■日本エスコン(8892)
 第2四半期業績予想を上方修正
■アオキスーパー(9977)
 第1四半期決算を発表、前年同期比3.8%増収、123.9%営業増益

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) モブキャスト、 JCRファーマ、タカラバイオ、日機装など

個別

■スリー・ディー・マトリックス(7777) 3,955円〔+195円、+5.19%〕
 「膵臓再生」に関する特許取得
■前田工繊(7821) 1,337円〔-78円、-5.51%〕
 公募増資による資金調達が嫌気
■サンリオ(8136) 2,799円〔+57円、+2.08%〕
 100万株、30億円を上限に自社株買い

続きを読む>>

明日の材料 UBIC、システナ、宝ホールディングス、日本マクドナルドホールディングス、ユーグレナ、グリーなど

個別

■日本通信(9424)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は33.5%増収、70.0%営業増益を計画
■セコム(9735)
 平成26年3月期決算を発表、中間配当制度を導入
■オートバックスセブン(9832)
 平成26年3月期決算、300万株を上限に自社株買い、自己株式の消却

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 植木組、JCLバイオアッセイ、日本風力開発、夢展望、タカラバイオなど

個別

■ソニー(6758) 1,792円〔-18円、-0.99%〕
 3度目となる業績予想の下方修正を発表
■池上通信機(6771) 117円〔+16円、+15.84%〕
 通期利益予想を上方修正
■CYBERDYNE(7779) 7,480円〔+460円、+6.55%〕
 引き続き野村証券の新規「Buy」、9,200円目標が材料視

続きを読む>>

明日の材料 植木組、やまねメディカル、JCLバイオアッセイ、カワチ薬品、日本風力開発など

個別

■GMOインターネット(9449)
 第1四半期決算を発表
■日本空港ビルデング(9706)
 通期業績予想を上方修正
■ナガセ(9733)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は6.0%増収、11.7%営業増益を計画

続きを読む>>

新興市場版 2014年3月期決算発表スケジュール(第2弾)

個別 概況

日特エンジ(6145) 日足

表は5月8日から12日までに決算発表を予定している主な新興銘柄一覧。
製造業では9日のマイクロニクス(6871・JQ)、12日の日特エンジ(6145・JQ)、ミマキエンジ(6638・JQ)、エスケーエレク(6677・JQ)、メイコー(6787・JQ)などが注目されよう。

続きを読む>>

知的財産が国の勝敗を決める “知財組込みGDP”が話題

セクター

味の素(2802) 週足

三菱UFJモルガン・スタンレー証券が24日付で発行したマクロ経済分析レポート「知的財産が国の勝敗を決める。“知財組込みGDP(国内総生産)”を推計してみた」が一部市場関係者の間で話題となっている。医療用ロボットで世界最先端を走り、次世代を担うとの期待感が高いサイバーダインの上場も、知財に関心が向かう1つのきっかけ。

続きを読む>>

明日の材料 パソナグループ、ディップ、ウェルネット、ミネルヴァ・ホールディングス、東邦システムサイエンスなど

個別

■空港施設(8864)
 シンガポールに現地法人、格納庫の賃貸等をシンガポール・セレター空港で実施
■リロ・ホールディング(8876)
 通期業績予想を上方修正、期末配当予想を95円→100円へ修正
■東京ドーム(9681)
 平成26年1月期決算を発表、今27年1月期は5.2%減収、24.1%営業減益を計画

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は反発スタート。昨日売られた不動産や保険もシッカリ

概況

日経平均 週足

昨日は反落していた不動産株や保険株も反発。インドで販売好調と伝えられたホンダ(7267)や、株式分割でNISAによる買付け期待の日本電産(6594)、公共投資関連の人気が波及した太平洋セメント(5233)などが上昇。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ソフトフロント、エスアールジータカミヤ、ダイドードリンコ、伊藤園、ファンドクリエーションなど

概況

■キョーリン製薬ホールディング(4569) 2,128円〔-82円、-3.71%〕
 SMBC日興証券が投資判断を「3」に引き下げ
■パーク24(4666) 2,032円〔+14円、+0.69%〕
 大和証券ではレーティングを「1」→「2」へ引き下げ
■タカラバイオ(4974) 1,681円〔+16円、+0.96%〕
 遺伝子治療プロジェクトがJSTに採択
■不二サッシ(5940) 216円〔+47円、+27.81%〕
 難燃性マグネシウム合金を利用した燃料(空気)電池の共同研究

続きを読む>>

明日の材料 ダイドードリンコ、伊藤園、アスクル、Oakキャピタル、あさひ、持田製薬など

個別

■アルチザネットワークス(6778):通期業績予想を上方修正
■ピジョン(7956):平成26年1月期決算を発表、今27年1月期は9.1%増収、11.9%営業増益を計画
■ファーストリテイリング(9983):国内ユニクロ事業の2月既存店は全エヒ100.8%、直営店計は103.6%、ダイレクト販売含むは103.5%

続きを読む>>

明日の材料 東亜道路工業、MonotaRO、、JSR、東和薬品、メドレックス、タカラバイオなど

個別

■日産車体(7222)
 第3四半期決算、通期業績予想を上方修正、単元株式数を1,000株→100株に変更
■横浜銀行(8332)
 1,200万株、50億円を上限に自社株買い
■ハチバン(9950)
 リンガーハット(8200)と資本・業務提携

続きを読む>>

「外国人保有比率」に選別視点 1月大量売りで峠は超えたか? 【NSJ日本証券新聞 2月10日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月10日

・「STAP細胞」人気再燃 タカラバイオなど小保方女史の論文に登場
・NISA口座の現状? 新規顧客開拓はいまひとつ
・竹中三佳の株Catch one’s eye 特別編 ユナイテッド金子陽三社長インタビュー
・決算速報 東都水産 急伸 一時、上昇率トップに

続きを読む>>

明日の材料 日本M&Aセンター、NECフィールディング、生化学工業、オリエンタルランド、サイバーエージェントなど

個別

■昭和飛行機工業(7404)
 三井造船(7004)が1株1,650円でTOB
■東京エレクトロン(8035)
 第3四半期決算、太陽光パネル製造装置事業からの撤退を発表
■KDDI(9433)
 第3四半期決算、期末配当予想を60円→70円へ引き上げ

続きを読む>>

再生医療関連株など浮上 沖縄に日米新薬開発拠点 【NSJ日本証券新聞 1月29日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月29日

・期待の新指数「JPX日経インデックス400」連動ETFが28日上場
・日本にもいた“配当貴族”「長期連続増配」銘柄に注目
・全国保証 再び最高値 分割権利取り&増額期待
・一休 仕込み場到来 訪日外国人増など再注目

続きを読む>>

概況/大引け 引けてにかけて円高・株安が加速、東京市場は2日続落。その他金融、情報・通信、空運はシッカリ

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,177円49銭の230円45銭安、TOPIXは1,229.65の11.34ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は352、値下がり銘柄数は1,303。出来高は24億6,707万株、売買代金は2兆4,384億円。

続きを読む>>

12月期末一括「高配当」銘柄 高値波乱局面で光る 【NSJ日本証券新聞 12月5日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月5日

・バイオ関連 例年通り年末高へ
・13年ぶり高水準 NT倍率急拡大の帰結は…
・三菱UFJ投信「第6回ブロガーミーティング」開催 投信ブロガー、NISA口座を語る
・良品計画 逆行高鮮明 大人気の「食品」が米国初上陸

続きを読む>>

明日の材料 カルビー、比較.com、コムチュア、日本ケミファ、クボタ、NTN、日産など

個別

■セガサミーホールディングス(6460)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 18.8%増収、57.1%営業増益
■ミネベア(6479)
 第2四半期決算、通期業績予想の上方修正を発表
■スズキ(7269)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 11.7%増収、36.5%営業増益
■キヤノンMJ(8060)
 450万株、50億円を上限に自社株買い

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 東京一番フーズ、タカラバイオ、太平洋セメント、ニューフレアテクノロジー、キヤノンなど

個別

■住友金属鉱山(5713) 1,364円〔-3円、-0.22%〕
 大和証券が新規「2」、1,530円目標
■富士重工業(7270) 2,691円〔-50円、-1.82%〕
 第2四半期業績予想の増額を発表
■日立キャピタル(8586) 2,448円〔+122円、+5.25%〕
 計画を上回る第2四半期決算、増配を発表
■だいこう証券ビジネス(8692) 685円〔+25円、+3.79%〕
 第2四半期決算、通期業績予想の上方修正を発表

続きを読む>>

明日の材料 省電舎、ミクシィ、宝ホールディングス、富士通ゼネラル、村田製作所、三菱自動車など

個別

■国際石油開発帝石(1605):英国第27次探鉱鉱区公開入札における探鉱ライセンスを追加取得
■タカラバイオ(4974):第2四半期売上高予想を10,300→10,277百万円へ、営業利益予想を300→454百万円へ修正
■日本トリム(6788):第2四半期決算、通期上方修正、期末配当予想の増額(35円→50円)を発表
■東亜ディーケーケー(6848):10月31日をもって東証1部銘柄に指定
■新日本無線(6911):第2四半期売上高予想を20,000→20,400百万円へ、営業利益予想を850→920百万円へ増額修正
■キヤノン(7751):第3四半期決算を発表、前年同期比 6.7%増収、1.0%営業減益
■近鉄エクスプレス(9375):パナソニック トレーディングサービス ジャパン株式の一部を取得

続きを読む>>

ソフトバンク 時価総額2位奪取へ 昨年末12位→三菱UFJFG超え 【NSJ日本証券新聞 10月3日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 10月3日

・消費増税決定で泣き笑い 券売機買い替え需要に弾み
・21日に何が変わるの!? 野村、またまた投資判断変更
・GSIクレオスに穴株妙味 カーボンナノチューブ関連の100円台
・リンガーハット 出直り期待 足元の月次売上好調
・AMI子会社に注目集まる 領域は家電から「自動車」へ拡大

続きを読む>>

「政策対応」「好業績」「材料性」がキーワード 個別騰落率で読む上半期相場 【NSJ日本証券新聞 10月2日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 10月2日

・バイオ関連 戻り歩調 タカラバイオ 売買代金2位
・「投資の日」頑張れ!とうしくん ゆるキャラGP、大健闘中
・スター・マイカ 来期を買う 新興系不動産の注目株
・しまむら 1万円台回復 足元好調も、先行きに慎重論も

続きを読む>>

概況/大引け 日銀短観が予想を上回り前場は高いが、政府機関一部閉鎖で後場は失速。日経平均はソフトバンクが下支え

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,484円72銭の28円92銭高、TOPIXは1,193.44の0.66ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は658、値下がり銘柄数は964。出来高は27億9,444万株、売買代金は1兆9,238億円。

続きを読む>>

概況/前引け 日銀短観も好調で反発。中国のPM2.5絡みでマスク関連が値上がり

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,627円66銭の171円86銭高、TOPIXは1,203.26の9.16ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は979、値下がり銘柄数は620。出来高は14億6,329万株、売買代金は9,288億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ピックルス、東レ、共和レザー、enish、タカラバイオ、ハピネットなど

個別

■やまねメディカル(2144) 356円〔+66円、+22.76%〕
 上方修正を発表、一時ストップ高
■OKK(6205) 148円〔-19円、-11.38%〕
 第2四半期及び通期業績予想の下方修正を発表
■日本精工(6471) 1,039円〔+38円、+3.80%〕
 上方修正、増配を発表
■ユナイテッドアローズ(7606) 4,245円〔+115円、+2.78%〕
 ドイツ証券が新規「Buy」、4,800円目標

続きを読む>>

明日の材料 ダイヤモンドダイニング、ツルハホールディングス、日本ケミカルリサーチ、タカラバイオ、東邦チタニウム、ブイ・テクノロジー、サマンサタバサなど

個別

■ナノキャリア(4571)
 アルビオンと新たに育毛剤、乳液などの化粧品分野で共同開発契約
■日本精工(6471)
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正、中間・期末配当予想をそれぞれ6円→7円へ増額
■しまむら(8227)
 第2四半期決算、期末配当予想の修正(75円→80円)を発表
■FJネクスト(8935)
 10月22日をもって東証1部銘柄に指定、期末に記念配当3円を実施

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は一時314円高。消費者金融や半導体関連が高い。一方、建設株は値下がり

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,505円36銭の193円69銭高、TOPIXは1,193.07の11.43ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,083、値下がり銘柄数は557。出来高は30億8,950万株、 売買代金は2兆626億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) プラネット、アクロディア、医学生物学研究所、シャープ、セガサミーなど

個別

■星光PMC(4963) 507円〔-8円、-1.55%〕
 利益予想を引き上げ。植物由来の繊維開発報道も
■タカラバイオ(4974) 2,201円〔+192円、+9.56%〕
 経産省の再生医療等産業化促進事業に採択
■安田倉庫(9324) 1,155円〔+104円、+9.90%〕
 モルガン・スタンレーMUFGでは理論株価が倉庫5社で最も大きいと
■電源開発(9513) 3,185円〔-40円、-1.24%〕
 大和証券が新規「3」

続きを読む>>

概況/前引け 米量的緩和策の縮小が小幅な減額にとどまりそうとの見方で、NYダウが3日続伸し、東証も広範囲に値上がり。海運、証券、ノンバンクが高い

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,570円76銭の259円09銭高、TOPIXは1,196.20の14.56ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,223、値下がり銘柄数は387。出来高は16億3,624万株、売買代金は9,837億円。

続きを読む>>

明日の材料 オプト、プラネット、あさひ、ガンホー、東海東京、岩井コスモなど

個別

■パレモ(2778)
 第2四半期及び通期業績予想の下方修正を発表
■アクロディア(3823)
 東京スタイルの公式通販サイトに子会社のる統合ECフルフィルメントサービスが採用
■免疫生物研究所(4570)
 エムコスメティックスを子会社化、化粧品の通信販売を開始
■ナノキャリア(4571)
 台湾OEP社の製造子会社へ出資

続きを読む>>

経済効果150兆円説「東京五輪」決定 344円高 【NSJ日本証券新聞 9月10日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 9月10日

・銘柄一本勝負 アスクル ネット通販で100億円目指す
・日経平均定期入れ替え 新規採用の日東電工急騰
・ZOOM UP アルチザ LTE-Advancedで浮上 大型案件で今期V字回復
・メディアF 上放れ間近 東京五輪ビジネスチャンス

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 積水ハウス、オイシックス、チヨダ、NTTドコモ、バローなど

個別

■TOA(6809) 725円〔+1円、+0.14%〕
 丸三証券では「買い」を継続
■小野測器(6858) 431円〔+10円、+2.38%〕
 30万株、138百万円を上限に自社株買い
■良品計画(7453) 8,560円〔-130円、-1.50%〕
 SMBC日興証券が投資判断を「2」に引き上げ
■HIS(9603) 4,975円〔-405円、-7.53%〕
 第3四半期決算を発表、前年同期比 11.9%増収、16.9%営業増益

続きを読む>>

ACCESS、タカラバイオなど1部昇格に照準か 「10年ルール」にらむ東証マザーズ銘柄 【NSJ日本証券新聞 8月26日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 8月26日

・ブラインドインタビュー TPP、消費税、社会保障改革… 外資開放は諸刃の剣?
・3Dプリンター関連 買い直す 政府が開発・販売を後押し
・竹中三佳の「株Catch one’s eye」 Part.13 ユニクロと東レ

続きを読む>>

概況/前引け 安倍首相が法人税引き下げ検討指示で高い。ただ薄商いは継続

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,146.49の11.87ポイント高、日経平均は13,702.20円の182.77円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,181、値下がり銘柄数は424。出来高は9億2,972万株、売買代金は7,761億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) カルビー、モブキャスト、新日本理化、アメイズ、マツダなど

個別

■太陽誘電(6976) 1,289円〔+69円、+5.66%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を「Neutral」へ引き上げ
■マツダ(7261) 419円〔+15円、+3.71%〕
 シティグループが目標株価を引き上げ
■カプコン(9697) 1,705円〔+51円、+3.08%〕
 ゴールドマン・サックスが新規「買い」、2,200円目標

続きを読む>>

明日の材料 ホクト、明治ホールディングス、タカラバイオ、ローヤル電機、東京精密、サガミチェーンなど

個別

■ビリングシステム(3623):第2四半期及び通期業績予想の上方修正を発表
■リプロセル(4978):第1四半期決算を発表、売上高は85百万円、営業利益は△17百万円
■TOA(6809):単元株式数を1,000株→100株に変更
■ニプロ(8086):第1四半期決算を発表、前年同期比 19.8%増収、27.0%営業減益
■ファーストエスコ(9514):通期売上高予想を5,700→6,063百万円へ、営業利益予想を450→556百万円へ増額修正

続きを読む>>

明日の材料 GCAサヴィアン、ワッツ、電通、OLC、エクセディ、KDDI、ソフトバンクなど

個別

■富士フイルム(4901):第1四半期決算を発表、前年同期比 9.7%増収、19.9%営業増益
■三井造船(7003):第1四半期決算、第2四半期及び通期業績予想の上方修正を発表
■ショーワ(7274):第1四半期決算を発表、前年同期比 8.6%増収、29.4%営業増益
■ロイヤルホールディングス(8179):第2四半期売上高予想を57,000→57,400百万円へ、営業利益予想を900→1,180百万円へ増額修正

続きを読む>>

自社株買い候補を探る 決算短信に“重要なヒント”

概況

宝HDD(2531) 週足

決算発表本格化に向けて、自社株買い候補銘柄があらためて注目されてくる。決算との同時発表も想定されるためだ。

続きを読む>>

新興市場版 決算発表スケジュール(7月最終週) コロプラなど注目銘柄が続々開示 楽天は8月2日発表

個別 概況

コロプラ(3668) 日足

新興市場では23日に第1四半期(4-6月)業績を発表したカービュー(2155・東マ)、沖縄セルラー(9436・JQ)がそろって決算好感の動き。

続きを読む>>

明日の材料 サンエー、ヤフー、サイバーエージェント、タカラバイオ、日本トリム、アドバンテスト、ソフトバンクなど

個別

■日産自動車(7201)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 17.8%増収、23.0%営業増益
■日産車体(7222)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 20.0%減収、営業利益は△524百万円
■ネットワンシステムズ(7518)
 第1四半期決算、特損919百万円から純利益予想のみ減額

続きを読む>>

スーパー業界の再編加速へ 消費増税にらみ 【NSJ日本証券新聞 7月26日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 7月26日

・ブラインドインタビュー 個人の市場復帰は近い? 戻り売りで現金比率アップ
・明暗鮮明 キヤノンと日電産
・オリンピック特需に意外性「警備」「リユース」など要チェック

続きを読む>>

概況/大引け 決算がはじまり様子見姿勢も強いなか、じり安。キヤノンは下方修正で下落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,202.32の17.60ポイント安、日経平均は14,562.93円の168.35円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は305、値下がり銘柄数は1,350。出来高は22億2,707万株、売買代金は2兆673億円。

続きを読む>>

「再生医療関連」人気再燃へ 薬事法改正案は10月にも成立

セクター 個別

タカラバイオ(4974) 週足

7月21日の参議院選挙で自民・公明の与党が圧勝、“ねじれ解消”とともに、この先、“アベノミクス”の成長戦略がいよいよ加速することになりそうだ。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ネクスト、メディア工房、GMOアドパートナーズ、日本電産など

概況

■タカラバイオ(4974) 2,625円〔+77円、+3.02%〕
 韓国ToolGen社と業務提携、本年9月よりゲノム編集技術に関連する受託サービスを開始
■JFEホールディング(5411) 2,625円〔+89円、+3.51%〕
 野村証券が目標株価を2,490円へ引き上げ
■荏原製作所(6361) 575円〔+3円、+0.52%〕
 UBS証券が目標株価を740円に引き上げ

続きを読む>>

健康食品関連に刺激材料  「効能」規制緩和で見直す

セクター 個別

「健康」をキーワードとする銘柄が、近い将来、脚光を浴びることになりそうだ。
先に安倍首相が発表した成長戦略の中に、サプリメントなど健康食品や農産物について、効能や効果を表示することを認める方針が盛り込まれた。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) シーシーエス、アデランス、ゼビオ、サンドラッグなど

個別

■センコー(9069) 446円〔-10円、-2.19%〕
 バークレイズ・キャピタルが「オーバーウエイト」

■日立物流(9086) 1,527円〔-23円、-1.48%〕
 バークレイズ・キャピタルが目標株価を2,200円へ引き上げ

■サンドラッグ(9989) 3,705円〔-105円、-2.76%〕
 SMBC日興証券が投資判断を「1」に引き上げ

続きを読む>>

概況/前引け 米国雇用統計は「ほどよい強さ」で米国市場は株高・債券安・ドル高

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,096.86ポイントの39.91ポイント高、日経平均は13,265.22円の387.669円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,643、値下がり銘柄数は57。出来高は16億5,797万株、売買代金は1兆2,726億円。

続きを読む>>

「いぶし銀」特別版  急落後の“余震”やむなし  優良株シフトが鮮明に 

個別 概況

トヨタ(7203) 月足

昨秋来、快進撃を続けるアベノミクス相場に訪れた最初の試練。一連の波乱展開に、いかに対処すべきなのか。ここでは、復権著しい個人投資家と最前線で接する、地方証券担当者の相場観に耳を傾けてみたい。

続きを読む>>

マネックスグループ NISAに手応え 松本大 代表取締役会長兼社長CEOインタビュー 【NSJ日本証券新聞 5月31日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 5月31日

・「いぶし銀」特別版 優良株シフトが鮮明に
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.1 NY高級ショピング街
・平成版“三洋興産ショック” 27年前の記憶をたどれば…

続きを読む>>

海外グローバルファンド再出動 暴落経ても外国人買いは続く 【NSJ日本証券新聞 5月30日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 5月30日

・再生医療関連に新材料続々 早期実用化に向け国が後押し
・ゲーム関連反攻か 祭典「E3」は6月11日
・ヒト・コミュニケーションズ出直り期待膨らむ
・本格始動の対ミャンマービジネス 安倍首相の訪問で展開加速

続きを読む>>

概況/大引け G7財務相・中銀総裁会議で円安について強い不満が出なかったことで一時102円台に円安進行。自動車株以外にも貸出増加期待で銀行も高い

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

トヨタなどの自動車株以外にも円安による企業業績の改善で設備投資意欲が回復し、貸出も増えるという期待で三菱UFJフィナンシャルグループ(8306)や三井住友フィナンシャルグループなどの銀行株も買われました。

続きを読む>>

概況/前引け 米失業保険申請件数の減少と地区連銀総裁から量的緩和策の縮小意見が発せられ、NY外為で1ドル=100円乗せ、東京タイムでは101円乗せ。円安好感で自動車中心に高い。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

東京株式市場はトヨタやマツダ、富士重工などの円安メリット株が買われ、指数寄与度の高いソフトバンクやファーストリテイリングも上昇、野村ホールディングスや三井トラストなどの金融株も物色されました。

続きを読む>>

概況/大引け 米雇用統計の改善で5月3日にNYダウが一時15,000ドル乗せ。ゴールデンウィーク明けの東証は全面高で日経平均は2008年6月以来の14,000円台

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,188.57ポイントの35.29ポイント高、日経平均は14,180.24円の486.20円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,630、値下がり銘柄数は62。出来高は31億8,252万株、売買代金は2兆8,084億円。

続きを読む>>

概況/前引け ECBの利下げと米雇用統計の改善で日経平均は2008年6月20日以来の14,000円台回復

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

米国の景況感の改善を受けて、東京株式市場ではソニーやトヨタなどの輸出関連が高く、コマツや伊藤忠商事などの中国関連も米国景気の回復で恩恵を受けるという期待から買われました。

続きを読む>>

概況/大引け マツダはアナリスト予想を下回り下落。日本車輌は今期見通しを好感しストップ高。新興市場ではバイオ関連人気

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,165.13ポイントの3.94ポイント高、日経平均は13,860.86円の23.27円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は983、値下がり銘柄数は611。出来高は34億474万株、売買代金は2兆8,362億円。

続きを読む>>

新興市場版 2013年3月末時価総額ランキング 

概況

ケンコーコム(3325) 週足1年

3月末時点の市場全体時価総額は、JASDAQが13兆1,131億円となり1年前に比べ40%増加、同様にマザーズは1兆8,232億円で同66%増加した。

続きを読む>>

アベノミクス最大の受益者「対面証券」 サプライズは再来週の決算速報 【NSJ日本証券新聞 4月4日付け】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞  4月4日付け

・月次好調で見直す消費関連株 ファーストリテに続け!
・2013年3月期末時価総額ランキング「アベノミクス」「成長戦略」「規制改革」関連が飛躍
・いよいよネット選挙運動が解禁「なりすまし」対策など急務

続きを読む>>

明日の材料 MCS、JP、ダイドードリンコ、タカラバイオ、カンダHDなど

個別

■カンダHD(9059):単元株式数を1,000株→100株に変更
■MCS(2494):三光ソフランが1株294,000円で公開買付け
■ダイドードリンコ(2590):平成25年1月期決算を発表、今26年1月期は前期比 7.0%増収、0.8%営業増益を計画
■JT(2914):118百万株、2,500億円の自己株式を取得、ToSTNeT-3にて

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は寄り付きに11,002円(先週末76円高)と、2010年4月30日以来の11,000円回復となった目先の達成感からその後下落。京大の「iPS細胞ストック」計画で新興市場ではバイオ関連賑わう。

個別

日経平均 15分足 MA(25/75)

日経平均は寄り付きに11,002円(先週末76円高)と、2010年4月30日以来の11,000円回復を見せましたが、そこが高値となり、その後は下落しました。先週まで11週連続の上昇となり、これは1971年2月~4月以来、42年ぶりの出来事だそうですが、11,000円乗せでひとまず達成感や高値警戒感も抱かれたようです。

続きを読む>>

決算発表スケジュール(第1弾) 新興市場版 サイバーエージは31日開示

セクター 個別

新興市場も間もなく12月期決算発表シーズンを迎える。表の通り、発表ラッシュの第一波は1月31日に到来する見通し。ここでの当面の見どころ、チェックポイントは次の通り。

続きを読む>>

50年周期の買い場!?「首都高1兆円改修」 首都高速道路社長会見で現実買い機運 【NSJ日本証券新聞(1月17日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月17日付け

・50年周期の買い場!?「首都高1兆円改修」 首都高速道路社長会見で現実買い機運
・第3四半期決算発表が本格スタート 円高是正で輸出企業の修正に関心
・歌会始のお題、来年は「静」 全般落ち着き静岡株人気!?

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは888.11ポイントの18.11ポイント安、日経平均は10,600円の278円安。フィッチが米債務上限が引き上げられなければ、格付け見直しと警告し、ドル安円高。一時1ドル=87円96銭で、自動車や活況続きだったノンバンクも安い。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

円相場が1月14日の円安のピークの1ドル=89円67銭から、本日は一時1ドル=87円96銭まで円高方向に向かったため、東京株式市場も利益確保の売りが増え、反落しました。

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは906.22ポイントの7.53ポイント高、日経平均は10,879円の77円高。甘利経済再生担当相が「過度な円安は輸入物価に跳ね返ってくる。国民生活にマイナスの影響も出てくる」と述べたため、円安一服で自動車は足踏みだが、防衛関連の三菱重工や新興市場ではバイオ関連と政策期待は継続。

概況

日経平均 15分足 MA(25-75)

甘利経済再生担当相が「過度な円安は輸入物価に跳ね返ってくる。国民生活にマイナスの影響も出てくる」と述べたことで、円相場も10時9分の1ドル=89円63銭から、12時7分には1ドル=88円64銭まで円高に巻き戻され、日経平均の上げ幅も目減りしました。円安メリット株のトヨタや本田といった自動車株は足踏みとなりましたが、防衛関連の三菱重工が昨年来高値を更新し、新興市場ではバイオ関連が活況となるなど、政策期待が引き続き牽引しています。

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは881.06ポイントの7.45ポイント安、日経平均は10,599円の89円安。過熱警戒から反落。ノンバンクや証券株や自動車株が値下がり。あおぞら銀行はサーベラスが売却方針と報じられ下落。一方、補正予算は12兆円超で、公共事業を大幅に上積みする方針との報道で不動テトラや栗本鐵工が買われた。

概況

日経平均 15分足 MA(25-75)

日経平均は先週金曜日に25日移動平均線からの上方乖離が9.45%となり、過熱感も警戒されたため、本日は反落しました。
 物価目標の設定など大胆な金融政策に期待して買われてきたオリエントコーポレーションやアイフルなどのノンバンクも利益確保の手仕舞い売りに反落し、野村ホールディングスや松井証券などの証券株も値下がりしました。

続きを読む>>

明日の材料 ドワンゴ、ライトオン、パレモ、一建設、飯田産業、東栄住宅など

個別 概況

■ドワンゴ(3715):角川GHD(9477)と来年3月より合弁事業として新たな広告サービスを共同展開 ■三井倉庫(9302):中期経営計画に基づきタイ、インドネシアで設備投資 ■イオンモール(8905):第3四半期決算…

続きを読む>>