4583

明日の材料 サムシングホールディングス、ケア21、オールアバウト、フュートレック、トラストなど

個別

■広島ガス(9535):3月9日をもって東証1部に指定、記念配当2円、新株発行・株式売出し
■カプコン(9697):ゲームセンター向け音楽ゲーム市場に新規参入
■白洋舎(9731):平成26年12月期決算を発表、今27年12月期は0.5%増収、0.7%営業増益を計画

続きを読む>>

明日の材料 三井住建道路、三井住友建設、五洋建設、テンプホールディングス、新日本科学、オープンハウスなど

個別

■第一生命保険(8750):第3四半期決算を発表、経常利益は前年同期比25.8%増
■アサツーディ・ケイ(9747):平成26年12月期決算を発表、今27年12月期は1.4%増収、17.2%営業増益を計画
■富士ソフト(9749):平成26年12月期決算を発表、今27年12月期は2.4%増収、2.3%営業増益を計画

続きを読む>>

「インフルエンザ」対策関連マーク強まる

セクター 個別

富士紡HD(3104) 日足

インフルエンザの流行が昨年末にかけて大都市圏で加速したことが判明。国立感染症研究所の8日発表データによると、2014年第52週(12月22-28日)の受診患者数は推定138万人で、前週(72万人)からほぼ倍増した。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 五洋建設、暁飯島工業、エービーシー・マート、カイオム・バイオサイエンスなど

個別

■スター精密(7718) 1,577円〔+68円、+4.51%〕
 第3四半期決算を発表
■三益半導体工業(8155) 1,191円〔+47円、+4.11%〕
 岩井コスモ証券が目標株価を引き上げ
■群馬銀行(8334) 767円〔+18円、+2.40%〕
 SMBC日興証券が新規「1」に設定

続きを読む>>

明日の材料 国際石油開発帝石、暁飯島工業、カネ美食品、エービーシー・マート、シー・ヴイ・エス・ベイエリアなど

個別

■メディキット(7749):NF-κB デコイオリゴ塗布型PTAバルーンカテーテルの症例登録が完了
■リベレステ(8887):第2四半期業績予想を上方修正
■日本BS放送(9414):第1四半期決算を発表、前年同期比15.4%増収、46.3%営業増益

続きを読む>>

2014年末 新興2市場時価総額ランキング

個別 概況

竹内製作所(6432)  週足

表は2014年末のJASDAQ、マザーズの新興2市場の時価総額ランキングだ。
マザーズでは時価総額3,000億円クラスのコロプラ(3668)、サイバーエージ(4751)や、同1,000億円規模のユーグレナ(2931)など主要株が相次いで東証1部に移行したこともあり、時価総額1,000億円以上は4銘柄にまで減少。

続きを読む>>

明日の材料 日本製粉、ケアネット、タケエイ、新日本科学、グリー、扶桑化学工業など

個別

■大和証券グループ本社(8601):ラップ口座契約資産残高1兆円突破
■日本エスコン(8892):通期利益予想を上方修正
■北陸電力(9505):志賀原子力発電所、安全性向上施策の工事内容充実

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ディー・エヌ・エー、東洋水産、トーカッロ、菊池製作所、ブイキューブなど

個別

■牧野フライス製作所(6135) 930円〔+28円、+3.10%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が目標株価を引き上げ
■日本電産(6594) 8,221円〔+443円、+5.70%〕
 独GPMを買収、China Tex MEEの事業資産の取得も
■いすゞ自動車(7202) 1,464円〔-9円、-0.61%〕
 東海東京調査センターが新規「1」

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 高砂熱学工業、伊藤園、ドリームインキュベータ、カイオム・バイオサイエンスなど

個別

■SBIライフリビング(8998) 970円〔+26円、+2.75%〕
 通期業績予想を上方修正
■ネプロジャパン(9421) 1,500円〔-226円、-13.09%〕
 子会社譲渡に伴い通期業績予想を修正
■共立メンテナンス(9616) 5,140円〔-10円、-0.19%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が目標株価を引き上げ

続きを読む>>

個人選好銘柄、出番到来へ NISA駆け込み「あと16日」【日本証券新聞 12月3日】

日本証券新聞

日本証券新聞 12月3日

・強さ際立つ「東証2部」 まだまだあるぞ!割安株
・TDK 7年ぶり高値水準
・富士機械 出遅れ修正本番
・平野憲一の相場表街道/裏街道 ワイエイシイ

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は連日の高値更新。日本国債の格下げと米年末商戦の出足が冴えず売り先行も、その後は切り返す。自動車株が堅調

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,663.22円の73.12円高、TOPIXは1,427.85の6.20ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,156、値下がり銘柄数は540。出来高は20億1,352万株、売買代金は2兆1,747億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 石油資源開発、安藤ハザマ、アイロムホールディングス、ストリームなど

個別

■TDK(6762) 7,410円〔+210円、+2.92%〕
 野村証券が目標株価を引き上げ
■日本精密(7771) 250円〔-9円、-3.47%〕
 増担保規制
■センチュリー21・ジャパン(8898) 4,510円〔+350円、+8.41%〕
 1対5の株式分割

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は反発。国債格下げやNY市場の下落が重しに。原油価格の反発で、空運と海運は反落

概況

日経平均 週足

9時12分時点の日経平均は17,526.59円の63.51円安、TOPIXは1,416.94の4.71ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,000万株、買いは1,540万株。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は続伸。3連休前や自民議席減への警戒から軟調推移も、後場はシッカリ。日銀によるETF買いや米年末商戦への期待が下支えに

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,357.51円の56.65円高、TOPIXは1,400.18の2.54ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,047、値下がり銘柄数は640。出来高は25億1,705万株、売買代金は2兆4,958億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) インターライフ、住友林業、メッセージ、ユナイテッド、日本新薬など

個別

■ソフィアホールディングス(6942) 274円〔+68円、+33.01%〕 ナノメディカルを子会社化
■萩原電気(7467) 1,679円〔+101円、+6.40%〕 東証、名証1部銘柄に指定
■マーベラス(7844) 1,387円〔+275円、+24.73%〕 ディズニーのスマホゲームの配信決定

続きを読む>>

明日の材料 インターライフホールディングス、ネクスト、UBIC、ユナイテッドなど

個別

■萩原電気(7467):11月27日をもって東証1部、名証1部銘柄に指定
■メディキット(7749):薬剤塗布型PTAバルーンカテーテルの非臨床試験成績が医学雑誌掲載
■アルデプロ(8925):販売用不動産の仕入契約締結、平成27年7月期の予想売上高相当の仕入完了

続きを読む>>

明日の材料 日本アクア、省電舎、ミクシィ、日本マニュファクチャリングサービス、ひらまつ、マツモトキヨシホールディングスなど

個別

■CYBERDYNE(7779):第2四半期決算、通期業績予想を下方修正
■三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306):第2四半期決算、増配、1,000億円を上限に自社株買い
■ピー・シー・エー(9629):中小企業の海外進出を支援する新事業を開始

続きを読む>>

明日の材料 戸田建設、五洋建設、ぐるなび、昭和電工、オリエンタルランド、サイバーエージェントなど

個別

■ニフコ(7988):第2四半期決算、通期業績予想を上方修正
■ヤマトホールディングス(9064):第2四半期決算、自己株式の取得・消却
■ANAホールディングス(9202):第2四半期決算を発表、前年同期比9.1%減収、33.8%営業増益
■NTTデータ(9613):第2四半期決算を発表、前年同期比133.5%増収、738.3%営業増益

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 決算接近で電機・通信株人気

個別

村田製作所(6981) 週足

前週に続き今週も波乱の展開となったが、値幅的にはひとまず、17日の安値(日経平均1万4,529円)で底入れムードも。この先、外部環境の落ち着きをにらみながら、出直りの機会をうかがうことになりそうだ。

続きを読む>>

有望株分析 グリコ 「ポッキー」が成長牽引 グローバル展開を強化【日本証券新聞 10月24日】

日本証券新聞

日本証券新聞 10月24日

・「株主優待」発表相次ぐ 明暗分ける、なとりVSキャンドゥ
・次なる出遅れ修正候補 鉄鋼株、欧州勢も関心
・櫻井英明のそこが聞きたい ウォーターダイレクト
・ラオックス連日の高値 訪日外国人、9月は26%増

続きを読む>>

“黒船”ISSの助言方針が波紋広げる 「ROE5%を達成せよ」【日本証券新聞 10月22日】

日本証券新聞

日本証券新聞 10月22日

・海運株、復活高の芽も 年末年始に開運祈願
・IPO初値 GMOリサーチ 初日値付かず
・飛鳥建設 建設株の先兵に
・ツガミ 業績拡大+自社株買い

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反落、前日の578円高の反動や円高進行が嫌気。中国GDP鈍化もマイナス要因。全面安で機械、紙パルプ、鉱業、非鉄などが下落率上位

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,804.28円の306.95円安、TOPIXは1,205.36の18.98ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は209、値下がり銘柄数は1,574。出来高は22億5,566万株、売買代金は2兆412億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) UBIC、トランスジェニック、味の素、カイオム・バイオサイエンスなど

個別

■チヨダ(8185) 2,036円〔+95円、+4.89%〕
 50万株、10億円を上限に自社株買い
■フジ住宅(8860) 608円〔+30円、+5.19%〕
 上方修正、株主優待制度の導入を公表
■因幡電機産業(9934) 3,670円〔+185円、+5.31%〕
 第2四半期業績予想の上方修正を発表

続きを読む>>

明日の材料 省電舎、UBIC、SJI、ウェルネット、ひらまつ、オープンハウスなど

個別

■ライドオン・エクスプレス(6082):第1四半期決算を発表、前年同期比5.0%増収、0.4%営業増益
■CYBERDYNE(7779):第1四半期決算を発表、営業利益は△319百万円
■ワイヤレスゲート(9419):N・フィールド(6077)と業務提携

続きを読む>>

明日の材料 タマホーム、ウェルネット、ファンコミュニケーションズ、サッポロドラッグストアーなど

個別

■サマンサタバサジャパンリミテッド(7829)
 第1四半期決算を発表、前年同期比44.6%増収、186.3%営業増益
■毎日コムネット(8908)
 エナリス(6079)と業務提携に向け基本合意
■ベネッセホールディングス(9783)
 個人情報漏えい事故調査委員会発足

続きを読む>>

GPIF追って日銀も”出馬”!? JPX日経400 普及へ急加速【日本証券新聞 7月11日】

日本証券新聞

日本証券新聞 7月11日

・2014年IPO候補を追跡 リアルワールドも年内上場有力
・好業績の消費関連が人気 サマンサJPはS高 ABC、タビオも上伸
・IPO初値 鳥貴族 2.2倍高発進 初値形成後も人気
・プロトコーポ 1月高値奪回予想 今期は連続2ケタ増益予想

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) パナホーム、ローソン、エービーシー・マート、セプテーニ、カイオムなど

個別

■IHI(7013) 478円〔+12円、+2.58%〕
 メリルリンチ証券が投資判断を引き下げ
■スギホールディングス(7649) 4,620円〔-75円、-1.60%〕
 みずほ証券が投資判断を引き下げ
■サマンサタバサ(7829) 873円〔+150円、+20.75%〕
 上方修正を発表

続きを読む>>

概況/寄り付き 米国市場の反発も、東京市場はやや冴えない。証券株が続落

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は15,301.26円の1.39円安、TOPIXは1,270.74の0.08ポイント安。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが1,090万株、買いは680万株と2日連続の売り越し。

続きを読む>>

明日の材料 国際石油開発帝石、タビオ、エービーシー・マート、ダイヤモンドダイニングなど

個別

■阪和興業(8078)
 東京鋼鐵(5448)の株式24.71%を取得
■ダイビル(8806)
 ベトナムでオフィスビル「コーナーストーン・ビルディング」を取得
■ベネッセホールディングス(9783)
 顧客情報が最大約2,070万件漏えいした可能性

続きを読む>>

明日の材料 ローソン、アスクル、ジェイアイエヌ、ワンダーコーポレーション、川口化学工業など

個別

■ダイエー(8263)
 第1四半期決算を発表、前年同期比4.1%減収、営業利益は△3,982百万円
■イオン(8267)
 第1四半期決算を発表、前年同期比17.2%増収、35.3%営業減益
■ベルク(9974)
 第1四半期決算を発表、前年同期比8.3%増収、20.9%営業増益

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) SUMCO、オウケイウェイヴ、ラクオリア創薬、オウチーノなど

個別

■TPR(6463) 1,841円〔+305円、+19.86%〕
 今期二桁増益計画、増配見通しが好感
■メルコホールディングス(6676) 1,597円〔+127円、+8.64%〕
 今期も大幅増益見通し
■エクセル(7591) ストップ高買い気配
 今期大幅増収・増益となる決算を発表

続きを読む>>

明日の材料 飛島建設、江崎グリコ、マツモトキヨシホールディングス、SUMCOなど

個別

■アルデプロ(8925)
 不動産投資顧問業に進出
■スカイマーク(9204)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は21.5%増収、営業利益は312百万円を計画
■サンドラッグ(9989)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は3.8%増収、3.0%営業増益を計画

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 大成建設、ファーマライズ、アクロディア、カイオムなど

個別

■サンケン電気(6707) 665円〔+55円、+9.02%〕
 CCFL事業からの撤退を発表
■CYBERDYNE(7779) 9,220円
 本日マザーズに新規上場、初値は8,510円(公開価格3,700円)
■しまむら(8227) 8,810円〔-50円、-0.56%〕
 JPモルガンが目標株価を9,400円に引き下げ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) カカクコム、アルフレッサ、アプリックス、カイオム、楽天など

個別

■MUTOHホールディングス(7999) 458円〔+1円、+0.22%〕
 13時に増配を発表、期末配当予想を3円→5円に
■日本取引所グループ(8697) 2,362円〔+12円、+0.51%〕
 上方修正、増配を発表
■サンドラッグ(9989) 4,210円〔+60円、+1.45%〕
 JPモルガンが投資判断を「Overweight」に引き上げ

続きを読む>>

カイオム S高で目先高値払う 待望の「完全ヒトADLibシステム」構築成功

個別

藤原社長

バイオベンチャーのカイオム・バイオサイエンス(4583・東マ)が19日ストップ高に進み、2月末に付けた目先高値を払った。18日発表の「完全ヒトADLib(アドリブ)システム構築の成功」は、今後の成長を決定的なものにする“超特大”のビッグニュースで、見直し相場が本格化してくる可能性が高い。

続きを読む>>

日銀ETFなど”3つの手掛かり” 今、見直す「JPX日経400」 鬼ゴム、アサヒHDなど【日本証券新聞 3月20日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月20日

・問われるアベノミクス ”TS倍率”危険水域に
・カイオム S高で目先高値払う 待望の「完全ヒトADLibシステム」構築成功 本格評価期に突入へ
・シヤッター関連株 業績視界良好 三和HD、文化シヤッター
・イーグル工業 出直り期待

続きを読む>>

明日の材料 JACリクルートメント、アスクル、パレモ、旭化成、コロプラなど

個別

■カイオム・バイオサイエンス(4583)
 実用化レベルの「完全ヒト ADLibシステムの構築」に成功
■CFSコーポレーション(8229)
 通期業績予想を上方修正
■日本郵船(9101)
 131億107万円の課徴金納付命令

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ファンコミュニケーションズ、飯田グループ、ITbook、キャンバスなど

個別

■安永(7271) ストップ高買い気配
 新製品を開発、新分野として熱電発電市場に進出
■ピジョン(7956) 4,410円〔+210円、+5.00%〕
 バークレイズが投資判断を「オーバーウエイト」に引き上げ
■タカラレーベン(8897) 306円〔+14円、+4.79%〕
 増配、自己株式の取得を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 大林組、カカクコム、タイセイ、モルフォ、カイオム・バイオサイエンスなど

個別

■田淵電機(6624) 663円〔+76円、+12.95%〕
 上方修正、増配から急騰
■イオン(8267) 1,119円〔-53円、-4.52%〕
 通期利益予想を減額修正
■ソフトバンク(9984) 8,129円〔+400円、+5.18%〕
 グループで37%を出資するアリババの上場観測

続きを読む>>

明日の材料 メンバーズ、Jフロント、タイセイ、エイチーム、エニグモなど

個別

■イオン(8267)
 通期利益予想を下方修正
■だいこう証券ビジネス(8692)
 野村総合研究所と資本業務提携
■タナベ経営(9644)
 期末配当予想を26円→30円へ修正

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 鹿島建設、ミクシィ、サイバーコム、カイオム・バイオサイエンスなど

個別

■クボテック(7709) 251円〔-11円、-4.20%〕
 赤字予想への下方修正が嫌気
■大研医器(7775) 1,791円〔+37円、+2.11%〕
 世界初の体温調節装置システム「クーデックアイクール」 製造販売承認取得
■カナモト(9678) 2,946円〔+59円、+2.04%〕
 UBSが目標株価を3,600円に引き上げ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) エプコ、ボルテージ、ブレインパッド、電通、カイオム・バイオサイエンスなど

個別

■東京製鐵(5423) 597円〔+33円、+5.85%〕
 黒字転換となる第3四半期決算を発表
■アルバック(6728) 1,706円〔+199円、+13.21%〕
 JPモルガンが新規「Overweight」
■武蔵精密工業(7220) 2,151円〔-73円、-3.28%〕
 大和証券が投資判断を「3」に引き下げ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) メディネット、ユーグレナ、大日本住友製薬、免疫生物研究所、ソフトブレーンなど

個別

■ユニ・チャーム(8113) 5,800円〔-200円、-3.33%〕
 大和証券が投資判断を「2」→「3」に引き下げ
■インテリックス(8940) 1,002円〔+36円、+3.73%〕
 第2四半期業績予想を上方修正
■ファーストリテイリング(9983) 44,100円〔+1,750円、+4.13%〕
 特段材料は見られないものの、6日続伸

続きを読む>>

明日の材料 インタースペース、メディネット、アヲハタ、オークファン、サイボウズ、横河ブリッジホールディングスなど

個別

■ザインエレクトロニクス(6769)
 通期利益予想を上方修正
■インテリックス(8940)
 第2四半期業績予想を上方修正
■アオキスーパー(9977)
 第3四半期決算、通期上方修正、記念配当、自己株式消却

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) シンワアートオークション、ファンコミュニケーションズ、日本ケミカルリサーチ、パーク24、リソー教育など

個別

■GMOインターネット(9449)
 モバイルゲーム向けクラウド事業拡大のための韓国子会社設立
■日本コンピューター・システム(9709)
 アクセスとの合併にむけた基本合意書締結
■ベルーナ(9997)
 レモールからベビー事業、マタニティ事業、ギフト事業を継承

続きを読む>>

12月期末一括「高配当」銘柄 高値波乱局面で光る 【NSJ日本証券新聞 12月5日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月5日

・バイオ関連 例年通り年末高へ
・13年ぶり高水準 NT倍率急拡大の帰結は…
・三菱UFJ投信「第6回ブロガーミーティング」開催 投信ブロガー、NISA口座を語る
・良品計画 逆行高鮮明 大人気の「食品」が米国初上陸

続きを読む>>

明日の材料 国際石油開発帝石、オルトプラス、宮地エンジニアリング、楽天、ブリヂストン、VTホールディングス、ニチイ学館等

個別

■イントランス(3237)
 第2四半期決算、1対200の株式分割、単元株制度を採用(1単元100株)
■加藤製作所(6390)
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正、中間・期末配当予想をそれぞれ4.0円→4.5円へ引き上げ
■ケーユーホールディングス(9856)
 第2四半期決算、東証1部指定承認
■鴻池運輸(9025)
 第2四半期決算、期末配当予想を7.5円→15円へ修正

続きを読む>>

明日の材料 太洋基礎工業、フルスピード、コロプラ、カイオム、ダイフク、ゲートウェイホールディングス、TASAKIなど

個別

■日本甜菜製糖(2108)
 「発酵ナノセルロース」の大量生産に成功
■綜合臨床ホールディングス(2399)
 平成25年7月期決算を発表、今26年7月期は8.6%増収、11.0%営業増益を計画
■フリービット(3843)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 0.4%減収、100.7%営業増益
■飯田産業(8880)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 18.9%増収、22.4%営業増益
■アルデプロ(8925)
 平成25年7月期決算を発表、「継続企業の前提に関する注記」の記載解消

続きを読む>>

明日の材料 マルハニチロ、スタジオアリス、ジャイアイエヌ、住友化学、船井電機、アシックスなど

個別

■全国保証(7164)
 第1四半期決算を発表、営業収益は5,382百万円、営業利益は2,496百万円
■KYB(7242)
 第1四半期決算、前年同期比 6.6%増収、0.2%営業減益
■第一興商(7458)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 4.0%増収、15.9%営業増益
■ユナイテッドアローズ(7606)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 13.6%増収、2.5%営業減益

続きを読む>>

明日の材料 エヌアイデイ、ファンコミュニケーションズ、アドウェイズ、アールテック・ウエノ、丸三証券など

個別

■アドウェイズ(2489)
 LINEフリーコインの販売を開始
■マルサンアイ(2551)
 米ブルーダイヤモンド グロワーズ社とアーモンド飲料の製造・販売に関するライセンス契約
■ヴィレッジヴァンガードコーポレーション(2769)
 平成25年5月期決算を発表、今26年5月期は7.3%増収、4.4%営業増益を計画

続きを読む>>

明日の材料 青木あすなろ建設、ODKソリューションズ、ナノキャリア、カイオムなど

個別

■カイオム(4583)
 富士レビオと特許実施許諾契約

■中山製鋼所(5408)
 債務免除(602億円)等の金融支援を得たと発表

■東邦ホールディングス(8129)
 2016年3月までの新中期経営計画を策定、概要を公表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ひらまつ、メガネスーパー、エイチーム、アマノなど

個別

■アマノ(6436) 977円〔+35円、+3.72%〕
 UBS証券が投資判断「Buy」、1,250円目標

■IHI(7013) 353円〔+9円、+2.62%〕
 野村証券が目標株価を400円に引き上げ

■バンダイナムコ(7832) 1,475円〔+74円、+5.28%〕
 大和証券が投資判断を「3」→「2」に引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 テイア、ひらまつ、Jフロント、エニグモ、カイオム・バイオサイエンスなど

個別

■大塚ホールディングス(4578)
 「エビリファイ」に関して、「うつ病・うつ状態」の効能追加の承認を取得

■カイオム・バイオサイエンス(4583)
 1対2の株式分割を発表、基準日は6月30日

■インスペック(6656)
 平成25年4月期決算を発表、平成26年4月期は113.2%増収、営業利益は30百万円の黒字化を計画

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 山王、カイオム、ペプチドリーム、ソフトバンクなど

個別

■良品計画(7453) 8,000円〔-180円、-2.20%〕
 ドイツ証券が目標株価を9,500円に引き上げ

■オービス(7827) 437円〔-83円、-15.96%〕
 第2四半期決算、下方修正を発表

■ソフトバンク(9984) 5,010円〔-490円、-8.91%〕
 スプリントネクステルの子会社クリアワイヤがディッシュの買収を支持

続きを読む>>

概況/大引け 米株安、円高から今朝の日経平均は12,994円(前日比323円安)まで下落。しかし、13,000円水準では下げ渋りを見せたため、買い戻しも入り、持ち直し

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

トヨタやスズキなどの自動車株は売られ、東海東京フィナンシャルグループなどの証券株も敬遠されましたが、電力株が買われました。

続きを読む>>

概況/前引け 米株安、円高で、自動車や証券株が安い。GSIクレオスなどの仕手系株が値上がり

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

本日の東京株式市場では円高警戒でトヨタやマツダなどの自動車株が売られ、三菱UFJフィナンシャルグループなどの金融株も値下がりし、いちよし証券や東海東京フィナンシャルグループ、岩井コスモ証券などの証券株の値下がりも目立ちました。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 東建コーポレーション、日創プロニティ、カイオム、コーセルなど

個別

■ローム(6963) 3,965円〔+115円、+2.99%〕
 モルガン・スタンレーMUFGが投資判断を「Overweight」へ引き上げ

■鴻池運輸(9025) 1,342円〔-18円、-1.32%〕
 岩井コスモ証券が新規「A」

■ワールド・ロジ(9378) ストップ安売り気配
 事業再生ADR手続き終了

続きを読む>>

明日の材料 ロック・フィールド、アマガサ、シュッピン、インフォコム、カイオムなど

個別

■カイオム・バイオサイエンス(4583)
 ADLibシステムとしての全ての要件を満たす優良なプロトタイプ細胞株が獲得できたことを報告

■イハラケミカル(4989)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 4.4%増収、17.2%営業減益

■日本山村硝子(5210)
 第1四半期に特別修繕引当金戻入額3,541百万円を特別利益として計上予定

続きを読む>>

新興Weeklyウォッチャー 証券株 炭鉱のカナリア? 当面はファンダメンタルズ重視

概況

JASDAQ指数 月足

23日朝方、ある証券会社の情報部あてにOBから「証券株が弱い。何かヘンだ」と電話があったという。23日といえば、東京市場が前場堅調→後場大崩れ、と展開した日。

続きを読む>>

明日の材料 カイオム、比較.com、アールテック・ウエノ、マキタ、タカラトミーなど

個別

■新日本科学(2395)
 平成25年3月期決算を発表、カイオム・バイオサイエンスとの業務提携

■グリー(3632)
 第3四半期決算、通期業績予想の下方修正を発表

■ジーンテクノサイエンス(4582)
 扶桑薬品とバイオ医薬品高産生細胞株の樹立を目的とした共同研究契約締結

続きを読む>>

概況/大引け 連休の谷間や決算発表も前半の山を超え、欧米の金融政策・経済指標の発表を前に主力株見送り。新興市場のバイオ関連反落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

昨日賑わった野村ホールディングスやSBIホールディングスなどの証券株が反落し、トヨタやマツダなどの自動車株も小幅安となり、東京エレクトロンやTDKなどのハイテク株も値下がりしました。

続きを読む>>

概況/大引け マツダはアナリスト予想を下回り下落。日本車輌は今期見通しを好感しストップ高。新興市場ではバイオ関連人気

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,165.13ポイントの3.94ポイント高、日経平均は13,860.86円の23.27円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は983、値下がり銘柄数は611。出来高は34億474万株、売買代金は2兆8,362億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向 ケアサービス、デジタルガレージ、TOTO、ユニ・チャームなど

個別

■新光電気工業(6967) 982円〔+75円、+8.27%〕
 平成25年3月期決算を発表

■アイシン精機(7259) 3,505円〔-165円、-4.50%〕
 平成25年3月期決算を発表、大和証券では「1」の変更も含め検討

■マツダ(7261) 335円〔-11円、-3.18%〕
 平成25年3月期決算を発表、大和証券では「3」継続

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 中小型材料株が人気

個別

アンリツ(6754) 週足

先の「G20」において、日本の金融政策とともに円安にも理解が得られたことから、株式市場には買い安心感が広がった。日経平均は再び、連日の高値更新場面に。

続きを読む>>

個別銘柄動向 日揮、カービュー、そーせい、キヤノン、ジャフコ、三井倉庫、ニチイ学館など

個別

■住友化学(4005) 330円〔+1円、+0.30%〕
 JPモルガン証券が新規「Overweight」

■そーせいグループ(4565) 5,100円〔+415円、+8.86%〕
 導出先のノバルティスが良好な臨床試験結果を公表

■カイオム・バイオサイエンス(4583) 14,700円〔+1,130円、+8.33%〕
 高親和性抗体獲得技術の確立と実用化成功を公表

■日本電産(6594) 6,890円〔+450円、+6.99%〕
 野村証券が目標株価を7,700円に引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 日本M&Aセンター、オールアバウト、カワチ薬品、カイオム、アシックスなど

個別

■安川情報システム(2354)
 平成25年3月期決算を発表、今26年3月期は1.9%増収、207.4%営業増益を計画

■オールアバウト(2454)
 通期売上高予想を3,260→3,296百万円へ、営業利益予想を120→157百万円へ増額修正

■カワチ薬品(2664)
 通期売上高予想を2,390→2,316百万円へ、営業利益予想を100→82百万円へ減額修正

続きを読む>>

個別銘柄動向 PS三菱、豆蔵、カイオム、良品計画、キヤノン、ゼビオなど

個別

■リンテック(7966) 1,878円〔+17円、+0.91%〕
 岩井コスモ証券が投資判断を「A」に引き上げ

■マミヤ・オーピー(7991) 220円〔+7円、+3.29%〕
 期末配当予想を4円→5円へ引き上げ

■髙島屋(8233) 973円〔+71円、+7.87%〕
 改装計画目白押しとちばぎんアセットが注目

■ゼビオ(8281) 1,921円〔-7円、-0.36%〕
 業績下方修正を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向 大和ハウス、ITホールディングス、ODK、穴吹興産など

個別

■日本信号(6741) 714円〔+33円、+4.85%〕
 野村証券が目標株価を840円に引き上げ

■東京エレクトロン(8035) 4,330円〔+105円、+2.49%〕
 メリルリンチ証券が投資判断を「買い」に引き上げ

■穴吹興産(8928) 453円〔+39円、+9.42%〕
 1対2の株式分割を発表

続きを読む>>

明日の材料、日本駐車場開発、JALUX、味の素、JCR、カイオム、穴吹興産など

個別

■日本駐車場開発(2353):第2四半期決算を発表、前年同期比 23.9%増収、19.3%営業増益
■スリープログループ(2375):第1四半期決算、第2四半期業績予想の上方修正
■JALUX(2729):通期業績予想の下方修正を発表、売上高は960→850億円、営業利益は18.5→12億円へ
■味の素(2802):4,397万株の自己株式を消却すると発表

続きを読む>>

“上昇第2波”リード役は金融株 強気充満、株価劣等の背景 【NSJ日本証券新聞(2月19日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月19日付け

・“上昇第2波”リード役は金融株 強気充満、株価劣等の背景
・銘柄一本勝負 “シェール革命”の波に乗る クリヤマHD

続きを読む>>

個別銘柄動向 極楽湯、ディップ、DeNA、ガンホー、エレコムなど

個別

■極楽湯(2340) 304円〔+44円、+16.92%〕
 100万株の自己株式の取得を発表

■ディップ(2379) 247円〔-37円、-13.03%〕
 下方修正を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向 東レ、サニックス、マツダ、ニホンフラッシュ、カプコン、コナミなど

個別

■カプコン(9697) 1,577円〔-23円、-1.44%〕
三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を「Neutral」へ引き下げ

■コナミ(9766) 1,927円〔+7円、+0.36%〕
お昼休み中に発表した下方修正が嫌気

続きを読む>>

明日の材料 日本ドライケミカル、Jオイル、丸一鋼管、新電元、ローム、マツダなど

個別

■丸一鋼管(5463):通期業績予想の利益面での上方修正、期末配当予想の増額(26→39.5円)を発表
■古河電工(5801):第3四半期決算を発表、前年同期比 3.6%減収、13.8%営業増益
■ニコン(7731):第3四半期決算、通期業績予想の下方修正を発表

続きを読む>>

決算発表スケジュール(第2弾) 新興市場版 楽天は2月14日、直近IPOも続々発表 5日のモブキャストなど注目

セクター 個別

モブキャスト(3664) 日足

直近IPO(新規上場)銘柄の決算発表が続々と発表される。最も注目されるのは、次期予想が明らかとなる本決算銘柄で、具体的には、5日のモブキャスト(3664・東マ)8日のワイヤレスゲート(9419・東マ)、13日のenish(3667・東マ)をチェックしたい。

続きを読む>>

個別銘柄動向 ヤフー、アイホン、ユーシン、小糸製作所など

個別

■ヤフー(4689) 36,750円〔+4,950円、+15.57%〕
 第3四半期決算、業績予想の増額、増配、自社株買いを発表

■アイホン(6718) 1,570円〔+88円、+5.94%〕
 上方修正を発表

続きを読む>>

明日の材料 ヤフー、カイオム、コマツ、ユーシン、小糸製作所など

個別

■ヤフー(4689):第3四半期決算、期末配当予想の増額、80万株の自己株式の取得を発表
■山田コンサル(4792):第3四半期決算、通期業績予想の上方修正を発表
■富士フイルム(4901):第3四半期決算を発表。通期営業利益予想を1,250→1,100億円へ減額

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは917.09ポイントの19.47ポイント高、日経平均は10,926円の305円高。1ドル=90円68銭まで円安進展。ソニーはリチウムイオン電池事業で産業革新機構主導の業界再編の観測で高い。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

安倍政権で経済政策などを担当している西村内閣府副大臣が、浜田宏一内閣官房参与(エール大学名誉教授)が1ドル=100円で何も問題ないと言われているが、「私自身の認識も共通している」と1月24日に語ったため、円安が加速し、昨日の東京タイムの終値は1ドル=89円28銭だったものが、今朝は1ドル=90円68銭まで円安が進みました。

続きを読む>>

明日の材料 あおぞら銀行、イズミ、カイオム、パル、モブキャストなど

個別

・大庄(9979):12月の既存店売上高は前年比 97.0%、全店は95.6%
・ベルク(9974):第3四半期決算を発表。前年同期比 7.4%増収、0.4%営業減益
・フジ(8278):第3四半期決算を発表。前年同期比 0.6%増収、24.8%営業増益

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは881.06ポイントの7.45ポイント安、日経平均は10,599円の89円安。過熱警戒から反落。ノンバンクや証券株や自動車株が値下がり。あおぞら銀行はサーベラスが売却方針と報じられ下落。一方、補正予算は12兆円超で、公共事業を大幅に上積みする方針との報道で不動テトラや栗本鐵工が買われた。

概況

日経平均 15分足 MA(25-75)

日経平均は先週金曜日に25日移動平均線からの上方乖離が9.45%となり、過熱感も警戒されたため、本日は反落しました。
 物価目標の設定など大胆な金融政策に期待して買われてきたオリエントコーポレーションやアイフルなどのノンバンクも利益確保の手仕舞い売りに反落し、野村ホールディングスや松井証券などの証券株も値下がりしました。

続きを読む>>

明日の材料 カイオム、ハローズ、タキヒヨー、ナガイレーベンなど

個別

■乃村工藝社(9716):第3四半期決算を発表。営業利益は前年同期の△207百万円に対して1,165百万円 ■武蔵野銀行(8336):発行済株式総数の1.02%にあたる35万株の自己株式の消却を発表 ■ナガイレーベン(7…

続きを読む>>

トップインタビュー  カイオム・バイオサイエンス 代表取締役社長 藤原正明氏に聞く  抗体医薬品で医療に革新を  副作用の少なさで期待集まる  目指すは「究極のオーダーメイド治療」  世界11カ国で事業化権利保有

インタビュー 個別

カイオム・バイオサイエンス 藤原正明社長

京都大学の山中伸弥教授のノーベル賞受賞が追い風になり、バイオ関連株が人気を集めている。カイオム・バイオサイエンス(4583・JQ)もその1社。9月に900円台だった株価は、11月に入り2800円台まで上昇した。同社の目指…

続きを読む>>