4585

明日の材料 三井住建道路、三井住友建設、五洋建設、テンプホールディングス、新日本科学、オープンハウスなど

個別

■第一生命保険(8750):第3四半期決算を発表、経常利益は前年同期比25.8%増
■アサツーディ・ケイ(9747):平成26年12月期決算を発表、今27年12月期は1.4%増収、17.2%営業増益を計画
■富士ソフト(9749):平成26年12月期決算を発表、今27年12月期は2.4%増収、2.3%営業増益を計画

続きを読む>>

2015年バイオ株展望 いちよし経済研究所 山崎清一首席研究員

セクター 個別

山崎清一首席研究員

大手製薬のリストラに象徴される製薬を取り巻く環境変化を底流に、中堅製薬や創薬系バイオベンチャーに関心を寄せる機関投資家が増えてきている。
昨年、バイオベンチャー主要株で構成するバイオインデックスは、日経平均に対し久々にアンダーパフォームしたが、これは円安による輸出株の上昇とiPS関連の反動安が要因。

続きを読む>>

ROE向上への特効薬 「リキャップCB」実施候補は【日本証券新聞 1月29日】

日本証券新聞

日本証券新聞 1月29日

・菊池製作所 急動意 マッスルスーツ量産ライン稼働
・日経平均は続伸 新高値、201銘柄
・2015年バイオ株展望 キーワードは「現実の利益」「グローバル力」
・カシオ 高値抜け目前 業績上ブレ、増配を期待

続きを読む>>

「インフルエンザ」対策関連マーク強まる

セクター 個別

富士紡HD(3104) 日足

インフルエンザの流行が昨年末にかけて大都市圏で加速したことが判明。国立感染症研究所の8日発表データによると、2014年第52週(12月22-28日)の受診患者数は推定138万人で、前週(72万人)からほぼ倍増した。

続きを読む>>

変身期待銘柄を狙う 東レ、大成建設、CYBERDYNE【日本証券新聞 1月13日】

日本証券新聞

日本証券新聞 1月13日

・1・14は上昇特異日 戦後の勝率「77%」
・テールリスクいろいろ 「とんでも予想2015」
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.71 ポムポムプリンカフェ
・「インフルエンザ」対策関連マーク強まる
・建設関連の中小型株 軒並み高株 式併合予定の暁飯島も

続きを読む>>

2014年末 新興2市場時価総額ランキング

個別 概況

竹内製作所(6432)  週足

表は2014年末のJASDAQ、マザーズの新興2市場の時価総額ランキングだ。
マザーズでは時価総額3,000億円クラスのコロプラ(3668)、サイバーエージ(4751)や、同1,000億円規模のユーグレナ(2931)など主要株が相次いで東証1部に移行したこともあり、時価総額1,000億円以上は4銘柄にまで減少。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は5営業日続伸、NYダウの18,000ドル台乗せや円安を好感。自動車株が高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,854.23円の219.09円高、TOPIXは1,426.02の12.97ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,172、値下がり銘柄数は560。出来高は21億3,937万株、売買代金は2兆403億円。

続きを読む>>

明日の材料 テンプホールディングス、クエスト、クラレ、データセクション、田辺三菱製薬など

個別

■ピクセラ(6731) 110円〔-13円、-10.57%〕
 東証1部から2部へ指定替え
■西松屋チェーン(7545) 975円〔+37円、+3.94%〕
 12月度の既存店売上高は100.8%
■CYBERDYNE(7779) 3,180円〔+324円、+11.34%〕
 オムロンとロボット事業を含む事業基本合意

続きを読む>>

明日の材料 マルハニチロ、ネクスト、日本駐車場開発、メディネット、マルサンアイなど

個別

■ピープル(7865):11月度の売上高は前年比103.8%
■三井倉庫ホールディングス(9302):ロジスティクス事業に関する合弁事業開始
■ニトリホールディングス(9843):第3四半期決算を発表、前年同期比9.5%増収、12.9%営業増益

続きを読む>>

大量保有報告書で読む機関投資家動向 ブラックロック 日本株買い継続【日本証券新聞 9月26日】

日本証券新聞

日本証券新聞 9月26日

・マネックス証券 執行役員佐藤歩氏に聞く 米国株の魅力
・サイバーダインS高 介護ロボット関連の人気高揚
・リボミック 初値20%安 2カ月ぶり公募割れ発進
・今なぜか大手生保株 「株高」「円安」「金利高」のトリプルメリット享受

続きを読む>>

「ドル円相場高く、株肥ゆる秋」 1ドル=120円が視野に【日本証券新聞 9月11日】

日本証券新聞

日本証券新聞 9月11日

・リーマン破綻から6年 3連休明けは要注意か
・UMNファーマが一時S高 いちよし経研が新規「A」
・リユース関連 消費増税の影響軽微
・大手商社株に見直し機運 三菱商事、丸紅が高値更新

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 東建コーポレーション、菊池製作所、テックファーム、ビットアイルなど

個別

■ミロク(7983) 436円〔+80円、+22.47%〕
 上方修正を発表
■H2Oリテイリング(8242) 1,734円〔+23円、+1.34%〕
 東海東京調査センターが新規「2」に設定
■ヤマトホールディングス(9064) 2,018円〔-14円、-0.69%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を引き下げ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 東日本ハウス、エービーシー・マート、タキロン、UMNファーマなど

個別

■ピープル(7865) 635円〔+10円、+1.60%〕
 第2四半期決算を発表
■トレイダーズホールディングス(8704) 61円〔+16円、+35.56%〕
 円安を背景にFX事業者物色の流れ
■川崎汽船(9107) 259円〔+10円、+4.02%〕
 JPモルガンでは「Overweight」継続

続きを読む>>

明日の材料 東日本ハウス、UBIC、エービーシー・マート、アダストリアホールディングスなど

個別

■マネーパートナーズグループ(8732)
 海外専用のトラベルプリペイドカード「マネパカード」の提供開始
■スターツコーポレーション(8850)
 9月16日をもって東証1部銘柄になることが決定
■泉州電業(9824)
 第3四半期決算を発表、前年同期比7.5%増収、27.5%営業増益

続きを読む>>

明日の材料 UBIC、テラ、一休、コロプラ、VOYAGE GROUP、M&Aキャピタルなど

個別

■スカパーJSATホールディングス(9412)
 第1四半期決算を発表、前年同期比2.9%増収、34.6%営業増益
■KDDI(9433)
 第1四半期決算を発表、前年同期比1.8%増収、9.0%営業増益
■エイチ・アイ・エス(9603)
 転換社債型新株予約権付社債200億円を発行

続きを読む>>

明日の材料 三機工業、ネクスト、アコーディア・ゴルフ、シンワアートオークション、アサヒグループホールディングスなど

個別

■西松屋チェーン(7545)
 7月度の全店売上高は前年比96.4%、既存店は94.4%
■日本BS放送(9414)
 買い物優待券を贈呈する株主優待制度を新設
■両毛システムズ(9691)
 第1四半期決算を発表、前年同期比1.2%増収、営業利益は△114百万円

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) マルハニチロ、ミクシィ、フィスコ、UMNファーマなど

個別

■ウエスコホールディングス(6091) 220円〔+21円、+10.55%〕
 上方修正を発表
■長野計器(7715) 684円〔+44円、+6.88%〕
 遅延していた平成26年3月期決算を発表
■アインファーマシーズ(9627) 4,655円〔+5円、+0.11%〕
 野村証券が目標株価を5,600円に引き下げ

続きを読む>>

追加緩和期待の後退で矛先 バイオ関連&直近IPOが浮上【日本証券新聞 4月10日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月10日

・過去20年間で9回記録 大逆転の4-6月高値は?!
・新たな評価軸に急浮上 「ガバナンス」改善への道
・「調整係数」解除銘柄に照準 買いインパクトで選別
・アルバイトT、急伸 好決算&自社株買を好感 同業のディップもツレ高

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 森永乳業、アルバイトタイムス、ラクオリア創薬、UMNファーマなど

個別

■東洋電機製造(6505) 350円〔+21円、+6.38%〕
 SMBC日興証券が投資判断を引き上げ
■ジャムコ(7408) 1,873円〔+73円、+4.06%〕
 航空機用シート事業へ本格参入
■ファミリーマート(8028) 4,010円〔-360円、-8.24%〕
 平成26年2月期決算を発表

続きを読む>>

日経平均一時1万5000円台乗せ 円安進展で「リスク・オン」鮮明に【日本証券新聞 4月3日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月3日

・季節外れの日経平均入れ替え 波乱くぐったマルハニチロ
・「労働力不足」 注目度増す求人広告関連 家庭生活支援サービス関連にも追い風
・4月相場で出番! 新興バイオ関連株が動意
・スクリーン 500円台回復 バークレイズが高評価

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) タムロン、IBJ、高橋カーテンウォール、ヒト・コミュニケーションズ、木村化工機など

個別

■ファナック(6954) 16,550円〔+350円、+2.16%〕
 JPモルガンが投資判断を「Neutral」に引き上げ
■ミクシィ(2121) 6,920円〔+680円、+10.90%〕
 モンスターストライクの利用者が300万人を突破
■JIN(3046) 2,531円〔+20円、+0.80%〕
 クレディ・スイスが投資判断を「NEUTRAL」に引き下げ

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均はプラス圏に持ち直し。10-12月期GDPが予想を下回ったものの、日銀金融政策決定会合への期待も

概況

日経平均 15分足

前引けの日経平均は14,369.78円の56.75円高、TOPIXは1,187.55の3.73ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,107、値下がり銘柄数は548。出来高は11億7,371万株、売買代金は9,800億円。

続きを読む>>

明日の材料 山崎製パン、ファンコミュニケーションズ、宝ホールディングス、ディーブイエックス、グリー、楽天など

個別

■IBJ(6071)
 平成25年12月期決算、1対3の株式分割
■日本電子(6951)
 ニコン(7731)と資本業務提携
■大塚家具(8186)
 平成25年12月期決算を発表、今26年12月期は4.0%増収、45.2%営業増益
■アサツーディ・ケイ(9747)
 平成25年12月期決算を発表、今26年12月期は1.8%増収、167.5%営業増益を計画

続きを読む>>

概況/前引け 米国株の続伸を好感。一方、東和薬品はメリルリンチの格下げで下落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,879円81銭の71円08銭高、TOPIXは1,305.22の10.70ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,268、値下がり銘柄数は401。出来高は15億6,685万株、売買代金は1兆2,178億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 省電舎、矢作建設工業、エスプール、インフォマートなど

個別

■UMNファーマ(4585) 3,620円〔+305円、+9.20%〕
 季節性インフルエンザワクチンに関する結果サマリーを公表
■ペプチドリーム(4587) 14,480円〔+1,050円、+7.82%〕
 7-12月期の営業利益が2億円程度との報道
■日本信号(6741) 960円〔+30円、+3.23%〕
 みずほ証券が目標株価を1,120円に引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 サンヨーホームズ、ファンコミュニケーションズ、北の達人コーポレーション、日本アコモデーションファンド投資法人など

個別

■ハーモニック・ドライブ・システムズ(6324)
 第3四半期の受注高は前年同期比 120.6%、売上高は129.0%
■ミスターマックス(8203)
 オンラインショップにて一般用医薬品の販売を開始
■高島屋(8233)
 12月度の営業報告、百貨店は2カ月連続の前年比プラス

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) マルハニチロ、UMNのファーマ、デジタルガレージ、日本板硝子など

個別

■サムコ(6387) 970円〔+73円、+8.14%〕
 来年1月9日をもって東証1部銘柄に指定
■セーラー万年筆(7992) 45円〔-7円、-13.46%〕
 ノンコミットメント型のライツ・オファリングを発表
■江守商事(9963) 2,193円〔+140円、+6.82%〕
 TIWが投資判断を引き上げ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ディー・エヌ・エー、ファンコミュニケーションズ、UMNファーマ、日精ASB機械、安川電機など

個別

■スルガ銀行(8358) 1,619円〔+20円、+1.25%〕
 バークレイズでは「オーバーウエイト」
■第一生命保険(8750) 1,617円〔+56円、+3.59%〕
 バークレイズが投資判断を「オーバーウエイト」に引き上げ
■GMOインターネット(9449) 1,348円〔+73円、+5.73%〕
 モバイルゲーム向けクラウド事業拡大のため、韓国子会社を設立

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ウライ、UMNファーマ、オークマ、ジェイテクト、日本ケミコンなど

個別

■千代田化工建設(6366) 1,374円〔+39円、+2.92%〕
 野村証券が目標株価を1,700円に引き上げ、投資判断は「Buy」
■GSユアサ(6674) 598円〔-6円、-0.99%〕
 クレディ・スイスが投資判断を「UNDERPERFORM」に引き下げ
■古河電池(6937) 573円〔+20円、+3.62%〕
 インドネシアで合弁会社を設立

続きを読む>>

明日の材料 新日本科学、ウライ、UMNファーマ、クレスコ、ウチヤマホールディングス、セガサミー、日立など

個別

■日本ケミコン(6997)
 公募増資等により約76億円を調達
■シノケングループ(8909)
 株主優待制度の導入を発表、保有株式数・期間に応じてクオカードを贈呈
■コムテック(9657)
 7万株、49百万円を上限に自社株買い
■LINE、登録ユーザー数が3億人を突破

続きを読む>>

明日の材料 カルビー、比較.com、コムチュア、日本ケミファ、クボタ、NTN、日産など

個別

■セガサミーホールディングス(6460)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 18.8%増収、57.1%営業増益
■ミネベア(6479)
 第2四半期決算、通期業績予想の上方修正を発表
■スズキ(7269)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 11.7%増収、36.5%営業増益
■キヤノンMJ(8060)
 450万株、50億円を上限に自社株買い

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 長谷工、オープンハウス、神鋼環境ソリューション、小糸製作所など

個別

■モブキャスト(3664) 1,846円〔+10円、+0.54%〕
 「モバサカ」の国内会員数が70万人を突破
■UMNファーマ(4585) 4,345円〔+130円、+3.08%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券では成長ステージへ移行へと
■資生堂(4911) 1,711円〔+81円、+4.97%〕
 シティグループが投資判断を「売り」→「買い」に引き上げ
■サクサホールディングス(6675) 158円〔-13円、-7.60%〕
 下方修正から東証1部値下がり率トップに

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は一時314円高。消費者金融や半導体関連が高い。一方、建設株は値下がり

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,505円36銭の193円69銭高、TOPIXは1,193.07の11.43ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,083、値下がり銘柄数は557。出来高は30億8,950万株、 売買代金は2兆626億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ファンコミュニケーションズ、日本ケミカルリサーチ、デイ・シイ、NTN、コメリなど

個別

■メドレックス(4586) 2,776円〔+433円、+18.48%〕
 リドカインテープ剤について国内特許承認
■川崎重工業(7012) 404円〔+18円、+4.66%〕
 米国で鉄道車両1,800億円受注との報道
■岩井コスモホールディングス(8707) 1,514円〔+52円、+3.56%〕
 中間配当予定額を15円と発表、中間配当は4期ぶりに

続きを読む>>

明日の材料 オプト、プラネット、あさひ、ガンホー、東海東京、岩井コスモなど

個別

■パレモ(2778)
 第2四半期及び通期業績予想の下方修正を発表
■アクロディア(3823)
 東京スタイルの公式通販サイトに子会社のる統合ECフルフィルメントサービスが採用
■免疫生物研究所(4570)
 エムコスメティックスを子会社化、化粧品の通信販売を開始
■ナノキャリア(4571)
 台湾OEP社の製造子会社へ出資

続きを読む>>

新興市場版 決算発表スケジュール(7月最終週) コロプラなど注目銘柄が続々開示 楽天は8月2日発表

個別 概況

コロプラ(3668) 日足

新興市場では23日に第1四半期(4-6月)業績を発表したカービュー(2155・東マ)、沖縄セルラー(9436・JQ)がそろって決算好感の動き。

続きを読む>>

概況/前引け NYダウの353ドル安を受けて、東証も全面安。ただ、ドル高・円安から下げ幅はやや縮小

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,075.21ポイントの16.60ポイント安、日経平均は12,901.31円の113.27円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は212、値下がり銘柄数は1,425。出来高は13億8,111万株、売買代金は1兆522億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 亀田製菓、河合楽器製作所、UMNファーマ、オオバなど

個別

■河合楽器製作所(7952) 173円〔+13円、+8.13%〕
 岡三証券では投資判断を「中立」→「強気」に

■ピジョン(7956) 7,430円〔-60円、-0.80%〕
 野村証券が目標株価を9,200円に引き上げ、「Buy」継続

■イオン(8267) 1,251円〔+9円、+0.72%〕
 大和証券ではレーティング「2」、目標株価を1,500円に

続きを読む>>

明日の材料 青木あすなろ建設、ODKソリューションズ、ナノキャリア、カイオムなど

個別

■カイオム(4583)
 富士レビオと特許実施許諾契約

■中山製鋼所(5408)
 債務免除(602億円)等の金融支援を得たと発表

■東邦ホールディングス(8129)
 2016年3月までの新中期経営計画を策定、概要を公表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) パナホーム、免疫生物研究所、UMNファーマ、東京急行電鉄など

個別

■東京急行電鉄(9005) 679円〔+14円、+2.11%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を「Outperform」に引き上げ

■東海旅客鉄道(9022) 12,150円〔+200円、+1.67%〕
 SMBC日興証券では目標株価を16,000円へ引き上げ、「1」の投資評価を継続

■ピー・シー・エー(9629) 1,050円〔+5円、+0.48%〕
 単元株式数を500株→100株へ変更

続きを読む>>

明日の材料 東急建設、コメ兵、UMNファーマ、アイメタルテクノロジー、PSSなど

個別

■アイメタルテクノロジー(5605)
 TDF(5641)、自動車部品工業(7233)と共同持株会社を設立

■アドテック(6840)
 ハードウェアインテグレーション事業への参入を目的として新会社を設立

■リョーサン(8140)
 100万株の自己株式取得を発表(内50万株はToSTNeT-3)

続きを読む>>

明日の材料 トクヤマ、トレンドマイクロ、ワコム、村田製作所、FPGなど

個別

■トレンドマイクロ(4704)
 第1四半期売上高予想を247→257億円へ、営業利益予想を56→72億円へ増額修正

■大平洋金属(5541)
 通期売上高予想を56,799→58,488百万円へ、営業利益予想を930→2,168百万円へ増額修正

■ワコム(6727)
 平成25年3月期決算、1対400の株式分割、1単元を100株にすると発表

■FPG(7148)
 第2四半期決算、1対3の株式分割を発表

続きを読む>>

「時価総額1,000億円クラブ」候補 沸き立つバイオベンチャー相場 【NSJ日本証券新聞 5月1日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 5月1日

・トップインタビュー ブレインパッド 「ビッグデータ」分析の先行者利益享受へ
・昔懐かし「トリプルメリット」 為替離れの一段高を示唆!?
・景況感好転でゴルフ人口回復 株高効果も追い風に

続きを読む>>

概況/前引け 金がひとまず下げ止まり、NYダウの反発を受けて、東証も反発

概況

金先物相場の反発は、国際通貨基金(IMF)が世界の2013年成長見通しを下方修正したことや、NY連銀のダドリー総裁が米国の3月雇用統計を受け緩和策を維持すべきと発言したことも下支え要因と意識されました。

続きを読む>>

寄り付き/概況 NYダウと金の反発を好感。IHIがインフルエンザワクチンの量産計画で高い。ロシアとの投資基金への期待で医療関連も買われる

概況

今朝の東京株式市場も反発して始まっていて、ほぼ全面高となっています。円安回帰に期待してトヨタが買われています。

続きを読む>>

インフルエンザ対策関連が躍動 UMNファーマに主役の風格 【NSJ日本証券新聞 4月5日付け】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 4月5日付け

・ブラインドインタビュー 上がるも、下がるも“ファーストリテ効果”
・“黒ダイヤ”再び 石炭関連株に見直し機運
・「今日の勝負株」戦績表

続きを読む>>

概況/前引け NYダウが反落し、東証も日銀金融政策決定会合前で動きが取れず、下落。鳥インフルエンザ関連は続伸。

概況

日銀金融政策決定会合の結果が期待外れになることも警戒され、ケネディクスやREITや不動産株が値下がりし、リスクオフとなることが警戒され、商社も安くなっています。トヨタやマツダなどの自動車株も値下がりし、東京エレクトロンやキヤノンなどのハイテク株も売られました。日銀金融政策決定会合の結果が期待外れになることも警戒され、ケネディクスやREITや不動産株が値下がりし、リスクオフとなることが警戒され、商社も安くなっています。トヨタやマツダなどの自動車株も値下がりし、東京エレクトロンやキヤノンなどのハイテク株も売られました。

続きを読む>>

概況/大引け 期初の銀行の売りも一巡との見方でコア銘柄中心に切り返す。東京電力は燃料費節減期待、中国で鳥インフルエンザ4人感染で栄研化学や興研、UMNファーマが高い。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

イースター(復活祭)休暇明けの昨日の欧州株式市場が値上がりし、NYダウは最高値更新となったことを受けて、本日の東京株式市場も買われました。

続きを読む>>

個別銘柄動向 鹿島、クロタニ、ガンホー、三井海洋開発、アドバンテスト、阪神阪急など

個別

■クロタニコーポレーション(3168) ストップ高買い気配
上方修正を発表

■UMNファーマ(4585) 3,490円〔-110円、-3.06%〕
ASP7374の第Ⅲ相臨床試験における結果サマリー

■三井海洋開発(6269) 3,690円〔+660円、+21.78%〕
メタンハイドレート試験採取成功で急騰。日本海洋掘削(1606)もストップ高

続きを読む>>

明日の材料 ホクト、学情、ツクイ、出光興産、第一興商、トーホー、FJネクストなど

個別

■ツクイ(2398):1対2の株式分割を発表
■UMNファーマ(4585):季節性インフルエンザワクチンASP7374の第III相臨床試験の結果サマリー
■出光興産(5019):第4次中期経営計画(2013~2015年度)を発表
■第一興商(7458):期末配当予想を30円→35円へ修正
■ワールド・ロジ(9378):事業再生ADR手続きの利用申請、受理を発表
■オートバックス(9832):太陽光発電事業を開始

続きを読む>>

ネット選挙、バイオ、不動産関連で狙う株 日経平均一時1万2,000円乗せ【NSJ日本証券新聞(3月08日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 3月08日付け

・ブラインドインタビュー 日銀新体制、出足をチェック “10年前の再現”臨時会号も
・シャープ早くも失速 アナリストの酷評相次ぐ
・割負感著しい 低PBR銘柄をチェック

続きを読む>>

概況/前引け NYダウが連日の最高値更新で、日経平均も取引時間中では2008年9月29日以来4年半振りの12,000円乗せ。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

朝方は指数寄与度の高さで買われたソフトバンクとファーストリテイリングが小幅安なり、三井不動産や住友不動産などの不動産株も小幅安となりました。

続きを読む>>

個別銘柄動向 味の素、旭化成、大和コンピューター、UMNファーマ、マツダなど

個別

■ジェイアイエヌ(3046) 4,990円〔+220円、+4.61%〕
 野村証券が目標株価を6,200円に引き上げ

■旭化成(3407) 601円〔+21円、+3.62%〕
 野村証券が投資判断を引き上げ

■大和コンピューター(3816) 1,939円〔+189円、+10.80%〕
 第2四半期決算を発表

続きを読む>>

明日の材料 ケア21、味の素、医学生物学研究所、UMNファーマ、シャープなど

個別

■ケア21(2373):第1四半期決算を発表、前年同期比 25.4%増収、57.8%営業増益
■味の素(2802):米バイオ医薬品のアルテア社を約160億円で取得
■ロック・フィールド(2910):第3四半期決算を発表、前年同期比 0.9%減収、24.1%営業減益
■大和コンピューター(3816):第2四半期決算を発表、前年同期比 8.3%増収、63.5%営業増益
■医学生物学(4557):米IDT社と日本で核酸受託合成サービス、関連商品販売の合弁会社
■UMNファーマ(4585):アピ及びヤクルト本社と抗体バイオ後続品で共同事業

続きを読む>>

「上場来高値」奪回候補リスト 好需給の象徴 富士重53年ぶり最高値急接近 【NSJ日本証券新聞(2月12日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月12日付け

・「上場来高値」奪回候補リスト 好需給の象徴 富士重53年ぶり最高値急接近
・2013年IPOマーケットいよいよ開幕 機関投資家も熱視線

続きを読む>>

概況/大引け 来週の日銀金融政策決定会合で物価目標2%の達成が見通せるまで無制限に国債買い入れ継続や超過準備付利撤廃の是非も検討と報じられ、2010年6月以来の1ドル=90円台に。自動車や電機以外にも海運も円安メリットで高い。インテルの設備投資計画で半導体製造装置も買われた。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

日銀が1月21~22日に開く金融政策決定会合で、2%の物価上昇率目標を採用することを明記すると日経新聞が報じ、ロイターは物価目標2%の達成が見通せるまでは無制限(オープン・エンド)に国債買い入れなどを続けることを日銀は検討すると伝え、金融機関が日銀に預けている当座預金の超過準備に付く0.1%の金利(付利)の撤廃の是非も議論すると報じたため、円相場は一時1ドル=90円18銭まで円安が進み、2010年6月以来2年7ヵ月振りの1ドル=90円台となりました。

続きを読む>>

概況/大引け 円相場が1ドル=88円70銭近辺に戻り、株式市場は押し目が入ったが、反発力は鈍い。22日の日銀金融政策決定会合で2%の物価目標は織り込み済みで、方法論が問われる。建設株は15日の補正予算閣議決定により材料出尽くし感から下落。

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

1月15日に甘利経済再生担当相が「過度な円安は輸入物価に跳ね返ってくる。国民生活にマイナスの影響も出てくる」と発言し、16日には石破自民党幹事長も「産業によっては円安が好ましくないところもある」と述べたために、円相場も1月14日の円安のピークの1ドル=89円67銭から1月16日には一時1ドル=87円79銭まで円高に押し戻されました。

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは888.63ポイントの0.12ポイント高、日経平均は10,666円の21円安。日経平均の25日移動平均線からの上方乖離が10%近くとなり、過熱警戒から小幅安。H2Oリテイリングは阪急うめだ本店の12月が5割増収にならなかったことで売られた模様。

概況

日経平均 15分足 MA(25-75)

安倍政権が主張する物価目標の設定など金融緩和策と国土強靱化政策などの財政出動策による脱デフレやリフレ期待で、野田首相が衆議院の解散を表明した昨年11月14日の翌日から円安が加速し、株式市場も急騰しましたが、日経平均は先週末までに2,023円の上昇幅で、上昇率は23.3%を記録しました。

続きを読む>>

NSJ日本証券新聞 12月26日付け

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月26日付け

  ・100円台銘柄躍動で注目 「ワンハンドレッドクラブ ちばぎんアセット」 ・ノロに続きインフルも流行期入り UMNファーマが新展開 ・野村、シティ、その次は… 上方修正続く相場見通し ・大手商社巻き返しへ …

続きを読む>>

明日の材料 クスリのアオキ、ツルハHD、セプテーニHD、enish等

概況

・クスリのアオキ(3398):第2四半期決算を発表。通期営業利益計画に対する進捗率は54.5%。 ・ツルハHD(3391):第2四半期決算、通期業績予想の上方修正を発表。 ・ミタチ産業(3321):第2四半期業績予想の増…

続きを読む>>

IPO社長会見 UMNファーマ(4585) 昆虫細胞を用いたワクチンの2015年承認取得を想定

IPO 個別 社長会見

平野達義社長

UMNファーマ(4585)が12月11日、マザーズに新規上場した。当日、公開価格(1300円)を8%下回る1196円での初値形成となったものの、その後、買いが先行し、1385円に上昇する場面もあった。上場当日の記者会見で同社の平野達義社長=写真=は次のように語った。

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは784.52ポイントの3.96ポイント安、日経平均は9,506円の27円安。敦賀原発の再稼働極めて困難で関西電力や中部電力を始め、電力各社が下落。一方、SUMCOはシティグループ証券が格上げし、続伸。

概況

日経平均 15分足(5日間) MA(25)、MA(75)

前引けのTOPIXは784.52ポイントの3.96ポイント安、日経平均は9,506円の27円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は428、値下がり銘柄数は1,068。出来高は7億7,362万株、売買代金は4,166億円。 日…

続きを読む>>

UMNファーマ(4585) 12月11日、東証マザーズに新規上場

IPO 会社紹介 個別

IPO会社紹介

画期的なインフルエンザワクチンを開発 UMNファーマ(4585)が12月11日、マザーズに新規上場する。 同社は米プロテイン・サイエンシーズ・コーポレーション(PSC)の技術を導入し、季節性インフルエンザワクチン、鳥イン…

続きを読む>>