4661

概況/大引け 東京市場は反落、雇用統計による米株安が嫌気。不動産株や医薬品株が軟調

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は18,790.55円の180.45円安、TOPIXは1,531.76の9.08ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は652、値下がり銘柄数は1,075。出来高は17億9,771万株、売買代金は2兆1,949億円。

続きを読む>>

信用需給の好転鮮明に 上値圧迫感は後退【日本証券新聞 2月26日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月26日

・OLC大幅高 株式分割ラッシュ
・マネックス証券 「プロトレーダー座談会」
・来期の大幅増益予想銘柄に照準 商社、海運株など割安株続出
・東証 4月めどにインフラ市場開設

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は6営業日ぶりに反落、円高や過熱感を警戒

個別

日経平均 日足

大引けの日経平均は18,585.20円の18.28円安、TOPIXは1,507.62の0.66ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は888、値下がり銘柄数は825。出来高は22億1,285万株、売買代金は2兆4,396億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 東洋建設、東京一番フーズ、オプティム、ナノキャリアなど 

個別

■C&Gシステムズ (6633) 595円〔+77円、+14.86%〕
 自社株買いが好感
■近鉄エクスプレス(9375) 5,090円〔+200円、+4.09%〕
 UBSが目標株価を引き上げ
■アインファーマシーズ(9627) 4,650円〔+445円、+10.58%〕
 第3四半期決算、株主優待制度を導入

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は冴えないスタート、円高にやや振れている点が重しに

概況

ナスダック 月足

9時12分時点の日経平均は18,581.05円の22.43円安、TOPIXは1,509.29の1.01ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが940万株、買いは1,490万株。

続きを読む>>

明日の材料 国際石油開発帝石、北弘電社、東洋建設、クックパッド、神戸物産、東京一番フーズなど

個別

■マーベラス(7844):「ディズニー マジックキャッスル ドリーム・アイランド」のサービスを再開
■アインファーマシーズ(9627):第3四半期決算、株主優待制度を導入
■メイテック(9744):30万株の自己株式を消却

続きを読む>>

明日の材料 国際石油開発帝石、大末建設、ピーエス三菱、ミクシィ、ウェルネット、日本パーカライジングなど

概況

■ヤオコー(8279):第3四半期決算、1対2の株式分割、株主優待制度を変更
■日産東京販売ホールディングス(8291):第3四半期決算、株主優待制度を再開
■日本電信電話(9432):第3四半期決算を発表、前年同期比2.0%増収、7.5%営業減益
■ベネッセホールディングス(9783):第3四半期決算を発表、前年同期比0.3%増収、16.0%営業増益

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反発も、大引けにかけて伸び悩み。好決算と株主還元に対する物色意欲は旺盛

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,674.39円の68.17円高、TOPIXは1,415.07の1.49ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,177、値下がり銘柄数は561。出来高は26億7,363万株、売買代金は2兆7,545億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ダイセキ環境ソリューション、北陸電気工事、MonotaRO、BEENOS、野村総合研究所など

個別

■フォスター電機(6794) 2,255円〔+248円、+12.36%〕
 上方修正、増配を発表
■エクセディ(7278) 2,637円〔-264円、-9.10%〕
 増収・減益決算。野村証券では格下げ
■ソフトバンク(9984) 6,964円〔-242円、-3.36%〕
 決算を背景に出資先アリババが米市場で売られたことが嫌気

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は反発、米国株高を好感。保険、証券が高い

概況

日経平均 週足

9時13分時点の日経平均は17,769.56円の163.34円高、TOPIXは1,426.68の13.10ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,600万株、買いは1,670万株。

続きを読む>>

明日の材料 南海辰村建設、パナホーム、関電工、ヤマト、MonotaRO、東京建物不動産販売など

個別

■東京ドーム(9681):通期業績予想を上方修正
■SCSK(9719):第3四半期決算を発表、前年同期比4.2%増収、14.8%営業増益
■ミスミグループ本社(9962):第3四半期決算を発表、前年同期比19.2%増収、27.1%営業増益

続きを読む>>

ピタリ並んだ日米PERの先行きは 会計・税制変更で来期業績一変も【日本証券新聞 1月27日】

日本証券新聞

日本証券新聞 1月27日

・JSR 後場に急伸 上方修正を好感
・筍狩りに行こう 日本コンクリート 日柄調整は十分
・タイヤ株 巻き返しへ BSなど原料安効果満喫
・ダイト 上値追い軽快 ジェネリック市場拡大で恩恵

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は反落。ギリシャ総選挙で急進左派連合が圧勝したことを警戒

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は17,342.37円の169.38円安、TOPIXは1,390.85の12.37ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが680万株、買いは740万株。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は手控えムード、ECB理事会と25日のギリシャ総選挙を控え動き難い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,329.02円の48.54円高、TOPIXは1,389.43の1.18ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は724、値下がり銘柄数は988。出来高は19億7,108万株、売買代金は2兆507億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 国際石油開発帝石、GCAサヴィアン、SmartEbook.com、カカクコムなど

個別

■鉱研工業(6297) 1,221円〔-87円、-6.65%〕
 東証が本日より信用規制
■日本電産(6594) 7,996円〔-66円、-0.82%〕
 野村証券が目標株価を引き上げ
■ジーンズメイト(7448) 242円〔-10円、-3.97%〕
 1月度の全店売上高は前年比92.0%

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場はECB理事会を控え揉み合い。情報通信や石油が高く、ゴムや電気ガスが冴えない

概況

日経平均 週足

9時12分時点の日経平均は17,323.52円の43.04円高、TOPIXは1,390.21の0.40ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが540万株、買いは870万株。

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は続伸スタート。観光関連が昨日に続き高い

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は17,117.45円の103.16円高、TOPIXは1,379.30の6.89ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,050万株、買いは950万株でした。

続きを読む>>

長期投資のカリスマ” バフェット氏なら、何を買う【日本証券新聞 1月20日】

日本証券新聞

日本証券新聞 1月20日

・「京成買い/OLC売り」も 保有株式価値に着目
・筍狩りに行こう オーエスジー 9年ぶり過去最高益を達成
・東証REIT指数 7年ぶり2000ポイント乗せ
・「食品の機能性表示解禁」に注目 ガイドライン公表近づく

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反発、日経平均は再び17,000円台回復。原油価格と欧米株の上昇を好感、石油関連や商社などが高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,014.29円の150.13円高、TOPIXは1,372.41の8.68ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,152、値下がり銘柄数は561。出来高は20億3,951万株、売買代金は1兆9,278億円。

続きを読む>>

明日の材料 三井松島産業、日本上下水道設計、KG情報、アマガサ、コロプラ、アクロディアなど

個別

■東プレ(5975):クオカードを贈呈する株主優待制度を導入
■松井証券(8628):「一日先物取引」の取扱い開始
■協和コンサルタンツ(9647):平成26年11月期決算を発表、今27年11月期は10.4%増収、10.6%営業減益を計画

続きを読む>>

決算発表 来週から本格化 30日がピーク

概況

東京製鉄(5423) 日足

2015年3月期の第3四半期(4-12月)決算発表が来週から本格的にスタートする。本紙(11/15付)では東証上場銘柄の発表予定を4、5面に掲載した。ピークは1月30日(金)で400社以上が発表。約3割の企業が1月中に発表する。

続きを読む>>

2014年相場を振り返る(下) 年間上昇率(JPX日経400採用銘柄) ミネベア、洋ゴムなど2倍超に

個別 概況

NYダウ 月足

「2014年相場を振り返る(上)」では、全市場の銘柄を対象にした年間上昇率ランキングを紹介したが、「新興市場の聞いたことのない銘柄ばかりで面白くない」という声が多かった。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) テンプホールディングス、デリカフーズ、SUMCO、オリエンタルランドなど

個別

■シーシーエス(6669) 1,743円〔+300円、+20.79%〕
 第1四半期決算を発表
■トミタ電機(6898) 319円〔+69円、+27.60%〕
 第3四半期決算を発表
■カナモト(9678) 3,480円〔-350円、-9.14%〕
 今期小幅増収益見通しが嫌気される展開

続きを読む>>

個人選好銘柄、出番到来へ NISA駆け込み「あと16日」【日本証券新聞 12月3日】

日本証券新聞

日本証券新聞 12月3日

・強さ際立つ「東証2部」 まだまだあるぞ!割安株
・TDK 7年ぶり高値水準
・富士機械 出遅れ修正本番
・平野憲一の相場表街道/裏街道 ワイエイシイ

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 金融緩和で証券株が人気 リクルートHDが複数支持

個別 概況

リクルート(6098) 日足

10月31日の日銀追加緩和から1週間。為替の急激な円安進行とも併せて、株式市場も急騰に次ぐ急騰で日経平均は9月高値を一気に抜き去り、1万7,000円台と約7年ぶりの高値圏に飛び出してきた。

続きを読む>>

保有株式価値に着目 ソフトバンクだけじゃない!

セクター 個別

Dガレージ(4819) 週足

子会社株の時価評価にあらためて注目してみたい。
ソフトバンク(9984)の保有する中国・アリババ株(発行済み株式の32.4%)の時価評価が、27日時点で8兆4,000億円を超えてソフトバンク本体の時価総額の95%近くに達してきた

続きを読む>>

概況/寄り付き 米株高を受け、東京市場は広範囲に上昇。精密や証券、保険、その他金融、鉄鋼などが高い

概況

日経平均 週足

9時7分時点の日経平均は15,841.09円の182.89円高、TOPIXは1,293.93の15.03ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが2,230万株、買いは2,440万株。

続きを読む>>

明日の材料 戸田建設、五洋建設、ぐるなび、昭和電工、オリエンタルランド、サイバーエージェントなど

個別

■ニフコ(7988):第2四半期決算、通期業績予想を上方修正
■ヤマトホールディングス(9064):第2四半期決算、自己株式の取得・消却
■ANAホールディングス(9202):第2四半期決算を発表、前年同期比9.1%減収、33.8%営業増益
■NTTデータ(9613):第2四半期決算を発表、前年同期比133.5%増収、738.3%営業増益

続きを読む>>

外国人大量売り一巡で需給に”変化” 年末にかけ長期資金の買い流入も【日本証券新聞 10月27日】

日本証券新聞

日本証券新聞 10月27日

・あと6営業日! 米中間選挙 「17勝1敗ジンクス」に関心
・アールテック・ウエノ 高値更新 
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.64 キャラクターバトルクラブ
・日立 再増額で急伸 2週ぶり800円台回復 通期連続最高益に王手

続きを読む>>

明日の材料 大成建設、テルモ、リボミック、オリエンタルランド、日本金属、島精機製作所など

個別

■日立ハイテクノロジーズ(8036) 3,130円〔+85円、+2.79%〕
 野村証券では「Buy」継続
■キヤノンMJ(8060) 2,030円〔-8円、-0.39%〕
 第3四半期決算を発表
■日本航空(9201) 2,862円〔-32円、-1.11%〕
 北海道エアシステムを子会社化方針と伝わる

続きを読む>>

明日の材料 クレアホールディングス、鉄建建設、パナホーム、宝ホールディングス、J-オイルミルズなど

個別

■日立ハイテクノロジーズ(8036):第2四半期決算を発表、前年同期比7.9%増収、252.8%営業増益
■キヤノンマーケティングジャパン(8060):第3四半期決算を発表、前年同期比2.2%増収、90.9%営業増益
■セゾン情報システムズ(9640):第2四半期決算を発表、前年同期比4.9%減収、27.7%営業増益

続きを読む>>

決算発表 来週から本格化 31日がピーク

個別 概況

2015年3月期の第2四半期(4-9月)の決算発表が来週24日から本格的にスタートする。
発表のピークは400社以上が発表する10月31日(金)。11月7日(金)に第2のピークとなるが、電機、自動車をはじめ各業界の主力企業の発表は30日、31日にある程度集中している。株価への影響度を含めてこのあたりがヤマ場になる。

続きを読む>>

明日の材料 UBIC、新日本科学、アスカネット、ローソン、カワチ薬品、オークファンなど

個別

■良品計画(7453):第2四半期決算を発表、前年同期比18.7%増収、19.7%営業増益
■ワークマン(7564):9月度の全店売上高は前年比99.8%、既存店は98.8%
■ポプラ(7601):下方修正、ローソンと資本業務提携に係る基本合意書締結

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ダイセキ環境ソリューション、オールアバウト、オリエンタルランド、デジタルデザインなど

個別

■フォーバル(8275) 986円〔+85円、+9.43%〕
 10月2日をもって東証1部銘柄に指定
■カプコン(9697) 1,722円〔-37円、-2.10%〕
 クレディ・スイスが投資判断を引き下げ
■ニトリホールディングス(9843) 6,760円〔+420円、+6.62%〕
 第2四半期決算を発表

続きを読む>>

大量保有報告書で読む機関投資家動向 ブラックロック 新規取得ラッシュ続く【日本証券新聞 8月25日】

日本証券新聞

日本証券新聞 8月25日

・10連騰ならず 人気はゲーム株に
・テクノスジャパン 代表取締役会長 城谷直彦氏
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.55 「JAL SKY NEXT」
・港湾関連 法改正で復活期待 設備大型化や料金引き下げで活路

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は9連騰でストップ。建設が安く、鉄鋼や鉱業、精密なども冴えない

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,539.19円の47.01円安、TOPIXは1,286.07の5.12ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は493、値下がり銘柄数は1,181。出来高は17億5,781万株、売買代金は1兆6,737億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東証は小幅もいあい。本日上昇で10連騰、反落警戒から上値抑制。閑散で主力株の値動きは乏しい

個別

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,598.71円の12.51円高、TOPIXは1,290.57の0.62ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は677、値下がり銘柄数は966。出来高は8億6,519万株、売買代金は7,952億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 前田建設工業、ANAP、データホライゾン、イムラ封筒、オリエンタルランドなど

概況

■新川(6274) 481円〔-13円、-2.63%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を引き下げ
■三菱自動車工業(7211) 1,172円〔+24円、+2.09%〕
 クレディ・スイスが新規「OUTPERFORM」
■ベンチャー・リヴァイタライズ証券投資法人(8721) ストップ高買い気配
 投資先のリボミックが上場承認

続きを読む>>

明日の材料 アコーディア・ゴルフ、UBIC、ワイズテーブルコーポレーション、データホライゾンなど

個別

■ジーンズメイト(7448)
 8月度の全店売上高は前年比96.8%、既存店は97.6%
■インヴァスト証券(8709)
 Tradency社と資本業務提携
■エムティーアイ(9438)
 ソーシャルアプリ決済サービスを子会社化

続きを読む>>

概況/前引け 昨日までの4日続伸や週末の手仕舞い売りから、東京市場は小幅安。市場参加者も少なく薄商い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,293.91円の20.66円安、TOPIXは1,268.83の1.67ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は817、値下がり銘柄数は777。出来高は7億8,950万株、売買代金は6,589億円。

続きを読む>>

“優待利回り”で銘柄選別 権利付き最終は26日【日本証券新聞 8月15日】

日本証券新聞

日本証券新聞 8月15日

・MSCI、西武HDを採用 29日にかけて買い需要
・バイオベンチャーに目先資金 ペプチド、DWTIが大商い
・Dガレージが上放れ ベンチャー事業、絶好調!
・明治HD 上値余地広がる 「LG21」「R―1」など好調で収益拡大へ

続きを読む>>

概況/大引け 欧米株高で、日経平均は4日続伸。ただ、25日線で上値抑制。建設株が人気

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,314.57円の100.94円高、TOPIXは1,270.50の8.37ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,246、値下がり銘柄数は444。出来高は18億3,783万株、売買代金は1兆5,702億円。

続きを読む>>

観光・レジャー関連を再チェック “アベノミクス”でサービス支出の増加後押し

概況

お盆休みも本番。今年は「ハリー・ポッター」人気で大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンの入場者が7月に87万人と過去最高を記録するなど、引き続きテーマパークが活況を呈している。

続きを読む>>

明日の材料 高橋カーテンウォール工業、UTホールディングス、フルスピード、サニーサイドアップなど

概況

■リブセンス(6054)
 第2四半期決算、通期業績予想を下方修正
■アイフル(8515)
 第1四半期決算を発表、前年同期比9.0%減収、35.6%営業減益
■学研ホールディングス(9470)
 第3四半期決算、通期業績予想を下方修正

続きを読む>>

売られ過ぎの反騰候補 不動産株に昨春急騰前のムード【日本証券新聞 8月13日】

日本証券新聞

日本証券新聞 8月13日

・これが業績上方修正銘柄・前編 ゲーム関連強し
・「美しい国」より経済優先? 8年ぶりの首相寄稿文が話題
・平野憲一の相場表街道/裏街道 ワイエイシイ まずPBR1倍回復を意識
・駅のホームドア 東京五輪までに800駅へ 低コストの昇降タイプに期待

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 新日鉄ソリューションズ、フェリシモ、共和レザー、メドレックス、タカラバイオなど

個別

■オイレス工業(6282) 2,648円〔+286円、+12.11%〕
 決算、分割、自社株買い
■日立建機(6305) 2,067円〔-92円、-4.26%〕
 下方修正が嫌気
■日本精工(6471) 1,446円〔+75円、+5.47%〕
 上方修正、増配を発表
■東海理化電機製作所(6995) 2,203円〔+135円、+6.53%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 中電工、クックパッド、システナ、宝ホールディングス、MonotaRO、アイスタイルなど

個別

■大阪ガス(9532)
 第1四半期決算を発表、前年同期比6.6%増収、40.1%営業増益
■イチネンホールディングス(9619)
 第1四半期決算を発表、前年同期比12.5%増収、2.7%営業減益
■ミスミグループ本社(9962)
 第1四半期決算を発表、前年同期比19.5%増収、26.3%営業増益

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 鉄建建設、ゲンダイエージェンシー、ハイパー、ネオス、コムチュアなど

個別

■小野測器(6858) 931円〔-84円、-8.28%〕
 場中に発表された下方修正が嫌気
■ウッドフレンズ(8886) 1,833円〔+94円、+5.41%〕
 平成26年5月期決算を発表、今期は二桁増収益を計画
■丸和運輸機関(9090) 3,775円〔+125円、+3.42%〕
 1対2の株式分割を発表

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は反発スタート。東京製鉄の上方修正から電炉メーカーが高い。建設株も堅調

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は15,309.70円の93.99円高、TOPIXは1,271.59の8.30ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが660万株、買いは510万株。

続きを読む>>

材料株の新エンジン「水素」 チノー、エルナーがストップ高【日本証券新聞 7月8日】

日本証券新聞

日本証券新聞 7月8日

・JASDAQ平均1月高値更新 個人の投資意欲健在 
・筍狩りに行こう JSP 20年のボックス相場に終止符
・リクルート上場接近 関連株の人気復活
・ヤマダ電機 需給面に「2つの追い風」 自社株買い進捗状況開示

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 日本ハム、フュートレック、ローソン、ジェイアイエヌ、ミタチ産業など

個別

■カスミ(8196) 759円〔+18円、+2.43%〕
 第1四半期決算、第2四半期業績予想を上方修正
■日本通信(9424) 1,186円〔+186円、+18.60%〕
 新規材料はみられないものの、短期資金が流入
■ベルク(9974) 2,623円〔+127円、+5.09%〕
 第1四半期決算を発表

続きを読む>>

「インバウンド観光」関連が堅調

セクター 個別

グリコ(2206) 週足

政府の成長戦略では、「2030年までに3,000万人超」と、訪日外国人増への意気込みが再確認された。「インバウンド(訪日)観光」関連は引き続き要注目。

続きを読む>>

明日の材料 日本和装ホールディングス、テンポスバスターズ、テックファーム、アンジェスMGなど

個別

■アデランス(8170)
 5月度の国内売上高は前年同月比99.2%
■明豊エンタープライズ(8927)
 第3四半期決算を発表、前年同期比22.1%減収、36.4%営業減益
■ニトリホールディングス(9843)
 アメリカに4店舗目をオープン

続きを読む>>

“インドの安倍”モディ政権26日発足 スズキなど関連株に市場拡大の恩恵【日本証券新聞 5月27日】

日本証券新聞

日本証券新聞 5月27日

・ミクシィ”呼び水”に場味好転 休息相場から目覚める銘柄増加中
・株式市場「変化の兆し」 日経平均 75日線突破で上値期待
・特報特別版 ローランドMBOの行方 DG株の含み益は230億円
・統合再燃の前触れか 新日鉄住金系に関心 3割保有の上場企業は2ケタ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) メッセージ、グローベルス、ボラテクノ、大日本住友製薬、ゲオディノスなど

個別

■キタック(4707) 334円〔+80円、+31.50%〕
 第2四半期業績予想を上方修正
■佐世保重工業(7007) 112円〔+8円、+7.69%〕
 名村造船所が株式交換により完全子会社化
■ニコン(7731) 1,648円〔+85円、+5.44%〕
 クレディ・スイスが投資判断を引き上げ

続きを読む>>

概況/寄り付き 米国株高を好感し、東京市場も広範囲に値上がり。証券、海運、鉄鋼などが高い

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は14,563.68円の101.51円高、TOPIXは1,190.36の9.92ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが900万株、買いは1,760万株と再び買い越し。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 大東建託、UBIC、クスリのアオキ、トクヤマ、JSRなど

個別

■エンプラス(6961) 5,970円〔+660円、+12.43%〕
 14時に決算及び200万株の自己株式消却を発表
■東映(9605) 568円〔+17円、+3.09%〕
 250万株、15億円を上限に自社株買い
■SCSK(9719) 2,704円〔+119円、+4.60%〕
 今期二桁の営業増益となる決算を発表

続きを読む>>

明日の材料 日本海洋掘削、タケエイ、パレモ、ガンホー・オンライン・エンターテイメントなど

個別

■京セラ(6971)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は9.2%増収、12.0%営業増益を計画
■トレイダーズホールディングス(8704)
 関連会社がスリランカ発電事業者とバイオマス発電共同事業で基本合意書締結
■ヤマダ電機(9831)
 通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

話題銘柄をテクニカルで斬る 「連休は商い手控え旅行に行こう」は、市場にネガティブも、先行き景気への「期待度」の表れだ!

テクニカル 個別

JR6社と国内航空13社が18日にゴールデンウイーク(4月25日―5月6日)の予約状況を発表した。ゴールデンウイークの空路の予約席数は、国内線が259万席(前年同期比4.6%増)、国際線が56万席(同16.7%増)と消費税増税の影響がないような好調を示した。予約率は、日本航空が国内線56.1%、国際線76.6%、全日空が国内線50.2%、国際線70.3%と前年並みだった。

続きを読む>>

強いものにはワケがある 昨年高値接近銘柄を狙え

個別 概況

大陽日酸(4091) 週足

「上がる時は全面高、下がる時も全面安の無機質な展開」というのは最近よく聞く相場評の1つだが、これはあくまでも目先の話。中期的な値動きを見ると、銘柄ごとの優劣が、かなりはっきりしてきている。

続きを読む>>

会社側予想の”クセ”に着目 「一貫保守派」と「永遠の楽観主義」【日本証券新聞 4月22日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月22日

・時をかける「消費税」 巡り巡って香港危機も!?
・ノンバンク株が軒並み急騰 貸金規制の緩和報道が刺激
・筍狩りに行こう リオン 「増額」で足元好調を確認
・BS11 新展開入り迫る 広告収入が好調

続きを読む>>

自社株買い候補に照準 クレディ・スイスが選定

セクター 個別

DeNA(2432) 週足

これから本格化する決算発表シーズンは、自社株買い発表ラッシュの季節でもある。とりわけ、足元の株価が低迷し、買い手不在の深刻化する現在の地合いだけに、発表企業への注目度合いも高まるところだ。単純な需給好転要因である一方、自社株買いを発表するということは、「自社の株価が割り安」というメッセージを示す“シグナリング効果”も期待されるためだ。

続きを読む>>

明日の材料 東日本ハウス、カワチ薬品、アスクル、ハニーズ、GMOペイメントゲートウェイなど

個別

■スリー・ディー・マトリックス(7777)
 自己組織化ペプチド技術の「創傷治癒・皮膚再建材」に関する特許取得
■象印マホービン(7965)
 第1四半期決算、第2四半期及び通期業績予想を上方修正
■ジャステック(9717)
 第1四半期決算、第2四半期業績予想を上方修正

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ホクト、ダイドーリミテッド、日産化学、キッセイ薬品工業、オリエンタルランドなど

個別

■日本ケミコン(6997) 322円〔-3円、-0.92%〕
 第3四半期決算を発表。野村証券では「Buy」継続
■東京ガス(9531) 477円〔-23円、-4.60%〕
 JPモルガンが投資判断を「Neutral」に引き下げ
■ソフトバンク(9984) 7,218円〔+154円、+2.18%〕
 切り返しプラス圏に、値頃感による買い戻しの動きか

続きを読む>>

概況/前引け 東証は全面安。米ISMの低下でNYダウが大幅続落、円高も重し。ただ、ソフトバンクは切り返し

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,236円59銭の382円54銭安、TOPIXは1,159.29の37.03ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は25、値下がり銘柄数は1,747。出来高は22億3,617万株、売買代金は1兆8,195億円。

続きを読む>>

明日の材料 日本M&Aセンター、NECフィールディング、生化学工業、オリエンタルランド、サイバーエージェントなど

個別

■昭和飛行機工業(7404)
 三井造船(7004)が1株1,650円でTOB
■東京エレクトロン(8035)
 第3四半期決算、太陽光パネル製造装置事業からの撤退を発表
■KDDI(9433)
 第3四半期決算、期末配当予想を60円→70円へ引き上げ

続きを読む>>

今あえて見直す「新興国関連」 過剰反応経た修正高余地も 【NSJ日本証券新聞 1月30日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月30日

・話題 魅力高まる沖縄セルラー 株主優待制度を新設
・今年も活発!?完全子会社化 高額プレミアム候補は
・ニチレキS高、アドバンテストは急落 3Q決算・業績修正発表で明暗
・四国化成 ニッチ市場の高シェア企業 今3月期は上ブレ含み

続きを読む>>

キーワードは「首都・東京」“NISA効果”投信設定相次ぐ 【NSJ日本証券新聞 1月16日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月16日

・沖縄関連に妙味あり 復興予算増額、観光促進…
・JASDAQ「6000番台」低位製造株にうねり
・NT倍率“いってこい”調整一巡ムードを促す
・3Dマトリックス ストップ高 画期的な止血材「TDM-621」

続きを読む>>

2013年相場、勝ち組銘柄の属性 新興市場は5倍、10倍当たり前… 【NSJ日本証券新聞 12月27日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月27日

・インフラ老朽化対策本番 ショーボンドが高値更新
・NISA買い付け開始 TOPIX型の相場に
・サンセイランディック S高 今12月期の上方修正を好感
・「個人好み銘柄」大幅高 OLC、コロワイドなど

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 カルソニックカンセイ(7248)、オリエンタルランド(4661)

テクニカル 個別

カルソニックカンセイ(7248) 週足

基準線が上昇に転じるタイミングに近く、もみ合いから一段高に展開していく公算が高い。遅行スパンも逆転を回避し、当時上昇に転じた局面に差し掛かる。直近高値560円を付けにいった陽線に対して陰線で押さえ込むも、転換線(495円)まで押さない強さ。

続きを読む>>

12月期末一括「高配当」銘柄 高値波乱局面で光る 【NSJ日本証券新聞 12月5日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月5日

・バイオ関連 例年通り年末高へ
・13年ぶり高水準 NT倍率急拡大の帰結は…
・三菱UFJ投信「第6回ブロガーミーティング」開催 投信ブロガー、NISA口座を語る
・良品計画 逆行高鮮明 大人気の「食品」が米国初上陸

続きを読む>>

竹中三佳の「株Catch one’s eye」 Part.22 夢の国でクリスマス

竹中三佳の株Catch one's eye 連載

竹中三佳

ハロウィンの終わった今、次のイベントはクリスマス。早速、友達と東京ディズニーランド、ディズニーシーの下調べをしています。両パークとも11月7日からクリスマス限定イベントが行われるのでそれらを加味しつつ、「わいわい楽しむならランド、お酒を片手にしっとり楽しむならシーだよねぇ」と楽しく頭を悩ませています。

続きを読む>>

クリスマス商戦に突入 テーマパークや消費・行楽関連に注目

概況

不二家(2211) 週足

クリスマスの動きを真っ先に始めるのが、テーマーパークだ。オリエンタルランド(OLC・4661)が運営する東京ディズニーランドでは、11月7日から「クリスマス・ファンタジー」をスタートさせる。大阪でもユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が11月15日から「ユニバーサル・ワンダー・クリスマス」の季節イベントがスタートする。

続きを読む>>

キーワードは「営業最高益」 旭化成、日油の高値更新に続け!! 【NSJ日本証券新聞 11月6日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 11月6日

・銘柄一本勝負 CKD 今期業績を増額でも、なお堅め
・出資先のIPO好感 オプト人気
・過去10年の経験が証明!? 11月は「買い下がりOK」
・ジャムコ 見直し余地大 ボーイング「787」向け 5年先まで受注確保

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) クレハ、チタン工業、東京鐵鋼、リョービ、日立製作所、アルプス電気など

概況

■東京鐵鋼(5445) 432円〔-42円、-8.86%〕
 14時に下方修正を発表
■スカパーJSATホールディングス(9412) 573円〔+44円、+8.32%〕
 前日発表した第2四半期決算が好感、年初来高値更新
■江守商事(9963) 1,627円〔+114円、+7.53%〕
 13時に通期業績予想の増額、期末配当予想を引き上げを発表

続きを読む>>

明日の材料 パナホーム、オリエンタルランド、富士フイルム、大平洋金属、パナソニック、ホンダ、任天堂など

個別

■GMOペイメントゲートウェイ(3769)
 平成25年9月期決算を発表、今26年9月期は20.3%増収、20.8%営業増益を計画
■NEC(6071)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 4.5%減収、99.2%営業減益
■東芝(6502)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 13.2%増収、53.7%営業増益
■日信工業(7230)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 22.3%増収、45.7%営業増益
■ANAホールディングス(9202)
 第2四半期決算、通期業績予想の下方修正、減配(4円→3円)を発表

続きを読む>>

話題銘柄をテクニカルで斬る オリエンタルランド(4661)、高島屋(8233)

テクニカル 個別

オリエンタルランド(4661) 週足

「株価は実体景気に半年から1年先行する」来年の増税で個人消費はどうなるか。個人消費の指標として、家族連れレジャーの定番ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランド(4661)、高級ブランド品やお歳暮で潤う高島屋(8233)で考える。株価データは過去1年の週足ローソク足。分析ツールは13週、26週の株価移動平均線と出来高を使用する。

続きを読む>>

中小型の上方修正銘柄が人気 メディアGL、第一建設工業など 【NSJ日本証券新聞 10月22日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 10月22日

・銘柄一本勝負 田淵電機 パワコン事業は好調を持続中
・「3月期」がなくなる!? 決算期変更相次ぐ予感
・年末株価着地点は 超強気・野村vsその他大勢
・IPOエネリスは依然、人気沸騰中 国策のど真ん中に乗る

続きを読む>>

明日の材料 エムビーエス、ゲンダイエージェンシー、オリエンタルランド、東京製鐵、安川電機、ワコムなど

個別

■亀田製菓(2220)
 第2四半期売上高予想を42,000→43,200百万円へ、営業利益予想を700→70百万円へ修正
■ゲンダイエージェンシー(2411)
 第2四半期決算、通期業績予想の上方修正を発表
■ダイハツディーゼル(6023)
 第2四半期及び通期業績予想の上場修正を発表
■メディアグローバルリンクス(6659)
 ワールドカップブラジル大会、韓国MBCで「MD8000」が採用
■ジャフコ(8595)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 185.8%増収、営業利益は14.3倍

続きを読む>>

第2四半期決算スタート 通期増額修正期待が相次ぐ

個別 概況

3月期企業の第2四半期決算発表がいよいよ本格化してくる。

主な企業の発表スケジュールとしては、今週末18日に安川電機(6506)、22日に日電産(6594)、24日に信越化学(4063)、25日にJFE(5411)、ドコモ(9437)と続く。そして発表社数のピークは10月31日。この日はJT(2914)、三菱重(7011)のほか、ソニー(6758)、パナソニック(6752)の電機株や富士重(7270)、マツダ(7261)の自動車株、さらには、武田(4502)、塩野義(4507)の薬品株などの発表が予定されている。

続きを読む>>

アナリストの五感+1 訪日外国人増で期待できる企業

セクター 個別

ロイヤルHD(8179) 週足

東京の街を歩いていると訪日外国人とみられる人達をよく見かける。おととしは中国人が目立っていたが、今は、東南アジア、欧米人など人種も多様化してきた。先日も日本橋への行き方を聞かれた。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) フェリシモ、田中化学研究所、日本フイルコン、ミネベア、古野電気、良品計画など

個別

■ミネベア(6479) 513円〔+2円、+0.39%〕
 JPモルガンが投資判断を「Overweight」へ引き上げ
■スギホールディングス(7649) 4,100円〔-60円、-1.44%〕
 第2四半期決算を発表、SMBC日興証券では「2」継続
■ニコン(7731) 1,700円〔-11円、-0.64%〕
 クレディ・スイスでは目標株価を2,100円に引き上げ、「OUTPERFORM」を継続
■イオン(8267) 1,335円〔-5円、-0.37%〕
 自社ショッピングセンターなどを組み入れたREITを上場させる方針との日経報道

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ダイセキ環境ソリューション、ミクシィ、オリエンタルランド、GSユアサなど

個別

■パナホーム(1924) 627円〔-19円、-2.94%〕
 ドイツ証券が投資判断を「Hold」に引き下げ
■コロプラ(3668) 2,394円〔+129円、+5.70%〕
 「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」が累計800万ダウンロードを突破
■ガリバー(7599) 596円〔+6円、+1.01%〕
 第2四半期業績予想の上方修正を発表
■しまむら(8227) 10,220円〔-180円、-1.73%〕
 野村証券が目標株価を12,500円へ引き下げ、「Buy」は据え置き

続きを読む>>

明日の材料 ミクシィ、ハニーズ、コロプラ、オリエンタルランド、良品計画、三井物産など

個別

■ファーマライズホールディングス(2796)
 ファミリーマートとの包括提携に基づく1号店を開局
■良品計画(7453)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 14.0%増収、2.3%営業増益
■ガリバーインターナショナル(7599)
 第2四半期売上高予想を72,700→83,400百万円へ、営業利益予想を3,000→3,600百万円へ増額修正
■日神不動産(8881)
 不動産証券化市場での積極的な事業展開を検討するため日神不動産投資顧問を設立

続きを読む>>

7月訪日外国人数の発表は21日 国内レジャー・観光関連株に投資妙味

セクター 個別

サンリオ(8136) 日足

日本政府観光局は21日、7月の訪日外国人数の発表を予定している。5月の87万人(前年同月比31.2%増)、6月の90万人(同31.9%増)を上回る伸長を期待しつつ「国内娯楽」に注目したい。

続きを読む>>

秋口のイベントラッシュが刺激材料 “アベノミクス前”の薄商いに 【NSJ日本証券新聞 8月21日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 8月21日

・7月訪日外国人数の発表は21日 国内レジャー・観光関連株に投資妙味
・誤発注証券は“内閣直属” 中国・光大証券の素顔
・「ポケモン」人気健在、物色の手掛かりに

続きを読む>>

真価問われる「指数算入」通過後 東証・大証統合から1カ月 【NSJ日本証券新聞 8月16日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 8月16日

・ブラインドインタビュー 総合取引所が動き出す? 大証デリバティブ市場に東商取が統合へ
・グリー 久々の物色人気の主役 アナリストは変化に期待
・「魔の木曜日」転じて 7連勝中“天国の火曜日”
・バリューコマース3連騰 材料満載、業績拡大に期待大

続きを読む>>

想定外の好決算銘柄に人気集中 選別物色強まる 【NSJ日本証券新聞 8月1日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 8月1日

・ブラインドインタビュー TPPで集落崩壊が加速? 政府補助金が離農者創出
・足利銀行 再上場へ
・内需高業績株を再チェック グリコ、OLCなど注目
・注目の英中銀・欧州中銀政策会合 景気悪化に一息も

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ウエストホールディングス、JT、三洋化成工業、合同製鐵、廣済堂など

個別

■アルプス電気(6770) 741円〔-26円、-3.39%〕
 お昼休み中に第1四半期決算を発表
■デンソー(6902) 4,520円〔-140円、-3.00%〕
 上方修正を発表
■ファナック(6954) 14,910円〔-40円、-0.27%〕
 シティグループが投資判断を「1」に引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 GCAサヴィアン、ワッツ、電通、OLC、エクセディ、KDDI、ソフトバンクなど

個別

■富士フイルム(4901):第1四半期決算を発表、前年同期比 9.7%増収、19.9%営業増益
■三井造船(7003):第1四半期決算、第2四半期及び通期業績予想の上方修正を発表
■ショーワ(7274):第1四半期決算を発表、前年同期比 8.6%増収、29.4%営業増益
■ロイヤルホールディングス(8179):第2四半期売上高予想を57,000→57,400百万円へ、営業利益予想を900→1,180百万円へ増額修正

続きを読む>>

お盆休みシーズン 国内テーマパークに脚光 新たな施設オープンやイベントが話題

セクター 個別

OLC(4661) 日足

8月のお盆休みへ向けて本格的な行楽シーズンを迎える。
景況感の回復から海外旅行への動きも活発化しそうだが、国内での人気スポットは、やはりテーマパークだろう。

続きを読む>>

株式分割候補を探せ! 来春NISA導入が切り口

個別 概況

オークファン(3674) 日足

最近、株式分割を発表する企業が相次いでいる。17日に1対5分割を発表したオークファン(3674・東マ)がストップ高。1対200(実質1対2)分割発表のITbook(3742・東マ)も大幅高と、株価への感応度の高さも目立つ。特に、オークファンの場合、17日終値が1万3,710円で、100株単位のため、これまで最低単位の投資にも100万円を優に超える資金を必要とした。9月末に株式分割の権利を落とせば、一般個人投資家にもぐっと買いやすくなることがポイントだ。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ローソン、トーヨーアサノ、コマツ、共立印刷など

個別

■ダイハツ工業(7262) 2,056円〔+22円、+1.08%〕
 SMBC日興証券が目標株価を2,300円に引き上げ

■マニー(7730) 3,600円〔+135円、+3.90%〕
 第3四半期決算を発表。大和証券では3,290円程度の評価

■3Dマトリックス(7777) 4,700円〔-400円、-7.84%〕
 公募増資などで約22.6億円を調達すると発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ポールHD、オリエンタルランド、JFEホールディングス、川崎重工業など

概況

■川崎重工業(7012) 324円〔-9円、-2.70%〕
 新型哨戒機「P1」に不具合、納入遅延

■日野自動車(7205) 1,374円〔-2円、-0.15%〕
 丸三証券が新規「買い」

■サンワドー(7430) 700円〔-39円、-5.28%〕
 第1四半期決算を発表、前年同期比 2.2%減収、55.2%営業減益

続きを読む>>

観光ビジネス関連に追い風 東南アジア向けビザ緩和が閣議決定

セクター 個別

ANA(9202) 週足

政府が11日に観光立国推進会議を開催し、東南アジア向けのビザ(査証)の発給用件を今夏から緩和する方針を閣議決定したことが伝えられた。昨年末からの急速な円安を受けて、日本へ訪れる外国人観光客は増加しているが、今回のビザ発給用件緩和となれば、観光ビジネスにとっては追い風となりそうだ。

続きを読む>>

ファストリで読む大波乱相場 日経平均+315円→-1,143円の暴落 【NSJ日本証券新聞 5月24日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 5月24日

・アルゴリズム取引の脅威 緊急証券ディーリング・ルーム・レポ
・ブラインドインタビュー 波乱場面でも個人は余裕?
・“黒田節”及ばず長期金利1% ポジティブ銘柄の顔ぶれは?

続きを読む>>

明日の材料 日本海洋掘削、キリンHD、大日本塗料、TDK、ホンダなど

個別

■石油資源開発(1662)
 通期売上高予想を228,749→231,086百万円へ、営業利益予想を11,925→13,906百万円へ増額修正

■ケアサービス(2425)
 1対200株の株式分割、1単元を100株に設定

■キリンHD(2503)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 4.7%増収、4.6%営業減益

■アールテック・ウエノ(4573)
 重症ドライアイに対する遺伝子組換え人血清アルブミン点眼液の新薬臨床試験開始(IND)申請承認

続きを読む>>

個別銘柄動向 アスクル、総合メディカル、リョービ、スーパーツールなど

個別

■スーパーツール(5990) 362円〔+41円、+12.77%〕
 上方修正から買い先行

■太陽誘電(6976) 1,407円〔+22円、+1.59%〕
 為替前提の変更から、クレディ・スイスでは「NEUTRAL」へ引き上げ

■オリンパス(7733) 2,309円〔-31円、-1.32%〕
 UBS証券では「Buy」継続

続きを読む>>

指数、売買代金は5年ぶりの大復活 新興市場が強調展開 【NSJ日本証券新聞 4月19日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 4月19日

・ブラインドインタビュー 金、140ドル安の衝撃! インデックスファンドが悪役?
・調整係数解除銘柄に感心 勝負は「向こう1週間」!?
・「今日の勝負株」戦績表
・公共交通機関24時間運行で関心 重要度高まる鉄道の運行システム

続きを読む>>

個別銘柄動向 カービュー、コシダカ、デジタルハーツ、丸一鋼管、日東電工など

個別

■クラレ(3405) 1,328円〔-10円、-0.75%〕
 クレディ・スイスが投資判断を「OUTPERFORM」に

■デジタルハーツ(3620) 923円〔+137円、+17.43%〕
 サイバーセキュリティサービスの開始が材料視

■コーエーテクモ(3635) 789円〔-40円、-4.83%〕
 下方修正を発表

続きを読む>>

明日の材料 カワチ薬品、フェリシモ、OLC、ライトオン、しまむらなど

個別

■アドテック(6840)
 1,818,236株の自己株式消却を発表

■アイレックス(6944)
 適切な会計処理が行われていなかった可能性があり、調査を進めると発表

■ライトオン(7445)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 3.8%減収、7.8%営業増益

続きを読む>>

個別銘柄動向 日本ハム、アドウェイズ、JT、アステラス、ケンウッドなど

個別

■住友電設(1949) 1,080円〔+90円、+9.09%〕
 上方修正を発表

■日本ハム(2282) 1,317円〔+80円、+6.47%〕
 米国輸入牛肉の規制緩和で恩恵

続きを読む>>

個別銘柄動向 博展、一休、東京鐵鋼、ヒロセ電機、任天堂など

個別

■東京鐵鋼(5445) 387円〔+21円、+5.74%〕
 第3四半期決算、利益面での上方修正を発表

■鈴茂器工(6405) 844円〔+65円、+8.34%〕
 上方修正が材料視

続きを読む>>

明日の材料 一休、スタートトゥデイ、OLC、アドバンテスト、オムロン、ワコム、Eギャランティ、マガシークなど

個別

■一休(2450):第3四半期決算、通期業績予想の増額、期末配当予想の修正(1,100→1300円)を発表
■宝HD(2531):第3四半期決算を発表、前年同期比 0.7%増収、5.8%営業減益
■マガシーク(3060):NTTドコモ(9437)が1株135,000円でTOB
■スタートトゥデイ(3092):第3四半期決算、通期業績予想の減額、株主総会ZOZOTOWN スペシャル福袋の配布取り止め

続きを読む>>

NSJ日本証券新聞 12月27日付け

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月27日付け

・パワービルダー再編の背景と行方 ・IPO 2012年総括 エイチームの好ダッシュ際立つ ・野村vs大和、高値で並ぶ 激しさ増すライバル対決 ・2大都市圏以外のテーマパークも回復 円安で外国人環境客増に期待 ・シカゴコー…

続きを読む>>

クリスマス 関連銘柄をチェック 年末株高も消費を刺激 不二家、OLC、任天堂など

セクター 個別

不二家(2211) 日足

いよいよ来週24日のクリスマスイブが目前に迫ってきた。国内でもクリスマスイベントが定着し11月ごろから大手小売店を中心にクリスマスセールが開催されているが、今年の場合は年末に向け日経平均が急騰したこともあり、心理的な面で…

続きを読む>>

電通、ファーストリテ、LIXILが代表格  「師走高習性」銘柄にロックオン

個別 連載

電通(4324) 日足

過去の株価推移を基に、「12月(師走)高習性」を持つとみられる銘柄に光を当ててみたい。年内最終月である12月は、外国人がクリスマス休暇入りする月後半に極端な薄商いが訪れ、一方で新興市場銘柄が人気化するなど、毎年、比較的似…

続きを読む>>