4521

概況/寄付き 東京市場は軟調なスタート。雇用統計から利上げが警戒され米国株が下落、連れ安

概況

9時10分時点の日経平均は18,786.43円の184.57円安、TOPIXは1,527.01の13.83ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,040万株、買いは1,540万株。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反発、米国株高が好感され、GPIFへの期待も。不動産が続伸し、ノンバンク、証券も上昇

概況

日経平均 週足

米国株高やGPIFへの期待が下支えに。ただ、週末要因や米雇用統計の発表を控え上値も重く、東証1部の出来高は約22億株と今週最低。

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は反発、米株高を好感。原油価格の反発で関連株が高い

概況

日経平均 週足

9時11分時点の日経平均は17,680.38円の175.76円高、TOPIXは1,421.83の11.72ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが890万株、買いは850万株。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 九電工、ディー・ディー・エス、科研製薬、石井工作研究所など

個別

■いすゞ自動車(7202) 1,568円〔+53円、+3.46%〕
 メリルリンチが投資判断を引き上げ
■興研(7963) 1,713円〔+73円、+4.45%〕
 銅系抗菌剤「イマディーズ」を開発
■イー・ギャランティ(8771) 1,770円〔+72円、+4.24%〕
 二桁増益報道

続きを読む>>

2014年相場を振り返る(下) 年間上昇率(JPX日経400採用銘柄) ミネベア、洋ゴムなど2倍超に

個別 概況

NYダウ 月足

「2014年相場を振り返る(上)」では、全市場の銘柄を対象にした年間上昇率ランキングを紹介したが、「新興市場の聞いたことのない銘柄ばかりで面白くない」という声が多かった。

続きを読む>>

明日の材料 マルハニチロ、ネクスト、日本駐車場開発、メディネット、マルサンアイなど

個別

■ピープル(7865):11月度の売上高は前年比103.8%
■三井倉庫ホールディングス(9302):ロジスティクス事業に関する合弁事業開始
■ニトリホールディングス(9843):第3四半期決算を発表、前年同期比9.5%増収、12.9%営業増益

続きを読む>>

明日の材料 ローソン、アスクル、ジェイアイエヌ、ワンダーコーポレーション、川口化学工業など

個別

■ダイエー(8263)
 第1四半期決算を発表、前年同期比4.1%減収、営業利益は△3,982百万円
■イオン(8267)
 第1四半期決算を発表、前年同期比17.2%増収、35.3%営業減益
■ベルク(9974)
 第1四半期決算を発表、前年同期比8.3%増収、20.9%営業増益

続きを読む>>

明日の材料 日本駐車場開発、オートウェーブ、アスクル、ツルハホールディングス、科研製薬など

個別

■サンリオ(8136)
 100万株、30億円を上限に自社株買い
■原弘産(8894)
 債務超過を解消、上場廃止に係る猶予期間入り銘柄から解除
■相鉄ホールディングス(9003)
 ホテルチェーンを展開するサンルートを子会社化

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は一時14,500円台を回復。14,462円17銭の124円38銭高。不動産株や機械株などが堅調

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,462.17円の124.38円高、TOPIXは1,180.44の11.10ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,375、値下がり銘柄数は323。出来高は20億2,105万株、売買代金は1兆8,527億円。

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均は堅調推移。不動産や銀行、証券が高い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,473.19円の135.40円高、TOPIXは1,181.57の12.23ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,325、値下がり銘柄数は352。出来高は9億8,435万株、売買代金は8,966億円。 

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) グローバル社、東レ、科研製薬、タツタ電線、住友精密工業など

個別

■毎日コムネット(8908) 720円〔+38円、+5.57%〕
 期末配当予想を18円→21円へ引き上げ
■ジャパンシステム(9758) 311円〔+7円、+2.30%〕
 電算(3640)と地方公共団体向け財務会計システム分野で業務提携
■富士エレクトロニクス(9883) 1,242円〔+37円、+3.07%〕
 マクニカ(7631)との経営統合を発表

続きを読む>>

取材の現場から 健康診断「新基準値」の余波 コレステロール治療薬にダメージ?

取材の現場から 連載

週刊誌を見ると最近、健康診断の「新基準値」に関する記事を各誌が報じている。
健康診断では、血圧やコレステロール、血糖値が一定基準を上回ると、健康ではないとして治療や投薬を求められるが、かねて「その値は厳し過ぎるのではないか」と指摘されていた。そういう中で、日本人間ドック学会が4月4日に「新基準」を公表した。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) スリープログループ、科研製薬、ジーンテクノサイエンス、トレンドマイクロなど

概況

■朝日インテック(7747) 4,220円〔+125円、+3.05%〕
 野村証券が目標株価を5,000円に引き上げ
■東日本旅客鉄道(9020) 7,552円〔-126円、-1.64%〕
 JPモルガンが新規に「Overweight」
■日立物流(9086) 1,586円〔+18円、+1.15%〕
 SMBC日興証券が目標株価を2,000円に引き下げ

続きを読む>>

注目!「自社が筆頭株主」銘柄 M&A実施予備軍として脚光

個別 概況

日東紡(3110) 週足

「自社が筆頭株主」の銘柄が一部で関心を集めている。大量の自社株買いを実施した結果であることから、「株主還元に前向きな証し」、あるいは、保有する自社株(金庫株)を“通貨”として利用した「M&A(企業合併.買収)実施…

続きを読む>>

日本にもいた“配当貴族” 「長期連続増配」銘柄に注目 

セクター 個別

パーク24(4666) 週足

P&Gには及ばずとも… パーク24、みらかHDなど にわかに不透明感の高まってきた最近の内外市場。リスク回避ムードが生じると関心が向かうのが「配当利回り」で、特に減配リスクの乏しい収益安定銘柄が逃避資金の受け皿に…

続きを読む>>

明日の材料 パソナ、テラ、ジェイアイエヌ、プレサンス、ティー・ワイ・オー、ユニオンツールなど

個別

■日本航空電子工業(6807)
 過大請求により防衛省の指名停止9カ月
■三井住友FG(8316)
 第2四半期経常利益予想を5,300→8,000億円へ、純利益予想を2,900→4,800百万円へ増額修正
■ストライダーズ(9816)
 陽光都市開発と資本業務提携
■吉野家ホールディングス(9861)
 第2四半期及び通期業績予想の下方修正を発表

続きを読む>>

概況/前引け 今朝は一時1ドル=100円85銭まで円安が進んだが、米国の金利上昇による内需鈍化警戒から自動車株は揉み合い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,168.62の3.22ポイント安、日経平均は14,014.87円の83.87円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は637、値下がり銘柄数は924。出来高は15億2,144万株、売買代金は1兆1,958億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 亀田製菓、グリー、IIJ、関西ペイント、丸栄など

個別

■東洋ゴム工業(5105) 573円〔+8円、+1.42%〕
 立花証券が「やや強気」

■良品計画(7453) 8,210円〔-410円、-4.76%〕
 小幅ながら営業減益となる第1四半期決算を発表

■ネットワンシステムズ(7518) 757円〔-23円、-2.95%〕
 大和証券が投資判断を「2」に引き下げ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 大和ハウス、キャリアデザインセンター、ノーリツ、日立など

個別

■エーザイ(4523) 4,595円〔+60円、+1.32%〕
 平成25年3月期決算を発表

■ナノキャリア(4571) 460,000円〔+12,000円、+2.68%〕
 米レギュラス社とフィージビリティースタディ

■ノーリツ(5943) 1,774円〔-188円、-9.58%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判を「Underperform」に

続きを読む>>

明日の材料 ドワンゴ、ライトオン、パレモ、一建設、飯田産業、東栄住宅など

個別 概況

■ドワンゴ(3715):角川GHD(9477)と来年3月より合弁事業として新たな広告サービスを共同展開 ■三井倉庫(9302):中期経営計画に基づきタイ、インドネシアで設備投資 ■イオンモール(8905):第3四半期決算…

続きを読む>>

感応度抜群!「自社株買い」 3年連続実施企業から候補を探る 東亜合成、ヒロセ電機に期待

概況

ヒロセ電機 日足

自社株買いを発表した銘柄への株価感応度の高さが目立っている。11月29日引け後発表の日東精工(5957)とオービック(4684)が、30日にそろって値上がり率上位へと名を連ねた。29日の相場でも、テクマトリックス(376…

続きを読む>>